Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2014年10月

2014/10/18~2014/10/25

マンタ玉!ご馳走様でした!!
PA210950
Photo by Tsuka

こんにちは、minminです。
今週お伝えしたい事は、すべて冒頭の写真に含まれていますね。
大当たりしちゃいました!マンタ玉です!!
以上!
ってわけにもいかないので、詳しくお話させていただきます。

今週は久しぶりにバア環礁に遊びに行ってきました。
もちろんマンタを狙ってのトリップなのですが現在このバア環礁、
ユネスコの生物圏保護区に登録されています。
そのため、ぐるぐるマンタでお馴染の「ハニファルベイ」にエントリーするためのルールも以前よりも厳しくなっております。

今週の出来事を分かりやすくお伝えするために、ハニファルについてと現在のルールを簡単にご紹介します。

バア環礁の東側に位置する「ハニファルベイ」
浅いリーフに囲まれた、それほど大きくない湾のような地形になっている場所です。この場所が特殊である理由は、プランクトンが非常に溜まりやすいという所にあります。
風や潮などの条件が整うと大量のプランクトンがこの湾に流れ込み留まります。そのプランクトンを食べるために、時には100枚以上のマンタがこの小さな湾にやってくるというモルディブ屈指のスーパーポイントなのです。

現在、この素晴らしい環境を守るためにということでルールが決められています。

①ダイビングは禁止。スノーケリングオンリーとなっています。

②ハニファルベイに入ることが出来る日が「サファリの日」、「リゾートの日」と一日おきに交互になっています。

③エントリー1回につき、お一人一枚エントリーチケットを購入しなければいけません($20)。

④チケット一枚で遊べる時間は45分間と限られています。

⑤スノーケルをする為には資格を持ったガイドが必要で、ガイド一人につき10人のゲストがエントリーできます。
(モルディビアンスターズではシャーミーとフセインが試験を受けて資格を取りました。
その際にシャーミーがやらかしてくれた面白いストーリーがあるのですが、気になる方はガイドまでお尋ねください。)

PA210825
Photo by あきちゃん

などなど、他にも細かいルールがありますがブログではこの辺りまでにしましょう。
マンタ玉に大当たりした日の詳細をお伝えします。


トリップは3日目。
この日はサファリがハニファルにトライ出来る日でしたので、朝からハニファルに張り付いていました。
朝6:00。シャーミーとフセインがハニファルの様子を見に行ってくれました。
数分後、シャーミーからの電話が。

「マンタは1枚」
すぐにマンタが集まるような感じではなかったので、1本通常のポイントにダイビングに行ってきました。
潜ってみると潮の流れがマンタが集まるのに良い感じに流れています。
「これはチャンスがあるんじゃないか!?」
そう期待しつつ、ダイビングを終えてすぐにハニファルの確認に向かいます。
もしマンタが集まっていたら、すぐにスノーケリングに行けるようにと朝ゴハンを搔き込みました。
シャーミーからのコールが。

「マンタが集まりだしてる。7、8枚はいる」
期待が膨らんでいきます。
「30分後、マンタが増えているようならスノーケルに行きましょう!」と決めてシャーミーの連絡を待ちます。
すると30分も経たないうちに連絡が!

「マンタが増えてきた!カモーン!!」
「よーし来た!!」と全員ウッキウキで準備をしてドーニに乗り込みました。

ドーニで湾の中に入ることが出来ないので、近くでとめてディンギーに乗り換えます。
PA210178
Photo by Tsuka
PA210179
Photo by Tsuka
みなさんニヤけています。
それもそのハズ。だってすぐ目の前にマンタがいるのが見えるんですから!


海に飛び込んだら、皆さんちょー泳ぐの早いです。
マンタのところまでひっと飛び。
海の中はプランクトンだらけで、この時点で20枚以上のマンタが集まっていました。
DSC00119
Photo by Wazumi
マンタを傷つけないよう、水面でじっと待っているとあっちからこっちからマンタがやってきます。
その数は次第に増えていきました。
PA210651
Photo by あきちゃん
PA210574
Photo by Tsuka

なーんて遊んでいるとあっという間に最初のチケットのタイムリミットに。
近くで待機しているレンジャーの人達から「そろそろ終わりだよー」と伝えられました。
シャーミーがカオリータに「どうする?」と聞いていましたが
どうするもこうするもここで帰る理由がありません。
チケット追加でスノーケル続行!で、ここからが本番です!
マンタ達はその数を倍以上に増やし、60枚以上のマンタが集まっていました!

