Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2014年04月

2014/04/19~2014/04/26

はいさい!クロちゃんです。

皆様にお知らせがあります!この度、モルディビアンスターズは“ノーティラス・ライフライン”を導入しました!
詳しくは、こちらをどうぞ→http://maldivian-stars.com/

 

引き続き今週もほとんど船が揺れない穏やかな海況!天候も晴れ!!しかし、夜中にスコールがきたり、日中もスコールが来そうな雲が増えてきたりと、雨季の訪れも感じてきました。

水中は、穏やかなダイビングが続いた先週1週間でしたが、今週は所々速い流れもありメリハリのあるダイビングとなりました。ただ、流れが速すぎて潜りたいポイントに潜れないということも・・・(○□○;)

 

さぁ、今週の“南北マーレ・アリ環礁”トリップ、行ってみましょーう!

初日。ポイントへ向かう途中、ボートのそばをイルカが泳いで行きます。いきなりのイルカの歓迎に驚き!幸先がいいですね~。そして、水中は青い海が出迎えてくれました。流れに沿って、ヨスジフエダイやムレハタタテダイが整列。

ソフトコーラルも咲き、青色の花畑を背景にオレンジのハナダイが舞っています。その上にはクマザサの群れ!ロウニンアジが何匹もグルグル回っていました。今週のパウダーも大玉!

P4200109

IMG_0418

翌日。HPリーフへ向かうと、その名の通りのハイプレッシャーの流れ。ハイプレッシャー過ぎて潜るのは厳しい・・・。ポイントを変更し、外洋のリーフを潜ることに。ここが、抜群の透明度!

ロウニンアジやイソマグロが近くにやってきたり、カメやホワイトチップのノンビリした姿や、様々な固有種を紹介し、ゆっくり潜ってきました。

 

そこからアリ環礁へ。ほぼ毎週1度は潜っているラスドゥー。ここ最近、潮があまり良くなくガツンと大物が当たっていませんでした。今週はいかがなものか・・・??

P4210293

いやー!大当たり!久々です。

コーナーにはグレイリーフシャークが10匹以上。ギンガメアジも巻いています。

その中をマダラトビエイが2枚通り過ぎ・・・・と思ったら3枚通り過ぎ・・・!!うわーお!

IMG_0449

しばらくつかまって見ていると、中層のアカモンガラが慌ただしい動きに。何だ何だ??

横から大きなナポレオンの登場です!キツネフエダイ・ロウニンアジ・カスミアジ達を部下のように何匹も引き連れ獲物を探しにやってきました!周りの小さな魚達は逃げる逃げる~!!大慌てです。

あっちもこっちも凄い光景で、どこを見たらいいのやら~の状態!

DSC02079

さらに、これでは終わらず、何とー!!!!!!!!!!!!

P4210346 

マンタまで登場したのです!予期せぬサプライズゲストに大喜び♪

コーナー部分が凄すぎて、どのチームもほぼそこで1ダイブ楽しみました。

 

アリ環礁をさらに南下したポイントでも魚影はまだまだ続き、先週から久々に姿を見るようになったホウセキキントキの大群。クマザサやイエローバックは相変わらずの数でした。

DSC02109 

この日はまだ終わらず、ナイトマンタも開催。早い段階でマンタ来てくれましたよ!

しかも3枚のマンタがずーっといてくれたのです。着底しているダイバーの所でずっとぐるぐる。物凄く距離も近く大迫力でした。透明度もそこまで悪くなく見やすかったのも良かったですね。ここまでの良い状態は久々だったように思います。
P4210122


P4210151

3日目。有名なフィッシュヘッドへ。今回もタイミング良くカスミとロウニンのハンティングシーンが広がり、根の先端では小さなベンガルスナッパーの群れの周りをグレイリーフが回遊。ムレハタタテダイの群れもいい感じ。オレンジ色のカエルアンコウを見つけたチームもいました!相変わらず凄いな~と思いながら時間いっぱい楽しみ、そろそろ安全停止に入ろうかという手前で、面白い光景に出会ったのです。

別の船のダイバーが深場から深度を上げて潜っている姿が見えたと思ったら、その周りに魚がうじゃうじゃいるのです。最初は、「ツムブリが群れているのかな?あんな近くでいいなー」っと思いながら眺めつつ、私たちは安全停止の体勢に入ろうとしていました。

何でツムブリがあんなにダイバーにまとわりついているんだろう?と不思議に見ていたのですが、よくよく見ると、ツムブリじゃないんです。なんと・・・・コバンザメだったのです!!

