Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2016年11月

2016/11/19~2016/11/26


こんにちは!カオリです♪

今週はショップツアーで八丈島から「アラベスク」の皆さんもご乗船されていました。

ショップ代表でもある荻野昌博さんはみんみんさんの日本で働いていた頃の同僚です♪



天候にも海峡にも恵まれ今週も素敵なトリップをすることができましたー!!!


初日のチェックダイブもかねた1本目はマーギリロックへ潜ります。

透明度も良く、ヨスジフエダイの群れも良好です!
 

6M6A6553

安定のランカンベルとフィッシュタンク!

海の中もちょっぴり乾期の雰囲気になってきましたのでマンタがいてくれるか

心配でしたが、6~9枚のクリーニングマンタを1ダイブ丸まる使って観察することができました♡


6M6A6673

6M6A6780


ムレハタタテダイ、エイたちウツボさんたちも安定して見れていますよ~

 

6M6A7014

次の日は南マーレ周りで朝は北マーレで潜り、南マーレ、ヴァーブまで移動して行きます。


朝のダイビングではモルディブらしいソフトコーラルとハナダイを楽しんでいただきました。

6M6A7269


6M6A7205

夕方はサンセットナイト☆へ♪

ナースシャークたちがなんだかきょうはそわそわしています。

繁殖行動なのか?ペアリングしたサメたちが中層をくるくるしています。

何ペアかのサメたちがくるくるしていました。


すぐではないけど、またアリマタにはサメがふえていくんだろうな~


6M6A7594



次の日、朝はヴァーブ環礁で潜りそのままジンベエサーチへとアリ環礁へ移動します。

ジンベエ情報はあつまってきていたので安心安心♪

シュノーケリングにてジンベエを見ることが出来ました。


それも天気も透明度も他のサファリもいない状態で。

水面下背びれ丸見えです♡
 

6M6A7789

ゆっくり泳いでくれたので、長い時間みることができました。



4日目はとっても早起きをしてクダラティラへ、というのもとても人気のあるポイントなので朝のダイビングはどうしても混んでしまうことがあります。

そのため貸し切り状態で潜るため他のサファリより先に入れるように早起きをしました♪


安全停止は入る際に他のグループがエントリーしてきましたが、ダイビング中は貸し切りでした!


なのでこの魚影は私たちだけで独り占め♡


オーバーハングの中にびっしりつまったヨスジフエダイ。
 

6M6A7888

モルディブに雪は降りませんが・・・

魚影の濃いポイントに潜れば、中層からクマザサハナムロが降ってきます。
 

6M6A7907


フィッシュヘッドは2本潜りました♪

ガイド陣でさえ魚影の濃さに毎週魅了されていますが、

シャーミーがみつけたブチウミウシさんにはウミウシ好きのゲストもびっくり(笑)


大きすぎるほど成長してます・・・


ゲストの手が横に添えられていますが、本当に大きい。

オーバーハングにはこの子と思われる卵もたくさんついていました。

6M6A8042
 


このポイントの見所ともいえるベンガルスナッパー。この子だけでも十分ですが、

せっかくなので他のお魚とのコラボも楽しんでいただきました。
 

6M6A8153

夜はナイトマンタ☆

他の船も停泊していましたが、5枚も私たちのところへ集まってくれましたよ♡
 

6M6A8510

湾内にはもっといたと思います。




最終日は沈船ポイントや移動してスイロのポイントに潜りました。

最近ではギンガメアジがほとんどの潮の流れで見かけることが多く量もリバー状態。

しおもなくゆっくりアプローチをすれば近くで写真をとれるタイミングもあります!
 

6M6A8928


船上でも盛り上がっていましたよ~

ジンベエやマンタみたことなんか忘れてしまうような盛り上がりでした。

最終日は時間があったのでゲストにならってみんなで折り紙教室!

シャーミーも挑戦!!!『カニさん』
 

IMG_1508

はじめは説明が日本語に聞こえないくらい難易度高!汗

終わる頃にはみんなで2個3個つくっちゃいました!

