Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2014年02月

2014/02/22~2014/03/01

はいさい!

先日お知らせしたようにモルディビアンスターズに研修生が入りました。とにかく若い!肌のツヤが違う・・(○□○)そしてめっちゃ元気!う、、、負けてられないわ!()

かおり“使用前“、クロ”使用後“っと言われているクロちゃんです。どうも。

 

いよいよ始まりました~!!年に1度のスペシャルトリップ。大物ガンガン狙うぜ!南下トリップのスタートです!!1週目の今週は、北マーレ環礁~ガーフ環礁まで潜りながら移動していくトリップ。さて、どんな大物が出たのでしょうか!?始まり始まり~!

 

初日。北マーレ環礁のハーバーを出発し南マーレ環礁へ移動。これから始まる流れのあるダイビングに向けて、体や器材を慣らしていただきましょう。小さな根のポイントをゆっくり周りながら、クダゴンベやドラキュラシュリンプゴビー、オーロラシュリンプゴビ―、モルディブクマノミなどを見ていきました。浅瀬にあるモルディブクマノミ家族が十数匹からたったの5匹に減っていたのには驚きでした。しかし、1本目から透明度バツグン!!環礁の中でこの綺麗さとなるとこの先も益々期待が膨らみます。

 

その後、ヴァーヴ環礁へ。ビックポイント“Fotteyo”貸切でした!

ここで早速、激しいカンカンの音が!!BIGゲスト1発目の登場は・・・

DSC00264

タマカイです!!!

モルディブでは珍しく、以前はアリ環礁に居ついていたポイントがありましたが、今はいないため普段見る事がありません。去年の南下トリップで別の場所でしたが1度出たので、1年ぶりの出会いでした。よしゃ!!

 

黄色いソフトコーラルも美しく、インディアンバスレット・コウリンハナダイ・ツースポットバスレットの珍しいマクロもおさえました。サメは少なかったですが、マダラトビエイやギンガメアジ、クマザサハナムロの大群に囲まれ気持ち良かったです。

IMG_6177


_DSF0919


IMG_6228

そのままさらに南下。ミーム環礁へ。チャネルに良い流れが来ていましたよ~。

いよいよ、南下トリップ!!っと感じるチャネルダイビングが始まります。

ガンガン泳ぐガッツリチームとあまり泳がない家宝は寝て待てチームに分かれエントリー!

DSC00299
外洋側にはグレイリーフシャークが何匹も泳ぎ、中にはシルバーチップも数匹発見!棚上にはギンガメアジの大群!!呼んでみると、私たちの方に向かってブワーっと泳いできました。中には巨大イソマグロやロウニンアジも混ざって大迫力~!興奮しちゃったな♪

 

翌日もミーム環礁で2本潜った後、ター環礁へ。

外洋の潮は強かったですがチャネルの潮は弱くサメはイマイチ。ただ、棚上でクマザサに巻かれ、ギンガメアジやカスミアジの群れや大きなナポレオンもやってきました。

DSC00290

しばし、外洋よりで遊びその後チャネルの中へ流すと、リーフ沿いには大きなサンゴ。ヨスジフエダイやイッテンフエダイ、タイマイなど癒し系な景色を見ながら流しました。

 

その日の夜。ボートの後ろにジンベエが来るかもしれない場所に停泊。

キビナゴはたくさん集まってくるも、お目当てのものは現れず。見たい気持ちが膨らみ過ぎて,しだいにキビナゴがジンベエの形に見えてきて、夜中見張ってくれていたクルーがジンベエと間違えてガイドを起こすほど()しかし、翌日の早朝にイルカがちょっこっと遊びにきてくれましたよ。

DSC00313

翌朝はハンマー狙い!先週、グレートハンマーが群れて出たらしいので、それを狙い行ってきました!

全員で見る為に1チームでダイビング。皆で一致団結して外洋のリーフ沿いを流し探しましたが、出会えませんでした。残念・・・ハンマーは次に期待!

 

さらに南へ。風が強くなってきた為、環礁移動はかなり揺れました。ラーム環礁に到着です。

ここで2本。流れは穏やかでした。コーナー待ちやチャネルクロスをしながら、さらに大物を!!

