9月25日の読売新聞の報道によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で解雇や雇い止めにあった労働者が9月23日現在で、6万439人(見込みを含む)に上ったことが厚労省の調査でわかった。

業種別(18日現在)では、これまで多かった宿泊業や製造業を上回り、飲食業が初めて最多に。

厚労省の担当者は「幅広い業種で厳しい状況が続いている」としている。

都道府県別(18日現在)では、東京都が1万5745人で最も多く、2か月前の7月22日時点(7575人)と比べて倍以上に増加。

次いで大阪府(5388人)、愛知県(3273人)が多くなっている。

雇用形態別(5月25日~9月18日)では、非正規雇用労働者が2万9096人に上った。

まだまだ、コロナに影響される業績不振等で、解雇・雇止めは一定程度今後も発生するであろう。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!