Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2018年03月

告知です!

こんにちは!kaoritaです。


2018年4月6日から8日まで池袋で行われるマリンダイビングフェアに今年は初のモルディビアンスターズで出展いたします!
私kaoritaと予約担当の上野で参加させていただきます。ぜひ遊びに来てくださいね!
私たちは3日間ともブースにおります!ブース番号はC-21です!
どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.marinediving.com/mdf/mdf2018_1/



また4月7日の夜はガイド会ライブです!!そろそろエントリーの締め切りも間近!
ぜひぜひご予約の上ライブを見に来てください!フォトバトルで張り切る予定ですので皆さんの応援が必要です!!ぜひぜひ来てください!!

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n6g3zc92zp.html




また5月19日、20日に大阪で行われるダイビングフェスタにも私kaoritaは参加させていただきます。
こちらはSTWさんのブースでお待ちしております。

29473118_236225706950985_3372915968773718016_o




そして、最後に6月15日から21日までガイド会海のシェルパ展を六本木で開催いたします。
ガイド魂のこもった写真を展示いたしますのでぜひ遊びに来てください。
全日程会場におります!

onediveDM

onediveDM2



来月から毎月日本へ参ります!皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。



来シーズン7月14日からのツアーはクルーズのみの直接予約も始まっております。
HPもぜひご覧ください。料金、スケジュールともに掲載しております。
(航空券もまとめてのお得なご予約はSTWさんへ!)

http://maldivian-stars.com/

7月14日~、7月21日~、7月28日~、8月4日~、8月25日~まだまだ空きがございます!

9月以降の予約も入り始めておりますので、皆様お早目のご検討をお願いいたします!

皆様のご予約を心よりお待ちいたしております。

モルディビアンスターズ
代表
前井 馨(kaorita)





2018/3/17〜2018/3/24

こんにちは。たっちゃんです!

 

今週は伊豆のダイビングショップ「Yellow Fin」さんがご乗船くださいました。

今週の海はモルディブ感満載!!

お楽しみください!

 

まずはゆっくりと流れる潮の中、ヨスジの大きな群れとチェックダイブ。
P3182427
Photo by Kentaro
P3182419
Photo by Kentaro


砂地には7枚のモブラが登場。1本目からサプライズ!
P3182448
Photo by Kentaro

この日はそこからヴァーヴ向かいます。

南マーレで1本潜り、久しぶりのナースシャークのポイントへ。

1ヶ月ぶりの再会。
P3182469
Photo by Kentaro
P3182520
Photo by Kentaro

僕自身、メチャメチャ興奮してました()

そうして今週のこのポイント。もう一つ驚く事が。
P3182473
Photo by Kentaro
P3182471
Photo by Kentaro

イスズミが今までにないほど集まりを見せ、ナースシャークを覆い尽くすほど。

これにはガイド陣もびっくりでした。

 

翌2日目は早朝に船を出し、ジンベエのポイントへと向かいます。

まずは水中からのアプローチを狙います。が、そう上手くはいかず。

上がり、ドーニの上から探します!!すると間もなくして、船が集結する場所を発見!!急いでドーニを走らせます!!ドーニを近くに付けジャンプ!!しかし、1歩届かず…。

しかも出た場所はさっきまでダイビングをしていたところだったのです。

悔しさを隠しきれないガイド陣。いつにも増して、気合が入ります。

そしてチャンス到来!!!船長が叫び指を指した先には黒い影、そして黒い背びれが!

紛れもないジンベエの姿。このチャンスを逃すわけには行きません。全員準備OK.

一斉に飛び込みます。

P3191649
 Photo by Kitano
P3190057
Photo by Mayu
全員が見逃すことの出来ないほどの至近距離にてジンベエと泳ぐことが出来ました。

でも、これで終わりじゃないのです!

遠くでもう一頭のジンベエが出ていたのです!

と、いうことでその子を狙っての完全ギャンブルダイブ決行!!

