Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2013年09月

2013/9/21~2013/09/28

こんにちは、minminです。
お天気は非常に穏やかなモルディブ。日中は雨に一滴も降られませんでした。
最終日の今日はには風もピタッと止んで、乾季みたいにぺったんな水面です。

ではトリップの様子をお伝えします。
初日はまったりのダイビングから始まり、2本目はパウダー玉狙い!
3H4A2447
Photo by Susumu
あわよくばのマンタのクリーニングは見れませんでしたが
そんな時は、小さな生き物達が僕らを楽しませてくれます。
IMG_3291
Photo by Tomoko

この日にアリ環礁の一番北、ラスドゥーへ移動します。
3本目のダイビングではサメはそんなにいなかったものの
丸太みたいなごん太の巨大イソマグロが何匹もぐるぐる泳いでいました。
3H4A2591
Photo by Susumu
写真ではわからないかもしれませんが、僕らもドキッとしてしまうサイズです。


翌朝は大物が集まるような潮ではなかったので、じっくりまったりなダイビング。
IMG_3273
Photo by Tomoko
ドラキュラやオーロラなどのハゼ達や、
カミソリウオ、ハダカハオコゼなどの小さな生き物、
ほかインド洋ならではのお魚達を観察します。
3H4A2661
Photo by Susumu

大物は2本目が大当たりでした!
大っきなグレイリーフシャーク&子供マダラトビエイが僕らの目の前を行ったり来たり。
頭上ではイソマグロがクマザサハナムロの群れにアタックをかけていました。
3H4A2731
Photo by Susumu
DSC01275
Photo by Yamamura

環礁をちょっとづつ南へと下りながら3本目は沈船ポイントへ。
カオリータが見たビックリなシーンです。
DSC01343
Photo by Yamamura
2匹のシマキンチャクフグがケンカしてるのを見ていたら
横からハタがガブーーっ!!
ハタに食べられそうになったフグは命からがら逃げだせたそうです。
ケンカするのも命がけですね。

この夜は恒例のマンタナイトを開催!
停泊場所でライトを点けると、プランクトンも集まらないうちにマンタ登場!!
周りに船も少なかったおかげか、すぐに3枚に増えます。
マンタが落ち着いたところで、準備を始めてナイトダイビングに行きました。
3H4A2904
Photo by Susumu
あっちからこっちから!
全部で7枚のマンタがぐるぐるしてました。
これだけいると、見ごたえたっぷりですね!!


今週はちょいちょいと、いい物が出ております。
翌朝のダイビング。タイミングもあり、全員では見れませんでしたが
ラッキーな方達が見た第一弾はコレ↓
3H4A3014
Photo by susumu
バンドウイルカでーす!!真ん中のシルエット、分かりますか?
写真ではかなり水面の方にいますがこのイルカ、
捕食に30m位のところまで「ど~んっ!」と猛スピードでおりてきたのです。
一番近かったゲストは目の前で魚をくわえて泳いでいくのを見れたそうです。
朝から大興奮の一本。
イルカだけでなく、カスミ・ロウニンのハンティングもいい感じでした!
3H4A3067
Photo by Susumu


お昼からはジンベエタイム。
ジンベエエリアに着く前から「ジンベエが出てるよ~」と情報があったので現場へ急行します。
浅場へ上がってきたり、沈んだりを繰り返していたジンベエですが、
僕らが到着したタイミングで浅いところで発見!
スノーケルをつけて飛び込みます。
DSC_0266
Photo by Myoken
10分位は追いかけることができたと思います。
完全に捕食モードのジンベエちゃん。大きく口を開けながら泳いでいました。

ここから先が大忙しでした。
ダイビングでジンベエを狙おうと、ドーニに乗り換えて器材を背負おうとしたら
ドーニの上からジンベエ発見!
ダイビングには浅すぎるのでタンクをおろしてスノーケリングへ。
この個体は泳ぐのが速すぎて、あっと言う間にいなくなってしまいました。

この子の先に回って潜ろうと、器材を背負ったらまたまたドーニからジンベエ発見!笑
え~い潜って見てやろうと、ジンベエの進行方向先でエントリー。
深場へ向かうジンベエを慌てて追いかけます。
するとラッキーなことに、ちょうど30mくらいの所でくるっとUターン!
ちょっとだけ並走して泳ぐことができました。
3H4A3131
Photo by Susumu
ダイビングを終えて、ドーニを母船につけようとしていたら船長が「あそこにいるよ」と一言。
これで終わりにしましょうね~と最後のスノーケリングへ。
お昼ゴハンを食べるのを忘れてジンベエを楽しみました。


