Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2019年01月

2019/01/19~2019/01/25

こんにちは、ともこです!
日本は冬真っ只中ですが、モルディブは最高気温30℃、水温も27-28℃と暖かです♪
皆さんも南国モルディブでダイビングしてみてはいかがでしょうか?

さてさて今週は、カオリータも所属するガイド会メンバーがオーナーの山口県にあるLOVE&BLUEさん鹿児島県のダイビングショップSBさん和歌山県のDIVE KOOZAさんによる合同チャーターツアーです!!

初日1本目のチェックダイブはマーギリ・ロックで。
ヨスジフエダイがいる場所は少し流ていましたが、いつも通りヨスジ群々です。
_14A3477

そこにクマザサが通りかかり、黄色と青く光るクマザサのコラボレーション!
砂地を流していくとムレハタタテダイ。
そのままリーフを流しながら固有種のチョウチョウウオやハナダイなどを見ながら、ゆっくりダイビングできました。

2本目は、さっそく南マーレ環礁へ移動をしてヴィリヴァル・ギリでダイビング。
ギンポの仲間や、ミヤケテグリのインド洋版のスターリードラゴネットなど
小さな生物たちがたくさん住んでいます。
016A9323

3本目は、またまた環礁を移動してヴァーヴ環礁のアリマタ・ハウスリーフ。
ここで狙って行くのがナースシャーク!
1U8A4757

016A9386
かなり流れておりましたが、ナースシャークやジェンキンスウィップレイ、ヨスジフエダイの群れなどが見れました!

ダイビング2日目は夜明けと共に船を動かして、アリ環礁ジンベエエリアへ。
到着前にジンベエ出没情報が!
エリアへ到着するなりドーニに乗り込み、まずはシュノーケリングの準備。
しかし情報があった場所へ到着するとジンベエの姿はなく上がってきたり潜ったりの繰り返しだった為、私達はダイビングに切り替えてジンベエを探す事に。

すると、大当たり!出ましたジンベエ~!!
016A9424
2度に亘り、長い事ゆ~っくりと一緒に泳いでくれましたよっ♪ 

2本目はマンタを狙いにランガリ・マディヴァルへ。
インド洋の固有種を観ながら流していくと、
トップリーフには7枚のマンタがクリーニングしていました。
小林6

016A9579

3本目もマンタ狙い。
今度はクリーニングステーションにテンジクダイの仲間や
タカサゴ系の幼魚がいっぱいのヒメンドゥ・ガー。
キラキラ☆マンタです!
小林5

016A9679


3日目の1本目もキラッキラなダイブサイト、デガ・ティラ。
先週よりも大きくなっていましたが、カマスのチビやテンジクダイが群々です。
016A9698

ヨスジフエダイやツバメウオも群れていて、
129A7347

1U8A5115

根の上にはモルディブクマノミやハナダイ、スズメダイもいてキレイでした〜。
GOPR1307
ホントここ1ヶ月くらい至る所で幼魚たちやテンジクダイ等がキラキラしてます。


2本目はムーフシ・コーナー!
ヨスジやタカサゴ系のお魚等とのコラボ写真が撮れるポイント!
129A7427
しかし、人気ポイントの為、今回は混み合っていました…
IMG_8262

でも、マンタもたくさんいましたよ♪
016A9786

3本目はパネトーネの西側でまったりダイビングです。
そして、潜降するなりマンタ発見!
1U8A5421

IMG_8355

3枚のマンタを堪能したあと流していくと、先週と同様ヨスジの大群が居てくれました!
_14A4696

夕方はビーチへ遊びに行き、夜はビーチでディナー!
50927140_325841864699245_8389437160616361984_n

実はこの各ショップのロゴたち、オーナー陣がぞれぞれがご自身で作成されたもの。
51342224_635383236896801_3485385541459902464_n
お客様を喜ばす為、各自が一生懸命に作られていたそうですよw

そして、ビーチで頂くお食事やお酒は最高でした!
50894925_2278254605830348_8014571036336979968_n


さて、4日目の1本目は人気ポイント、フィッシュ・ヘッド!
魚影が濃くて、色々なお魚が観れる場所です。
まずは潮上でタカサゴ系のお魚の群れと、それを狙う回遊魚たち・・・
129A7625

