Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2013年08月

2013/08/24~2013/08/31

こんにちは、minminです。

今週はガイド陣が全員揃いました。

一時的ではありますが、チーフガイドの一子が復帰!

さらに賑やかになった今週のトリップの様子をお届けします。


そんなガイド陣の盛り上がりとは裏腹に

なんだかすっきりしない空模様。

今週はいくら雨季だからってそんなに降らなくてもと

文句を言いたくなってしまうぐらい、雨に降られました。

幸いポイントがつぶれてしまうような嵐には当たらず

潜ってしまえば静かなもんです。


初日は風が強かったので、環礁移動はせず

北マーレ環礁でゆっくりと遊びました。

ゆっくりとか言いながら、海の中はさーっと潮が流れる場面も。

お花が咲き乱れるように、ソフトコーラルがポリプを開いてとっても素敵。

無理かな~と思っていたパウダーブルーのポイントにも行けたので

順調なスタートとなりました。

P8252600
Photo by Endo

IMG_1551
Photo by Okiyama

P8254052
Photo by Tomi



翌日、ここで予期せぬビックプロブレムが。

イクエーター号のメインエンジンが突然まさかの故障…

北マーレから動けなくなってしまいます。


僕らは止まっているわけにはいきません。

幸運にもすぐに代わりの船が手配できました。

ご乗船されている皆様には、大変ご迷惑をおかけしましたが

イクエーター号とはここでお別れして、みんなでお引越ししました。

P8262771
Photo by Endo

お引越し先はイクエーター号の姉妹艇であるアトールチャレンジャー号。

船の造りはすごく似ていて、過ごしやすかったです。

オープンエリアの寛ぎスペースが充実していて、快適でした。

もう一つの船を楽しもう!前向きな気持ちで、トリップを進めます。

この日のダイビングは北マーレで2本、お引越しした後は南マーレへ移動しました。


朝のダイビングはゆる~い潮でお魚がかなり密集!

30匹を超えるカスミ&ロウニンの群れがクマザサハナムロに突っ込んでました。

マンタポイントでマンタを狙うも、この日はハズレ。

ひょろっと泳いできたレオパードシャークに救われました。

IMG_1667
Photo by Okiyama


夜は船の前の方に素敵な宴会スペースが。

ジャグジーのなくなったイクエーター号もいずれ屋根を伸ばして

こんな感じにしたいと考えております。お楽しみに。

IMG_0136

船のいたる所に張り巡らされているチューブ、そしてレストランフロアには

気になるボールが天井に付いています。

「これはなんだー!?」

「電気つけろー!」

と酔っ払って、盛り上がった勢いでつけてもらうとこんな感じに。

IMG_0131

くるくるカラーライトの予想外の盛況っぷりに僕らもビックリ。笑

よし、イクエーター号にもつけてもらおう!




3日目、朝のダイビングは外洋からのいい感じの潮。

ギンガメ・クロヒラアジの群れやグレイリーフシャーク、

マダラトビエイなど大物ダイビングを楽しみます。

このポイントでいつも見ているモンツキカエルウオ。

今週はいつも以上の可愛さを見せてくれました。

P8270680
Photo by Nishiyama

おっきい子を見ていたら、同じ穴からピョコっともう一匹!

あまりの可愛さに興奮していたチーフガイドの一子ですが

久し振りに見たせいか、魚の名前がでてきません。

「あの~なんだっけ??あのギンポ??」と本人も笑いながら言ってました。笑



さあアリ環礁に渡って、午後からはジンベエを狙います。

目撃情報も多く、さっくっと見たいところでしたが悪天候で捜索が難航。

ジンベエ探しは次の日へと持ち越します。


次の日は朝から狙っていきます。

朝一のダイビングでは、ジンベエはでませんでしたが

マンタがここで登場!

僕らの横をすーっと泳いでいきました。


ボートに戻り、船の上から探します

またしても雨に邪魔されてしまいますが、

苦戦しながらもなんとかジンベエを発見!

この子だけは逃すまいと、母船を近づけスノーケルをつけてジャンプ!

