Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2018/09/15~2018/09/22

皆さま、こんにちは!

今週のブログは梅ちゃんがお届けいたします。

 

先週とは打って変わり、少人数でのトリップ。
人数も少ないのでドーニがとても広く感じました。
P9180389
Photo by 前野

北マーレから始まりアリ、ヴァーヴ、南マーレ、北マーレの順に周った今週。

 

まずは北マーレで3本。

初日の1本目はランカンベルにてチェックダイブ。

P9160006
Photo by sheena
ステーションへ向かう途中、私たちの目の前を1枚のマンタが過ぎました。

これは期待できるとステーションへ向かいましたがいくら待てども1枚も現れず...

姿を見れたのはあの一瞬だけでした...。

 しかし途中、甲羅の綺麗で大きなアオウミガメと遭遇。

 P9160010
Photo by 前野

 
マンタどこ行っちゃったの?
みんなバアに行っちゃったのかな?



2本目はマーギリロック。
珍しく流れがあり、そのおかげかヨスジの群れはぎゅっと固まってました。

P9162583
Photo by naito


いつもまったりダイブのポイントですが、 最後は流れも速くなり流していく気持ちの良いドリフトダイブになりました。

 

 

3本目はパウダー玉を狙いにサンライトティラへ。

うねりがあり、パウダー達は一定の場所になかなか居ついてくれず、写真撮るのも悪戦苦闘。
ダイバーなんて目もくれず、あちこち移動しながらごはんを食べてました。

P9160100
Photo by 前野


パウダーを堪能した後は砂地へ。

P9160126
Photo by 前野

 

 

2日目の1本目はナッシモティラ。

エントリーして早々にナポレオンフィッシュ登場。
P9172284

ソフトコーラルも全開ではありませんが、綺麗に咲いてました!

 P9170150
Photo by 前野
P9170067
Photo by sheena
 

 

北マーレからアリ環礁に大移動し、ラスドゥマディバルで1本。

はじめはグレイリーフの回遊を堪能。

 P9180105
Photo by sheena
P9170238
Photo by 前野

サメから目線を外すとそこにはたくさんこんなにたくさんのギンガメの群れが!

 P9180118
Photo by sheena

 

砂地ではドラキュラやオーロラなどのハゼがたくさんいましたよ。

P8231759

P9172302


 

 

 

次に向かったのは人気のポイント。フィッシュヘッド。

ここの魅力はなんといってもベンガルスナッパー。
カメの遭遇率も多いポイントです。
今回は4匹もいました!

 P9180183
Photo by sheena
P9170272
Photo by 前野



 

そして今宵はナイトマンタ。

食事前に1枚のマンタが母船の後ろへ!

最初は行ったり来たりでしたが、しばらくして居ついてくれたので食事を済ませた後、ブリーフィング。
いざエントリー!!

 P9170305
Photo by 前野
P9180254
Photo by sheena

 P9180277

Photo by sheena
P9180271
Photo by sheena

上がってからもしばらくは2枚のマンタがいてくれました。
みんなバアに行ってなくて良かった!(笑)

 42347395_358511961557041_2706997528800264192_n
ナースシャークも遊びに来てくれました!

 

 

水中で盛り上がってる中、母船の上でも大盛り上がり。
母船の後ろにタコが!シャーミーがダッシュで駆け寄り手づかみで素早くガシッ!!!

 42294952_1875892779164173_4765218218652467200_n

 なんでもできちゃうシャーミー。さすが!

でもまだ小さかったのでリリースしました。

大きくなるんだよ!

 

 

次の日の早朝ダイブは沈船へ。

しかし朝から生憎の雨...

 

天候のせいもあり、水中は薄暗い...

 

 

そんな中、日本では見られないウミウシが!
P9180284
Photo by sheena
クロモドーリスグレニエイという名前の子です。

 P9180289
Photo by sheena

薄暗いと沈船の雰囲気でますね!
P9180338
Photo by 前野
P9180341
Photo by 前野

根の上はイソギンチャクにクマノミ、ハナダイが多く群れてました。
P9182829
Photo by naito

 

ワイドもマクロも楽しみつつ1本終了。

 

 

 

お次はジンベエ狙い。

果たして今回は出会えるのでしょうか...?!

 

ドーニへ乗り込みシュノーケリングの準備。

何度も往復しジンベエを探すも見つからず時間だけが過ぎていきます。
ダイビングに切り替えエントリー。

しかし水中でもその姿を見ることはできず...

