Maldivian Stars☆

Maldivian Stars のスタッフからのダイビングレポートをお送りします。
by maldivianstars

2019年04月

2019/4/21~2019/4/27


お久しぶりでございます〜
今週はエミがお届け致します!
《今シーズン、私がお届けする最後》 & 《平成最後》の更新となります〜
平成生まれにとっては『平成』が終わるというのはなんか考え深いというかもの寂しいものですねー、、 昭和の皆さまも平成に移り変わるときそうだった。とお聞きしてましたが痛感致しました()

さてさて、もう今シーズン残すところあと2‼︎
今週は大物・魚影・ソフトコーラル! 見れたのか!?
最後までお付き合いくださいませ〜


北マーレからスタートしアリヴァーヴ南マーレ北マーレ とトリップしました

まず、チェックダイブの《マーギリ ロック》 へ。
水温非常に暖かく〜
根にはいつも安定なヨスジフエダイたちが群がります〜

M2 T

M1 K


《マーギリ ティラ》
まず、深場の砂地の方へ〜オーロラシュリンプゴビーや
ドラキュラシュリンプゴビーなどを探します(ω)
MT T

MT M

深度を上げ、根のトップにいくと
MT T3
↑ 耳に黒点のあるイヤースポットブレニーや、

これまた珍しや!インド洋バージョンのタテジマキンチャクダイの幼魚と成魚の中間の子がー!青年ぐらいですかね?笑
こんな風に模様が変わっていくのかと思うとおもしろいですね(*´
`*)
MT T2

また根のTopでは、キンギョハナダイやスズメダイたちの群れに囲まれれますよ


《サンライト ティラ》
モルディブを代表する名ポイント‼︎
パウダーブルーサージョンフィッシュが大きな玉となり一緒に泳いだりご飯を食べる姿が見られます!
S M

S KA2

S M2

砂地側へ行くと、、
ハゼ系やマクロの世界 & 所々にキレイなソフトコーラルが咲き乱れている小さな岩が点在しています〜
S KA3


朝一ナッシモティラへ行こうと試みましたが潮の激流さに断念…2度目の《マーギリ ロック》 へ。
ヨスジフエダイの群れのいる根に向かう途中、なんと!モブラちゃんがスーッと登場

M2 H

M2 K

M1 M2

最後はムレハタタテダイの群れに囲まれ安全停止〜
M2 M2


《ラスドゥ マディバル》
アリ環礁最北端にありますここのポイントでは外洋に面しているのもありグレイリーフシャークが見所です

今日は10匹ほど水深深めで群れていて
R W

R Mi

マダラトビエイ2枚や、ツバメウオが大量に群れているのが見られました。
バラクーダ、ギンガメアジの群れなど魚影満載でした!
R M

R Mi2


アリ環礁の中でもかなりの人気ポイントの《フィッシュ ヘッド》

潮の流れ・速さで毎回違う光景に何度行っても飽きませんね〜
今日は遠目でしたが、グレイリーフシャークやマダラトビエイが泳ぎその周りをタカサゴたちが囲んでいる姿は圧巻です〜
メインのベンガルスナッパーに
F K

↓ モルディブアネモネフィッシュとのコラボもモルディブならではの光景〜
F Mi

カメも2個体
🐢
しかも!半年ほど前コケが生えてたのに掃除されちゃってた子にまたフサフサのコケが〜
F KA
フサフサ加減が可愛いです


《フェスドゥ ファル》 にて、ナイトマンタ!
2
枚のマンタが縦横無尽に私たちの前でグルグルと乱舞します〜
NM KA

NM Mi

↓ 喉の奥もしっかり👀
 これだけ画面いっぱいだとなんかおもしろいですねw
NM M



乾期のマンタ・クリーニングステーション《ムーフシ コーナー》
少し透視度が悪くシルエット感が否めない今日この頃でしたが
マンタ2枚がクリーニングに集まってきていました!
ここは見上げて見れたり目線の高さで見れたりと様々な角度からマンタを見られます

