みなさん!こんにちわ〜


新型コロナウイルスについてのニュースで世界中を震撼させられる日々が続いていますね、、

会社に行けず在宅ワークされている方なども多いと聞きます〜

お身体は崩されないようにお気をつけくださいね

 

海の中はいつも通り沢山の魚影に、大物たちも私たちの前に顔を出してくれました〜!

少しでもこのブログで皆さまの心が癒されれば、、と思います〜


今週は北マーレ環礁から半時計周りに

アリ(北〜南) → ヴァーヴ南マーレ北マーレのルートでダイビングしてきました

 

まず、1本目は《Maagiri Rock》へチェックダイブ兼ねてエントリー。

潮も穏やか!根を覆うヨスジフエダイの群れが今日も皆さんの1本目の緊張をほぐしてくれます〜

1 K2

1 Z

Reef沿いに深度をあげていくとなんとモブラの団体様が!

45枚の群れで私たちをお迎えしてくれました〜

1 Z2

最後はムレハタタテダイの群れと共に安全停止〜
1 Mi2


2本目はアリ環礁へ早速移動〜最北端の《Rasdu Madivaru》へ。

今日は外洋側にてグレイリーフシャークの群れがぐるぐると回遊〜

リラックスしてるのか?手が届きそうなぐらいまで私たちの近くに来てくれました〜!

3 F

その真横にはギンガメアジの大群‼︎

2 K3

ギンガメアジの群れに目を奪われていると、後ろから巨大ナポレオン!!

皆さんの視線がとても忙しそうでした👀✨笑

2 Ki2

 

3本目は環礁内にあります、《Maaya Thila

私たちのエントリーに集まってきたツバメウオの団体さんに、

グレイリーフシャークなどの回遊が見られました~
3 Ki3

Topは至る所にいるクマノミfamilyにキンギョハナダイの群れでオレンジ色の染まっています~

3 Ki5

3 N2



久しぶりに見ましたモルディブのウミウシ!
↓ クロモドーリス・グレニエイ
3 Ki4

魅力満載のポイントでした

 

 

そして今夜はー!!《Night Manta

早い段階から3枚ものマンタが

夕ご飯を食べ、エントリー〜

するとどんどんマンタも光に集まったプランクトンを捕食しに最大6枚も集まってきてくれましたー

途切れないマンタトレインにみなさん大興奮!!
NM N

NM Z4


NM Z2

 

5本目はファン率12位を争う《Fish Head魚まみれの小さな隠れ根にみなさん釘付け〜!

エントリーすると潮上の方には、

イエローバックフュージリアやクマザサハナムロなどのタカサゴに、ムレハタタテダイ・ツバメウオのまだ若い幼魚たちの群れに囲まれます

5 Mi

5 K3

王道コースではここだけ?ヨスジフエダイに似たベンガルスナッパーも群れているのがみられます

5 K5

群れ以外にも今回はマダラトビエイにカメも〜5 Ya

5 N
今日も魚影満載でしたー!


 

6本目は乾季マンタのクリーニングステーションの《Moofushi Corner》へ、人気のステーションでもあるので他のダイビングチームがいないのを見計らいエントリー。

ステーションまで行く最中にも23枚が次々と列をなして移動〜👀✨皆さんの期待が高まります

到着するとなんと最大9枚ものマンタがグルグルと回遊〜!!

