Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2014年08月

即決ツアーが出ました!!絶対お得!


10月5日、10月12日、11月15日、11月22日、11月29日、12月6日に即決ツアーが出ました。
かなり安い!絶対お得です!お見逃しなく!9月7日までにご予約を!!

http://stworld.jp/tour_detail_f2/MV-1EA1-31/



更には11月8日からの大人気のフォトセミナーにも空席が出ました!こちらも即決ツアーです!

http://stworld.jp/tour_detail_g52_DV/MV-1EA1-30/


ご予約お待ちしております!

モルディビアンスターズ

2014/08/23~2014/08/30

こんにちは、minminです。
先週いらっしゃったゲストの方には本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、今週は最高のお天気でした。
minmin
お日様サンサンで風は止まり、波は落ち着いて鏡のような水面。
モルディブが本来の姿を取り戻しました。
先週荒れたせいもあって、いっそう穏やかに感じてしまいます。

そんな今週はモルディビアンスターズでは初となる、
写真家「むらい さち」さんによるフォトセミナーツアーでした。
ツアー中の主題は「作品を撮る」。
さちさんは「作品とは感情や感動を人に伝えることができる写真。どうしたら伝えられるか?という事を意識して考えながら撮ろう」と色々なお話をしてくれました。
写真(2)
トリップ初日にさちさんがお話ししてくれたのは、カメラの細かい設定ではなく、作品をつくるためや、限られた時間の中で効率よく作品を撮るための具体的なテクニックや考え方でした。

夜には、できるかぎり毎日ゲストの撮った作品を皆で見ながら、よりステップアップするためにアドバイスをしてくれました。
「人の写真を見るのはとてもいい機会。良いと思った所を真似していくことでどんどん上手くなる」とも話してくれました。
翌日狙いに行く被写体を撮るときのアドバイスや、明日はこんな写真を撮ってみよう!というようなお題もありました。
写真(1)

それではゲストの皆さまが撮った作品とさちさんの作品を交えながら、今週の海の様子をふんわりお伝えしていきたいと思います。

初日は大きな移動はせずに北マーレのポイントからスタートしました。
P8220910
ふんわりなモルディブです。
お天気も最高でよろしいのですが、潮が早い一日。
ソフトコーラルがキレイだったりと、嬉しい面もあったのですが
これじゃゆっくり撮れないので、明日は潮の無いポイントに潜ろうと決意しました。

翌朝、潮の流れは相変わらず早い。
マンタがいたので決意が揺らいでクリーニングステーションにエントリー。
SM7_5872
さちさんが撮るとマンタもこんなにふわっとしちゃいます!
しかし次こそゆっくり潜ろうと決意します。


アリ環礁に移動してからはゆっくり潜れました。
2日目、3日目はジンベエは狙わずに環礁内の根のポイントを中心に
じっくりフォトダイブ。

モルディブらしいお魚の群れ、ムレハタタテダイ。
kazuko
Photo by Kazuko
沢山数はいるのですが、写真に撮ると意外とスカスカしてしまうことがあります。
ぎゅっと集まった瞬間を画面いっぱいに収めた素晴らしい1枚。

あまり動かず、ゆっくりと作品をつくれる被写体として人気なのはやはり
モルディブクマノミちゃんとヨスジフエダイですね。
tomi3
Photo by Tomi
コラボしちゃいました。全員カメラ目線。

rutsu
Photo by Rutsu
イソギンチャクに隠れてるシーンも。

また、教わった事をすぐに実践できるのがクルーズフォトツアーのいいところですね!
miki
Photo by Miki

P8251152


あまりにも素敵な海況なので、ダイビングの合間にサンゴの綺麗なリーフにスノーケリングへ行っちゃいました。
たまに立ち寄るリーフなのですが、波がないのでサンゴが水面に反射してしまうほど素晴らしい海況でした。
SM7_0079