しかも魚影もかなり満載で、コラボで写真の撮れるポイントです〜
Mo K

Mo K2

Mo H


やってきました!ジンベエsearch‼︎
ドーニに乗り込んだ瞬間からジンベエ情報が!
バタバタしながら準備し、到着して見るとシュノーケルで泳ぐ人たちの前にジンベエザメの黒い影が〜‼‼
位置を確認し、すかさずエントリー

ジンベエ W

ジンベエ M3

2
3回シュノーケルで挑戦した後、ダイビング〜
...残念ながらダイビングでは出逢うことが出来ませんでした()


《クダラ ティラ》
ちょうどよいぐらいの潮あたりで根にはヨスジフエダイとヒメフエダイが根を覆うようにいます。
所々にあるイソギンチャク&クマノミがいるのでコラボで撮るとモルディブらしいですね~
K T

↓ オーバーハング下などには大小無数のウミウチワやブラックコーラルが群生しております!
K W

K Mi

K KA2

少し離れた小さい根のTopにはビッシリ!とキンギョハナダイたちが必死に泳いでいます()
K KA3


《ブルー ティラ》
水底付近には大きなコガネシマアジが10匹ほどで連なって泳いでいたり、小さな根にはびっしりとスカシテンジクダイが付き、キラキラと装飾しています。
B KA

また5枚のピンクウィップレイがヒラヒラと舞いながら近寄ってきてくれました〜5枚となると迫力ありますね()
B H

根のTopには淡い系のお魚たちが出たり入ったり♡
B H3


カメの遭遇率も高いこのポイント。
ご飯を食べていたり、今日の子はロッククライミングみたいによじ登っている感で泳いで?いました(笑)
R H2


ヴァ―ヴまで環礁移動し、かなり久しぶりに東の方まで足を運び、
黄色とオレンジ色のソフトコーラルを見に《フォッテヨ》へ来ました。
Fo W

深場の方にはツースポットバスレットや
↓ インド洋バージョンのアケボノハゼが生息しています!
Fo W2

ツバメウオの大群やタカサゴ軍といつも行ける距離にあれば...と悔しくなるほど
ここも素晴らしいポイントです‼
Fo M4

Fo M

トップ付近には♡タコのカップルが2組♡
1組は結ばれてましたが、もう1組は巣穴に引っ込んでしまいました~
お邪魔、、失礼しましたm(_ _)m   ↓まさに逃げていくところ。笑
Fo K


サンセットダイブの《アリマタ ハウス リーフ》
ナースシャークは活発に動いている様子が見られる潮の流れでしたが、今日は寝そべっている子達もチラホラ見受けられ1回に2度楽しめるダイビングとなりました

Ali T

Ali H
↑ キスなのか?♡ 真相は……わかりません。笑
Ali Mi3

さらにマダラトビエイも10枚の群れをなして私たちの近くをグルグル泳いでくれました〜
Ali M


《ミヤル カンドゥ》
早朝1本目!グレイリーフシャーク狙いでダイビング‼︎
すごい数のグレイリーフシャークが私たちの前を行ったり来たり〜!
透視度もよくなりかなり近くまで寄ってきてくれましたヽ(´∀`o)
Mi W
アジの群れもリーフを覆うように群がりダブルで迫力満点でした
👍

砂地に進んでいくと奥の方まで白が続き、水との境界線がわからず引き込まれそうなぐらい白から青のキレイなグラデーションを見せてくれます。
Mi M2


《ナギリ ティラ》
今週も潮の流れによりソフトコーラル側には行けませんでしたが
グレイリーフシャーク、マダラトビエイ2枚、それからギンガメアジ・バラフエダイの群れ、カマスの群れなど沢山の種類に一気に出逢えます

N H3

少し流すとナポレオンや大きく甲羅のピカピカなカメたちにも出逢え、
N M2
↑ ここのナポちゃんはよくカスミアジと一緒に泳いでいます~

Top
のサンゴの上には、コラーレバタフライフィッシュの群れがキレイに身を寄せあってましたー!
N Mi2

N H4

隣にはムスジコショウダイの群れ、それからヒメフエダイの大群!
ヒメフエダイはすごい勢いで逃げ回り、コラーレとムスジの群れに突撃し、かなりかき乱します()
N W
↑ 真正面から見ると地味に迫力あります((笑))
N K