IMG_2839


100匹近くいたのではないでしょうか。ダイバーの後をずっと追っています。初めて見る光景に興奮して、コバンザメの所までダッシュ!そこの深度が深くなく、まだ安全停止もしていなかったのが幸いしました。コレ面白すぎ!他船のダイバーの方にまとわりつく大量のコバンザメを追いかけていると、今度は私たちについてきたのです。コバンザメに巻かれ、一通り楽しんだ後安全停止に入ると、後をついてくるついてくる()

IMG_0509

こんな大量のコバンザメ、どこからやってきたんだろう?何をしたかったんだろう?謎が多いですが、とにかく面白かったです。

 

さぁ、アリ環礁の南へGO!ジンベエサーチスタート!透明度が非常に良く、船上からリーフがくっきり見えます。こんなに透明度が良いと、ジンベエいるかな・・と少し心配になりますが、今週もやってくれたのです、研修生かおりが!!船上から見つけてくれましたー!

IMG_0530

今回のジンベエ。泳ぐスピードが物凄くゆっくりで、とっても見やすい状態でした。少し深場に行ったなと思っても、またすぐ浅瀬に上がって来てくれたり。簡単に追いつける速度だったので、ずーっと泳いでいられるくらい。おそらく1時間近くジンベエと泳いでいたと思います。シュノーケラーの数も凄かったですが、たっぷりジンベエと泳げて大万歳でした。

 

日中のマンタ狙い。今週は潮がイマイチで出会えず・・・。ただ、クマドリカエルアンコウの子供や浅瀬にアケボノハゼ、オリビアシュリンプなど、珍しいマクロ生物に出会えたのでラッキーでした。

P4230004

DSC02179

お天気良好だし、ジンベエもバッチリスムーズに見れたし。っということで、予定にはなかったヴァーヴ環礁へ。

やっちゃいましょう!絶叫!驚愕ナイトダイビング!

流れは穏やかで透明度も良し!ボトムに着底して準備よし!

IMG_0628

IMG_0640

IMG_0641
きましたきました~!!巨大な体をしたナースシャークのお出ましだ~!!ナースシャークの数は少なめでしたが、ロウニンアジが何匹もあっちからこっちからビュンビュン回って凄い!目が回りそうな勢いでした!

こんなに凄いとは思わなかった・・!!っとゲストの方大喜び!

 

最終日は、南マーレ環礁でチャネルダイビングをしてきました。

流れが結構あったグライドゥーでは、マダラトビエイ13枚の編隊!!ラストのナギリティラでは、マダラトビエイの単体に始まり、大きなグレイリーフにナポレオン、ギンガメアジのリバーに巻かれ、オオメカマスとオオカマスの群れが登場と、まるで劇所のようでした。

そこから根へ移動すると、穏やかな潮のお蔭で物凄く綺麗な玉をつくるコラーレバタフライフィッシュとムスジコショウダイの登場。最後の最後まで、お魚いっぱい胸いっぱいでした!
IMG_0669

P4240085

P4240113

翌日の1泊長い方のダイビングでは、クマザサの大群にアタックしまくるロウニンアジ十数匹の群れに囲まれたり、マダラトビエイがなんと・・・・驚きの“24枚”も登場と、引き続き凄い海が広がっていました。

この調子で、今シーズン残り2週間継続しますように~!
来週のBLOGもお楽しみに~☆







2014/04/12~2014/04/19

こんにちは、minminです。
日本から戻りまして、今週のトリップからガイド業に復帰です。
モルディブは本当に暑い国ですね。
そう感じたのも、風がまったくないせいです。
僕がモルディブを出発した3週間前からずーっと穏やかなお天気が続いています。
空は青空!風も波もなく、外洋を走っても全く揺れないという幸せな海況。
そんな今週の海の中の様子をお伝えします。