時には列を作り一方通行で流れるように泳いでいたり、
かと思えば一ヶ所に集まって玉をつくるようにぐるぐると回りだします。
僕らはこれが見たかったんです。

あまりにも素晴らしい光景だったので、文才の無い僕にはその感動をお伝えできる言葉が見つかりません。
ゲストから頂いた写真でお楽しみください。
akiko
Photo by あきちゃん
PA210983
Photo by Tsuka
PA210886
Photo by Tsuka
PA210953
Photo by Tsuka
PA210859
Photo by Tsuka

この状況を今回はなんとモルディビアンスターズが独り占め!
他に1隻もサファリがいなかったのです。

夢のような楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
まだマンタが目の前で回っていますが、2回目のタイムリミットが来てしまいました。
しかしながら他に船もいなくて、レンジャーの人達も少々大目にみてくれたのかトータルで2時間近くマンタと泳ぐ事ができたのです。

今週は雨も多く、曇り空が続いてしまったのですが、このスノーケルの時だけスカッと晴れて穏やかなお天気になっていました。
何から何まで最高のタイミングでした。とても楽しかったです。


どうしてもオマケって感じになっちゃいますが、バア環礁でのダイビングの様子も少々お話させてください。
バア環礁のダイビングポイントにはあっちこっちにマンタのクリーニングステーションがあります。
ダイビングでもゆっくりマンタを見れる事が多いのですが、今週はフラレ続けました。
通りすがりマンタを何度も目撃していたのですが、とうとう最後までゆっくり見ることは叶いませんでした。
でもマンタ玉が当たったからいいか!

マンタ以外の生き物でのトピックはコチラ。
DSC00158
Photo by Wazumi
カオリータも初めて見たと言っていたこの「アゴハタ」。
どうやら日本の図鑑に載っているアゴハタとは学名も違う別種のようです。
モルディブの図鑑には「Snowflake Sopefish」と記載されていました。
もちろん僕も初めてでした。
深場に住んでいるようなのでなかなか見るチャンスは少ないかもしれませんが、以前シャーミーが他のポイントでも目撃してるのでまた見れたらなと思います。

他にも大きなカエルアンコウを見つけたり、お魚がいーっぱいの根で遊んだりと色々なポイントに潜ったのですが、なんせマンタ玉が凄過ぎて皆さんあまり覚えてないかもしれません。笑
今週ご乗船されたみなさん、大当たり自慢しちゃってくださいね!
PA220297
Photo by Tsuka
PA220942
Photo by あきちゃん

来週のトリップは通常ルート、南北マーレ・アリ環礁のツアーです。
ジンベエ見に行ってきます!来週もお楽しみにー!!



ファイナルコールです!


ファイナルコールです!
絶対お得でございます~~
2014年11月15日~11月22日~、11月29日~、
12月6日~、12月20日~、
1月3日~のツアーです!

http://stworld.jp/tour_detail/MV-1EA1-35/


また11月8日からの古見きゅう氏のフォトセミナーも残席出ました!
古見氏は今後フォトセミナーを開催されないそうです。
これがラストチャンスです!!

http://stworld.jp/tour_search_f2/?mode=d&tc1=MV&tc2=1EA1&tc3=30&dyear&dmonth&dday=1&homenG=IO&homen=MV&p=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC&matching=1&brand_cd=DV&sw=main&dep=NRT&gid=53

ご報告


こんにちは,一子です。皆様にご報告がございます。

この度、11月いっぱいでモルディビアンスターズを退職することになりました。今まで、ゲストの皆様には支えて頂き、最高の海と最高の時間をご一緒させていただいたことを、心から感謝しております。

 

またカオリータとシャーミーとは家族並みに長〜い濃い付き合いだったので、離れるのがとても寂しいです。スタッフ、クルーのみんなには子供が出来てからもたくさん支えてもらい、ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今後は家族で日本に帰り、新しい生活を始める予定です。

長い間、本当にありがとうございました。

これからもモルディビアンスターズをどうぞよろしくお願いいたします。

 

20141020

モルディビアンスターズ

チーフガイド

上嶋 一子

2014/10/04~2014/10/11


こんにちは!今週のブログはカオリが書かせていただきます!

