テレビとか、ラジオとか、インターネットとか[3999]

最近は、テレビのチャンネルがいっぱいです。
というか、かなり前からそのようで。
それにしても、たくさんです。
たとえば、関東エリアでいうところの
NHK2局と民放5局だけで、いいです。
あっ。いまは、住んでいるところの関係から
ケーブルテレビは見ることができます。
聞くところによると、BSとか、CSとか、WOWOWとか、
スカイパーフェクトTVとか、専門チャンネルとかあるようです。
でも、なにも分かりません。加入もしていません。

テレビにはビデオも、DVDもつなげていません。
一体型でもありません。なもので、録画や再生ができません。
そのときに見ることができなければ、
再放送がない限り、二度と見ることはないのです。
まさに、そのときが勝負となります。
最近では、放送終了したばかりのバラエティ番組やドラマ、
はたまた以前に放送されたドラマなどを、
インターネット配信している放送局があるようで。
それも、さっぱりです。

なもので乃木坂46など、シングルCDについてくる
DVDはパソコンでみる以外にないのです。

長崎から埼玉に引っ越しをして、困ったことがあります。
東京の、すぐとなりの県に移ったのに、
東京キー局のラジオ電波が1局だけ入りません。
ぜんぜん聞こえないのです。
アンテナの方角や立地などにより、どうしようもないそうで。
そんなとき、インターネットで
ラジオを聞くことができると知りました。
それが、近隣の地元ミニFMも聞くことができるというのです。
うそみたいな話しです。
これまで聞いていたのと同じ、AMのNHK2局と民放4局、
FMのNHKと民放各1局の8局だけで十分なのに。
また、最近知りました。とあるラジオの生番組では、
インターネットで、スタジオでしゃべっている
パーソナリティの生の姿を見ることができるのです。
曲がかかっている間とか、休むひまもないくらいです。
びっくりです。

もう、テレビやラジオでさえ、ままならないのに。
それなのに、最近はインターネットでも
独自の番組を作り、配信しているそうで。
期間限定で、いつでも好きなときに見ることができるようで。

オンデマンドとか。
ストリーミングとか。
インターネットテレビとか。
動画配信とか。
もう、おじさんは付いていけません。
わけ分かりません。
ふっ。

2550

サイリウム[3998]

サイリウム。
ペンライトの一種です。
1本で何十色に光るものもあります。
アイドルなどのライブコンサートには
かかせないアイテムのひとつです。
それは乃木坂46も同じこと。
色はメンバーによって違ったり、曲によって違ったりします。

サイリウムは電池式です。
コンサートの途中で電池がなくなったら大変です。
なもので、コンサート前には新しい電池に入れ替えます。
入れ替えるたびに、残量のわからない中途半端な電池がふえます。
そこで、なんとなく。
電池の残量が分かるような機器がないものか。
あったら、すごく便利なのに。
そう思いながら、インターネットで検索しました。

すると、安いもので100円から、
高いものでも1千円前後くらいの幅で
「電池残量チェッカー」がありました。
電気製品の量販店では、
500円、600円くらいが揃っているようです。
たずねました。

1千円くらいのが1種類あるだけでした。
100円の3段階くらいの残量表示に比べ、
かなり細かく計れるようです。
ただ、いまはもう電池も、パックで売り出されたり
100円でも種類によっては2、3本単位で手に入る感じ。
安く売られるようになって、
もう。いま「電池残量チェッカー」は
電気製品の主流ではないようで。

対して、いまは充電池が主流になっている、とか。
単3、単4あたりの電池なら、
充電器と専用電池2本がセットで
1400円くらいで入手できるようです。

そんなぁ、です。
せっかく便利な「電池残量チェッカー」なるものをみつけたのに。

ためしに近く3軒の100円の店に寄ってみました。
1軒目ではちょうど在庫がなく、
2軒目では入荷をやめてしまったとか。
3軒目でいわれました。
「何年か前まではあったけど、いまは扱っていない」

