「パンとペン」文庫本化[3809]

2011年8月19日に「パンとペン」のこと書きました。
単行本を入手して、すぐ読んで記しました。
講談社創業百周年書き下ろし作品として2010年10月に発行。
以来、ご無沙汰して、文庫本になったことも知りませんでした。
文庫本の発行は2013年10月、単行本から3年後です。
早い時期での文庫本かと思われます。
それにしても、文庫化を気づかなかったのは悔やみます。
単行本を入手したから、いいという訳でなく、うっかりです。
単行本はタイトルが「白色」、副題が「黄色」
文庫本ではタイトルが「黄色」、副題が「白色」になっています。

2517

割れて広がる

これまでも何回か大きなのが割れてたこともありました。
でも、ここまで大きなのが割れて広がったのは初めてかも。
そのなかで、ちいさなのが2つ誇示しています。

右下の「範疇(category)」にある「食・飲」か、
アドレスをクリックすると、これまでの玉子がでてきます。
http://blog.livedoor.jp/makuramot/archives/cat_50049713.html

2513

2ndアルバム「それぞれの椅子」[3807]

HMVにて乃木坂46の2ndアルバム
typeA〜Dを各1で入手しました。
HMVでは先着特典にミニポスターがつくようで。
ショップにて「同じポスター4枚いりますか」と聞かれました。
よく分からないまま、「はい」と答えました。

帰宅して公式サイトにある
CDショップチェーン別先着特典のリストを確認しました。
特典はアナザージャケットなりミニポスターが
何種類かあるうちのランダム配布ではなく、
HMVは、というか全店舗とも1種類ずつの提供みたい。
店舗ごとに4種類の集合写真が振り分けられているのです。
いま、手元に同じミニポスターが4枚あります。
大きさはA3判。横420ミリの縦297ミリ。

各店舗が1種類ずつしか用意していないということは
2ndアルバムに関して、たとえばタイプを分けての購入者は
あまりいないと見越しての設定となりましょうか。

2ndアルバムが発売され「乃木坂46年表」の
「楽曲別全参加メンバー」と「全楽曲の演奏時間」を修正しました。
「楽曲別全参加メンバー」では楽曲センターメンバーの印を
「赤ケイの丸」から「赤ベタの丸」に変更。分かりやすくしました。

そういえば、
1stアルバムでは新曲8曲のうち、
3曲にセンターメンバーがついていました。
でも、2ndアルバムでは新曲11曲すべて
センターメンバーがついていませんでした

2516


早くも咲き乱れようとしています[3806]

早くも咲き乱れようとしています。

24日15時の時点で停滞前線が南の方、
大陸から台湾の北辺を抜け東に延びていました。
18時も同じです。
それが21時になると、前線はなくなり
前線の西端があった辺りには高気圧が生まれました。
東にゆっくり進もうとしています。
そして25日9時の予報では、ふたたび大陸から
前線が台湾の北を抜け東に延びていました。
(25日3時現在)

2515

「乃木坂46年表」が最低限[3805]

乃木坂46年表」の2016年の
事象を少しばかり太らせました。
さらに、35事象を増やし233事象となりました。
全体で1982事象となりました。
これで元になる3つの資料の
デビューから2016年4月までの反映が終わりました。
いちおう全体の流れは抑えた感じになりましょうか。
必要最低限のボーダーラインには達したのではないかと思います。
やっと、スタートに立てた感じです。

あとは「乃木坂46物語」からまとめた
133事象の行く末です。
月日のない事象が、かなりを占めているため
年表への反映に苦慮しそうです。
できるところから、少しずつ溶け込ませていきます。

2502

カラオケで、ひさびぶりに乃木坂46[3804]

土曜日の夜、大宮駅前のカラオケ店に行きました。
メンバーは高校時代からの知人と、堀直子の3人。
長崎から埼玉に戻って、知人とは
これまで2回カラオケに行きました。
堀直子とは、ひさしぶりです。

