Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2018年07月

2018/07/21~2018/07/28

こんにちは!たっちゃんです。


真夏の日本。熱帯夜にうなされる日もあるのではないでしょうか?

しかし夏にはいいことも沢山。特に海!!!

皆様が益々行きたくなるような、そんなモルディブの魅力をお伝えしたいと思います!!


それでは早速ご紹介します。

北マーレから始まりましたトリップ。

前半、強風が続いた今週は、いつもとは少し違う経路にてトリップしました。

北マーレから南マーレ、ヴァーヴと下り、南マーレへ少しバック。

そこからアリ環礁へ移動し、北マーレへ。というトリップとなりました!


1日目。

まずはチェックダイブ!
DSC00049
Photo by Wazumi
DSC00051
Photo by Wazumi
終えた僕たちは、南マーレへ移動します。

穏やかな潮の中、ダイブ!このポイント、上から見ると大きな三角形のような形。

西側から入ると、根の先端に向けて潜降していきます。

潜降を終えると目の前に広がる真っ赤なソフトコーラル。
P7226966
Photo by Sano
P7226974
Photo by Sano
_7220082
Photo by Chie
そのまわりをヒラヒラと舞うハナダイ達。

視線を右に向けると、そこにはギンガメは大きな群れを成し、サメ達も顔を出します。
P7227009
Photo by Sano

根の上にはムスジやコラーレ。
DSC00065
Photo by Wazumi
P7247155
Photo by Sano

魚影広がるこのポイントに別れを告げ、向かった先はヴァーヴ環礁。

ナースシャークとのダイビングです。

エントリーと同時に目の前に現れたナースシャーク。
_7220167
Photo by Chie
尾びれの形はナースシャークの特徴!
_7220183
Photo by Chie
_7220199
Photo by Chie

砂地に体を擦り付ける子や眠そうにあくびをする子。

その姿は見る者を癒しの時間へ誘います。


翌朝はチャネルにて1本のダイビング。ここで久しぶりのレオパードシャークに遭遇!!
DSC00078
Photo by Wazumi

浮上後は強風の影響を考え、この日はヴァーヴでの滞在を選択します。


せっかくのヴァーヴ環礁滞在!いつもではあまり足を伸ばせないポイント、フォッテヨを潜ります。

ここはガイド陣イチオシの絶景ポイント!写真家鍵井氏のモルディブの写真集「Wreath」の表紙になったポイントでもあります!少し遠いポイントで毎回行けるポイントではありません。が、沢山の見所を有するポイントです。

黄色く光るソフトコーラル
_7230299
Photo by Chie
DSC00096
Photo by Wazumi
DSC00099
Photo by Wazumi
P7247095
Photo by Sano
ツースポットバスレットという珍しいハナダイ、
DSC00111
Photo by Wazumi
無数のアケボノハゼなど魅力が沢山。

水路のポイントということもあり、もちろんマダラトビエイやギンガメアジにも期待できます!ここでたっぷり2本のダイブ。

2本を潜り終え、風をチェック。やはりまだ強風。安全を考え、この日はアリへの移動をせず、南マーレへ移動。

翌日、最短距離でアリ環礁へ向かいます。

早朝にアンカーを上げ、アリ環礁へ。大きな揺れもなく無事に到着!ほっと一安心。

まずはマンタポイントへ!エントリーから少し待つと1枚のマンタが!すると2枚、3枚、4枚と増え、賑やかになります。
DSC00137
Photo by Wazumi
P7257219
Photo by Sano
P7257222
Photo by Sano

最後までゆったりとクリーニングをしたくれたマンタ。

別れを惜しみながらの浮上となりました。

そして期待のジンベエを狙いに行きます!

が、どうしたことか・・・ジンベエの影どころか、ひとつの情報もない状況。

ドーニ、母船、両方から探すも見つけることが出来ず。今週も残念ながら。

どこに行ってしまったのか・・・


しかし、ここで気を落としてはいられません!