風もなく穏やかな海。太陽はギラギラ。

このお天気が1週間続きますよーにっ♡

初日は北マーレのポイントで3本潜ります。

1本目2本目は流れはなくのんびり潜ることができたのですが、久しぶりに透明度が

悪くにごりが入っていました。

3本目は透明度がいいことを期待しアウトサイドリーフに潜ります。

エントリーして15Mぐらいまでまた濁ってる。泣

っとちょっぴりショックだったのですが、さらに深度を落とすと透明度が良くなり一安心!

ナポレオンやマダラトビエイ、大きなイソマグロが回遊していました。

2日目

今日もお天気は晴れ♪

1本目は久しぶりにアウトサイドリーフにあるマンタのクリーニングステーションに潜ります。

潮もなく透明度も良かったのですが、残念ながらマンタは現れてくれませんでした。

気を取り直し、2本目はパウダーブルーの玉を狙いに潜ります。

リーフについてすぐに発見。

PA065818

ぱくぱくご飯を食べている姿をじっくり眺めたあとは、

クリーニングステーションに移動し、マンタ待ち。

待ちながら1ヶ月くらい前に発見したウミテングを今週も確認!!

IMG_0319 2

良くぞっ、今週もいてくれました!

他にはオーロラシュリンプゴビーなどのハゼを観察。

待っても待ってもクリーニングステーションはシーンとしたまま。

潜水時間の後半でやっと、マンタが現れてくれました♡P1090140 2


3本目はアリ環礁に移動して潜ります。

潮がいい感じにリーフにかかり、ギンガメアジの群れが近づいても逃げずにトルネード!!

マダラトビエイもグループで現れてくれました。

PA060201

どこへお出かけしていたんだろう??ここ最近見かけなかった大きなナポレオン。

今日はリーフをスイスイ泳いでいました。

素敵な夕日を見ながら

PA065826 2

夕飯を待ちます。バックデッキでの会話。

「モルディブはハンマー見れないんですか?」

っというゲストの問いかけにminminさんが

「ハンマーを狙えるポイントは丁度明日の朝行くポイントです!

ですが、お魚1匹もいないブルーウォーターで40分過ごすか、ハンマーが出てくれるか。

確率は1割。。。『でも!行かなければ確率は0%!!』←名言。正真正銘のギャンブルダイビングです。」

一瞬シーンっとなった後、その場にいたゲストの方々が『行きたーいっ!!

ということで次の日ほとんどの方がハンマー狙いのダイビングへ!!

シャーミーが深場を捜索し、私たちはその上をついて行きます。

IMG_4448

激しいリンリンがなったので、急いでダッシュしましたが、間に合いませんでした。

リーフでのんびりと潜っていたチームは激しいリンリンで見れたんだなあっと

思ってくれたらしいのですが。

((心の目))でしか見ることはできませんでした。

『一応確率は0%ではなかったということかな??笑』

2本目は環礁内にある根で潜ります。

グレーリーフシャークが目の前で回遊してくれるのをゆっくり見ることが出来ました。

3本目は沈船ポイントへ潜ります。

エントリーしてすぐにマンタがいたらしい!!(私のチームはすでに沈船についていました。)

これはこれは今夜も期待できそう?

沈潜の周りには小さめのカスミアジがぐるぐる群れで泳いでいました。

PA070462


場所が少し変わっていましたが先週もいたオオモンカエルアンコウを今週も発見!!

次回もいてくれるといいなあ。

さあさあ!夜はマンタを狙います!太陽が沈んですぐに1枚。

それからぐるぐると回ってくれ、プランクトンの様子を見て7時前にエントリーできました。

20分で1枚増え。

IMG_0462
30分で3枚に!!

手を伸ばせば触れてしまいそうなくらい目の前を大きな口を開けて何度も通過。

IMG_4558

今週も私たちを楽しませてくれました♡

4日目

1本目はお魚いっぱいのポイントへ潜ります。

たぶん、根にいるすべてのお魚たちがこの日は1カ所に集結したんではないでしょうか?

