こんにちは!うめちゃんです。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします♪

 

今週は風もあり、途中スコールもあったりと寒い日も...。
陽がある時はとても暖かいですよ。むしろ暑すぎるくらいの日も。
でも最近はダイビングが終わり、海からあがると本当に寒くて震えてます。
カオリータも「なんでモルディブこんな寒いねん!?」とよく叫んでおります。(笑)

常夏のモルディブは一体どこへやら??


今週はそんな気温差の激しいモルディブの1週間を紹介いたします。

 

北マーレ~南マーレ~ヴァーヴ環礁~アリ環礁と周ったトリップ。

 

チェックダイブとなる1本目は「マーギリロック

いつも変わらぬ安定のヨスジに囲まれながらのダイブ。
50638576_290249611635697_5061641094597443584_n

IMG_1893
根の周りはハナダイが無数に舞ってます。
IMG_1891


南に下り、2本目は「ヴィリヴァルギリ

ここは白い春雨のようなコーラルが他のポイントと比べ、多く見られるポイント。

50024014_379430142841701_2306739038175887360_n

浅瀬にはハナダイ。天気もよかったのでハナダイのオレンジが映え、とても綺麗でした。
IMG_1918
上を見上げればボートもくっきり。

IMG_1905

口の中が黄色いアデウツボも高確率で見れるのもここの魅力のひとつ。
20190113-P1130148

今日は大きい子と小さい子の2匹のアデウツボを見ることができました。
ただ、場所が離れていたため一緒に撮影はできず。

 

 

ヴァーヴ環礁に一気に大移動。

アリマタハウスリーフ」でナースシャークとサンセットダイブ。

IMG_1925

DSCN0118
流れていたので、中層で泳いでるナースシャークしかおらず。

時々エイも。

IMG_1923

一体何匹のナースシャークとすれ違ったことでしょう。。。

砂地に寝ている姿が恋しいです。

 

 

翌朝1本目は「ミヤルカンドゥ

めちゃめちゃ流れてました!今季イチではないでしょうか。

どれだけ流れてたかというと、見てくださいこのエアーの行く方向を。
IMG_4052
捕まってるのがやっとで、サメも少しいたのですが見る余裕もないほど流れてました。

写真はありませんが、シャーミーと1人のゲストはタイガーシャークを見たとのこと!
かけてあるカレントフックを放し、流れに身を任せチャネルダイブ。

流れに逆らうのはキツイですが流されるのは気持ちいい!!!

 

砂地を抜けたところでムレハタタテダイの群れもいました~。

50110602_941419289396482_4847947917362724864_n

 

お次は、皆さんお待ちかね。ジンベエザメ!!

 

果たして今週もその見れるのか。。。

 

アリ環礁に移動し、まずはドーニから水面でジンベエサーチ。

深場に行ったと情報があり、ダイビングに切り替えエントリー。

潮が巻いて泡が大変な事に。大変でした...。

コガネシマアジの群れとナポレオンフィッシュが私達の近くを泳ぎ去り。

数十分してから水面にジンベエが現れたとの情報が。

すぐにドーニに上がりシュノーケルの準備に取り掛かります。

 

1回目のエントリーでは、姿すら見ることは出来ませんでした。

2度目の挑戦。ドーニから見える黒い影。

 

いました!!!ジンベエ!!!

 

皆一斉にエントリーします。

 

するとすぐ真下にジンベエの姿が!!

20190114-P1140233

しかし泳ぐのが速く追いかけますが、皆次々と追い越され追いつけず...。

 

今回は船も少なく、他の船がダイビングしてる中のシュノーケルだったのでほんの数分ではありましたが、ジンベエを貸し切り状態!

そして全員がジンベエを見れました!!!本当によかったー!

 

ジンベエありがとう!

 

 

昼食を食べ終え、3本目は「アンガガティラ

次はのんびり潜ろう!とカオリータ。しかしここも少し流れててのんびりではなかったですがガイドの指示棒やライトを振るとそれに反応し動くきびなごやスカテンでキラキラときれいでした。
多少流れもあったのでリーフ沿を泳ぎ、マクロを楽しみました。
IMG_4143
ブチウミウシ。かわいいですね~
IMG_1949
固有のカラーブレニーもまるで笑ってるような表情でとってもキュート♪

イカを見た方も!
20190114-DSC01301

タイマイにも会いました~。
20190114-DSC01310

 

3日目の1本目は、「ランガリマディバル

ここはなんといってもマンタを同じ目線で見れるポイント。

トップリーフ全体がステーションになっており、かなり広範囲なのでどこでマンタが出るかわかりません。先週と同じ浅瀬に出ることもあれば45分間全く会えない事も...。

色々なお魚達を楽しみながらリーフ沿いをだらだらと泳いでいきます。
20190115-DSC01339

IMG_2002

20190115-DSC01332
しばらくするとリンリン、カンカンと音が響き渡ります。

 

カオリータについて行くと2枚のマンタが。
IMG_2022

20190115-DSC01362

その後すぐに1枚増え、3枚が私達ダイバーの前や上をぐるぐる。

視線を別の所に向けると2枚のマンタ。

合計5枚!!

もしかしたらもっといたかもしれませんが、私が確認できたのは5枚でした。

20190115-DSC01367
エアーでクリーニングしに来たのか、1人のダイバーの真上に数分留まってました。
こんなに真上にいるのに全く気づかないダイバー。(笑)

それよりカメラがすごくてそっちにも目がいってしましまいます。
すごい映像が映ってそうです。

近くでたっぷりとマンタを堪能して1本終了。

 

ドーニではマンタで大興奮したゲストの皆様で大盛り上がりでした。

 

 

2本目、ムーフシコーナー」でまたまたマンタ狙い!!