う〜ん。
完全に立ち遅れたということでしょうか。
もう「電池残量チェッカー」は、時代遅れなのでしょうか。
いつのまにか知らない間に、作られ売れて、
いつのまにか知らない間に、すたれて。
まったくもって知らない間に、
ひとつの流行を逃していたようです。

どうしたものか、悩んでいます。

2808

ひさしぶりの都立図書館[3997]

港区みなと図書館に最後に行ったのは10月29日、
東京都立中央図書館に最後に行ったのは11月15日でした。
以降、みなと図書館にも都立図書館にも足を運んでいません。
でも、先日、都立図書館のEメールレファレンスで
質問していた答えが返ってきました。
資料を追いかけに、近々、また都立図書館に行きます。

追いかける4冊です。
 『近代史史料陸軍省日誌 第8巻』浅倉治彦編 東京堂出版
 『近代史史料陸軍省日誌 第9巻』浅倉治彦編 東京堂出版
 『東京市電気局三十年史』東京市電気局編纂 東京市電気局
 『東京市事務報告書・財産表 東京都公文書館所蔵
   明治23年〜昭和17年』東京都公文書館編 東京都公文書館

2608
2628

タイムトンネルでも、ワープホールでも[3996]

タイムトンネルでも、ワープホールでもありません。
なにより、タイムトンネルや、ワープホールには
点字ブロックはありません。たぶん。

2804

両手鍋[3995]

両手鍋の取っ手のプラスチックが割れて
鍋の肌が、じかとなっています。
取っ手をつなぎ止めていた、
ふたつの孔が蛙の顔みたいです。

2802

地図の縮尺[3994]

地図は、実物より小さく表現されます。
その地図のあらわし方に「縮尺が大きい地図」とか
「縮尺が小さい地図」とか言い方があります。
よく分かりません。

調べたら、分数の分母が小さいものを「縮尺が大きい」といい
分母が大きいものを「縮尺が小さい」というそうです。
たとえば、以下のようになるようで。
 3千分の1は「縮尺が大きい」
 1万分の1は「縮尺が小さい」
たとえば、2分の1と、3分の1は、どちらが大きいか。
 2分の1の方が大きいわけで。
そう考えればよい。頭ではわかっています。
でも・・・。

なんとなく、分かったような。でも、分かんないような
どっちがどっちだか、こんがらがります。

2807

乃木坂46のライブ観戦歴[3993]

これまでの乃木坂46のライブ観戦歴です。

▽2014年12月12日 有明コロシアム
 「アンダーライブ セカンド・シーズンFINAL!」
▽2015年12月17日 日本武道館
 「アンダーライブ at 日本武道館」
▽2015年12月18日 日本武道館
 「アンダーライブ at 日本武道館」
▽2016年12月7日 日本武道館(予定)
 「MerryXmasShow2016〜アンダー単独公演」
▽2016年12月9日 日本武道館(予定)
 「MerryXmasShow2016〜アンダー単独公演」

今年の武道館2公演のチケットは確保済みです。

5つの公演で一環しているのは、年末のアンダーライブ。
というか、乃木坂46のコンサートは
年末のアンダーメンバーによるライブにしか行ってないです。
それも3年連続となりました。
一種、風物詩になろうとしています。
定番の「バースディライブ」や「真夏の全国ツアー」など
メンバー全員参加のライブは、いちども行ったことがありません。
あっ、全国握手会に併催されるミニコンサートは2回みました。
 2015年5月2日の「命は美しい」発売記念全国握手会と
 2015年9月12日の「太陽ノック」発売記念全国握手会です。
握手会のミニコンサートでは、表題曲やカップリング曲など
そのときどきにリリースされた収録曲が全曲披露されます。
でも、なんか触手が動きません。
選抜メンはテレビでの歌披露など、露出度も多くあります。
でも、アンダーメンバーは、なかなかその機会がありません。
それがアンダーメンバーを応援する理由のひとつです。
また、推しメンが2期生で、選抜入りしたことのない
アンダーメンバーだから。理由のひとつです。
乃木坂46の真髄です。