次のダイビングからは魚影の濃い人気のポイントへ。
今週はいろんなポイントでイルカの声が聞こえます。
まさかまた見れちゃうんじゃないかと、僕らもそわそわしますが
そう簡単には姿をみせてくれないですね。
3H4A3156
Photo by Susumu
3H4A3211
Photo by Susumu


次の日、朝一のダイビングで出物第二弾!これはかなりすごいですよ~
安全停止中の出来事。
クロちゃんの見つめる先には一体何が!?
DSC01496
Photo by Yamamura
超ラッキーな方々が見たお魚はコレ↓↓
DSC_0345
Photo by Myoken
なんとバショウカジキの群れ!!
kajiki
Photo by Yamamura
全部で8匹いたそうです。それもちょー目の前で。
ずるい、僕も見たかったです。


その後は南マーレ環礁へ移動。
久々に潜った環礁の西側のポイントにはギンガメアジのものすごい大群が!!
3H4A3246
Photo by Susumu
「ブッブッブッ!」と音を鳴らすと深い方からドバーッとやってきました。

東側へ移動してもう一本。
潜ってみると「あれ、どうした!?」と思ってしまうぐらいの
濁り水に当たりました。
お魚もいっぱいで、ソフトコーラルも綺麗なのにみえなーい!
次の日の朝リベンジすることにしました。

次の日は透明度も良くなって一安心。
ここでも聞こえるイルカの声。
見えないのに大声で鳴くのはやめて~。

北に移動しながら南マーレの沈船ポイントでまったりダイビング。
ラストは北マーレ環礁のソフトコーラルが綺麗なポイントで
クマザサやロウニンアジに囲まれて遊びました。
3H4A3562
Photo by Susumu

ジンベエたっぷり、マンタたっぷり、カジキやイルカも出てお天気良好♪
順調すぎる一週間でした。
来週は何が見れるんでしょう!?お楽しみに~




皆様へ

皆様へ 弊社所有のダイビングドーニが先週末にエンジントラブルで出航できない状態になりました。 もちろん代替えのドーニでトリップは順調に催行中です。 しかし、代替えのドーニでナイトロックスシステムを搭載したドーニが見つからず、現在ご利用いただけるのは通常のエアタンクのみとなっております。 ナイトロックスシステムを載せ変える事が不可能なため、ナイトロックスの充填ができません。 ナイトロックスご利用ご希望の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。現在、ドーニの修復に約1ヶ月ほどかかる見通しです。 直るまでは代替えのドーニでのトリップとなりますが、何卒皆様のご理解のほど宜しくお願いいたします。

モルディビアンスターズ 前井

2013/9/14~2013/09/21

最近お客様が持って来て下さった少女マンガにはまっています。

青春!!って感じの恋愛マンガ。うらやましいよーなー・・・・・

ま、私はしょっちゅう魚に恋してるんですけどね~、どうも、クロちゃんです。

 

先週に比べて透明度回復しました!

雨季なのでスッコーンと抜けているわけではありませんが、先週に比べるととても良く感じます。

P9180413
うん、良い海の色。ヨスジの黄色も映えてるぅ!SO!YES!コレです!モルディブ!!


初日の1本目に潜るポイントに最近ずっといるコガラシエビ。ほんと面白い恰好してるよね、あなた!

_DSC0931
クジャクベラの仲間のマッコスカーズラス。ヒレを広げた姿がバッチリ!最高に綺麗だわ~。

_DSC1258
 

初日に行ったパウダー玉。見つけると黒いハギと一緒にいました・・・これは嫌~な感じが。。黒いハギと一緒だと、泳ぎまわっちゃう傾向にあるんです。嫌な予感が的中し、ウロウロするパウダーたち。追いかける私たち。泳いでる姿は体がそろって綺麗なのですが、ゆっくり写真を撮ることができません。。しかし、動き回るうちに黒いハギと別れてくれたので、着底し食事に夢中になってくれました。ふぅ~良かった。

IMG_0062
 

アリ環礁に移動。良い潮がかかっていました。

グレイリーフが10匹近くグルグル泳ぎ、バラフエダイもたくさん集まっています。

IMG_0034

IMG_0658
カスミアジも20匹くらいの群れがドロップ沿いをサーっと泳いでくれたり。ギンガメアジの玉やバラクーダの群れに遭遇したチームもありました。

IMG_0132
大物三昧で楽しんでいる私たちの後ろでは、ツバメウオが数匹のほほ~んとしていました。ダラけた雰囲気満載のこの子達。なんだか面白いこの光景()

 

タイミング良くアタックシーンも見れましたね!皆さん大興奮!