P8284390
Photo by Tomi

飛び込んでみたら、なんたる幸運!

この個体を30分近く、誰一人ディンギーに上がることなく

追いかけることができたのです。


みなさまこれには大満足!

ここからは潜りながら環礁を北へと向かっていきます。


アリ環礁でのダイビングでは、魚影が濃いのはもちろんのこと、

今週はこんなシーンも。

P8284474
Photo by Tomi

昼間見るのは久しぶりな気がするおっきなナースシャーク!



環礁内での移動中、船長がなにやら素敵な釣り竿を持ってきました。

魚がかかると「ジー!!」っと音が鳴るやつです。

トローリング開始。

始めて10分もしないうちに、「ジー!!」と魚のかかった音が!?

船を止めて全員バックデッキに集合。

どんな大物がかかったのかと、ワクワクしながら見学します。

必死にリールを巻く船長&クルー。

IMG_0149

長い戦いの末、上がってきたのは巨大カマスサワラー!!

写真で見るよりはるかにおっきかったのでみんな大興奮!

P8280352
Photo by Okiyama

今日はお刺身か??なんて喜んでいましたが

クルーが引き上げようとした次の瞬間…「ああー!!」

逃げたー!!

針が外れて消え去りました。

逃がした魚はデカイです。

魚は食べられませんでしたがこの一連の騒動、かなり面白かったです。

シャーミーと一緒にカオリータ社長に「あの釣り竿を買いましょう!」と

お願いしてみました。

僕らのお給料が少なくなっていないといいですが。笑



ジンベエも無事見れたところで、この夜はマンタ狙いで停泊します。

マンタが来たら潜りに行こう!!

と気合を入れてみんなでお酒を我慢しました。

いつも通りなら、きっと来てくれるハズ。

キャサリンやサチコを待ちました。


ところが、大量のプランクトンは集まるも一向に来ないマンタ。

お隣に停泊しているサファリボートの所に1枚いるとの連絡が。

ご厚意で船の後ろに潜らせていただけるお話もあったのですが

そのマンタもすぐにいなくなってしまったようで

残念ながらナイトダイビングは中止。

グラスを並べてジンベエ祝いの乾杯です


お酒を飲みながら海水をすくって、恒例のプランクトン観察。

この夜も色々な生き物がでてきました。

P8290831
Photo by Nishiyama

P8290829
Photo by Nishiyama

オトヒメエビと思われる小さなエビ、

まるでシラスウナギみたいな透明なお魚などなど。

ぞくぞくと渦を巻くように集まるプランクトン

なんでマンタは来ないんだー!!



トリップは5日目に突入。

アリ環礁でのダイビングを楽しみます。

かなり久しぶりにニシキフウライウオのペアを発見!!

手のひらサイズの極小マダラトビエイをみたりと

大物から小物まで充実のダイビング。

スマガツオの群れが一斉に逃げ回り、グレイリーフがその

群れにまじって泳いでいくという迫力あるシーン見られました。

P8294582
Photo by Tomi

P8294630
Photo by Tomi

P8293170
Photo by Endo



この日の夜はちょっとしたスペシャルディナー!

モルディビアンディナーということで、沢山のお花とキャンドルで

彩られたテーブルにはモルディブ料理が並びます。

IMG_0158
IMG_0183
本当ならこの日にライトアップする予定だった様々なライト。

最初の日に盛りあがって付けてしまったのでちょっぴりサプライズ感が

なくなってしまったというハプニングも。笑

どの料理もとても美味しかったです!



最終日はダイビングされる方がお1人でしたので

ガイド貸切がっつりマクロダイビングを楽しんで頂きました。


ハーバーへ戻ってくると修理を終えたイクエーター号が待っていました。

お客様が下船された後、再び荷物を戻して

今はイクエーター号でトリップをする準備ができている状態です。

今回ご乗船の皆さま、本当に迷惑をおかけしてしまいました。

重ね重ねお詫び申し上げます。

そして次回は、青空の下イクエーター号でお待ちしております。

どうもありがとうございました!