先週大当たりをみせたナイトマンタ。
今週も張り切って狙っていきますが、貸し切り状態ではなかった事と場所がちょっとだけずれていた事もあって
この日は1枚。ポイントもちょっぴり深めでした。
あまりにもボトムがシルキー過ぎて何にも見えなくなっちゃったので全員で中層へ。
ライトの真下、皆の目の前をぐるんグルン回ってくれるサービス精神旺盛な個体でした。
tomi1
Photo by Tomi

朝のダイビングの出来事。
普段よくサメが見れるポイントではあったのですが、この日は一味違いました。
潮上のリーフエッジにはグレイリーフが10匹以上集まってクリーニングに!
口をぱかっと開けてお掃除おそうじ。
tomi2
Photo by Tomi

たまに浮いてるエビクラゲ。
kei1
Photo by Kei
透き通る感じが爽やかで、トイレに飾りたい1枚だと大好評でした。


久々に苦戦したジンベエザメ。
過去2日間くらいまったく出てない状態が続いていたそうです。
4日目の朝から探し始めましたが、丸一日探すもチャンスなし。
久々にガイド全員こんがり焼けました。ジンベエは5日目に持ち越します。
フォトツアーなので、ジンベエダイビングは2本に留めて、ダイビングは通常のポイントを潜りました。
翌日もあきらめずに探したかいもあって、ついにチャンス到来。
最初で最後のチャンスだと、スノーケリングで飛び込みます。
yoko
Photo by Yoko
皆さんのカメラにジンベエが映ったことが何より嬉しいです!
意外と泳ぐのが早かった子でしたが、ずっと浅い所にいてくれたので何回も飛び込むチャンスがありました。
SM7_6601


ジンベエも無事見れたところで、ゆっくり写真に集中していただきました!
景色のキレイな根に潜ったり、潮の無いポイントでもじっくり遊べました。
kei2
Photo by Kei
気になる岩、くっつくヒトデ、良く見るとヘビギンポもヒトデに乗っています。

akiko
Photo by Akiko
nobuhiro2
Photo by Kazuhiro
余分なスペースをなくして、撮りたい被写体を画面いっぱいに!
伝えたいことが明確になるとおしゃっていました。

mizuno
Photo by Mizuno
小さなエビがくっきり。おや、卵を持っていますね!

こちらは「ダイバーを入れて作品をつくろう」部門ブービー賞。笑
yuta
Photo by Yuta
こわっ!

この部門のグランプリは縦パノラマという斬新なアイデアで会場を沸かしたこの作品です。
okui
Photo by Okui

さちさんには最終日まで楽しく写真のお話をして頂きました。
どうもありがとうございました!!
ゲストの皆さま、これからも素敵な写真を撮り続けてくださいね!


P8170040
最後にお知らせがあります。
9月9日~9月19日まで新宿のコニカミノルタプラザにて「むらいさち」さんの写真展が開催されます。
入場無料で開催中はさちさんがずっと会場にいらっしゃるそうなので、みなさま是非お立ち寄りください。
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2014september/gallery_c_140909.html

来週のブログもお楽しみに!



2014/08/16~2014/08/23

こんにちは!今週はカオリが初のブログを書かせていただきます!

そんな今週は風が非常に強く、雨もザーザー振り。

普段は一時的に悪くなってもすぐ良くなってくれるのですが、

モルディブでも5年に1回あるか、ないか?というほど見事に嵐でした。

初日、まだギリギリお日様が見えていたスタート。

久しぶりのモルディブ、初めてのモルディブ

にだれもが胸をどきどき?させていたはず。そんな私たちの目の前には、ポイントに向かう途中でイルカの群れが!!

