お久しぶりでございます〜
今週はエミがお届け致します!
《今シーズン、私がお届けする最後》 & 《平成最後》の更新となります〜
平成生まれにとっては『平成』が終わるというのはなんか考え深いというかもの寂しいものですねー、、 昭和の皆さまも平成に移り変わるときそうだった。とお聞きしてましたが痛感致しました()

さてさて、もう今シーズン残すところあと2‼︎
今週は大物・魚影・ソフトコーラル! 見れたのか!?
最後までお付き合いくださいませ〜


北マーレからスタートしアリヴァーヴ南マーレ北マーレ とトリップしました

まず、チェックダイブの《マーギリ ロック》 へ。
水温非常に暖かく〜
根にはいつも安定なヨスジフエダイたちが群がります〜

M2 T

M1 K


《マーギリ ティラ》
まず、深場の砂地の方へ〜オーロラシュリンプゴビーや
ドラキュラシュリンプゴビーなどを探します(ω)
MT T

MT M

深度を上げ、根のトップにいくと
MT T3
↑ 耳に黒点のあるイヤースポットブレニーや、

これまた珍しや!インド洋バージョンのタテジマキンチャクダイの幼魚と成魚の中間の子がー!青年ぐらいですかね?笑
こんな風に模様が変わっていくのかと思うとおもしろいですね(*´
`*)
MT T2

また根のTopでは、キンギョハナダイやスズメダイたちの群れに囲まれれますよ


《サンライト ティラ》
モルディブを代表する名ポイント‼︎
パウダーブルーサージョンフィッシュが大きな玉となり一緒に泳いだりご飯を食べる姿が見られます!
S M

S KA2

S M2

砂地側へ行くと、、
ハゼ系やマクロの世界 & 所々にキレイなソフトコーラルが咲き乱れている小さな岩が点在しています〜
S KA3


朝一ナッシモティラへ行こうと試みましたが潮の激流さに断念…2度目の《マーギリ ロック》 へ。
ヨスジフエダイの群れのいる根に向かう途中、なんと!モブラちゃんがスーッと登場

M2 H

M2 K

M1 M2

最後はムレハタタテダイの群れに囲まれ安全停止〜
M2 M2


《ラスドゥ マディバル》
アリ環礁最北端にありますここのポイントでは外洋に面しているのもありグレイリーフシャークが見所です

今日は10匹ほど水深深めで群れていて
R W

R Mi

マダラトビエイ2枚や、ツバメウオが大量に群れているのが見られました。
バラクーダ、ギンガメアジの群れなど魚影満載でした!
R M

R Mi2


アリ環礁の中でもかなりの人気ポイントの《フィッシュ ヘッド》

潮の流れ・速さで毎回違う光景に何度行っても飽きませんね〜
今日は遠目でしたが、グレイリーフシャークやマダラトビエイが泳ぎその周りをタカサゴたちが囲んでいる姿は圧巻です〜
メインのベンガルスナッパーに
F K

↓ モルディブアネモネフィッシュとのコラボもモルディブならではの光景〜
F Mi

カメも2個体
🐢
しかも!半年ほど前コケが生えてたのに掃除されちゃってた子にまたフサフサのコケが〜
F KA
フサフサ加減が可愛いです


《フェスドゥ ファル》 にて、ナイトマンタ!
2
枚のマンタが縦横無尽に私たちの前でグルグルと乱舞します〜
NM KA

NM Mi

↓ 喉の奥もしっかり👀
 これだけ画面いっぱいだとなんかおもしろいですねw
NM M



乾期のマンタ・クリーニングステーション《ムーフシ コーナー》
少し透視度が悪くシルエット感が否めない今日この頃でしたが
マンタ2枚がクリーニングに集まってきていました!
ここは見上げて見れたり目線の高さで見れたりと様々な角度からマンタを見られます

しかも魚影もかなり満載で、コラボで写真の撮れるポイントです〜
Mo K

Mo K2

Mo H


やってきました!ジンベエsearch‼︎
ドーニに乗り込んだ瞬間からジンベエ情報が!
バタバタしながら準備し、到着して見るとシュノーケルで泳ぐ人たちの前にジンベエザメの黒い影が〜‼‼
位置を確認し、すかさずエントリー

ジンベエ W

ジンベエ M3

2
3回シュノーケルで挑戦した後、ダイビング〜
...残念ながらダイビングでは出逢うことが出来ませんでした()


《クダラ ティラ》
ちょうどよいぐらいの潮あたりで根にはヨスジフエダイとヒメフエダイが根を覆うようにいます。
所々にあるイソギンチャク&クマノミがいるのでコラボで撮るとモルディブらしいですね~
K T

↓ オーバーハング下などには大小無数のウミウチワやブラックコーラルが群生しております!
K W

K Mi

K KA2

少し離れた小さい根のTopにはビッシリ!とキンギョハナダイたちが必死に泳いでいます()
K KA3


《ブルー ティラ》
水底付近には大きなコガネシマアジが10匹ほどで連なって泳いでいたり、小さな根にはびっしりとスカシテンジクダイが付き、キラキラと装飾しています。
B KA