2013/08/17~2013/08/24

夜食べすぎると翌日まで胃もたれすることが多くなりました。前はこんなことなかったのに・・(○□○;)太田胃散が手放せません。どうも、クロちゃんです。

 

落ち着いた天候が続いているモルディブです。

風も強くなく船が揺れないので、体も心も楽チン~♪ゲストの皆様も快適な船旅を楽しんでおられました。

 

さて、今週の海は・・・・

初日にいつも潜っているポイント。

最近キビナゴが大発生していて、カスミアジやイソマグロが捕食する為ぐるんぐるん回っている光景をよく見ます。アタックされるたびに“キラッ”“キラッ”と輝くキビナゴが美しい~。

しかし、私たちがエキジットした後、漁船がやってきていました。たぶんキビナゴ捕りに・・・(○□○;)来週はもういないかなぁ・・・?

IMG_3087

そこのポイントはヨスジの大群がいるのですが、良い感じにハナダイも混ざって群れていました。

黄色にオレンジが入ってより華やかです。

 

見つけた時には30匹くらいの玉しかいなかったパウダー玉。少ないけど、他は見あたらないし入ろう!とパウダー玉の近くでエントリー!すると、あれ?あれれれ??
増えた~!!!!

IMG_6835

別の玉のかたまりがタイミングよく泳いで来て、30匹の子たちに合流!結局大きな玉になってくれました。良かった~!

 

その後移動し砂地で遊んでいると、ゲストの後ろから黒い影がー!!!

IMG_3211
来ましたー!!少しクリーニングして去って行きましたが、こちらもタイミング良くマンタに出会えることができました。雪降る中を泳ぐマンタみたいで素敵でしょ♪

 

潮の流れで全然違った雰囲気を味わう事ができるポイントが多いモルディブの海。

南マーレのとあるポイントも流れでエントリーポイントが全く変わり、今回は2つの潮で入ることができたので、1つのポイントを2度楽しめちゃいました。

 

まずは、広めの外洋側を魚が多いところ目指し泳ぎながら大物を見るパターン。

グレイリーフやホワイトチップ、マダラトビエイやナポレオン、ギンガメの大群を見たチームも。

根の上に上がってくると、コラーレとムスジの玉がお出迎えしてくれていました。
IMG_4094

IMG_6944

もう一つは、狭めの根の先端に咲き誇る暖色系のソフトコーラルの群生と大物を楽しめるパターン。

程よい潮の流れだったのでキツくない状態で美しい景色を楽しむことができました。
IMG_6918
ソフトコーラルのまわりにキンギョハナダイがたくさん群れていますが、さらに深度を上げると根の上にさらに数を増して群れています。
そこへクマザサも集まっていたので、ロウニンやイソマグロも回ってくれていました。

 

ポイントへの移動中、イルカの群れにも遭遇。ボートに寄ってきてくれました!ラッキー☆

IMG_3331 

さぁ、今週のジンベエはいかがなものか・・・・

ジンベエエリアに着くと、いつもより少し東側でジンベエが出ていると情報が!

すぐさま向かったのですが間に合わず。。泳いで行った方向で潜ってみたのですが水中でも会えませんでした。

その後も出た!っと情報は入るもののうまくタイミングが合わず、その日は会えずじまいで、翌日再度サーチをすることに。

翌朝。まずは魚影の濃いポイントでダイビング後、ジンベエサーチスタート。

ゲストの皆さんは朝ごはんを食べているところでした。



“ジンベエー!!!!!!!!!!”


見つけました!
朝ごはんを食べてる場合じゃありません!急いでシュノーケルの準備!飛び込めー!

IMG_3660

一度深場に行きかけたもののまた浅瀬に上がって来てくれ、さらに泳ぎもスローペース。長い間、追いかけながらずっと見る事ができました。

IMG_7030
前半は、周りにまだ他船がいなかったので私たちの貸切状態。天気も良く透明度もGOOD!

色々な意味でタイミングがよく、素晴らしい状況で見れたのではないでしょうか。

 

この日はジンベエ以外にも、盛りだくさんの濃い1日だったのです。

今の時期、ある場所に高確率でマンタが捕食で集まる場所があります。出ているという情報も入っていたのでそこへ向かってみることにしました。

お!いるいる!レッツ!シュノーケル~!

