Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2018/11/03~2018/11/09

こんにちは!たっちゃんです。

今週はYouTubeのチャンネル「9CHANnel」の取材ツアーにより、写真家の「古見きゅう」さんがご乗船されました。

水中のみではなく、ドローンを駆使し、空からの撮影も!!


そして虫のの知らせとはこのこと。ここ数週間、季節の変わり目になると出てくるというトンボがあちらこちらに。

今週はガイド陣も大興奮の透明度、もちろん魚影はそのままに。最高のコンディションとなった1週間。

早速ご紹介します。


北マーレからアリ、ヴァーヴ、南マーレと進んだ今週のトリップ。


初日は北マーレにて停泊。

ゆったりと北アーレを堪能していきます。

まずはチェックダイブへ。

ワイド、マクロ共に安定感のある「マーギリロック」。
PB040035
767A2798_1

岩を囲む、ヨスジの群れは「ようこそモルディブへ!!」と言わんばかりの賑わいです。


2本目はマンタ狙いのポイントへ。

遠めからでも確認できる沢山の船。

カレントチェック時、水面からマンタを発見!

ここはビシッと決めましょう!!とエントリー。

ところが、ステーションについてみると予想と反する光景。

周りを散策しつつ、待つものの、その姿を見ること出来ず浮上。

しかし、まだまだ初日!気を取り直して次のダイビング。


3本目に選んだのはサンライトティラ!

言わずと知れたパウダー玉を見られるの出来るポイント。
IMG_2349
IMG_2342

今週も安定のパウダー!その美しさは何度見ても感動を与えてくれます。

特にフォト派のみなさんはメロメロでしたね(笑)

パウダーとのダイビングを堪能した僕らは砂地へと進みます。

一面に広がる砂地の一角に3つ集まる岩。

そこにはスカシテンジクダイやキンメモドキが群れ、その周りをクマザサ達が囲みます。

ダイビング終了間際にはこの姿、雨季と乾季の狭間には両季節の魅力を堪能できます。


先に上がった1つのチーム。

ドーニの上から船長が「水面にマンタいるよ!」

とのこと。シュノーケルを付けマンタとスイミング!!
45887228_304835040242417_4383534057128984576_n
45809638_2047715225285207_1753318255679766528_n

7枚のマンタとひと時を!


翌朝は1本を北マーレで過ごし、アリ環礁へと渡ります。

この日の見所はなんと言ってもベンガル溢れる「フィッシュヘッド」
IMG_2511
IMG_2507

しかし、この日はもう一つのイベント。ナイトマンタ開催!
PB050588
767A3557

3枚ものマンタが目の前を縦横無尽に泳ぎます。
767A3591
767A3596

前から後ろから、右から左から。終始、僕らの周りをグルグルと。


大興奮となったマンタの夜から一夜明け、3日目となったこの日。

この日の潜りはじめは、モルディブ屈指のソフトコーラル特化ポイント。

端から端まで続くオーバーハング。その中へ入ると目の前に広がる異空間。
IMG_2576
IMG_2563

赤、青、黄色のソフトコーラルが一面に広がります。



ここからアリ環礁の最南端、ジンベエエリアへ。

探し始めて、間もなく。

少し離れた場所にジンベエ出没の情報!!

ドーニを全力で走らせます!!!

シュノーケルをしている船を発見!!

飛び込んだら目の前に!
425A3537
しっかりとその姿をとらえます!!!

シュノーケルのみでなくダイビングでもゆっくりと!!