全11曲。バレッタ、失いたくないから、
渋谷ブルース、君の名は希望、心の薬。
オリビアを聴きながら、365日の紙飛行機、
あの日 僕は咄嗟に嘘をついた、
硝子坂、君に捧げるラブソング、秋止符。
前半は乃木坂46の楽曲のオンパレード。

「365日の紙飛行機は」3種類ありました。
そのうちの山本彩バージョンでうたいました。
少しアコースティックな感じにアレンジされていました。
また、「秋止符」はフォークグループのアリスの曲です。
市井紗耶香と中澤裕子のバージョンでうたいました。
ハロー!プロジェクトのメンバーがフォークソングをうたう
カバーアルバムに収録されています。
途中からキーがかわりました。

はじめ3人3時間で予約、最後は10分ほど歓談。
余裕の感じでうたうことができました。

うたっていて、ひとつ、気になりました。
モニタにうつし出される歌詞。
明朝の書体、特に漢字が細かいところで気になりました。
文字のなか永字八法でいうところの
「右上がりの横画」「左はらい」
「短い左はらい」「右はらい」の
バランスが微妙に惜しいところであっていないのです。

2512

「じょしらく」にて。見、観、看、診、視[3803]

5月12日にみた、乃木坂46の舞台
「じょしらく弐〜時かけそば」初日(チームら)の
レポをまとめています。

舞台は「みる」。
「みる」を漢字にすると5つあります。
「見る」「観る」「看る」「診る」「視る」。

レポはそれなりに長い文章です。
上の5つの漢字の使用頻度を見てみます。
うしろから。
「看る」「診る」「視る」の3つはでてきません。
「観」は「観劇」という単語にして4か所。
「観る」はありません。

そして「見」は3か所だけ。
 「こわいもの見たさ」
 「前方に見えてきました」
 「ちらほら見え隠れ」

「みる」のは演劇だから「観劇」となり
「観る」がいいのかもしれません。
ただ、まだ「観る」と「見る」の使い分けがわからず
「観る」とも「見る」ともしないで「みる」にしました。

意味が分からないので、格好つけることもできません。
たんなる個人的なこだわりです。

2385

セブン‐イレブンへ行く[3802]

セブン‐イレブンが乃木坂46とコラボして
フェアをはじめました。
▽アルバム、ニューシングルを予約すると
豪華特典が付いてきたり。
▽全国ツアーの先行販売に特典が付いたり。
▽700円以上買ったら、くじがひけて、
応募したら抽選で豪華賞品が当たったり。
▽サンドウィッチと野菜ジュースを
セットで買うと生写真が付いてきたり。
▽納豆のパッケージにメンバー
キャラクターが印刷されていたり。
▽お菓子を2つ買うと缶バッジが付いてきたり。
▽お菓子のバッグを買うと、うちわが付いてきたり。

セブン-イレブンに入っても
買うまい、倣うまいと思っていました。
夕方、別件で買い物に入りました。
そうしたら、なにもないと思っていたら
まだ缶バッジがありました。
なもので、つい便乗してしまいました。
お菓子2つと、さいごの「衛藤」のを持ってレジへ。
「星野」はもうありません。
あと「白石」「生田」「秋元」「西野」
「橋本」「高山」「生駒」「齋藤飛鳥」のは
まだ3つ、4つくらいずつ残っていました。

2511

なに気に開眼[3801]

いまになって、なに気に興味を持ちはじめました。
新たな開眼です。

2510

岩槻駅高架化16[3800]

東武野田線の岩槻駅、高架化工事の進捗状況です。
3番線ホーム越しに西口のロータリーを見ています。
2506

こちらは自由通路の西口側の窓より
ロータリーを見おろしています。
2507

駅前少し先の信号のある交差点から1ブロック
駅寄りに入ったところから撮っています。
2509

18日に、さいたま市が発表しました。
5月24日(火)12時から東西自由通路が開通。
5月31日(火)始発から橋上改札の使用開始。
自由通路は24時間の通行が可能となるようです。
また、これまで東口にしかなかった改札口が橋上に移ります。
でも西口のロータリーは、まだまだ出来あがっていません。
どういうことなのでしょうか。
9日(月)に行なわれた記者発表のレジュメの最後にありました。
「西口駅前広場及び自由通路の一部については、
今年度末に完成予定です。」
写真のような状況での一部開放となりましょうか。
完成は、まだまだ先です。

