2014年02月14日

ピュアな君へ(川村ポエム)

bb676ce5.jpg

ときには

うつ向きたくなったり

ときには

やりきれなくなることもあるだろうけど


一生懸命の君を見ていると

あまりにもピュアで

心が透明過ぎて…


一寸の曇りもない
鏡を見ているように

君の言葉は
いつも忘れていた物を思い起こさせてくれるよ。


辛いことや
悲しいことが

いつしか君の軌跡となり


これから先の

幸せや喜びの礎になれるよう


陰ながらいつも願っているよ

そして
いつまでも


君は君のままでいてほしい…。


Posted by makotoroom at 23:14