クダ フラ》
今シーズン初エントリー。
外洋側ということで大物を期待しポイントに向かっていると、イルカが〜!
ハシナガイルカだったのでエントリー前に
いなくなってしまって出逢えませんでしたー()深場にはナポレオンのデカさは3個体見ましたがどの子も半端なく大きかったです
😱


《エンブドゥ エクスプレス》
外洋側にはグレイリーフシャークが泳ぎ、
水路の中に入っていくとギンガメアジの群れを発見!
Na W2

水底近くにはサンゴにキンギョハナダイたちが群れています〜
Em T


北マーレまで帰ってきまして
お次は、2日目に行けなかった《ナッシモティラ》 へ〜
激流の中、皆さん頑張って泳ぎ
藤色のソフトコーラルを見ることが出来ました〜
Na W4

Na Mi

そのほかにも今日はロウニンアジが群れをなしてハンティングを!
黒に体色を変えてるロウニンアジはカッコいいですねー
Na W3


今週最後は《バナナリーフ》!
タカサゴたちのお出迎えの後は
岩場の影に、ここのポイントだけでなく岩肌に赤い海綿や色鮮やかなホヤが付いていることが多いモルディブ。
フォトジェニックな写真が撮れます
◡̈*
Ba T

ラストはヨスジフエダイとムレハタタテダに囲まれてダイビング終了ー。
Ba Mi


3
週連続でジンベエにも出逢えたので
来週もこの調子で!
有終の美で今シーズンラストを迎えたいものですね‼︎

私は来シーズンもお世話になります!
どうぞ
よろしくお願い致します~‼
それではまた〜
次は、令和でお会いしましょーヽ(´∀`o)

えみ

2019/04/13~2019/04/20

こんにちは、ともこです。
 
マリンダイビングフェアも終わり、カオリータもモルディブに戻って参りました!!

そして、MDFでご投票頂いた皆様、ありがとうございました!
おかげさまで、海外ダイビングガイド部門 前井馨 第3位、ダイブクルーズ部門 第3位、海外ダイビングサービス部門 第7位を頂くことが出来ました!
3CB8A0FA-676D-4887-889F-7FB4E8226878
 改めてまして、ご投票いただきました皆様にお礼申し上げます!ありがとうございました!
 
 
さて、今週はどんなツアーになったのでしょうか!?
早速振り返ってみましょう〜。

初日1本目はヨスジフエダイの群れやムレハタタテダイを観ながらマーギリ・ロックでチェックダイブ。
4Q6A8635

2本目は南マーレ環礁に移動してナギリ・ティラ!
グレイリーフシャーク、マダラトビエイや、ナポレオン、アオウミガメ、
なぎりぐれいりーふ

なぎりぎんがめ

ナギリナポレオン

なぎりかめ

そして、インド洋の固有種のコラーレバタフライフィッシュや、
ヒメフエダイ、ムスジの群れが凄かったです。
なぎりこらーれ

IMG_0058


3本目はヴァーヴ環礁へ移動してサンセットダイブ。
狙いはもちろんナースシャーク!
ナース (2)

エントリーした時は殆ど流がれなく、ナースシャークが集まり始め…
なーす (3)
泳ぎ回る子や
IMG_0082

砂地で寝ている子たち…
なーす (2)

なーす (5)

リーフの上に寝ている子もw
ナース
寝心地悪くないのかな〜と思いながら観ておりました 笑

なーす (4)
ピンクウィプレイも何枚も来てくれて、ヨスジフエダイの群れやイスズミの大群も観れて、
大満足なダイビングとなりました。


2日目の朝はミヤル・カンドゥでコーナーダイブ。
サメは観れませんでしたがタカサゴ系の群れやギンガメアジの群れ、ロウニンアジ、イソマグロなどが観れましたよ。
みやる

朝食を取りつつアリ環礁の南へ移動して、私達はジンベエを狙います。
到着後、ダイビング用のボート、ドーニに乗り換えてジンベエ探し。
小一時間探しましたが水面からは見つけられず、水中で探す事に。