バーカウンターはカニさんでいっぱいです。(笑)
 

IMG_1513

来週のトリップ晴れますように♪

2016/11/12~2016/11/19

こんにちは、minminです。
今週のトリップの様子をお伝えしていきたいと思います。

陸上のお天気は非常に穏やかで、ぺったぺたの水面なんてこともしばしば。
海の上はもう乾季のような状態ですね。
海の中はと言うと、大潮の影響もあってか、
潮がビュンビュン流れたり、止まったりと忙しい感じです。
もう少し季節が進めば、しっかり外洋から潮が流れ続けてくれて、
透明度もぐんと上がって、乾季到来!ってなりそうです。

さて、そんな今週の最初のダイブはマンタ狙いでした。
ここ最近調子がとっても良いランカンで5枚くらいのクリーニングを観察。
今シーズンの雨季はマンタが狙いやすくて助かります。
PB130030
Photo by sugita
2本目はパウダー玉!3本目はフィッシュタンクに潜ります。
2
Photo by Shigeki
IMG_4200
Photo by Shigeki
4
Photo by Shigeki

翌朝のダイビング。
ソフトコーラルが綺麗なポイントにと計画していたのですが
潮がビュンビュンだったので諦めて、もう1度マンタポイントへ。
マンタポイントも意外と潮が早く、何故かマンタも0。
昨日にしっかり見れて幸運でした。

そこからアリ環礁ラスドゥーへと移動して2本目へ。
ラスドゥはなかなかの透明度。
潮あたりの良いリーフにはマダラトビエイの編隊!グレイリーフシャーク!
砂地では繁殖のためか、マダラエイがわーっと集まって泳ぎ回っていました。
マダラトビエイ
Photo by Akiko
PB140270
Photo by Sugita

少し南に移動して3本目はティラダイブ。
サメの当たりが良く、目の前でぐーるぐるしてくれました。
PB140326
Photo by Sugita

この日は4本目、ナイトマンタを開催!
マンタの集まりもなかなかで、3枚のマンタがハシーナ号にきてくれました。
他の船にも来ているようだったので、湾の中には5枚以上はいたんじゃないでしょうか。
PB140157
Photo by Sugita
PB140145
Photo by Sugita

3日目、朝のダイビングはフィッシュヘッドへ。
人気のポイント過ぎてダイバーの数も増えてきましたが、それもそのはず。
潜れば目の前にはお魚の壁!ロウニン・カスミアジがぐるぐる回って、
カメさんに、ベンガルスナッパーの大群。
見るものが多過ぎて忙しいです。
PB150449
Photo by Sugita
PB150466
Photo by sugita

アリ環礁の南に着いたお昼頃からジンベエサーチを開始しました。
ジンベエの目撃情報はちょいちょいあるのですが、上手い事タイミングが合わず見れません。
2本のジンベエダイブで水中でも狙いましたが空振り。
ジンベエ探しは翌日に再トライすることに。

翌朝は1本クダラティラにダイビングに行きました。
いつ潜ってもお魚が多いこと多いこと。
潮も強過ぎず、お魚に囲まれて遊べました。
クマノミ1
Photo by Akiko
6
Photo by Shigeki

朝ゴハンを食べてジンベエサーチ再開。
探し始めて1時間半くらいで、フセインが水面すれすれを泳ぐジンベエ発見!
このチャンスは逃すまいと、急いでドーニに乗り込んでスノーケリングへ。

始めは深いところに沈みそうだったのですが、追いかけている間にまた浅場へ戻ってきてくれました。
目の前で激写!!
じんべい3
Photo by Akiko
潮に乗って、追いかけやすいシチュエーションだったので皆近くで見れました。
ジンベエも無事見れて一安心。

1ダイブ目のクダラティラも人気過ぎて人が多かったので、
2本目もう1本潜りに行っちゃいました。
期待通りほぼ貸し切り状態。
潮の流れはそこそこ早かったですが、ポイントが広く感じました。
そうそう、最近はカスミアジがいっぱいです。
20~30匹くらいの群れが根の周りをずーっとうろうろしています。

ここからヴァーヴ環礁に渡ります。

今週のシャークナイトは最高の状態で潜れました!
潮はほとんどなく非常に穏やか、ダイバーの数も少なく、さらにサメの集まりも抜群!
止まって待っていたら、サメが次から次へと目の前に集まって来て寝始めます。
気づけば10匹くらい団子になって寝ていました。
PB160806
Photo by Sugita
シャーク4
Photo by Akiko
しばらくするとロウニン、カスミ、ピンクウィップレイも集まってきてお祭り状態。
楽し過ぎて上がれなくなっちゃうような素敵な1ダイブでした。


