厚労省は2月17日、第1回「全国在籍型出向等支援協議会」を開催した。

在籍型出向により雇用を維持する「産業雇用安定助成金」の運用等に資するため、関係機関が連携して出向の情報やノウハウ・好事例の共有、送出企業や受入企業開拓等を推進するとしている。

「産業雇用安定助成金」は、新型コロナウイルス感染症により一時的に雇用過剰となった企業が人手の不足している企業に労働者を在籍型で出向させることで雇用を維持する取組みを支援する。

出向運営経費と出向初期経費を出向元、出向先双方に支給する。

コロナ禍下での雇用のミスマッチを解消する実効性のある結果が出ることを期待したい。

協議会の概要については以下のURLを参照願います。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16766.html

厚労省の説明資料は以下のURLを参照願います。
https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000739739.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!