モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2012年02月

デュワー・ラトレー4種

さて、本日は水曜日。
本日のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

昨日はデュワー・ラトレーから4本の新入荷がありました。
入荷情報はジェイズ・バーのFacebookページをご覧下さい。

とりあえず、手堅くお気に入りになったのはグレン・エルギンでしょうかね。
コスト・パフォーマンスも悪くないでしょう。
この辺りに手持ちのウイスキーがないなら手に入れて損はないかなと。

月曜・火曜とこのブログをサボりました。
すみません。
何だか気分が乗らないってこともありますね。
少し時間が掛かるかもしれませんが、頑張って行きます。
よろしくお願いします。

さて、本日はサッカー日本代表、VS ウズベキスタンです。
観ますよ。
元気が出ますから。

とりあえず、飲みに来て下さい。
待っているのです。

R0011374


R0011354


R0011349


R0011343


昨日入荷の4種はすべて、「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

キャパドニック 1972 38Yo ダンカン・テイラー / レアレスト・オブ・ザ・レア / ユアンズ・チョイス 2nd for Shinanoya

キャパドニック 1972 38Yo
ダンカン・テイラー レアレスト・オブ・ザ・レア
ユアンズ・チョイス 2nd for Shinanoya
Refill Hogshead , Cask No.7428 , 127bottles , 53.8%

R0011036


今夜金曜日に限り、「3杯セット」対象商品とします。
他の「3杯セット」対象商品2種と会わせて、
ハーフ・ショット、3杯選んで2100円(税込)です。

今夜は7時20分より、「日本 VS アイスランド」。
やります。


イベントのご案内

先日お知らせいたしました通り、明日、2月25日(土)午後6時より、来日中であるブラッカダー社のロビン・トゥチェック氏をお招きしてイベントを行います。

明日は通常営業ではない上に、午前1時を閉店時間とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けして大変恐縮ですが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

明日は「ご予約不要」「自由参加」のイベントです。
混雑時にはご迷惑をお掛けするかもしれませんが、どなた様も大歓迎。お近くにお立ち寄りの際はご来店いただければ幸いです。

ご興味がありましたらこちらジェイズ・バーのFacebookページをご覧下さい。

さて、本日はもうひとつご案内をさせていただきます。

昨日入荷いたしました「キャパドニック 1972 38Yo / ダンカン・テイラー レアレスト・オブ・ザ・レア ユアンズ・チョイス 2nd for Shinanoya / Refill Hogshead , Cask No.7428 , 127bottles , 53.8%」

R0011036


本日金曜日、「3杯セット」対象商品とさせていただきます!

このキャパドドニックを含め、「3杯セット」対象商品から、
ハーフ・ショットで3杯選んで2100円(税込)です。
本日限りです。
皆様のご来店をお待ちしております。


人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


入荷しました。

キャパドニック 1972 38Yo
ダンカン・テイラー レアレスト・オブ・ザ・レア
ユアンズ・チョイス 2nd for Shinanoya
Refill Hogshead , Cask No.7428 , 127bottles , 53.8%

R0011036


待ち切れず荷物を取りに行きました。
いつもの宅急便さんです。
本日、封を切ります。
最初にご来店のお客さんを待ちたいと思いますが、どうもアレですね、待ち切れない性格なんで先に飲んでたらごめんなさい(笑)。

皆様のご来店をお待ちしております。
よろしくお願いします。


人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0011043




キャパドニック 1972 38Yo / ダンカン・テイラー レアレスト・オブ・ザ・レア ユアンズ・チョイス 2nd for Shinanoya

本日入荷予定です。
午後7時頃にはジェイズ・バーに到着している予定です。
恐縮ですが、今のところ未入荷です。
あくまでも本日入荷予定です。

届いたらツイートして、ジェイズ・バーのFacebookページも更新する予定です。

先日まで、ジェイズ・バーのFacebookページが閲覧できない、というお話を何人かの方にいただきましたが、現在は大丈夫だと思います。何しろ、その辺りのことは素人なもので、正直、僕にも良く分からなくて申し訳ありませんが、今は大丈夫と思います。

ジェイズ・バーのウイスキーに関する「発注情報」「入荷情報」「リリース情報」「ショート・インプレッション」「テイスティング・ノート」などをご案内申し上げております。もちろん、本日のキャパドニックも、最新情報はこちらでご案内申し上げます。

どちらかと言えば、淡々と情報を流すというスタンスで取り組んでおります。ジェイズ・バーのウイスキーに関する最新情報はジェイズ・バーのFacebookページをご覧いただければ幸いです。

R0011022


さて、本日まで、「グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル」が「3杯セット」対象商品になります。「グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル」を含む「3杯セット」対象のウイスキーが、
ハーフ・ショット合計、3杯選んで2100円(税込)です。

好きなウイスキーを3杯選べますが、違う3種類のウイスキーを選んで下さい。
違うものを3つ試してみると、自分の好き嫌いがより明確になります。
自分のそれを知ることは、ウイスキーの愉しみの始まりだと僕は思っているのです。
「ウイスキーなんて、何を飲んでも一緒でしょ?」何て思っている方がいらっしゃるなら、そんな方にこそ、なおさら試していただきたいのです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!


グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル

さて、本日は水曜日。
本日のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

昨日は4本の新入荷がありました。
入荷情報はジェイズ・バーのFacebookページをご覧下さい。

中でも皆様気にしていただいているのは、「グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル / Cask No.10822 , 47.6%」でしょうか?