IMG_7042
潮の流れが結構あったのでマンタが泳いでいるさらに潮上から入り、流されながらマンタに近づきます。
大量のクマザサの群れが目に入ったと思った途端、その中からマンタが登場~!かっこいいー!

IMG_3682
何度か潮上へエントリーしなおしながら、合計4枚のマンタをシュノーケルで楽しみました。

 

ジンベエ、マンタとシュノーケルが続き、お腹いっぱい満足&ちょっとお疲れ気味?な方もちらほら。

しかし、疲れている場合ではありません!お次のポイントもまた凄かった!

IMG_3758
クマザサの群れにカスミアジやロウニンがアタックするシーンが良く見れるポイント。普段は勢いよく突っ込みアタックする様子がよく見れるのですが、今回は何十匹のカスミアジがクマザサの群れの周りをずっとグルグル回ってるんです。しつこく追いかけまわして遊んでいるかのように。いや~迫力ある光景でしたね。

ムレハタタテダイも良い感じに集まっていたり、グレイリーフもいました。

IMG_3734

さてさて、色々見たこの日。締めくくりは・・・・コレでいきましょうか!

ナイトマンタ“水中バージョン”

っといっても、マンタが来なければできないので来てくれる事を願い待機。

待機している時、船上から見るのでOKという方はお酒を飲みながらのんびりしていますが、潜る方はその姿をうらやましそうに横目で見ながら我慢我慢。その我慢、後悔させませんからー!

 

日が沈み始めた時。「キター!!」

 

よし!行くぜぃ!

IMG_3932
いや~やっぱり凄い!ぶつかりそうです。近すぎます。口の中まで丸見えで、口の中にまでコバンザメがいる個体もいました。アナタそこにも入っちゃうの・・・(○0○)透明度は悪いですが、迫力は最高です!

IMG_7160
いつも来てくれる幸子とキャサリンと漫才門の3個体が今回も来てくれました。

水面~水底を行ったり来たりしているので、船上から見ている方もバッチリ見れます。

ただ、ダイバーチームの水中映像を見た船上チームは、迫力の凄さにうらやましそうにしていました。

この日の朝に見たジンベエが、遠い記憶のような気がするくらい、盛りだくさんの1日でした。

 

南北マーレのポイントは透明度がイマイチでしたが、今週のアリ環礁のポイントはどこも透明度が良く気持ち良かったぁ!その中をクマザサの群れやグレイリーフやイソマグロなんかが泳いでいて素敵な風景!

満開ではありませんでしたが、鮮やかな青や黄色・ピンク系のソフトコーラルも見れました。

IMG_4007

グレイリーフとシルバーチップが混ざって20匹くらい群れて出たポイントもありました。シルバーチップがこんなにいるなんて!!
IMG_4125
深場からバーっと上がってきて少ししたらまた深場に行ったそうで、タイミング合わず見てないチームもあったそうですが、なかなか見ない珍しい光景にみんみんが大興奮で教えてくれました。だって、アタシ、マクロチームだったから見てないんですもん。けど、マクロ生物との素敵な出会いもありましたよ。

お花畑の中に上目使いでこっちを見つめてくる子。

IMG_7405

口の中パンパンに卵をくわえ育て守るたくましい子。

IMG_7410

たまにはマクロオンリーでじっくり魚観察するのも楽しいですね。

 

今週は満月だったので、月夜が美しかったです。

海にできる月の光の道が水面でキラキラと輝いて最高!

IMG_8823

雨はちょこっと降っただけで、風も強くなく、天候に恵まれた1週間でした。

この調子で来週も素敵な1週間になりますように。

IMG_4381
ばいちゃ!