1本目のポイントとは違い、下から煽る感じで見れます。

 エントリーしてすぐに遠くからでもわかるほど大きなグレイリーフシャークとちょっと小ぶりなタイマイがいました。

50005834_2207759866157010_1106711668001341440_n

クリーニングステーションにはすでに2~3枚ほどおり、後に5枚がクリーニングステーションに!

20190115-P1150441

IMG_2057
マンタがいっぱいいたのはよかったにですが、透明度が悪かったのが残念。

 

 

3本目は「デガティラ

根の周りにはどこも奥が見えない程のスカテンやバラクーダの幼魚など小魚がぐっちゃり。

IMG_2069

 


根と根を移動しながら泳いでいくと、ヨスジの群れがあり、その近くに珍しいもう一つの群れが。
50418329_345356686069980_7589608598200647680_n
ムレハタかと思い近づいてみると

50605835_2068037749945784_3349424035262889984_n

いつも単独行動が多いツノダシが結構な数で群れてる!!!

ツノダシって群れるんですねー。初めて見ました。

これはかなり珍しいのではないでしょうか?!

他にもグレイリーフの子供が数匹いたり、ツバメウオの成魚と幼魚のグループがいたり、いくつかあるトンネルをくぐって遊んだりしました。

50451903_356020738315092_5841900033665925120_n

IMG_2083

最後は根の上に行き、ハナダイを見ながら安全停止。

20190115-P1150470

マンタも大当たりで皆様大満足の1日でした。

 

 

翌日1本目と2本目は「パネトーネ

1本目、ここも流れてましたー。

流れのせいか少しばらけてはいましたが、オニハタタデダイの群れは健在。

50217984_2229782840420065_3484032132840423424_n

ナポレオンフィッシュが数個体。
カメさんもお食事中でした。
IMG_2130
エントリーした場所から反対の方へ行くと潮も穏やかになり、まったり泳いでいるとリンリン!!カンカン!!と激しい音が鳴り響きます。

ガイドの指さす方向には1枚のマンタ!!

IMG_2126

しかし、颯爽と私達の上を通過。

そのまま進んでいくとなにやら奥に黄色い影。

近づくとそれは大きなヨスジ玉。

IMG_2174

 圧巻でした。

 

2本目は朝より流れてたため、潜り方を変えて1本目とは違う場所からのエントリー。

 深場にはグレイリーフや、ナポレオン、ツカエイ、ホウセキキントキの群れ、カマス系の群れがわんさか!

そしてまたヨスジ玉の所へ。

50399575_2700482319963736_1024192117745909760_n

浅瀬のサンゴがとってもきれいでしたー♪

IMG_2128


マンタをまた見ることはできませんでしたが、潮も落ち着いていたのでのんびりとしたダイブでした。

 

 

3本目は「ヒメンドゥガァ

またまたマンタ狙いです!!

カレントチェックでマンタがすでに5枚いるとシャーミーの一言。

これは期待!!

ステーションへ行くと次々とマンタがやっってきました。

IMG_2212

IMG_2294
6枚のマンタを確認!

最後まで粘っていたカオリータチームは、なんと12枚も見たそう!!

約1時間マンタを堪能し終了。

 

 

最終日となる4日目の1本目は人気の「フィッシュヘッド

ヨスジにそっくりなベンガルスナッパーの群れが見所。

そして今季イチと言ってもいいほどの最高のコンディション!!

流れも落ち着いていて魚影も濃く、透明度もグッド!!

ベンガルの群れはもちろん、マダラトビエイにカメも3匹!

20190117-P1170752

IMG_2383
タカサゴ系の幼魚の群れやスカテンの群れで周りがキラキラして綺麗でしたー。

IMG_2375
カスミアジやロウニンアジなどが捕食をしていたので躍動感あふれる魚達の動きには目を奪われます。

 

安全停止に入る手前で岩陰で休んでいる1匹のカメを見てカオリータがスレートを出し何やら書き出します。
『甲らにカエルウオ』

甲羅をよく見るとカラーブレニーの姿が。
50539525_391697568252759_4333196452009345024_n
甲羅に生えている藻を食べてました。かわいい!

あっという間に45分が過ぎ、名残り惜しくも1本終了。

 


2本目はアリ環礁の最北端「ラスドゥマディバル

透明度はイマイチ。数はそんなに多くはなかったですがグレイリーフを近くで見ることができました。
20190117-DSC01696
マダラトビエイも2枚。

IMG_2404
深場にはギンガメがたくさん!!

カオリータが音を出して呼び寄せます。

するとギンガメが私達の近くまで上がってきて目の前を回遊。

IMG_2414

砂地に移動すると大きなマダラエイが砂をかぶって寝てました。

50117200_2251678541530401_8948868071238402048_n

リーフに戻るとアオウミガメ。まだ小ぶりでかわいかったです。

大きなナポレオンフィッシュも登場。
人懐っこいのか人に興味があるのか様子を見ながら近くを泳いでくれました。

20190117-DSC01702

最後はのんびりダイブで終了。


 

いかがだったでしょうか?

今週はマンタ祭りの1週間となりました。

来週は3つのショップがチャーターで来てくださいます。
一体どんなトリップになるのでしょうか?!

お楽しみにー!