12月7日の読売新聞の報道によると、厚労省は介護離職を減らす目的で、来年度から仕事と介護の両立を支援するケアマネジャーの養成に乗り出す。

介護離職は年間約10万人で推移している。

介護休暇や介護休業などの制度を知らないまま仕事を辞めてしまうケースも少なくないという。

ケアマネジャーは、高齢者の介護プランを作成する役割を担うが、介護する側の仕事と介護の両立を考えるという視点は従来もっていなかったと言える。

そこで、今回は介護する側の仕事と介護の両立も視野に入れた介護プランを作成できるケアマネジャーを養成しようという事で、意義がある取組みだと思う。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!