エントリーして5分!
P3192534
Photo by Kentaro
P3192537
Photo by Kentaro
P3190064
Photo by Mayu
P3190066
Photo by Mayu
目の前からゆっくりと近づいてくる大きなジンベエ!

しっかりと皆様の目に焼き付いたことでしょう!

 

この勢いそのままに次に向かったのはアリ環礁の有名ポイントの1つ。

最高の安定感を持つ、クダラティラ。見る度に数を増すヨスジフエダイ。

温かく包んでくれそうな黄色の群れ。
P3190079
Photo by Mayu
P3192552
Photo by Kentaro
根の上を埋め尽くすその光景は、まるで絨毯。

いや、ホットカーペットの様()

翌朝は潮の影響の少ないポイントにてマッタリと。

前日のダッシュした脚の休憩です。

そして最近好調なマンタポイントへ。

今週も絶好調。ステーションには終始マンタがクリーニング。
P3200124
Photo by Mayu
P3202698
Photo by Kentaro
P3201843
Photo by Kitano
P3201825
Photo by Kitano
P3200129
Photo by Mayu

あっという間の45分間となりました。

3本目はフィッシュヘッドへ。

ここ最近は潮が速く、思ったとおりの魚影をお見せできなかったこのポイントでしたが、今週はパーフェクト。
P3200147
Photo by Mayu
久しぶりの落ち着いた潮の中でゆっくりと魚影を堪能することが出来ました。

そしてこの日の停泊場所はナイトマンタのチャンス有りのポイント。

母船の後ろにライトをつけ、プランクトンでおびき寄せます。

夕食中。クルーの声が飛びます。

「マンター!!」

今週はすんなりと登場。しかも逃げる気配なし!食事を済ませ、食休み。

そこから夜の海へ飛び込みます!!!

水底付近。マンタの姿を捉えます。
P3212782
Photo by Kentaro
潜ってビックリ。1枚だと思っていたマンタがなんと3枚!!
P3212840
Photo by Kentaro
P3212903
Photo by Kentaro

45分間の間、途切れることのないマンタの捕食。

エキジット後は母船の上からグルグルと回る姿を眺めました。
P3212938
Photo by Kentaro

翌日、1本目のポイントは沈船のポイントへ。
P3212969
Photo by Kentaro

日が経つごとに魅力を増していくこのポイント。
P3212956
Photo by Kentaro
P3212958
Photo by Kentaro

沢山の魚が住み着き、鮮やかになっていきます。

根の上にはクマノミのお家が連なり、アリ環礁内で最もゆっくりと沢山のクマノミを堪能出来るポイントだと思います。
P3210213
Photo by Mayu
P3211985
Photo by Kitano

そこから僕らは北へ。

アリ環礁最北端のポイントにて1本。

そのままマーレへ戻ります。

3本目に選んだポイントは魚工場の前。
P3213123
Photo by Kentaro

エイが四方八方に舞い、
P3213105
Photo by Kentaro
コバンザメは隊を組みます。
P3210269
Photo by Mayu

ウツボはいつも通りのリラックス感。見ているこっちも癒されます!
P3210251
Photo by Mayu

 P3212112
Photo by Kitano

ほとんどの方が最終日となったこの日。

1本目はソフトコーラルのポイントへ!

潮が速かったため安全停止中ヒヤヒヤすることもありましたが、満開を見せるソフトコーラルにはうっとりさせられます。

 

そして2本目は数あるモルディブの見どころのひとつ。パウダー玉とのダイビング。

陽の光により、綺麗に光るパウダー玉。
P3222246
Photo by Kitano
P3223179
Photo by Kentaro
P3223214
Photo by Kentaro

そして砂地ではなんとマンタの登場!!

まさかのスペシャルゲストに興奮止まらず!
P3222261
Photo by Kitano

マンタのオンパレードとなった1週間でした。

 

その後のダイビングは北マーレにて固有のチョウチョウオやハゼを眺めてゆっくり、ゆったりとしたダイビングをして今週も無事終わりを迎えました。

 P3232403
Photo by Kitano
P3232424
Photo by Kitano
P3232465
Photo by Kitano
P3232508
Photo by Kitano

ジンベエ、マンタ、ナイトマンタ、パウダー玉とモルディブの魅力たっぷりだった今週。

来週もこれぞモルディブ!!と言える、そんなトリップにしていきたいと思います!!

