真琴@心理セラピスト & 男優のblog《なんちゅうか、劇昼歌ッ☆》

真琴デス(´・ω・`) 高校生役から、サラリーマン役まで、 幅広くキャラクターを演じてます♪ やっぱ一度きりの人生で、仕事に悔い残すのもなんじゃん?? そんでもって、カレー食べるなら… …ナンじゃん?? … …はぅぁッ( ̄◇ ̄*) 仕事や人生において、先の目標を設定してないと行動できない人間なので、 日々の目標を探しながら迷走(?)してます。 平和主義なのでハードな設定の仕事は、監督さんの期待に応えられない場合があります((;゜д゜)) 信頼関係とコミュニケーションは大事♪ 板東は英二♪ニコラスはケイジ♪ イベントや心理カウンセリング依頼はこちら(*^_^*) makoto.pon@outlook.jp 私の紹介動画はこちら https://youtu.be/okrQRYGm94I

心理セラピスト、無料メール相談を請け付けてます。

長かった夏も、終わりに近づいて来てますね。


暑い時は、「早く涼しくなって欲しい」と、切に願います。


ところが、涼しくなると、嬉しい反面、
何となく「寂しさ」もあるかもしれません。


(夏も終わりか・・・)と感慨に浸ってしまいます。


学生さんなら、楽しい夏休みが終わってしまう。

「やれやれ、また学校だ…」

と、思うかもしれません。


もちろん、学生さんだけではないですけど。

セミが鳴かなくなった。
花火大会が終わった。
高校野球が終わった。
エアコンを付けなくなった。

など、夏の終わりを感じさせるものがあります。


「終わった」といっても、来年またやってくるのですが、
何となく寂しくなるものです。


しかし、よく考えてみると、
「季節は変わるからこそ、風情がある」のかもしれません。


ずっと「夏」のままだったら大変です。

ずっと「冬」のままでも大変です。

「春」や「秋」は気候的にいい季節ですが、
それは夏の暑さや、冬の厳しさがあってこそ、感じる心地よさです。


「諸行無常」という言葉があります。

「この世のものは、たえず移り変わっていく」という意味です。


寂しさを感じさせる言葉ですが、私はこの言葉を積極的に捉えたい。


恋愛にしても、人間関係にしても、そうでしょう。


「変化のない関係」などありません。


それは絶えず変化していく。


「関係が悪くなるかもしれない」という意味ではありませんよ(  ̄▽ ̄)w


どんな関係にも、小さな危機、様々な困難があるかもしれない。

それを乗り越えた時、前よりもきっと「進化」しているはずなのです。


お互いが「愛情を大切にしていこう」という気持ちを強くします。


例えば、あなたが片想いしてる相手がいるとします。

でも、相手は一向にあなたに関心がないよう。


あなたは、焦るかもしれない。

何とかしなければと思う。


しかし、こういう場合、焦ってしまうと、どんどん相手が離れていってしまうことがあります。

追いかけるけど、相手は逃げていく。


当然かもしれません。

誰でも追いかけられたら逃げたくなるもの。


例えば、私は猫が好き。

以前に飼ってた猫から、
アレルギーでクシャミが出るようになり、
現在は兎を飼ってますが…((* ̄ー ̄)ww


道端にいるノラ猫の頭を撫でたいと思う。


でも、これは至難の技です。

猫好きの方なら、誰しも感じるはず。


こちらが「可愛いから撫でたい」と思っていても、
あくまで、こちらの都合。


猫にしてみれば、見知らぬ人は怖いものです(# ゜Д゜)

猫は警戒心の強い動物。


だから、
こちらも、普通にしていればいいのです。

猫と共存する気持ちで、気持ちに寄り添う。


そうすれば、少なくとも猫は逃げません。


もちろん、人間関係と猫の関係を同じに考えているわけではありません。


でも、本質はそういうこと。


「頭を撫でてやろう」式に、好きな人を追いかけてはいないでしょうか?