2806


乃木坂46のチケット入手[3992]

今年の乃木坂46のクリスマスライブ
「乃木坂46 Merry Xmas Show 2016」は
12月6日から9日まで4日間にわたり日本武道館にて催されます。
10日には「3期生お見立て会」が同じ日本武道館にて開かれます。
「Xmas Show」4日間のうち
6日と8日は「選抜単独公演」に
7日と9日は「アンダー単独公演」になります。

7日と9日の「アンダー単独公演」をみたいと思いました。
チケットはモバイル会員先行から、モバイル会員の2次先行、
楽天チケットの先行、一般発売と順繰りに発売されます。
藤城はモバイル会員の登録はしていません。
なもので、楽天チケットの先行受付から参加となりました。
そんなとき。
ちょうど、SNSのお仲間が9日の公演をモバイル先行で
2枚入手され、同伴させていただくことになりました。
あとは7日の公演チケットのみとなります。

楽天先行で7日の公演を申し込みました。
残念ながら、抽選にはずれました。
そして最後の頼みの綱。一般発売に挑戦しました。
土曜日の10時からインターネットで販売がスタート。
なかなかつながりません。

まず、人気のある6日の選抜単独公演が予定枚数終了となり、
続いて、8日の選抜単独公演が予定枚数終了となりました。
つながるまで、ずっとキーを押し続けました。
結果、10時33分に、やっとつながりました。
もう指定はありません。
残すはステージサイド席のみ。
席はステージの横となり、見にくい感じです。
でも、武道館に行けるだけ、よしです。
さっそく申し込む手続きをしました。

12月7日と9日は日本武道館にいきます。

2803

借りるのに1年以上!(終)[3991]

1年前の11月12日に、市立図書館で
予約していた1冊の本が、ついにやってきました。

1年前に予約したとき、その本は市内に23館ある
図書館のうち11館で所蔵していました。
でも、いつのまにか14館にふえていました。
たぶん、予約数の多さに図書館た対応したのでしょう。
それにしても、予約した時点での
割り当て順位は251でした。
251人が借りて返すのを待たなければ
借りる順番はまわってきません。
251番目まで1年かかりました。

そうそう借りるとき。
カウンター越しに係員さんに聞きました。
「まだ予約の数って、たくさんあるんですか」
「はい。いまの時点で124件入っています」
まだまだ先は長いです。