まずは行く手をさえぎるムレハタタテダイ。

IMG_4571

久しぶりにツバメウオも深場から上がってきていました。

PA080623 2

根の上は黄色い層が出来るほどのヨスジフエダイもいました。

P1090254 2

カスミアジがクマザサハナムロに何度もアタックをかけるシーンも見ることが出来き、

そろそろ浮上しようかなっと思った瞬間にはイソマグロとグレーリーフシャークまでハンティングに加わって

いつも以上に迫力があるアタックシーンも見ることが出来ました。

IMG_4627 2

2本目はアリ環礁の南。ジンベエエリアへと移動しジンベエ狙いのダイビングをしましたがが残念ながら見れませんでした。

目撃情報が何回かあり、フィンを履いて、いつでも来いっ!!

P1090309 2

っと準備は万全だったのですが。

バックデッキに何度も何度も集合をしてもらってはジンベエは深場へいってしまい。見れずに終わってしまいます。

この日は一旦探すのを止め、3本目は停泊場所に近い根で潜ります。

このポイントの見所はヨスジフエダイとヒメフエダイが他のポイントに比べて多いことなんです。(笑)

最近は潮によって、根のいろんな場所に散ってしまい多さがあまり実感できないこともしばしば。

ですが、今回は根の上をこの2つのフエダイが埋め尽くしていました。


PA085922 2

潮上にはクマザサハナムロを追いかけるイソマグロや小さめのイエローバックヒュージュラーも群れていました。

夜バックデッキで、ビールのつまみにお刺身が食べたいっ♡

「イカー。イカ!来なイカな。イカのお刺身をー。」

『来たー!!んっ?タコ??』

タコでもいいや!っと海に落ちないようにゲストの方が手づかみでタコをキャッチ(笑)

IMG_4757 2


((獲った本人は嬉しそう。後ろにいるカオリータさんよく見ると拍手ではなく全力でびびってます。笑))

さすがに小さくて食べるのはかわいそうなので写真を取った後は海に返してあげました。

5日目

3日目あたりからぐずついていたお天気は完全に回復!!太陽がまたギラッギラッに。

今日こそ!!ジンベエを見よう!!

朝1本目のダイビングからジンベエを狙いますよ~。

プランクトンが首をちくちくと刺します。

ということは??ジンベエがご飯を食べにリーフ近くに来てくれるかも!!

なーんてちょっと期待しましたが、残念ながらこのダイビングでは出てくれず、、、

朝ご飯を食べて母船の上から探します。

何度か目撃情報はあったのですが、ついたときには深場へ行ってしまったっと見れずじまい。

シュノーケリングでだめなら水中で見てやる!!

っとダイビングで再度狙いましたがまた出てはくれず、、、

お昼ご飯を食べてまた母船から探します。

13時になっても、14時になっても、15時になっても、、、泣

ジンベエは私たちの前に現れてくれません。

この日はあきらめて、、、

3本目は地形が面白いポイントへ潜りました。

大きなウミウチワがはえていたり、普段はあまり見ないようなウミウシがいたり、マンタを見れたチームもいたのですが。

潮も早く流れていて(泣)そう言えば今日はジンベエも見れず(泣)エキジットの時は波と風が強く(泣)

『はあーあ』『ふうー』『。。。』『。。。』『明日は見れるのかなあ、、、』

そんなテンションの中、ドーニークルーだけは違いました。

なぜかテンションが以上に高い。そしてなぜか笑顔。

「カオリ ティベ(いる)! ティベ(いる)!ジンベエ!」

よくよく聞くとすぐ近くでジンベエが出ていると情報が入っていたらしいのです。

そして私たちが2日間探した外洋ではなく、前日停泊していた場所に出ているというのです。

急いで向かうと水面から背びれが見えている!!飛び込む準備は万端。

いざ。ジンベエへ。

IMG_0584

mぐらいの可愛いサイズ(ちょーレアなサイズです)のジンベエが口を開けてごはんを食べています。

IMG_4793 2

ですが、追いかけても追いかけても離されてしまう。

大きく口を開けているのにも関わらず、ジンベエも全速力で泳いでいます。

P1090322 2

ジンベエの前に何度もエントリーしては離されるを繰り返し、

IMG_0590
ヘトヘトにはなりましたが無事見ることができました。

初めて見た方も久しぶりの方もおめでとうございました。

P1090414 2

6日目

アリ環礁で1本潜り、その後南マーレへ移動しました。

2本目は流れがあまりないアウトサイドリーフに潜り、3本目は私たちが毎週のように潜っているポイントへ行きました。

スイロの中にあるポイントなので流れはあったのですが、

グレーリーフシャークが何匹も回遊。ギンガメアジが川のように泳いでいて、

そこにカマスも登場。


まだまだいますよ(笑)

ゆっくり泳いでいる、マダラトビエイ。

PA100285

根の隙間で寝ている大きなカメさん♪

PA106013
あっナポレオンもいました。

最後のダイビングまでお魚いっぱいなのがこの海なんです♡

 

来週のトリップはおやすみになります。

再来週はバア環礁ツアーへ行ってきます。

マンタに会えるでしょうか??