PB060044
425A3664

そして、勢いそのままに、魚影広がる「クダラティラ」

四方八方を囲むヨスジの群れは健在!
425A3745
425A3733

これぞモルディブ!!な海を楽しみ、この日を終えます。


この日の夜は「古見きゅうさん」によるスライドショー鑑賞。

日本にある様々な海、日本の海の魅力や素晴らしさ、そして世界の海との繋がりについてのお話をしていただきました。

※今週ブログ担当であった僕。きゅうさんのお話に聞き入りすぎてしまい、写真を撮ることを忘れてしまいました…大変申し訳ありません。


4日目はヴァーヴ環礁へ。

そしてこの環礁にあるビックポイント「フォッテヨ」へ。

このポイントは1本ではもったいない程、沢山の魅力をもちます。

オーバーハングに広がるソフトコーラル。
767A4114
PB070259
PB080353

PB070706
探す必要もないほどの数が存在するアケボノハゼ。

深場でこそあるが、モルディブで数少ないツースポットバスレットをみることの出来るポイント。
767A4206
767A4202

2本かけてゆっくりと堪能します。


4日目の夜はMaldivian Starsの天才マジシャン「シャーミー」の登場。

見るたびに進化を続けるマジックにゲストの皆さんも大盛り上がりとなりました。


そして、最終ダイブは南マーレへ。

今回のナギリティラは文句のつけようがない程のコンディション!
PB080480
767A4341


ソフトコーラルは満開。そこを覆うほどのハナダイ。

溢れんばかりのギンガメと最終ダイブに相応しいダイビングとなりました!!


さて、今週のトリップいかがだったでしょうか?

沢山の興奮を与えてくれたモルディブの1週間。

この模様は「9CHANnel」でも配信されますので、お楽しみに!

併せて、チャンネル登録も是非よろしくお願いします!!


それでは来週も安全第一、元気なMaldivian Starsで行ってきます!また来週もお楽しみに



2018/10/28~2018/11/03




こんにちはー!
今週はえみがお届けしていきます


もう日本では11月になり紅葉を見て秋を感じられていることかと思います。
もう肌寒くもなってきていますかね?
モルティブでは先週までと うって変わって少し天気の崩れがちなクルーズ始めとなりました。。
さてさて先週はジンベエを見ることが残念ながらできなかったのですが
今週は出逢うことができるのでしょうか〜!?

ルートは、北マーレから反時計回りに
ラスドゥアリ(北から南に) → ヴァーヴ南マーレ北マーレ へと戻ってくるトリップでした〜

まず、ランカンベルでのチェックダイブ
マンタのクリーニングステーションでもあるこのポイント。
今回クリーニングしているマンタを見ることは出来ませんでしたが固有のクマノミ・チョウチョウウオなど沢山紹介することができました

PA187368 2

PA290616 1

またここにはカメとタコさんもよく見かけることができます。
PA280026

DSCN3670

2
本目はモルディブといえば…のパウダーブルーサージョンフィッシュ玉‼︎
青と黄色のコントラストがキレイでこんなにも集まっているのはここにしかないぐらい珍しいパウダー玉です~
今日はみんなで必死にエサを食べててほぼその場から動かず。でした()
PA187361

DSCN3690

エサを食べてる姿も可愛いですが移動している姿もまた違った趣きのある写真になるんです〜!
PA187358

PA281606 1

北方面に進むと砂地にハゼたちが沢山住んでいてPA280083

PA280591 2

周りを見渡すとポツンといくつかの岩があります。
そこには無数のスカシテンジクダイなどが群れています。
PA280080

ハマサンゴの隙間には小柄な可愛いウツボたちが住んでいます

PA280565 2


3
本目はアリの最北端に位置するラスドゥでのポイント、 ラスドゥマディバル
ここ最近外洋側に出る潮であまりシャークメイン、となることが少なかったですが
今回は逆の潮で、シャークたちが優雅に泳いでいました。
リーフ近くまで来てくれたのでしっかりとシャークたちを観察
PA281626

ハナダイたちをいれて、こんな感じの写真が撮れるのも〜モルディブならでは!ですよ〜

PA280112

PA280108

そしていつもクールなガイドのともこが!!
焦るほどの衝撃的シーン!!!!!笑
岩場に間に膨らんだハリセンボン。。それをウツボが容赦なく攻撃ーー!!
Umechan 2
最後には、、パクっと一飲みされちゃったそうです……なんでそこで膨らんだの〜?()
カオリータいわく衝撃的シーンでとてもすごかったけど、、、その近くでめっちゃ焦っているともこも衝撃的やったそうです()