是非、来週もご覧ください!

2018/3/10〜2018/3/16

こんにちは!たっちゃんです!

日本では、ウィンタースポーツの季節も終わりに近づき、花粉症に悩まされるこの季節。

皆さんに朗報です。なんとモルディブには花粉症がないんです!!

この春は是非モルディブへ()

 

さて、1ヶ月に渡る大ギャンブルツアー「南下ツアー」も無事終わり、アリ環礁へと戻ってきた僕たち。

久しぶりの王道トリップ再開!!

再開1週目は関西から来てくださいました!

Dive In Blue」さんの前半戦!フルチャーターで大学生の皆さんが参戦です。
P3154497
Photo by Kubo

1ヶ月振りの王道コースに相応しい元気溢れるパワフルな1週間。

笑いあり、涙ありのトリップ!!

早速ご覧下さい!!

 

まずはチェックダイブ。

1本目にピッタリのまったりとしたダイビング。
0Z7A3259
Photo by Erika
0Z7A3211
Photo by Erika

魚影たっぷりの海にてしっかりとウォーミングアップ!!
0Z7A3188
Photo by Erika
0Z7A3205
Photo by Erika
P3112983
Photo by Kubo

体も温まり準備完了!2本目のポイントへ。

2本目はモルディブならでは、パウダー玉狙いのダイビング!
0Z7A3307
Photo by Erika
P3113011
Photo by Kubo

始めは2箇所に分かれていたパウダーも後半には集結!!
0Z7A3295
Photo by Erika
0Z7A3298
Photo by Erika
P3113050
Photo by Kubo

大きな群れとなり皆さんを出迎えます!

初日最後はフィッシュタンクでのダイビング。

沢山のエイと
P3113095
Photo by Kubo
0Z7A3447
Photo by Erika
0Z7A3482
Photo by Erika
ウツボを堪能。

翌朝はソフトコーラルや沢山の魚に囲まれてのダイビング。
P3123165
Photo by Kubo
0Z7A3558
Photo by Erika

そこからアリ環礁へと船を走らせます!

アリ環礁1本目!

ベンガルやムレハタをゆっくりと。と思いきや速めの潮に皆ビックリ!

いろんな意味でモルディブらしい洗礼を受けました()
そして昼も夜も水中も南国を堪能する皆さん!
P3113514
Photo by Kubo
P3123578
Photo by Kubo

3日目は沈船ポイントで1本目。
P3133276
Photo by Kubo
P3133318
Photo by Kubo
0Z7A3693
Photo by Erika

潮も穏やか。船に住み着く色とりどりのお魚に大興奮の皆さん。

しかし、このポイント以上の興奮が次のマンタポイント!

10枚近いマンタが終始クリーニング。
0Z7A3725
Photo by Erika
目の前のみならず、頭上をヒラヒラと舞います。
0Z7A3737
Photo by Erika
0Z7A3739
Photo by Erika

そして1ヶ月振りの光景!小さなマダラトビエイがクリーニングにトライ!!
0Z7A3753
Photo by Erika
しかも3枚
()

もちろんベラにとってはクリーニング対象外()

愛くるしくも少し気の毒な光景…。報われる日はくるのでしょうか?()
この日3本目はジンベエエリア!

情報が少なく大苦戦の中、チャンス到来。

全員見られたもののかなりの深場。影のみが見られた形。
P3133511
Photo by Kubo

翌日に託し、この日はジンベエエリア周辺にて停泊。
夜はスーパー釣り大会!

P3144063
Photo by Kubo
20180313_205618
20180313_211437
20180313_212030
大物祭り!!!!

早朝ダイブ。

ヨスジ、ヒメフエ溢れるビックポイントへジャンプ!!