透明度良く、流れも弱く、カメやマンタ、マダラエイの群れは観れましたがジンベエ何処へ…
みやるまだらとびえい

ダイビング後、水面でジンベエの目撃情報がありましたが、既にジンベエは深場へ潜ってしまった後…
でも、私達は諦めずに探します。
じんべえさがし (2)
するとジンベエ発見!!すぐにシュノーケリングで入りましたが…深くてシルエットのみ。
その後、母船に戻り探していると情報が入った為、急行するも、先程と同じ状況。

この日はジンベエを諦め、3本目は、お魚いっぱいクダラ・ティラへ。
くだら

IMG_2871
いつも通りの黄色い絨毯。
そして潮上にはイエローバンデットフュージュラ!
くらだいえろーばんでっど
オーバーハングのエッジにはブラックピラミッドとムレハタタテダイも見れて、
カラフルな群れのダイビングを堪能しました。


次の日、朝起きてみると空はどんより雷ゴロゴロ。
久々のスコールです…
天候が回復するまで少し待ってから地形が面白いティン・ティラへ。
今日はエントリーするなり潮上にクマザサの大群!
てぃんてぃらたかさご (2)

てぃんたかさご

てぃんむすじ
オーバーハングの場所にもウミウチワと一緒にムスジコショウダイの群れが溜まっていたりしましたよ。

サクッと朝食を食べて母船からジンベエ探し。
しばらくするとシャーミーが叫び声っ!
ジンベエ発見!!
急いでドーニに乗り移り、ジンベエが観れることを祈り追いかけます。
すると、居てくれました!! 

そして、水面間近へ上がってきます。
DSC00156

 じんべえ

IMG_3120
近い!近いっ!!

今日は水面近くをゆ~っくりと、ず〜っと一緒に泳いでくれましたよ!


その後、私達は、アリ環礁の西側へ移動。
今度はマンタ狙いでランガリ・マディヴァルでダイビング。
インディアンバナーフィッシュやエヴァンスなどを観ながら探していると…
らんがりえヴぁんす

らんがりもんつき

マンタ登場!!
DSC00168

2枚のマンタが、じゃれ合うようにグルグル目の前を回って居なくなり、
4Q6A9245
また1枚泳いできたりと、がっつりクリーニングしてる感じではありませんでしたが、
探しながら泳いでいると、行ったり来たりと数枚のマンタが観れました。


3本目はパネトーネの西側でダイビング。
まずはヨスジ玉を観てからマンタ探し、ハナダイやギンポなど小さいものを観ながらマッタリ。
4Q6A9318

ぱねとーねよすじ
しかし、残念ながらマンタは現れませんでした。


ダイビング4日目の朝はムーフシ・コーナーでマンタ狙い。
マンタやマダラトビエイも見れました。
むーふしまんた (2)

むーふしまんた

むーふしまだらとびえい

そして、なんと!
シャーのチームはジンベエまで目撃!!
むーふしじんべえ


2本目はソフトコーラルが綺麗なマーロス・ティラ。
流れ弱く、ソフトコーラルは五分咲きでしたがハナダイやヨスジはたくさんいました !
まーろす

まーろすよすじ

3本目はみんな大好きフィッシュ・ヘッド!
エントリーして潮上でムレハタタテダイやイエローバックフュージュラの群れを観ていると
特大サイズのマダラエイが現れました。
ふぃしゅへっどむrはた

ふぃっしゅまだらえい
私を撮ってとばかりにサービス精神旺盛な子で通りすがって、
直ぐにUターンして引き返して来てくれましたw

そして、フィッシュ・ヘッドといえばベンガルスナッパー。
ふぃしゅべんがる

IMG_0339
モルディブクマノミと一緒に撮るとモルディブらしいお写真が撮れます!