2
日目、1本目は昨日の3本目と同じポイント。
朝一というのもあってカスミアジたちの御一行も多く、シャークは少し遠めでしたがギンガメアジの群れやイソマグロなど寝起きが悪くてもテンションの上がる見どころ満載なポイントです〜
PA280101

PA290169

そしてマダラエイそこはハードコーラルや岩がいっぱいで痛くないのかぃ?って聞きたくなる場所でお休み中
DSCN3743 2

砂地側のリーフには数匹のシャークと2匹のマダラトビエイがいたり、
穴を掘って住むエビや、ハゼなどを少しマクロ系も堪能しつつ、最後にはナポレオン!
PA290613 2

PA187380

PA281635
エサを食べるのに必死だったのか全然逃げずにすごく近くまで寄ることができました〜

インパクト大なお顔立ちですね。笑


2
本目は今シーズン初のハフサティラ。
根はそんなにでかくなく、オーバーハング下にはウミウチワなども群生していてキレイなポイントです〜
エントリー直後にはタカサゴのお出迎え、
ツバメウオ、遠くの方にはカマスの群れなど、あっちもこっちも魚群だらけで目がいくつあっても足りません!

DSCN3816

DSCN3752

PA187394

PA291648

PA217502

トップの方にはキンギョハナダイやイソギンチャクに大家族のモルディブアネモネフィッシュが住んでいます〜
PA290202

PA197414 2

3
本目はお久しぶりのマーヤティラ。
お馴染みのムレハタタテダイやブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れたちが包み込んでくれるかのように水中を舞っています~
PA290254

DSCN3923

また、タカサゴ系のコラボも根の横でグルグル泳いでいます
PA290259

根の表面は赤い海綿だったり、イソギンチャクが密集して群生していて色鮮やかに見せてくれます。
PA290248

PA290277

根の上ではタイマイが岩の陰でお休み中Zzz
違うところでは甲羅下にフジツボ沢山つけた大きなアオウミガメ!
甲羅上は取れた後なのか穴も開いていて
結構なご長寿さんっぽい堂々たる風貌!! でした(笑) 
PA290290

PA197418


そして今日は!ナイトマンタ

今日は2枚の小柄な子たちがご飯を食べに来てくれました〜
水深が深めだったのもあり、いつもと違って中層に浮いてのダイビングになったのですが
バー環礁のマンタ玉のようなグルグルしながら食べる様子を上下360度でずっと見ることができました
PA301710_Moment 4

が…今日は母船の上から撮る方がキレイだったかも?事件。。。笑
PA291677


3
日目、魚影の濃いフィッシュヘッド へ〜
ベンガルスナッパーたちとムレハタタテダイの群れのお出迎えを受け
PA300315

PA300674 2

モルディブならではのクマノミやカメ、様々なコラボが沢山見れる素晴らしいポイントです!
PB010873 2

また朝からカスミアジたちのハンティングはすごく、ハナダイとアカモンガラの引っ込んだり出たりの行動が今日はすごく激しかったように思います( ´ ▽ ` )
PA207438

カメはいつも通りお食事に夢中〜〜〜
今日も4匹確認出来ました

甲羅と頭に苔を生やしてるカメくんは今日もドシっと見つけやすかったです()


2
本目はマンタ狙いでステーションポイントへ。
乾期ばりに潮が流れていてステーションに着いても小さい根が沢山の人で囲まれエアーまみれでした()
マンタもおらず……時が経っていき、、ガイド陣...ヒヤリ。。
しかーし!25分ぐらいで1枚優雅に登場〜‼︎
スッーと私たちの真上を通過していきます。。
PA300356

PA300371
そのままマンタはどっか行ってしまうがどんどん人は増えていくんです……()

安全停止入ろうか悩む頃にマンタ再登場

またゆっくりと私たちの真上を通過
PA300362
そしてそのマンタ追いかけてすごい人だかりも寄ってきてフィンで蹴られつつその場を離れます。笑
浮上して船を数えたら12隻も!そりゃ、すごい人にもなりますよね〜()