透明度もさることながら、ピカイチの魚影には圧巻。
0Z7A3768
Photo by Erika

皆のテンションはMAX。ヨスジの群れに飛び込んでいきます!!
0Z7A3819
Photo by Erika
0Z7A3773
Photo by Erika
最後まで飽きずに突っ込み続けた方もいらっしゃいました!
()

そして母船にてジンベエサーチ。
P3133731
Photo by Kubo
皆さんも一緒に探してくれています!

しかし、今週のジンベエは落ち着きない様子。

上がってきてもすぐに深場へ…。

右往左往させられる僕たち。

しかし諦めません!!モルディビアンスターズ。当初の予定を一新し、ギリギリまで粘ります。

その願い通じたか、最後の最後にジンベエ登場!!

またも深場での登場。今週はジンベエに振り回される1週間となりました。

 

最終日は1本目をマンタポイント。

2本目は今週2度目のクダラにて1本を過ごし、
0Z7A3952
Photo by Erika
0Z7A3944
Photo by Erika
大賑わいとなった1週間のダイビングは終わりを迎えました。

 

夜はもちろん大宴会!!

最後の宴に持ってこい!!

モルディビアンスターズ屈指のエンターテイナー、シャーミーによるマジックショー開催!
20180315_212718
20180315_213059
20180315_213537
20180315_213638
船上のボルテージは最高潮となり、このトリップ最大の盛り上がりを見せました
(海より盛り上がったのでは…())

 翌日は1週間ぶりの陸へ上陸。皆でローカルの島にてお買い物と散策!
P3164569
Photo by Kubo
P3164570
Photo by Kubo
P3164576
Photo by Kubo

そして下船の時。楽しい時間とは早くすぎるものですね…ハシーナが遠くになり、最後は涙する方たちも…。
0Z7A3830
Photo by Erika

僕も、もらい泣きしそうになりました()

最後の最後まで手を振り続けてくれた皆さん。
P3133517
Photo by Kubo
モルディビアンスターズ一同!また一緒に潜れる日を楽しみにしております!!

次こそはもっと近くでジンベエを見ましょー!!


さて、笑いあり、涙ありとなったこのトリップ。

ダイビングのみならず、沢山の出会いの場にもなります、ハシーナ号。

来週はどのような出会いとドラマが見られるのでしょうか。

ブログにてお伝えさせて頂きます!!
是非、お楽しみに。

2018/3/3〜2018/3/10

こんにちは!

4週に渡って壮大なドラマ繰り広げました南下ツアー。

最終週のブログはたっちゃんがお送り致します!!

 

冒頭でもお伝えしましたが、1年に一度のスペシャルトリップ「南下ツアー」。

今週が最終週となりました。

3週続けての大当り。そのプレッシャーの中、今週はどのようなトリップとなったのか…

早速、見ていきましょう。

 

初日。

空港付近の水路のポイントにてチェックダイブ。

グレイリーフやホワイトチップが目の前を行ったり来たり。楽しそうに泳ぎ回ります。

2本目はそこから南下。ガーフ環礁の中程の外洋にてエントリー。シルキーを狙います。
P3063367
Photo by Junko

何匹かのシルキーを発見するも少し遠目の為、全員とまではいかず。

初日は2本のダイビングをして終了。気を取り直して、翌日のダイビングに備えます。

 

翌日、まだ日も昇らぬ3時。

ハシーナはあのサメを狙いに、ビックポイントへと移動を始めます。もちろん、モルディビアンスターズは南下ツアー4週共にフォームラを狙います!

午前7時。大目玉ポイント。フォーミュラーに到着。

ご存知の方も多いでしょう。ここではあのタイガーを狙ってのブルーウォーターダイビング。

全員の心を一つに、青々とした大海原に飛び込みます!

各チーム潜行中。何やら大きな黒い影。
P3053333
Photo by Junko
と言う必要のないほど間近にタイガーシャーク!

