Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2013年11月

2013/11/16~2013/11/23

こんにちは、minminです。
今週は毎シーズン大好評の写真家「古見きゅう」さんのフォトセミナーツアーでした。
_MG_8652
古見先生が普段水中撮影でに気にしていることや、視点、考え方などを
一つの方法として丁寧に解説してくれました。
「ただ撮るのではなく、意識して写真を撮ろう」これが今回の主題です。

水面休息中に行われた座学では、構図や、カメラに備わっている機能の使い方・設定、撮影をより楽しむ為のテクニックなどをお話してくれました。
困ったことや疑問は、その場ですぐに解決してくれます。
_MG_8659
時に楽しく、時に真剣に。
お勉強の後は海へ潜ってすぐに実践します。

夕食の後は古見先生が同じ日に同じポイントで撮った写真を紹介してくれました。
「ほんとに同じポイントですか?」
という質問がでてしまうくらいビックリするような写真です。
その写真の狙いや意図を解説してくれました。
明日こそは!とゲストのみなさん撮影意欲を燃やしていきます。

_MG_8699
トリップの最終日にはゲストの皆様のお気に入りのショットを頂いて発表会!
頂いた作品とともに、海の様子をお伝えしたいと思います。


今週はまるで乾季真っ只中のようなべた凪、快晴でした!
鏡のような水面、毎日水平線に沈んでいく夕日、
文句のつけようがありません。
トリップは順調そのもの。
海況が安定しているだけではなく、透明度まで良いことが多かったです。

北マーレ環礁からアリ環礁へ、アリ環礁を北から南へと左周りでトリップを
進めていきます。
ポイントはフォトセミナーツアーということもあり、ゆっくりと潜れるポイントをチョイスしていきました。
とは言ってもモルディブの海はそうゆっくりとは潜らせてはくれません。
初日からパウダーブルーの玉に囲まれると、あっちにマンタ!こっちにマンタ!と大忙し。
ゆっくり下も見ていられません。

kubo
Photo by Kubo

akiko1
Photo by Akiko

toshie
Photo by Toshie

junko1
Photo by Junko

毎日のように登場するマンタ。
2日目はナイトダイビングで見に行っちゃいました。
怖いくらいスムーズに登場し、その数を増やした夜のマンタ。
5枚以上のマンタが大迫力の捕食シーンを見せてくれました。

ジンベエは今週も絶好調!!
スノーケリングで水中でと両方見ちゃいました。
ジンベエエリアに到着すると、ジンベエスノーケルをしているチームに混ざっていざスノーケリングへ!
抜群の透明度で光の筋が海の底へと吸い込まれていきます。

shigeki2
Photo by Shigeki

ゆっくりと泳ぐジンベエを追いかけられるだけ追いかけた後は先回りして
ダイビングへ。
ダイビング中盤、真正面から最高のシチュエーションで登場してくれました。

junko2
Photo by Junko

mari1
Photo by Mari

yoshihiko1
Photo by Yoshihiko
これにはゲストの皆さまも大喜び!


余裕たっぷりでマクロダイビングも充実!
yukari
Photo by Keiko

ドラキュラやオーロラなどの共生ハゼはもちろん、
人気の被写体のカラーブレニーやモルディブトリプルフィンなどを
じっくりと撮影していました。

makabe1
Photo by Makabe

keiko2
Photo by Keiko

yoshihiko2
Photo by Yoshihiko

akiko2
Photo by Akiko

shigeki1
Photo by Shigeki


素敵なシチュエーションや絶妙なタイミングでパチリ!

nagato
Photo Nagato

makabe4
Photo by Makabe

makabe3
Photo by Makabe

mari2
Photo by Mari

ito1
Photo by Yuri

ito2
Photo by Yuri

keiko1
Photo by Keiko

uematsu
Photo by Uematatsu

doi1
Photo by Chikako


ジンベエよし、お天気よしでヴァーヴ環礁にも遊びに行っちゃいます!
狙いはリクエストのあったナースシャークナイト。
今週2本目のナイトダイビングです。
水面近くに30~40匹のナースシャークが群れていました!
こんな沢山集まっているのを見たのは久しぶりです。

