社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。えがお社労士オフィスとして開業。日々、社労士に関わる情報を発信して参ります。

2017年10月

10月27日に、中央労働委員会主催の水町勇一郎氏の講演に参加してきたことは、10月28日、29日のブログにも書きました。

今日は、その講演の振り返り第2弾です。

テーマは、

「働き方改革の今後の課題について

~同一労働同一賃金の実現と長時間労働是正への道筋~」

講演で使われた資料はおおきくは以下の2つ。

1.同一労働同一賃金ガイドライン案【H28.12.20】

2.働き方改革実行計画【H29.3.28:働き方改革実現会議が決定】

「同一労働同一賃金」の議論は、今後の同ガイドラインを参考にしながら、いろいろな議論がなされていくことになるだろう。

ポイントは、正社員にはある賞与が、パートタイマーには全くないといったことが、許されなくなり、会社への貢献度に比例して、相当程度の賞与をパートにも払わないと、不合理な差と認められ、改善が求められるという点である。

よって、短時間勤務であって、同一労働であり、貢献度が同じであれば、正社員の8時間に対する短時間労働時間の割合分の賞与支給が求められるということになる。

今までの、日本の労働市場における非正規労働者は、人件費の抑制を目的にその割合が増えてきた状況を鑑みると、この「同一労働同一賃金」のガイドライン案をすぐに実行するのは、難しい企業が多く存在するのも事実である。

職務が同じなら、正社員と有期雇用社員とが同じ賃金テーブルで運用されるべきという点も、現実には正社員が月給制、有期雇用社員が時給制を取っている企業が多いことを前提に考えると、こちらもかなりハードルが高いと言わざるを得ないだろう。

そうは言っても、今後の方向性は、正社員と有期雇用社員の不合理な賃金格差を是正することを前提に法改正が行われることになるだろう。

具体的には、パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法の改正が、予定されている。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

ここ数日来、新聞紙上やニュースなどで、大手メガバンクの店舗統合や人員削減計画の記事が目に留まった。

AI(人工知能)やフィンテック(金融とITの融合技術)の運用が加速していく中で、みずほグループは10年間で1万9千人の人員削減、三菱UFJは7年間で9500人分の業務削減、20年度末までに90店統廃合などを発表したという。

こういった記事を読むと、デジタル社会へ時代の流れは加速してきていることを実感する。

一方、我々の社労士の業務はどうだろうか?

AIが簡単な労務相談業務は代わりを果たしていくだろうと言われている。

そして、独占業務と言われる、いわゆる社会保険の申請手続き業務も、電子申請で顧客が直接やる流れが加速していくだろう。

こうした将来の業務の在り方の変化を予測して、これからの社労士がやるべき業務を見つめなおす必要がある。



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

一昨日に参加した、中央労働委員会主催のセミナーの振り返りです。

基調講演は水町勇一郎氏による

「働き方改革の今後の課題について

~同一労働同一賃金の実現と長時間労働是正への道筋~」

でした。

講演で使われた資料はおおきくは以下の2つ。

1.同一労働同一賃金ガイドライン案【H28.12.20】

2.働き方改革実行計画【H29.3.28:働き方改革実現会議が決定】

をもとにポイントを掲載します。

コンセプトとしては、多様かつ柔軟な働き方の選択が可能となるように、社会の発想や制度を転換していく。

長時間労働を是正し、ワークライフバランスを実現することで、女性、高齢者の労働市場への参加を促す。

世に中から「非正規」という言葉を一掃していく。

労働界、産業界ともに、働き方改革実行計画を尊重し、労働政策審議会において本実行計画を前提に、スピード間を持って審議を行い、政府は罰則付き残業規制法案や関係労働法の改正案等を早期に国会に提出することが求められる。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

昨日は、中央労働委員会主催のセミナーに参加してきました。

セミナーは以下の通りの2部構成でした。

1.基調講演

「働き方改革の今後の課題について~同一労働同一賃金の実現と長時間労働是正への道筋~」

講師:水町勇一郎氏

2.パネルディスカッション

「紛争解決事例の検討」

同一労働同一賃金では、今後は、パートタイマーなどの有期契約でも、仕事内容が正社員と同じであれば、同じ仕組みの賃金制度を用いる必要性が出てくるとの事。

すでに、小売業などでは、有期雇用社員の店長などは、正社員と同じ賃金テーブルの中で、運用が始まっているケースもあるとの事でした。

いずれにしても、現時点では、ガイドラインが提示された段階ですが、徐々に実際の正社員と有期雇用社員との待遇の均等・均衡の具体的な検討が必要になってくるのは、間違いのないところです。

中央労働委員会は国の機関です。活動の概要は以下のHPをご参照下さい。↓
http://www.mhlw.go.jp/churoi/soshiki/gaiyou.html


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

昨日は、東京都社労士政治連盟城北統括支部主催の議員懇談会に出席しました。

議員懇談会は、毎年都議会議員や区議会議員の先生方と社労士の活動について、意見交換および懇親を図る目的で開催されています。

昨日は、以下の都民ファーストの会の都議5名の方にご出席いただきました。

・本橋ひろたか様(豊島区)
・平けいしょう様(板橋区)
・木下富美子様(板橋区)
・村松一希様(練馬区)
・尾島紘平様(練馬区)

城北統括は隣接する練馬区、豊島区、板橋区、北区の4区の支部で成り立っています。
それぞれの区役所との間で、社労士会として行っている、区民労働相談、労働条件審査、学校教育、年金相談などについて、意見交換をし、これからもより一層の社労士を活用してもらうように要望を出しました。

その後は、議員の先生方を交えて、立食での懇親会を行いました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

↑このページのトップヘ