それはあなたの都合であり、相手の都合ではないのです。


お互いが親しくなっていけば、自然にそんな関係になっていきます。


頭を撫でたから親しくなるのではなく、親しいから頭も撫でれるのです。


もちろん、「頭をなでる」は比喩ですよ〜(* ̄∇ ̄)ノ笑


言いたいことは、お解りいただけると思いますが…。

つまり、
「自然に」ということが大切。


追いかけても、愛情が発揮できるわけではありません。

愛情とは、自然に発揮していくものです。


自然の流れに任せて、自分はすべきことをしていくことです。

やがて自然に道も開けていくでしょう。


一時的なことに右往左往して、長期的な視野を忘れてはいけません。


「引き付け合うものは、自然に引き付け合う」

と考えるべき。


離れていくなら、それはもう仕方のないことです。


自然が大切。


なるようになっていくから心配ありません。


自分を信じるとは、「自分の人生を信じること」なのです。


目先の恋愛や人間関係よりも、その方がもっと重要。


あなたが、精一杯日々を生きていれば、
あなたにとって本当に必要なものは自然と与えられていくでしょう。


つまりは、
「長期的な視野」が大切です。

追いかける必要は全くありません。

自分は本当にすべきことを精一杯して、後は自然に任せることです。


それでも時に、迷ったり、人に話しを聞いて欲しかったり、
人間関係や恋愛相談、性の悩み、将来の悩みetc…、
心理カウンセリングしますので、お気軽に、ど〜ぞ(*^ー^)ノ♪

無料メールカウンセリングは、こちら↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/175c9018456196

喫茶店などでの個別の心理セラピストは、こちら↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/267443c2457260


LINE@でセラピスト相談も請けています(^^)
https://t.co/gjvkYnJnEY

MAKEUP_20180311203625_save

コペルニクス的転回と、ピタゴラス的事柄。

今日の夕方、
コンビニでの出来事。


買い物をして、

領収書を貰いたかったんだけど、
店員の女の子の名札を見ると、中国の方らしかった。


以下、そのやり取りの会話。


私『領収書をください』


中国人『ラリシュショ?』


私『領収書ですって…』


中国人『あぁ、リョシュウショね』


私『…はい』



そして、

名前を記入する時…

彼女が、こう聞いてきた…




中国人『オマエ、いったい何様なの?』



…と。


いえいえ、私、

たいした人間でもございません(。´Д⊂)



話は変わりますが、
実際に自分がやってみて、
「あれ、何か違うな?」と思ったことはないでしょうか!?( ̄∇ ̄*)ゞ


私が小学生の時。

学校で「ファーブル昆虫記」についての授業がありました。


ファーブル昆虫記って、
授業や伝記とがで読んだことはあると思うのですが。


ファーブルという学者が、昆虫の習性を研究して、
それを、まとめた著書です。


そこに、「アリ」に関する記述があった。


アリの中には、列を作るものがあるそうです。


例えば、エサを置く。

すると、アリは列を作って、そのエサの場所に行きます。

そして、エサのカケラを持って、巣に帰っていく。


その間、道に迷わないのです。

なぜ迷わないのか、不思議である(о´∀`о)


人間だって、道に迷うことがありますね。


なのに、アリは迷わない。

アリえない話です




…シーン(* ̄ー ̄)(笑)



授業で聞いて、「へえ〜、そうなんだ」と思いました。


そこで私は、自分で実験してみることにした。


近所の公園に行ったら、

アリが結構いました。


実験するには、アリがたい環境。


…(ダジャレもしつこく言えば、それなりに面白くなるものですww)



さて、私は、ひとかけらの砂糖をつまみ、土の上に置いてみました。


ちょうど、アリが何匹かいたのです。

なかなか見つけてくれませんでしたが、やがて一匹のアリがそれを発見。


やがて、たくさんのアリが、群がってきました。


そこで私が考えたのは、

「きっと、アリは一列になって、
エサと巣の間を行き来するに違いない」

というもの。


なぜって?


だって、ファーブル昆虫記に書いてあるから(  ̄▽ ̄)

その通りになると思ったのですね。


ところが…です。

そんな絵に描いたように一列になど、ならなかった。


なんか、秩序なくエサに群がり、秩序なく巣に返っていくような、
そんな光景だったのですね。


「おかしいな。こんなはずではない」
と思いました。


頭の中で描いていた図と、かなり違うような。


しかし、ファーブルがウソを言うわけはないでしょうし、
第一、学校の授業でそう学んだのです。


でも、現実に、目の前のアリは、想像とは違いました。




「アリえない!!」




私は叫んだのです。

ダジャレはそろそろ無視(虫)してください(笑)



