社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。えがお社労士オフィス代表と中小企業を労務サービスでサポート。日々、社労士に関わる情報を発信して参ります。

2020年01月

帝国データバンクは1月28日、「全国社長年齢分析」を発表した。

2019年の社長の平均年齢は59.9歳(前年比プラス0.2歳)で、過去最高を更新。うち、上場企業社長の

平均年齢は58.7歳。

社長の平均年齢を業種別にみると、「不動産業」(61.9歳)、「製造業」(61.2歳)、「卸売業」(60.8歳)、「小売業」(60.0歳)など。

年商規模別では、「1億円未満」が平均61.1歳で最高。「1億円未満」における70代の構成比は22.6%、80歳以上は5.4%と、ほかの年商規模に比べ高齢の社長が目立つとしている。

中小零細企業ほど、事業承継が進んでいないことを物語っていると思われる。


帝国データバンクの調査結果の内容は以下のURLを参照下さい。↓
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p200108.html



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



厚労省、総務省、経産省及び国交省は1月29日、「テレワーク・デイズ2020」の実施方針を決定したと公表した。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会期間を含む7月20日から9月6日までを実施期間に設定、都内の企業等については従業員の1割のテレワークの実施等を目標として、様々なテレワークの実施、ワーケーションも活用した地方サテライトオフィス活用への誘導などを行うとしている。

また、東京2020大会の交通混雑緩和として休暇取得、時差出勤及びフレックスタイムも奨励する。


テレワーク・デイズ2020の内容は以下のURLを参照下さい。↓
https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000589360.pdf



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



の4月から大企業に対して適用される、同一労働同一賃金に関連法施行と同じ時期に改正労働者派遣労働法が施行され、派遣労働者の同一労働同一賃金について対応が必要となる。

現在、行政からは、派遣元事業主に対して、同一労働同一賃金に対応するやり方として、①派遣先均等・均衡方式 か ②労使協定方式 のどちらかが示されている。

どちらかを選択しなければならないという事である。

上記の規定の整備に加え、派遣労働者に対する待遇に関して説明義務が強化される。

要は、派遣労働者の雇入れ時の明示・説明も必要だが、今働いている派遣労働者から求められた場合には、事業主はその賃金の決定の仕方を含め、派遣先の同様の業務との不合理な待遇差がないことを説明する義務があるということだ。

派遣元事業主としては、派遣先から対象労働者の賃金データなどの情報をもらわなければならなく、こちらもハードルが高いのではないだろうか。

いずれにしてももう時間が迫ってきているので、派遣元としては、急ピッチで情報を入手し、規定の作成に取り掛からなければならない。

派遣元の同一労働同一賃金のパンフレットの内容は以下を参照下さい。↓
https://www.mhlw.go.jp/content/000497031.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



いよいよこの4月に大企業に対して適用される、同一労働同一賃金に関連する法施行が迫ってきた。

同様な動きは、派遣労働者の同一労働同一賃金についても言えることである。

この問題に関する判例が揺れる中、2018年10月から日本郵政グループが正社員5000人の住宅手当を段階的に廃止する決定をしたことがいまだに波紋を呼んでいる。

というのは、日本郵便(東京)事件(東京高裁判決平成30年12月13日)、日本郵便(大阪)事件(大阪高裁判決平成31年1月24日)において、住宅手当や家族手当の支給に関して正社員と有期雇用社員との待遇差を不合理とする判決はでているからである。

いずれも最高裁判決にまではいっていないと言う点で、判決が確定したとまではいえない状況である。

今後正社員の待遇を引き下げることがあるのか、非正規の待遇をよくする賃金原資を捻出できるのかといった経営判断が否応なく迫られることになる。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



今日は、小阪裕司氏が主宰する「ワクワク系マーケティング実践会」の地域勉強会に参加してきました。

会場はJR中央線沿線の武蔵境駅前の研修室。

いつもの通り、「価値要素採掘マップ」を利用したワークを行いました。

勉強会の後は、近くのやきとり屋さんで懇親会。

いろいろ情報交換をさせていただきました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



↑このページのトップヘ