R0011022


さて、本日水曜日から、あすの木曜日まで、さて、この「グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル」を「3杯セット」対象商品とします。

ジェイズ・バーのバックバーの下段に並ぶ約100種類の「3杯セット」対象商品の中から2杯、そして、この「グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル」を1杯。
ハーフ・ショット、3杯選んで2100円(税込)です。


さて、本日はチャージ無料。
3杯飲んで帰る。OKです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

お知らせ

2月25日(土)はちょっとしたイベントを予定しております。
そのため、今週土曜日はご来店いただいても通常の営業ではありません。
詳細は追ってお知らせいたします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。

何だか、確定申告シーズンも本格的になって参りました。
本日は帰って伝票の整理などしようかと思っております。
今夜はこの辺で、失礼いたします。

今夜は10時頃に、

ボウモア 1994 17Yo / BBR 復刻ラベル / Hogshead , Cask No.1714 , 54.2%

カリラ 1982 28Yo / BBR 復刻ラベル / Hogshead , Cask No.6514 , 56.4%

グレンリベット 1973 38Yo / BBR 復刻ラベル / Cask No.10822 , 47.6%

以上、3本入荷予定です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0010793

クライヌリッシュ 1994 17Yo 3種

1997年蒸留のクライヌリッシュがいくつかあるので、まとめて飲んでもらったら愉しいのではないかと思うのです。それぞれ少しづつキャラクターの違うクライヌリッシュです。

クライヌリッシュ 1997 14Yo
エディション・スピリッツ
Refill Bourbon Hogshead , 56.3%

R0010877



クライヌリッシュ 1997 14Yo
クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ for 3 Rivers
Refill European Hogshead , 288bottles , 55.2%

R0010876


クライヌリッシュ 1997 14Yo
SMS ディスティラリー・コレクション
56.3%

R0010874



お願いします!「人気ブログランキング」


いつもの「3杯セット」でもツマラナイので(笑)、おまけでもう一杯付けちゃいます。
上記の「クライヌリッシュ 1994 17Yo」 3種と、下記の2種のうちからひとつを選んでいただき、

R0010884


クライヌリッシュ 1995 14Yo
TWA
EX Bourbon Hogshead , 170bottles , 53%

クライヌリッシュ 1990 21Yo
ダグラス・レイン OMC
Refill Hogshead , 265bottles , 50%


ハーフ・ショット合計4杯で2100円(税込)です。

お試し下さい。

よろしくお願いします。

R0010882



人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


ロイヤル・ブラックラ 1969 16Yo / 40%

こんなウイスキー入手しちゃいました。
飲みますか(笑)?
顔にはシミが目立つし、随分と皺も増えてしまったけれど。
大丈夫、しっかり生きてます。

昨夜、抜栓しました。
久し振りに現れたオールド・スタイルなウイスキー飲みと、昔の話なんかしながら昔のウイスキーを飲む。そんな素敵な夜でした。

僕らはともに興奮して、だけど恐らくは互いに、「もういい歳なんだし、子供みたいに興奮してるなんて思われるのも癪だな」なんて思って、でも言葉には出さず、だけども顔には出ちゃって。そんな時にそばにあったウイスキー。

R0010863


飲んだウイスキーが良かったのか、僕らの関係が良かったのか、僕にも良く分からないけれど、でも、本当の答えはその両方。その両方であることは本当に幸せ。

僕はいつだって、誰とだって、そんな風に時間を過ごしたいから店をやってるんだ。
だから今夜は、おやすみなさい。


お願いします!「人気ブログランキング」


発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

クライヌリッシュ 1997 14Yo / エディション・スピリッツ

昨日は夕闇にはらはらと雪が舞い、街を歩く僕の肩に落ちた。立ち止まって空を見上げれば、その闇の色にコントラストで圧倒的に負ける程度の少ない雪。だけど、闇夜に存在感を示すことのできない可愛いらしい雪も悪くない。

降る雪に暖かさを感じるのはおかしなことだろうか。だけど、地に立つ僕らに脅威を感じさせることのない雪は、ちょっとした物珍しさと安心を与えてくれたようだ。昨夜の雪を、僕は少し優しい気持ちで眺めた。

お願いします!「人気ブログランキング」

R0010772


思った通りそれは脅威になることなく、池袋は8時を過ぎた頃には雪もやみ。そして、2月に降る雪を眺めた後は、春までにまた雪が降ることがあるだろうかと、そんなことが気掛かりだ。悪天候を忌み嫌う自分がいて、可愛らしい雪を望む自分がいる。

「どちらか」ではなく、「その、どちらも」。

多くの人もそうなのだろう。どんな時も自分の都合を優先するのが人である。ルーティンな日々を過ごせば「刺激がない」とぼやき、熱中しながらも忙殺されれば「穏やかに暮らしたい」と溜息を吐く。

R0010758


ルーティンな日々を過ごす時に、穏やかさを愉しめば良いのに。
忙殺される毎日に、刺激を愉しめば良いのに。

不思議なことのようにも思うが、「人はなかなか本当のことを言わない」ということも含めて真実と思うなら、納得することも可能なのだろう。

さて、(日本では?)リリース第二弾として紹介されているエディション・スピリッツのウイスキー。しかし、ラベルの文字はまだ、「ザ・ファースト・エディション」のままだ。

R0010753


第一弾は昨年の夏頃リリースされて、その時もラベルには「ザ・ファースト・エディション」とあったのだけれど。「ザ・ファースト・エディション」の第二弾、と言う解釈で良いのだろうか?

ラベルにも「Single Cask Ref. ES 009/01」とあって、一番右側の数字が「01」ならば今後も「ザ・ファースト・エディション」のままということだろうか(笑)?そして、その数字が「02」に代わった時には「セカンド・エディション」に変わるのだろうか?

R0010859


このエディション・スピリッツの「ザ・ファースト・エディション」からは、今回トミントールとクライヌリッシュをジェイズ・バーでもリリースさせていただいた。また、前回の「ザ・ファースト・エディション」からも、ハイランド・パークとティー二ニックが印象的だった。

それぞれ何が印象的だったかと言うと、気骨のあるウイスキーを出して来るなぁ、と思うのだ。

現在ジェイズ・バーには97/14Yoのクライヌリッシュが3本あって、ある意味ちょうど良いのでちょっとした企画を考えようかと思う。

来週かな?

