社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。えがお社労士オフィス代表と中小企業を労務サービスでサポート。日々、社労士に関わる情報を発信して参ります。

カテゴリ: 法改正情報

今日から弊社社労士事務所も仕事始め。

令和3年4月1日より36協定届が新しいフォームとなります。

労働者代表の選出が正しく行われているかのチェックボックスが新たに追加されました。

後は、36協定と36協定届を兼用する場合は、引き続き労働者代表と事業主それぞれの署名か記名・捺印が必要なので、この点はあまり変わりがないと思います。

私の関与先の場合は、36協定と36協定届を兼用していて、別途36協定を作成はしていないので。

厚労省の該当する内容のパンフレットは以下のURLをご参照下さい。↓
https://www.mhlw.go.jp/content/000708408.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

令和3年4月1日より高年齢者雇用安定法が一部改正施行されます。

現在の同法では、65歳までの雇用が義務付けられていますが、4月1日より努力義務ではありますが、70歳までの就業確保が努力義務となります。

今後の雇用継続の延長を見据えた動きとも言えそうです。

厚労省の該当する内容の簡易パンフレットは以下のURLをご参照下さい。↓
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000694688.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

厚労省では、育児や介護を行う労働者が子どもの看護休暇や介護休暇を柔軟に取得することができるように、育児・介護休業法施行規則等を改正しました。

この改正により、令和3年1月1日から時間単位で取得できるようになります。

厚労省や東京都の助成金の要件にも微妙に影響を与えそうです。


該当のパンフレットは、以下を参照下さい。↓

https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000582033.pdf


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!


 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



先日の7月8日、厚労省は、労働者派遣法の改正による、派遣労働者の同一労働同一賃金への対応について、「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」のデータを発表した。

これは、来年4月に法施行される、改正労働者派遣法において、不合理な待遇差をなくすための規定の整備として、以下の2つの措置のいずれかを派遣元は整備しなければならないことに対応したものです。

1.派遣先均等・均衡方式

2.労使協定方式

今回公表された、「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」は、2の労使協定方式の基礎資料となるものです。

来年4月に施行される、改正労働者派遣法の改正点のポイントは、以下の3点となります。

1.不合理な待遇格差をなくすための規定の整備

2.派遣労働者の待遇に関する説明義務の強化

3.裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備

派遣労働者の同一労働同一賃金に向けた、法改正は、難解な部分も多いですが、行政の動きをウォッチしていきたいと思います。

厚労省の関連するURLは以下の通りです。↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!



改正介護保険法は2017年5月に成立しました。

そして、今年8月には、高額所得者には自己負担割合が2割→3割に引き上げられます。

要件としては、年金収入等が340万円以上とされている。(詳細は以下の厚労省の資料を参照)

ただし、月額44,400円の上限があります。

年々増加する介護保険にかかる費用への対応の一環といえるだろう。

法改正の詳細は、厚労省の以下の資料をご参照下さい。↓
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/k2017.pdf



にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 

 
社会保険労務士ランキング
↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

↑このページのトップヘ