2801

以下、2015年11月12日から
2016年11月24日まで
割り当て順位251が「0」になるまでの推移です。
2015年11月
12(251)、13(249)、14(247)、15(245)、
16(245)、17(244)、18(244)、19(244)、
20(244)、21(244)、22(243)、23(243)、
24(242)、25(241)、26(240)、27(240)、
28(238)、29(237)、30(237)
12月
01(237)、02(237)、03(236)、04(235)、
05(234)、06(233)、07(233)、08(233)、
09(231)、10(231)、11(231)、12(230)、
13(229)、14(229)、15(228)、16(228)、
17(228)、18(227)、19(226)、20(225)、
21(225)、22(225)、23(225)、24(223)、
25(223)、26(222)、27(220)、28(220)、
29(220)、30(220)、31(220)
2016年1月
01(220)、02(220)、03(220)、04(218)、
05(216)、06(214)、07(214)、08(214)、
09(213)、10(212)、11(210)、12(210)、
13(210)、14(210)、15(210)、16(209)、
17(209)、18(209)、19(209)、20(208)、
21(208)、22(207)、23(206)、24(206)、
25(206)、26(205)、27(203)、28(203)、
29(203)、30(201)、31(200)
2月
01(200)、02(199)、03(198)、04(198)、
05(198)、06(196)、07(194)、08(194)、
09(194)、10(193)、11(191)、12(190)、
13(189)、14(189)、15(189)、16(189)、
17(187)、18(185)、19(185)、20(185)
   2月21日から3月2日までは
   市立図書館は休館のため動きなし。
3月
03(182)、04(182)、05(180)、06(179)、
07(179)、08(179)、09(178)、10(177)、
11(177)、12(177)、13(176)、14(175)、
15(174)、16(174)、17(174)、18(174)、
19(171)、20(171)、21(170)、22(169)、
23(169)、24(169)、25(169)、26(167)、
27(167)、28(167)、29(166)、30(166)、
31(165)
4月
01(164)、02(164)、03(164)、04(163)、
05(161)、06(161)、07(161)、08(161)、
09(159)、10(159)、11(158)、12(158)、
13(158)、14(157)、15(156)、16(156)、
17(155)、18(155)、19(155)、20(154)、
21(153)、22(153)、23(151)、24(151)、
25(150)、26(150)、27(149)、28(149)、
29(148)、30(146)
5月
01(146)、02(144)、03(142)、04(140)、
05(140)、06(140)、07(140)、08(139)、
09(139)、10(139)、11(137)、12(136)、
13(135)、14(135)、15(133)、16(133)、
17(133)、18(133)、19(132)、20(131)、
21(131)、22(130)、23(130)、24(130)、
25(127)、26(126)、27(126)、28(126)、
29(125)、30(125)、31(123)
6月
01(121)、02(121)、03(121)、04(120)、
05(116)、06(116)、07(116)、08(116)、
09(116)、10(115)、11(114)、12(113)、
13(113)、14(113)、15(113)、16(113)、
17(113)、18(110)、19(110)、20(110)、
21(109)、22(106)、23(106)、24(106)、
25(105)、26(105)、27(104)、28(104)、
29(104)、30(103)
7月
01(101)、02(100)、03(100)、04(100)、
05(98)、06(98)、07(98)、08(98)、
09(96)、10(95)、11(95)、12(95)、
13(95)、14(94)、15(94)、16(93)、
17(91)、18(90)、19(90)、20(90)、
21(90)、22(90)、23(89)、24(89)、
25(89)、26(87)、27(87)、28(84)、
29(83)、30(83)、31(82)
8月
01(82)、02(82)、03(81)、04(80)、
05(79)、06(76)、07(75)、08(75)、
09(74)、10(73)、11(72)、12(72)、
13(71)、14(71)、15(71)、16(71)、
17(71)、18(71)、19(68)、20(67)、
21(66)、22(66)、23(66)、24(64)、
25(63)、26(62)、27(60)、28(60)、
29(60)、30(60)、31(59)
9月
01(59)、02(56)、03(56)、04(56)、
05(56)、06(54)、07(52)、08(52)、
09(51)、10(51)、11(50)、12(50)、
13(50)、14(50)、15(50)、16(50)、
17(17)、18(48)、19(45)、20(45)、
21(45)、22(43)、23(43)、24(42)、
25(40)、26(40)、27(39)、28(39)、
29(38)、30(38)
10月
01(38)、02(37)、03(37)、04(37)、
05(37)、06(37)、07(37)、08(36)、
09(34)、10(32)、11(32)、12(32)、
13(30)、14(30)、15(30)、16(30)、
17(30)、18(30)、19(28)、20(27)、
21(26)、22(26)、23(26)、24(23)、
25(21)、26(21)、27(21)、28(21)、
29(21)、30(20)、31(19)
11月
01(19)、02(19)、03(18)、04(17)、
05(16)、06(15)、07(15)、08(15)、
09(15)、10(14)、11(14)、12(14)、
13(11)、14(10)、15(10)、16(10)、
17(8)、18(8)、19(7)、20(5)、
21(4)、22(3)、23(2)、24(0)