最終日には潮が流れて満開のソフトコーラルを楽しめたりと
最後までお天気と海況に恵まれた素敵な一週間でした。

makabe2
Photo by Makabe


撮影は海の中だけにとどまりません。船上でも楽しんじゃいます。
毎日おとずれる素敵な夕暮れシーン。撮影隊がディンギー出動したりしました。
IMG_1384
IMG_1364

空撮をしたい、とカイトを用意してきたゲストもいらっしゃいました。
みんなでサンデッキへ上がって凧揚げ。
GOProをくくり付けて、空高くへと飛ばして遊んだりもしましたよ~。

皆様、沢山の写真をありがとうございました!
これからも水中撮影を楽しんで下さいね!!



最後に古見先生より、ゲストの皆さまへのメッセージです。

「自由に楽しく沢山写真を撮ってください」

712
Photo by 古見きゅう


8
Photo by 古見きゅう


112
Photo by 古見きゅう


7
Photo by 古見きゅう


11
Photo by 古見きゅう


古見さん、楽しいフォトセミナーをどうもありがとうございました!


次週はボートのライトメンテナンスで一週間のお休みとなります。
次のトリップは11月30日からです。お楽しみに~!!







2013/11/09~2013/11/16

はいさい!どうも、クロちゃんです。

今週は海賊チックな感じのモルディビアンスターズです。

IMG_0754
何をやっているのか・・・・後日UPされるかも!???


IMG_0316 

初日は微風、快晴な南国モード全開のお天気、ハートなんか作っちゃって♪

が、しかし。。翌日からあれれ??雨が多くなかなか太陽が顔を出してくれない空模様に。最終日にまた安定して太陽が出てくれました・・ちょっと遅かったなぁ~。。しかし、透明度は平均して良い所が多かったです!

 

初日から魚いっぱいソフトコーラルいっぱいのポイントで潜ってきました。

IMG_0272
良い感じにロウニンアジがクマザサハナムロに突っ込んできて大迫力!!

イカツイ顔した奴らが、私たちを睨み付けながら周りをぐ~るぐる。シビれるぅ~~

青・黄色系のソフトコーラルも咲き、素晴らしい景観を楽しみました。


_MG_7562

 

_MG_7606
パウダーは大玉!!少し流れがありましたが、綺麗にまとまってくれていました。
先週見つけた見やすいトールフィンシュリンプゴビーのペア。今週も同じ場所にいてくれました。たまに背びれをピコピコさせる姿が可愛い!!

 

翌朝の早朝はマンタ狙い!久々のスコーンと抜けたスーパーブルー!!これで出たら最高や!っと思いエントリー。早々に、1枚がクリーニングステーションにやってきました。やったぜ!

っと思ったら・・・・Uターンして遥か彼方へ~・・・・それっきりやってきてくれなかったので、ゆっくりお魚観察でした。

 

続いてはアリ環礁へ移動。

IMG_0430
ラッキーな事にレオパードシャークを発見!!
IMG_0443
正面顔が可愛い過ぎる!

その近くには、こ~んな美しいベラ”マッコスカーズラス”もいました。

_MG_7743

IMG_0481
潮は緩やかにも関わらず、サメや巨大ナポレオン、ギンガメアジ、バラクーダ!!と見るものいっぱいで大忙しのダイビングが続きます。イソマグロのアタックシーンも凄かったな~

 

この日の夜は超おススメ!!大人気のナイトマンタダイビングです。

停泊場所に到着したのが少し遅い時間になったにも関わらず、早い段階でマンタがきてくれました。なんてスムーズなんでしょう!!船上からは3枚のマンタが確認できましたが、実際入ってみると入れ替わり立ち替わり、計5枚ほどのマンタがぐるぐる回っていました。
IMG_0560
目の前から来たり、真後ろから着たり。まるで何かのアトラクションのような感じですね。

テンジクダイが星空のよう。素敵~!