R0010745


テイスティング・ノートはこちら
クライヌリッシュ 1997 14Yo
エディション・スピリッツ
Refill Bourbon Hogshead , 56.3%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ



グレン・ドロナック 1992 19Yo / OB Limited Release 2011

30も過ぎると何人かの女の子たちは、いくらか大人しくなったように見えて、ただそれは、穏やかさを手に入れたと見ることも可能だし、何かを諦めて元気を失っていると判断することも不可能ではない。

だけど、外から見ればそのふたつは、どちらも落ち着いている風に見えてしまうことがある。少し若い女の子たちからすれば「おとなの人」に見えるのかもしれない。だけどもちろん、「充足した安寧」と「諦念による鎮静」は同じことではない。

つい先日、30の誕生日を迎えたばかりという女の子が久し振りにやって来た。前回の来店から3ヶ月ほど経っていただろうか?大きなプロジェクトを終えて、彼女は心地良い脱力感を味わっている様子に見えた。

そのプロジェクトの重大さは僕にも理解できた。その重要性を彼女は上手に説明できるし、それは彼女の頭脳が明晰である証拠でもあるだろう。少々視野は狭いが、ここぞという時の集中力を発揮できるタイプ。ターゲットを決めて、自分のテンションのピークをどこに持って行けば良いのかもコントロールできる。

お願いします!「人気ブログランキング」

RIMG0208


しばらく彼女が来なくなるだろうことは、説明はなくとも僕には十分折り込み済のことで、彼女は彼女の予定通り3ヶ月の間来ることがなかった。僕にはいくらかの心配と、伝えておけば良かったかもしれないいくつかのことがあったけど、ほとんど躊躇せず連絡をしなかった。

集中して明確な目標を目指し、着々と歩みを進める人に向けて発する「頑張れ!」という言葉は、多くの場合相手にとって無責任な雑音でしかないことがある。

3ヶ月ぶりに見た彼女は、ピークまで持って行ったテンションを穏やかに下げようと努めている様子だ。結果はまだ出ていないが、そのプロジェクトに対する手応えは十分に見える。上手くやれたとは思っている。だけど、大人しく落ち着いたようで、実はそれが、「充足した安寧」なのか「諦念による鎮静」なのかは良く分からない。

でも本当は、「どちらか一方」ということではないのだろう。
本当の答えは「両方が少しづつ」ということなのだろう。

RIMG0211


最近は少し落ち着いた風に見える彼女も、ほんの数年前までは何かに付け大騒ぎを繰り返して来た方だ。ただもちろん、それは普通の女の子の振る舞いで、「慌てて大騒ぎ」は女の子たちを先へと進めさせるエネルギーになっているのだろう。僕から見た「慌てて大騒ぎ」は、女の子たちにとって「賑やかで濃密」な時間なのだ。

先程来の彼女も例外ではない。「賑やかで濃密」な時間が愉しかったことを懐かしく思っていて、だけど、「慌てて大騒ぎ」では生産性が悪かろうという僕の話も聴いてくれるようになった。

仕事は上手くこなせるようになって行くのだろう。ただ、これまでの彼女のトラブルの大半はパートナーとの関係にあって、今までの「慌てて大騒ぎ」の大半もそのことに他ならない。まぁ、大概の女の子がそうではあるが(笑)。

RIMG0212僕はパートナー選びのいくつかのコツを伝えて、彼女はとても納得をしてくれたけれど、それが上手く行くかどうかは彼女次第。

大事なのは丁寧なコミュニケーションを心掛けること。極力事前の思い込みを排除すること。そして、無難に生きようとして、無自覚なまま構築された意図的な見落としを避けること。

実はその3つは、僕が最大限にウイスキーを理解するために心掛けていることと変わらない。いくらか長い時間を掛けて、彼女にウイスキーの愉しみ方を伝えて来たから、彼女だってぼちぼち素敵なパートナーを見つけても良い頃だと思う。

男たちもウイスキーも同じことかもしれない。か細くて繊細なものがあったり、乱暴で押し付けがましいものがあったり。あなたがどんなタイプを好きなのかは分からない。タイプでなければ、はなから相手にしないのかもしれない。

だけど、飲んでもいないウイスキーに、飲む前から難癖を付けるのは愚かだ。事前の思い込みを排除して丁寧なコミュニケーションを心掛ければ、その男の良い所を見落とさずに見つけられるかもしれない。それは、彼女の幸せの基点になるかもしれない。

RIMG0200


シェリー・カスクのウイスキーが嫌いだと言う彼女に、こんなウイスキーならシェリー・カスクのウイスキーの良さを伝えられるかもしれない。

もちろん、そのために、彼女にもいくらかの準備は必要で、それは、先程の3つの心掛けに他ならない。そして、目の前にグラスが差し出されたら、まずは香りくらいは嗅いであげて欲しい。さらには、ほんの一分で結論を下さないで欲しい。こういうウイスキーは十分後に素晴らしい変化を遂げることがある。

時間を掛けても愉しめなかったら?