 

ドーニに上がり、再度ジンベエサーチ。

 
するとまもなくしてシャーミーが指をさして叫ぶ!

「ジンベエ!ジンベエ!」

 

水面から見える黒い影に向かい猛ダッシュ!

シャーミーについていくと真正面からみんなのいる方へやってきた!
P9182359

 P9180394

 Photo by 前野



しばらく水面で泳いでくれましたがスピードをあげ深場へ去っていきました。

 

でもみんなしっかりジンベエを見れたので一安心。

 

 

 

ジンベエ後、遅めの昼食を食べ終え次に向かったのはクダラティラ。
ここは地形も魚影も楽しめるポイント。

 P9180413
Photo by 前野

P9180424
Photo by 前野

ヨスジの群れにはいつも圧巻。

 今回は一段と多く感じられました。

 

安全停止に入る直前には私達のアイドルが現れてくれました。

 P9182888

まだおチビちゃん。可愛い!

 

 

4日目の1本目はヴィラメンドゥティラ。

エントリーしてすぐにカオリータが指をさします。
指がさす方には大きなマングローブエイが!

 P9192427

P9192432

大きいー!!
本当に大きかったです。
カオリータもここまで大きいのは初めて見たらしい。

 

 

 

 

2本目はマンタを狙いにマヒバドゥロックへ。

マンタがいると情報が入り、予定より1時間早めにブリーフィング。

エントリーするとマンタが次々と増え、最終的には4枚確認する事ができましたが実際もっといたことでしょう。

DSCN4104
Photo by aoki
P9192975
Photo by naito
P9190445
Photo by sheena




ヴァーヴ環礁へ大移動し、アリマタハウスリーフでサンセットダイブ。

 

エントリー直後からどんどん増え、砂地には30匹近くのナースシャークが。

DSCN4145
Photo by aoki

密集率やばいです(笑)
P9192650


流れもあり砂地をズルズルと流される子やぶつかりながら泳ぐ子、なぜかきい子が集団の一番上に乗っかったりといろいろな光景が広がってました。

おんぶ?(笑)

 P9192658

P9192668
肩を組む?子もいましたよ!

 

 

ナースシャークの集団に紛れ込むカオリータ(笑)

 DSCN4126

 Photo by aoki
DSCN4127
Photo by aoki

 

 

流れもあったので動き回れるダイブではありませんでしたが、皆様は大満足!!

  

 ナースシャーク達に癒されたようです。


 

 

5日目の1本目はミヤルカンドゥ。
潮の向きがアウトだったため、水路の中からエントリー。

砂地に広がるサンゴ。
P9200588
Photo by 前野

P9200592
Photo by sheena

インド洋固有のアケボノハゼ
P9200609
Photo by sheena

ゆっくり泳いでた大きなマダラエイ
P9202751



2本目は南マーレに移動。
暖色系ソフトコーラルがきれいなポイントでほとんどの方が最終ダイブ。


P9200623
Photo by 前野
P9200609
Photo by 前野

 

 

根の上はムスジにコラーレ、ホウセキキントキなどが群れてました。

 P9200654

 Photo by sheena
P9200659
Photo by sheena

 3本目は北マーレで1本。

 

6日目の1本目は2日目の1本目でも潜ったナッシモティラ。

 

ベストコンディションでしっかり咲いていたソフトコーラル。

 P9210787
Photo by sheena
P9210792
Photo by sheena

P9210757
Photo by sheena




 

最後のダイビング、バナナリーフでは大きなナポレオンとカメのコラボ。

 P9210861
Photo by sheena

まるで会話をしているみたいに見えますね!


 時折スコールにみわられるみまわれる事もありましたが、無事にトリップを終える事が出来ました。

 

 P9200668
Photo by sheena

 

 

 

いかがだったでしょうか?

来週からはバア環礁のトリップが始まります。

またあのぐるぐるマンタが見れるとなるととてもワクワクしますね!

どんなドラマが待っているのか今から楽しみです。

 

では来週もお楽しみに!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カオリータから皆様へ。
最近衣類の忘れ物が多発しております。
もしご自身の物があればカオリータまでご連絡ください。
42318348_2250871418490856_6521812215824121856_n
42417319_2238528313084248_3273057102968389632_n
42410224_2194334794114439_6881075999522422784_n
42328703_244742602810917_8041378194974048256_n
42455121_588408931562438_7764020111920332800_n
よろしくお願いいたします。


2018/09/08~2018/09/15

季節の変わり目を迎えた日本。猛暑日に見舞われた季節も徐々に落ち着き、涼しい季節までもう少しといったところでしょうか。

人は貪欲。涼しくなれば恋しくなる暖かい気候。そんなときに行きたくなりませんか?