再来週のブログもお楽しみに!!

 

2014/09/20~2014/10/03

DSC_1090
Photo by Andreas

Unsere Malediven-Safari Sept./Okt. 2014

MinMin hat nach unserer zweiten Woche die gesamte Safari zusammengefasst und wir lassen es uns nicht nehmen, diese Eindruecke nochmals zu kommentieren.
Nach insgesamt 36 Tauchgaengen, einer verlorenen Kamera, 100 GB Film- und Photomaterial, einer Geburtstagsfeier, etlichen Currygerichten, 3 grossen Nutellaglaesern, 380 Glaesern Bier, 30 Tueten Haribo, 7000 Liter Diesel, 800 Eiern und ganz viel Spass ueber und Unterwasser geht nun leider auch dieser unvergessliche Urlaub zu Ende.

こんにちは、minminです。
先週お話したように、ドイツの方達のチャーターツアーの様子をお伝えしていきます。
ドイツ語でもリサさんからメッセージを書かせて頂きます。

今年もドイツから沢山の方が遊びに来てくれました。
リーダーのドミニクさん&リサさん。
IMG_8176
お二人は以前、ビヤドゥーで働いていたカオリータとシャーミーの大先輩です。

みなさんからのお土産は~HARIBO♪
写真1
これだけあったハリボが2週間で無くなりました。
社長と後輩はいつもパクパクと食べていました。笑
さらにチーズもいただいちゃって、これがまた美味しいんです!
食べ物の話はさておき、海のお話をしましょう。


今回はほとんどの方が以前いらしてくれたリピーターさんです。
しかもほぼメンバーが変わることなく2週間!ということなので
僕らも時間をふんだんに使って贅沢なコース取りをしちゃいました。

最初の一週間は南マーレとヴァーヴ環礁でじっくりと潜りました。
リサさんドミニクさんにとって南マーレのポイントは庭みたいなものですね!
懐かしみながら楽しくガイドをしていました。
DSC02388
Photo by Tilo

Wie auch in der ersten Woche gab es vor jedem Tauchgang ein ausfuehrliches Briefing. Dieses endete immer mit den legendaeren Worten "Fahrzeit zum Tauchplatz: 5 Minuten"

ポイントのブリーフィングをしてくれるドミニクさん。
ホワイトボードを持っているのはアシスタントのマグナム君です。
皆さんは基本的にバディダイブですので、僕にはほとんど仕事がありません。
何をしていたかと言えば、コーラを飲んで一緒に潜って遊んでいました。笑
来週からはがんばって働かなくちゃ!

ダイビングは普段僕らが潜っているようなポイントにガンガン行くアドバンスチームと
潮の無い穏やかなリーフをできるだけゆっくり潜るイージーダイブチームに分かれて潜ったりします。
もちろんみんなで同じポイントに潜ることもありますよ。
DSC_1034
Photo by Andreas

Zwischen den Tauchgaengen blieb kaum Zeit, die Flossen von den Fuessen zu nehmen... :)

南マーレではステージリーフやロスフシのアウトサイドリーフ、
潮によってはナギリティラやグライドゥーコーナーで大物を狙ったりしました。
外人さんはウツボが大好き!っていうのはホントです。
_MG_8193
Photo by Kaorita
_MG_8225
Photo by minmin
いろんなウツボを見ちゃいました。


ヴァーヴ環礁でのトピックスはナースシャークナイトとフォッテヨでのダイビング!
ナイトダイビングは最近サメの集まり方が良すぎて困っちゃいます。笑
まさにお祭り!その迫力にみんな喜んでいました。

フォッテヨではトータルで3本も潜っちゃいました。
潮に関係なく見れる珍しいお魚達。
インディアンバタフライフィッシュ・ツースポットバスレット・コウリンハナダイは
他のポイントではなかなか見れません。
_MG_8359
Photo by Kaorita
さらに地形も面白く、タイミングが良ければイエローとオレンジのソフトコーラルが
オーバーハングを覆っていてとても美しい光景です。
_MG_8439
Photo by minmin
外洋から流れ込む潮の時は大物が狙えます。
今回はグレイリーフシャークはもちろん、レオパードシャークやナースシャーク、
ギンガメアジの群れや、巨大なナポレオンなどなど1本のダイビングで盛りだくさんでした!

