真琴@心理カウンセラー & 男優のblog《なんちゅうか、劇昼歌ッ☆》

真琴デス(´・ω・`) 高校生役から、サラリーマン役まで、 幅広くキャラクターを演じてます♪ やっぱ一度きりの人生で、仕事に悔い残すのもなんじゃん?? そんでもって、カレー食べるなら… …ナンじゃん?? … …はぅぁッ( ̄◇ ̄*) 仕事や人生において、先の目標を設定してないと行動できない人間なので、 日々の目標を探しながら迷走(?)してます。 平和主義なのでハードな設定の仕事は、監督さんの期待に応えられない場合があります((;゜д゜)) 信頼関係とコミュニケーションは大事♪ 板東は英二♪ニコラスはケイジ♪ イベントや心理カウンセリングなどについてはこちらから、お願いします(*^_^*) makoto.pon@outlook.jp

自分の「心の闇」に向き合うのか、パートナーに押し付けてしまうのか…

 恋人同士・配偶者同士の愛情関係で、人間は愛し、愛されたいと思う(*´-`)

心も体もひとつにできる相手が欲しいよね。

 ところが多くの人にとって、愛情関係は時に苦しみを伴う場合がある…。

私にもそのような体験がありました…(ノ_・。)

 どうして、一番に素晴らしくて、
最も幸せで満たされるはずの愛情関係において、苦しみや痛み、嫉妬などが生じるのでしょうか。

 それは、心と体を大きく解放できる相手だからこそ、
愛され癒されることを待っている「心の闇」が前面に出てしまうからなのかも。

 つまり、誰でも持っている無意識にある心の傷が、愛情関係では最も明確に出やすい。

 恋人や配偶者ではない人とは、ある程度の距離をとって付き合えます。
心と体をひとつにしようとまでは思わないから。

だけど、パートナーには深い愛を求めることが多いのです。

 幼少期に甘えられなかった人は、配偶者に甘えたいと思う。

親に敵意がある人は、配偶者にそれを無意識に向けることで癒そうとする。

 恋人や配偶者というのは、これまでの人生で満ち足りて来なかった不満や苦しみを救ってくれる相手として、どうしても見てしまう場合があるのです。

 意識では別の人格だと理解していても、感情は苦しんでいるままなんだから、
不満なまま、パートナーの言動に怒ったり怯えたりし、甘え足りない気持ちに、どうしてもなってしまったり…。

 未解決の「心の闇」が、
すべてパートナー関係で露出してしまうことに…。

 だから、愛情関係での心の問題に取り組むことは、
幼少期の親との関係も含めて、これまでの人生で味わったすべての不満と苦しみを解決する事に繋がるのかも。

幸せに向かって進んでいきたい!!

でも、未解決の闇、向き合っていない闇が誰でもある。
その闇を無かったことにしてる間は、
幸せがフルに実現しません。

前へ進もうと思っても、闇が後ろから引っ張ってくるので…。

 なので、心の闇を回避せず、直視して、
癒しを必要としている感情にはちゃんと癒しを与え、
苦しみが続いてしまっている思い込みや信念がある場合には、きちんと手放してあげて、
まだ思考や感情にさえなっていない、幼少期の不快なセンセーションは抑圧を解いてあげましょう。

 無意識に閉じ込められた「心の闇」のドアを開けて、そこに光と愛を注ぐプロセスを行う。

 足を引っ張っている「心の闇」が軽くなるにつれて、前に進めるようになるから。

 パートナーへの最大の不満は何でしょうか!?

「心が通い合わない」ことでしょうか。
「信頼できない」ことでしょうか。
「守られている安全な感じがしない」ことでしょうか。
「自分らしさが理解されない」ことでしょうか。

 それが何であれ、その心の苦しみは、このパートナーに出会う前から何度も味わってきたことではありませんか。
子供の頃にも味わっていませんか!?

 あなたの中に、「ひとりぼっちになる恐怖」や、
「感情のまま受容されない恐怖」や、
「自分がいていいのかな?という不安」がありませんか。

 子供の頃から自分の中にある不安や痛みを、パートナーといることで刺激されてませんか!?

 もしそう自覚できるなら、パートナーとは関係のない、自分の中に元々ある「心の闇」として把握しましょう。

この「心の闇」を癒そうとしてパートナーとの問題に置き換わってるんだと、しっかり理解しましょう(^^)

 そして、あなたの課題は自分の「心の闇」に向き合って解決すること。

 「心の闇」のうち、解決できた部分は、もうパートナーとの間の問題ではなくなります。

 今のパートナーが、新しく変わったあなたに合わせて変わるか、あなたと合わなくなって別れるか、いずれかになることでしょう(/o\)

心理カウンセリング個別メール相談は、こちらからU^ェ^U

makoto.pon@outlook.jp

BlurImage(12-5-2016 6-2-0)

親子間で連鎖していく、恋愛・結婚パターン

本日は、恋愛・結婚のテーマについてデス(^^)/

題して
恋愛や結婚は親子のパターンが連鎖する?