_MG_7955
 

3日目。モルディブNO,1といって言いくらい美しいソフトコーラルの景観が楽しめるアリ環礁のとあるポイント。流れが強くなることが多いですが、その方が綺麗に咲いてGOODなのです。さて今回は・・・・
_MG_8086

_MG_8117

とっても綺麗でした~!!咲いてました~!!しかも、流れは弱く潜りやすいコンディション!ゆっくりとお花畑を楽しむことができました。お花畑に寄り添うヨスジやインディアンバナーフィッシュ。背景が違うだけでこんなにも素敵に見えちゃうのです。皆様も写真撮る時はお試しあれ~!

ラストにはギンガメアジの子群れもいてラッキー!

IMG_4651
今週の初めに3日ほどジンベエが出ていないと情報が入っていたのでちょっと不安要素ありな感じだったのですが、この日ジンベエを狙いに向かっている途中、ジンベエいるよと連絡が!!よっしゃ!このチャンスを逃すわけにはいきません!

少し波が高い為、母船からドーニに乗り換え現場へ直行!


いましたいました!ジンベエ!!さらに透明度が凄く良い!!最高です!波がある中、頑張って皆さん泳いで追いかけます。
3~4回再トライできるくらい、しばらくの間浅瀬を泳いでくれていたので、クタクタになりながらも力の限り泳ぎました。
hiropon
後半は大口を開けたまま泳ぐものだから、凄い光景が見れましたよ!きゃー!吸い込まれそぉ~!!

 

その後すぐダイビングの準備。準備している最中、船上からジンベエの姿が見えたので先回りができる!!これは水中で見れるチャンス大です!!

IMG_0662

ドーン!!タイミングバッチリでした!水面ギリギリを泳いでいたので、見上げるかたちになりましたがダイビングでもGETです。波がある中、皆さん頑張りました!無事に見れて一安心です。

 

魚満載はまだまだ続きます!!

IMG_1071

IMG_0779

IMG_0997
珍しくウメイロモドキが群れていました。よくいるイエローバックより青と黄色の部分が鮮やかで濃く綺麗です。
マダラトビエイやカスミアジの小群れも通っていきました。


_MG_8482 


IMG_4872
外洋ポイントでは、まだ居ついているハリメダカミソリウオのペアや、珍しいインディアンバタフライフィッシュの幼魚。巨大ナポレオンやイソマグロも通って行きます。

浅瀬のリーフでは、シマハギの群れを見たチームもありました。凄い数!!

IMG_0895 

ラストは、南マーレ→北マーレへと移動。風がとても強くなり潜るポイントが限られてしまいましたが、安全に潜れる所でのんびりダイビング。

_MG_8641

珍しいピンクのハダカハオコゼもいました!この色!美しすぎるわ!!


黄色のじゅうたんのように群れるヨスジフエダイや黄色のカーテンのようなイエローバック、オレンジ色のシャワーのように大群でいるキンギョハナダイを眺め、ゆっくりした時間を過ごしました。

写真

_MG_7714 

 

さて、来週は写真家”古見きゅう氏”のフォトセミナートリップです。

どんな講義が聞けるのかな?ゲストの皆様のカメラの上達ぶりも必見!皆で楽しんできまーす!!来週のブログもお楽しみに~♪


 

最後にこの場をお借りして、、

私事ではありますが、今週の12日に無事に誕生日を迎えました。

IMG_0143
参加してくださった皆様に、サプライズでプレゼントや素敵なお祝いムービーを作っていただき超感激でした。嬉しかったです。涙出そうでした。本当にありがとうございました。最高の思い出がまた一つできました!

また、お祝いメッセージをくださった多くの皆様、ありがとうございました!!

これからも自分らしく愉快な事をしていこうと思います!?()宜しくお願いします!!


~号外~

皆様、こんにちは。
先日ご乗船いただきました、カオリータがリゾートで働いていた時からのお客様で、ハンガリーからお越しくださった笛の達人さん。
IMG_1240

そのお仲間のヨーロッパの方々がこのBLOGを見てくださっているようなのですが、日本語なので読めない・・・。

笛の達人さん、「是非、彼らに楽しかった思い出を伝えたい!!」っと、熱いメッセージをいただきましたのでこの場をお借りして、ヨーロッパの方々へのメッセージをあげさせて頂きたいと思います。


Liebe Tachfreunde!