そりゃ仕方ない。
男たちは諦めて引き下がるしかないさ。
それが男の生き様で、他の女の子に気に入ってもらうしかないのだ。
ただ、世に出て来た限り、必ず誰かが気に入ってくれる。
男たちもウイスキーも同じことだ。

テイスティング・ノートはこちら
グレン・ドロナック 1992 19Yo
OB Limited Release 2011
Oloroso Sherry Butt , Cask No.161 ,500bottles , 59.2%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


昨日お伝えした、凄い3杯セット
本日まで続行です。

詳細は昨日の記事を!
あるいは、こちら


トミントール 1967 44Yo / エディション・スピリッツ

さて、本日は水曜日。
本日のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

昨日は3本の新入荷がありました。
入荷情報はジェイズ・バーのFacebookページをご覧下さい。

中でも個人的に一番注目していたのは「トミントール 1967 44Yo / エディション・スピリッツ」。ここ最近、トミントールばかり仕入れていて、「トミントール・バカ」になってしまった様子のジェイズ・バーなのですが(笑)、この仕入でぼちぼち落ち着きたいと考えております。

R0010793


トミントールという蒸留所には実はちょっとした思い入れがあって、この蒸留所が設立されたのは1964年。当然、蒸留所の中では比較的若い蒸留所と言って良いだろう。そして、その1964年は僕の生まれた年。

同じ年に生まれたトミントールだったが、残念なことに1995年に一旦閉鎖されている。そして、僕が池袋でジェイズ・バーを始めたのが1994年。

当時のトミントールは(昔の)寸胴のヘアトニックみたいなオフィシャル・ボトルが主流で、持ちづらく扱い難い形だった。普通の形のボトルに比べて、持つと非常にバランスが悪くて、当時のバーテンダーにはそんな意味で評判が悪かった。

昔の仲間とトミントールの話になると、ボトルの形の話題で盛り上がるのだが、味わいについては「???」みたいな感じ(笑)。

同じ年に生まれて、彼は先に走り始め、ギリギリ間に合って僕がバトンを受け継ぎ、その翌年に彼は倒れた。トミントールを飲んでいると、僕はそんなことを思ってしまう。もちろん、それは僕の勝手な思い込みで失礼な話でしかないけれど。

どういう訳か、最近は60年代のトミントールがたくさんリリースされて、それぞれそれなりに評判も悪くないのだろう。勝手な思い入れのある僕としては、何となく追い掛けてしまいたくなるウイスキーのひとつでもある。

全般的に線が細く「香り酒」的なニュアンスを持つこの蒸留所のウイスキーが僕は好きだ。当然、物足りなさを感じる人もいて、あえて言えば僕も物足りなさを感じる方だ。ただ、その物足りなさもこの蒸留所のウイスキーの魅力ではあると思う。その足りない何かは、飲む人の誰かの心の琴線に触れることがある。

削り取られて、だけどもまだ残っている儚さに、圧倒的な美しさを感じることがある。

そして、もちろん、いくつかのトミントールを飲み比べれば、それらのウイスキーのすべてが、ただのか細い物足りないだけのウイスキーではないことが良く分かる。いくつかのトミントールを追い掛けて来たことで、僕の中にはいくらかの納得が心に落ちた。

R0010840



さて、あなたも納得しませんか?
ということで、本日は
凄い3杯セットのお知らせです。

現在、ジェイズ・バーには5本の長熟トミントールがありますが、スミマセン!「ローガ」は除外です。

で、ローガ以外の

トミントール 1967 44Yo / エディション・スピリッツ
Refill Bourbon Hogshead , 50.9%

R0010850


トミントール 1968 43Yo / TWA プライヴェート・ストック
Bourbon Hogshead , 43.2%

R0010852


トミントール 1972 43Yo / TWA パーフェクト・ドラム
Bourbon Wood , 45.7%

R0010847


トミントール 1966 44Yo / CW エクスクルーシヴ・モルツ
5周年記念 , 48.8%

R0010855


の中から3杯選んで2100円(税込)です。

ただし、3杯の中の1杯は必ずエディション・スピリッツを選んで下さい。
つまり、エディション・スピリッツと他の2杯で2100円(税込)!


(参考出品)
トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ

R0010844



さて、本日はチャージ無料。
長熟トミントール、3杯飲んで帰る。OKです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ



クライヌリッシュ 1997 14Yo / クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ for 3 Rivers

最近はインターネットで買物をすることが多くなって、特にCDなんかはホントにCD屋さんに行くことはなくなった。CD屋さん自体がなくなっているという現実もあるのだろうが。

かろうじて本屋にはまだ「ウロウロする愉しみ」を味わいに行くことがあるが、購入する数は随分減ってしまったと思う。結果として、ネットでの注文が大半になってしまった。仕事が終わる頃にポチっとしておけば、その日の夕方、仕事が始まる頃には宅配業者が届けてくれる。しかも、多くの場合送料は掛からない。便利になったものだ。

買いに行く時代は終わり、届けてもらう時代になったということだろうか。

R0010358


お願いします!「人気ブログランキング」

そのことの善し悪しは分からないが、今でも買いに行く愉しみはあり、届けてもらう利便性もあるのだろう。また、届けてもらうことを前提とするなら、インターネットの「どのショップで買物するのか?」という選択肢は大きく増えることになる。増え過ぎて困惑してしまうこともあるのだが、選べることが愉しみを増やしてくれることもある。

買物に行ったその場所で、必要なもののすべてを手に入れて帰ってくる必要のなくなった時代なのだろう。そのことの善し悪しも僕には分からないが、ネットで買物ができるような時代でも、欲しいものが手に入らなければ何も始まらない。つまり、届けてくれる人というのがとても重要な人物なのだなと、実は最近、つくづく思うことがあった。

つい先日、ちょっとした雑貨をインターネットで注文した。初めて使うショップで、配送がいつもの宅配業者でないことが少々不安だったが、結果としてその不安は的中してしまう。配送日にその宅配業者が店に来たのが僕の出勤前。当然、僕は不在で宅配業者は「不在通知」をポストに入れて帰った訳だが、残念なことに僕はその日にポストをチェックすることがなかった。

R0010373


恐らく、その翌日も宅配業者は同じような時刻に店に来て僕は不在。前日と同じように不在通知をポストに入れて帰り、僕もその日はポストを開けていくつかの郵便物を束にして取り上げたが、何が届いていたかを確認することなく営業開始時間を過ぎてしまった。