2013/08/10~2013/08/17

こんにちは、minminです。
先週大荒れした分を取り戻すかのように、お天気が落ち着きました。
equator
途中スコールみたいな雨が降ることはあっても、
風が吹き荒れることはありません。
このままもう荒れないでほしいと本気で思います。


さてさて今週の海の様子をお伝えします。
北マーレのダイビングでは、ゆっくりめのポイントからスタートして
初日からマンタのクリーニング&パウダーブルーの玉を見ちゃいました!!
powder
Photo by アル様
manta1
Photo by アル様

幸先の良いスタート。
2日目に環礁移動。今週はアリ環礁を北から南へと下って行きます。
アリ環礁のダイビングでは大物に恵まれます!!
マダラトビエイの群れや、ここ最近見ることができているモルディブでは
珍しいバラクーダの群れ、目の前でみるグレイリーフシャーク!!
madaratobiei
Photo by Tsuka
barakuda
Photo by Tsuka
grayreef
Photo by アル様
ヨスジの群れ、クマザサの群れ、ムレハタの群れ、カスミ・ロウニンの群れ!
お魚もいっぱいです!!
yosuji
Photo by Tsuka

夜には恒例のマンタの捕食パーキングエリアへ!!
今週は5隻ほど船が集まり競争率が高い!?
今日はダメかもしれない…
そう思いながらもライトを照らして待っていると
海の方からバシャっと水の音が!?
manta2
Photo by アル様
「キャサリン」登場~
この子だけは裏切りません。
そうこう見ているうちに「さちこ」、さちこそっくりの「漫才門」まで登場しました。
正直、僕が見分けられるのはキャサリンだけです。

yoru1
マンタのご飯をすくって、プランクトンを観察中。
見て下さいこの顔。笑

今週も潜っちゃおうかな~なんて思っていたら
この日のナイトダイビングはノーリクエスト。
残念がるカオリータ。笑
キャサリン登場にテンションが上がってしまったのか、
結局カオリータ、シャーミーを連れて潜りにいっちゃいました。


順調に進むトリップ。3日目からはジンベエを探します。
ジンベエエリアに着いてすぐのダイビングは抜群の透明度!
こんな所でジンベエが出てくれたらな~と思います。
シャーミーが集めたイエローバックの数がすごいことに。
ジンベエは出ませんでしたが、魚がいっぱいの楽しいダイビングでした。
yellowback
Photo by Tsuka

さて探すぞ!っと母船に戻ってサーチ開始。
そんなに時間もかからない内にフセヤんが怪しい影を発見。
しかし浅すぎる。

あまりにも浅いので、ホントにジンベエか?と疑ってしまいます。
シャーミーとフセヤんがディンギーで確認に行きます。
やはりジンベエ!!
すぐさま準備してディンギーに乗り込みます。

今週のジンベエは100万馬力。
全力で追いかけていたフセヤんをさらっと置き去りにして疾走。
ディンギーで先回りして飛び込むも、浅過ぎ、早すぎ、向い潮という
悪条件で全員が見ることはできませんでした。
IMG_7155
Photo by アル様

その後も追いかけるも、クイックなターン&猛スピードで移動する
ジンベエに誰一人ついていけません。
そのままどこかへ泳ぎ去ってしまいました。

これは難しすぎる。
と気を取り直して、別の個体を探すことにしました。

が、ここから次の日まで探すも探すもジンベエが出てきません。
次の日に至ってはジンベエエリアにいたどこの船も
ジンベエを見ていないという状態に。
完全に姿を消してしまいました。

最後の望みをかけて潜ったジンベエエリアでのダイビング。
ジンベエこそ出なかったものの、次から次へとマンタが登場しました!
IMG_7232
Photo by アル様

今週のジンベエは不完全燃焼。
悔しいながらジンベエ探しを終えることにしました。


さて今年もこの日がやってまいりました。
カオリータのBirthDay!!