IMG_0148
 

3週連続していた沈潜ポイントにいるニシキフウライウオ。

妊婦だった大きな個体は産卵を終えどこかへ行ったのでしょうか?小さな個体だけが一匹寂しそうに佇んでいました。沈潜の周りにイエローバックが群れ華やかでしたよ~!

P9160065

先週は早い時間に来てくれず潜れなかったナイトマンタ。

今週はライバルが5隻というハイレベルな戦いが予想されましたが、ラッキーな事に日が落ちる前に来てくれたのです。しかも、ナイトマンタを潜って見るのでは初めての6枚という多さ!

P9160153

P9160134
今までは1~2枚だったので、私たちが居る水底にやって来た時に見れ、マンタが水面でご飯中はしばらく待機みたいな感じが繰り返されるのですが、6枚もいたら水面に行っているマンタと水底にいるマンタが入れ替わりたち替わり。ずーっとぐるぐるしているマンタが見れていた状態でした。6枚のうち、3枚はよく来てくれる“キャサリン”“幸子”“漫才門”そして、新入りが3枚。“ホワイティーベリー”とあと2枚は名前考え中です()

 

日中の捕食マンタシュノーケルも好調です。

IMG_0867
今週も10枚以上が水面をプカプカ。先週と違ったのはグルグル回っているというよりは数匹ずつが連なって、ある範囲をご飯食べながらのんびり泳いでいる感じ。私たちは潮上で入り流れに乗りながら、マンタと遭遇する感じです。1枚見えた!っと思ったら、その後ろにもう1枚。いや2枚!

あれ?いないな・・どこかなぁ?っと思ったら、また3~4枚くらい連なって泳いできます。

P1050734


今週のジンベエは少し苦労しました。

出た!っと情報が入ったり、いた!っと見つけても、準備している間に深場へ消えてしまう・・・・そんな状況が何回か続き、その後は全く出ないのです。天気が回復し探しやすくなるも苦戦・・・。

本当にヤバイ・・・どうするか・・・諦めるか・・・続けるか・・・そんな状況まで追い込まれていた矢先、他船から出ている情報が入ってきたのです。時々下に潜るけど、またすぐ浅瀬に上がってくるよーっと!!

これは可能性大です!!エンジン全開!急げー!飛び込め―!

良かった!間に合いました~!しかも、シュノーケラーやダイバーが大勢いるのも気にせずゆっくり泳いでくれているんです。少し深く行ったな~と思ってもすぐ浅瀬に来てくれそれが続きます。

IMG_0198
泳げる人は1時間くらい泳ぎ続けていたのではないでしょうか。それくらい、1匹のジンベエはずっと見れる状態でいてくれたのです。本当に良かった!

さらに!その近くや少し沖にも1匹ずつ居たようなので、私たちが泳いでいたエリアには3匹のジンベエが居たみたいでした。
苦労しただけあって喜びもひとしお。夕方は全員でお祝いだー!かんぱーい!

P9180533 

天候も落ち着いてくれたので、ヴァーヴ環礁へ。サメ盛り盛りナイトも開催!

IMG_0273

IMG_0263
今回はいつも以上にナースシャークの数が多く、ビックリするくらいの迫力でした。何十匹と来るんですから・・・そりゃ凄すぎるよね。

 

モルディブには他のハナダイに化ける事ができるハナダイがいます。

居るトコには結構いる子なのですが、色々なハナダイに化けているので個体差が様々。2種類が混ざった感じでどっちに化けているのかよく分からない中途半端な子もいて、見つけるのが面白いんです。
_DSC1562
この子はエバンスアンティアスの体色が淡い感じに出ている個体。

 

モルディブはほんとに魚が多いので群れに圧倒されがちですが、一つ一つの魚やソフトコーラルたちにも目を向けると、その美しさや面白い発見などがあって、楽しみに幅が広がってより一層楽しいですよ。

 

今週も風が強い日が続きました。

予報では来週少し落ち着くとか・・・・。予報が当たることを願って!