今回はグレイリーフシャークも近くで回遊してくれました。 
小林2

そして、なんと言っても、ここはベンガルスナッパーの大群!
GOPR1405

黄色が海の中で鮮やかに映えます。
_14A4798

小林1


さらにはマダラトビエイ、タイマイ、ロウニンアジ、イソマグロも観れて、
盛りだくさんなダイビングとなりました。
P1230068

1U8A5602


2本目は西側に戻ってソフトコーラルが最強にきれいなマーロス・ティラへ。
しかし、水中へ入ってみると・・・
016A0060
どこを見てもシュンとしぼんだソフトコーラルばかり・・・
カオリータは発狂ですw

しかし、根の上やエッジ部分にはこれでもかとハナダイが群々!
_14A4976

オーバーハングの中にはウミウチワや、ヤギ等もたくさんあり、
とてもキレイで、流れもないので、お写真も撮りやすい環境でした。
_14A4948
中には今回のトリップで1番好き!と言う方も。

上がってくると、明日の朝もう一本マーロスで潜る!と、カオリータ。
明日は咲いてる事を祈り、本日3本目のダイビングへ。
場所はフェスドゥ・レック。
このツアーで、唯一の沈船ダイビングです。
ここ1-2ヶ月間、沈船全体がテンジクダイの仲間や様々な幼魚たちで、とってもキラキラしています!
_14A5075

129A7770

隣の根には、いつもの通りイソギンチャクとモルディブクマノミ、
そしてここにもハナダイのチビがワッシャワッシャいました。
1U8A5742

最終日の1本目は昨日のリベンジをしにマーロス・ティラ。
今回は見事にソフトコーラルが咲き乱れていましたが、その代わりに、かなり流ていました~。
1U8A5787

129A7822

寒色系と暖色系のソフトコーラルと・・・、
016A0115
さらにヨスジの色鮮やかなコラボが素敵すぎます!


最後のダイビングは北マーレ環礁に戻って、サンライト・ティラへ。
パウダー玉を狙います。
IMG_8799

129A7879

パウダー1本勝負のチームとパウダーを見た後、砂地に下りて遊ぶチームに分かれてダイビング。
カオリータ・チームと私のチームは砂地チームで結構長いこと潜っていましたが、ドーニに戻ってみるとパウダーチームはまだ戻っておらず・・・相当長いことお写真を撮られていたみたいです!
016A0254

そしてラスト・ナイトはシャーミーのマジックショー!
51112627_2698116756866894_2071193599915065344_n

51359090_2779495922275882_8985318191664201728_n
お得意の手品で皆様を沸かせてくれました♪
51149375_2217739238463985_5150563075291611136_n

と、いう感じで潜ってきました今週のツアー!
ナイトマンタはマンタが来なかった為、出来ませんでしたが、
日中はたくさんのマンタが観れて、ジンベエザメも水中で長いこと一緒に泳いでくれましたよ。

LOVE&BLUEさん、ダイビングショップSBさん、DIVE KOOZAさん、お越し頂いた皆様、ありがとうございました!!


さてさて、次のトリップはどうなるのでしょうかー??
来週もお楽しみに♪

2019/01/12~2019/01/19

こんにちは!うめちゃんです。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします♪

 

今週は風もあり、途中スコールもあったりと寒い日も...。
陽がある時はとても暖かいですよ。むしろ暑すぎるくらいの日も。
でも最近はダイビングが終わり、海からあがると本当に寒くて震えてます。
カオリータも「なんでモルディブこんな寒いねん!?」とよく叫んでおります。(笑)

常夏のモルディブは一体どこへやら??


今週はそんな気温差の激しいモルディブの1週間を紹介いたします。

 

北マーレ~南マーレ~ヴァーヴ環礁~アリ環礁と周ったトリップ。

 

チェックダイブとなる1本目は「マーギリロック

いつも変わらぬ安定のヨスジに囲まれながらのダイブ。
50638576_290249611635697_5061641094597443584_n

IMG_1893
根の周りはハナダイが無数に舞ってます。
IMG_1891


南に下り、2本目は「ヴィリヴァルギリ

ここは白い春雨のようなコーラルが他のポイントと比べ、多く見られるポイント。

50024014_379430142841701_2306739038175887360_n

浅瀬にはハナダイ。天気もよかったのでハナダイのオレンジが映え、とても綺麗でした。
IMG_1918
上を見上げればボートもくっきり。

IMG_1905

口の中が黄色いアデウツボも高確率で見れるのもここの魅力のひとつ。
20190113-P1130148

今日は大きい子と小さい子の2匹のアデウツボを見ることができました。
ただ、場所が離れていたため一緒に撮影はできず。

 