最近は風向きが変わり、海の中の潮も少しづつ雨季の潮に変わりつつあります。
潮の強さも弱まってきていて、ちょー穏やかなダイビングがほとんどでした。
過激なダイビングを求める人には、ちょっぴり潮が弱かったかな。笑

潮が弱いわりには透明度が良く、1本目から素敵な光景が広がっていました。
_4130214
Photo by Tanabe
_4130253
Photo by Tanabe
ヨスジフエダイ、ムレハタタテダイの群れ!
モルディブ~って感じですね!

初日は北マーレ環礁のポイントでじっくり遊びます。
2本目はお魚ごっちゃりのソフトコーラルが綺麗な根に遊びにいきました。
ところが潮が穏やか過ぎてソフトコーラルは咲いてなかったです。笑

3本目はパウダー玉狙い!!
_4130340
Photo by Tanabe
ここのポイント、潮が流れるときはけっこう早いことも多々あるのですが、
今週は素晴らしい透明度にノーカレント!
ベストな状態で楽しめました。


翌日の朝はH.Pリーフへ。
さすがはハイプレッシャーリーフ。激流とは言いませんがほどよく潮が流れてくれて
素敵なソフトコーラルやギンガメアジの群れなど観察できました。

ここから南マーレへと移動します。
僕らがよく潜るチャネルの中の一押しのポイント。
最近までは乾季の潮だったので、外洋側からのエントリーが続いていましたが
今週は久しぶりに反対側から入りました。

潮あたりの良い根の先端が素晴らしい!
根が見えてくると待っていたのは10枚オーバーのマダラトビエイ!
壁のように群れるバラフエダイ!
色鮮やかなソフトコーラルとキンギョハナダイ!
_4140443
Photo by Tanabe
P4141252
Photo by のりさん
潮も穏やかだったので、根の上では見事なコラーレ玉やムスジの群れも見れました。
IMG_0877
Photo by Gotoh

そして今週のトリップは、南北マーレ・アリ環礁・ヴァーヴ環礁のトリップでしたので
さらに南の環礁へと船を進めます。
3本目に潜ったのはヴァーヴ環礁のスーパーポイント!

何がスーパーなのかと言いますと、生き物はワイドからレアマクロまで、
オーバーハングには色とりどりのソフトコーラルと1本のダイビングで
なんでも見れてしまうからスーパーなのです。

この日も他のポイントではなかなか見れないお魚を観察します。
IMG_0956
コウリンハナダイ by Gotoh
IMG_0970
インディアンバタフライフィッシュ by Gotoh

その頭上ではグレイリーフシャークや、マダラトビエイが泳いでいます。
さらにギンガメアジの群れや、ダイビングの後半にはイルカまで登場します!
このイルカの群れ、けっこう近くを泳いでいたのですが向きが悪く
太陽と被ってほとんどのゲストの方が見れませんでした。それだけが本当に残念です。


さらにこの日はもう1本!
ちょっぴり北に移動して、大人気ナースシャークナイトに行ってきました。
IMG_1109
Photo by Gotoh
IMG_1095
Photo by Gotoh
今宵もお祭り!潮もほぼ無かったので落ち着いて遊べました。
どちらかというと乾季にいくポイントなのですが、雨季でも海況とトリップの状況次第では
遊びに行ける可能性もありますので、ぜひリクエスト下さいませ!


トリップは3日目に。
幸い朝は乾季の潮の流れだったので、チャネルダイブを楽しめました。
透明度も高く、コーナーではグレイリーフ・マダラトビエイ・ギンガメアジなどの
大物ダイビングを楽しみます。
IMG_1181
Photo by Gotoh

ここからアリ環礁へと船を進めジンベエザメを狙っていきます。
アリ環礁へ到着すると、沢山のサファリがジンベエ狙って集まっていました。
ある船がジンベエを見ているようだったので、僕らもすぐに準備をして
おじゃまさせてもらおうと思っていたのですが着いた頃には沈んでしまいます。

「ダイビングで狙おうか」とフィンやマスクを片づけていたら思いっきり外洋で
ジンベエ発見!