3本目は魚影広がる人気ポイント!「フィッシュヘッド」。
DSC00188
Photo by Wazumi
DSC00174
Photo by Wazumi
P7257286
Photo by Sano
_7250638
Photo by Chie
_7250655
Photo by Chie
DSC00185
Photo by Wazumi

サメの群れが目の前を行ったり来たり、ムレハタが周りを囲み、根の上をベンガルが覆う素敵なポイント。

モルディブらしい魚影を満喫しました!!


翌朝は沈船のポイントで1本。

そこから、アリ環礁最北端のポイントへ!!

深場ではありますがサメが群れ、マダラトビエイが集まっていました。

ここからモルディブもう一つの見所、パウダー玉を狙うダイビング。
_7260957
Photo by Chie
_7260977
Photo by Chie
_7261006
Photo by Chie
P7267399
Photo by Sano

大きな玉となったパウダーの泳ぐ姿は愛くるしく、泳ぎ去る姿には美しさも。

最終日のダイビングは北マーレで3本。

満開に開くソフトコーラル。ポイントにより色合いが異なり、同じソフトコーラルも全く違う顔を見せてくれます!
_7271069
Photo by Chie
_7271070
Photo by Chie
_7271074
Photo by Chie
_7271115
Photo by Chie

そして最後はまったりとマクロのポイントでのダイビング。

お馴染み、オーロラシュリンプゴビーやドラキュラシュリンプゴビー、フルムーンゴビーなど見た後に根の上へ。
_7271221
Photo by Chie
_7271249
Photo by Chie
_7271264
Photo by Chie
P7240430
Photo by Chie
P7271318
Photo by Chie

今シーズン。初日からうすうす感じてはおりましたが、ハナダイが大増殖!!

根の上は一面に広がるハナダイパレードで締めくくり、今週のトリップ終了。


さて、いかがだったっでしょうか?

2週連続のジンベエ不在となりましたが、安定のマンタやナースシャークに加え、滅多に行けないフォッテヨでのダイビングも楽しみ、見どころ満載の1週間となりました!

と言ってもそろそろジンベエを見たいところ・・・

来週は見られますように!

では、皆様また来週!!

2018/07/14~2018/07/21

こんにちは!ご無沙汰しております。たっちゃんです。

2ヶ月間の休暇を終え、リフレッシュ完了。研修ガイドの2名を迎え、新体制となったMaldivian Stars(2名の紹介は後ほど・・・)、いよいよ始動いたしました!

そして今シーズンはMaldivian Stars10周年!10周年に相応しいシーズンに出来る様、スタッフ一同安全第一で努めていきます!!



それでは早速、今シーズン最初のトリップをご紹介していきます。

北マーレ環礁~アリ環礁~ヴァーヴ環礁~南マーレの順に進んでいった今週のトリップ。


1本目はチェックダイブ。

砂地広がるこのポイント。潮も穏やか、チェックダイブには最適のコンディションへダイブ!

このポイント「マーギリロック」。
P7152712
Photo by クロマティー

ぽつんと立つ岩の周りにはヨスジフエダイの群れ、砂地にはひょっこりと顔出すオーロラシュリンプゴビー。

そして砂地を見上げるとモブラのお出迎え。サービス精神旺盛なモブラ達が僕たちの周りを優雅に泳ぎ回ります。
P7152743
Photo by クロマティー

幸先の良いスタートを切り2本目へ。

次のダイビングは一気にアリ環礁へ南下。アリ環礁最北端のポイント「ラスドゥーマディヴァル」。

このポイントはワイド、マクロの両方を楽しめるポイント。

崖のようなドロップオフには無数のサメが行き交います。

しかもその中には6匹くらいのシルバーチップが混ざりこんでいました!