ヴァーヴ環礁、朝のダイビングはチャネルで遊びます。
潮が外洋に向けて流れてしまっていたものの、水路の中にはグレイリーフがいっぱい!
透明度もなかなか良かったです。
PB170878
Photo by Sugita

南マーレに移動して2本目。
潮の流れが早かったので、潮通しの良いティラダイブチームとアウトサイドリーフチームと
分かれて遊びました。
エントリー前に水路の中にはイルカの大群!!
水中でもかなり近くで声が聞こえるも、その姿は拝めず。
透明度がもう一声だったのが悔やまれます。
水が綺麗になるこれからの季節に期待したいですね!

2本目のダイビングがほとんどのゲストのラストダイブになりました。
ここからは延泊チームのダイビング。
3本目&翌日のダイビングは北マーレのポイントをじっくり潜って遊びました。

北マーレのポイントの実力をなめてはいけません。
これからの時期の潮ならハーバーから一番近いポイントだってこの魚影です。
PB170984
Photo by Sugita
PB181133
Photo by Sugita
ゆっくりソフトコーラルを観察したりと、色んなポイントで遊べます。
ラストはもう1ダイブ、フィッシュタンクへ。
ここで見事トンガリサカタザメも登場!

今週も盛りだくさんの1週間でした!!
来週もお楽しみにー!!




2016/11/05~2016/11/12


こんにちは!カオリです♪

今週はお天気も良く、乾期を思わせる一面も見せたモルディブ。

トリップも順調に進んで行きました。


初日は安定を見せる北マーレ環礁のポイントを楽しんでいただきました。


透明度が良いランカンでマンタを8枚!!!

45分まるまる使ってのマンタダイブ。

PB060013

安全停止のときまで足下には大量のマンタのお見送りでした。

PB060182

1本目から調子いいです♡


パウダーもゆっくり見てもらい、3本目はフィッシュタンクへ。

ウツボ好きの私としてはこの子たちだけでアドレナリン出まくりですが、

PB060261

 

エイやムレハタタテダイの量も興奮の域!

PB060281

PB060458


次の日の朝はもう1本北マーレで潜り、2本目からはアリ環礁へ渡ります。
 

PB070508


潮は環礁の中からの潮でしたがギンガメアジリバー、グレーリーフもいてくれました。


PB070622

残念ながらナイトマンタだけはお預けとなりましたが、今週のジンベエさんはすごかった~

先週手こずってしまったジンベエですが今週はほぼサーチすらしていない状態

で見ることが出来ました。


今出てるよ!っとシャーミーのお友達から連絡が入ります。

着くまでに30分はかかるのでまにあうかなー。。。

着いたらすぐにドーニーに乗り換え、出ていたらしい場所へ向かいます。


いつもは外洋側でみることがほとんどですが、今回は環礁の中のちょっぴり

湾みたいになったところでした。

はじめはジンベエがいませんでしたがマンタが補食で集まってきていたので、

これは期待大!プランクトンもちくちくです。


するとクルーが ”ヒレが出たー” とジンベエ発見!!!!!

モルディブではとっても珍しい縦ジンベエ!

大きな口をあけ深いところからあがってきて水面近くで止まっています!

PB080566

泳がなくてもじっくりジンベエを見れちゃいました。

たまに横にマンタがいるというレアシーンまで見れちゃいました。
 

PB080913
この写真のジンベエの左胸びれにはうっすらマンタ!

この調子でジンベエさん来週もよろしくね♡

PB080919

ジンベエをたっぷり堪能した後は、この湾の中にあるマンタのクリーニングステーションでマンタ満喫しました♪



トリップは4日目へと進みます。

潮もなく、透明度の良いダイビングが今週続いていましたが、

まさかあの子も出ちゃうとは(汗)


はげしいカンカンとともに水面に現れたのは ”カジキ”

今シーズン初めてとなるカジキの登場でした。


見れなかったシャーミーがバナナの木のはっぱっと連呼していました

ではその写真↓

PB090765

どうみてもカジキですね(笑)

見れたチームのみなさん本当におめでとうございます!!!!