 

ヴァーヴ環礁に一気に大移動。

アリマタハウスリーフ」でナースシャークとサンセットダイブ。

IMG_1925

DSCN0118
流れていたので、中層で泳いでるナースシャークしかおらず。

時々エイも。

IMG_1923

一体何匹のナースシャークとすれ違ったことでしょう。。。

砂地に寝ている姿が恋しいです。

 

 

翌朝1本目は「ミヤルカンドゥ

めちゃめちゃ流れてました!今季イチではないでしょうか。

どれだけ流れてたかというと、見てくださいこのエアーの行く方向を。
IMG_4052
捕まってるのがやっとで、サメも少しいたのですが見る余裕もないほど流れてました。

写真はありませんが、シャーミーと1人のゲストはタイガーシャークを見たとのこと!
かけてあるカレントフックを放し、流れに身を任せチャネルダイブ。

流れに逆らうのはキツイですが流されるのは気持ちいい!!!

 

砂地を抜けたところでムレハタタテダイの群れもいました~。

50110602_941419289396482_4847947917362724864_n

 

お次は、皆さんお待ちかね。ジンベエザメ!!

 

果たして今週もその見れるのか。。。

 

アリ環礁に移動し、まずはドーニから水面でジンベエサーチ。

深場に行ったと情報があり、ダイビングに切り替えエントリー。

潮が巻いて泡が大変な事に。大変でした...。

コガネシマアジの群れとナポレオンフィッシュが私達の近くを泳ぎ去り。

数十分してから水面にジンベエが現れたとの情報が。

すぐにドーニに上がりシュノーケルの準備に取り掛かります。

 

1回目のエントリーでは、姿すら見ることは出来ませんでした。

2度目の挑戦。ドーニから見える黒い影。

 

いました!!!ジンベエ!!!

 

皆一斉にエントリーします。

 

するとすぐ真下にジンベエの姿が!!

20190114-P1140233

しかし泳ぐのが速く追いかけますが、皆次々と追い越され追いつけず...。

 

今回は船も少なく、他の船がダイビングしてる中のシュノーケルだったのでほんの数分ではありましたが、ジンベエを貸し切り状態!

そして全員がジンベエを見れました!!!本当によかったー!

 

ジンベエありがとう!

 

 

昼食を食べ終え、3本目は「アンガガティラ

次はのんびり潜ろう!とカオリータ。しかしここも少し流れててのんびりではなかったですがガイドの指示棒やライトを振るとそれに反応し動くきびなごやスカテンでキラキラときれいでした。
多少流れもあったのでリーフ沿を泳ぎ、マクロを楽しみました。
IMG_4143
ブチウミウシ。かわいいですね~
IMG_1949
固有のカラーブレニーもまるで笑ってるような表情でとってもキュート♪

イカを見た方も!
20190114-DSC01301

タイマイにも会いました~。
20190114-DSC01310

 

3日目の1本目は、「ランガリマディバル

ここはなんといってもマンタを同じ目線で見れるポイント。

トップリーフ全体がステーションになっており、かなり広範囲なのでどこでマンタが出るかわかりません。先週と同じ浅瀬に出ることもあれば45分間全く会えない事も...。

色々なお魚達を楽しみながらリーフ沿いをだらだらと泳いでいきます。
20190115-DSC01339

IMG_2002

20190115-DSC01332
しばらくするとリンリン、カンカンと音が響き渡ります。

 

カオリータについて行くと2枚のマンタが。
IMG_2022

20190115-DSC01362

その後すぐに1枚増え、3枚が私達ダイバーの前や上をぐるぐる。

視線を別の所に向けると2枚のマンタ。

合計5枚!!