3
本目はジンベエ狙ってサーチ‼︎‼︎
天気も右肩下がり、、風も吹き始め…残念ながら目視で
確認できず、ダイビングでも出逢えずでした。。。

3日目、1
本目は気を取り直してクダラティラ へ!
すごい数のヨスジフエダイに出逢えます

皆さまもヨスジフエダイに埋もれに是非来てください()
PA310450

PA207436

オーバーハング下のウミウチワなどとキレイにヨスジフエダイがマッチします〜
DSCN3822

DSCN3828


そしてフグ挟まれ事件パート2!!
…多分この子はうまく枝の間に挟まりお休み中の模様。笑
PA311767 2

最近マダラトビエイ子供の出没がなく
少し大人になって旅立っちゃったのかなぁ〜と寂しくなります。。


2
本目はジンベエ狙い‼︎‼︎
天気も徐々に回復していき、今日こそ!というガイド陣は目を凝らして母船から探します。
すると他チームが遠くで飛び込んで行くのを見つけ、その場に急行します!
同じように集まってきたドーニをなんとかかき分け……やっと出逢えましたー♡♡♡
DSCN3887

DSCN3891

DSCN3902
口もガバーっと開けてすごくゆっくり泳いでくれているジンベエを見ることができました


そしてそのままその子を狙ってダイビング!
10
15分したときフセインのチリンチリンが鳴り響きます‼︎

すると、なんとなんとなんと!
真正面からジンベエがぁ〜〜!!!
何回見ても本当に可愛い〜癒されますね( ´ ▽ ` )
PA310490_Moment_Moment2

PA311781_Moment_Moment2


余韻冷めぬままサンセットダイブ狙いのため
ヴァーヴ環礁に移って、アリマタハウスリーフ。
時間帯や潮の関係などでナースシャークたちの数・動きがその度に違うので毎回楽しみになるポイントです

今回は先客様がいたのもありナースシャークたちは活発に動き回って私たちの近くを通っていってくれます。
DSCN3929

PA310547

唯一、今回1匹だけ寝そべってる子が()
PA217461


翌朝、近くのミヤルカンドゥへ。
ここ最近外洋に流れる潮でシャークダイブ!まではいかないですがチラホラ遠目で確認することは出来ました〜
エントリー直後の砂地はいつもと違うモードで撮ってみるとおもしろいかも?

PB010555

PB010862 2

PA217497

潮に流されていきインド洋バージョンのアケボノハゼや1日中お盛んなベラちゃんたちを見てその場を後にします。


南マーレに移り、ほぼほぼの皆様の最終ダイブを飾るのはナギリティラ!
今日も満開にソフトコーラルが咲いていてなんとその先端にちょうどカメちゃんが餌を〜‼︎‼︎
PB011833 2

PA217487

そのあともカメちゃん、カメちゃん私のチームだけで4匹確認()
PB010634

それ以外にもトップを流すとコラーレバタフライフィッシュ、ムスジコショウダイ、ヒメフエダイの大きい群れたちと出逢えました〜
PA217513

PB011850

PB010608

そのまま北マーレに船を動かし
バナナリーフへ。
今回ちょっとお写真はありませんが、、、オーバーハング下のヨスジフエダイの群れ、タカサゴ系の群れやカスミアジも多く活発に泳いでいるのが見れたり、緑のハードコーラルにキンギョハナダイが群れていたり、少し離れた小さめのオーバーハングではムレハタタテダイの群れなど様々なお魚の群れと出会うことができます。