親子も何ペアか見れました。

IMG_0021
IMG_0023

1本目はMaagiri Rock

潮も弱くヨスジフエダイが根に集まってました。他にもハナダイギンポやブレニー系がちょこちょこと顔を出していました。

砂地の斜面で遊んでいるとモブラが何度か私たちの目の前に現れました。

DSCF4833
IMG_0037
_8170023

2本目は環礁内の潮通しのいい根に潜ります。

流れがほどよく根にあたり、ソフトコーラルがきれいにさいていました。

ロウニンアジがグループでクマザサハナムロにアタックをかけてるシーンも何度か見ることができました。

_8170057

3本目Sunlight Thila

今週もパウダーブルーサージョンフィッシュが大きな玉になっていてくれました。

一生懸命ご飯をむしゃむしゃ食べていました。

_8170113

マンタを狙いクリーニングステーションに移動していると、上手に隠れているカエルアンコウを発見!

P8170058
IMG_7243

翌日の朝はもう1本、北マーレ環礁の根で遊びます。

ヨスジフエダイやマツカサ系のお魚がぎゅっと集まっているの見た後は、潮に流されながら移動していくと、岩と岩の隙間にナースシャークが寝ていました。潮がなかったため根のトップにあがると浅いリーフに日が射しこんでいました。

DSCF5088
P8180083

南マーレに移動して2本目は人気ポイントへ。

潮が程よく根にかかり、たくさんのクマザサハナムロがロウニンアジと大きなイソマグロにアタックされるシーンを何度も見れ、その中にマダラトビエイとカメがフラーっと現れました。 

ソフトコーラルも綺麗に咲いていていました。

潮がゆっくりだったため、コラーレバタフライフィッシュが綺麗な玉になっているシーンも見れました。

DSCF5135
_8180216

すこし風が強く吹き始めたので3本目は風をよけれる、アウトサイドリーフでウミウシやカエルウオを見ながらのんびり潜りました。

IMG_0439

風が弱くなったその隙に今週もヴァーヴ環礁へ行ってきました。

もちろん目当てはサメいっぱいのナイトダイビング。

IMG_7424
P8180145

ナースシャークにロウニンアジ、マダラエイが目の前まで!

ど迫力満点のダイビングでした。


3日目は、アリ環礁に渡り、いよいよジンベエを狙います。

この辺りから風がかなり強くなってきましたが、なんのその。

海に潜ってしまえば、水中は穏やかです。

ジンベエシュノーケリングに備え、朝1本目はアウトサイドリーフでのんびりとダイビング。

深場では体の色が可愛いレスプレンデットバスレットを見て、普段はあまりゆっくり観察することのないマクロを!

_8190292

2本目3本目はジンベエ狙いのダイビングをしましたが、惜しくも出会うことはできませんでした。 ジンベエは次の日に持ち越します。


前日のことは忘れ、翌日の朝はもう1本ジンベエをねらいましたが...

またまたジンベエには会うことができません。


水面休息時間はジンベエを母船から探して探して探して...

ついにチャンスがおとずれます!!

近くの船がジンベエを発見!連絡をくれたので現場に急行。
シュノーケルで無事全員が見ることができました。

IMG_0811

深場に行ってしまったと思ったらすぐに浅場に戻ってきてくれました。

全員が見れたとほっとした途端に雨が降り始め、風もビュービュー。

本当にラッキーなタイミングで見ることができて良かったです。


ジンベエも無事に見れたところで、お天気は最悪に。

本当ならいつも潜っているお魚いっぱいの人気ポイントに潜りたいところですが、

安全を第一に考えて海況が穏やかなポイントをチョイスして潜っていきます。

2本目は島影になっていて風がよけれる根にもぐります。

潮も早くなく、根をゆっくり流しながらのダイビングをしました。

岩陰に隠れているハダカハオコゼ。 安全停止中には人懐こいツバメウオが私たちの周りを泳いでくれました。

IMG_0860

少し北に移動して風下の根のポイントへ。

どのポイントでもよく見かけるモルディブクマノミですが、このポイントは根の東側にイソギンチャクがびっしり生えていて、そこにたくさんのモルディブクマノミが住んでいます。

他には可愛いウミウシがいたり、カエルウオがいたりします。

_8200452
IMG_7560


4本目はマンタナイトを狙って停泊します。

皆さんビールを我慢しマンタを待ち続け、「7時ぐらいには来てほしいね?」

なんて会話をしていたら、期待通りの7時に1枚。ブリーフィングをやり終え準備していると2枚になり、

いざ入ってみると数が少しづつ増え、安全停止の際には5枚のマンタが集まっていました!