DSC00370
泳いでいる下の深い所にはギンガメアジのリバー!どこまでも続くギンガメギンガメギンガメー!!!!あの数はもう圧巻ですね~。マダラトビエイやオオメカマス&オオカマスの群れがいたり、グレートバラクーダもまばらでしたが数は多くいました。グレイリーフも結構集まっていて、やっと近くでサメを見れてきた感じです。この調子だ~!

 

この日、最後の環礁、ガーフ環礁に移動する予定でした。一番移動距離があるため、夜間走行をする予定でいたのですが、天候が不安定で風も強く外洋は波が高い為、安全を考えその夜はラーム環礁止まり。

風が落ち着いてきた翌日の早朝。ガーフ環礁へ向け出発しました。うなりがまだ大きく、移動中かなり揺れは大きかったものの、昼頃には無事に到着。ほっと一安心です。

 

さぁ、残りのダイビングは色々と期待が高まるガーフ環礁のチャネルを潜り倒しましょう!!

到着した日の2本。そして、そこでまたBIGなゲストが登場したのです。

 

潜ったのは、人気のあるBIGポイント。過去にも色々と大物を見ている所です。エントリー前に、チャネルの中側にイルカがいました。これは・・・・狙えるか!?

IMG_6576

流れはそこそこの速さ。家宝は寝て待てチームはコーナー付近で入りそのままコーナーで待ち。その反対側から泳ぐチームはチャネルクロスしていきサメを追い込む作戦!

作戦通りいい感じに集まってくれ、皆で棚上につかまりカレントフックをかけ、しばし目の前を回遊するサメやギンガメアジなどを楽しみます。去年もいた胸鰭をケガして変な泳ぎをするグレイリーフを今年もまた見たり、バラクーダもちょこっといましたね。

IMG_6579


DSC00333

ギリギリまで楽しんだ後、チャネルの中を流しイルカやカジキを狙います。

チャネルダイビングは、チャネルを流している安全停止中も気が抜けないんです。流れが速いため潮が巻いたりする注意もあるのですが、BIGなやつらに出会える可能性も大なのです。

これまでのダイビングでも毎回狙ってはいたのですが、なかなかうまく出会えず。。そろそろ当てたいぞー!!

 

深度を上げつつ、周りを凝視!あ!レオパードシャークを発見!

そして耳を澄ませると、イルカの声が聞こえます。いえ、澄ませなくてもめっちゃ聞こえます。これはかなり近い!!

っと思った矢先、前に見えるのは・・・・ぬぉ~~~!!!!!!!!!!口先が長いー!!!

IMG_6531
カジキやないかー!!!

ダッシュダッシュ!追いかけます。タイミング良くその先にはシャーミーチームもいて、2チーム見ることができました。カジキの姿が消え、さぁいよいよイルカよ来い!っと思ったら、まさかの2匹目カジキー!!!!1匹目よりもかなりの至近距離でゆっくりと見る事ができたのです。広いチャネルの中で、偶然にも出会える奇跡!たまりませんね~!

いえいえ、余韻に浸っている場合ではありません。だって、イルカの声が本当にめっちゃ聞こえるんですもの。近くにいるのは間違いありません。目の凝らして凝らして・・・時間ギリギリまで粘ります。

するとー!!!!

遠くの方に影が!!いましたー!またも猛ダッシュ!!

遠目でしたが、10頭ほどのイルカが泳いでいました。しかし、先に船に上がっていたチームの人の話だと、私のフロートの周りを囲むようにイルカの群れが泳いでいたようで、完璧にバッチリ見たと思ったそうです。えー、水中は全然そんな状況じゃなかったよ~~。

 

翌日も2本。同じポイントで潜りました。

その早朝。またも当てちゃいました!次は、みんみんチームです!

みんみんチームは家宝は寝て待てチーム。コーナー付近で入ったのですが、思ったより外洋の潮があり、コーナーに行くまでしばらくリーフ沿いを泳いだそうです。その泳いでいる時に、出ちゃいました!!

それがコレー!!!!!!

DSC00337

カジキ、イルカに続き、ハンマーヘッドシャークです!!チーム全員がはっきり見えるくらい近くにいたようです。凄いー!!!ガッツリ泳ぐチームは反対側のコーナーから入ったので出会えず~。同じポイントを潜っていても、いる場所やちょっとしたタイミングで変わってきちゃうんですね。それがワクワクして面白いではあるのですが、ガイドとしてはドキドキもんです。

 

見れたものはそれぞれ違いますが、全員がBIGといえる大物ゲストと出会えたので良かった!!!