そして、根の上にはタイマイのちび。一生懸命ご飯食べてました。
ふぃしゅかめ

夜はナイトマンタ!2枚のマンタが観れました。
ないと

4Q6A9623


ダイビング5日目の朝はレック・ダイビング。
IMG_3546

20190418-065958

隣に根があって、そのトップリーフにはたくさんのイソギンチャクとモルディブクマノミ、
そして、その上にはハナダイ吹雪です!
れっくくまのみ (2)


2本目はラスドゥ・マディヴァル。
20190418-102930
いつもはサメがいる潮向きですが…今日は居てくれません…。
しかし、ギンガメ、マダラトビエイ、ナポレオンやツバメウオ
らすどぅぎんがめ

4Q6A9843

らすどぅかめ

20190418-104044

砂地ではドラキュラやオーロラも見れました。
らすどぅどらきゅら

3本目は北マーレ環礁に戻りパウダー玉狙いのサンライト・ティラ。
潮も弱く、パウダーを堪能。
ぱうだ

ぱうだ (2)


6日目、朝はナッシモ・ティラでダイビング。
エントリーするなり巨大なアオウミガメに遭遇!
20190419-065903

残念ながらソフトコーラルは7分咲きでしたが、
なっしも

いつもの様にヨスジやムレハタタテダイの群れや、
朝一ということもあり、ロウニンアジやカスミアジが捕食しており、クマザサが一斉に泳ぐ姿に圧巻!
20190419-070747


全員がダイビング終了となる2本目はマーギリ・ティラ。
砂地でマクロを堪能したり、カメやモブラも見れました。
IMG_0427

まーぎりてぃら


そして、私事ではございますが、今シーズン限りでモルディビアンスターズを退社いたします。
1シーズンのみとなってしまいましたが、たくさんのお客様に出逢え、また再会もあり、充実した10ヶ月間となりました。
また、至らない点も多々あったと存じますが、
モルディブでお会いした全ての皆様の御陰により、刺激的に過ごす事が出来ました。
大変お世話になりました!!本当に感謝しております。
またどこかでお会い出来る事を楽しみに致しております!


さて、今シーズンも残すところ、あと2週!
次はどんなツアーになるのでしょうか〜?!

来週もお楽しみに♪

Tomoco Akashi
PADI #263099

2019/04/06~2019/04/13

こんにちは!うめちゃんです。

  
今週は『mic21梅田店#Masaiさんがご乗船してくださいました!

人数も少数だったのでゆったりまったりダイブでしたよー!

 

北マーレから始まり南マーレ、ヴァーヴ、アリの順に周った今週のトリップ。

 

チェックダイブは白い砂地にヨスジでお馴染み「マーギリロック

P4070020

P4070010
ウミウシも。
無題
モブラも出てくれました!
P4070035
ヴィリヴァルギリ」で1本潜り、
3本目は「アリマタハウスリーフ」でナースシャークとサンセットダイブ。

P4070069
ナースシャークに囲まれるシャーミー。

P4070097
マダラトビエイも2枚!
P4070125

 

翌早朝は「ミヤルカンドゥ

早朝な為、数匹のグレイリーフが魚を猛スピードで追いかけハンターしてました!

迫力がありましたが少し遠かったので写真はありません。

リーフにはグレイリーフとホワイトチップがうようよ。
P4080146

数匹のイソマグロや2枚のマダラトビエイも。

P4080150

大きなナポレオンフィッシュもゆーっくりこちらを観察しながら泳いでいました。

水路を流して行くと、1枚のモブラがゆっくりと外洋に向けて泳いできました。

 

お次はジンベエを狙いにアリ環礁へ移動。

まずは昼食前にドーニで水面から探します。

情報もないのでダイビングに切り替え。

しかし会えず...。
お昼の時間もあったので一旦母船へ。

母船にドーニをつけようとしたその時、シャーミーに1本の電話が!!

ジンベエが水面に出たとの情報!!

さっそく急いでその場所へ向かいます。

 

いました!!!

P4080256

P4080210
しかも浅い!!

一旦深く潜ったかと思いきやまた浅瀬に。
P4080287
大きな口を開けてお食事してました。
P4080226

ドーニの上からでもはっきりとその姿が見れました!

P4082182


3本目は「ブルーティラ

ムレハタとブラピが大量にいました。

P4080025

オーバーハングの中にはツバメウオの群れがズラーっと!