IMG_7623

5日目。風がおさまらず、この日も島影や風下のポイントを選んで潜っていきました。

1本目のダイビングでは、ちょっぴり深かったのですが大きなギンガメアジの群れがいてムレハタタテダイとブラックピラミッドが潮上で集まっていました。


お天気も悪く、波も高いので早めに移動することに。
風と波に乗りながら南マーレの環礁を再び目指します。

2本目、3本目はアウトサイドリーフでのダイビング。

コラーレバタフライやムスジコショウダイ、ヨスジフエダイが小さなグループでいたり、

ミナミハコフグの幼魚やブチウミウシなど可愛い生き物も見ました。 

図鑑で気になっていたアゴハタがいたり、モブラが登場したり、普段は注目することが少ない魚をじっくり見れたりすることができました。

IMG_1347
IMG_1362
DSCF5928
IMG_7708

最終日の夜はゲストの皆様のリクエストにお答えして、シャーミーのマジックショー!!(不定期開催です)

P8220508

この夜から翌日の朝にかけてが大荒れのピーク。

残念ながら海況が落ち着かないので、静かなポイントであそびました。

ちょっと深場まで遊びに行くと大きなマダラエイのペアが!おどかさないようにそーっと近づき観察。寄り添い合って寝てました。

_8220705

北マーレのハーバーに戻り2本目のダイビングへ。

このポイントは前回ハンマーなんかでちゃったりしてるポイントなので、なんか出ちゃうかも!?と期待しちゃいます。

最初は先に行ったチームの誰かのフィン?かと思っていたら、ヤマアラシエイがわたしたちのほうに泳いできました。見た目は真っ白のもふもふ?してそうな大きなエイ。シッポは短く、すこし可愛げのあるエイです。

_8220743


やっとのこと風が落ち着いてきてくれたので、3本目は波の様子を見ながらゲストのリクエストにお答えして環礁内の根に潜りに行きました

パウダーは残念ながら狙えませんでしたが、マンタのクリーニングステーションにエントリーして遊びます。マンタは残念ながらいなかったのですが、今週あまりゆっくり見ることがなかった、ドラキュラシュリンプゴビーやオーロラシュリンプゴビーをゆっくり見ました。。

この日はラッキーなことにトールフィンゴビーもペアで顔を出してくれ、

引っ込ませないようにじっくりじっくり近づいて見れました。

 

今週は太陽を見る回数が数えれるくらいで、日本より寒い日もありました。

みなさま、こんなお天気にもめげずに楽しんでいただいて、本当にありがとうございます!

P8220513
ゲストの皆さまがお帰りになる今日は清々しい青空!なんでー!?


さて次週は、今週から取材で乗船されている写真家「むらいさち」さんのフォトセミナーツアーです。

ゲストの皆さまはどんな風にモルディブの海を撮影できるようになるのでしょうか??