6 K5

他に比べ魚影の濃いステーションでもあるので様々なコラボで撮ることも

6 K

6 Z

 

7本目は、スカシテンジクダイにキビナゴたちがびっしりと根を覆っている《Dega Thila

大きい魚がいい!と言っていたゲストさんたちもこれはすごいというほどの密集度()

小さいタカサゴたちの層がすごいですね!👀✨
7 N2

カマスの子どもサイズも沢山見られました~!
7 Ki

上を見上げると...きびなごの群れもすごし!!
7 N

写真に撮っても背景がキラキラでとてもキレイです

7 K6

 

昨日に続き今宵は、、、

なんとジンベエザメの捕食が狙えるポイントに停泊。ジンベエザメが来てくれるのを待ちます

夕ご飯の支度が出来るのを待っていると

早くもジンベエザメが登場👀
NZ Mic

そして続々と捕食に〜‼︎‼︎
最大4匹ものジンベエザメが母船のうしろに〜✨✨✨こんなの私も初めてで大興奮

大量に集まっていたプランクトンも一瞬にしてなくなるほど()NZ N

捕食している姿や何回も集まってるかどうか見に来るジンベエザメなど
シュノーケルにて間近で楽しむことができました〜♪
NZ F


NZ K3

 

8本目、ここも乾季のマンタのクリーニングステーションでもある《Rangalhi Madivaru》。

水路の少し中からエントリー。

壁側にはまだ11つは小さいですが、淡いピンクのソフトコーラルがびっしり咲いています

8 k4

8 K3

8 Mi

外洋側のReefにいくと、タカサゴ系に追いかけるイソマグロの姿や、、

無数のハナダイのグループに、インディアンバナーフィッシュの群れなども見られます〜

 

Topを流していくとどこまでも続くサンゴが朝日も入りキラキラとしていてとても爽やかな気分にさせてくれます
8 Ki

気持ちいい〜と泳いでいると、、フセインのリンリンが!

スーッと横を通っていくマンタに出会うことができましたー(*ω)


 

ナイトマンタ・ジンベエザメに、日中マンタの大当たり‼︎

に続けるのか⁉︎ やってきました〜ジンベエサーチ!

今週は情報も少なく入ってきた情報を元に母船にてジンベエポイントまで向かっていると急にシャーミーの叫び声!👀💦

その指差す方向を見るとジンベエザメの背びれが水面から出てる〜!!

ドーニを寄せ、乗り込み急いで駆けつけますがジンベエザメは深場へ見ること叶わず、、そのままドーニから探していきます〜

1時間経っても発見出来ずダイビングに切り替えてエントリー。。

無音のダイビング………からの‼

チリンチリン、チリンチリン!👀

2030分経過した頃、シャーミーのベルが

向かうと真正面からジンベエザメが登場〜
Z K3

Z F

すごくゆっくりと泳いでくれていたので長い時間見ることができました

Z Ki

 

怖いぐらい絶好調の今週()


続いて10本目は、魚影の濃さはFish Head以上も過言ではない《Kudarah Thila‼︎

根の至る所に群れているヨスジフエダイに

ムレハタタテダイ・ブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れたちなど、どこを見ても魚!!笑

10 K

潮あたりの良いところではウミウチワに加えソフトコーラルも地面一面に咲いています〜

とても華やかですね

10 K3

珍しく根の近くをグルグル泳ぐグレイリーフシャークに、、

10 N2
離れのTopはハナダイパラダイス〜
10 N6

 

11本目はこんなにも広範囲で地面一帯に咲いているところはなく、暖色系ソフトコーラルが咲き乱れる《7th Heaven

今日も満開に、真っ赤に染めてくれていました〜

11 Mi2

11 N

11 Ya

 

12本目はお久しぶりの《Tin Thila》へ、
地形的にも面白いポイントですが、オーバーハングの下から根の壁にかけて全体的にウミウチワが群生。

大きさや見方などによって様々な姿を見せてくれる魅力あるポイントです〜

12 K2

マダラエイやナポレオンもよく見られます!
12 Z

今日は3、4個体ほど根の周りをウロウロしていましたよ~
12 Y

 

13本目はアリ環礁を出てヴァーヴ環礁移動。。

ナースシャークで有名な《Alimathaa House Reef

開始20いつもなら沢山のナースシャークに出会えるはずが、、その姿は捉えられず

潮に流されていくとイスズミの大群が!
13 Y2

見ているとその中からナースシャーク登場!!