そのタイガーが立ち去ると同時に違う場所で鳴り響くベルの音。
P3053334
Photo by Junko
P3053346
Photo by Junko
またまたタイガーのお出まし。計4匹のタイガーを1本のダイビングで!

潜るたびに調子を上げてくるこのポイント。

もちろん2本目もタイガーを狙います。

この回もきっちりとタイガーとダイビング。
DSCN0782
Photo by Atsuko
DSCN0776
Photo by Atsuko
P3050214
Photo by Kohinata
P3050215
Photo by Kohinata
1ダイブ10個体以上のタイガーが迫ってきます!なんたる迫力!この1ヶ月でタイガー達との距離が縮まった気が…親近感さえ湧いてきています
()

フォーミュラーでのダイビングはこれにて終了。

ガーフに戻り、再度シルキーを狙います。

お世辞にも大当りとはなりませんでしたが、2匹のシルキーが周りをグルグル。
P3060240
Photo by Kohinata
P3060241
Photo by Kohinata
P3060244
Photo by Kohinata

無事に全員で見ることができ、ガーフ最後のブルーウォーターを終えます。

ガーフ最後のダイビングはチャネルでのダイビング。
P3073371
Photo by Junko
サメを眺め、ガーフを後にします。

この日はここからラームへ移動。徐々に北上。いよいよ南下ラストウィークも終盤戦。

2本のチャネル。大物こそ見られませんでしたが、シルバーチップの子供達やグレイリーフ、
P3060256
Photo by Kohinata
マダラトビエイの群れや久々の魚の群れに皆さんご満悦。
P3070279
Photo by Kohinata
P3070271
Photo by Kohinata

3本目はタア環礁へ。

タア環礁では2本のブルーウォーターダイブ。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、今週、1分を除いてハンマーをまだ拝めず。

タア環礁に全てを託し、最後のギャンブルに出陣!!

しかし、勝利の女神は微笑まず…。

「タアのバカヤロー!!!!」とカオリータ()

そこから次の環礁、ミームへ移動。

ギンガメ群れるチャネルでの1本。

エッジを流れるように泳ぐギンガメやグレイリーフ。
P3083421
Photo by Junko
P3083422
Photo by Junko
P3083417
Photo by Junko

チャネルの中には、オレンジに光るハナダイを横目に安全停止。

そして最後のポイント。

ヴァーヴにてガイド陣大好きなポイント。フォッテヨへ。

マクロ、ワイド共に楽しめるこのポイントで1ヶ月に渡る南下ツアーの最後を締めくくります。

綺麗に咲くソフトコーラル。
P3093430
Photo by Junko
P3090345
Photo by Kohinata
久々のソフトコーラルにガイドの方が興奮していたかもしれません
()

アケボノハゼや滅多にお目にかかれない2種類のハナダイ。

コウリンハナダイやツースポテッドバスレットも健在。

モルディブらしく、沢山の魚達に囲まれてのダイビング。

しかし、ここでも果敢なダイバーが名乗りを上げ、最後のブルーウォーターダイブへ!!

ガイドはカオリータとシャーミー!!(本気じゃねえか!というツッコミまで。笑)

このヒリヒリ感がたまりません!!!()

ブルーウォーターチーム・・・「チーン・・・」撃沈です!!!!涙

そしてマーレへ。

沢山のドラマを見せてくれた南下ツアーも無事にフィナーレを迎えることが出来ました。

4週目の皆さんの中には「来年も4週目でリベンジしてやる!!」と力強いお言葉にモルディビアンスターズ一同来年の南下ツアーに向けて今から闘志を燃やします!!

1ヶ月に渡りお送りしてきました、スペシャルツアーはいかがでしたでしょうか?

アタリハズレある大物狙いのギャンブルトリップ。しかし、ひと度その興奮を味わうとやみつきになるトリップです。是非、この興奮を皆様自身で体感してみて下さい!

 

そして来週からは世界屈指の魚影を誇る、アリ環礁での王道トリップ再開!!

お魚たっぷりのブログをお楽しみに!!