とっても楽しみです!来週のブログもお楽しみに♡





 

2014/08/09~2014/08/16

こんにちは、minminです。
今週、日本はお盆休みの時期でしたね。
モルディブにも沢山の日本の方が遊びにいらしていますよ。
そんな今週のモルディブは、お天気予報を見るとほぼ風の無いべた凪予報!
きっと素敵なお天気だろうと期待していたら、初日はまさかの大雨に降られてしまいます。
雨が止むと確かに風はほとんどなかったんですけどね。

そんなお天気をよそに、海の中は1本目のダイビングから大盛り上がりです。
普段ファーストダイブでよく行くマーギリロックという北マーレ環礁のポイント。
ヨスジフエダイが群れていて、小さな生き物なんかも観察しながらまったり潜ったりします。
IMG_9336
そのポイントでのダイビング中盤、尋常じゃない「カンカン」の音が!
ふとカオリータの方を見ると目線は上に。
見上げてみると、そこにはなんとバショウカジキが5匹ー!!
まさかこのポイントで見れるとは思っていませんでした。
残念ながら写真はないのですが、皆さんしっかり目に焼き付けていました。

意気揚々と2本目はパウダー玉&マンタのポイントへ。
ここでもスムーズにパウダーの玉を観察でき、さらにクリーニングステーションでは浮上するまでずーっとマンタがゆっくりとクリーニングをしていました。
IMG_9421
体を砂につけてバフバフしています。
これはあまり見れないレアなシーンです。

3本目は南マーレに移動してチャネルダイブです。
雨季なのに乾季のような潮の流れでした。コーナーにつかまってホワイトチップやグレイリーフ、マダラトビエイ、おっきなナポレオンを観察します。
コーナーにいる時、かおりちゃんが何やら不審な動きでサインを出していました。
たまに全く分からない事もあるのですが、
かろうじてイルカだと判断して見上げてみますが何もいません。
幸運にも最初にサインに気づいた、ただ一人のゲストがイルカを見ることができました。
「指示棒がはずれなくて~」と言い訳していましたが、
次はいち早く音を鳴らして教えて頂きたいところですね。笑

初日から飛ばし過ぎじゃないですか?と思ってしまうくらい順調なダイビング。
なのに夜のお天気は何故か雷雨でした。
明日はきっと晴れることでしょう!
この夜到着されたゲストの方と合流してトリップは2日目に。


翌朝は予報通りのべた凪!!
しかし分厚い雲に阻まれて太陽だけが見えません。
そのうち晴れてくれるハズだと期待しながらダイビングへ。
南マーレでは潮通しの良い人気ポイントで2ダイブ。

1本目は潮が穏やかで、穏やかながらグレイリーフやギンガメの群れ、マダラトビエイといった大物に恵まれ、根の上ではコラーレバタフライフィッシュが見事な玉をつくっていました。
IMG_9452
2本目は反対の潮からのエントリー。
潮はそこそこ流れている代わりに、マダラトビエイが目の前でホバリングしていたり、とても美しいソフトコーラルを眺めて遊びました。
IMG_9461
IMG_9482

今週は海が穏やかなので、ここからヴァーヴ環礁に渡っちゃいました。
3本目は先日同様、乾季のような潮だったのでチャネルダイブへ。
チャネルをクロスしてみると、グレイリーフの子供がわーっと集まっていたり、マダラトビエイが群れちゃったりしてました!
IMG_9500
後半マンタが登場するシーンもありました!
IMG_9510


ヴァーヴ環礁に来た目的はもちろんナースシャークナイト!
潮はそんなに早くなく、程よく流れていて快適に遊べました。
IMG_9579
ナースシャークとロウニンアジだけでなく、ブラックチップやマダラエイ、
ピンクウィップレイもやってきましたよ~!


3日目の朝、ようやくお日様が拝めました。
期待していた通りのいいお天気。
朝のダイビングは先日のチャネルへもう1本。海の中が明るく感じます。


さあ後半からはジンベエサーチです。
ここ最近はずーっと調子が良かったのですが、久々に探しました。
探している間、船の上からイルカの群れを見たり、カジキがジャンプするのを何度も目撃しました。
この日はジンベエは探せど探せどノーチャンスで、ラストダイブはお魚いっぱいのポイントに潜ります。
IMG_9619
ジンベエは可能性の高い翌日に期待します。