こんな日に限ってまさかのノージンベエに
「うちの誕生日やから、こないことになんねん」と肩を落とすカオリータ。
それとこれとは話が別ですから。笑
夜にみんなでお祝いしました。
EM540204
Photo by Tsuka ↑ダミープレゼントに文句を言うカオリータ。

クロちゃんとシャーミーがキッチンでバレながらも「明日の朝ごはんだ」と
言い張って焼いていたのはホットケーキ。
39枚焼いて、ホットケーキタワーになってでてきました。
IMG_7235
Photo by アル様
お誕生日おめでとうございます♪


このままでは終われない、ということで予定外ではありますが
ヴァーヴ環礁へ渡ってサメナイトを開催することしました。

「終わり良ければすべてよし!」
とゲストの方にも絶賛して頂いたヴァーヴのワイドナイト!
全員参加でこの夜もナースシャーク・ロウニン・ピンクウィップレイなどなど
大物のお祭り騒ぎを楽しみました。
EPL31021
Photo by Tsuka
知らぬ間に後ろからやってきて、僕らの間をすり抜けていきます。
night2
Photo by アル様
いつ見てもデカイ!!昼間はどこにいるんだー!?

最終日の朝は、ヴァーヴ環礁でまったりのマクロダイビング。
アケボノハゼや、ちょっと深場のハナダイを探してみました。

南マーレで潜り、最後は北マーレへ。
南マーレのポイントでは入ったタイミングが抜群に良かったのか
ここでもマダラトビエイの群れ!!
咲き乱れるソフトコーラルに、キンギョハナダイの乱舞。
softcoral
Photo by Tsuka
根の上では潮がピタッと止まりコラーレ玉が見事な玉に。
corale
Photo by アル様

ダイビングはかなり内容の濃い一週間でした。
ジンベエをバシッと見れなかったことだけが悔やまれます。
ゲストの皆さま、今回の猛スピードジンベエにめげずに
またモルディブに狙いに来て下さい!!

2013/08/03~2013/08/10

以前宣言したように、トリプルワッパーに挑戦しました。3枚のパテで十分なのにバーガーの大きさと言ったら・・・(○□○;)相当時間はかかりましたが、ワタクシ完食しました!おかげさまで朝まで胸焼けしていたクロちゃんです、どうも。

 

さて今週の前半は、天候に悩まされました。風が強い上に突然の猛烈な突風が何度もやってくるのです。

エキジットが大変な場面があったり、母船にドーニがつけられずしばらくドーニで待機しなければいけない状況があったりで、皆様にはご迷惑をおかけしました。夜も突風が来てハラハラしていましたが、後半には徐々に落ち着いてきたので一安心。

 

そんな大変な状況を察してか、いつもは特に何もビックゲストは来ない停泊場所にマンタがやってきてくれたのです!なんというサプライズ!!!!!珍しく背中がほぼ真っ白な個体!!
IMG_8506
さらにライトを照らしてみると、ずーっとクルクル宙返りして捕食するのです。なんて良い子なのでしょう~!!スタッフもビックリのゲスト登場でした。

 

そこに、小さなイカの親子がやってきました。マンタがライトの近くで捕食している時は離れたところに行き、マンタが水中に行ったら全員でライトに近寄ってきて・・・・マンタが来たらまた離れて・・・・その繰り返し。

IMG_8526
「あなたたち、マンタが居ない間にご飯食べなさい!」って、お母さんが言ってるみたいで面白い光景でしたね。

 

小さいイカちゃんには私たち手を出しませんが、大きな子は釣り上げたくなっちゃうもので・・・

日に日に釣りの腕前を上げているような気がするみんみん。今週も船の後ろに大きめのイカがやってくると、いとも簡単に2匹釣り上げてたー!早速イカ刺しにし、美味しくいただきました。

IMG_1791

今回は、このサプライズマンタだけではございません!

いつも船上から見るナイトマンタ狙いで停泊する場所で、初の試み!!!潜ってみちゃいました。

マンタが来たら潜ろう!ということでいつエントリーできるかはマンタ次第。水着着ていつでも入れる準備OK!

早く来てくれることを祈り待っていると、日が沈んで数十分後・・・・来ましたー!!!

どんなものかとワクワクしながらエントリーすると、ドカーン!!