2018/2/24〜2018/3/3

こんにちは、minminです!
ご存知の方も多いかと思いますが
「えっ!?ミンミンって誰?」という方もいると思いますので簡単に説明を。
モルディビアンスターズの元敏腕スタッフです。南下ツアーに遊びに来ています。

せっかくなのでとブログも書かせてもらいました。
久しぶりに書いたらエラい長い文章になってしまいました。長編です。
お暇な方はどうぞ最後までお付き合い下さいませ。
それではトリップの様子をお伝えしていきます。

南下ツアー3週目!!今週のモルディビアンスターズは、いつもと一味違います。
それに気がついたのは初日の2本目のダイビングの事でした。
ガーフ環礁からスタートした今週の1本目は、
チェックダイブを兼ねてのゆっくりコーナーダイブ。
2本目は大物狙いのブルーウォーターダイブに向かいます。
DSC02411
Photo by tomori
このブルーウォーターダイブでは、潜行してものの10分で怒涛の大物ラッシュ!!
まずは僕らの真下に現れた超巨体ジンベエザメ!!
IMG_0220
Photo by Attila

余韻に浸る余裕もなくシルキーシャークが登場。
DSC02409
Photo by tomori
この慌ただしい中、さらに2匹のバショウカジキまででちゃいました!

kajikibyu
Photo by 梅ちゃん

いつもなら追い込まれてから真の実力を発揮するのがモルディビアンスターズ。
ダイビング終盤、トリップの後半から大当りすることが多かったのです。
先週にいたっては安全停止前後に大物が集中していたので
「フロートからのモルディビアンスターズ」なんて言われてしまいました。
いきなり当たり過ぎて、これではガイドの調子が狂ってしまいます。


好調スタートからの2日目。
朝の1本目はチャネルダイブへ。
前日よりもリーフエッジの透明度が良くなっていたのでグレイリーフが良く見えました。

2本目は先週のカジキが大当りしたチャネルへダイブ
マスクが飛ばされそうな程、強烈な潮の流れでした。
IMG_0256
Photo by Attila
期待していたダイビング後半のカジキでしたが、そう簡単には現れず。
3本目は僕らの大好きなブルーウォーターで潜ることにしました。


3本目のポイントへ向かう途中のこと。
ドーニの上から水面を見ていると、なにやら緑色っぽい大きな物体が浮かんでいました。
「なにあれ?藻?」と僕が言ってしばらく見つめていると、尾びれの様なものが見えました。
はっ!として僕が声を出そうとした瞬間に後ろから「ジンベエー!!」と大きな声が響きます。
慌ててスノーケリングへ行こうとしましたが、残念ながらあっという間に逃げられちゃいました。
それにしても、6年間もジンベエザメの影を追い続けてきたはずのガイドが
水面のジンベエを見て「藻」とか言っちゃうあたりがさすがminminクオリティ。
救いようがありません。


ジンベエで盛り上がって入った3本目はシルキーシャークがチラッとでた感じで終わってしまいます。
先週の群れはどこに行っちゃったんでしょう。シルキーはまた後半に狙うことに。

3日目は、まだお日様も見えない暗いうちから船を走らせフォーミュラへ向かいます。
ここから計5ダイブこのフォーミュラで潜ったのですが、びっくりするほど当たってしまいます!
foamulabyo
Photo by ozaburo

まずはダイバーにとっての夢の様な1本目のお話からいきましょう。
潜行して真っ青な海の中を進んでいくと、最初に現れたのは大きなハンマーヘッドシャーク!
IMG_0295
Photo by Attila
僕らよりもう少し深いところを、様子を伺うように泳いでいきました。

ハンマーを追いかけていると僕らの眼下にジンベエサイズの大きなサメのシルエットが。
P2270270
Photo by 梅ちゃん
そのサメの正体は、なななんとタイガーシャーク!!
とにかくデカすぎです。
デカすぎてドキドキが止まりません。
tiggerbyt2
Photo by tomori