まあ、でも後から考えてみると、
アリが一列になって、一糸乱れないような状態とは書いていなかった気がします。


そんな体育祭のようなアリはいない。

私が勝手に、頭の中でそのようなイメージを作っていただけだったのです。


しかし、こういうことはあるものですよ。


実際に自分がやってみたら、想像していたものとは違うような場合です。

自分が思っていたことと現実が違えば、混乱することもあるでしょう。


上司は、次の課長は君だと言ってくれたのに、
別の同僚が課長になった…
…なんてこともあるかもしれない。


しかし、新しい現実がそうであるなら、それを素直に認めることが大切です。


真面目な人ほど、現実に起こったことを受け入れられず、
ピタリと心の門を閉ざしてしまうことがあります。


しかし、真面目さというのは、
心にフタをすることではなく、進歩のために使っていくべき。


誰もが、「こんハズじゃない」という出来事に出くわします。


今までの人生を振り返っても、実際そうだったでしょう。

「こんはハズはない」と思うことがたくさんあったはず。


しかし、その時こそが、まさに「進歩している時」です。


「こんなハズはない」と思うことは、
実は「自分にとってなくてはならないこと」だと思います。


アリは、それぞれ、あっちにこっちに行きながら、
でも最後はしっかり巣に戻ってきます。


絵に描いたような一列はありません。

人生は、体育祭の行進ではないので…( ̄ー ̄)


誰かの命令で行進するのではなく、自分が迷いながら道を見つけていく。


何も、一人でほっておかれるわけではありません。


一説によると、アリは何かのフェロモンを出して、
後から来るアリはそれを道しるべにしているらしい。


同じようなことは、きっと人生にもあると思う。


道しるべは、必ず用意されています。

しかし、不満だらけで、悲観的な気持ちだと、その道しるべになかなか気づかないもの。


そんな時こそ、「必ず道は開けるのだ」と強く思うこと。

たとえ時間がかかっても、少しずつその通りになっていくでしょう。


もし今、何かで迷っているなら、それは決意のチャンスです。

しっかり前に進んでいけることでしょう。


いつだって、「道しるべ」はあるので心配はいりません(*´ー`*)

Screenshot_20180420-172247

危な〜い(?)富士登山の話

私が大学生の頃、男友達3人で、富士山を登りに行った事がある。

友人の1人は、胸元の開いたGジャンの格好と、ビーチサンダルで来てたから、
『絶対に山を舐めてるやろ〜』と言ったら、
『テレビでは小学生でも登ってるの見たし、余裕っしょ♪』と言い返してきた(;゜∀゜)


夏場ではあったけど、標高が高いと氷点下近くになる場合もあるし、
案の定、その友人は、雨にも濡られ、寒さでブルブル震えてました\(゜o゜;)/

日の出を拝もうと思えば、
真っ暗な中、崖を這うような場面もあるので、
足を踏み外したら、転げ落ちるし(実は年間で何十人か、落ちて死んでます)
歩いて体力も消耗するし、私は脚が疲労骨折の一歩手前までいってました( ;∀;)


って、なんで、こんな話を持ち出したかというと、


この前の飲み会で、
『日本人としては、富士山に1度は登頂してみたい!』
と熱く語ってる方がいたので、



アドバイスとして、



『とにかく、無理だけはしないでね』



『ダメそうなら、あきらめることも大切だよ』



それと…



『防寒対策だけはしっかりやってね』




と、私が言ったら…





『え?え?え?(゜ロ゜)』





『富士山ってそんなに治安が悪いんですか?( ; ゜Д゜)』





………だってよ。





その、【暴漢】じゃないわ〜


(゜o゜)\(-_-)オイッ




そんなに不良がウロウロしてたら…

多分、



世界遺産に、
富士山は登録されてないやろ〜( ̄∇ ̄*)ゞ笑

MAKEUP_20180221223312_save

納得しそうになるけど、よ〜く考えたら、矛盾に感じる話。

どーも。真琴です(  ̄▽ ̄)


以前、友達と話していた時に、こんなクイズを出題されました。


よかったら、一緒に、考えてみてください。


「定員50人の船があります。でも乗客は100人。その船は、向こう岸に渡ることが出来るでしょ〜か♪??」


「でしょ〜か♪??」って、「出来ない」ならクイズになりませんよね(笑)


実際、成功したのでしょう。


でも、その船は、「51人以上」乗ると沈んでしまうのです。


クイズですから、もちろんカラクリがあるはず。


私は考えました。


「50人ずつ乗客を乗せて、2回往復したんじゃないか・・・」


しかし、答えは違うらしいのです。


「100人を、一度に運んだんだよ」

と、友達は言う。


まあ当然でして、
「2回往復した」なんて、つまらない答えのはずがありませんね(笑)