「こんなとこでー??」なんて戸惑いつつも慌ててフィンとマスクをつけて
その姿を確認しに僕だけ急いで飛び込んで追いかけました。

ジンベエは確認できたのですが、船を回しているうちに沈んでしまいます。
気持ちを切り替えてダイビングへ。
さっきあっち向かったジンベエが見れたらいいなーなんて思っていたら
入って5分ほどでちょっとヘタクソなリンリンが鳴り響きました。

この音は昨日聞いて覚えたカオリちゃんの合図!
かおりちゃん先週に続きお手柄です。
僕らの後ろから真上を通るようにジンベエ登場!!
P4150562
Photo by Tanabe
IMG_1237
Photo by Gotoh
近すぎて全身が入りきならいくらい近くで見れました。
めでたしめでたし!
ちなみに母船に戻った後、しばらくこのことを知らなかったカオリータは
「ジンベエ見れるの明日になっちゃうかな~」と一人で心配していたようです。笑


ジンベエエリアを後にして3本目は魚ごっちゃりのポイントへ。
潮も程よく、予定通り魚がごっちゃりしていました。
_4150600
Photo by Tanabe


夕方には水平線に沈む夕日!
P4150061
Photo by のりさん
雲がないから連日海に沈んでいきます。普段毎日なんて見れないですからね。ラッキーです。


翌日の朝はマンタ狙いのダイビング。
ここのポイントはマンタ以外にも色んなお魚が群れています。
_4160660
Photo by Tanabe
マツゲちゃん(インディアンバナー)の群れはおススメ。
綺麗に岩の周りに集まっていることもあります。

でもマンタがでたらこのお魚たちはほっておきます。
マンタのクリーニングステーションへ急行。
ダイビングの中盤から、ゆっくりと観察することができました。
P4160087
Photo by のりさん

ダイビング後半にはこの1枚のマンタにダイバーが集結。
次々と空から降ってきます。笑
混み始めで僕らは浮上しましたが、水面に上がってみるとドーニの数が1・2・3…なんと11!!
早めに入って助かった~。

マンタポイントを後にして2本目はフィッシュヘッドへ。
タイミングが良かったのか、ロウニン&カスミのハンティングがすごかったです。
P4160149
Photo by のりさん

この日はマンタナイト狙いで、早めに停泊場所へ移動。
3本目は近くの沈船ポイントで潜りました。
隣の根の上はいつ見てもハナダイとクマノミが綺麗ですね!

夕方からはバックデッキでライトをたいてマンタを待ちます。
今週はとても順調に来てくれました。
6:30過ぎくらいには1枚・2枚・3枚に!
ブリーフィングをして、いざ潜ってみるとあれ1枚!?

数回は僕らのいるボトムまで降りてきてくれましたが、だいたいライトの近くにいます。
しびれを切らして僕らも全員で中層へ。
P4160056
Photo by Tanabe
ライトのそばでは目の前で見ることができました。

僕らが浮上すると2枚3枚とまた増えて行きます。
今回はマンタに振り回された感じですね。笑


5日目、トリップには十分余裕があったので朝のダイビングはもう1本マンタを狙ってみます。
ここでは予想以上の透明度で遊べましたが、残念ながらマンタは空振りでした。

アリ環礁をさらに北へ。
3本目は環礁内の魚影の濃いポイントへ。
ここでも潮が程よく流れていてくれたので、グレイリーフシャークや
クマザサ・イエローバックにアタックするイソマグロなどを見て楽しみました。
マダラトビエイの子供も見当たらなかったです。どこかへお出かけですかね。
_4170174
Photo by Tanabe
_4170222
Photo by Tanabe

3本目、ほとんどの方がラストダイブでした。
アリ環礁の一番北ラスドゥーで潜ります。
大物盛りだくさんのダイビング。マダラトビエイ・グレイリーフ・ギンガメの群れなどなど。
ちょー巨大なナポレオンも僕らの目の前を行ったり来たりと楽しいダイビングでした。
P4170264
Photo by のりさん