最終日、1本目はナッシモティラ。
青のソフトコーラルがオーバーハング下を満開近く彩ります。
PB028393 2

PB028397 2

PA227547

PA227554

離れ根には黄色と混じっていたり、
あるエリアには少し赤のソフトコーラルが密集して、青とのコラボで咲いているところもあります。
PB028487 2

PB028504 4

大きなウミウチワも圧巻。
近くを泳ぐヨスジフエダイやアカマツカサと一緒に撮ると立派なウミウチワだと再確認できます~
PB028431 2


最終ダイブは、マーギリロック!
チェックダイブとしてもよく行くポイントです。
ワイドもマクロ(少々)も‼︎見所満載ポイント

今日のヨスジフエダイたちは砂地寄りに
バックを砂地で撮ってもらうとオーバーハングの下で撮るときと違って淡い感じで違った雰囲気になります〜!
PA227561

PA227562

最近では安定のクダゴンベ。大小4,5匹同じ場所で生活中~
PA227579

それに今日は!フルムーンゴビー(イザヨイベンケイハゼ)を私も初めて全体的にバッチリ見ることができました〜
近寄るのはもちろんライトを当てるだけでバッと奥に逃げちゃう子なんです…()
PA227564
 ↑さぁ...この前の半円形はなんでしょう?
  
                  正解は、、ウツボちゃんです。笑   
 ※
ウツボと共生しているのでお写真撮る際はお気をつけを。

それ以外にもゴールデンモーレイやアナゴのお仲間たちも結構いたりするので発見がとても楽しいポイントでもありま
PA227583


今週はうまくジンベイザメとダイビング・シュノーケル共に出逢えることもでき、
マンタや数多くのカメと出逢えた今トリップ、いかがだったでしょうか?
少しでも多くモルディブの魅力を知っていただけましたでしょうか。

それではまた来週~お会いしましょう!







2018/10/20~2018/10/27

こんにちは!うめちゃんです。

 
日本も少し肌寒くなってきた頃ではないでしょうか?
常夏の島「モルディブ」も平均気温30度あるとはいえ、雨や風があると寒いんです。
最近は特に寒いんですよ...
皆さんも風邪を引かないよう気を付けてくださいね!


では今週のトリップをご紹介いたします。
北マーレ、アリ、ヴァーヴ、南マーレ、北マーレの順に周りました。

 

 

初日は北マーレで3本。

1本目はお馴染み、マンタポイントでチェックダイブ。

クリーニングステーションへ向かう先で早くもカンカン、リンリンと音が鳴り響きます。

 

するとそこには1枚のマンタ。

 PA212927

すぐに通り過ぎていきました...が!!

 

 PA215385

ステーションへ着くとそこには2枚のマンタが!!

 
PA210058

 PA210138

 

何度も何度もクリーニングステーションや私達の上を旋回します。

 

 

移動していくとカメも2匹。

GOPR1493

仲良く会話をしているかのような光景。

 

マンタのペアとカメのペアをじっくり堪能した1本。

 

 

お次はナッシモティラ

潮の流れはあったものの満開まではいきませんが、寒色系のソフトコーラルはほぼほぼ咲いてました。
PA215492

PA210334


 PA212950

 綺麗ですね~。

 

 

 

3本目はサンライトティラ

うねりが強い中、ガイド陣が懸命にパウダーを探します。


しかし、うねりのせいかパウダーがあちこちに散らばり小さいパウダー玉しかおらず。

PA215635

PA210468

 

砂地に移動し根の方へ向かう途中に1枚のマンタが私達の上を通り過ぎます。
PA210110

それに続いきもう1枚。もう1枚と3枚のマンタが根の方へ向かっていきました。

 

 

これは期待が膨らむ。

 

 

根に着くと1枚のマンタが現れ、根の周りをぐるぐると旋回。

 PA215681

PA212992

途中何度か2枚になりましたが時間が来てしまい、マンタにお別れを告げその場を後にし、1日のダイビングが終了。


この日は夕日も綺麗でした。

PA213015

初日からマンタ尽くしの幸先良いスタート!
このままジンベエを見れたら最高なんですけどね~。

 

 

2日目の1本目はエイチピーリーフ

根に着くと少し小ぶりなナポレオンがいてその後に大きなナポレオンが登場。

大きなマダラトビエイまで現れてくれました。

PA220150

 PA220164

ソフトコーラルも綺麗に咲いていいました。PA225771

PA223032

PA223043
地形もおもしろい!