発報[3990]

東京都立中央図書館の裏側の窓ガラスです。
「発報」という言葉、はじめて聞きました。
火災報知機など警報機が発報する、という言い方があるようです。
でも、パソコンで「はっぽう」と変換しても
「発砲」「発泡」くらいしかなく、「発報」はありません。
また、「広辞苑 第二版補訂版第六刷」にも
「新明解国語辞典 第五版」にも、載っていませんでした。
もしかして専門用語でしょうか。

ネットの「weblio辞典」にありました。
意味は「発して報じること。特に、無線機器などを使って、
音声や警告音などで、通知したり報告したりすること」
ということはです。通知、報告は
取り締まる、しかるべき個所に、されるのでしょうか。
それとも、なにかしでかそうと、している人にむかって
されるのでしょうか。

発砲の誤字でないことを、お祈りします。

2779

長崎の味[3889]

長崎から埼玉に移り住んで6年が過ぎました。
引っ越して初めて入ったのは新大宮バイパス店です。
関東地区出店第1号店でもあります。
食事目的で電車にのって行きました。

以来、家からちょっと離れてでかけたとき
見つけては入るようにしています。
でも、なんか。
店に入るごとに、長崎の味が
遠のいているような気がしてなりません。
なんか、ちょっと違うのです。

また、長崎の味で食べたいです。

2798
2744

渋谷駅を1周[3888]

二子玉川からの帰り、東急田園都市線で渋谷へ。
まだまだ不案内な渋谷駅を1周しました。
渋谷駅の西側にあるJRハチ公口から、東側の宮益坂口へぬけ
駅に沿って南下し、玉川通り沿いにJR線をくぐり
西口にでて、ロの字歩道橋にあがりました。
東急東横店南館前に広がるバスターミナル跡です。
地下施設整備の工事中で
なんか都電が廃止され、線路やホームをはがしたあと
整備前の広い空間が残った状態のような感じもします。
そのまま地下鉄銀座線の高架をくぐり
ハチ公口にもどりました。

帰宅後、地図をみて気づきました。
東急東横店南館の片隅に「モヤイ像」があったようで。
駅改修工事にで、どうなったか確認はしていません。
知っていたら、見てみたかったです。

またいつか、じっくり何周もしてみようかと思いました。
工事をしている、いましかないものが
たくさん見え隠れしている感じです。

2794

2795

多摩川べりで広い空[3887]

東京都公文書館からの帰り、多摩川べりにでました。
ひさしぶりに、ひろ〜い空を仰ぎました。

2787

2788

2789


二子玉川駅のホームから多摩川を撮っています。
左下、斜めにはしる白い線が電車の線路。
かこいのむこう、車の屋根が見えるのは
線路と平行する玉川通りの二子橋です。
そして、奥の青い橋が厚木街道の新二子橋となります。

二子玉川の駅をすぎたらすぐ多摩川です、というか。
ホームの端の方は多摩川の上みたいな感じでした。
2790

はじめての博士[3986]

東京都公文書館のレファレンスで
質問を聞いてくれた職員さんがおります。
いただいた名刺の肩書きにありました。
「公文書館専門員 博士(文学)」。
なんと、博士です。
「博士」という肩書きの方に会ったのは初めてかも、です。

2797
2799

はじめての東京都公文書館[3985]

この半年ばかり、調べものをしてきました。歩きまわりました。
調べものは、やっとこさ最終段階にきた感じ。あともう少しです。

調べものをしているなかで、わからないことが3つありました。
そこで東京都公文書館に行くことにしました。
東京都公文書館の名前は、なんとなく知っていました。
東京都立図書館の「Eメールレファレンス」から
もしかしたら、東京都公文書館なら資料があり、
分かるかもしれないと教えてもらいました。