P4080197

 根の上にはまだ小さなカメが。

P4080209
サンセットも綺麗でした。

P4080125


翌朝は「クダラティラ」で1本。

流れもあったため、リーフ沿いのヨスジはオーバーハングに溜まってました。

P4090225

P4090249

イソマグロとカスミアジの捕食シーンには目を奪われます。

根の上はいつもと変わらないヨスジとヒメフエダイの群れ。

 

 

2本目はマンタポイント「ランガリマディバル

ここは根の上全体がクリーニングステーション。

広いステーションのどこに出るかわかりませんが、今回はエントリー前からシュノーケラーもいたのでマンタがいることがわかります。

エントリーし、クリーニングステーションへ。

そこにいたのは1枚のマンタ。

P4090265

あちこち移動しながらクリーニングしてました。

P4090222

P4090312

マンタが移動する度、ダイバーもシュノーケラーも移動。

途中、ヒメフエダイ玉がいたり、マダラトビエイが颯爽と通過したり、ナポレオンフィッシュの食事場面を見ました。

P4090293

 

3本目は「パネトーネ

透明度は落ち、にごにご。

延々とリーフを泳いでいき、しばらくすると薄っすらと黄色い影が見えてきました。

手前には小さなヨスジの群れ

それを見た時、以前より減ったかと思いきや、奥には大きなヨスジの群れが!

P4090302

P4090394

ヨスジ玉は健在でした!!

そのヨスジの横を通り過ぎていく大きなナポレオンフィッシュ!

 

最近はエントリーする場所が違うため、オニハタタデダイの群れを見れていませんがこのヨスジ玉負けてません。

 

 そして本日はリクエストもあり、急遽ビーチディナーを開催。
まだ明るいうちに島に行きたい方だけ上陸。
P4090327
クルー達がジンベエを作成していきます。
P4090335

P4090537

P4090587

P4090590

今シーズンはビーチディナーも多かったため、砂のジンベエはもうお手の物。

おっと!この子も忘れちゃいけません!
P4090591

Maldivian Starsのロゴでもあるピンクスター☆

まずはディナー前にみんなで集合写真。

P40905971

P4090615

そのあとは、ディナータイム。
お好きな料理をお皿に取っていきます。
P4090609

P40906101

楽しいディナーを終え、最後は恒例のジンベエ破壊(笑)
ジンベエに乗っかり写真を撮った後は、みんなでジンベエを踏み倒し、跡形もなくし母船へ(笑)

 P41006291

 みんな満足して終了。

 

トリップも中盤を迎え、翌朝の1本目は「デガティラ

ドーニの上からは根がはっきり見える程の透明度。

エントリーし真下にはツバメウオの群れ。

P4100463

 
P4100380

普段30m付近の深場にいるアケボノハゼもここでは25mと良心的。

南下ツアー前に見たきりなので、いるか不安でしたがちゃんといてくれました!!

しかも、ちょっとのそっとじゃなかなか引っ込まないので写真も撮りやすい子でした♪

根の周りにいたスカテンは以前より少なく感じました

ここはトンネルがいくつかあるのでいろんな撮り方が楽しめます。
P4100674

P4100679

P4100476

P4100482
カラーブレニーもお花見してまた♪
P4102549

安全停止をしつつ根の上で遊んでいると最後の最後にカメさんが!
P4102565

これまた小ぶりな子でした。

 

 

 

2本目はマンタポイント「ムーフシコーナー

クリーニングステーションには1枚のマンタ。

P4100569

P4100738

途中どこかへ行きましたが、戻ってきた時には2枚に増えてました。

P4100654

マダラトビエイもマンタと一緒になってクリーニングステーションの上で泳ぎますがクリーニングしてもらえず(笑)

P4100723

自分の事をマンタだと思っているのでしょうか?(笑)

 

水底に目を向けるとホワイトチップシャークが何匹か着底し休んでいました。

P4100560

カメさんがまたも登場。しかしすぐにどこかへ...。

 

3本目「フィッシュヘッド

ベンガルスナッパーはもちろん、ムレハタタテダイ。

P4100704

P4100781
カメも。
P4100714

タコもたくさんいました。

P4102730

 

 

そして夜はナイトマンタ。

晩ご飯の時間に早々来てくれ、食事を終え、早めにブリーフィング。

母船の後ろには2枚のマンタが!!

