2011年03月17日

東日本大震災

この度は、空前絶後、未曽有の大震災(東日本大震災)により被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

地震や津波のついほんの数分前まで、きっと皆様方は仕事をいつものようにこなされたり、自宅や学校等で何の変哲もなく生活を送っていた事と思います。

そんな平和な日常が、このように一瞬で豹変してしまう現実とは何とむごい事なのかと、テレビを見たり新聞を読んだりする度にこの出来事の事実を痛感せざるを得ません。

私は内陸部ですので津波の被害は免れましたが、沿岸部の沢山の方々は一瞬にして津波に自宅を、そして大切な命を飲み込まれてしまいました。

一体その瞬間はどの位驚愕の思いをされ、そして寒く冷たく、苦しかったのでしょう…。筆舌に尽くしがたいほどの思いをされたのでしょう…。

今私たちができる事はきっと、1人1人が息を合わせ踏ん張り、一丸となって行く事なのだと思います。

1人ではできない事でも「3人集まれば文殊の知恵」というように、知恵を出し合い前へ進んでいくために一丸となる事はとても大切であろうと思います。

この大変な状況だからこそ痛みを分かち合い、例えば自分が大量に物品を買い占めれば必ず誰かに弊害が発生する事を念頭に置いていただきたいと思います。

せっかく助かった方々が、この寒さの中、飢えを感じ不便を感じ、とても辛い思いをされています。

釜石被災地ではインフルエンザも流行りはじめたと聞きました。

どうか一刻も早く、被災地に食物、毛布、灯油、ガソリンが届きますように…ぬくまってほっと安堵できますように…。

被災者様のご心労、苦痛が一分でも、一秒でも早く軽減されて行きますように…。

盛岡心理カウンセリングセンターでは、トップページにご説明させていただきました通り、暫くの期間は本当にお辛く、大変な思いをされている方々のためにお電話とメールにて対応差し上げたいと思います。

よろしければぜひお電話かメールをお待ち申し上げております。

盛岡心理カウンセリングセンター

川村 芳枝


Posted by makotoroom at 00:00