P1050708
また元気に行ってまいりまーす(^▽^)ノ




2013/09/07~2013/09/14

Hallo!I'm minmin.
と英語から入ったことには訳があります。
多くの方が楽しみに見てくれているこのブログですが、
なんとドイツの方々も毎週楽しみに見てくれているそうなのです。

今週から日本語が読めない方のために、
ちょっとだけドイツ語&英語でメッセージをお届けしていきたいと思います。

viele liebe gruesse an unsere Yellow Octopus Diver nach Deutschland!

We had great trip this week also,Wahale shark 3times,
snorkeling with more than ten Mantas,many sharks as well!
We miss you all and looking foward to seeing you again!


では今週の海の様子です。
一本目のポイントに向かう途中、ドーニの上から見た海の水の色が悪い。
茶色っぽいような、緑っぽいような、なにやら悪い予感が。
入ってみると予感的中!モルディブとは思えないような透明度。
IMG_9499
Photo by Masako
IMG_0882
Photo by Tetsu
お魚もいっぱいいるし、ソフトコーラルもとても綺麗なのに
なんせ見えません。


環礁を移動すれば良くなるかも。
そう期待してアリ環礁へ渡ることに決めました。
3本目はアリ環礁の一番北、ラスドゥーへ潜ります。
さて透明度はというと…ほとんど変わりませんでした。笑
どうやらこの濁り、かなり広範囲に広がっているみたい。
この日は南マーレ環礁もにごにごだったそうです。
DSC00126
Photo by Kanpei
ギンガメの群れがすごかったです。
中層をぐるぐると巻くように群れていました。

夜になってバックデッキから海を眺めていると、
時々ほわっと青白い光が見えます。
何だろうと網ですくってみると、なんと大量の夜光虫!
この透明度と何か関係があるのでしょうか?
IMG_0208
夜光虫だけではありません。
ヘラヤガラの幼魚や、何種類ものトビウオの幼魚まで集まりました。
IMG_1224


さて翌日。
透明度は良くなったかなと、一番先に飛び込んだのはカレントチェックの
シャーミー。
「ちょっとだけ良くなったよ」
潜ってみると、本当にちょびっとだけ良くなった気がしました。笑

ここで事件が。
ドロップをゆっくり泳いでいるとカオリータの激しいカンカンの音が!?
あわてて先を見ると、そこにはシノノメサカタザメが!!
以前見たのは一昨年の年末でしょうか。
狙って見れない分、ジンベエよりレアなこのエイを拝めたのは超ラッキー。
IMG_1017
Photo by Tetsu
深い方へいなくなってしまったかに思われたコイツ、
くるっと回って戻ってくると砂地で寝ています。
まさか2匹もいたの!?
真相は分りませんが、2回も拝めたのは超超ラッキー!
トゲトゲした、この変わったエイを全力で追いかけました。


アリ環礁を南下していき、環礁内の根を潜ります。
ある根ではタイミングが良かったのかサメがわっさわさ!
ダイビング中ずーっと、おっきなグレイリーフ&ホワイトチップが何匹も
目の前をいったりきたりとぐるぐるしてくれました。
DSCF1945
Photo by Hida
IMG_1105
Photo by Tetsu
沈船ポイント。
透明度が良くないかな~と思っていましたが、水面近くは悪い代わりに
やや深めの沈船の周りはなかなか良かったです。
ニシキフウライウオも健在。
僕が見た時は1匹でした。相方はどこいった~?
DSC04155
Photo by Suzuki

この夜はナイトマンタダイビングを開催する予定で停泊。
夕方からバックデッキでライトを照らして待機します。
大量のプランクトンが集まるも、やって来るのはシャコばかり。
マンタの代わりに5匹のシャコがぐ~るぐる。
IMG_0230

夕食後もしばらく待ってみたのですが、時間切れでダイビングは
残念ながら中止となりました。
10:00時くらいでしょうか、やっとやってきたマンタ!
ちょっと深いところでしたが、夜遅くまでライトの下でゴハンを食べていました。


トリップは中盤の3日目。
朝はお魚いっぱいの根でカスミ&ロウニンアジの捕食シーンを狙います。
IMG_9958
Photo by Masako

ジンベエエリアへ向かう途中様子を見に寄ったマンタの捕食エリア。
母船からマンタの白いお腹がいくつも見えます。
そう、マンタ達はお食事の真っ最中!!
ドーニでいざマンタの所へ。

