社会保険労務士に登録し、まずは自分が社労士ですということを名乗るために、名刺作りを始めました。会社勤めでは、無くなったらただ決まった形式の名刺を発注するだけで、何の考えもありませんでしたが、いざ、自己紹介の名刺を作るとなると、色使いから、自己アピールの内容など、考えさせらました。
一番苦労したのは、社会保険労務士と言えども、開業社労士での登録ではないので、連絡先を自分の携帯電話にしたのですが、なんと吹き出しで「平日日中でれないときはごめんなさい」と入れました。
なぜなら、平日日中は、会社の仕事をしているから、出られないのです。名刺を渡しておいて、かけてもでれませんというなんともジレンマを感じる名刺です。

印刷屋さんに、将来のために資格を取ったので、自分名刺を作るのですと相談したら、「24人に1人 渡すだけで仕事が取れる絶対受注名刺」福田剛大さん著の本を参考にと貸してくれました。なかなかおもしろく読みました。要は、名刺に自分の使命が書かれていますか?という点がポイントだったかと思います。

就業規則作成を得意とする社労士をまずは目指します。