 

Hiermit möchte ich eine kurze Zusammenfassung über die zwei Wochen geben, die ich auf dem „Equator”, dem  Boot von Kaorita in der zweiten Oktoberhälfte (19.10. – 01.11.) verbracht hatte.

Dies war mein erster Aufenthalt überhaupt auf einem Safariboot und gleich zwei Wochen – und noch dazu mit Tauchern nur aus Japan zusammen. Ein Resort habe ich gar nicht vermisst, man kann durchaus zwei Wochen auf einem gut organisierten Safariboot locker verbringen. In diesen netto 11 Tauchtagen schaffte ich 35 Tauchgänge, davon zwei Nachttauchgänge. Diese letzteren waren einfach gewaltig!

Ein Trip war jeweils eine Woche, mit Anreise der japanische Gäste am Samstag abend und Rückflug entweder am Freitag oder am Samstag. Die Tauchgänge der Woche begannen am Sonntag früh gleich vor dem Frühstück. Zur Verstärkung gab es immer Kaffee und Bananen. Der erste Tauchgang des Tages war jeden Tag vor dem Früshtück mit Briefing um 6:15 oder spätestens um 6:30 Uhr. Es war ganz schön paramilitärisch durchorganisiert! Jene Taucher, die schon auf einem Safariboot waren, wissen, dass zum Boot auch ein Dhoni angehört, wo das ganze Tauchzeug lagert und mit dem wir zum eigentlichen Tauchplatz fahren. Es war viel bequemer als von einem Resort zu tauchen.

Die Route hiess Nord-Male Atoll -> Nord-Ari -> Süd-Ari -> Süd-Male -> Nord-Male und zum Flughafen zurück. In der zweiten Woche machten wir auch einen Abstecher in das Vaa-Atoll, wo unter anderem der allerbeste Tauchgang der zwei Wochen am Hausriff von Alimathaa stattfand – mit etwa 20 - 30 Ammenhaien, sowie Stachelrochen und grossen Makrelen. Ein Night Dive wie noch nie! Es war der beste udn geilste Tauchgang in meinem Leben!

Einige der Tauchplätze waren mir bestens bekannt, denn dies war mein 26. (ja, kein Schreibfehler – mein 26.) Tauchurlaub auf den Malediven. Auf Hafza Thila, Fish Head, Kudarah Thila, South Ari Out oder Gurhaidoo (Süd-Male-Atoll) aber auch Lanban Beru (Manta Point im Nord-Male-Atoll) hatte ich schon öfters getauch. Aber diese Plätze sind immer super! Man kann nie genug oft erleben, dass Grauhaie in 1,5 -2 Meter Abstand von Dir vorbeischwimmen (Hafza Thila oder Fish Head). Oder Snorkeln mit Walhaien im Süd-Ari am Aussenriff (sie kamen komischerweise in beiden Wochen jeweils gleich nach dem Mittagessen – das Nickerchen war im Eimer)!

Zum ersten Mal habe ich erlebt, dass nach dem Sonnenuntergang Mantas im Lichtstrahl des Bootes loopen (Feshdu Faru). Der Nachttauchgang mit Mantas hier war auch gewaltig schön. Die Tiere haben regelrecht genossen, im Licht der Lampen von 9 oder 10 Tauchern zu tanzen. 

Man sagt, die Welt ist ein Dorf. Es stimmt: ich kenne Kaorita noch von der Insel Biyadoo seit ca. 2002. Und in der zweiten Woche kam Sonoko, meine langjährige Bekannte aus Japan, mit der ich den ersten gemeinsamen Tauchgang noch in 1999 machte. Wir haben jetzt wieder auf Gurhaidoo Corner in toller Strömung zusammen getaucht – Hochgenuss! Und Shamee, den Guide von den Malediven kenne ich auch noch aus der Zeit, wo er auf Villivaru gearbeitet hatte. Es war auch sehr nett, Ichiko wiederzusehen – nun mit ihrem 6 Monate alten Baby.

