皆さんこんにちは。先日、九州の方からメールで問い合わせをいただきました。辛い症状で3年以上苦しんでいて、治療方法を調べているうちに、当院のHPを見つけられたようです。
「酒さ」という症状。
皆さんご存じでしょうか? 一般的にはあまり知られてないと思いますが、顔の赤みや、紅斑などができる西洋医学では原因不明の病気です。
東洋医学では、顔面部の皮膚の症状、特に赤ら顔や、紅斑、肌荒れなどは、お腹の「お血」と考える事が多いです。お腹の「お血」を治療していくと、顔面部の肌あれが改善してきます。ステロイドは必要なくなってきます。
このような症状でお悩みの方は、鍼灸治療でも改善しますし、ご自宅で、お灸を根気よくされると効果が出てきます。是非、動画をご覧になって、実践してみてください。

まこと鍼灸院チャンネル
「酒さ」の原因と治療方法
https://youtu.be/o14NAJSHLbs