 

その後も、サメ三昧。大・中・小のグレイリーフシャークたち。ホワイトチップもまざります。

これぞ、南下トリップ!もうサメいいよ~っと思ってしまいそうなほど見れるなんて、素晴らしい!!

ギンガメアジだって毎回のようにいてくれて、寄ってきてくれます。中層や棚上で美しいボディラインのツムブリの群れも良く見ました。

DSC00359

DSCF0128


DSC00368

目が覚めるような激流の1本もありました。サメもフラフラ~って・・・若干流れにもっていかれてる!?ような感じ。速すぎてあまり魚はいませんでしたが、あれはあれで刺激的なダイビングでした。

 

その夜。ガーフ環礁にもあるナイトジンベエポイントに停泊。

皆でお酒を飲みつつ、ジンベエが来るのを待ちます。キビナゴやアジがたくさん集まり、遠くにイルカが1匹ちらほら。クルーはアジ釣りを始めました・・・。

諦めず待ちます・・・。ゲストの方もどんどん寝に入り残り数人。釣りは入れ食い状態で大漁・・・!

待ちます・・・。

っと!!!ジンベエー!!!キタヨー!!!

23:30頃、待ちに待ったこの瞬間!寝ていた方も起こしバックデッキに集合。
IMG_1357

ライトの光に集まった大量のプランクトンを、立ち泳ぎをしながら食べる大きなジンベエ。8Mくらいあったでしょうか。コバンザメもたくさんつけていました。

1度いなくなり、数分後にまた登場!2回目はしばらくいてくれたので、皆さんバッチリ見れました!

ボートの後ろから水中に手を突っ込んで頑張って写真を撮っている方もいました。その写真がこちら。

DSCF0321

上手に撮れてる~!

その後には、なんと!!背びれをバサッと広げたカジキまで、一瞬でしたがやってきました。ボートの後ろにカジキがやってきたのは初!!かなり貴重です。

 

6泊の方はこの日で終了でしたが、7泊の方はもう1日ダイビングです。

 

ラスト2本も、とことんチャネルダイビング。

早朝の1本目では、今回初のホウセキキントキの群れ~!しかし深い!!泳ぎながら見下ろしてみると、ホウセキキントキの群れの中にグレイリーフが回っていました。うわ~近くで見たかった!

DSC00396
さらに、大量のサメサメサメ!このトリップで一番多かったとの話です。泳ぐチームはそのサメたちを見て、泳がないチームは打って変わって数匹のサメだったのですが・・・チャネルを流している時に、またもカジキが登場しちゃったのです!!しかも、はっきり分かる距離に!素晴らしい!!

DSC00401
 

記念ダイブの方のお祝いケーキには、見る事のできたカジキやハンマーを書いて見ました~!普段なかなか描けないメンバーですからね。

DSC00372 

そんなこんなで、南下トリップ1週目が終了しました。しばし不安定な天候でしたが、ラストは落ち着きを取り戻してきました。チャネルの流れも常に外洋からの良い方向からの潮で、透明度も全て良し!!真っ青で吸い込まれそうな海でした。サメもいい感じにいるし、BIGゲストも見れているし、良いスタートが切れました!この調子でいきますよー!

さて、来週はガーフ環礁~アッドゥ環礁。赤道を越えます。南半球へ行ってまいりまーす!さぁ、何が出るかな??来週のBLOGもお楽しみに~!

お知らせ

皆様におしらせです。
先週、2月15日よりモルディビアンスターズ・ガイド陣に研修生が加わりました。
「菅原かおり」ちゃんです。
3ヶ月間モルディビアンスターズでガイドの勉強をしていきますので、みなさま応援してあげて下さい。

IMG_20313





2014/02/15~2014/02/22

こんにちは。minminです。
今週は一週間ひじょうに穏やかな、まさに乾季のお天気!
水面もぺたぺたで毎日夕日や夕焼けが素敵でした。
DSC00078
Photo by Wazumi

さて今週の海の様子をお伝えします。
初日は北マーレのまったりポイントからスタート。
透明度も良く、いきなりモブラが登場します!
IMG_4648
Photo by Hitomi