Mir hatten die zwei Wochen auf dem Boot sehr gut gefallen. Alles ist sehr gut organisiert (incl. Dekobier am Nachmittag) und Kaorita hat es excellent unter Kontrolle. Ich glaube, es war nicht mein letzter Aufenthalt auf ihrem Boot. Hier danke ich ihr und dem ganzen Team ganz herzlich!

 

Attila San

Aus Budapest




2013/11/02~2013/11/09

こんにちは、minminです。
最終日、北マーレ環礁へと向かって帰っている途中
突然船がスピードを落としました。
イルカの群れでもいるのかな?と思っていたら
「クジラー!!」の声が!
_MG_8499
みんなでボートの前の方に行ってみると、船の前方には
コビレゴンドウの群れが泳いでいました。
_MG_8528
これがまた近い近い!
こんなに近くでゆっくりと見れるチャンスはそうありません。
ゲストはもちろん、ガイドもクルーも大はしゃぎで写真を撮っていました。

予期せぬ出会いもトリップの楽しみの一つですよね。
クジラだけじゃありません、大物盛り沢山の今週のトリップの様子をお伝えします。


海は静かで、風もあんまり吹かない予報が出ていたので
「今週はべた凪だ!お天気もいいぞ!」
と喜んでいました。
トリップのスタートは素晴らしいお天気。
1本目はゆっくりめのポイントでお魚に囲まれてきました。
PB030067
Photo by あきちゃん
P1080614
Photo by H.S
モルディブではレアなセミホウボウ。笑

母船へ戻ってくると、近くにイルカの大きな群れが!
イルカの近くに船をまわしてもらうと、僕らの目の前でジャンプジャーンプ!
朝から今週はいいね~なんて盛り上がって話していました。
するとだんだん雲行きが怪しくなってきます。

どうした?べた凪なんじゃないのか??

と言っていたら、どさーっと雨が降ってきました。
予報もちゃっかり変わってしまっています。

幸い風はそんなに強くはないので、海に入ってしまえば静かなものです。
お天気を見ながら2本目はマンタポイントへ。
残念ながらここではノーマンタ。
アリ環礁の一番北、ラスドゥーへと移動していきます。

3本目は外洋からの潮だったので
マダラトビエイが5枚並んで泳いでいたり、グレイリーフシャーク、
ギンガメアジの群れ、巨大イソマグロなど大物系のダイビング!
P1080765
Photo by H.S


今週も先週と同じようにアリ環礁を北から南へと回っていきます。
次の日も予想外の空模様が続きます。

朝のダイビングは外洋に向かって流れる潮だったので、大物は狙えず。
まった~りハゼと遊ぼうと思っていたら、雨のせいで暗くてハゼが起きてなーい。笑
起きてるハゼを探してみたり、
幸運なチームはバラクーダに囲まれたそうです。
PB030169
Photo by あきちゃん
P1080867
Photo by H.S


気を取り直して2本目のワイド系ダイビング
イソマグロがクマザサに猛烈にアタックしてるシーンをはじめ
グレイリーフシャークやちびマダラトビエイなど見れました。
PB040138
Photo by Kenji
PB040150
Photo by Kenji

3本目はまったり沈船ダイビング

この夜は大人気のマンタナイトを開催!
周りに船が沢山いましたが、マンタもあっちこっちのボートに
ゴハンを食べに来てくれました。
もちろん僕らの船にも。
来たりいなくなったりを繰り返していましたが、上から見て3枚になった時点で
今だ!と準備を始めて潜りに行きました。
PB040471
Photo by あきちゃん
止まっていれば、常にマンタが目の前を行ったり来たりします。
突然うしろから現れたり、ぶつかるスレスレのところでくるりと回ったり、
写真を撮らずに見ているだけでも純粋に面白いです。