…と、聞いて
がーーん!o(T□T)o
という方、
いるかもしれません。


もし、自分の両親が不仲で、
離婚したり、家庭内別居状態、
あるいは、夫婦げんかが絶えない、
父親が家族に無関心、などなど
両親の夫婦仲がとても悪かった、
という方は要注意かもしれません。


なぜなら、


恋愛や結婚で選ぶパートナーは
親にもらえなかった愛情の代償として
選んでしまっているか?



あるいは、、、


相手との愛し方や関わり方が、
両親のパターンになぜか似てくる
という場合があります。



恋愛や結婚パターンは遺伝?
というわけではありませんが、
なぜかこのパターンは連鎖します。


例えば、、、、


ある人は15歳で妊娠して結婚し、
離婚してシングルマザーで頑張って
一生懸命子育てをしました。


そして、
その娘さんも15歳で妊娠出産し
シングルマザーになりました。


そしてなんと!その娘までもが
十代で妊娠出産したのです。

3世代とも若年結婚と離婚、
そしてシングルマザーということに。。


実は、
このような事例は数多くあります。




こういうケースもあります。


ある女性は、幼少時にいつも
父親に暴力を振るわれる母をみては、
不幸な母親をかばっていつも
なぐさめていたという女性がいます。


彼女は成人して、とても優しくて
真面目な男性と結婚しました。


ところが、
結婚したとたんに男性が豹変し、
ささいなことで、激しい言葉の暴力と
肉体的な暴力を日常的にふるいます。


たまらずに離婚して、一年後に今度は
とても優しい素敵な男性と結婚しました。


今度は間違いない、
そう思ったのもつかの間、
またしても男性は豹変したのです。。


気が付いたら母親と同じような
不幸な生き方をしてしまっている
自分に気が付いて愕然とします。


知らず知らずにそういう相手を選んでしまってたり、
尽くすことで、ダメ夫に変えてしまっていたり…。


これも多いケースですね。


このように家族のパターンが
繰り返される場合は、
この家族自体の生き方のルール、
人生脚本が代々引き継がれているとみて
まちがいありません。


親から子へ、子から孫へと
その生き方は世代間で
引き継がれていきます。


誰かが変えない限り…。



なぜなら、子どもはずっと
親の生き方を手本にしながら
成長していくからです。


このようにして
人の愛し方のパターンは
世代間で引き継がれていきます。



無意識なのでほとんどの人は
この問題に無自覚なまま一生終えます。



でも、もし気が付いたら?



もちろん
このパターンを変えることは
十分に可能です。


まず、このパターンに気づくこと、
そして、このパターンを
引き継がないと決めること。



そして、

このパターンを繰り返してしまう
代々引き継がれた「怖れ」などの
負の感情を手放すことで、
新しい世界を手に入れると決意すること。


そして、引き継いだ負の感情を
手放すのはかなり骨が折れます。


でもそうして、自分の痛みと
本気で向き合う人ほど
幸せを手に入れやすいのは事実です。


痛みと一時的に向き合うのは
シンドいし見たくないでしょうが、
私たちは成長するときに必ず通過する
成長痛のようなものです。





一人で向き合うのが辛くて難しい場合は
カウンセラーの手を借りてもいいでしょう。




痛みに向き合うタイミングは
人それぞれあるでしょう。



しかしこのパターンを変えない限り
幸せになれないと思うのならば、
いずれ向き合うことが必要ですし
そこを避けていればずっと同じ状態でいる
ということを選択することになります。

心理カウンセリング、始めました(/^^)/

心理カウンセリングは心の奥にある声を聞き、
ありのままの自分と向き合うこと。

あなたは、日々の生活の中で、どのくらい自分の気持ちを感じとれてますか?(*´-`)

自分でも気づかないうちに我慢をしたり、諦めたり、
がんばり過ぎたりしてないですか?(^-^ゞ

そこから引き起こるストレス、心のモヤモヤ、
何かひっかかる、いつも同じ問題にぶちあたる、
どうしたらいいか解らないといった思いを抱えることになってはいないでしょうか。

そんなあなた自身の心の声を聞いて、ありのままのあなたの気持ちに気づいてあげましょう(^^)/

自分と向き合うことが 『生きづらさ』から、
『生きやすさ』に変える、はじめの一歩になります。

あなた自身が今まで生きてこられた中で培われた
・価値観 ・主観性 ・こだわり
・行動パターン ・トラウマ ・心の傷 
・知らずに心の奥に蓋を締めてしまった想い
などが、現在の悩みを引き起こしている起因となっている可能性があるかもしれません。