東京公文書館は世田谷区の多摩川近くにあります。
最寄り駅は東急田園都市線の二子玉川。
なぜ、東京の公文書館が千代田区とかでなく、
はなれた場所にあるのでしょうか。
じつは、もともとJR浜松町駅から旧芝離宮恩賜庭園の先、
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線の竹芝駅前にありました。
でも、竹芝地区の再開発計画のため平成24年に
世田谷区玉川一丁目の高校校舎跡に仮移転していたのです。
のちのち平成31年度には、国分寺市に正式移転するとか。

2791
2793
2799

はじめての田園都市せん[3984]

はじめて二子玉川までいきました。
大宮から渋谷にでて、東急田園都市線で6つ目となります。
はじめての田園都市線です。
地下鉄半蔵門線と相互乗り入れをしていて、渋谷駅は地下。
駅をはなれ間もなく地上にでるかなと思いきや、おお違い。
渋谷からは国道246号、通称玉川通りの地下を走って
途中、桜新町の手前から国道をはなれ用賀をぬけます。
やっと地上にでて二子玉川。そして神奈川県との境、
多摩川をわたることになります。

桜新町。聞いたことがあります。
「サザエさん」の原作者長谷川町子が住んでいた街です。
用賀。聞いたことがあります。
首都高速3号渋谷線の出入り口で、
東名高速道路の起点・東京インターチェンジに直結しています。
よく、お盆や年末年始の帰省時期に流れる渋滞情報で耳にします。

桜新町で急行の通過待ちがありました。
電車内から地下ホームを見渡します。
追い抜く線路も、対向の線路も見あたりません。
のっている電車線路だけの片側単独のホームです。
いつ、急行に抜かれたのかも分かりませんでした。
なんとなく、音と振動が伝わってきました。

地上にでた田園都市線は、二子玉川駅の手前で
大きくカーブして入ってきた東急大井町線と合流します。
大井町から戸越、大岡山、自由が丘、等々力を通ってきます。
ちょうど田園都市線と大井町線の2つの路線の
複線線路が単体高架線で交差しています。
高速道路のインターチェンジみたいな感じに伸びていました。

2786
2796

南部坂と木下坂[3983]

港区のなかほど、西寄りに有栖川宮記念公園があります。
道路が三角形にかこんでいます。
▽北側の頂点から北へむかうと、六本木ヒルズに沿って
六本木通りの六本木六丁目交差点にでます。
六本木通りを少し進むと、地下鉄日比谷線の六本木駅です。
▽東側の頂点から東にむかうと、仙台坂をくだって
麻布通りの二の橋交差点にでます。
麻布通りを少し進むと、地下鉄南北線の麻布十番駅です。
▽西側の頂点から西にむかうと、
すぐ外苑西通りの広尾橋交差点にでます。
交差点に地下鉄日比谷線の広尾駅があります。

2780
2781

▽西側の頂点、有栖川公園前交差点から
左に行くと、右に公園をみながら木下坂をのぼります。
坂の名前の由来は、通りをはさんだ公園のむかいに
大名木下家の屋敷があったことによります。
▽また交差点を右に行くと、
左に公園をみながら南部坂をのぼります。
坂の名前の由来は、三角形の地に赤坂から移ってきた
盛岡城主南部家の屋敷があったことによります。
だからでしょうか。明治時代、三角形にかこまれた
内側は盛岡町といっていました。
そういえば、三角形の北側頂点の内側にある交番は
麻布警察署の盛岡町交番です。

2782
2783

まわりには大使館がたくさんあります。
三角形の西側にはスイス大使館、ノルウェー大使館、
中華人民共和国駐日本国大使館があります。
南側にはドイツ大使館、パキスタン大使館、
フィンランド大使館があります。
東側にはカタール大使館、マダガスカル大使館があります。
まわりには、すこし離れてルーマニア、ギリシャ、ラオス、
中国、リトアニア、オーストリア、スロヴァキア、アルゼンチン、
韓国、イラン、フランスなどの大使館があります。