IMG_0169

P8082006
回ってる回ってるぅ~!グルングルン宙返りして捕食しています。私たちの真横や真後ろからビューンとやってくる。もうぶつかりそうなんですわ!大口開けて目の前からやってきた時には口の奥の奥まで丸見え。

P8080396
うっひょ~!凄いっす!初挑戦のダイビング。良い手ごたえをつかめました。

 

南マーレではマダラトビエイやサメがよく見れました。

根につかまっていると、目の前を行ったり来たり。クリーニングしている子もいてゆっくり見れる場面も。

P8051757
後ろ姿のショット。かっくいい~!!

先週も見られたサメの繁殖行動をしているかのような動き、数匹で追いかけまわしているみたいにあっちいったりこっちいったり。自分に向かってきそうな時もあるので、ドキッとします。

P8080125

サメを見ていると、大きな子がこちらをギョロリ。いきなりいられると、こっちもドキッ。

P8011596

アリ環礁では、朝イチの捕食で目を覚ましました。クマザサへのカスミとロウニンのアタック。
P8079636

P8071864
1回の突撃ではなく、2回3回と連続して突撃していました。360°お魚に囲まれて幸せ~♪

流線型の美しいボディ!ツムブリも登場!

P8051734 

今週のジンベエは、うねりが大きく入っている場所もあり、探すのに少し苦労しました。

が、シュノーケリングで無事にGET!!2回トライができ、全員バッチリ見る事ができましたね!

P8071883
 

モルディブは、ほんとにヨスジフエダイが多い!
P8049352
根の上からオーバーハングから下の方からウミウチワの周りから、ヨスジ、ヨスジ、ヨスジリバー!団子になっていたり川のように群れていたり。美空ひばりの“川の流れのように”が頭の中を流れます~。

P8070091
 

今、キンメモドキやスカシテンジクダイがどしどし増えていて、オーバーハングの中や根に多くついている光景をよく目にします。ライトを当てると七色に輝き美し!その群れの中にハタがいたりするので素敵な写真を撮れるチャンスもあります!

P8059409
 

相変わらず多くかたまっているムスジ&コラーレ玉。

P8060263
すると、下の方から視線を感じます。。。ダレだッ!?


 

P8051769
小さなナースシャークでした。こっそり隠れているつもりだったのでしょうが、良く見ると尾ビレが丸見えでした()

キミ、バレバレだよぉ~~(―0―)ノ

 

最初はどうなることかと思った天候でしたが、終わってみれば朝日も夕日も青空も拝むことができました。

最終日はこの通りすっかり良いお天気!

IMG_8540
水中も相変わらずの魚影のこぉ~いモルディブの海を堪能でき、皆様にも喜んでいただけて良かった~!

来週も安全第一に、皆様と楽しんでまいりたいと思います。



2013/07/27~2013/0803

じゃじゃじゃじゃじゃ~。
こんにちは。minminです。
maldives
Photo by Kenji
素敵な一週間を予感させる、爽やか~なお天気で始まりました。
今週のトリップの様子をお届けします。

トリップ初日、今週は北マーレから一気にアリ環礁へ移動しちゃいました。
アリ環礁を北から南へと移動していきます。
初日はまったり&魚影の濃いポイントでのダイビング。
doracula
Photo by Yukio

初日から狙うは夜のマンタ!!
manta-n
Photo by Toshiki
夕食前にやってきて、ご飯の後には3枚、4枚へと増えていきます。
初日の夜から大盛り上がり!!
いつの間にか名づけられた「キャサリン」と「さちこ」は必ずといっていいほど
登場します。


2日目の朝は人気ポイントでグレイリーフシャーク・カスミ・ロウニンアジなどなど
魚いっぱいのアリ環礁の根を潜ります。
murehata
Photo by Taiko
shark
Photo by Yukio
傷だらけのグレイリーフ。繁殖行動の後だったのでしょうか。
ronin
Photo by Atsuhide


その後一番南までだーっと移動。ジンベエを狙っていきます。
今週はなんたる幸運。ほぼノーサーチで出会うことができました。

ジンベエエリアに着くと、つい数分前まで別の船の人達が長いこと
追いかけていたという情報が。
まだ近くにいるかもしれない、ダイビングで狙おう!
そう決めてドーニに乗ろうとしている間に、ジンベエ出現!!