そのような思いを『生きづらさ』と呼ぶならば、その生きづらさに繋がっている原因を、
一緒に探してみませんか?(*^o^)/

解決の一歩を踏み出すことは難しいことではないです。

あなたの悩みの『辛さ』を分かろうとすることから始めていきましょう。

今まで誰にも話せなかったことや、あえて話さなかったことを話すのはすぐには難しいことかもしれません。

ありのままの気持ちを話せるよう、信頼関係を育みながら、
時には待ちながら安心できる空間づくりをしていきます。

ただ、私の役目は、悩みに対する答えを教えることでも、正したりすることでもありません。

なぜなら、あなたの答えはあなたにしか見つけられないから。
でも、ひとりで答えをだすことは難しいですよね。

一緒に悩みながら考えていくことで、
傷ついた心を癒し、乗り越える為のエネルギーを確保すること、
自分の考え方の特徴を知り、新たな視点を持つことを目指してます。

今あなたが、どうしたらいいのか分からないなら、一緒に答えを探していきましょう。

お気軽にメール相談してみてくださいU^ェ^U

makoto.pon@outlook.jp

『○○用』

イテテッ、おいおい、背中を引っ掻くなよ…。

あっ、失礼…、
せっかちなレディーとロマンスの最中だったもので…。

たまにイチャイチャして癒してくれるのは有り難いけど、
爪だけは切っておこうね、飼いウサギ♂オスの3歳U^(ェ)^U

あっ、どーも、こんばんは…。

先日、顔を洗っていて気付いたことがあるんです。

最近の石鹸には『薬用』と書いてあるものが多い。

家の石鹸も気付けば、ほとんど『薬用』になっていて、
ふっと見ると、歯みがき粉にも『薬用』の文字が…。

以前はここまで世の中に『薬用』の文字は見なかった気がする。

しかし、『薬用』の文字がある商品と、ない商品であれば、やはり書かれてあるものを手に取りたくなる。

それだけ人々の健康や衛生への関心が高いということなのだろうか。

ほんとに最近は、『○○用』と記載された商品が増えたよね。

『男性用』『女性用』『子供用』とか…。

『○○用』と限定されてると、思わずそちらを手に取ってしまう自分がいる。

食材なんかも、『カレー用』の肉とか。

『鍋用』の魚とかね。

同じ肉でもカレーを作る時はやはり『カレー用』を買ってしまう。

そうなると、いろいろ楽しい用途も生まれてきそうだ。

肉にしても『カレー用』とかより、『食べ盛りの子供がたくさんいる家庭用』とか…。

なんか意味なく『アレ用󾬌』とか、どうでしょう…。

スーパーマーケットの鮮魚コーナーで、魚とかに付いてたら気になりそうである。

とろサーモン『アレ用󾬌』

部屋とYシャツとプラネタリウム

最近知った。







夢は見るものではなく、かなえるもの。








金はためるものではなく、使うもの。









恋はするものではなく、落ちるもの。










恥は、かくものではなく、上塗りするもの。









温泉は、仕事で入るものでなく、ゆったり疲れを取るもの。













そして、酒は飲むものではなく、飲まれるもの・・・













そう、まさに、飲まれました・・・












一昨日は、朝から温泉のロケだったんですが、









そこは、







下半身は灼熱で、上半身は湯冷めとの戦いでもありました・・・。











水分補給で休憩中に、
ポカリや、お茶を飲んでたけど、








脱水症状ぎみになり…











現場が終わって、深夜に家へ着いてから、










缶チューハイ(350ml)を、1本しか飲んでないんだけど・・・。







布団で横になった瞬間、すっげぇ目が回ってきて、、








あぁ、やっべぇ、気持ち悪くて、寝れないなぁ・・・







寝れないなぁ・・・









と思って、気づいたら朝でした。(気絶??)






疲れも溜まってたのか・・・。






でも、





頭が割れるように痛い…
っていうのは、うまい表現だよね。










痛すぎて割れちゃったよ・・・


















お尻が・・・
















って、もともと割れてまんがな〜
(* ̄∇ ̄)ノ


















シーン・・・( ̄0 ̄;)


















まだ酔ってます。












にしても、そろそろ、桜が綺麗な季節だよね。

(使用技法: 滑ったので、話題そらし)







桜って、『咲く』から、来てるみたいだよ。
(これ、ホントだよ)













うーん、花見したい。











誰か花見しませんか??












いや、やっぱイイや。

それより今は、寝よう・・・(気分屋)












2度寝するから、話しかけないでね。(ワガママ)














んじゃね。(おわり)




・・・・。




って、終わらせないで〜( ゜o゜)




所属させて頂いている所での、
宣材動画とインタビューがYouTubeで配信されてますので、
もしお時間のある時にでも、ご覧になってみて観てくださ〜い(/^^)/


https://youtu.be/okrQRYGm94I
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