南マーレへと移動して2本目。
このダイビングは先週ハンマーやマダラトビエイの群れがでたポイントに行こうと企んでいたのですが、予想と逆の潮で断念。
潮もほとんどなかったので、2本目もまったり遊んじゃいました。

たまに見かける、人が入ってしまいそうな大きさのホヤ。
沈船の上に落ちていて魚達が集まってかじりついていました。
あっという間になくなってしまう勢いです。

そして外洋から潮がいい感じで流れてきた3本目はコーナーダイブ!
潜っている間にも潮が速くなっていきます。
コーナーではグレイリーフシャーク、マダラトビエイなど大物がうろうろとしていました。

リーフにつかまっていると、次から次へと流れてくる大きなホヤ。
流れてくる量が半端じゃなかったです。笑
DSC00073
Photo by Wazumi
DSC00074
Photo by Wazumi
ぶつかりそうになって慌てて避けたり、中層はホヤだらけなので大物と間違えたり、最後はダイバーの数より多いホヤに囲まれて安全停止。なんとも不思議な光景でした。


2日目の朝もチャネルダイブ!
穏やかな潮でしたがサメも集まっていて、水路の中の根の上ではコラーレバタフライフィッシュとムスジコショウダイがどさっと群れていましたよ~。
IMG_7401
Photo by Toshie


ここからアリ環礁へ移動してジンベエを狙います。
ここのところ探す時間が増えたりとちょっぴり不安な時期ですが、今週は超ラッキーなことに、着いた瞬間にドーニクルーが見つけてくれました。

急いで準備してスノーケルへ。
何度かディンギーで入り直すチャンスもあり、めでたく全員でジンベエを見ることができました!
すぐにダイビングの準備をして水中でも狙ってみましたが、ここでは空振りです。

あまりにもあっと言う間に見れたので、リクエストにお答えしてもう少しだけ探すことに。
お昼ゴハンを食べて探していると2度目のチャンス到来!
今度はかなり浅いところを泳いでいたのでこれはイケる!と皆で飛び込みます。
DSC00093
Photo by Wazumi
2匹目の個体、かなり目の前で見ることができました!
IMG_4831
Photo by Hitomi


これにてジンベエサーチを終了して、3本目はマンタを狙っていきます。
エントリー直後に大きなマンタが登場!!
DSC00099
Photo by Wazumi
僕らの頭のすぐ上をくるりと回って泳ぎ去っていきました。


次の日の朝も、もう1本マンタを狙ってみます。
マンタは一瞬でて、すぐに泳ぎ去ってしましましたが、モブラが10枚以上群れていたり、リーフにはカミソリウオ・ニスキフウライウオが何匹もいたそうです。


2本目は魚影の濃い根に潜りにいきます。
幸か不幸か?それは人それぞれの好みかと思いますが、この日からほとんどのダイビングがほぼノーカレント!
魚の集まり方も悪くなく、ゆっくり遊べるからたまにはいいかなと思います。
DSC00116
Photo by Wazumi
3本目もまた穏やかな潮でお魚いっぱいの根へ。
ロウニン・カスミアジのハンティングシーンは迫力満点です。
IMG_7528
Photo by Toshie

この夜は恒例のマンタナイトを開催!
そんなに船も多くなかったのですが、最近は少々集まりが悪いみたい。
ぴゃ~っとやってきたと思ったら、すぐにどこかへお出かけしてしまいます。

なかなか入るタイミングがつかめず、先に晩ゴハンを食べました。
「潜ったらダイバーのライトにもプランクトンが集まってマンタがくるだろう!」
行ったり来たりするマンタを見て潜る事に決めました。

水中ではなかなかマンタさんが来ません。笑
マンタがいないと本当に何もいないので、皆でライトの光を集めて必死にマンタを待ちます。

「もうダメかもしれない」
と思っていたその時!キター!!
DSC00166
Photo by Wazumi
かなり焦らされてのダイビング後半、やっと来てくれました。
きた後はずーっとぐるぐると捕食で回って大サービス。
終わり良ければすべて良し!ですね。


トリップは4日目に。
朝のダイビングは近くの沈船ポイントへ。
ここでは最近フセインが見つけたカエルアンコウがぺたっとついてます。
大量のスカテンやキンメモドキの数は少なくなってしまいましたが、透明度が良くとても気持ちのいいダイビングでした。
_MG_9221