やっとみることができました〜👀

そこからは続々

私たちの間など沢山遊んでくれました〜

13 Mi

13 Y

13 N4


翌日早朝の14本目は水路へグレイリーフシャークの群れなどを見に《Miyaru Kandu

かなり緩やかな潮の流れだったため各チーム、チャネルクロスしながらサメを見ていきます

タカサゴの中をスーッと泳ぐ姿や捕食シーンも少しあり迫力満点でしたー!!

14 Mi

14 N

14 K

水路の中にもグレイリーフシャークの子どもサイズのグループや、、

ギンガメアジ・カマスの大群も見ることができます〜

14 K5

最後はマダラトビエイを見ながら安全停止~
14 N4

 

15本目は南マーレ環礁まで北上し、《Nagili Thila》へ〜

中に入っていく潮だったためまずエントリーしてからはグレイリーフシャークやマダラトビエイの群れ・ギンガメアジの大群などを少し流れに逆らい探していきます〜

15 K

Topに上がるとハマサンゴの陰に身を寄せて

インド洋の固有種・コラーレバタフライフィッシュやムスジコショウダイ・ヒメフエダイが固まっているのが見られました〜

15 K4

そしてカメの出没数が凄かった〜

数えきれないほどどんどこ出てくる、出てくる

最後はカメと安全停止もできました〜✨笑

15 Ya

 

16本目は最近あまり行っていない《Embudhoo Express

大きい水路のポイントでもあり、、外洋側ではグレイリーフシャークがうようよ〜

 16 Ki

そういえばマダラトビエイの集団は今回が初めてかな?
仲良く泳いでいましたよー‼✨
16 F

水路の中へ流されていくと大きなオーバーハングにはウミウチワの群生〜

コラーレバタフライフィッシュやムスジコショウダイの群れも見られました

16 Ki3

 

17本目は、1つの根を3つに上から割ったような根の集まりの《Okobe Thila

エントリーするとまずタカサゴ系がお出迎え〜真っ黒のロウニンアジに追われ私の周りを必死に逃げる姿は圧巻〜

17 Ki

潮上の方ではムレハタタテダイとブラックピラミッドバタフライフィッシュの群れが混ざり
私たちを囲んでくれます♪
17 Ki4

その横をゆーっくり泳ぐマダラトビエイちゃんに……

17 Ki8

白の花を咲かせた植物がヨスジフエダイたちと相まっていい感じでした

17 Ki3

 

ラストダイブ18本目は空港にも近い《Banana Reef

モルディブ特有の赤い岩肌も特徴的に出ていて魚影もかなり満載なポイントです
18 Ki

フエダイ・コショウダイ系の群れが特に見られました〜

18 Ki2

18 Ki4

18 Ki8


10 Ki


今週は、日本人の皆様に加え、シャーミーとカオリータの元上司(リゾート時代のボス)が
長年一緒に潜っているダイバーさんたちを連れて参戦してくださいました~
シャーミーもカオリータも嬉しそうでした!
ドミニク兄さん、マイケルさん、フランクさん、ありがとうございました!

また日本人のゲストの皆様もご乗船本当にありがとうございました!
大笑いの日々を過ごさせていただきました✨


 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

現在、モルディブは日本からの皆様に関しましては入国制限等はございません。(ご到着時に発熱等ある方は入国制限がかかります)
ただし、ご利用の航空会社の運行をご確認くださいますようよろしくお願いいたします。現時点で減便等が発生しております。

世界中で新型コロナウイルスのニュースによって日々疲れる思いですが、、

皆さまがかからず健康にいられることを願っております。

沢山の亡くなられた方々には、、心からお悔やみ申し上げます。
一日も早い終息を祈ります。


 ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

皆様、最後までお読みいただきありがとうございました!

  

ひとまず来週は弊社もお休みとさせていただきます〜

それではまた次回!お会いしましょー
N

エミからのお届けでした~