これまでの流れに関してはこちらをご覧ください。


HaKaTa百貨店[3799]

3月31日にHKT48のバラエティ番組
「トンコツ魔法城女学院」のDVDのことを書きました。
その第2弾。
じつは、悩んでいました。
次はどちらにするか。
乃木坂46の「NOGIBINGO」か、
HKT48の「HaKaTa百貨店」か。
もし中古屋さんに行って、2本のDVDがならんでいたら、
どちらにしよう、どちらにしましょう。

「NOGIBINGO」は2013年7月から
「乃木坂46×HKT48冠番組バトル!」としてはじまります。
HKT48の「トンコツ魔法少女学院」と
1時間の番組枠内で、30分ずつ放送されました。
メンバーは、毎回、体当たりの精神で番組の企画に挑みます。

「HaKaTa百貨店」は2012年10月からはじまった
HKT48の関東で初めてのレギュラー番組です。
収録は福岡のHKT48劇場の舞台で行なわれました。
毎回のゲストは、HKT48メンバーの推しメン。
AKB48グループから呼ばれました。

BOOK OFFに行きました。
2本はならんでいません。
「HaKaTa百貨店」の初回限定盤がありました。
入手しました。
封入特典は3点、ブックレットとオリジナルバックと
自己紹介カード(全20種のうちランダム3種)。
そのうち自己紹介カードはありませんでした。
HKT48初のDVDにつく、カードは自己紹介仕様です。
いまとなっては、貴重なカードなのかもしれません。
仕方ありません。というか、べつによいです。

表示価格は1万2200円です。
それが4450円。
さらに「自己紹介カード」が
付いていないという理由で100円割引き。
「自己紹介カード」が付いている、いないかで100円の差。
それよりも、2013年4月にDVDとなった本体が
3分の1に届く値段に設定されていたのです。
想像以上の安値でした。

DVDは全12回放送分に特典映像として、
メイキング、未公開映像、HaKaTa百貨店カタログ。
さらに、初回限定として反省会と
HaKaTa弁でヒトコトがついています。
各回のゲストです。括弧内はゲストの推しメン。
01. 柏木由紀(宮脇咲良)、02. 峯岸みなみ(本村碧唯)、
03. 渡辺麻友(下野由貴)、04. 大家志津香(穴井千尋)、
05. 大島優子(中西智代梨)、06. 宮澤佐江(村重杏奈)、
07. 倉持明日香(若田部遥)、08. 高城亜樹(松岡菜摘)、
09. 渡辺美優紀(本村碧唯)、10. 秋元才加(朝長美桜)、
11. 北原里英(田中菜津美)、12. 高橋みなみ(多田愛佳)

いったい、どんな感じにまとまっていましょうか。
自由奔放なHKT48メンバーは、地元の福岡で
どのようなむちゃ振りをしたのでしょうか。
楽しみでなりません。

2505

乃木坂46の2016年[3798]

乃木坂46年表」のなかで
遅れをとっていた2016年のページの事象を
これまでの52から198までに増やしました。
極端に少なかった2016年が、やっと
他のページと肩を並べるまでになった感じです。
全体では1802事象が146増えて
全1948事象になりました。
手を伸ばせば2千事象に届きそうな勢いです。
ただ、ここからが至難の技のような気がしてなりません。

ちなみに現時点でのページ別事象数です。
2011(以前)82
2012(前)110、(後)145
2013(前)170、(後)217
2014(前)247、(後)220
2015(前)232、(後)327
2016(5月まで)198

2502

被差別小説傑作選[3797]