2本目はマダラトビエイの子供が泳ぎ回っているお魚いっぱいの根です。
この日も貸切状態で撮りたい放題。
_MG_9301
あまりにも逃げないので、食べられちゃうんじゃないかと心配です。


3本目はアリ環礁の北、ラスドゥーへ移動してダイビング。
潮は穏やかでしたが、コーナー近くにはサメも集まっていて、ゆっくりと遊べました。
DSC00188
Photo by Wazumi

最終日の朝、ゲストのリクエストにお答えして今週はハンマー狙いのギャンブルダイブを開催!
ここ最近このポイントでは見れてないので今日こそはと気合を入れて行った僕とシャーミー。
シャーミーが深場で探していると「リンリンリンリンリン!!」
「出たー!!」と急いで深度を下げて行くとさらに深い方でハンマーのシルエットが!!

かなり深いトコにいたので、全員で、目の前でとはいきませんでしたがギャンブルには勝ったと思います。
シャーミーが言うには2匹も泳いでいたそうです。いるんですね、確かに。


北マーレに戻っての2本目はソフトコーラルの素敵なポイントへ。
潮が弱いわりにはソフトコーラルが綺麗に咲いていました。
IMG_7827
Photo by Toshie
ロウニンアジもガッツリ群れていました!
DSC00212
Photo by Wazumi

最後はパウダー玉のポイントへ。
なんとなく、すごい激流になったりするんじゃないかな…と不安に思っていましたが、今週は最後まで穏やかでした。まったりダイブでパウダーブルーを観察してトリップを終えました。
DSC00221
Photo by Wazumi


今週いらっしゃったお客様がなんとスタンプメーカーをお土産に持ってきてくれました!!
これで今までスタンプのなかった僕とフセインのスタンプが加わります。
試しに最初に作ってみたフセインの顔スタンプ。
IMG_2027
アフロヘアーが見事に再現され大成功!
続いて僕もお魚の写真を使って作ってみましたが…
IMG_2029
分りづらいと大不評。笑
まだあまっているので、じっくり作りなおしたいと思います。


さぁ来週からは待ちに待った南下ツアーの始まりです!!
最初の週は北マーレ環礁からガーフ環礁へと潜りながら南へ向かっていきます。
いったいどんな大物が見れるのでしょうか??
カジキ、グレートハンマー、タイガーシャーク、ニタリ???
期待が膨らみますね。
僕としては今年こそマンボウを見てみたいです!

来週のブログもお楽しみに~!!いってきます!




2014/02/08~2014/02/15

はいさい!

日本は大荒れの天気のようですね、今もすでに大雪だとか・・・。

お客様の出発、到着が心配です。皆様も気を付けてお過ごしください。

 

さて、モルディブはやっと乾季がやってきました!風が落ち着いてきましたよ~、透明度もいい感じ。

お天気にも恵まれ、最高のダイビング日和となりました。

P2112103

さらに、今週はどうしたんだ!?というくらいの大当たり。2日目で三冠を達してしまいました!!強運の持ち主がいらっしゃったのでしょうか。さぁ、お楽しみの内容の始まり始まり~♪

 

初日の1本目は北マーレのいつものところへ。透明度が良く気持ちいいダイビングになりました。

その後、南マーレへ移動し、比較的潜りやすいコーナーへレッツダイビング!エントリー前、ポイント付近にイルカの群れが泳いでいます。うー!水中で会いたい!!

 

水路はいい流れがきています。外洋から入っていきコーナー付近につかまり大物を見ます。

少し深めにはムレハタタテダイが大群。ホワイトチップが数匹ウロウロ。いい流れのわりにはクマザサハナムロが少ないし、イソマグロやロウニンアジ系もいないな~と思いながら、何かやってこないかと待っていると、遠目にマダラトビエイの姿がー!おいで~おいで~っと思って見ていると、1枚じゃありません!!

1,2,3,4・・・・・16枚!!!!!!!ひゃー!

P2090349
 

ちょうどそのタイミングで、マダラトビエイの向こう側からみんみんチームがやってきたので、マダラトビエイ達はどんどんコーナーにつかまっている残りのチームの方へ近づいてきます。みんみんナイス!