もしかしたらもっといたかもしれませんが、私が確認できたのは5枚でした。

20190115-DSC01367
エアーでクリーニングしに来たのか、1人のダイバーの真上に数分留まってました。
こんなに真上にいるのに全く気づかないダイバー。(笑)

それよりカメラがすごくてそっちにも目がいってしましまいます。
すごい映像が映ってそうです。

近くでたっぷりとマンタを堪能して1本終了。

 

ドーニではマンタで大興奮したゲストの皆様で大盛り上がりでした。

 

 

2本目、ムーフシコーナー」でまたまたマンタ狙い!!

1本目のポイントとは違い、下から煽る感じで見れます。

 エントリーしてすぐに遠くからでもわかるほど大きなグレイリーフシャークとちょっと小ぶりなタイマイがいました。

50005834_2207759866157010_1106711668001341440_n

クリーニングステーションにはすでに2~3枚ほどおり、後に5枚がクリーニングステーションに!

20190115-P1150441

IMG_2057
マンタがいっぱいいたのはよかったにですが、透明度が悪かったのが残念。

 

 

3本目は「デガティラ

根の周りにはどこも奥が見えない程のスカテンやバラクーダの幼魚など小魚がぐっちゃり。

IMG_2069

 


根と根を移動しながら泳いでいくと、ヨスジの群れがあり、その近くに珍しいもう一つの群れが。
50418329_345356686069980_7589608598200647680_n
ムレハタかと思い近づいてみると

50605835_2068037749945784_3349424035262889984_n

いつも単独行動が多いツノダシが結構な数で群れてる!!!

ツノダシって群れるんですねー。初めて見ました。

これはかなり珍しいのではないでしょうか?!

他にもグレイリーフの子供が数匹いたり、ツバメウオの成魚と幼魚のグループがいたり、いくつかあるトンネルをくぐって遊んだりしました。

50451903_356020738315092_5841900033665925120_n

IMG_2083

最後は根の上に行き、ハナダイを見ながら安全停止。

20190115-P1150470

マンタも大当たりで皆様大満足の1日でした。

 

 

翌日1本目と2本目は「パネトーネ

1本目、ここも流れてましたー。

流れのせいか少しばらけてはいましたが、オニハタタデダイの群れは健在。

50217984_2229782840420065_3484032132840423424_n

ナポレオンフィッシュが数個体。
カメさんもお食事中でした。
IMG_2130
エントリーした場所から反対の方へ行くと潮も穏やかになり、まったり泳いでいるとリンリン!!カンカン!!と激しい音が鳴り響きます。

ガイドの指さす方向には1枚のマンタ!!

IMG_2126

しかし、颯爽と私達の上を通過。

そのまま進んでいくとなにやら奥に黄色い影。

近づくとそれは大きなヨスジ玉。

IMG_2174

 圧巻でした。

 

2本目は朝より流れてたため、潜り方を変えて1本目とは違う場所からのエントリー。

 深場にはグレイリーフや、ナポレオン、ツカエイ、ホウセキキントキの群れ、カマス系の群れがわんさか!

そしてまたヨスジ玉の所へ。

50399575_2700482319963736_1024192117745909760_n

浅瀬のサンゴがとってもきれいでしたー♪

IMG_2128


マンタをまた見ることはできませんでしたが、潮も落ち着いていたのでのんびりとしたダイブでした。

 

 

3本目は「ヒメンドゥガァ

またまたマンタ狙いです!!

カレントチェックでマンタがすでに5枚いるとシャーミーの一言。

これは期待!!

ステーションへ行くと次々とマンタがやっってきました。

IMG_2212

IMG_2294
6枚のマンタを確認!

最後まで粘っていたカオリータチームは、なんと12枚も見たそう!!

約1時間マンタを堪能し終了。

 

 

最終日となる4日目の1本目は人気の「フィッシュヘッド

ヨスジにそっくりなベンガルスナッパーの群れが見所。

そして今季イチと言ってもいいほどの最高のコンディション!!

流れも落ち着いていて魚影も濃く、透明度もグッド!!

ベンガルの群れはもちろん、マダラトビエイにカメも3匹!

20190117-P1170752

IMG_2383
タカサゴ系の幼魚の群れやスカテンの群れで周りがキラキラして綺麗でしたー。

IMG_2375
カスミアジやロウニンアジなどが捕食をしていたので躍動感あふれる魚達の動きには目を奪われます。

 

安全停止に入る手前で岩陰で休んでいる1匹のカメを見てカオリータがスレートを出し何やら書き出します。
『甲らにカエルウオ』

甲羅をよく見るとカラーブレニーの姿が。
50539525_391697568252759_4333196452009345024_n
甲羅に生えている藻を食べてました。かわいい!