カウンターの中に置いた郵便物の束を確認したのが午後8時を過ぎていただろうか。不在通知に気付いて慌てて電話をしたが、無情にも「当日の再配達の時間を過ぎてしまいました」との返事だった。特に急を要するようなモノではなかったので、大きな不満が募った訳でもないのだが、「いつもの宅配業者なら」と嘆息してしまったのは確かだ。

いつもの宅配業者なら、たとえ配送時間の指定がなくても夕方5時以降に来てくれる。たまたま僕が「ちょっとコンビニに買物に行っていた」なんて時間に来ても、直接ドライバーさんに電話をして「西池袋一丁目のジェイズ・バーです」と言えば、それだけで「あ、もう店にいます?遅くなるかもしれませんが、帰りに寄りますよ」なんて頼もしい限り。こちらも「夜中の3時までに来てね(笑)」なんて答える。

もちろん、不在通知を二日続けてポストに入れて帰ったその宅配業者を責めるつもりはまったくない。ちょっとした手違いは、僕にとってアンラッキーだったが、誰かが悪いということではないだろう。

ただ、僕は「いつもの宅配業者なら」と簡単に嘆息してしまった自分を、少しばかり反省してしまった。それは実は「宅配業者」の違いではなく、「ドライバーさん」の違いによるアンラッキーだったのだろう、ということ。

いつものドライバーさんは「気が利いている」のだ。ジェイズ・バーは午後6時から営業だから、大体5時頃には店に店主がいる。もしもいなくても、直接電話が掛かって来て、遅くなっても当日届けられる。今までだってそう判断してくれていた訳だ。結果として、僕はいつもの宅配業者が届けてくれる荷物にアンラッキーを感じたことがなかった。

もちろんそれは、僕とそのドライバーさんが関係を築いて来た結果だ。荷物の受け渡しに掛かる時間なんて、長くたって3分も経たない。その時間の中で僕らはいくらかの会話をして、そう言えば「お休みってないんですか?」なんて訊かれたこともある。

宅配業者の善し悪しも分からない。だけど、そのドライバーさんは上手く荷物を届けることを考えて、こちらの事情や都合を頭に入れて動いているということだった訳だ。僕からすれば、ありがたい話。何が届くかが重要であることに疑いはないが、誰が届けてくれるかというのも大切なことだ。そして、そのことはこれから先の世の中で、より一層重要なことになって行くのだろう。

R0010347


さて、本日ご紹介させていただくクライヌリッシュはエクスクルーシヴ・モルツの「for 3Rivers」、つまり、3Rさん向けにボトリングされたウイスキー。だから、3Rさんから届けられたウイスキーでもある。

届けるというのは素敵な仕事だと思う。そうやってジェイズ・バーに届いたたくさんのウイスキーの中から、僕はカウンターの向こうのあなたに合うウイスキーを届けたいと思う。僕も先ほどのドライバーさんのように上手に届けたいと思っている。

先ほどの僕の話で言えば、ドライバーさんが僕の事情や都合を察していてくれたように、だから、僕もあなたの事情や都合を知りたいと思っている。だから、僕は初めてのお客さんに、いくつかの質問をすることがある。それは特に専門的な質問ではない。多くはあなたの「好き嫌い」に関わる話。それは、今までも変わらず続けて来た僕の仕事のスタイルでもある。

「飲みたいウイスキー」が決まっている人なら、不都合が生じる理由はひとつしかない。そのウイスキーが「あるか?/ないか?」。だけど、一日に数杯のウイスキーを飲んで帰るとして、その「飲みたいウイスキー」のすべてが事前に決まっている人というのはほとんどいるものではない。

僕は人を笑顔にするものが好きだ。ウイスキーを届けてあなたを笑顔にできたらと思っている。残念ながら、僕は世界中のすべてのウイスキーを集めることができない。だから、時々は不都合が生じることがあるけれど、やはり僕が欲しいのは注文よりも相談なのだろうと思う今日この頃です。

ウイスキーを愉しむのに知識は必要ないと思います。あなたに関心と興味があれば、そして、あなたの事情や都合を知ることができたなら、僕はあなたに笑顔を届けられるのではないかと思うのです。

R0010343


テイスティング・ノートはこちら
クライヌリッシュ 1994 17Yo

クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ for 3 Rivers

Refill European Hogshead , 288bottles , 55.2%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


美味しいウイスキー

昨日は昼から美味しいウイスキーをたくさんいただきました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。

長い一日でしたが、今夜はこの気分の良いまま眠らせていただきます。
よろしくお願いします。

リベット



よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日金曜日

昨日は愉しく良い酒を飲みました。
今朝のブログは休んじゃいましたが、ジェイズ・バーは本日も午後6時から営業です。
よろしくお願いします。


キャパドニック 1968 38Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション
金・土曜日まで「3杯セット」対象商品です。
お早目に!

R0010325


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日はお休みをいただきます

大変恐縮ですが、本日はお休みをさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

明日金曜日は通常通り、午後6時からの営業でございます。

キャパドニック 1968 38Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション
金・土曜日まで「3杯セット」対象商品です。
お早目に!