翌朝は潮通しの良い、景色が綺麗な根を予定していましたが
あまりにも潮が早いのでもう少しゆっくり潜れるポイントをチョイスしました。
潮の弱いところで、ソフトコーラルを見たり、小さな生き物を観察して遊びます。


ここから再びジンベエサーチを開始します。
ところがこの日もなかなか見つかりません。
そろそろ2本目のダイビングに行こうかな~なんて思っていたらジンベエが出ているとの情報が。
しかし現場はかなり遠い。
間に合う事を祈って現場に急行します。
向かっている途中、ジンベエが全部で3匹も出ているらしいとの情報も。
これは期待できるかもと、急いだかいもあってなんとかスノーケリングでジンベエを見ることができました!
IMG_9715

このままダイビングへ行こう!
とジンベエが出ていたあたりで皆で潜ってみます。
するとダイビング前半、「カンカン」の音が鳴り響きました。
初日にやらかしたかおりちゃんが、今回はジンベエを発見してしっかり音を鳴らして教えてくれました。
僕らの後ろから真上を通過するように現れたジンベエ。
ちょっと浅すぎるかな?と思いつつも追いかけていると、急にグルンと方向を変えて僕らの水深まで来てくれます。
IMG_9729
そしてまたグルンと回ってを繰り返していたので、全員で5分くらい追い続けることができました。
ジンベエも大当たり!!これ以上ないシチュエーションでした。


時間がおしていたのですが、ちょっと頑張ってアリ環礁を北の方へ移動していきます。
マンタナイトができるパーキングエリアまで移動して、3本目は沈船ポイントにゆっくりと潜りました。
ポイントではカエルアンコウが2匹!最近よく見かけますね。
IMG_9763

この夜は昨年マンタを狙ってよくパーキングしていた所に久しぶり泊めてみました。
さてマンタは来てくれるでしょうか??
心配していたのもつかの間、夕方にマンタがファルの中でジャンプ!
マンタはいるぞ!と海を見ていたらマンタがいっきに2枚登場。
晩ご飯を食べた後に全員でマンタナイトへ。
IMG_9824
潜ってみるとマンタは1枚だけでしたが、この子をみんなで楽しく観察しました。


ナイトダイビングを終えて、母船へ戻ってからレストランフロアに皆で集まります。
何故かというとこの日の日本時間で24:00にカオリータが誕生日を迎えたからです。
こっそりやろうと思っていましたが、昼間シェフがカオリータに
「かおりちゃんが小さいケーキを作ってくれって言ってたけどどーするん?」
と聞いてしまってバレちゃいました。笑
IMG_9846
バレちゃってるので、つくられたこの顔。笑
おめでとうございます♪

トリップは5日目です。
1本目はフィッシュヘッド、2本目はハフサティラと環礁内の人気ポイントに潜っていきます。
潮あたりがよく、グレイリーフが目の前でぐるぐる回って泳いでいました。
IMG_0013

ラストダイブはラスドゥーへ!
マクロチームとワイドチームに分かれて遊びます。
マクロではドラキュラやオーロラを撮影したり、
ワイドチームはサメを見たり、ツバメウオに囲まれたりと
穏やかな潮のなかでゆっくりと遊べました。


金曜日のダイビングでは、確率は低いですがリクエストでハンマーを狙ってみたチームもありましたが惨敗。
んーなかなか難しいですねハンマーは。
北マーレに戻りパウダー&マンタを見て、ラストはお魚いっぱいの根で遊びダイビングを終えました。

3本目のダイビングに行っている間に、母船ではある準備を始めます。
ゲストの方が大量のたこ焼きの材料を持ってきて下さったので、たこ焼きパーティーです。
IMG_0262
ふわっふわの見事なたこ焼き!
材料が違うとたこ焼きのクオリティーも全然違いますね。
Yさん、ご馳走様でした!