延泊されている方は翌日の早朝にハンマーを狙っちゃったりしました。
最強の大物ガイド・一子が先頭を行きましたが残念ながらハンマーは見れませんでした。
みなさん大物狙いだったので、その後は過激なダイビングを求めて
北マーレの潮の早そうなポイントを潜りました。
結局穏やかな流れだったんですけどね。笑

この最高のお天気は来週も続いていくみたいです。
来週までと言わずに、ぜひ今シーズンいっぱい続いてほしいですね!
では来週のブログもお楽しみにー!!



ご予約はSTWへお早めに!


モルディビアンスターズ主催のイクエーター号クルーズのご予約はSTWへ!!
旅行代金のお支払いはクレジットカードもご利用いただけます。(イクエーター号のご予約に限り。また現地では現金ご精算となります)
皆様のご予約をお待ちいたしております。

http://stworld.jp/tour_search_g53/#/?homenG=IO&homen=MV&hotel=MLEEQ&matching=1&brand_cd=DV&dep=NRT&gid=53

ありがとうございました!




こんにちは。カオリータです。

先日のマリンダイビングフェアでクルーズ部門第3位、またガイド部門では私カオリータが第8位に入賞させていただきました。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
これからもモルディビアンスターズ一同、安全で快適なクルーズを運営してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

モルディビアンスターズ一同

IMG_5726







2014/04/5~2014/04/12

はいさい!

1週間のDRY DOCkが終わり、今週からスタート!5月の連休明けまでの残りの今シーズン、

かっ飛ばしていきましょう!!

 

初日、朝起きるとハーバー内はベタ凪。船上から水面を見ると鏡のように自分が写る。ただ・・・空はど~んより厚い雲・・・海がなかった先週1週間は毎日快晴だったのに、うっそーん!!!

IMG_0960
↑これ、船上から水面を撮った状態。ほんと鏡です。

1本目、すこぶる透明度バツグンだったのに、曇りのせいで水中は若干暗い。透明度の良さが半減です(○□○;)そして、ダイビング中に雨も降りだしてしまいました。上がると寒いんですけどー!!なんでやねん!悪天候を避けるように南マーレへ移動じゃ!

続いてはコーナーダイビング。緩やかな流れの中、ムレハタタテダイやクマザサハナムロの群れを横目に何かいないかな~っと探していると、1枚のマダラトビエイが目の前からやってきます。ラッキー!っと思ったら、その奥に群れがー!群れがー!1,2,3,4・・・・19枚!!(たぶん)今回全員は見れなかったのですが、このポイントで最近高確率でマダラトビエイの編隊に出会っている気がします。

P4104602

浅いリーフの上に行くと、いい感じにコラーレバタフライフィッシュも集まっていました。

どんよりだった空は、お昼頃には明るくなり始め太陽もうっすら。

P4063638

翌朝も大物狙って水路のポイントへ!船上から水面を見ると、水中のトップリーフがくっきり丸見え。水深14Mもあるのに、綺麗過ぎて水深5Mくらいに見えてしまうくらい、綺麗な水でした。

真っ青なブルーウォーターでエントリーして潮上へ。ホワイトチップやロウニンやカスミがウロウロ。大きなナポレオンが何かエサを狙って下をジーッと見つめています。

P1013721

根の上でコラーレやムスジの集まりを見ている時、ふと上を見ると水面ツルッツルで雲の形もよーく分かる。べた凪最高だな~っと思っていると、突然!!遠方から猛ダッシュで突進してくる黒い塊!!クマザサの大群です。何か大きな魚に追いかけられているのだろうと思って、クマザサが通り過ぎた後を期待したのですが、何もやって来ず・・・なんだったのかな?

P4084131

昨日とは打って変わって、お天気良好、風、波なしの最高のコンディション。この通り水中からボートがはっきり!そんな中、アリ環礁へ移動していきます。さくっとジンベエ見ますよー!!

IMG_0795

っと、今回は言った通りになりました~!