目の前までスーっと泳いで来て、また方向を変えて去っていきました。

このマダラトビエイの編隊で、もうこのダイビング満足!!やったぜ!!って心の中でガッツポーズだったのですが、ドラマはここからでした。

 

その後もしばらくコーナーにつかまっていました。イソマグロが泳いできたり、グレイリーフシャークが遠目にチラッ。もう他には出ないかな~なんて辺りを見渡してみると・・・・

 

シャーミーチームの頭上に大きな塊が泳いでいます!グレイリーフ??にしては、胴体がかなり太い。デカイ・・・。その物体はどんどんこっちへ泳いできます。目を凝らして見ていると・・・・

 

 

 

 

 

 

ぬわ~!!!!!!!!!!!!!!!!!トンカチがついとる!

 

 

 

 

トンカチがついとるー!!!

 

 

 

ジャーン!!!!!!!

IMG_6715

ハンマーヘッドシャークではないかー!!!!!尋常じゃない鈴の音で皆に合図を送ります。

 

 

ハンマーはどんどん泳いでやってきます。しかも、ゆっくりとしたペースで。私たちに逞しい姿を披露しているかのようです。

P2091964
シャーミーチームは真上でハンマーを拝み、みんみん・クロチームは目の前でしっかりと確認。目に焼き付けられるくらい見る事ができたのです。写真もこの通り!いや~興奮した!凄かった!もうガッツポーズが止まりません。

今シーズン初ハンマーは、全く狙いも期待もしていなかった場所で、メンバー全員が見る事ができたのでした。最高に嬉しい!!

 

さらに安全停止中に、イルカの群れに出会えたチームもありました。1ダイブでここまで見れてしまったら、今年の運、もう使いきった気がしてしまいますね。。ダイジョウブか?ワタシ・・・。

 

こんな強運の持ち主さんがいては、その後のダイビングもついつい期待しちゃいますよね。

別のポイントでまたまたコーナーダイビング!つぎはカジキかー!?なんてね。

P2090388

ここでは、グレイリーフシャークとホワイトチップが何匹か回遊。クマザサハナムロのまわりにはイソマグロが大きいのから小さいのまで。ロウニンアジもウロウロ。またまたマダラトビエイも登場。ナイスダイビングでした!

 

翌日も南マーレで1本潜った後、ジンベエエリアへ。サーチスタートです。

ヨーロピアンのクルーズ船は、今週から南下ツアーに出かけたところが多いらしく、ジンベエエリアはガラ~ンとしていました。船が少ないと他船からのジンベエ情報が少なくなってしまうのですが、ジンベエが見つかれば私たちの貸切で見られそうです!

 

着いて早々のジンベエ狙いダイビングでは残念ながら出会えずでしたが、その後、数少ない船の中からジンベエ出た情報が入りました!が、結構距離が離れてる・・・・間に合う事を祈って現場へ急行!!

P2100519

間に合った~!!!

水面近くを泳いでくれています。見やすい見やすい!

しばらく追いかけていると、シャーミーがココにもう1匹いるよって言うのです!!しかも「ゴハンタベテルヨ」って!

 

そこには、水族館のエサやりの時に見る光景が目の前に広がっていたのです。

立ち泳ぎをし、バックバクと口を開閉しています。

P2100501

P2102039

なんてラッキーなのでしょう!食事シーンなんて、そう滅多に見れるものではありません。いつもは頑張って泳いで追いかけて・・・・が大半ですが、2匹目のこの子の時は、そんな事をしなくてもしっかり見れちゃいました。しかも、私たちの貸切~!!凄く贅沢な状況を何分も楽しんだのでした。

 

この調子で、その日の3本目はマンタを狙ってきました。もうココまで幸運が巡ってくると外す気がしません。

P2112176

いや~本当凄い。見る事ができました!ゆっくりとクリーニングはしてくれませんでしたが、何度か私たちの前を通っていってくれたのです

ここまでで、まだ2日目なのに、もう見るものは全部見た!!っというくらいの充実度。素晴らしいとしか言いようがありませんね。

 

が、まだまだこれでは終わりません。残りのダイビングも、色々と期待を膨らませ潜ってきました。

非常に珍しいオニハタタテダイの群れを見たり、またまたマンタを見たチームもいました!