常夏の地「モルディブ」。

船の上、一面を青い海に囲まれた大自然の中での1週間をたっちゃんがご紹介します。

41627520_300222964106375_434016529844011008_n
Photographer Takehiro Kawamura

今週はなんと急遽決まったスペシャルトリップ!!

北マーレから向かった先はバア環礁。

そしてアリへと進む、大移動トリップ。

2週間後に待つバア環礁へと勢いつける内容となったトリップをお楽しみください。


初日は北マーレにて3本。

今シーズン、沈黙続いたマンタポイントが息を吹き返し、チェックダイブからマンタを堪能。
P9080524
Photo by Ozawa
P9092549
Photo by Siato

浮上後も冷めやらぬ興奮状態の皆さん。

チェックダイブからの良い流れにガイド陣にも笑顔が溢れます。

そして、これがこの先に見る、素晴らしい光景の序章だったのです。


トリップ初夜。ディナーを採っていると、カオリータから一言。

「明日、バア環礁行きませんか?」

この言葉にガイド陣もびっくり。

そう、カオリータは水面下で虎視眈々とマンタの情報を集めていたのです。

そんないきなりの提案。ゲストの皆さんは半信半疑。

「絶対見せてくれるんだよね?」とカオリータへプレッシャーをかけます(笑)

決死の覚悟でバア環礁のトリップに大変更。

翌朝、日も昇らぬ時間からアンカーを上げ、船は走ります。


もちろん、移動の間も入念にマンタの状況を確認。気を抜く暇はありません。

近づけば、近づく程に重くのしかかる重圧。

モルディブ屈指のドM集団。Maldivian Stars、只今血圧上昇中!


そうこうしている内に目的の地、ハニファルベイへ到着。
DSCN0473
Photo by Saki

早速、シュノーケルへ!と思いきや、予想に反して少数のマンタしかいないという状況により、入水せず。

一瞬にして危機的状況に追い込まれます・・・(笑)

一旦、気持ちを切り替え、ダイビングへ。

ダイビングを終え、ベイの中を確認するも望んでいるマンタの数には程遠い。

一旦、ランチで一息。食事を終え、ゲストの方が各部屋にて食休み。と、思いきや!

レストランフロアへの緊急招集が!!

情報としてはマンタは多くはない。しかし、ジンベエ入り込んでるとのこと。

待ってました!!

ここでも皆さん半信半疑。カオリータも「見るまで信じひん、見るまで信じひん」と呪文を唱えるかのよう。

しかし、迷っている暇はありません。急いでドーニへ乗り込みます。

期待と不安が入り混じる中、すべての準備を済まし、いざ出陣!!

一斉に飛び込みます!

エントリーから間もなくして、待望のマンタ達が目の前に!電車のように連なり、少しづつ数を増やすマンタ。
DSCN0510
Photo by Saki
41663738_1884570738303776_445862517797814272_n
Photographer Takehiro Kawamura
41713972_897326437122660_458061629372760064_n
Photographer Takehiro Kawamura
41632354_300220360758275_9073376570399260672_n
Photographer Takehiro Kawamura

半信半疑もここで確信に!しかし、ここで感じる違和感。

聞いていた情報と目に映るマンタの数が合いません。

気づけば、100枚を超えるマンタの群れに!!
41682033_539582386483219_2320169585594073088_n
Photographer Takehiro Kawamura
41688140_2251075198298604_4727037222111412224_n
Photographer Takehiro Kawamura

これがハニファルベイ。タイミング一つで1が100以上にも一瞬で変わるのです!!

声から伝わる皆さんの興奮!そしてそれに引けを取らぬ程に大興奮のガイド陣。

プレッシャーを乗り越えせずして、この感動はありません。

興奮最高潮となったカオリータ。皆さんの声を聞いて一言!