 


2本目ラスドゥマディバル

ここのポイントは、ワイドはもちろんマクロも楽しめちゃいます。
こちらは固有の子で『スターリードラゴネット』

 PA225927
砂地でぴょこぴょこしててかわいいんですよ~!

ツバメウオもたくさんいました。

 PA220172

 シャーミーチームはマンタも見ちゃいました!!

 GOPR1613_Moment

 

 

 

3本目は人気のポイント。フィッシュヘッド

 

グレイリーフが近すぎて大興奮!!

PA220258

近い近い近い!

 

 

上を見上げればムレハタタテダイとアカモンガラ、クマザサハナムロの群れがぐっちゃり。

 

 

少し移動したところにはヨスジフエダイにそっくりなベンガルスナッパーの群れが。

 PA223072

PA226076


ただ、以前入った時よりベンガルの数が少ないように感じました。

 

 

根の上には3匹のカメ。
藻だらけのこの子はダイバーには目もくれず、お食事中。

 PA223114

 

 

 

今日の夜はナイトマンタ
母船の後ろに1枚のマンタが来たので食事を終えて早速ブリーフィング。
PA220238

しかし、ブリーフィングを終えるとマンタがどこかへ...

 

少し待ちましたが、一向に現れないのでマンタが2枚いるという隣の船へお邪魔させていただくことに。


写真には写ってませんが3枚のマンタが!

PA230256

PA236250

 PA220943

 近い~!

 

一方母船の方はライトを消したにも関わらず、1枚のマンタが姿を現しぐるぐると母船の後ろでゆっくり回ってくれました。

 44948342_551036272017188_2136906797112360960_n45017800_953726478162204_2096167911323336704_n

撮ってー!と言わんばかりに私達の前をぐるぐる。サービス精神旺盛な子でした。

 

ただ、来るタイミングが遅いよー!(笑)

 

 

 

3日目、1本目の早朝ダイブは沈船ポイントのフェスドゥレック

透明度もよく沈船がよく見えました。

PA233175

魚礁にはスカシテンジクダイやユカタハタなどたくさんの魚たちが住み着いています。
PA236408

マクロではチークドパイプフィッシュやウミウシなどマクロも見れます。

 

今日はシロタエイロウミウシが!

 PA230332

ハートの模様がとってもかわいすぎます!

 

近隣の根にはこれでもかってくらいのハナダイの乱舞が見れます。

 

カラフルなイソギンチャクにはクマノミもたくさん。

 PA236444

安全停止の時には下からダイバーのエアー。

 PA233214

ドラマティックトーンで撮ると宇宙のような満点の星空のような感じに撮れます。

 PA230359

 

 

そしてお次はジンベエサーチ!

ドーニに乗り込みガイド陣がジンベエを探します。

しかし深場に行ったとのこと。

ダイビングに切り替えいざエントリー。

ブルーウォーターを延々と泳ぎます。

マダラトビエイが4枚ほど私たちの前を回ります。

 

過ぎ去ったかと思いきやまた1枚が通り過ぎ、また1枚。

 

カメも泳ぎ去っていきましたがジンベエは一向に現れずこの1本はマダラトビエイ祭りでした(笑)

 

 

一旦母船に戻り、昼食を食べ終えてからガイド陣が母船からジンベエを再度探します。

 

 

時間ギリギリまで粘り探しましたがこの日は見つからず...

 

 

ジンベエは次の日に持ち越し、気持ちを切り替え3本目は魚影が濃いポイントへ。

 

期待を裏切ることのないこの一面を覆いつくす程の黄色い魚影。

 PA233288

カメさんが岩陰で休んでました。
ごはんいっぱい食べて眠くなったのかな?