そこで、もう一度、頭をひねりました。


「ああ、わかった、その船は潜水艦だ・・・」


これなら沈んでもOKです。


でも、それもどうやら違うみたい。


確かに、それはそうですね。


沈むのはいいにしても、上がってこれないから(笑)


「潜水艦ではなく、普通の船だ」

と友達は言う。


再び考えたのですが、今度は思いつかなかった。


とうとう、ギブアップして、友達に聞いてみたのです。


「どうやって船に乗せたんだい?」

「簡単だよ」


と、友人は説明してくれました。


まず船には、100人を無理やり乗せるそうです。


でも、そのまま発進したら沈みます。


そこで、一工夫するのです。


100人を、50人ずつに分けて、「船の中で交互にジャンプ」するそうです(笑)


そうすれば、重量オーバーにならないので、沈まなくて済む。


絶えず50人は「空中に浮いている状態」ですからね(笑)

しかしながら、この答えは、いくらクイズでもヒドすぎやしないか。


人間が50人ずつ交互に、しかも寸分の狂いもなく飛ぶ。

…これを繰り返す。


そんなことが、出来るはずがありませんね。


中国雑技団でも無理です(゜ロ゜)


たとえ出来たとしても、向こう岸まで、体力が持ちません。


人間離れした一体感と体力が必要になります(笑)


しかし、よく考えてみると、

実際は無理にしても、「理論的には」可能かもしれない。


もちろん、ジャンプする時に踏ん張りますから、実際は「50人以上の重量」になるでしょう。


まあ、細かいことは気にしないでおきましょう(笑)


「架空の話」として考えるなら、一応理屈は通っていますね。


このように、「実際は無理でも、理屈は一応通っている話」というのは、結構あるものです。


これと同じように、

人の話というのも、一見理屈に合っていても、
「ツッコミどころ満載」の場合があるのですよ。


「ツッコミ上手な人」というのは、もっともらしい話でも、そこから矛盾を見つけるのがうまいのです。


これは「アゲ足をとる」ということではありません。


そこから「うまく話を発展させる」という意味です(* ̄ー ̄)



誰かが、一見「もっともらしいこと」を言ったとしましょう。


何となく聞いていたら、理屈に合っています。


しかしです。


それは、さっきの「船」のように、「それは違うだろう」という話かもしれないのです(笑)


その矛盾を、相手の気に障らない程度に指摘すれば、話は盛り上がっていくに違いありません。


一見もっともらしいことでも、矛盾はあるものです。

そこがツッコミどころ。

話が盛り上げるポイントがあるのです(*^。^*)/
IMG_1xi8jq

蒼くはない時に向かって。

どーも、心理セラピストの真琴です(^-^)/


さてさて、日々、いろいろな悩み相談を受けているのですが、夫婦間や職場での人間関係で悩んでる案件がやっぱり、多いです。

問題が発生した時に、冷静に話し合えたり、意見を出し合って、解決に向かえればいいのですが、
感情的になってると物事は先には進みません。

そこで、
本日の講義の内容は、
怒鳴る人の心理的特徴10選です(;・ω・)


怒鳴る人というのは感情的な人であることが多く、
カッとなって怒鳴るような怒り方をする人は、気を付けて接していかなければなりません。

怒った時の怒鳴りようは想像を絶する怒鳴り方をしたり、
相手に恐怖心さえ与えてしまうのが、この感情的な人です。

また怒鳴る人には必ず原因が存在しており、過去のトラウマや環境によって、
怒鳴るという対処法を身に付けたのかもしれません。


々發ぅ廛薀ぅ匹鮟つけられた。

職場でも、恋人でも、友達でも、ママ友などでも怒鳴る人というのはいます。

人が怒鳴るまでには、どのような心理が働いているのでしょうか?