「なぁ?言ったやろ?」とドヤ顔です。もちろん、本当は内心ホッとしていた事は、言うまでもありません(笑)

さて、読んでいく中で「あれ?ジンベエは?」と思った方!安心してください!ジンベエもしっかり皆様の元へ。
41673214_733150167050405_7573265165307609088_n
Photographer Takehiro Kawamura

2匹のジンベエとのシュノーケル。

大きな群れとなったマンタの間をかき分ける様に進むジンベエの存在感には圧巻。

マンタに囲まれるジンベエの姿は、バア環礁という特別な場所に相応しい興奮を与えてくれました!

そして次のダイビングでは、一部のチームがイルカと遭遇とこれまたサプライズ!!

夜は盛大な宴となりました。


しかし、これで終わらぬ我らの勢い!

夜中0時頃、何やら騒がしい。その声に誘われバックデッキへ向かうと、大きく口を開けたジンベエが!
41761437_2233665373534146_7329707216447995904_n
Photographer Takehiro Kawamura

ここまでのサプライズを用意しますか!?バア環礁。

2週間後に控えているバア環礁スペシャルツアー。100枚を超えるマンタと2匹のジンベエという最高の内容は、夢の広がる時間となり、同時に大きなプレッシャーを感じる日となりました(笑)


さぁ!まだまだトリップは終わりません!翌日はバア環礁にて2本のダイビング。

寝不足気味の皆さんもこの魚影を見たら、水を得た魚!

疲れを微塵も感じさせないほどに魚たちを追いかけます。

そこから、大きな環礁移動。アリ環礁のトリップへと移ります。


アリ環礁では安定の魚影祭り。

ギンガメやグレイリーフのワイドから、ガーデンイールやハゼといったマクロ。
P9112689
Photo by Siato
P9122703
Photo by Siato
DSCN0667
Photo by Saki
P9110888
Photo by Ozawa

特にこの時期、魚影の豊富さがひと際輝く「フィッシュヘッド」はビッグポイントの名に恥じない光景を見せてくれます。
P9121031
Photo by Ozawa
P9121053
Photo by Ozawa

P9121021
Photo by Ozawa
P9121014
Photo by Ozawa
P9121065
Photo by Ozawa

トリップも終盤の5日目早朝。

貸し切り状態で沈船ポイントにてダイブ。
41790431_397938987407709_5500167765304016896_n
Photographer Takehiro Kawamura

DSCN0803
Photo by Saki

そして、北マーレへと戻ります。

向かった先は青く光る「パウダー玉」。
P9131087
Photo by Ozawa
P9132789
Photo by Siato
41651868_1396066180526013_7239387129409699840_n
Photographer Takehiro Kawamura
P9132817
Photo by Siato

このポイント。浅瀬で見るパウダーの魅力もさることながら、砂地にある3つに岩も今シーズンより、魚が増え、魅力を増しております。

そして最終日は北マーレにて、ソフトコーラルや魚影を堪能。
P9142950
Photo by Saito

DSCN0961
Photo by Saki

今週も無事にトリップを終えることが出来ました!!

最後となりましたが、ブログ内でもお写真を使わせて頂いております、

写真家の「川村剛弘」さんがご乗船くださいました。
HP http://www.takehirokawamura.com/
陸、海共に素晴らしいお写真を撮っていただきました。

ご乗船ありがとうございました。


さて、皆様。今週のトリップはいかがでしたか?

急遽決まったバアトリップ。いつも以上のプレッシャーを乗り越え、見ることの出来た素晴らしき光景。

2週間後に開始される「グルグルマンタ」に繋がる、内容良き、前哨戦となったと思います。

(※通常はこの様な大幅な変更はございませんのでご安心ください()

私たちMaldivian Stars。常日頃から、皆様に最高の海を楽しんでいただきたい!という気持ちでトリップを行っています。その一心での判断となったことをご了承下さい。)

41650066_2147350031965511_8973181657762758656_n
Photographer Takehiro Kawamura
41632264_494993677576974_3738120310717677568_n
Photographer Takehiro Kawamura

それでは来週もMaldivian Stars一同、安全第一!モルディブの魅力を皆様にお伝していきたいと思います!!

では!!


2018/09/02~2018/09/08

こんにちわ~  大変お待たせしました!
今週はえみがブログをお届けしていきます〜

6日に起きた北海道の大地震、大きな被害があったとニュースで聞き とても心が痛いです。一日も早く安まる日がくることを祈っております。

さて、今週はモルディブに 葉山のダイビングショップ『7(なな)様がご乗船されました!
オーナーガイドの佐藤輝さんはカオリータとガイド会仲間でもあります。
今週はいつもとまた違った意味で楽しい日々になりそうでワクワクドキドキの1週間です!