あっという間に45分が過ぎ、名残り惜しくも1本終了。

 


2本目はアリ環礁の最北端「ラスドゥマディバル

透明度はイマイチ。数はそんなに多くはなかったですがグレイリーフを近くで見ることができました。
20190117-DSC01696
マダラトビエイも2枚。

IMG_2404
深場にはギンガメがたくさん!!

カオリータが音を出して呼び寄せます。

するとギンガメが私達の近くまで上がってきて目の前を回遊。

IMG_2414

砂地に移動すると大きなマダラエイが砂をかぶって寝てました。

50117200_2251678541530401_8948868071238402048_n

リーフに戻るとアオウミガメ。まだ小ぶりでかわいかったです。

大きなナポレオンフィッシュも登場。
人懐っこいのか人に興味があるのか様子を見ながら近くを泳いでくれました。

20190117-DSC01702

最後はのんびりダイブで終了。


 

いかがだったでしょうか?

今週はマンタ祭りの1週間となりました。

来週は3つのショップがチャーターで来てくださいます。
一体どんなトリップになるのでしょうか?!

お楽しみにー!


2019/1/5~2019/1/12

皆様、新年明けましておめでとうございます!たっちゃんです。

2019年に入り、天気予報では連日、各地での雪予報。

そして東京でも初雪観測となり、本格的な冬へと進む日本。

長期休暇も終わり、仕事始めを迎えられた方が多いのではないでしょうか?

そんな寒さとお仕事での疲れでクタクタになってしまったときに是非見ていただきたい、Maldivian Starsのブログ!!

早速、ご紹介します!!


北マーレ~南マーレ~ヴァーヴ~アリと回った今週。


先週くらいから感じ始めてはいましたが、乾季到来!

透明度はもう一つ、というところですが、潮の流れは完全な乾季に。

朝から潮が早めの初日。

チェックダイブは「マーギリロック」でヨスジとのダイビング。
DSC04520
49605340_351784968743202_628527214903689216_n

白い砂地に黄色が映えます。
DSCN0014

この日は3つの環礁を跨ぎます!

2本目を南マーレ、そして一気にヴァーヴ環礁へ。

3本目はもちろんこの子達!!
DSC04548
DSCN0063
50073953_2586859538207009_7620364300661555200_n

49335553_584716431968487_8984666348772655104_n

乾季のナースシャークはアグレッシブ!

右から左から川のように流れてきます。

50444251_974654376057471_8211767763878805504_n

翌朝1本目はチャネルでのダイビング。

この時期のチャネルは素晴らしいの一言!!

外洋からの激しい潮。

コーナーに向け一直線。

青く広がる海。それを背景にグレイリーフやホワイトチップが大行進!!
50425877_347757142723736_2917538930184159232_n
49855643_277536332918274_3869439537088299008_n

サメの後には脱力。ただひたすら潮に流される。

空を飛んでいるような浮遊感を感じながら安全停止へ!


1本目を終え、ヴァーヴを後に、向かう先はアリ環礁最南端。ジンベエエリア。

今週のジンベエ…速すぎました(笑)

追いかけても追いかけても縮まらぬ距離…しかし我らには最強の武器、ドーニが!!
49949139_274624389886510_2371174705940922368_n
49719555_2281717538539205_149944665582338048_n
49818537_222563225353765_3078936164715986944_n
DSCN0078
49947931_347832669277752_3837636519737163776_n

離されては、ドー二で先回り、離されては先回りと、計3回のトライを全て決め、全員が満足できる結果となりました!!

順調にジンベエを堪能いた僕ら、この日の3本目はヨスジ広がる隠れ根「クダラティラ」。

いつも通りの魚影は健在!!
DSCN0088
49900409_370494833735548_2764370024062779392_n
DSCN0097

が、乾季の潮も絶好調(笑)

潮影を見つけながらのダイビングとなりました。

3日目、この日はのんびりとダイビング。潮の影響の受けにくいポイントにて1本。

2本目は大きなリーフでのマンタ鑑賞。
49897077_2280493622218519_8516217160605892608_n

そして今シーズン好調の「デガティラ」にてキラキラと光る魚たちと共に1日を締めくくります!