一瞬だけ3枚になりました。

上ではマンタ以外にナースシャーク、ツバメウオなどのゲスト。

バラクーダにマグロの捕食が見れました。

水中では見てください。この迫力あるマンタ。

P4100837

P4100863

まるでダンサーのようにスポットライトに当たり踊ってます!!
P4100881

P4110915
マンタをたっぷりと堪能し、ナイトダイビング終了。

 

 

最終日の1本目は「マーヤティラ

ツバメウオ、ムレハタタテダイ、タカサゴ系のお魚がいっぱいいました。

P4110936

 深場にはマダラエイ。

P4110728
モルディブアネモネフィッシュの大家族
P4110750

いつもなぜこのタイミング?という感じに最後の最後に現れるカメさん。

P4110966
大きなテーブルサンゴも圧巻です。
P4110981

流れもなく、まったりダイブでした。

 

 

ほとんどの方が最終ダイブとなる2本目は「サンライトティラ

まずはパウダー玉をじっくりと堪能。
P4110987

 
P4111006
可愛いモンツキカエルウオもいます。
P4110868
砂地ではハゼなどマクロでじっくり。

P4111051

P4110117


次の日は、北マーレで3本。
ナッシモティラ」ではソフトコーラルやロウニンアジの群れ。
P4121006

P4121030

マーギリティラ」ではマクロ。
P4121173
そしてお決まりのカメさん。
P4121179

フィッシュタンク」で圧巻のは魚影を堪能。
P4121191

P4121194

P4121201

P4121309


いかがでしたか?

今シーズンも残りわずかとなりました!

来週はどんなトリップになるのでしょうか?

お楽しみに!!

 

 

そして皆様へご報告です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は今シーズンで下船となります。

なのでこのブログが最後になります。

モルディブに来て1年半。

こんな素敵な海でほぼ毎日潜らせていただき、モルディブの海の素晴らしさをたくさん知り、とてもいい経験ができました。社長のカオリータには感謝しています。

ゲストもいい方達ばかりでここで皆様と出会えた事、本当に嬉しく思います。

これまでブログ用に写真をご提供くださった皆様方、ありがとうございました!

本業のマッサージでもリピーターが徐々に増え、とても嬉しかったのですがもうできないと思うと残念で仕方ありません。

私はまた日本で働くと思いますので、もし見かけたら声をかけてくださいね♪

1年半お世話になりました!!

 

 

スパマッサージスタッフ  うめちゃん


2019/03/30~2019/04/06

こんにちは!たっちゃんです。


さて、今年もあっという間に4月となり、新しい出会いが生まれる季節となりました!!

そして、新年号「令和」の発表もされ、新時代の到来間近!!

そんな中、年間通し、良い意味で変わらぬ安定感を持つ、モルディブの海。

大盛り上がりとなった1週間を紹介します。

北マーレから始まり、アリ~ヴァーヴ~南マーレと進行した今週。

1日目は北マーレにてゆったりと過ごします。

チェックダイブである1本目。

マーギリロックでまったり!
P3310034

_DSC8001

Day1-1
今週は小さなマダラトビエイのお出迎え付き!!
_DSC8018

好奇心旺盛なのか、ダイバーの周りを行ったり来たり!

透明度も良好!幸先の良いスタートを切りました!

2本目はマクロとゆったりと過ごし、
★Day1-2
本日3本目はパウダー玉。

太陽に照らされ、より一層青さを増すパウダー達。
P3310023

_DSC8152

★Day1-3

_DSC8162

泳ぎ去る姿も魅力的なシーンとなります。

北マーレにて翌朝の1本を終え、アリ環礁最北端「ラスドゥーマディヴァル」へ。

砂地とドロップオフ。類を見ない特徴的な地形のこのポイントでは、グレイリーフやマダラトビエイを堪能。
P4010036

_DSC8320

Day2-2

そこから南へと進み、3本目をまったりと。

この日の夜はナイトマンタ。
★Day2-4

_DSC8667

P4020129


ピーク時には4枚ともなったダイビング。右から左から、前から後ろから、目で追うことが忙しくなるほどとなりました。


3日目の1本目。

早朝にアンカーを上げ、向かった先は魚影の宝庫「フィッシュヘッド」

潜降後すぐに、水底を這う見覚えのある影…。なんとトンガリサカタザメです!!

