社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。えがお社労士オフィス代表と中小企業を労務サービスでサポート。日々、社労士に関わる情報を発信して参ります。

2018年12月

いよいよ平成最後の年越しですね。

1年間このブログを見にきていただいた方に感謝申し上げます。

来年は、いよいよ働き方改革関連法も4月から順次施行されます。

本当の意味での働き方改革が必要な年になることでしょう。

労働力不足もより深刻化する中で、外国人労働者の受け入れの整備も急ピッチで進めなければなりません。

皆様もよいお年をお迎え下さい。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

今年も残すところ、2日となりました。

昔の手帳やノートを見返しながら、今年1年を振り返っています。

独立前・独立後といろいろなことを考え、特に独立後はたくさんの人との出会いがあって、今があることをつくづく感じています。

独立して、生計を立てることは、やはり甘くはないと感じることも多いですが、後ろを振り返ってばかりもいられません。

振り返った後は、来年の計画を早めに立てようと考えています。

皆様もよいお年をお迎え下さい。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

OECDは12月20日、新報告書「生涯を通じたより良い働き方に向けて:日本(Working Better with Age:Japan)」を発表した。

報告書によると、
高齢者を新たに雇用し、雇用を継続することを事業主に促すため、定年制と年功賃金のさらなる見直しを実施すること。
・労働者をより不安定な形で雇用することを促進するインセンティブを減らすことによって、労働市場の二重性に対処すること。
・全ての労働者の基盤となる能力の向上を支えるため、生涯を通じた学習に投資し、年齢・獲得したスキル・雇用形態による訓練参加率の格差を縮小すること。
・高齢期においても働き続けられる機会を増やすため、長時間労働対策を行い、働き方改革を適切に実施し、さらに様々な働き方の心理社会的リスク評価を義務化し、より体系的に実施すること。
女性が労働市場に(再)参入し、長く留まることができるようにするため、子育てや親の介護と仕事を両立させる機会を強化すること。

など、さらなる対策を実行するように提言している。

提言の通りだと思います。


詳しい内容な以下のOECDの報告をご覧下さい。↓
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/japan-should-reform-retirement-policies-to-meet-challenge-of-ageing-workforce-japanese-version.htm



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

12月27日の読売新聞で、「教員の負担減を~心の病で休職 高止まり」と題した記事を読みました。

教員の多忙による精神疾患での休職が増加し、その数が高止まりしていることに警鐘を鳴らしている。

教員の置かれている状況として、生徒指導が一番大変と位置づけられ、それに保護者対応、職場内のストレス等が重なり、精神疾患による休職期間は長期化する傾向があると言う。

日本の教員は諸外国と比べて、業務範囲が広く、仕事を抱え込まざるを得ない状況になり易いとの報告もあった。

業務の洗い出しにより、教員本来がやるべき仕事と雑務的な仕事を切り分け、業務量自体を減らすなど仕事の内容の検証が必要であろう。



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

リクルートキャリアは12月25日、全国の介護職従事者を対象にした「介護サービス業で働く人の満足度調査」結果を発表した。

仕事に満足しているのは49.5%【前回2016年比+
3.9%増】

ロボット導入施設で働く介護従事者の満足度は、未導入施設の
従事者より6.7%高く、ロボットやITの導入が進んでいる施設で働いていると、仕事に対する満足度は高くなるとしている。

介護施設での仕事に約5割の人が満足しているという数字は比較的高いと思うが、介護事業所の例えば訪問介護の非常勤職員の給与が構造的に低いことなど低賃金が課題であり、他産業平均との賃金格差を今後どう埋めていくかが課題である。

詳細の内容は以下のURLをご参照下さい。↓
https://www.recruitcareer.co.jp/news/20181225.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

↑このページのトップヘ