アリ環礁に到着して早々、シュノーケルをしている別のグループを発見!便乗させてもらいましょう。

ジンベエの泳ぐ先にスタンバイ。飛び込め―!!

IMG_0870

正面から水面近くをゆーっくり悠々と泳いできました。その後も、浅いリーフの上をずっと泳いでくれていたので、ひたすら追いかけ泳ぐ泳ぐ!一度船に拾ってもらった後も再チャレンジしたりと思う存分泳げました。

そのままダイビングへ行きましょう!ジンベエの場所を見失わないようフセヤンが追いかけてくれている間、私たちはダイビングの準備。このまま間に合えば、確実に水中ジンベエGETできるぞ~♪

っと思っていたら、あと少しの所で深場へ行き見えなくなってしまいました・・。

こうなれば、あとは偶然の出会いを信じ行くしかありません。泳いだ方向を予測し入ってみましょう!

10分・・20分・・25分・・むむむ、、居ないぞ・・・

毎週シュノーケルでは見ていましたが、水中ジンベエは久しく見ていません。そろそろ当てたいなー。

 

っと、その時!!チリンチリン!!あまり聞きなれない鈴の音。どこからだ!?ジンベエにしてはあまり激しくないけど??マンタかモブラか出た?!

しかし、最初より激しくなり始めたのでまさか!!っと思い、音の発信源を探すと、後ろでサポートしていた研修生のカオリでした。その指差す先にジンベエー!!!

P4073841

 

堂々の後ろから登場!水面近く、浅ーい所をとてもゆっくり泳いでいます。このゆっくりさ・・食事でもしているのでしょうか。私たちも深度を少し上げ追いかけます。
見事、偶然の出会いを成し遂げました。やったー!!っとみんなで喜びを分かち合い、再度進もうとすると、カンカンカン!!

 

え!?え!?また居たの!??見ると次はフセヤンが指差します。

そこには、太陽の光を浴びドーンと立ち泳ぎをしているジンベエがいたのです。うわ~!かっこい~!!

IMG_0907


近くに寄り、立ち泳ぎ姿を観察。すぐ泳ぎ始めてしまったので、見えるところまで追いかけていきました。

その後も近くでボートの音がしていたので、おそらくまだ近くにいたのでしょう。もう1回くらい出会えるかな?と思って時間いっぱい水中にいましたが、そう思うようには行きませんね。ただ、2回も見れるなんて、とってもラッキーでした!久々の水中ジンベエ、最高でした。


たっぷり見れたので、ジンベエはここまでにし、バリエーション豊かなポイントを潜っていきましょう!

この日の3本目は少し流れがあり、根の先端で流れに向かって綺麗に整列する大量のヨスジ。ソフトコーラルとの絡み、素敵です。根の上の何十匹ものモルジブクマノミも体がそろって素敵。ロウニンやイソマグロもウロウロしていました。
P4073853


IMG_1263

翌日はマンタ狙いです!

エントリーしてすぐマンタ登場。しかも、珍しくシルバーチップシャークもいたのです。幸先が良い感じ!
IMG_0972
マンタはそのまま通り過ぎて行ったので、そのままよくいるクリーニングステーション付近まで向かうと、他の船のグループが根に着底しています。これはいるってことだなっ!と、トップリーフを見ると、やはりいました~!!

このポイントでは、トップリーフにクリーニングステーションがたくさんあり、最近はマンタがあっちいったりこっちいったり移動しながらクリーニングし、あまり安定しないことが多いのですが、今回は違いました。常に2~3枚のマンタが、同じ場所でずっと旋回。よっぽど気持ち良いのか、ダイバーの目の前や頭上を何度も何度も来るのです。しばらくすると、1枚、また1枚と増えていき、一度に5枚のマンタを見る事ができました!凄かったぁ~!

IMG_0996

この日の魚影ポイントも透明度良し!流れは穏やかで潜りやすい!

今週は、どこかしこでツバメウオが多い!この日のポイントだけで100匹以上のツバメウオを見ています。

ツバメウオで決まって話題になるのが、何で横向いてる泳いでいるの??