3日目。
朝は魚影の濃いポイントでカスミ・ロウニンのハンティングシーンや
グレイリーフシャーク、カメのお食事シーンなどワイド系のダイビングを楽しみます。
浮上して見ると青空が広がっていました。うんいい感じ!
P1090178
Photo by H.S


そこからジンベエエリアへと移動します。

絶好調な今年の雨季は今週もあっという間にジンベエに出会えます。
すでにジンベエを見ている別の船がいくつかあったので、
スノーケリングの準備をして現場へ。

タイミングが良く、他の船の人たちとは入れ違いで貸切ジンベエ!
30分近くもジンベエとのスイムを楽しみました。
体の綺麗なかわいいサイズの個体でした。
P1010742
Photo by Makoto

もちろんダイビングでも狙います。
エントリー直後、ジンベエを目指して猛ダッシュ。そして激写!
P1090259
Photo by H.S
スノーケリングで見た個体を1匹、安全停止直前にも外洋側で
シャーミーのリンリンが鳴り響き2匹目!
2匹目はちょっと距離がありましたが、ダイビングでも見れて
めでたしめでたし♪


ちょっと遅めのお昼ごはんを食べて3本目は通常のポイントへ。
やや潮が早く、おかげで魚の集まり方が良かったです。
イエローバック等のタカサゴ系のお魚がぐっと群れて、
ロウニンアジが捕食でブンブン泳ぎ回っていました。


ジンベエもすぐに見れて時間に余裕たっぷりの翌日は
ヴァーヴ環礁サメナイトのプランでいきました。

午前中はアリ環礁の環礁内の根でじっくり潜ります。
1本目は透明度も良く、ウチワいっぱいの景色を楽み、
2本目はハゼやカエルウオなんか見つつ、まったりダイビング。
PB040259
Photo by あきちゃん

最近は毎週すてきな虹が見れちゃいます!
P1090376
Photo by H.S

ヴァーヴ環礁に渡ってアウトサイドリーフで1本。
沢山のハナダイが群れていました。
P1090462
Photo by H.S


ナイトダイビングは潮が早いかな?と心配していましたが
暗くなってからチェックしに行ってみるとラッキーな事にノーカレント。
今だ!と準備を始めてサメを見に行きました。

ナースシャーク・巨大ロウニン・マダラエイ!
じっくり見れましたよ~
潮がないのにマダラエイがバフバフ砂を巻き上げるものだから大変!
そのマダラエイのご飯を横取りしようとナースシャークが顔を突っ込む
面白いシーンも見れました。
P1090496
Photo by H.S
P1090530
Photo by H.S


最終日はヴァーヴ環礁から北マーレ環礁へと潜りながら移動します。
1本目は外洋に向かって流れる潮だったので、アウトサイドリーフで
レアマクロを狙います。
P1090555
Photo by H.S
フチドリハナダイの仲間や、アケボノハゼ、緑色のちょっぴり珍しい
カミソリウオの仲間などなど。

南マーレのチャネルで1本。
このダイビングはとっても潮が速かったです。
代わりにお魚がぐっと群れて、ソフトコーラルも満開!

冒頭のコビレゴンドウの群れはここから北マーレへと
向かう途中に遭遇しました。

ラストは北マーレでパウダーブルーの玉を狙います。
P1090647
Photo by H.S
とっても大きな玉でした!
砂地でフセインが見つけてくれたトールフィンのペアは
引っこんでもすぐに出てきてくれる撮りやすい個体。
しばらく同じところにいてくれたら嬉しいですね。
P1010816
Photo by Makoto

夜はバックデッキでロマンティコディナーです。
IMG_1351
IMG_1353

お誕生日の方と記念ダイブの方をみんなでお祝い♪
みん子もお祝いに駆けつけます。笑
P1090726
Photo by H.S

シャーミーのマジックショーも熱いリクエストにより
急きょ開催!
準備ができてなかったので厳選された3つの手品を披露。
ワイワイと楽しい夜を過ごしました。


毎週言っているかもしれませんが、今週も充実の一週間でした!
来週はどんなトリップになるのでしょう??
お楽しみにー!!





