『ファイヤーフォックス』 82年 アメリカ

映画には、公開当時はストーリー、映像共に「スゲー!」と驚いたのに、時代が過ぎると、「あれ?」ってな感じに変化がする作品があるんですが、これはまさしくそれ。
映画としてはしっかりとした作りなので、「当時の状況を考え併せながら」の註釈付きで、時代に残る作品と言えましょう。

ソ連の開発した新型戦闘機を、アメリカを中心とするNATOが強奪するというストーリーでして、クリント・イーストウッドがソ連軍人の制服を着て、機体に乗り込むワケなんですが、いや、これが凄まじく似合わない。

丁度、BS2で『ローハイド』(往年の西部劇ドラマ)をやっているんですが、若き日のイーストウッドって、どっから見ても、“カウボーイ”であり、典型的な「西部劇顔」なんですよ。
作中では、「ロシア系なので」という事で、イーストウッドに白羽の矢が立つのですが、「どっから見ても、ロシア人には見えねぇだろう」と。
ちなみに、制帽と肩章のついた軍服のサイズも微妙に合っていなくて(設定上、敵の軍人から奪ったものなので、それはそれでリアリティがあるけど)、そんな格好で格納庫に近づいて行く姿を見ていると、「それ、どう考えてもバレるべ」と突っ込まずにはいられません。

(ちなみに、同じくロシア人には見えなかったケースとしては、『K―19』で原潜の艦長役を演じたハリソン・フォードも、シドかった。
ハリソン・フォードは、『エアフォース・ワン』のように、アメリカ大統領の顔でしょ、どう考えても。
逆に、ハゲ上がってから、『レッドオクトーバーを追え』で、同じく原潜の艦長に扮したショーン・コネリーは、ビタッとハマっていた。)

当時は斬新だった空中シーンも、今となっては、ちと苦しい感じ。
ただし、ソヴィエトに入国後のスパイシーンは緊張感に溢れていて、さすがのデキ。
本作のストーリーは、函館空港にベレンコ中尉がミグ25で強行着陸した事件に着想を得ているのですが、「敵方の新型機の強奪」、又は「新型機を操って亡命」というパターンは、現在に至るまで、様々な物語に踏襲されています。

いずれにしろ、「ロシア語で考えろ!」のセリフによって、この映画が(一部の人々から)忘れられる事はないはず。


『至福のとき』 02年中国

工場が閉鎖となり、失業した中年男が小金持ちの女性との結婚を試みて、自身を旅館の持ち主であると嘘をつく。
しかし、ひょんなことから、その女性の家に居候していた盲目の少女の世話を押し付けられてしまう。
男は、結婚話を壊さない為に、工場の跡地を旅館と偽り、少女にマッサージ師としての仕事をあてがうが、その客は男と同じく失業者の知人達。

監督は『あの子を探して』の、チャン・イーモウ。
中年男を始めとして、少女に「やさしい嘘をつく」失業者の面々が、抜群に良い。
貧しいが、底抜けに人が良い人々。
そうした人々と、つらい人生を歩んできた少女との間に流れる交流。

言わば、現代の童話なのだが、作品には「現実」という、ほろ苦いラストが用意されている(と言うか、かなり残酷な結末)。
そう、『あの子を探して』も、画面には徹底したリアリティが貫かれながらも、童話であった。

『あの子を探して』のラストで、全員が笑顔で(本当に心から笑っている)、黒板にチョークで字を書いていくシーンを、私は暖かい気持ちで見守ったのだが、本作の物悲しいラストも嫌いではないのだ。
人生は楽しく、しかし、時に物悲しい。
チャン・イーモウの作品には、様々な人生が詰まっていると思うのだ。