「被差別小説傑作選」を読みました。
なかに1編、むずかしいお話がありました。
タイトルは「因縁事」。作者は福岡県生まれの宇野浩二です。
大正9(1920)年の「中央公論」5月号に掲載されました。

差別を扱った小説自体そう多くないでしょう。
それでも、島崎藤村の「破戒」よりも、
住井すゑの「橋のない川」よりも衝撃的でした。
まず、短編ということ。
短くまとまっているだけ、結末がいたたまれないのです。
老女のお鳥が、自身の体験談を語るという形になっています。

舞台は大阪と生駒山のあいだ、大阪から3里ほど離れた河内の国。
頭がよく別嬪なお鳥は、両親と兄の庄太と住んでいました。
お鳥は、自分がどういうところに生まれたのか
両親から教えこまれます。
物心ついたころから意識しはじめました。
尋常小学校を卒業、
両親に反対されながら、どうにか高等小学校に入学。
まわりから、どんなひどいことをいわれても辛抱して卒業しました。
お鳥は、尋常小学校も高等小学校も優等1番での卒業でした。
兄の庄太は、お鳥が10才のころ、家を飛びだしました。
そのまま戻ってこなくなりました。
庄太は、よその村に喧嘩を買いにいき
極道の道にすすんだと言われました。

時間が過ぎた、ある日のことです。
家が火事になり両親とお鳥は焼けだされました。
焼けなかった納屋で、ひとまずしのぎました。
村では、つけ火と噂がたちます。
極道息子の仕業というのです。父は違うと言います。
でも、お鳥は子どもながらに、
もしかしたら、そうかもしれないと思いました。

さらに時間が過ぎ、お鳥は16才になりました。
外の世界のあこがれはやみません。募る一方です。
お鳥は大阪に行きたい衝動が抑えきれません。
でも、なかなか親には言いだしきれませんでした。
あるとき、父が仕事で出入りする、大阪今宮の皮革卸の番頭が
ひとりの男を連れてやってきました。
男は難波新地の女郎屋の口入れでした。
男はむりにすすめることなく、世間話などをして番頭と帰りました。

ある晩、お鳥は大阪にでたいという思いの丈を両親に話しました。
お島と両親の思いがぶつかります。父親が言いました。
「残ったわしらはどうなると思う。
 どうか、わしらの目の黒いうちは家にいてくれ」
それでもお鳥の決心はかたく
父の言葉には、だまっまま耳をかしません。
両親ともに、なにも言わなくなりました。

お鳥は大阪に行くことになりました。
桂庵(口入れ屋)が迎えにきます。
両親は小川にかかる橋まで見送りにでました。

2年がたち、お鳥は18才になりました。
お鳥には難波新地で5本の指に入るほどの評判が立ちました。
それでも大阪で、お鳥の素性を知っている者はいません。
そんななか、ひとりの男がお鳥の見受けをしました。
引き祝いをしたお鳥は、妾ではなく男の奥さんになりました。
30才前後で浅黒い男は、大和の国の金持ちの息子です。
お鳥は夫に連れられ家のある大和の国に向かって足を進めます。
ちょうど峠の中ほどにさしかかったころ。
夫は急に立ち止まりお鳥の手をにぎります。
話しをはじめました。

残すところ、あと3行。衝撃でした。
さらに話を聞いたお鳥の行動も、予想だにしない結末でした。
それで終わりです。
どう、つくろってよいのやら分からなくなりました。

2504

ひさしぶりの「猫の肉球とは違います」[3796]

ひさしぶりの3つです。
ふりかえってみると、いちばん最初に
アップしたのが、この形でした。

右下の「範疇(category)」にある「食・飲」か、
アドレスをクリックすると、これまでの玉子がでてきます。
http://blog.livedoor.jp/makuramot/archives/cat_50049713.html

2474

AiiA Theater Tokyoの近くには[3795]