タイガーシャーク登場の興奮も覚めぬうちにビッグサイズのシルバーチップが近づいてきたりと大忙し。
ここまで全員で見れただけでも十分すぎる大当りのなのですが、まだ終りではありません。
安全停止中も決して油断してはいけないのです。

近くでピックアップをしていたドーニのすぐそばに何かがいます。
「あれ、もう上がったはずなのに」と目を凝らして見ていると、近づいて来たのはジンベエー!!
jinbeebyk
Photo by Kyoko
jinbeebyw
Photo by Junko

小柄なかわいいジンベエちゃんは僕らの目の前を行ったり来たりの大サービス!
1ダイブでここまで見れてしまうなんて……もうアレですね。
完全にアレです。
凄すぎて言葉が出てきません。
ジンベエちゃんは水面で見たのもカウントすれば3日連続。
今年の南はどうやらジンベエの当たり年のようです。


「早く次も潜りたい!」とゲストの声。
これだけ当たってしまったら、朝ごはんを食べてる時間も惜しいと思う気持ちも良く分かります。
朝食後、大きな期待を胸に早めに潜りに行った2本目ですが
残念ながら不発気味に終わってしまいます。
サメはいるのですが深すぎてよく見えなかったという感じでした。
このダイビングが記念ダイブだったゲストの方が潜る前に
「記念ダイブの時は大体外れる。前後が当たるんだ」と言っていました。
まさにその通りになったということは3本目に期待しちゃっていいのでしょうか!?

続く3本目のフォーミュラは期待通りのタイガー祭り!!
次から次とカンカン、リンリンが青い海の中で鳴り響きます!
P2270109
Photo by ozaburo

あっちこっちに出ていたので正確な数は分かりませんが10個体近くいたんじゃないでしょうか。
落ち着く暇もなく、さらにシャーミーが深い方を見つめてベルを鳴らしています。
近づきながら水深を下げていくと僕らのいる水深よりはるかに深く遠くではありますが、
川の様に群れるハンマーの姿が!!
うっすらと亡霊のようにしか見えませんでしたが、かなりの数がいたと思われます。

まだ3日目にしてこの好調ぶり。怖いくらいです。
しかしダイバーの欲望に果てはありません。
この日は海況が落ち着いていたので、島影で停泊して
更なる期待を胸に翌日もフォーミュラで潜ります。

そして翌朝。今週の僕らはやはり一味違います。
もう「フロートからの~」なんて言わせません。
潜行からのモルディビアンスターズ!!
エントリーした直後からしばらくカンカン、リンリンが鳴りっぱなしのタイガー祭り!!
IMG_0305
Photo by Attila
tiggerbyo
Photo by ozaburo
P2283255
Photo by Junko
tiggerbyt
Photo by tomori
めっちゃでっかい個体が目の前に現れたり、2匹同じタイミングで出てきたり、タイガーはもーお腹いっぱい!!
全員が縞模様までしっかり確認できたんじゃないでしょうか。
さらにカオリータチームはこの日も水中でジンベエザメを目撃!!
潜る前にドーニの上からも見つけたりしているので、本当に沢山いるようです。
どうしちゃったんでしょうね??
ジンベエ目撃記録は4日連続に更新です。

本当はこのダイビングが終わったらガーフ環礁に戻ろうかと話していたのですが、勢い余ってもう1ダイブ!!
今度はニタリを狙ってやろう!という事になりました。
2本目、シャーミーがカレントチェックに飛び込む直前には、
ドー二から水面近くにいるタイガーシャークの姿が見えたそうです。
カレントチェックもドキドキですね。シャーミーが食べられちゃう。


さてニタリ狙いのダイビング。
リーフ沿いに潮に流されながら進んで行くも、その姿はありません。
さすがにそう上手くはいかないか。
と思っていたら、実はシャーミー、このダイビングでちゃっかり見つけていたそうです。
深度も深く、深場は透明度も良くなかったので、見るのはかなり難しかったそうですが
数名のゲストもなんとか見ることができたそうです。