R0010325


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

キャパドニック 1968 38Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション


今日はこのウイスキーをご紹介するのと一緒に、いくつかのお知らせをさせていただきたいと思います。

まずはウイスキーから。
気になるウイスキーを見つけると、居ても立ってもいられなくなることがある。これもそんなウイスキー。手に入れてしまった。60年代のキャパドニックに不安も期待もあったのだが、アルコール度数もしっかりしたものだったので抜栓して納得。飲み応えもあり、滑らかな甘さを十分に感じ、ゆっくりとカスタードクリームのような芳香を放つようになる。

R0010330


人気の72ヴィンテージとは一線を画す味わいかもしれない。
是非とも、皆様にも試していただければと思う。
十分に僕の目論見に適った仕入だったと思う。

当然だけれど、うちの店にはウイスキーを愉しみにやって来てくれる方が多くて、そのうちのいくらかの方は、ご自分の目論見を持っていらっしゃるのだろうなと思うことがある。

射程で狙った景品を撃ち落とすように、いくつかのウイスキーを飲んで帰る。僕からはそんな風に見えることもあって、「なるほど」と感心してしまうことも多い。当然、黙ってウイスキーだけ飲んで帰るなんて人はいなくて、そんな方でも来店して気になるウイスキーを棚に見つけたら、僕に声をかけてアレコレ質問して下さる。

僕の返答に納得して、「では、飲んでみましょう」あるいは「じゃ、他のにしましょう」ということにもなる。何しろ、そんな人は愉しそうにウイスキーを飲んでいる。

R0010314


もちろん、すべての人がそんな風にウイスキーを愉しめるようになることが正解なのだとは思わない。色んな愉しみ方があることが素晴らしいと思う。ただ、分からないことがあれば気軽に訊いて欲しい。世界中のすべてのウイスキーに詳しい訳ではないけれど、僕より以上にうちの店のウイスキーに詳しい人は多数ではないと思うから。

どんなバーも同じだと思う。その店にあるすべての酒を飲んだことがあるお客さんなんてものは、そうそういるものではない。だから、その店のことは、その店の店主に訊くのが一番だろう。

「射程で狙った景品を撃ち落とすように、いくつかのウイスキーを飲んで帰る」。それが、唯一の正解だとは思わない。だけど、それも正解の中のひとつなのだと思う。だって、その人はそうやって愉しそうにウイスキーを飲んで帰るから。だから、どんな飲み方であっても、そのやり方でその人が愉しめるのならそれが正解なのだと思う。

R0010325僕が願うのは、あなたの正解を見つけて欲しい。ということ。それは、他の人の愉しみ方と違うものであっても間違いではない。もちろん、一緒にいる人を不愉快にさせないという最低限のマナーはあるだろうけど、それは、愉しみ方以前の問題だろう。

あるいは、偶然飲んだウイスキーを強烈に「美味しい!」と感じて、いくつかのウイスキーを追い掛けて行くうちに、ウイスキー全体を愉しめるようになって行くという方もいらっしゃる。

R0010324もちろん、近くにウイスキーを愉しそうに飲んでいる人がいれば、そのやり方を教わったり、真似てみるのも間違いではない。そうやって、あなたのウイスキーが始まって、きっとそのうち、あなたなりの愉しみ方を組み立てて行くことなのだろう。

だけど僕は、まだウイスキーを愉しめていない人には、そのどれもが「一番に大切なこと」ではないと思っている。

ウイスキーに興味を持って、ウイスキーを愉しめるようになりたいと考えていて、だけど、どうしたら良いのか戸惑っている人たちは少なくないのではないかと思っている。僕はどうにかして、そんな人たちとウイスキーの愉しみを共有できないかと思っている。だって、僕は誰かと飲んでいる時が一番愉しいと思うから。

R0010325


僕の思う「一番に大切なこと」は、もしもウイスキーに興味があるのなら、「飲まなければ始まらない」ということだ。先ほどご紹介したような、既にウイスキーを愉しんでいる方たちは、「飲み始めた結果、愉しめるようになった」ということに過ぎない。だから、始め方に正解はないけれど、「飲まなければ始まらない」。それは真実だと思う。

できれば、ということで言わせていただくなら、色んな種類のウイスキーを飲んだ方が愉しい。何故なら、違うものを飲むと、その味わいの違いだけは誰にでも感じることができるから。

結局僕らは、(自分が)美味しいと感じるものを飲みたいと思っている。そして、あなたがまだウイスキーを始めていないのなら(驚くかもしれないけれど)、あなたが何を美味しいと感じるかはあなたにしか分からない。だから、あなたは、「自分が何を美味しいと感じるか?」を試そうと思って飲んでみたら良いのではないだろうかと僕は思っている。

そして、実は、既にウイスキーを愉しんでいる人たちだって同じことなのだ。長くウイスキーを愉しんで来た人たちも、自分の嗜好が変化して来たことを自覚する人も多い。子供の頃に食べられなかったものを、大人になって好きになることがある。それと同じこと。

R0010339ウイスキーを飲んで自分の嗜好の変化に気付くのも愉しいことだ。違うものを色々飲んでみることは、ウイスキーを愉しみたいと思っている人にも、既にウイスキーの愉しみを知っている人にも大切なことだと思う。だから、ウイスキーの愉しみを知る人も「飲まなければ始まらない」。

さて、相変わらずの前置きが長くなりました。
スミマセン!

既に愉しみを知る人も、これから知りたいと思っている方も、そのどちらの方にも気軽に愉しんでいただけるように、本日より、

毎週水曜日に限り、チャージ無料です。

「3杯セット」で色んなウイスキーをお愉しみ下さい。
ジェイズ・バーの棚の下の段に並ぶウイスキーはすべて対象商品。
違う銘柄の3種類(それぞれハーフ・ショット)で2100円(税込)です。
さらに、4杯目(4種類目)からも何杯でも、一杯735円(税込)。

飲みたいウイスキーが決まっている方は、ピンポイントで飲みたいものをご注文下さい。まったく分からないという方はご相談を。色々試すと、自分の美味しいと感じるウイスキーがどんなものなのか?うっすらと見えて来るかと思います。

そして、本日より土曜日まで「毎週水曜日、チャージ無料」を記念して、この
キャパドニック 1968 38Yo
ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション
Cask No.2616 , 174bottles , 56.3%