暖色系のソフトコーラルやウミウチワ、カラフルなホヤや浅瀬に広がるハードコーラルなど、素敵な景色も楽しみました。

P2110598

 

非常にスムーズに進んでいっているので、リクエストをいただいていたビーチディナーもしてきました。

月明かりで照らされるビーチに、ロウソクの灯りだけのムーディーな雰囲気の中、豪華ディナーを楽しみます。その脇には、砂で作られたジンベエちゃん。クルーの力作です。ゆったりした空気に包まれ至福の時を過ごしていただきました。

IMG_6888 

以前初めて入ってから3週連続で行っているNEWマンタポイント!

今回は一番透明度が良いです。しかし、待てど暮らせどマンタは来ません。待っている間には、マダラトビエイの子供が5枚近くをウロウロしてくれたり、ニシキフウライウオやシビレエイの仲間も観察。

P2120724
今回は出会えなかったか・・・っと安全停止に入ろうとした矢先、カンカンカンカン!!!!

マンタ登場です!!やった!

P2120754 

ただ、外人さんに追いかけられ、すぐいなくなってしまいました。

くぅ~!!!悔しいけど、一目でも見られて良かったかな。

 

魚影ポイントは潮の流れが緩やかだったり、ビューンとした流れだったり。

P2120814


どちらにせよ、いつものように魚いっぱい。

沈潜ポイントでは船にビッシリのキンメモドキ。まるで雪の中にいるように素敵に撮っている方もいました。珍しいカエルアンコウも登場!やった!

IMG_6668 

 

さぁ、毎週恒例“ナイトマンタ”の結果は・・・・!?

日が暮れ、しばらく待っていたのですが、うちの船に来てくれません。すると、隣の船には来た様子・・・。う・・・先越された。

さらに待ってもやってきません。

隣の船に訪ねてみると、潜っていいよ!っと言ってもらえたので、ちょこっと出張!お隣さんで潜らせてもらいましたー!

P2120927

P2121206 

水中にもプランクトンがたくさん集まっていたおかげで、目の前で宙返りの連発!そして、頭上を何度も通過~!毎度毎度、大迫力で感激です。

大満足で我が家に戻ってくると、うちにも1枚のマンタがやってきていました。私たちが出発した10分後くらいにやってきたそうです。ちょっと遅かったね。けど、結果的にバッチリ見れたので大万歳です。

 

最終日のラスドゥーも凄い当たり!
P2131422

IMG_7165


P2131309
穏やかな流れの中、グレイリーフはウヨウヨ。10匹以上が回遊しています。

そこに、マダラトビエイが9枚!行ったり来たり、私たちの目の前で泳ぎます。

今週はいたるところでマダラトビエイを見ます。しかも編隊だから凄い。会えない時は全然出会えないのに、今週のように当たり前に出てくれるとありがたみがなくなってしまいそうで怖いですね。。安全停止前にはギンガメアジの玉が登場!透明度も良く気持ち良かった~!

IMG_7186 

ラストは、パウダー玉。最後の最後で激流です(○□○;)

P2131472
ただ、潜れないほどではなかったのでエントリー!岩にしがみつき、しばしパウダー玉を楽しみます。

その後、砂地に行くも流れはあり、なかなかじっくりマクロができな~い。。

わずかな流れの影を見つけながら魚を見ていました。そして最後は白砂を流しちゃえ~!

クマザサのカーテンを横目にみつつ、サ~と流されました。

 

そしてなんと!!!!!!!1チームは砂地を移動中にイルカの群れに遭遇しました!!

しかも、ばっちり写真撮れるくらい。初日から続き2回目の水中イルカです。なんじゃこれ~!ここで出ちゃうの~!!

IMG_7193 


そんなこんなで、

こんなにも当たっていいのか??っと思うほど、怖いくらい大当たりの凄い1週間でした!強運の持ち主さんのおかげかな?ありがとうございました!!

 

この運をいただき、この調子でこの後のトリップも当てまくるぞー!

再来週からは、南下トリップもスタートするので、楽しみでなりませんね。



お見逃しなく!

これで試さずいつ試す!2月末までにご予約を!!

<イクエーター号お試しキャンペーン!!!>
4/5発、4/12発、4/19発に限り、1/18~2/28の期間にご新規にてお申込みいただきますとお一人様あたり1万円引きとなります。
※席数・お部屋数には限りがございますので、ご了承下さい。

http://stworld.jp/tour_detail_g52_DV/MV-1EA1-25/
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