ニタリはしかたなしにしても、他は十分すぎる成果を得てフォーミュラを後にしました。
帰り道には恒例の赤道通過イベントも。
操船室では、ゲストのみなさん赤道通過時よりも船長との撮影で盛り上がっていたような気がします。


ガーフ環礁に戻ってからの3本目はブルーウォーターダイブ。
このダイビングは残念ながら静かな感じで終わっちゃいました。
safestopbyo
Photo by ozaburo
たまにはこんな時もございます。
そして懲りずに翌朝もブルーウォーターへ向かいます。


今度こそしっかりシルキーシャーク!!
silkybyo
Photo by ozaburo
silky2byo
Photo by ozaburo

先週までの様な大きな群れにこそ当たりませんでしたが、
ダイビング中ずーっと僕らの周りを泳いでいました。
そして今週のキャッチフレーズが決まりました。
「フロートからもモルディビアンスターズ!!」
安全停止からのジンベエー!!
jinbee4byo
Photo by ozaburo

これまでに水中で計4回!ジンベエ目撃記録は5日連続に更新です!!
ちなみに南下ツアーでこんなにジンベエが見れたのは初めてです。
今のうちにお伝えしておきますが、普通はこんな簡単には出てきません。

続いて潜った2本目のチャネルダイブで今週のトリップはさらなる盛り上がりをみせました。
グレイリーフにギンガメアジの群れ!!
gingamebyo
Photo by ozaburo
特筆すべきは安全停止前の出来事。
出ちゃいました巨大バショウカジキ!!
DSC02531
Photo by tomori
近い!近すぎる!!

全員の目の前を堂々と、ゆっくり泳いでいきました。
実はこの日、お誕生日の方がいらっしゃいました。
お誕生日に憧れのカジキを目の前で見れるなんて、とても素敵な1日でしたね!
おめでとうございます!


ガーフ環礁を少し北に移動して3本目もチャネルダイブへ。
南下ツアーらしいグレイリーフの群れを観察。
P3013305
Photo by Junko

毎日の様にジンベエサメを目撃してきた今週ですが、もちろん夜も狙っちゃいます。
夕食後、バックデッキでイルカを眺めながら待っているとやって来ましたジンベエちゃん!!
IMG_0207
Photo by 梅ちゃん
IMG_0105
Photo by Attila
どうやらあちこちのボートを回っている忙しい子のようで、
長い時間はとどまってはくれませんでしたが、何度かハシーナ号にも回って来てくれました。
まさにジンベエ尽くしの1週間でしたね。

見れるものはほとんど見た!
順調に進んできたトリップもとうとう最終日になっちゃいます。
ラストダイブは人気のチャネルのポイントに潜りました。
エントリー直後にシルキーシャークが出たり、リーフエッジではなかなかのサメの群れ。
南下らしいラストダイブになりました。
IMG_0176
Photo by Attila

2週間滞在されるゲストの方がいたので、この日はオプションのもう1ダイブ。
エントリー前からイルカが飛び跳ねていたので、今回まだ見ぬイルカを期待して潜ります。
ダイビングのラスト、20匹ほどのイルカの群れを見つけるも
少し距離があったのでゲストの目に届かなかったのが悔やまれます。

ドーニに上がった後、フセインが笑顔で「イルカ見た?」と聞いてきました。
別行動で、ドーニのクルーを体験ダイビングに連れていっていたフセインは100匹以上のイルカを目撃したそうです。
先週に続き美味しいところは全部フセインにもっていかれた気がします。

ブログの最後は今回ハネムーンで乗船されていた、
ラブラブなお二人のロマンチックな写真で締めようと思っていたのですが、
うっかり写真を頂きそびれちゃいました。
ハシーナ号の上、素敵な夕焼け、寄り添う二人、皆さんの想像力でカバーして下さい。
末永くお幸せに~♥

次週は南下ツアーもとうとう最終週です。
一ヶ月が早すぎる~!
どんな大物が出ちゃううんでしょう!?来週のブログもお楽しみに!!




記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