まず怒鳴る行為にいたるには、何かしらの指摘があったはずなので、それに対して怒鳴ります。

怒鳴る人はプライドが高い人が多いという傾向があり、
それを少しでも傷つけられると怒鳴って怒ります。

心理的には自分の利益しか考えれなくなってしまい、その結果視野が狭くなり、周囲に当たるのです。



怒鳴ることで訴えている

怒鳴る人の心理的特徴でよく見られるのは、
怒鳴ることで自分の気持ちを相手に伝えているということです。

特に先ほども言った通り、感情的な人は、この怒鳴ることで気持ちを伝えるタイプの典型例であり、
自分がどれだけ伝えたいのかを感情で表現します。

ですから大声で怒鳴ったり、物に当たった激しさにより、相手の伝えたい気持ちの大きさも分かるというものです。

でも、このタイプは我を忘れてしまいますから、
DV予備軍に当たるのが、このタイプです。



F叛衢澆ら

独占欲が強い人というのは全てが自分の思い通りに動かないと気が済まないので、
気が済まない時には平気で怒鳴ります。

もちろん相手を見て怒鳴るかどうかを判断しますが、特に自信喪失タイプの自分に自信がなく、自分で決断できない人に対しては、強気に出ます。

簡単に言い換えれば、自分の命令に背かない人に対しては、強気に怒鳴るという行動をとるのです。



ぞ霆鑄坩堕

情緒不安定な時期は誰にでもありますが、症状は人それぞれです。

異常に涙もろくなる人もいれば、気持ちが異常に沈んでしまう人もいますし、
もちろん怒鳴ってしまう人もいます。

情緒不安定になる原因は多々考えられますが、お金に余裕がなかったり、
悩み事を常に抱えていれば、情緒不安定になりやすいという傾向が強いです。



ゼ分が良ければそれでよし

いわゆる、自己中心的な人。

そんな人はとりあえず怒鳴っておけ、ということを鉄則のように考えています。

世界の中心が自分中心に回っていると思っている人は怒鳴る人です。

怒鳴ればその場はなんとかなると思っているので、とりあえず怒鳴る。

怒鳴ったことによってさらに場が悪化した場合、さらに怒鳴るようになります。

そうなると手が着けられませんし、
周囲の人もやはりなだめるのに手をかけますから、余計に怒鳴る人を甘やかせることになります。

そして怒鳴る人はこうすれば相手もそうする、という間違った学習をしてしまうのです。



精神的に甘えがある人もいます

精神的に甘えがあって、子供じみたところがある人の場合、怒鳴る可能性があります。

子供のような性格を持っているので、子供が大声をあげるように怒鳴るようです。

これも自己中心的な人によく見られる傾向です。

怒鳴っておけば、相手は自分の都合の良いように動いてくれると思っているので、
自分にとってよい状況を作れると思っています。

実際、それを過去に何度か経験したことがある人は、よく怒鳴る傾向にあります。

過去に成功した例があるからこそ、怒鳴ればなんとかなると思っているのです。



Г覆瓩蕕譴燭ない自己防衛心理

会社や学校などで、なめられた態度をとる人や、
または自分がこいつにだけはなめられたくない、と思う人がいるはずです。

そういった人に対しては、自分自身の身を守るための自己防衛の心理が働き、人は防戦にでます。

なめた態度をとる人に対して怒鳴ると、
相手はもちろん見下しているということもあり、恐怖心が与えられます。

また、なめられたくないという人に対しても、
しっかりと大声で主張することで、相手に負けないという気持ちを感情で表現しています。



╂鎖静な疲れから

育児や仕事、人間関係の疲れが精神的に限界に達した時にも、人は怒鳴るという自己防衛心理が働きます。

怒鳴ることで制御していた自分を解き放ち、精神的に楽にしようと体が反応します。

もしも普段は怒鳴るタイプではないのに、ふとした瞬間に怒鳴ってしまったという経験をしたのであれば、
この精神的な疲れが原因なのかもしれません。



我慢の限界から

我慢に我慢の限界がくれば、人はやがて怒鳴ってしまいます。

これは特にストレスを溜め込みやすい人や、なんでも我慢する人に見られやすい症状なので、
休日などでしっかりとストレスを発散しておく必要があります。



アドラー心理学的に見ると…

原因は過去に起きた出来事によって人間は行動すると言っています。

つまり怒鳴る人は相手から相手にされなかったというわけです。

実際は自分自身がうまく行動出来ていないことが多く、目的を叶えられない為のイライラが爆発している状態ということがいえます。

もちろん怒られる方にも原因はありますが、その状況の言い分や誤解もあるかもしれませんし、
感情的に怒る人に相談も出来なくなる可能性があり、
相手を想って『冷静に叱る』方が信頼関係が築けるので、効果は高いと思います。


BeautyPlus_20170504100348_save
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