縦でも横でも、抵抗は変わらないと思うのですが・・・。横泳ぎすると、余計に可愛く見えます。()

IMG_2191

カスミとロウニンのアタック、捕食体勢もタイミング良くバッチリ~!上手にカスミたちの周りを避けるように回っています。たまに激しく慌ただしく動く様子は、クマザサ頑張れ~と思いつつも、見てるこっちとしてはカスミいいぞ~いいぞ~!!もっといけ~っと思ってしまうのも確か。アドレナリン出ちゃうような光景ですからね~。

P4084156

P4084204
さて、この日の夜はナイトマンタ狙い!ライバルは6隻もいました。負けないぞー!

日が暮れ始め期待が高まってきます。が、辺りが真っ暗になりプランクトンもいい感じに集まっているのにマンタの姿は全く見られません。周りの船にも変化がなくどこにも来ていないようです。

まずは夕飯にし待ってみることにしました。すると、周りの船から歓声が!このままうちの船にもやってきてー!祈りながらバックデッキを眺めていると、下から1枚のマンタが上がってきたのです!

 

上で数回回った後、下の方でしばらく回っていたので行くことにしました。

水底は透明度があまりよくなかった為、いきなり目の前に現れて驚きの連発でしたが、超至近距離に来たときマンタの姿はくっきりはっきり。口の中までです。途中来なくなった時間帯が数分ありましたが、安全停止に入っている時にまた来てくれ、ライトの真下、透明度も比較的良い場所で宙返りの連発を見れたのは良かったです!

IMG_1154

トリップをずんずん進んでいく道中。毎日がベタ凪で、こんな景色が見れていました。気持ちいいくらいペターっとしています。これが毎日ですよ、ほんと凄すぎました。

P4094335

翌日の1本目。多数出るかも!?のマンタポイントを狙う予定でしたが潮が悪かったので諦め、ソフトコーラルポイントへ。北マーレでもソフトコーラルポイントに行ったのですが、どちらも潮が弱く満開とはいきませんでした。その中でも、少しでも咲いている所を中心に見ていきましょう!

時期外れの雪化粧。日本の桜に負けてないでしょ?

P4094282

IMG_1215

前回はどこかへお出かけしていたマダラトビエイの子供。今回はいてくれました。数週間見ない間にまた少し大きくなってる!ダイバーを横目に、バックバク食事をしています。これだけ無警戒で食事してれば大きくなるよね。今後の成長も楽しみです。

IMG_1274

ここも透明度良し!アリ環礁の北側のポイントで2本です!1本目の時の潮は、大物!!というより小物メイン。砂地でオーロラシュリンプゴビ―やドラキュラシュリンプゴビー、カミソリウオなど観察。リーフ上ではハナダイに囲まれ、ハダカハオコゼも見てきました。外洋側を泳いでいると、大きなイソマグロやグレイリーフがチラッと登場はするものの、ドカーンという大物がきませんね・・・

 

今週は流れがどこも穏やかだったので、サメもガッツリ見れていませんでした。ここで頼むよー!

同じポイント2本目。流れは変わらず穏やかでしたが、いてくれました!まずはどでかいグレイリーフ!

ギンガメアジは玉になってグルグル巻いていました。さらにその渦は、私たちの頭上を通過していく大サービス!白砂の上を優雅にマダトビエイも泳いでいました。水面がベタ凪なので、下からあおって見ると凄く素敵でしたね~。
P4104540
パウダー玉も大きかったですよ~。ベタ凪の中、これも下からあおりの角度いいですよね!パウダーたちの移動も慌ただしくなく、宙に浮き体がそろった状態をゆっくり撮影できたのではないでしょうか。

IMG_2275

 

結局、不安定な天気は初日の午前中だけで、それからというもの良すぎるくらい天候に恵まれていました。

水も青く綺麗過ぎて、皆さん船上からの写真撮影が忙しい忙しい()

P4094442

そんなこんなで、水中も陸も、贅沢な1週間となりました。来週も、バツグンの海況とお天気、続きますように・・・。


記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