深場だったので写真はありませんが、ほとんどのチームが目撃。

そして、エントリーからエキジットまで、終始魚に囲まれてのダイビングに、皆さん大満足の表情。

そのテンションのまま、2本目。マンタのクリーニングステーションへ。

カレントチェックに入ったシャーミー。顔を上げるなり「マンタ、いっぱいいるよ!」と歓喜の声!

水中へ行くと最高で7枚のマンタがクリーニング中。
P4020144

_DSC8848

_DSC8897

そこにイエローバックやクマザサの群れが流れてくるなど、お祭り騒ぎとなりました!!

もう興奮度マックスとなっている皆さん。

ジンベエエリアもこの調子で!!と、そううまくいかないもの。

いつも以上に姿を現すジンベエ。しかし、ことごとくタイミングが合わない。

この日は幾度となくあるチャンスを生かすことが出来ず、翌日にすべてを賭けます。


4日目。

少し早めの起床をし、「クダラティラ」にて貸し切りダイブ!
★Day4-1-1

_DSC8987

_DSC9044

魚達に周囲を完全に囲まれるダイビングサイト!そう多くはないのでは?

朝食を済ませたら、ジンベエサーチ開始!即座に吉報。

ドーニに乗り換え、全力で向かいます!が、ここでもタッチの差…。惜しくも届かず。

ですが、ここから快進撃!!

ダイビングに切り替え、潜降中。シャーミーのベルが鳴り響きます。

そう、水中でジンベエに遭遇。しかも、特大サイズ。
_DSC9097

_DSC9086

_DSC9092
前から、横から、後ろから!

全アングルでジンベエを!!

ダイビングを終え、ドーニへ。しかし、余韻に浸る時間はありません。

今度はシュノーケルのチャンスが!!

急いで準備を終え、ジャンプイン。先ほどとは別のジンベエがリーフ上を優雅に。
P4030014

水中、水面のダブルパンチにドーニの上は笑顔が広がります。

良き締めくくりとなったアリ環礁に別れを告げ、ヴァーヴ環礁へと移動。
P4030064

Day4-3-1

_DSC9199

_DSC9217

ナースシャークとのひと時過ごします。


最終日を迎える方もいらっしゃった、5日目。

ヴァーヴでのチャネルダイブでは沢山のグレイリーフやギンガメ、クロヒラ達が目の前に!
_DSC9261
極めつけはこの砂地。水中に広がるゲレンデの様。
_DSC9307

そこから、南マーレのダイナミックなポイント、「ナギリティラ」へ。

真っ赤なソフトコーラルや一面に広がるハナダイ。
_DSC9384

_DSC9323
ギンガメやバラフエなど種類豊富な魚達とのダイビングを楽しみます。
_DSC9430

この日は南マーレでの停泊。

トリップ最終日の朝はまったりと1本、南マーレで過ごし、北マーレへと帰ります。


北マーレでも変わらず圧巻の魚影。

最終ダイブはエイやウツボ、ムレハタなど、まるで水族館の様な海を楽しめるフィッシュタンク!
P4050387

P4050408

P4050419

ここでもトンガリサカタザメの登場!最後の最後まで感動を与えてくれました!!

※人が多く写真には納められず…。しかし、しっかりと見ることが出来ました。

さて、今週のトリップいかがでしたでしょうか?

ジンベエ、マンタ、トンガリと終始、大物祭りとなった今週。

来週もこの調子で安全第一!!盛り上がっていきましょう。

併せて、今週末はマリンダイビングフェアが開催中。

我らがMaldivian Starsのオーナーガイド「カオリータ」も会場にて皆様のご来場をお待ちしております。

平成最後のマリンダイビングフェア。是非、ご来場下さい!!

それではまた来週もお楽しみに!!


記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

maldivianstars

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