また5枚のピンクウィップレイがヒラヒラと舞いながら近寄ってきてくれました〜5枚となると迫力ありますね()
B H

根のTopには淡い系のお魚たちが出たり入ったり♡
B H3


カメの遭遇率も高いこのポイント。
ご飯を食べていたり、今日の子はロッククライミングみたいによじ登っている感で泳いで?いました(笑)
R H2


ヴァ―ヴまで環礁移動し、かなり久しぶりに東の方まで足を運び、
黄色とオレンジ色のソフトコーラルを見に《フォッテヨ》へ来ました。
Fo W

深場の方にはツースポットバスレットや
↓ インド洋バージョンのアケボノハゼが生息しています!
Fo W2

ツバメウオの大群やタカサゴ軍といつも行ける距離にあれば...と悔しくなるほど
ここも素晴らしいポイントです‼
Fo M4

Fo M

トップ付近には♡タコのカップルが2組♡
1組は結ばれてましたが、もう1組は巣穴に引っ込んでしまいました~
お邪魔、、失礼しましたm(_ _)m   ↓まさに逃げていくところ。笑
Fo K


サンセットダイブの《アリマタ ハウス リーフ》
ナースシャークは活発に動いている様子が見られる潮の流れでしたが、今日は寝そべっている子達もチラホラ見受けられ1回に2度楽しめるダイビングとなりました

Ali T

Ali H
↑ キスなのか?♡ 真相は……わかりません。笑
Ali Mi3

さらにマダラトビエイも10枚の群れをなして私たちの近くをグルグル泳いでくれました〜
Ali M


《ミヤル カンドゥ》
早朝1本目!グレイリーフシャーク狙いでダイビング‼︎
すごい数のグレイリーフシャークが私たちの前を行ったり来たり〜!
透視度もよくなりかなり近くまで寄ってきてくれましたヽ(´∀`o)
Mi W
アジの群れもリーフを覆うように群がりダブルで迫力満点でした
👍

砂地に進んでいくと奥の方まで白が続き、水との境界線がわからず引き込まれそうなぐらい白から青のキレイなグラデーションを見せてくれます。
Mi M2


《ナギリ ティラ》
今週も潮の流れによりソフトコーラル側には行けませんでしたが
グレイリーフシャーク、マダラトビエイ2枚、それからギンガメアジ・バラフエダイの群れ、カマスの群れなど沢山の種類に一気に出逢えます

N H3

少し流すとナポレオンや大きく甲羅のピカピカなカメたちにも出逢え、
N M2
↑ ここのナポちゃんはよくカスミアジと一緒に泳いでいます~

Top
のサンゴの上には、コラーレバタフライフィッシュの群れがキレイに身を寄せあってましたー!
N Mi2

N H4

隣にはムスジコショウダイの群れ、それからヒメフエダイの大群!
ヒメフエダイはすごい勢いで逃げ回り、コラーレとムスジの群れに突撃し、かなりかき乱します()
N W
↑ 真正面から見ると地味に迫力あります((笑))
N K

クダ フラ》
今シーズン初エントリー。
外洋側ということで大物を期待しポイントに向かっていると、イルカが〜!
ハシナガイルカだったのでエントリー前に
いなくなってしまって出逢えませんでしたー()深場にはナポレオンのデカさは3個体見ましたがどの子も半端なく大きかったです
😱


《エンブドゥ エクスプレス》
外洋側にはグレイリーフシャークが泳ぎ、
水路の中に入っていくとギンガメアジの群れを発見!
Na W2

水底近くにはサンゴにキンギョハナダイたちが群れています〜
Em T


北マーレまで帰ってきまして
お次は、2日目に行けなかった《ナッシモティラ》 へ〜
激流の中、皆さん頑張って泳ぎ
藤色のソフトコーラルを見ることが出来ました〜
Na W4

Na Mi

そのほかにも今日はロウニンアジが群れをなしてハンティングを!
黒に体色を変えてるロウニンアジはカッコいいですねー
Na W3


今週最後は《バナナリーフ》!
タカサゴたちのお出迎えの後は
岩場の影に、ここのポイントだけでなく岩肌に赤い海綿や色鮮やかなホヤが付いていることが多いモルディブ。
フォトジェニックな写真が撮れます
◡̈*
Ba T

ラストはヨスジフエダイとムレハタタテダに囲まれてダイビング終了ー。
Ba Mi


3
週連続でジンベエにも出逢えたので
来週もこの調子で!
有終の美で今シーズンラストを迎えたいものですね‼︎

私は来シーズンもお世話になります!
どうぞ
よろしくお願い致します~‼
それではまた〜
次は、令和でお会いしましょーヽ(´∀`o)

えみ