これぞ雨季のモルディブ!
久々に見ました、10枚以上のぐるぐるマンター!!
DSC04282
Photo by Suzuki
このマンタ玉、高速で移動するので追いかけるのが大変でしたが
ガイド陣も興奮してしまうような良いシーンに出会えました。


さて午後からはメインイベントのジンベエ探しです。
お昼ゴハンを食べ、気合十分で探し始めると母船からすぐに発見!!
急いで準備をしてスノーケリングへ。

全員で見ることは出来ましたが、あっという間に深い方へ。
ダイビングで狙おう!
その子の行く先へドーニを回すと、かなり良いタイミングで
エントリーすることができました。

水中を泳ぎ始めて2~3分、正面からキター!!
DSC00601
Photo by Kanpei
ということでめでたく最高のシチュエーションで見れました。
かなりダッシュしたので、呼吸をととのえ、余韻に浸りながら
ゆっくりと泳いでいきます。
するとシャーミーのリンリンが響き渡ります!
後ろから戻ってキター!!
IMG_1446
Photo by Tetsu
なんとさっきの個体がぐるっと僕らの方に戻ってきてくれたのです。
2回目があるとは、超ラッキーなダイビング。
全員大満足でジンベエエリアをあとにしました。


3本目はお魚ごっちゃりの根へ。
潮のかかり方が緩やかで、ヨスジがすごい密度で群れていました。
根の上のイソギンチャクのほとんどがつぼ状になっていてキレイ!
DSC04354
Photo by Suzuki

4日目。
ジンベエのおかげでトリップに余裕ができたので、
ヴァーヴ環礁のワイドナイトを開催決定。
午前中に2本、アリ環礁でダイビングをした後に環礁を移動しました。

外洋からの潮が早かったおかげか、朝のダイビングは今週一番の透明度!
大きなウミウチワが水路に重なるように生えている景観の素晴らしい
ポイントを楽しめました。
IMG_0292
Photo by Masako
このポイントでよくみかけるブチウミウシ。
今週は卵のそばで2匹が寄り添っていました。
DSC04381
Photo by Suzuki

ヴァーヴ環礁ではアウトサイドリーフでゆっくりのダイビング。
綺麗なハナダイやテングカワハギなんかを見ていると
時折浅いところで大量のムロアジが渦を巻くように通り過ぎて行きます。
DSC00865
Photo by Kanpei

さてさて夜は大人気のサメナイト!!
DSC04501
Photo by Suzuki
ブリーフィングで「サプライズナイトダイブです」とゲストにお伝えしていたのですが、
終わってから聞いてみると「サプライズどころじゃないですよ~」と言っていました。
アンビリーバボーなダイブを楽しんでいただけたみたいです。


トリップも順調に進み、5日目。
朝のダイビングは外洋に向かって流れる潮だったので、
もう一度アウトサイドリーフへ。
この日は一本目だったので、深めの水深で遊んじゃいました。
アケボノハゼを狙ってみたり、ちょっぴり珍しいハナダイ、
ハナヒゲウツボなんかを見ることができました。

北へと船を進めながら2本目は南マーレ環礁でダイビング。
外洋からのすーっと流れる潮でグレイリーフシャークが沢山集まり、
マダラトビエイやギンガメアジ、クロヒラアジの群れなどなど
大物ダイビングを楽しみます。

北マーレに戻り、3本目はパウダーブルーの玉を狙いました。
ゲストの方からのリクエスト率の高いパウダー玉、
今週もかなりいい感じで集まっていました。
DSC01052
Photo by Kanpei

この日の夜は、多くの方が最後の夜ということもあって
みなさまお酒がすすみ盛り上がります。
そして、なんとこの日にお誕生日のゲストもいらっしゃたので
200ダイブ記念のお友達の方も一緒にケーキでお祝い♪
DSC01153
Photo by Kanpei
このつまみ食いしようとしている手はだ~れだ?


初日に比べれば大分良くなった透明度ですが、
まだまだ良くなれるはず。はやくいつもの感じに戻ってほしいですね。
次週はどうでしょう??
来週の更新もお楽しみに~!!



お得な情報

10月&11月にお得なギリ割が出ております!
この機会にぜひぜひお越しください!
お待ちしております!


http://stworld.jp/tour_search_g53/#/?homenG=IO&homen=MV&p=%E3%82%AE%E3%83%AA%E5%89%B2%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA&matching=1&sw=main&dep=NRT&gid=53
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