モルディブは雨季にも関わらずジリジリと暑い日差しが毎日出ております。
暑い太陽!程よい水温の海!!

今週は反時計周りに 北マーレ → ラスドゥ → アリ →ヴァーヴ → 南マーレ → 北マーレ のトリップでした。

まず…1日目1本目は マーギリティラ
毎週なんど潜っても見どころ満載のポイント!
コージさん1
Photo by コージさん

平井さん1
Photo by 平井さん

てるさん1
Photo by てるさん

ここ23日はプランクトンなどとても多く濁っている感じがすごくあります。が…そのおかげでヨスジフエダイやハナダイ、アカモンガラの子供ちゃん、ムレハタタテダイなど…魚影のすごさをとても体感できるポイントです
とおるさん1
Photo by とおるさん
しかもしかも!安全停止中の一瞬で写真は取れなかったものの…トンガリサカタザメの目撃情報も〜

皆様のテンションも右肩上がりで2本目・ランカン ベル へ!
ここは北マーレ環礁でのマンタ狙いのポイントです。
シーズン初で私自身もドキドキしながらジャーンプ‼その瞬間マンタが優雅に泳いでいたりクリーニングしている姿が見られました。
テルさん
Photo by テルさん

まみさん(2)
Photo by まみさん

最近まではあまり目撃情報もなかったみたいですが4~6枚が優雅に泳いでいるのをゆったりと見ることが出来ました。
まみさん(1)
Photo by まみさん

3
本目は環礁移動をしましてアリ環礁の最北端ラスドゥ マディバル へ。
少し変わった地形のこのポイントはワイドやマクロも楽しめる場所になっています。
コージさん 1
Photo by コージさん

まみさん1
Photo by まみさん

2日目1本目は再びラスドゥマディバルへ
コージさん1
Photo by コージさん

前日に比べて透明度もよくなってグレイリーフやイソマグロなども数は少なかったですが近くで見ることができました!
まみさん6
Photo by まみさん

キンギョハナダイやツバメウオの群れもなども沢山
まみさん1
Photo by まみさん

まみさん5
Photo by まみさん

2本目は、フィッシヘッド!
ひろえさん1
Photo by ひろえさん

雨季とは思えないほどスコーン!っと透明度が抜けていてガイド陣の方がテンション上がってましたね〜
ベンガルスナッパーの数の多さもさることながら、、カスミアジのハンティングも魅力されまくりでした。
コージさん(1)
Photo by コージさん

まみさん(3)
Photo by まみさん

最後にはカメがベンガルスナッパーの群れに吸い込まれるように泳いでいく姿はさすが!!としか言えません。
まみさん(2)
Photo by まみさん

3
本目は、フェスドゥレック。
いつ見てもドシっと構えててくれるレック。そこに住みついている可愛い生物たち。人によって見方・感じ方が変わるとても不思議な場所。
まみさん(1)
Photo by まみさん

平井さん(1)
Photo by 平井さん

そして根のトップには沢山あるイソギンチャクが開きクマノミやハナダイたちが泳いでます。
平井さん(2)
Photo by 平井さん


4
本目は 、フェスドゥファル
周りに他船もなく出来る限りのライトを付けてナイトアクアリウムの世界へ。
最初はグルクマたちにプランクトンを食べられ焦りましたが…最終的にはマンタ3枚がご飯を食べに来てくれました!
しかもナースシャークの集い付きの豪華なナイトダイブとなりました。
柏木さん1
Photo by 柏木さん

英一さん(1)
Photo by 林さん

ナイトマンタ1
Photo by テルさん

3
日目1本目 マーロスティラ
少し潮の流れは速かったものの潜降5分でマンタが優雅に登場。私たちの横をスッとすり抜けていきました。

このダイビングポイントは寒色系と暖色系のソフトコーラルが見られる数少ないポイントなのです。
今日も見事に咲いててくれました。咲いててくれると気分も花らぎますね~

まみさん
Photo by まみさん

てるさん
Photo by てるさん

コージさん(1)
Photo by コージさん

2
本目 アリ環礁を南下し、 ホリディアウト
さぁ!ジンベイザメエリアにやってきました!!
まず、シュノーケルでバッチリ出逢うことができました~
平井さん(2)
Photo by 平井さん