カオリータがこんなオーロラを見つけていました。
_MG_8563
Photo by Kaorita
頭に赤い点々があります。何かとのハイブリッドでしょうか??

今の時期、雨季はあんまり行かないポイントですが
乾季のヴァーヴ環礁ツアーや南下ツアーで潜りにいったりしますよ~!


ここに停泊した日がお誕生日のフランクさん。
みんなでサンドバンクに遊びにいってワイワイとお祝いしました♪
DSC02042
Photo by Tilo

Unser diesjaehriges Geburtstagskind "King Frank" bei der Ankunft auf seiner Party-Insel.


_MG_8500
Photo by minmin

Die Ankunft der geladenen Gaeste.

_MG_8520
Photo by minmin

Frank unter seinem Baldachin umgeben von seinen Hofdamen...

_MG_8553
Selfie by Michael

...die Partystimmung eskaliert.

夜はケーキでお祝いして、マジックショーを開催!
ミスターシャーミーのイリュージョンは世界中に感動を与えてくれます。
jpg
Photo by minmin
DSC_1167
Photo by Andreas

Wieder an Bord ging es auch gleich Schlag auf Schlag weiter und Mr. Magic Shamee begeisterte das Publikum mit seiner hinreissenden Zaubershow.

南マーレに戻ってさらに潜ります。
ここでのトピックはビリバルギリナイトダイビング!
実は僕も初めてだったのですが、ちょー面白いマクロナイトでした。
眠っているお魚を観察したり、エビ・カニなど小さな生き物を探したりの
いわゆる一般的なナイトダイビング。
カオリータがモルディブで初めて見たエビを見つけて興奮していました。
_MG_8607
(バロンシュリンプbyカオリータ)

普段はワイドナイトで忙しく、潜る機会がないのですが
たまにゆっくり小さいものを探してみるのも面白いですね。

南マーレを北上しながら北マーレへと戻ります。
途中、いい感じの外洋からの潮に変わってくれたのでアドバンスチームがチャネルダイビングへ。
かなりグレイリーフが集まっていたそうですよ!

ここまででちょうど半分。
すぐに補給を終えて後半の1週間はほぼアリ環礁で遊んでいきます。


2週目、スタートの日は2本だけ北マーレで潜ります。
1本バナナリーフでゆっくり遊んで、2本目はマンタを狙いに行きました。
タイミングがバッチリで1本丸々マンタを観察できました。
全部で3枚が一度に回ってきてくれたりと、これには皆さん大興奮でした!

ここからアリ環礁へと移動して、残りのダイビングは全てアリ環礁で潜りました。
ラスドゥーでは朝、ハンマー狙いのダイビングで見事大当たり!
久々にハンマーヘッドシャークを見ることができました。

浮上するとドイツの皆さん「ハンマー!」と叫んでいます。
ハンマーを見ても見なくても。
この「ハンマー」実はサメの事ではなく、「すごい!」とかそういう意味だとか。
ドイツの方と一緒に潜ったときは是非つかってみて下さい。
ちなみに「ちょーすごい!」は「ハンマーガイル!」だそうです。

南へと船を進めながら潜っていきます。
環礁内のティラダイビングでは潮当たりがよく、サメに恵まれました。
フィッシュヘッドやハフサティラなどのポイントでグレイリーフシャークをゆっくり見れたり、
イソマグロやカスミアジなどのハンティングシーンに大興奮です!
_MG_8931
_MG_8956
Photo by minmin

Auch Unterwasser ging die Show spektakulaer weiter. An einer der weltbesten Tauchplaetze "Fishhead" nahm die Begeisterung kein Ende, denn unzaehlige Grau- und Weissspitzenhaie zogen an uns vorbei.