2013/10/26~2013/11/02

はいさい!

今週はこんな感じのクロちゃんです。どうも。

PA313598

今週のお天気は、しばらく強かった風は随分落ち着き、穏やかな海況で潜れました。

1日に何度かスコールが来たり雲の多い日が多かったですが、スコールの度に綺麗な虹が登場。やったね!

PA282875

先週久々に行った雨季のマンタポイントでマンタが見れたので、今週は初日の1本目からココへマンタ狙いで行こう!!っとガイド陣気合いマンマン。他の船もたくさん来ています。これは期待できる!??
いざ!エントリー!・・・・・が、待てど暮らせどマンタはやって来ず・・・ゆっくりマクロダイビングとなりました。気合い空回りぃ~(○□○)


ただ!諦めませんよ、わたしたち。2本目のポイントで、パウダー玉から、マンタのクリーニングステーションへ。
PA272666

PA272716
やりましたー!!すでに2枚のマンタが気持ち良さそうにクリーニング中でした。

しばらくすると小柄な1枚はどこかへ行ってしまいましたが、大きな1枚はずーっとホバリング。

マンタと一緒に写真が撮れちゃうくらいです。全く逃げなかったので、後ろ髪を引かれる思いでエキジットとなりました。

 

その日のうちにアリ環礁の北側へ移動。

潮はあまりよくありませんでしたが、ナポレオンやイソマグロ、ギンガメアジの群れなどお馴染みの大物メンバーに出会えました。


翌朝の早朝。狙う魚ごとにチーム編成です。

ハンマーチーム。リーフよりで大物チーム。マクロオンリーチーム。それぞれに期待を胸にエントリー!

PA290602
リーフチームはグレイリーフシャークやギンガメ玉など大物GET!


ハンマーチームは残念ながら出会えなかったようで青い青い海を満喫。


マクロチームは、ドラキュラシュリンプゴビーやオーロラシュリンプゴビ―やカエルウオなど小さいものだけ。だったはずなのに・・・・・
イルカを見ちゃたのです!!!!
はっきり目視できる距離を泳いでいたので、じーっとハゼを撮っている腕をひっぱり「イルカぁぁぁーーーー!!!!」

5,6匹の団体が何度か通っていきました。大物狙ってないチームに限って見れたりするんですよね。。

ただ、他の方々もエキジット後に船上からイルカの姿を見れました!

 

2日目からはアリ環礁でのダイビングが続きます。

潮当たりの良いポイントでは、グレイリーフシャークが登場!ムレハタタテダイも大群です。

PA292949

PA290608
カスミアジのアタックシーンも相変わらずの見物です!!

ラッキーな事にバラクーダの群れをGETしたチームもいました!

 

大人気のナイトマンタダイビング。

ライバルが多い為、今週はダブルライトで挑みます。

早速その効果があり、早い段階で来てくれました。夕食前にエントリー!

今回は、水底近くのプランクトンがいつも以上に多く、私たちの目の前で宙返りしまくり!特に強力なライトをお持ちのゲストの方の前にプランクトンが集まっていたので、その方たちの前でぐ~るぐる。PA283902

PA283870
大口開けて4,5回転すると、そこに集まっていたプランクトンがいっきになくなります。ほんと、きれ~に。

しばらくするとまたプランクトンが集まるので、またやってきてぐるぐるぐるぐる宙返り。いつもと少し違ったマンタの動きが新鮮でした!!

 

日中のマンタシュノーケリングもできました。イエローバックフュージュラーのところにいたので最高のシチュエーション!!

PA292997

PB010722

停泊していたすぐ近くに、捕食で集まっているマンタがいた時もあったり、ドーニでポイントへ移動中も、水面にマンタが1枚、2枚、3枚、4枚・・・・

いたるところでマンタが見れるって、ほんと凄いですよね。

 

その後はジンベエサーチです。

今回も到着する前にジンベエ情報が入って急行したのですが、タイミングが合わず。

そのままサーチしながら、ジンベエダイビングも決行!ダイビングではジンベエには出会えませんでしたが、モブラやマダラトビエイが出てくれました。


ランチ中もサーチは続きます・・・。

すると、クルーがジンベエを発見!!やった!!