さて次週のトリップですが今晩から2週間、写真家の「むらいさち」さんが乗船します。
1週目は取材のため、2週目はフォトセミナーツアーを開催します。
モルディブの海をどんな風に写してくれるのでしょう??
ブログでも皆様にご紹介できたらなと思います。
みなさま、お楽しみにー!!



2014/08/02~2014/08/09

こんにちは、minminです。
日本も暑そうですが、モルディブも暑いですよ~

土曜日に成田で着陸した飛行機から人が無理やり降りようとして
飛行機が遅れちゃうなんてニュースがありました。
あっちはフィリピン行きなので、こっちは全然関係なさそうなのですが
何故かモルディブ行きの飛行機も遅れちゃいました。
年に一回あるかないかくらい珍しい事なのですが、初日の朝はゆっくりめの
スタートにして北マーレ環礁で3本潜ります。

初日はお魚いっぱいのポイントやソフトコーラルの綺麗なポイントで
モルディブらしい雰囲気の海を楽しみます。
_8030120
Photo by S
_8030220
Photo by S

翌日、「マンタは朝が狙い目だ!」と
はりきってパウダー&マンタポイントへ。
行ったはいいものの珍しくパウダー玉がありません。
マンタ狙いだったので、パウダーはあきらめてマンタのクリーニングステーションに潜ります。
始めはマンタがいなかったので、サンゴに集まるお魚やハゼなんかを見て遊んでいました。
_8040293
Photo by S
ダイビング後半にマンタ登場です!
P1020997
Photo by Etsuko


ここからアリ環礁へ向かって、2本目のダイビングはラスドゥーへ。
がっつりマクロとワイドチームに分かれて遊びました。
エントリーすると近くの岩の上にバラクーダが群れています!
僕はマクロだったので、ゲストとチラ見して砂地へ向かいました。
ドラキュラやオーロラをじっくり観察します。
_8040360-T
Photo by S
安全停止中にはものすごい数のツバメウオに囲まれました。
IMG_3761
Photo by Naoko
ワイドかマクロか、一つに絞るのが難しいポイントですね。


3本目は少し南に移動してから、人気の根のポイントへ。
潮上にはグレイリーフシャークをバッチリ観察することができましたが
それ以上に嬉しかったのは、マダラトビエイの子供をまた見れたこと!
_8040397
Photo by S
久しぶりの登場となりました。本当にまったく逃げません。
いとも簡単に目の前まで近づくことができるのは、この子くらいじゃないでしょうか。


今週ももちろんマンタナイトを狙ってパーキングしました。
パーキングエリアには船は僕ら1隻のみ。
2枚のマンタがやってきて、貸し切り状態で遊んじゃいました。
_8050473
Photo by S

翌朝は少し移動してから1本目のダイビングへ。
ヨーロッパ的には、モルディブはまだシーズンインしていないので
サファリの数も少なく、ポイントが空いていることが多いです。
朝も貸し切り状態でフィッシュヘッドへ。
潮は穏やかで、ムレハタタテダイの群れやグレイリーフシャーク、
お食事中のカメさんを観察したりして遊びます。
IMG_3932
Photo by Naoko
いつも大物を見るのに忙しくて、なかなか行けなかったのですが
大きなカエルアンコウが先シーズンからいると聞いていたので
見に行っちゃいました。
IMG_3917
Photo by Naoko
僕は初めて見ましたが、おっきいですねー!