だからでしょうか、広尾橋交差点近辺では
たくさんの外国の人を見かけます。
そんな三角形のまん中に、東京都立中央図書館があります。

オンラインデータベース[3982]

明治、大正、昭和初期の3大紙「東京朝日新聞」
「東京日日新聞」「読売新聞」は、図書館に備える
オンラインデータベースで閲覧することができます。
印刷もできます。
東京都立中央図書館では、3紙ともに閲覧も印刷もできます。
熊谷の埼玉県立図書館でも3紙の閲覧、印刷が可能です。

さいたま市内に25館ある図書館にないか探しました。
図書館によって閲覧ができたり、できなかったり、
印刷ができたり、できなかったり、まちまちのようです。
それにもまして、重要なことが発覚しました。
さいたま市内の図書館には「東京日日新聞」の
データベースがどこにも備わっていないということ。
そこで、埼玉県内で「東京日日新聞」のデータベースを
備えている図書館を近くの図書館に探してもらいました。
越谷市立図書館にあることが分かりました。
でも、越谷市の利用者カードがないと
見ることができないというのです。

いま、いちばん見たいのが
大正元年9月10日の「東京日日新聞」です。
埼玉県立図書館か、都立中央図書館まで行くことになります。

2629

スピードが違う[3981]

最近、よく地下鉄を使います。
ホームは地下の奥深くにあります。
なもので、エスカレータにのる機会がふえました。

エスカレータにのって気づきました。
踏み台と手すりのスピードが、微妙に違うのです。
踏み台にくらべ、手すりが先に持っていかされます。
のるときは、からだの横から肘を前にまげています。
それなのに、おりるときは肘がつっぱります。

構造はよく分かりません。
手すりや踏み台に伝える、モータの速度が
違ってきているということでしょうか。
地下鉄が開通し駅ができ、年月もすぎました。
少しずつ疲労しているのかもしれません。

2785


埼玉県民の日[3980]

いつも通っている
さいたま市立図書館は月曜日が休館です。
でも、きのうの月曜日は
「埼玉県民の日」で開館していました。
相互貸借の資料を2冊借りました。
貸し出し期間は2週間です。
相互貸借のため貸し出しの延長はできません。
2週間後の月曜日に返すことになります。
でも、ふだんの月曜日は休館。
そのため火曜日の返却となります。
1日多く借りることができます。

2778

16thの写真公開[3979]

乃木坂46の16枚目シングル
「サヨナラの意味」が発売されました。
おそくなりましたが
TypeA〜D封入の生写真です。
残念ながら推しメンはいませんでした。

2777


借りるのに1年以上!(6)[3978]

7回目のご報告です。
去年の11月12日に市立図書館で予約した1冊の本。
まだ、順番がまわってきません。
その本は市内に23館ある市立図書館のうち11館で所蔵しています。
去年の11月12日の時点で、予約の割り当て順位は251でした。
そのときに市内に11冊あっても、251人が借りて返すのを
待たなければ、借りる順番がまわってこないのです。

去年の11月19日に、ブログにはじめて書きこんで
今年の1月6日、4月9日、6月8日、7月7日と
経過報告をしてきました。そして・・・。
ついに1年が過ぎました。
タイトルの「借りるのに1年間」に「以上!」をつけました。
やっとこさというか、いつのまにかというか、ついにというか、
1年が過ぎ、きのうの11月12日の時点で
あと11人待ちとなりました。
1年間のあいだに240人が借りて読んだことになります。
なんとなく、先が見えてきたような感じになりましょうか。

いま気づきました。
いちばん最初に見たときは市内に11冊ありました。
それが14冊に増えています。もしかして
予約数が多いから所蔵を増やしたのかもしれません。

写真の数取り器は、レバーを押すと「1」ずつ増えます。
決して減ることはありません。

2776


充電用コード[3977]