砂地にはオーロラやドラキュラシュリンプゴビーなどのハゼ達を見ることが出来ます。
P7150535
Photo by Asami
P7150544
Photo by Asami

それだけではありません。数え切れんばかりのツバメウオも健在!
P7150525
Photo by Asami
P7150933
Photo by Tabuchi
となりました。

3本目は沈船のポイント「フェスドゥレック」。透明度こそ雨季の雰囲気ではありましたが、そこがまた沈潜の独特な雰囲気をより一層際立たせます。
P7152805
Photo by クロマティー
P7160941
Photo by Tabuchi

そしてここは沈潜の隣にある根の上も見どころの一つ。

一面にクマノミやハナダイがヒラヒラと舞い踊る光景を眺めることが出来ます。


2日目、人気ポイント「フィッシュヘッド」にて1本、
P7162908
Photo by クロマティー
37422471_1814629638626643_4353836561595367424_n
Photo by Keiko
P7160169
Photo by Asami
ます。

到着し、カレントチェック。1枚のマンタがクリーニングステーションに!

すかさずエントリー。ステーションに着くと、既に2枚に!

そして瞬きする度にと言っても過言ではないほどの勢いで増えていき、10枚を超えるマンタが目の前に!
P7162974
Photo by クロマティー
P7161015
Photo by Tabuchi
37551375_1814630655293208_2260356457985736704_n
Photo by Keiko
P7160290
Photo by Asami
P7160297
Photo by Asami
小さなクリーニングステーションに満員電車を彷彿させる程の密集度!

ガイド人も空いた口が塞がないくらいの迫力あるダイビングにゲストの皆さんも大興奮でした。


興奮そのままに向かった先はジンベエエリア。

気合を入れ直し、探しはじめます!

が、一向に現れないジンベエ。空には雲がかかり、水面は見えにくく、情報さえも入らない状況にガイド人にも不安が募ります。

この日、姿を見ることが出来ず、翌日。

天候は回復に向かい、条件は昨日よりも良好。

早朝、1本目に選んだのは「クダラティラ」。根を覆うヨスジフエダイは健在。
P7173113
Photo by クロマティー
P7173154
Photo by クロマティー

一面を黄色く染めあげ、モルディブ屈指の魚影を披露します。


そして再度ジンベエチャレンジ。

しかし、この日もジンベエは姿を見せず・・・。今シーズンのジンベエは黒星発進となってしまいました。

ですが、モルディブはまだまだ魅力が沢山!

気を取り直してナースシャークのポイントへ。

エントリーをし、水底につくとすぐさまナースシャーク!!
P7170667
Photo by Asami
P7171060
Photo by Tabuchi
P7171066
Photo by Tabuchi
37388610_1814632345293039_838788154923155456_n
Photo by Keiko

どんどん集まるナースシャーク達は総勢20匹はいるであろうの大盛り上がり。

寄り添うその姿に気分はほっこり。

中には両サイドからキスされてるハーレム状態の子も!羨ましい限りです(笑)

P7173222
Photo by クロマティー

翌朝はチャネルにて1本、
P7183265
Photo by クロマティー
P7183264
Photo by クロマティー
そこから南マーレへ移動。

ナギリティラへダイブします。

このポイントは入る方向により、違う顔を見せてくれます。

そしてこのダイビングではマダラトビエイの団体さんが登場!

計18枚の行進は圧巻です。
P7181105
Photo by Tabuchi

根の上には、ムスジコショウとコラーレバタフライフィッシュやヒメフエダイが溢れています。

P7183375
Photo by クロマティー
P7180416
Photo by Asami

北マーレへ帰ってきた僕たちは、パウダーブルーサージョンフィッシュの玉を狙ってのダイビング。

今シーズン最初のパウダーは最高のシチュエーション!