ちなみに私も見逃しました(泣)


2本目は魚影の濃いポイントへ潜り、3本目は久しぶりのサンセットナースシャークダイブへも行きました。
 

PB090790

深度を落としてすぐのところに5匹のナースシャークが

気持ち良さそうに寝ていました。

そこへもう1匹が背中をすりすりとクリーニング!

PB090836

 そんなことしたらみんな起きちゃうよ~(汗)

むしろ起こしに来たのかな??

”そろそろ遊ぼ~よ~”なんていう動きにも見えてとっても可愛いナースシャーク♡

その他の子も私たちの周りを行ったり来たりしていました。
 

PB091405
船の後ろまで着いて来ちゃいました(笑)


全員での最終日は朝はのんびりとアウトサイドリーフにて潜ります。

アケボノハゼを見たりカラーブレニーやイヤースポットブレニーなどの

小さいものを観察しました。


深場にいる(レスプレンデットバスレット)もみんなで見ました。


南マーレへ移動してからはますます乾期!?というようなダイビング♪

透明度も良く潮も外洋から流れる潮でした。

ギンガメアジやモルディブでは珍しいバラクーダ!
 

PB101604

ナポレオンやカメさんも見ることが出来ました。



のんびりダイビングではいつぞやフセインが見つけたカエルアンコウが大きくなって

いましたよ♪

クルーズでは毎日の成長は見れませんが、またそのポイントへ潜ったときの

お魚たちの成長や増え具合などが目に見えることが多いので常に楽しむことができます♡
 

PB101010

ブログを書いている今日もお天気が良く、水面は鏡のようにペタペタです♡

これがずーっと続いてくれるといいな~


来週もお楽しみに♪



2016/10/29~2016/11/5

こんにちは、minminです。
今週は4トリップ振りの通常ルート、アリ環礁へ行ってきました。
ハシーナ号で通常ルートを回るのは今回が初めてです。
今週の海の様子をお伝えしたいと思います

ダイビング初日は北マーレ環礁のポイントからスタート。
一本目からいきなりマンタを狙ってランカンへ。
DSC00221
Photo by wazu
最近はとにかく当たりが良いです。
いるのが当たり前で、数も10枚前後が当たり前。
DSC00247
Photo by wazu
一度に見れたのは7枚くらいですが、近くのあっちこっちのステーションで見かけたのでトータルでは10枚を超えていたんじゃないでしょうか?

2本目はパウダー玉を。
3本目ははフィッシュタンクに行ってきました。
PA306469
Photo by muraguchi
PA300099
Photo by hozumi
でたー!!トンガリサカタザメ!!
DSC00260
Photo by wazu


翌日のダイビング。ここで朝ナッシモのご紹介を。
最近、朝1本目のダイビングでナッシモティラによく潜りにいきます。
とにかくコンデションと当たりが非常に良いのです。
潮が程良くソフトコーラルの咲きっぷりがいいし、何よりも魚が多い。
クマザサの数は今週潜った他のポイントの比じゃありません。
そこにロウニンアジのアタック。
ロウニンアジも数が多く20匹近く集まることもしばしば。
何本も潜りたくなる大興奮のシーンがコンスタントに狙えます。
いつもまでも良い状態をキープしてほしいですね。
PA316634
Photo by muraguchi
PA316645
Photo by muraguchi
無題1
Photo by minmin
PA316626
Photo by muraguchi

アリ環礁へと渡って2本目はラスドゥーへ。
砂地の上にギンガメが渦を巻くように群れていました。
そこへグレイリーフもクリーニングへ。
水面近くにモルディブでは珍しいバラクーダの群れもいたそうですよ。
このポイントではたまに見かけますが、いつもはどこにいっちゃうんでしょう。
PA310364
Photo by hozumi
三本目は沈船で潜って、夜はナイトマンタを狙います。
PA313150
photo by miyuki
DSC08449
Photo by makabe
久しぶりのマンタナイトでした!