49708561_977541132455134_8160640382992908288_n
49411185_2090970014304333_4575687316244267008_n

翌朝はオニハタ集まるポイント「パネトーネ」

乾季になるとマンタのクリーニングステーションともなりえるこのポイント。

一部のチームはしっかりとマンタを見ることに成功!

この勢いのまま、完全マンタ狙いの1本。
49742751_2023012334433453_3196217187400417280_n

あまり良いとは言えない透明度の中ではありましたが、ばっちりとマンタをパシャリ!!

そして、3本目は王道フィッシュヘッド!!
DSCN0203

潮が速くとも、魅力を最大限に感じれるほどの魚影を誇ります。


ほとんどの方が最終日を迎えた、5日目。

ここ最近、絶好調の沈船ポイント。
P1100192

キラキラと光る小魚達。まるで沈船を照らすイルミネーション。

船の魅力をより一層際立てます。

根の上。ハナダイ溢れる中には安定のクマノミ天国。

49771527_2302810736619924_6888237956272750592_n

そして、アリ環礁最北端「ラスドゥー」にてサメを眺めるダイビング。
DSCN0247
DSCN0244

サメの群れを後に流していくと、そこにはギンガメも集まります!!


少人数となったこの日のラストはマンタのクリーニングステーションへ!ここの特徴は水深およそ3メートルくらいにある世界的に見てもかなり浅瀬にあるクリーニングステーションとなります。見られた時にはとても近く、そして光りをまとったマンタを見ることが出来ます。

残念ながらこの日は水中での遭遇はなりませんでしたが、シュノーケルからのアプローチに成功!!
DSCN0284
P1110282
水中で見るマンタとはまた違う魅力を放ちます。


そして、最終日の金曜日。

今週行けていなかったパウダー玉をゆっくりと堪能!!!
DSCN0314
DSCN0323

締めくくりに相応しいダイビングにて1週間を終えました。

DSCN0114

さて、今週のトリップはいかがでしたか?

乾季の到来により潮の流れはありますが、雨季とはまた違う雰囲気のダイビングを堪能できるこの季節!

ぜひ、皆様にも肌で体感していただきたいです!

そして最後に、新年を迎え2019年。

今年も、私たちMaldivian Stars一同、モルディブの素晴らしい海を皆様にお見せできる様、全力を尽くしていきます!

2019年も安全第一!Maldivian Stars を宜しくお願いいたします!!!
DSC04573



2018/12/29~2019/1/5



みなさん!
明けましておめでとうございますm(._.)m
New Year 2
↑ 2018年最後のディナー♡

年末は今季一の寒気に見舞われていると聞きました。
モルディブでも今週は天気予報も下り坂風も吹き荒れる模様……
今クルーズでは色んな意味で、荒れ狂い・大盛り上がりの年末年始を過ごしておりました。笑
少し長くなりますが最後までお付き合いください~

今週は、北マーレヴァーヴアリ(南〜北) → 北マーレ
となりました〜


まず、マーギリロックでのチェックダイブ!
1
2ヶ月前の濁った感じがだいぶなくなり透明度もだんだんよくなってきました〜Rock(1) Nanako

Rock(1) Fooh

Rock(1) Sa


マーギリティラ
ナッシモティラに行く予定でしたが激流のため急遽マーギリロックの南側にありますマーギリティラに変更‼︎
1
日目と言うのもありゆったり潜れるポイントへ!

深場にはハゼたちが沢山住んでおり、根のトップには固有種のクラウディダッシラスやスカシテンジクダイやキンギョハナダイたちが数多く群れています
Rock(2)  CHI

Maagiri. Nanako 2

Maagiri Ya


サンライトティラ
モルディブのアイドルパウダーブルーサージョンフィッシュ
各色んなポイントにもペアなどで見かけることができるインド洋の固有種!
ですがここまで玉になっていることは他ではありません〜Sunlight. Be

Sunlight. Gara

Sunlight. Mi

ご飯を食べている姿も可愛いですし、みんなで移動していく姿も映えるブルーでとても絵になります

口元を見ると意外と可愛い顔してるんですよ
( ´
Ɛ `)←こんな感じで()