大きく群れを成すパウダー玉が目の前でご飯を頬張る姿。
泳ぐ姿もまた魅力的です。
P7180488
Photo by Asami
P7183429
Photo by クロマティー
P7183466
Photo by クロマティー
37488433_1814642485292025_5652567112070201344_n
Photo by Keiko
これぞモルディブ!!を堪能しました。


しかしまだまだ素敵なポイント揃う北マーレ。

満開になったソフトコーラル。
P7193590
Photo by クロマティー
P7190579
Photo by Asami
P7191197
Photo by Tabuchi
雪の結晶のように繊細。しかしながら、静かな迫力も兼ね備えるソフトコーラルはキラキラとして見えます。

これもまたこの海の魅力の1つですね。


そして夕方のフィッシュタンク。

水族館に来たかのように、いろいろな魚たちが共存するこのポイント。
P7190591
Photo by Asami
P7190585
Photo by Asami

ウツボ達の仲良く寄り添う姿は愛くるしく感じます。


迎えた最終日。

ハーバー付近のポイントにて魚影を堪能。
P7203745
Photo by クロマティー

無事に新しいシーズン初トリップも終わりを迎えました。


いかがだったでしょうか、今週のトリップ。

残念ながらジンベエを見ることは出来ませんでしたが、沢山のマンタやマダラトビエイ、ナースシャーク。

そして根を覆うほどに濃い魚影。モルディブの魅力、迫力満載の1週間となりました。

是非とも、この素晴らしい海を肌で感じていただきたいと思います!


ここで!

冒頭でもお伝えしましたが、今シーズンより2人の研修ガイドの紹介と一言。
<ともこ>
37731910_1806695172758120_6451795358317019136_n

こんにちは、ガイド研修中のTOMOKOです。 ダイビング歴11年。以前はマレーシア、タイ、バリ島で働いていました。 モルディブの海は初めてなので、分からない事がいっぱいですが、早く皆様のガイドができる様にがんばります♪
<えみ>

37695342_1806695152758122_2143718602358915072_n

はじめまして、今シーズンから研修としてお世話になってます栄実(エミ)です。
ダイビング業界のお仕事は初めてなので右も左もまだわからないんですが…1日でも早く皆さんにモルディブのスゴさと楽しさを伝えれるように頑張ります!
見ての通りお菓子大好きです〜笑
どうぞよろしくお願いします‼︎


新たなメンバーとともに、今シーズンも安全第一!!

新体制となったモルディビアンスターズを宜しくお願いいたします!!


もうすぐシーズンインです!

こんにちは!
あと2週間で新たなシーズンが始まります!今年はモルディビアンスターズ10周年記念ということで、
大幅値引きがなんと今シーズンいっぱい(来年のGWまで!)続きます。
クルーズ料金からなんと$100㌦引き!!リピーターさんは更に$100㌦引き!!!
ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!

またSTWさんからのご予約だけでなく、クルーズのみの直接予約も始まりました!
航空券をお持ちの方はぜひ!

まだまだ空きがございます!リピーター様も初めての方も、少人数制のモルディビアンスターズで極楽ダイビングを楽しみましょう!!

7月14日~7席空きあり
7月28日~2席空きあり
8月4日~7席空きあり
8月11日~2席空きあり
8月25日~4席空きあり (鍵井氏、フォト同行ツアー!おススメ!!)
9月15日~11席空きあり(STWから秋のお得な秋潜ツアーが出ました!)
10月13日~5席空きあり
10月20日~ガラ空きです
10月27日~ガラ空きです
11月10日~ガラ空きです
11月17日~7席空きあり
11月24日~6席空きあり
12月1日~ガラ空きです (鍵井氏、フォト同行ツアー!おススメ!!)
12月22日~ガラ空きです
2019年1月5日~ガラ空きです
2019年1月12日~ガラ空きです

だいぶ空いていますので(笑)来てくださいませ~~~
せっかくの10周年割引をご利用くださいませ~~

ご予約は航空券まとめてのSTWへ  dive@stworld.co.jp  
またはクルーズのみのご予約はMaldivian StarsのHPから! https://maldivian-stars.com


皆様のご予約を心からお待ち申し上げております!!

モルディビアンスターズ代表
前井 馨(カオリータ)



記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