翌朝はフィッシュヘッドで潜ります。
捕食シーンこそ狙えませんでしたが
グレイリーフ、ベンガルスナッパーの大群、マダラトビエイの子供や、カメさんと
盛りだくさんの1ダイブ。
無題
Photo by minmin
DSC08539
Photo by mkabe

そこから南に移動してジンベエザメを探します。
久しぶりのジンベエサーチ、張り切って探してみたのですが、
ジンベエさんいません。
ここ数日間ほとんど見ていないという嫌な情報も入ってきました。
この日はノーチャンスで終わってしまいます。

翌日、朝は1本クダラティラへ潜ります。
人気のポイント過ぎて、朝の時間帯は混雑が予想されたので
30分くらい早起きしてポイントに出かけました。
早起きのかいあって1番乗りでダイビング。
さらに早起きが功を奏したのか、ものすごい捕食シーンがみられました。
PB027086
Photo by muraguchi
DSC08569
Photo by makabe
カスミ、ロウニン、イソマグロもごっちゃになってクマザサに突っ込みます。
面白過ぎて、なかなかその場から離れられませんでした。
IMG_4702
Photo by kaori
PB027128
Photo by muraguchi
もちろんヨスジもいーっぱいです。


ジンベエサーチを再開します。
ここでとても興味深い情報が舞い降りてきました。
先日の夕方、とある島のリーフにジンベエザメが沢山集まってきたというのです。
さらにマンタも。
動画もアップされていたようなので確認してみると、どうやら本当らしい。

ジンベエを諦めてナースシャークダイブに向かうか、
何の保証もないが、その情報を頼りにジンベエザメを狙ってみるか。
昨日の今日ならまだチャンスはあるんじゃないか?
悩んだのでゲストの方と相談して、夕方ジンベエを狙ってみることにしました。

その日ジンベエはいつもの場所よりかなり東側で目撃されていました。
僕らもスノーケリングで1度トライするチャンスがあったのですが
深度が深く、泳ぐスピードも早かったのでホントにチラ見でした。

その日は早めに3ダイブ、お魚の多いポイントでダイビングをして、夕方は噂の島へと向かいます。
先日目撃された時間より少し早い時間からドーニに乗り換えてジンベエザメを探しにいきました。
すると探し始めて間もなく、ジンベエ発見の声が!!
キター!!
と興奮して準備を進めましたが、盛り上がりのピークはここまで。
その後行方をくらませたジンベエを探すも見えず。
場所を変えて探してみるも見つからず。
日没まで粘ってみましたが、見えたのは数枚のマンタのみ。
そう上手くはいかないものですね。
ジンベエさんはここで諦めました。


翌朝、島の近くの根にダイビングに行きました。
久しぶりに潜ったポイントだったのですが、透明度もよく魚影がとても濃かったです。
水面に近くにはムロアジが渦を巻くようにずーっと群れていました。
やっぱりプランクトンが多いのかな?
ムレハタ、イエローバック、ムスジンコショウダイ、マツゲちゃんにヒメフエダイ。
お魚がいーっぱいでした。
PB033575
Photo by miyuki
DSC00392
Photo by wazu

ここから南マーレに向かいます。
お天気も海況も素晴らしい状態だったので、環礁移動もまったく揺れません。
船のスピードも早いせいか、予想よりも早く、あっという間に着いちゃいました。

南マーレで6泊日程の方のラストダイブ。
ナギリティラに潜ったのですが、まー潮が早いこと早い事。
久しぶりのビュンビュンでした。
代わりにソフトコーラルは一つ残らず見事な咲きっぷりで、ハナダイも凄かったです!
DSC08709
Photo by makabe

3本目のダイビングは潮の無い穏やかなポイントへ。
ガイドはフセイン。ブリーフィングもフセイン。日本語です。
まあ良くここまで日本語が喋れるようになったと感心します。
ブリーフィングはシャーミーとフセインにまかせようかな。笑
ダイビングでは黄色いカエルアンコウをまた見つけたみたい。
DSC00414
Photo by wazu

最終日は南マーレで2ダイブして、北マーレに戻ります。
この日のダイビングもワイドからマクロまで盛りだくさん。
ちょっと珍しいマクロを見に行ったり、昨日の潮より優しい潮でナギリティラに潜ったり、
ラストダイブは北マーレでハゼを見たりして遊びました。
IMG_5014
Photo by kaori

ジンベエこそチラ見でしたが、久しぶりに潜った南北マーレ・アリ環礁ルートはやはり
王道ルートと呼ぶにふさわしい魚影の濃さと、バリエーションの多さですね。
改めていつものポイントの良さを実感しました。

ではでは皆さん、来週もお楽しみにー!!








記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