そのほかにもここには固有のハゼ系たちも沢山〜
Sunlight. Sa

Sunlight. Hi 2

砂地側に行くとソフトコーラルの咲いている岩があったり、今ではイソギンチャク横で赤ちゃんを守っているモルティブアネモネフィッシュが見れたりと見どころ満載ポイントです

Sunlight. Nanako 2

Sunlight. Sa2


昨日の2本目に引き続きナッシモティラに行く予定が潮流の激流さに断念。。
チェックダイブで行ったマーギリロックへ!
1
回行っててもワイドにマクロになんでも揃ってるマーギリロックは無敵‼︎
Rock(2) Nanako

ワイドだった目を少しマクロ寄りに変え、、

Rock(2) kei
カオリータさんが見つけたフルムーンリーフゴビー(イザヨイベンケイハゼ)をみんなで順番に撮影。
ウツボと共生していたり、すぐに奥に引っ込んでしまったりととても撮りづらい子なのです。。( ´△`;)


環礁移動をし南マーレをとばし、ヴァーヴまで来ました!お次はミヤルカンドゥ。
🦈
ここは潮流も早く乾季ではがっつりドリフトを楽しんでもらえるポイントになります~
Ras(1) Mi

Miyaru Be

Miyaru Hi !

コーナーでサメたちの優雅に泳ぐ姿を見て
その後、私たちも潮に乗り爽快に流れていきます〜
そこに広がる砂地もとても神秘的な感じでそれは本当の目で見た人の特権ですね

Miyaru Mi
↑ ドラマチックトーンもアジのあるお写真に。笑


アリマタハウスリーフ!
ナースシャーク狙いのサンセットダイブ‼︎
今週は激流、、とまではいかなかったですが…その分、間近~♪まで近くに寄れ、
沢山のナースシャークと9枚のマダラトビエイ軍団!など豪華なサンセットダイブとなりました〜
Ali Hi

Ali. Nanako 2

Ali Mi

Ali. be


そして今日は12月31日・年末年始‼
みんなで日本時間の0時で年越しカウントダウンをして~
その後はJohnnyさんの《年越しライブ》♪
Johnny ライブ 2

Johnny ライブ
大熱狂の1日となりましたヾ(´ω`=´ω`)ノ

ジンベエSearchへ出陣!

出発と共にジンベエ情報が!!
ジンベエはアップダウンの繰り返し〜
シュノーケル?ダイビング⁉︎と翻弄される私たち。。笑
ダイビング‼︎となりエントリー。
Johnny
さんからのジンベエを見るおまじないをみんなでしましたが残念ながら見れませんでした(泣)

でも惜しかったんです……!シャーミーのリンリンが鳴り響きましたがかなり遠くの方で姿をとらえることはできませんでした(泣)


気分を変え、アリの中でも魚影のとても濃い人気ポイント‼︎クダラティラ
エントリー直後はタカサゴ達のお出迎え。
その後はヨスジフエダイとヒメフエダイのコラボで根が覆いかぶさるほどの数!に圧巻されます。
Kuda Sa 2

Kuda. Nanako

Head Fooh

Kuda. Fooh


続きまして環礁内にあります、ブルーティラ
大物! や魚影‼︎ というようなポイントではありませんがオーバーハングにアーチなどもあり、、
インド洋&モルティブの固有の魚たちをご紹介できるポイントです~
Blue Be

Blue Fooh

Blue CHI(3)

Blue. Gara
↑ご飯に夢中すぎる一瞬。。笑
Blue. Nanako 2


リベンジ・
ジンベエダイブ
シュノーケル・ダイビング共に残念ながら今週も出逢うことはできませんでした。。
しかーし‼‼なんと安全停止入ろうというところでな、な、なんと~
イルカ🐬と出逢えましたー
一瞬でしたが...私も初めてイルカと出逢えたのでとても興奮しました~!