マンタナイトも開催。
停泊場所はタイミングがよく他に船がいなかったので貸し切り状態!
ほとんどのゲストが参加して、3枚のマンタの捕食ショーを楽しみました。
_MG_8980
Photo by Kaorita

In der zweiten Woche wurden wir bei unseren Tauchgaengen immer wieder von Mantas ueberrascht. Der Nachttauchgang mit Mantas war ein weiteres Highlight der Safari. 
Nur der Walhai wollte sich in diesem Jahr nicht zeigen, obwohl wir sehr intensiv nach ihm gesucht haben.

もちろんジンベエザメも狙いました。
が、結果を先にお伝えしてしまうと今週は残念ながらノーチャンスだったのです。
というのも今回はジンベエを粘ってまで見ようという意向ではなかったので
そこまで時間をかけては探しませんでした。
さらにその限られた時間も悪天候と高波に阻まれて捜索が難航。
すっぱり諦めてアリ環礁を今度は北上しながら遊んで行きます。

空いた時間にショッピングへも。
DSC02497

DSC02503
Photo by Tilo

Der Besuch auf der einheimischen Insel Dangethi im Nord-Ari-Atoll durfte auch dieses Mal nicht fehlen. Nach dem Erwerb von 6 T-shirts, 10 Tuechern, mehreren hoelzernen Mantas und Haien, 2 Kilo Currypulver und 48 eingefangenen Mueckenstichen ging es zurueck auf unser Boot. Nach 10 Tagen ohne jede Shoppingmoeglichkeit ein weiteres Erlebnis.


ドイツの皆さん、サメや大きい生き物、お魚の群れはちろん好きですが
日本人と同じようにウミウシだって見たりするんですよ。
DSCF8368 (2)
Photo by Michael

Bevor sie die rasante Flucht ergreifen konnten, gelang Micha ein Foto des Familienausfluges von 4 Glenies.

ダイビング中ずっと探しているゲストもいました。
こんなに沢山どこにいたんでしょう??笑

DSC02790
Photo by Tilo

Auch die Blaustreifenschnapper wurden von Tilo gut in Szene gesetzt.

そうそう、手でくるんと作るバブルリング。
ドイツの皆さんにも好評で、みんなマネしてつくっていました。
中には完ぺきなリングをつくる猛者も!笑
DSC02719
Photo by Tilo

Die beruechtigten Luftkringel waehrend des Sicherheitsstops muessen noch perfektioniert werden. Kurse hierfuer werden zukuenftig auf Anfrage freitags in der Buett angeboten!!

マンタナイトが大好評だったので、もう一つのパーキングエリアにも停泊。
夕方、3本目のダイビングは近くのリーフでゆっくり潜っていたのですが
プランクトンだらけ!
マンタがいるんじゃないかなーと思っていたら、あっちからこっちから
3匹くらいのマンタが行ったり来たりのマンタダイビングになりました。
DSCF8728
Photo by Michael

これはナイトも期待できるんじゃ!?
と思っていた通り、マンタ運最高のこの週は期待を裏切りません。
全部で6枚のマンタが捕食でくーるぐる!
これだけいると楽しすぎてなかなか浮上できないですね。

2週間のトリップもあっという間に最終日になってしまいます。
沈船ポイントには以前見つけたカエルアンコウが健在。
DSC02835
Photo by Tilo

Nur fuer das geuebte Auge erkennbar liegt hier ein Anglerfisch getarnt im Riff.

ソフトコーラルの綺麗なポイントはアドバンスチームオンリーで行きました。
潮がいい感じに流れていて、透明度も1番良かったダイビング。
素敵な光景が広がっていました。
_MG_9118

Bluehende Weichkorallen, die bei Stroemung ihre Schoenheit entfalten.

ラストダイビングは皆でのんびりダイビング。
皆勤賞のゲストは全部で36ダイブ!2週間潜りこみました。


DSC_1242

Unser Abschlussbild der gesamten Gruppe mit Crew, die uns diese Safari wieder zu einem unvergesslichen Erlebnis hat werden lassen.

Wir danken Kaorita-San und Ihrem Team fuer diesen traumhaften Urlaub auf den Malediven!!

最後の夜はケーキでお祝い&集合写真を撮りました。
イエローオクトパスダイバーズの皆さん、どうもありがとうございました!
またお会いできる日を楽しみにしています!


記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