渋谷にあるAiiA Theater Tokyoには
去年、2度ほど行ったことがありました。
でも2度ともに中には入らず、劇場入り口の前まででした。

今年の2月、代々木第一体育館に行きました。
2つのとんがりがある半円が重なった建物。
形がとても印象的です。昭和39年9月に竣工しました。

代々木第一体育館でライブをみた帰り。
近くにある原宿駅は混むだろうと、となりの渋谷駅まで歩きました。
代々木第一体育館の北側の歩道を西に進みます。
途中を左折。車両通行止めの道です。
道は横切らず、同じ区画にそって南下します。
そうしたら、左前方に見たことのある建物が。
なんと、代々木第一体育館と同じ区画に
AiiA Theater Tokyoがあったのです。
とても広いようで、せまい感じです。

代々木第一体育館からAiiA Theater Tokyoを
通って渋谷に抜けたときは、暗く、気づきませんでした。
でも、先日、AiiA Theater Tokyoに入ったとき。
開演まで時間があり近くでまどろみました。知人に教わりました。
なんとAiiA Theater Tokyoや代々木第一体育館の
目と鼻の先に、NHKホールとNHKスタジオパークがあるのです。
スタジオパークといえば、平日の昼過ぎに生放送をしています。
またNHKホールといえば、あの紅白歌合戦を催す会場です。

びっくりしました。

2401

AiiA Theater Tokyoに行ってきました[3794]

渋谷にあるAiiA Theater Tokyoまで行ってきました。
催しは乃木坂46の舞台「じょしらく弐〜時かけそば」。
(チームら)による初日公演です。
う〜ん。全体にいろいろと問題はありかもです。
公演終了後に、レポにまとめます。

2503

ひさしぶりのマンホールの蓋[3793]

ひさしぶりのマンホールの蓋です。
さいたま市の上水道をひも解くと
昭和9年(1934)に近隣5市町村が共同で作った
埼玉県南水道組合がはじまりのようです。
のち人口の増加や下水道の普及により事業が拡大。
また災害対策の強化として老朽管の取り換えや耐震化が進み
さいたま市の誕生により市水道部となりました。

大宮駅周辺では、さいたま市や旧大宮市の人孔蓋のなか
まだまだ現役の「県南水道」の蓋も頑張っています。

2491

下は亀甲や格子の補強がない文字外枠だけの角蓋。
2490

ライブと握手会[3792]

乃木坂46年表」のなかで
「nogiライブ」と「握手会のすべて」を更新しました。

「nogiライブ」に9公演を加えました。
千葉、名古屋、京都で開かれた
14thシングル発売記念の全国握手会に併催したミニライブと
福島、宮城、岩手、青森、秋田、山形で開かれた
「アンダーライブ全国ツアー2016〜東北シリーズ」です。

▽あと、全ライブの開始時間を入れ込みました。
そこで、のちのちの近いうち、2つのミニライブとの併催ライブ
2014年5月のアンダーライブ2公演と
2015年7〜9月のセブン-イレブン限定ライブ3公演
をミニライブから独立させようかと考えております。
▽あと、これものちのちの近いうち、
ミニライブを催さなかった9thシングル発売記念の
全国握手会につく通し番号をはずそうかと思います。

「握手会のすべて」に、すでに終了した
14th発売記念の全国握手会3会場と
同じ14th発売記念の個別握手会6会場分のうち3会場の
詳細をまとめました。
▽あと、2ndアルバム発売記念の個別握手会3会場の
日付と場所を帯に入れました。

2502

乃木坂46運営スタッフ公式ブログより[3791]

乃木坂46年表」の更新です。
2012年2月20日に再始動した
「運営スタッフ公式ブログ」のうち
2015年12月30日までのデータを抜きだしました。
3年10か月の間に329の事象がありました。

先日まで「年表」には1751の事象ありました。
更新したら新規の51事象がふえ
事象数は1802に跳ね上がりました。
そう、ブログ329事象のうち、新規は51事象だけ。
割り合いにして15パーセントです。
ということは、運営ブログから
15パーセントしか抜けないということは
おおむね抑えていたということになりましょうか。
あとの278事象は、既存の事象の
すきまをぬって行間をうめました。