その子と再び会おう、とダイビング…残念ながら出逢うことはできず、でした。
コージさん(1)
Photo by コージさん

3本目は 、ヴィラメンドゥ ギリ
今回は気分を少し変えてマクロ狙いでいきました。

モルティブにもハゼやちょこっとウミウシがいたりとワイド以外にもすごく楽しいんですよ!
DSC_0940
Photo by 平井さん

かのさん(2)
Photo by キョウコさん

元々葉山で潜られてる皆さんは被写体を見つけるのもやっぱりうまいですね~そしてほぼ場所を移動しない。私が今シーズン来て初めてのダイビング光景でした。()

そしてそして!!今日はなんと島に上陸してのディナー。

月明りも少なく満天の星空が広がる中、楽しいディナーをいただきました。

 102のコピー
Photo by テルさん

星空
Photo by 平井さん

4日目1本目、クダラティラ
ヨスジフエダイの群れはピカイチ!最近ではハズレのないマダラトビエイちゃん。
テルさん(1)
Photo by テルさん

コージさん(1)
Photo by コージさん

オーバーハング下にはウミウチワの群生。それをうまく取り入れたお写真!!

最終日の写真コンテストではクルーの票数が惜しかったですが、カオリータも私もお気に入りの1枚です~
清水さん3
Photo by 清水さん

最後にはカメがヨスジフエダイの群れに吸い込まれるように泳いでいく姿はさすが!!としか言えませんね~
酒井さん(1)
Photo by サカイさん

2
本目、アリビーチアウト
ハッシーナ号から探しているとジンベイサメの目撃情報が!
どんどん船が集まって来てましたが深くに潜ってしまったようで…ダイビングに気持ちを切り替えダイブ。
15
分ぐらいにジンベイサメが優雅に登場。
ベルの音と共に皆様の泳ぎが早いこと‼皆様ばっちり見ることが出来ました

マミさん3
Photo by まみさん
ひらいさん
Photo by 平井さん

ボートに戻ってから興奮冷めやらぬ内にシュノーケルのチャンスも!!少し深場で泳いでましたが見ることも出来ました~皆様の満面の笑みは嬉しいものですね。

3
本目は、ヴァーヴ環礁に移動しまして アリマタ ハウス リーフ
ナースシャークを狙ったダイブ!
少し時間も早かったからか眠気満々のシャークたち。肩?に手を回して寝る姿はいつ見ても可愛い~
驚くことにSDカードを入れ忘れたテルさんはゲストの皆様の写真に写りまくりです!(笑)

ひろ子さん・ナース
Photo by ひろ子さん

DSC_1085
Photo by 平井さん

よこちゃん
Photo by よこちゃん

シャークな1日だったなぁ...と想いにふけり、ディナーを食べた後は!!!

知る人ぞ知る   ※ シャーミーのマジックショー ※

IMG_3292
「おぉー、すごい!」の拍手喝采の歓声の後の「そうでしょ?すごいでしょ?()」のドヤ顔のシャーミー。

 102

Photo by テルさん

5
日目!最終日1本目は南マーレ環礁の ナギリティラ
潮もちょうど良い感じであたり、コーラルも満開に近く咲いてました!
みちえさん(1)
Photo by みちえさん

平井さん(1)
Photo by 平井さん

よしろうさん(2)
Photo by よしろうさん

坂本さん(1)
Photo by コージさん

根のトップを泳いでいくとコラーレとムスジのコラボ、それに最近ではヒメフエダイなども大きな群れを作って泳いでいます。


2
本目 北マーレ環礁の サンライトティラ
パウダーブルーサージョンフィッシュの群れは今日は泳いでいるなぁ…と感じつつ、エパールレットサージョンフィッシュも一緒になり大きなサージョンフィッシュ玉になっていました。

みんなでご飯を食べたり探し求めて泳いだり、見ててとても可愛いですね~
コージさん(1)
Photo by コージさん

平井さん(1)
Photo by 平井さん

少し北に移動すると小さな根にキンメモドキ、スカシテンジクダイが2層3層とギッシリ。
テルさん(1)
Photo by テルさんさん

ダイビングショップ『7(なな)』の佐藤輝様・真紀子様・ゲストの皆様、1週間ありがとうございました!!
またのご乗船、心からお待ちしております!

さぁ、今週のトリップはいかがだったでしょうか?
次回もどうぞお楽しみに!!


 

記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