アリの南部を離れ中部付近に位置します、ムーフシコーナー
今日はManta・5枚!クリーニングステーションに来てくれてました~
タカサゴ系の群れやフエダイたちなどマンタ以外にもとても魚影の濃いポイントになりますが、、、
今日は濁りでコラボで撮るのはちょっと厳しかったですね...(泣)
Moo CHI

Moo. Joh

Moo. Nanako


アリの中でも人気でお馴染みのフィッシュヘッド
Head. fooh

Head. Nanako 2

umecchan

Head. Chi

Kuda Mi

なぜかマクロ目になっていたカオリータさん。3個体もウミウシを見つけていたそうです。
Head. kei

そして
なんとなんと!
安全停止中にイルカの御一行様がグルグルと遊びに来てくれましたー!
ゲスト様がいち早く気づき、動画も~すごく可愛いです~♡
Head. Mi


フェスドゥレック
歴史はなくとも堂々たる姿のWreck!
そこに無数のスカシテンジクダイなどが覆いかぶさるように、しかも日に日に数を増している気がします

Wreck. Nanako 3

Wreck. Nanako 2

Wreck.CHI

着底生物たちも沢山群生していて背景として撮るのも良し、お花みたいにアップで撮るのも綺麗でおススメです‼
Wreck. Sa

Wreck. Sa(2)

沈船横の根の上のクマノミ&ハナダイfamilyもクセになりますWreck.CHI(2)


マーロスティラ
残念ながら今クルーズ……
1
2日目は激流のためナッシモティラに行けず、、今日は流れのないゆった〜りダイブで咲き誇ってる姿が見れず。。と、ソフトコーラルに背を向けられた1週間(T-T)
ただ!シャーミーが発見‼︎潜降直後にアケボノハゼ〜凛々しくてカッコいいですね
Maa. Be

Maa Nanako 2

Maa Gara

Maa Fooh

Maa Sa
↑ドラマチックトーン再び!
 ライトを当てて撮るとちゃんと赤も出て、砂地の時とはまた違った感じで私は好きですね~

〜ラスドゥマディバル〜
グレイリーフシャーク
、マダラトビエイ、ナポレオン、ギンガメアジの群れ、カスミアジの群れなどそうそうたるメンバーに出逢えるポイントです〜
Ras. Nanako 3

Ras(2). Hi 2

Ras(2). Nanako 1

Ras(1) Sa

Ras(1)Nanako

Ras(2). Hi

今回は早朝ダイブで通常チームと分かれて、ハンマーシャーク狙いの完全ブルーウォーター・ギャンブルダイブチームを結成‼︎結果は…………でした。( ノД`)

最終日の夜は!!!!!!!!
お待ちかねの~ Johnnyさんの《Last ライブ》‼
1時間30分間の熱唱ライブでした~last ライブ 2

last ライブ 4
last ライブ
この Johnnyロスがみんなを襲います。。(笑)


北マーレに環礁移動をし…
またまたまた!マーギリロック‼笑

Rock(3) Hi
クジャクベラの一種でインド洋の固有種のマッコスカーズラス。
 開いている姿を撮るのは難易度AAA!  あと...ライトがあれば完璧でした(泣)


Rock(3) Nanako

Rock(3) Sa 3

Rock(3) Sa 2
フルムーンリーフゴビーが2匹も‼
 すごく写真の撮りやすいところにいるので動かないではしいですね~💦



最後を飾りますのは、、、
最近遠のいているフィッシュタンク~久々のエントリーです!
ここは魚の製造過程でいらなくなった部位を再利用で放っていてそれを食べに

様々な種類の魚たちやエイなどが無数にいるポイントになります。
Tank Mi

そして今日はなんとトンガリサカタザメが現れてくれました!
Tank Mi 2

Tank Ya
↑ 結構近くまで何度も寄ってきてくれたそうです♡
Tank. Joh

最後に豊富にあるご飯のおかげですくすく大きく育ったウツボたち…結構な迫力があるのですが
なぜか追われるJohnnyさん(笑)
Tank Mi3


激動の年末年始!!年越しトリップはいかがだったでしょうか?
ジンベエは残念でしたが...イルカなど!幸先いいスタートをきれたような気がします✨
どうぞ本年度もMaldivian Stars☆をよろしくお願い致します!

そして《年越しライブ》&《Last ライブ》で熱狂的な歌とダンスを披露して頂いたJohnnyさん‼
それ以外にも毎ダイブ前に、ポイントにちなんだ曲や安全面についての曲など沢山作って披露して頂き誠にありがとうございました!スタッフ一同&ゲストの皆さんもJohnnyさんのファンです♡
来年も楽しみにMaldivesでお待ちしております~♪

それではまた来週~



記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