慌ててスノーケルの準備をして現場に急行します。
すると浅いところをゆっくりと泳ぐジンベエの姿が見えてきます。
これはゆっくり見れるかも!?
jinbee-s
Photo by Toshiki
期待以上の最高のシチュエーションでした。
透明度もバッチリの浅いリーフをゆ~っくりと泳ぐジンベエ。
10分くらいは追いかけられたんじゃないでしょうか。

もちろんこれだけでは終わりません。
先回りしてダイビングへ!!
エントリーして数分後に正面からどーんと登場!!
jinbee-d
Photo by Toshiki
う~ん完璧すぎる!!

さらにこの日、3本目の帰り道では捕食に集まったマンタ達を発見。
スノーケルで飛び込むと、あっちにこっちにマンター!!
何匹ものマンタに囲まれました。
manta-s
Photo by Toshiki
全ての運を使い果たしてしまったんじゃないか?と思ってしまうほど
怖いくらい順調に進んでいくトリップ。
2日目にしてジンベエとマンタを堪能してしまったゲストの皆さん、
みんなにんまり。夜お酒がすすんでしまいます。

時間がいっぱいできました。さぁどうしよう。

余裕ができた3日目、今週も大人気のヴァーヴ環礁ワイドナイトを開催。
だーっと環礁を移動して2本目からはヴァーヴ環礁でのダイビングです。
日中はサメなどの大物を狙える潮ではなかったので、まったりのダイビングでした。
サメは夜のお楽しみに。
coller-beleny
Photo by Toshiki


さてさてお楽しみのナイトダイビングの時間です。
今週はなんと、みなさんお酒を我慢しての全員参加!!
サメ好きの皆さまに「も~いいっ」と言わせてしまうくらい
ナースシャーク・巨大ロウニンアジ・マダラエイを見て頂きました。
night
Photo by Yukio


次の日の朝はいい感じに潮が変わってくれていたのでレッツチャネルダイブ。
チャネルをクロスするとグレイリーフ、マダラトビエイ、ギンガメの群れが登場!
gingame
Photo by Kenji

そしてヴァーヴ環礁から南マーレ環礁へ、北へと移動していきます。

環礁移動中、イルカの大群に遭遇♪
母船をくるっと回して、群れの真ん中へ突っ込みました。
iruka
Photo by Kenji


時間たっぷりなので南マーレのポイントもいっぱい楽しめちゃいます。
南マーレでもワイド系のダイビング。
コーナーダイブやチャネルの中の根を潜って、お魚に囲まれたり
華やかなソフトコーラルを見て楽しみました。


最終日、北マーレへ戻り雨季のマンタのクリーニングステーションへ。
クロちゃんが水面からのぞいてみると、1枚…2枚…3枚…4枚ー!!
しゃー行くぞー!!っと元気よく飛びこんで水中マンタまでGet!
manta-d
Photo by Yukio

すべてが順調だった今週のトリップ。
ラストはパウダーブルーの玉を見て完璧に終える予定でした。
ここで思わぬ落とし穴が。
予期せぬうねりでパウダーのポイントに潜れない…
ラストは代わりにソフトコーラルの綺麗なポイントへ。
softcoral
Photo by Yukio


パウダーこそ見れなかったものの、それ以外は全て順調だったトリップに
ゲストの皆さまも大満足!!最終日は夕方から大宴会に。
saisyubi
photo by minmin
写真ではお揃いでなかったのですが、この後バックデッキの一つのテーブルに
ガイド含む大人20人が大集合!
ぎゅうぎゅう詰めで、仲良くお酒を楽しみます。

boss2
Photo by Atsuhide
酔っ払って絶好調のカオリータ。なにを企んでいるのやら。
この後、お気に入りの手ぬぐいを巻いてすごい状態に。笑

いや~愉快な一週間でしたね!皆様どうもありがとうございました!!



kumanomi
Photo by Yukio
最後にもう一枚!タマゴを見守るモルディブクマノミちゃんです。
来週のブログもお楽しみに~!!



記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