あとは「年表」を少しばかりいじりました。
▽各ページの、いちばん下から素早く
次のページに飛べるようにリンクを設けました。
▽2016年も上半期最後(5月8日)に飛べるようにしました。
▽目次では「生年月日」と2011年を独立させ
2011年は6月と12月に飛べるようにしました。

のちのち近いうち
2011年と2016年を除いて
月ごとの帯を設けようかと考えています。

2502

鶴書房 SFベストセラーズ[3790]

少し見直すところがあり、
ひさしぶりに揃えてみました。

あと、数冊ないと思われます。
ないと分かっているのは
石川英輔の「ポンコツタイムマシン騒動記」
宮崎惇の「蜃気楼の少年」の2冊です。
たぶん他にもないのが、あるでしょうか。

と、気づきました。「蜃気楼の少年」は、
高千穂遙の「異世界の勇士」や光瀬龍の「消えた町」と
同じように徳間文庫でも出ていたようです。
ちなみに鶴書房の「異世界の勇士」の挿し絵は武部本一郎
徳間文庫の「異世界の勇士」の挿し絵は、安彦良和です。
また「ポンコツタイムマシン騒動記」
講談社の青い鳥文庫で出ているようです。
それも挿し絵は、漫画家のあさりよしとお
こちらは入手できるのならしてみたいです。

2499

岩槻駅高架化15[3789]

東武野田線の岩槻駅、高架化工事の進捗状況です。
反対側の東口に、なにやら高層ビルが建設中。
左側に見えるWATSU東館には
さいたま市岩槻区役所が入っています。
そう、区役所は駅前にあります。

2497

まだ、一部しか開放されていない高架部分。
まん中に同じ大きさで3つならんでいる
縦長の窓から、西口を見おろしています。
車道と歩道を分けて、駅前ロータリーを整備しています。
なんとなく形が見えてきました。

2498

右に見える白亜の駅舎の向こう側は分かりません。
それにしても、この広さでタクシーと路線バスが
まかなえるのでしょうか。
駅前の出入りは正面からの道だけなのでしょうか。

これまでの流れに関してはこちらをご覧ください。

ついに「乃木坂46年表」まで[3788]

以前、「長崎年表」を作っていたとき
日本社会運動史年表」を作っていたとき
よくありました。

たとえば、年表で分からないことがあったら
インターネットで検索します。
たくさんの検索結果が画面にあらわれます。
その中、上の方に、自身の作ったサイトがあるのです。
「長崎年表」や「日本社会運動史年表」があるのです。
自分の作ったサイトです。
作っていることは理解しているつもりです。
でも、こちとら、それ以上のことが知りたいのです。
それなのに自分が作ったサイト。
堂々めぐり。元の黙阿弥です。

ということは、自分が作った以上のことは
インターネットには挙がっていないことになりましょうか。
仕方なく、濁らすか、新たな道を探ることになります。

同じことが「乃木坂46年表」でも起きました。

それが、「長崎年表」や「日本社会運動史年表」ならば
100年以上の単位でまとめているため
期間も長く、まだまだ解き明かされていない、
インターネットに広まっていない歴史も、たくさんありましょう。
でも「乃木坂46年表」は、結成されて5年そこそこ。
それなのに、検索すると「乃木坂46年表」そのものが
引っかかるようになってしまいました。

2462

部落史入門と被差別小説傑作選[3787]

『部落史入門』に続いて『被差別小説傑作選』を読んでいます。

『部落史入門』は1998年から2年かけて雑誌連載、
2005年に単行本化され、今年の1月に文庫になりました。
「だれもが調べてみたくなる内容なのに、これまで類書がなかった」
帯にあります。そうかもしれません。
これまで少しばかり読みました。でも、ありませんでした。
明治時代以降の被差別部落に関する文献を検証しています。