「3杯セット」対象商品とします。

R0010299


キャパドニックと他に2種類、合わせてハーフ・ショット3杯で2100円。
もちろん、3杯だけ飲んで帰る。OKです。

まずは、「飲まなければ始まらない」。

よろしくお願いします。

もうひとつお知らせ、明日の
2月9日(木)お休みをさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

インペリアル 1990 19Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション

何だか最近バタバタしております。
本日は夕方、雨が降りました。
もう上がってますね。

お願いします!「人気ブログランキング」

R0010289


始発が走り始めるまで、ちょっと飲みに行きたいななんてね。
まぁ、色々ご挨拶に周りたいところもあるのです。
えぇ、仕事です。
ご挨拶、大事です。
礼儀正しい方ですから(笑)。

ちょっと懐かしいウイスキーの入荷です。
2009年瓶詰めですね。

R0010265


3年も経つとウイスキーが変化したのか、自分が変わってしまったのか?分からなくなることがあります。ウイスキーより人の方が変わり易いですかね。2009年というと石川遼君や浅田真央、内藤大助(ボクシング)なんて方々が活躍した年です。イチロー選手(マリナーズの方ね)は9年連続200本安打を記録した年であります。

さて、ウイスキーの中ではインペリアルがちょっとした小気味好い活躍をした年だと思ってます。いくつか出て来ましたね。個人的にはインペリアルというとセスタンテなんかが好きです。

そんな訳で、本日は懐かしのウイスキー、奇跡的再入荷です。

もちろん、ジェイズ・バーでは「3杯セット」対象商品。
気楽に試して下さい。

それからですね。明日は水曜日。ジェイズ・バーではちょっとした(そして実は重大な)ことを発表しようと思います。

よろしくお願いします。

テイスティング・ノートはこちら
インペリアル 1990 19Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション
Cask No.450 , 156bottles , 53.9%

R0010263



「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ

「私の人生なんてとっても平凡。毎日毎日、普通な毎日だなぁ」。
彼女はそんな風に自分を語った。

特に不貞腐れた様子もなく、吐き捨てた台詞でもない。眉間に皺を寄せるでもなく、どちらかと言えば明るい笑顔に見えたかもしれない。だけど、ほんの少しその表情は曇っているように思えた。

時代のせいだろうか?彼女に限らず、最近は多くの人がちょっとした閉塞感を抱えて生きているように見える。そして、ほとんどの人がその閉塞感の正体が分からないままで興味もないのかもしれない。

トミントールローが


お願いします!「人気ブログランキング」

いくらかの人は正体を明かそうと必死で、時々は「犯人を捕まえた!」と声高に叫んで、だけど、ほとんどの人はそんなことに関心がない。そして、そのちょっとした閉塞感を抱えたまま生きている。

彼女のような女の子が特殊だとは思わない。彼女が自身で語るように平凡だと言うのなら、まぁその通り。特に反論もしない。彼女はその平凡を受け入れて生きているのだろうし、恐らくは、自身の暮らしの普通を愛しているのだと思う。

一年ほど前に恋人ができた彼女だけれど、最近は彼氏の話もめっきり減った。3ヶ月ほどは来るたびに彼氏の話ばかり。最初のうちは楽しいデートの話と彼氏の自慢話。そのうちに愚痴が増えて、半年もすれば僕が訊くまで彼氏の話なんかしないようになる(笑)。

まぁ、僕に言わせればその顛末は平均的だ。良くある話。もちろん、彼氏と別れてしまった訳ではない。今でも付き合いは続いている。大騒ぎするのをやめて、穏やかさを手に入れたのならそれも悪くない。

彼女がそれらを平凡と語り、それを愛しているなら素敵な話なのかもしれない。手放したくないと思っているなら、「大切にした方が良いよ」と伝えたい。それでも彼女が表情を曇らせるのは、他人から見たら取り立てて特別に見えない自分の平凡が、いつか壊れてしまいそうな予感を抱えているからなのだと思う。

RIMG0242_1


「あなたの平凡は、あなたにとって特別なんだよ」。

僕がそう言うと、彼女の表情は少しばかり明るくなったように見えた。もちろんそれは、このウイスキーのせいかもしれないけれど。

「あなたの普通な毎日は、あなたが特別に扱ってあげないと、可哀想だよ」。

彼女は「そうだね」と答えた。悪くない笑顔で。

もちろん、平凡は悪ではない。むしろ愛すべきことだろう。だけど、自分の平凡を誰かに愛してもらえないものかと望むばかりに、彼女がそれを愛することができないのなら、それは少し残念なことのように思う。

僕はそんな意味のことを伝えた後、「自分を愛せるようになると、人から愛され易くなるよ」と言った。「そうかなぁ?」と最初のうち懐疑的だった彼女は、「そう言えば、そうかも」と言い始めた。何人かの知人の顔を思い浮かべた様子だ。

「じゃ、悪いけど、今日は一杯で帰る!」。何やら決意をしたらしい(笑)。「私、今、眠いなって気付いたの。寝たい時は寝ないとね。自分を愛するってそういうことでしょ(笑)?」。

悪くない。素敵な笑顔だ。
恐らくは、その笑顔なら彼氏からも愛されるだろう。

自分を平凡だと言う彼女は、誰かにとっては特別な存在なのだ。世界中のすべての人に特別と思ってもらうことは不可能かもしれないけれど、少なくとも彼氏からしたら特別な存在なはずだ。