携帯電話の充電用コード。
本体側につながるコネクタの
ストッパーが片方折れてしまいました。
携帯電話本体から離れません。
無理やり外して本体が壊れても困ります。
このまま付けて、日常を過ごすわけにもいきません。
次に充電するときに困ります。
携帯電話自体が年代もので、いまは1日1回の充電が必須です。
急きょ、お店を訪ねました。

充電用コードは、かれこれ10年以上は使っていたでしょうか。
コードには、いまの携帯電話以上の歴史が刻まれています。
ずっと、両側から押しはずしをしていたから
プラスチックが摩耗してしまったのかもしれません。
店員さんは、自身の名札をはずし
針の先でコードを外そうとしています。
はずれました。
くっついていた、もう片方のストッパーも折れました。
ストッパーが折れたコードは
お店で引き取ってもらいました。
新しい商品を買いました。

2774
2775


SAKUMA DROPS[3976]

佐久間正英は音楽プロデューサでした。
2014年1月に、61才で亡くなりました。
前年の8月には自身の公式サイトで、末期の
スキルス胃がんであることを公表していました。

はじめて知ったのは、乃木坂46のメンバーで
佐久間とは親戚にあたる生田絵梨花のブログでした。
NHKで放送される佐久間の番組を紹介していました。
2014年4月11日深夜の「そして音楽が残った
〜プロデューサー・佐久間正英 “音と言葉”」
です。
みました。

佐久間はたくさんの楽曲のプロデュースをしました。
番組は、佐久間の貴重な映像やインタビュー、
かかわったアーティストへのインタビューのほか、
佐久間の作品「Last Days」を含む
コンピレーションアルバム『SAKUMA DROPS』の
制作風景などで構成されました。

佐久間はアルバムに収録する33曲を選びました。
DISC1には有名な楽曲、
DISC2には、思い出深い楽曲が収められました。
藤城が好きな早川義夫や遠藤賢司の楽曲も収録されています。
佐久間と早川は交友関係にありました。
佐久間は早川を神と仰ぎ
「和光大学に進んだのは彼がいたから」といっていました。

HMVのポイントで入手しました。
佐久間が手がけた80年代の
ロックバンドの楽曲がたくさん収録されています。
BOOWY をはじめTHE STREET SLIDERS や
THE BLUE HEARTS、JUDY AND MARY、
GLAY、エレファントカシマシ。
氷室京介や筋肉少女隊、SCANCHなど、など・・・。

名前は、なんとなく分かります。
でも、恥ずかしながら、当時はなにも聞いていません。
なにも分かりません。
どのグループに誰がいて、どんな曲があるのか、
なにがヒットしたのか、まったくもって分かりません。
はじめて聞きく楽曲ばかりです。
聞きました。みな同じように聞こえます。

ただ、なんとなく、どの曲も
するどくなく、やさしく感じられました。


アルバムには生田も参加してます。
34曲目。佐久間の遺作「Last Days」で
ピアノとコーラスを担当しています。

2773

乃木希典と岩倉高校[3975]

たまたま見つけました。
大正元年9月19日の「東京日日新聞」7面です。
9月13日に乃木希典と静子夫人が亡くなり
18日に葬儀が行なわれました。
親族総代の玉木正之は乃木の実弟直人、
のち玉木の養子になった正誼の実子です。
親族総代であり遺言執行者のひとりでもありました。

となりの岩倉鉄道学校は、わが母校。
いったい、なにがあったというのでしょうか。

2772
訪問者数(visitor)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

紹介1(profile)
藤城かおる
3代続いて東京生まれ、
生粋の江戸っ子ですが、
▽平成1年(1989)9月に
長野県の松本に引っ越し
▽平成3年(1991)11月
長崎に移りました。
▽平成22年(2010)春
埼玉県に引っ越しました。
紹介2(profile)
最新評言(comment)
月別記録(archives)
天気(weather)
  • ライブドアブログ