今週のジンベエザメです。
最近は本当にタイミングに恵まれて、すぐに見れることが多いのですが
この日もまたすぐにジンベエと泳ぐことができました。

ジンベエエリアに着いて、サーチを開始するとすぐにジンベエ情報が。
準備をして現場に向かうと、すでに何隻かのチームがジンベエと泳いでいて
どうやら沈んでしまった感じでした。
ドーニに乗り換えて近くを探しながらゆっくり船を進めていると、ジンベエ発見!
スノーケリングで追いかけます。
_8050551
Photo by S
とても大きな、体の綺麗な個体でした。
けっこー泳ぐのが早かったのですが、何度か船に拾ってもらっては
落としてもらってを繰り返して、全員バッチリ見ることができました。
P8050042
Photo by Ishino
深くへ行って見えなくなってしまった後はダイビングで狙います。
先週は先回りして見事にしてやられましたが、今週は違います。
エントリーして2分くらい、ジンベエを探しながら進もうとした矢先「カンカン」の合図が!!
浅場にいたフセインの方を見ると上の方を指さしてします。
パッと上を見上げると、真上にいましたジンベエちゃん!
P8050050
Photo by Ishino
今シーズン初の水中ジンベエです!

スノーケルとダイビングと両方でジンベエも見れましたので、これにて終了。
3本目のダイビングへと思っていると、マンタが捕食に集まっていると情報が入りました。
すぐに母船で向かってみましたが僕らが着くころには散っちゃってしまったそうです。
これからの時期ならではのマンタが捕食で集まるシーンは、チャンスがあれば
僕らもガンガン狙っていきたいと思っています。
3本目は潮通しの良い近くの根でダイビングしました。

トリップ4日目。
ジンベエもさくっと見れた事でかなり余裕ができました。
1本目はヨスジごっちゃりの人気ポイントへ潜ります。
_8060606
Photo by S
このポイントには見ての通り大きなオーバーハングがあるので、新しい試みを実験してみました。
休暇中にカオリータが購入したのはフローダイビング用のライト・ダークバスターUV!
今流行りのフローダイビングをモルディブでも、とお試しで持ってってみました。
このライトはフィルターなしでも発光をはっきりと見ることができます。
IMG_6995
Photo by カオリータ
ちなみにカオリータが光らせたかったのはマンタだそうですが、マンタは残念ながら光りませんでした。
興味のある方はトリップ中ぜひご相談ください。

2本目は大きなウミウチワがいっぱい生えてる景色の綺麗な根でゆっくりと遊び、この日はここからヴァーヴ環礁へと移動しちゃいます。

3本目はアウトサイドリーフで浅めのまったりダイビング。
サンゴが綺麗なトップリーフで癒されたり、カラーブレニーなんかを見て遊びました。
IMG_4148
Photo by Naoko
久しぶりに見た魚魚目レンズ。
個人的にはこういった写真大好きです。

ヴァーヴ環礁までやってきた理由はもちろんナースシャークナイト!
お祭り騒ぎを見に行ってきました。
_8060790
Photo by S
時に潮が早くなってしまうケースもあるので、僕らとしては潮がない方が嬉しいのですが、この日はまったくのノーカレント。
潮がなさすぎると砂がばふばふ舞ってしまうので、全くないのも困っちゃいますね。


翌朝は先日のアウトサイドリーフの深場でちょっと珍しい生き物なんかを探してみました。
_8070854
Photo by S
このハナダイは特別珍しいわけではないですが、浅い所ではあまり見られないとても綺麗なハナダイです。

2本目は南マーレへ移動して人気ポイントへ!
マダラトビエイの群れや、コラーレバタフライフィッシュの玉を見て遊びました。

ラストは北マーレに戻り、2日目に見れなかったパウダー玉のリベンジです。
_8070943
Photo by S
とてもとても見事な大玉でした!
さらに嬉しいことに、マンタのクリーニングステーションへ移動してみると、なんと3枚!
P1030503
Photo by Etsuko
これまたポイント貸し切りで楽しいダイビングを独り占めできました。

一泊長い日程でいらしている方がお一人だけでしたので、
金曜日のダイビングではトールフィンを探してみたり、フルムーンゴビーを探してみたりと
ちょっぴりレアなマクロダイビングを楽しみました。

次週は僕らも喜んでしまうくらいの凪予報が出ています。
なのに雨が降っているのは何故??
来週もきっと素晴らしい1週間になってくれることでしょう。
それではお楽しみにー!!


記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