他の船が来ないうちに急いでジャンプ!!リーフの上を優雅に泳いでいました。

それほど速いスピードではなかったので、皆さん追いかけていけます。

PA293062
しばらくの間は、イクエーターの貸切!!

その後、どんどん他の船が来て大量のシュノーケラーが入っていきましたが、それでも浅瀬を泳ぎ続けるジンベエ。偉いよ、あなた。感謝します、ジンベエちゃん。おかげさまで、皆さんたっぷり見れましたよ!

 

ジンベエの後も、数本アリ環礁で潜りました。

珍しくマルコバンが群れていたり、キンメモドキやキビナゴが大量に群れている所があり、ぐっちゃりとお魚まみれに楽しみました。ムレハタやイエローバックが混ざっていたり、カスミアジが10~15匹くらい回っていたり。浅瀬で透明度も良く色鮮やかな景観でした。

PA303181
 

今週は魚が釣れる釣れる~!ランチにディナーにお刺身尽くしでした。

ハンガリーからお越しのお客様はお刺身が大好きだそうで大喜びされていました。

中でも、非常に珍しい魚をシャーミー達が夜釣って来ました。ガイド陣そろって見たことない!
IMG_9579
なんだこれ!?さっそく図鑑を引っ張り出し調べます。結果・・・

“ナガサキフエダイ”と判明。生息域は100mより深場らしく、ダイビングではまずお目にかかれないお魚。

浅瀬に上がってきたのでしょうか。珍しい魚に大興奮でした!

 

ジンベエがスムーズに見れ、お天気・海況も安定していたので久々にヴァーヴ環礁へ向かいました。

ココでも狙いはもちろん超絶叫系のナイトダイビング!!

流れもほぼなく潜りやすい状態。他船もまだ入ってなかったので、ナースシャークの集まり具合がハンパなかったです!テンジクダイもたくさんいて、キラキラ系とワイルド系のミックスでした。

PA303355

PA303343
テンジクダイを捕食しようと追いかける巨大ロウニンアジ。ピンクウィップレイやマダラエイはのほほ~んと優雅に泳いでいました。

 

ラストは南マーレへ!

弱めの潜りやすい良い潮でした!マダラトビエイ6枚やクマザサにアタックするロウニアジ、ギンガメアジの群れ、そして満開のソフトコーラル。コラーレバタフライフィッシュやムスジコショウダイたちもいいかたまり~!

PA313448 

PA292969
打って変わってもう一か所のポイントでは、強い流れ。この感じ、久々です。乾季みたい。

しかもチャネルにはイルカの群れが泳いでいます。これは水中で見れるチャンスかぁ!?狙っちゃいましょう!

コーナーにつかまり大物待ち。その間にもずっとイルカの声が聞こえます。気になるぅぅ~!!

水面を気にしつつ流していきます。途中、すくすくと育っているウミウチワも観察。約10年でこの成長。

PA313525
イルカの声はずーっと聞こえていたのですが、結局水中では出会えず。悔し~!

チームによっては、上がった場所の近くにイルカの群れが見えて、気合いの水面移動でイルカがいる方へ泳ぎ、ラッキーな事に水中を泳いでいるイルカを見れたのでした!

 

ラストナイトは、ハロウィンパーティー!!!

記念ダイブも合わせてハロウィンケーキでお祝い!

IMG_9640
そしてなんと!モルディブの船上に、Mrビーンやチャッキー、骸骨、船上のカメラマン、マリオなどバラエティ豊かなキャラクターが登場!!ゲストの皆様にお菓子を配っていました。

IMG_9631

PA313595
Mrビーンかと思いきや!

IMG_9621


 

お面を脱げば・・・・







IMG_9622 

ひえ~!流石BOSS、芸が細かいです()

 

PA313562
最終日は快晴で微風でべた凪。まるで乾季のような海況でした~

来週もこんな海況が続きますように~!



記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