今年の3月に発行された『被差別小説傑作選』は
オリジナルで編まれています。
もしかしたら、これまでに文学全集とかのなかの
1冊として編まれたことがあったかもしれません。
でも、文庫では初めてではないでしょうか。帯にありました。
「文庫で初めて編まれる、差別-被差別、被差別部落をめぐる決定版」
収録された作品の作者は徳田秋声、小栗風葉、清水紫琴、島崎藤村、
森鴎外、宇野浩二、伊藤野枝、豊島与志雄、平野小剣、夢野久作、
島木健作の11人。
第2弾、第3弾と続けてほしいアンソロジーです。

ともに、とても興味深い作品です。

2496

続・セットリスト[3786]

4月30日のお話です。
はじめ、乃木坂46の各ライブのセットリストは
乃木坂46年表」に入れ込むつもりでした。
でも、「アンダーライブ1stシーズン」の
セットリストを年表に流していて、ふと気づきました。
とてもじゃないけど、分量が多すぎます。
そこで、自主公演ライブをまとめている
「nogiライブ」に入れ込もうかと、考え直しました。
これから、セットリストは、すべて
「nogiライブ」に入れ込み、まとめていこうかと。

分かるところから追々進めていくことになりましょう。

2492

『私の岩波物語』続き[3785]

5月1日に、山本夏彦の
『私の岩波物語』のことを書きました。
その続きです。読み進めています。
もともと『私の岩波物語』は
1994年5月15日に文藝春秋から単行本ででて、
1997年5月10日に文庫化されました。
そして今年の4月20日、文春学藝ライブラリーの文庫ででました。

文春学藝ライブラリー版を入手して
すぐ図書館で単行本版と文庫版を予約しました。
3冊を見くらべました。
大きな違いは、文庫版にだけ久世光彦の解説があるということ。
単行本版と学藝版は、目次から本文、あとがき、索引と続きます。
あとがきと索引の間に解説はありません。

単行本版と文庫版の表紙装丁は、似ています。
違うのは題字の色と細罫枠の外側の色。
対して学藝版はまるきり違います。
こちらは「文春学藝ライブラリー」の
シリーズで装丁を揃えています。

文春文庫と文春学藝ライブラリーは、ともに文庫です。
本文は2冊とも11ページからはじまり、段組みは1行42文字。
1ページ目はともに12行目、ぶら下がりの「る。」で終わります。

なのに、本文最終ページが違うのです。
文庫版が392ページの1行目で終わっています。
対して学藝版では、413ページの7行目で終わっています。
学藝版が21ページも多いのです。なぜでしょうか。
学藝版の途中に挿し絵が入っている、わけではありません。

なんの気なしに本文2ページ目の最後の行を見ました。
さっそく違っていました。
文庫版に比べて学藝版が1行少ないのです。
それぞれの2ページ目の行数をかぞえてみました。
文庫版は19行、学藝版は本文18行。

なんと、1ページ当たりの行数が違っていたのです。
文庫版の版をそのまま流用していたのではなく、
新たに版を組み直して学藝版を作っていたのです。
表紙の装丁と同じように「文春学藝ライブラリー」の
シリーズで揃えた版ということになりましょうか。

他の「文春学藝ライブラリー」を開いてみました。
これで『私の岩波物語』と同じで解決、と思ったら・・・。
『職人衆昔ばなし』は1ページ1行42字詰めで18行で
『近世快人伝』は1ページ1行37字詰めで、14行。
ということは、「文春学藝ライブラリー」はそれぞれで違う。
そうしたら『私の岩波物語』の文春文庫から
文春学藝ライブラリーの文庫にするのに
改版する必要があったのでしょうか。
分かりません。

2493
訪問者数(visitor)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

紹介1(profile)
藤城かおる
3代続いて東京生まれ、
生粋の江戸っ子ですが、
1991(平成3)年の秋から
長崎に住みました。
長崎で歴史に興味を持ち
いつのまにかこんなになって
2010(平成22)年の春、
こんどは埼玉県に移りました。
紹介2(profile)
最新評言(comment)
月別記録(archives)
天気(weather)
  • ライブドアブログ