 PA233249

そして今日も綺麗な夕焼け。
PA233313




 

4日目の1本目は5つの根がある地形のポイント。ティンティラ


潮もなく透明度もよかったのでゆっくりと地形やソフトコーラルを楽しむことができました。

 PA240360

PA240525

大きなマダラエイが私達の目の前を通り過ぎていきました。
PA246778


PA243317

PA243330




母船に帰り朝食を食べ終えガイド陣は早くもジンベエサーチ。

 

ドーニで再度探すも悪天候で風と波があり、水面は諦め水中で探すことに。

 

水中は乾季のような透明度!

 

しかし残念ながら今回はジンベエの姿を見ることはできませんでした...

 

 

 

3本目はヴァーヴに移動しサンセットダイブ

エントリー直後からナースシャークがぞろぞろとやってきました。

 PA243355


ぶつかりそうな距離で泳いでくるのでこちらもぶつからないよう気を付けますが、なんといっても避けるのが下手なナースシャーク(笑)

 

泳いでる途中で後ろから来てもこちらは避けられないので尾びれが当たってしまう事もしばしば...

それもご愛敬。

※故意に触る事は絶対ダメです。

 

サプライズゲストでカメさんまで!!!

 PA246954

 

ここから砂地に寝転がった子達と皆で撮影大会が始まります。

 PA240596

 

中には大あくび?する子も(笑)
『ガオー!』

 ナースシャーク

PA247023

 

 

ヨスジに囲まれるシャーミーとヨスジに埋もれるフセイン(笑)

 44942028_1254800844660719_7310649115115782144_n

 
44948342_551036272017188_2136906797112360960_n1

 

安全停止を終え、水面から顔を出すととーっても綺麗な夕焼け。

 44944688_763167790697697_3787109235976830976_n

 

お月様もまん丸で綺麗でした。

PA243403

母船の後ろには、ナースシャークとコバンザメが遊びに来てくれましたよ~
PA240419

 

 

5日目の早朝ダイブはミヤルカンドゥ。 

 


白い砂地にたたずむ1匹のエイ。
カスミアジが構ってほしそうにエイの周りをウロチョロ(笑)
 PA253429
大きなイボクラゲが水中を漂っていました。
PA251530


PA257212



 

2本目ナギリティラ

めっちゃ流れてましたー。

魚影はもちろんソフトコーラルも満開!!
PA250457

 PA253464

 

 PA257321

ハナダイもまた増えてるように思えました。

 PA251598

 

 

3本目ヴィリバルギリ

ここではマクロを堪能。

 PA251723

PA257522

 

 

最終日の1本目は前日の2本目でも潜ったナギリティラ

流れもあまりなく、透明度良し!ソフトコーラルも咲いているというベストコンディションでのダイビング。

PA267698

PA261796

PA261798

マダラトビエイも4枚。

 PA260841

 根の上にはカメさん♪

 44951168_511561979360539_485354982602702848_n4

PA261850


 

2本目はマーギリロックで最終ダイブ。

PA263632

PA261964

ナポレオンが群れてる!
家族かな??
PA263690

PA267951
最後はモブラで締めくくりました。

 

 

いかがだったでしょうか?

もうすぐ乾季に入り、これからますます透明度もよくなります。

綺麗なモルディブの海で潜ってみませんか?

きっと素敵なドラマが待ってますよ。

 

また来週のブログもお楽しみに!!

 

 

 

 

カオリータのブログも是非合わせてご覧ください!

https://maldivian-stars.com/category/カオリータモルディブ便り

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

モルディビアンスターズ空き状況の更新です!

11月10日~4席

11月17日~4席

11月24日~2席

12月1日~5席(鍵井氏最後のフォトツアー)

12月8日~2席

12月22日~3席

1月5日~10席

2月2日~2席

3月16日~2席

3月23日~8席

3月30日~13席

4月6日~11席

4月15日~15席

4月20日~16席

3月後半から4月の間は海況、透明度もよく潮も少し緩やかになり潜りやすくおススメの時期です!

ぜひ遊びに来てください!

皆様のご予約を心よりお待ちいたしております。

クルーズのみの直接予約は

www.maldivian-stars.com

航空券もまとめてお得!

https://www.divenavi.com/tour_search/searches…


記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