ひとつ残念なことがあるとするなら、折角の「3杯セット」の夜だったというのに(笑)。そんなことは教えず彼女を帰した。

「おやすみ」。
「おやすみなさい!」。

階段を降りる彼女の足音が響く。恐らくはきっと、手を振っていることだろう。見えない僕に向かって。

僕も目を閉じて、「おやすみ」をもう一度呟いた。

テイスティング・ノートはこちら
トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ
47.7%

RIMG0240_1


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

休業日のお知らせ。

大変恐縮ですが、
2月9日(木)お休みをさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。


発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ



お願いします!「人気ブログランキング」


トミントールローが


弟子と遊ぶ

Facebookページに弟子とのちょっとしたやり取りを記事にしたので、お時間のある方はお読みいただければと思います。

よろしくお願いします。

他にも、発注情報や入荷情報、テイスティング・ノートなども満載の
ジェイズ・バーのFacebookページ
よろしくお願いします。


ミルトンダフ 1987 24Yo / ダン・ベーガン

こういうウイスキーに僕はウイスキーらしさを感じてしまう。
もちろん、それは非常に個人的な思いではあるのだろうけど。

ウイスキーを飲み始めた頃にお世話になった、いくつかのブレンデッド・ウイスキーを思い出してしまうのだ。でもその思いは、このミルトンダフがブレンデッド・ウイスキーに似ているということではなく、かつて飲んだブレンデッド・ウイスキーの中に、このミルトンダフのようなニュアンスを感じていたのではないかということ。

お願いします!「人気ブログランキング」

RIMG0006


簡単に言うと、すり潰したナッツ類の甘さとアンズのようなフルーツの皮の苦さと渋さ。そんなニュアンスを感じる。昔飲んだブレンデッド・ウイスキーの中に、棒はそんなニュアンスを感じていたのではないか?こういうミルトンダフのようなウイスキーを飲んでいると、そんな気分になってしまう。

それらのブレンデッド・ウイスキーは、当然ながら僕のウイスキー原体験ということになる。その後の(つまり現在も含めて)、僕のウイスキーに向き合う立ち位置に大きく影響を与えているのだと思う。

もちろんその当時、ブレンデッド・ウイスキーを飲んでその中に「ナッツ」や「アンズ」らしきものを感じていたとしても、それは言葉になることはなかった。香りを嗅いで、口に含み、飲み下し。「あ、こういうの好きだな」。そう思ったに過ぎない。

感じたものが自分の中で言葉になり、しっくりと納得として落ちてくるまでには通り距離がある。思いというのはなかなか言葉にならないものだ。いくらかの人はそのことにもどかしい思いをするものだし、多くの人は言葉にならないことに不自由を感じることもないのだろう。

RIMG0030


ジェイズ・バーのカウンターで、ウイスキーにあまり馴染みのない方にいくつかのウイスキーを試していただいて、「どのウイスキーが一番好きですか?」と訊ねると、多くの方は「これです」とその中から何かひとつを選んで下さる。

中には「うーん」と悩んでしまう方もいて(笑)、それはとても正直な感想なのだと思う。どれが?って言われても、両方に好きな所があって、その好きな部分は微妙に違うということなのだろう。そして、その好きな理由を言葉で説明するのは難しい。

好き嫌いは感じてしまうことだ。その判断を下すことは、ほとんど直感に近い作業だ。当然だが、好き嫌いが存在するということは、(それを説明できるかどうかは別にして)、その背景に理由があるのだろうと僕は思っている。もちろん、その理由を言葉で説明することは非常に難しい。

だけど例えば、友人の好きになる女の子を見て「どうしてアイツは似たようなタイプの子ばかり好きになるのかね?」(笑)、なんて思うことは良くある話。本人にその質問をぶつけてみても多くの場合は「分からない」あるいは、「何となく」と答えることがほとんどだ(笑)。

だけど、僕が言いたいのは、同じタイプばかり好きになるのなら、その背景には何かしら理由があるのだろう?ということ。本人はそれを上手く説明することができない。ウイスキーの好みも同じなのではないだろうかと僕は思っている。それは、色んな人に様々なウイスキーを飲んでもらって感じることでもある。

違うウイスキーを飲めば、誰だってそこに違いがあることだけは気付く。違うウイスキーを同じものだとは思わない。「違いが分かる」と言えるようになるまでには、少しばかり時間が掛かるかもしれないけれど、どんな人にも「違いを感じる」ことは可能だ。

いくつかのウイスキーを飲んで、あなたに「好き嫌い」が生まれて来たとするなら、それはあなたのウイスキーの愉しみが始まったということなのかもしれない。

RIMG0001


さて、実は僕が若い頃に良くお世話になったブレンデッド・ウイスキーというのは、バランタインという銘柄。そのバランタインのキー・モルトのひとつが、ミルトンダフであることを知ったのは随分あとの話だ。

テイスティング・ノートはこちら
ミルトンダフ 1987 24Yo / ダン・ベーガン

Bourbon Hogshead , Cask No.30071&30072 , 333bottles, 55%


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ

昨日もご案内いたしましたが、本日まで「3杯セット」対象商品です。

RIMG0242_1


簡単に説明をしておきますと、
「3杯セット」は異なる銘柄3種のウイスキーが3杯(ハーフ・ショット)で2100円(税込)で飲めるシステムです。
通常は「3杯セット」対象外の「トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ」ですが、本日まで「3杯セット」の対象商品となるということです。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

例えば今なら、

RIMG0208

グレン・ドロナック 1992 19Yo / OB Limited Release 2011
Oloroso Sherry Butt , Cask No.161 ,500bottles , 59.2%
とか、

RIMG0105

羽生 2000 11Yo / OB イチローズ・モルト ザ・ゲーム
Mizunara Headed Hogshead Finish , Cask No.917 , 309bottles , 59.4%
とか、

RIMG0045_1

インチガワー 1982 29Yo / ダン・ベーガン
Bourbon Hogshead , Cask No.6993 , 223bottles, 54.3%
とか、

RIMG0814

ハイランド・パーク 1984 25Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
Bourbon , Cask No.1753 , 250bottles, 53.6%
とか、

まぁ、他にも色々ある訳です。

色んなものを比べて飲んでみると、色んなことを感じちゃいます。
色んなことを感じちゃうのに気付くっていうのは、実はウイスキーの愉しみの始まりだと思います。
つまり、色々飲んでみて欲しい訳です。

「始めてみない?」っていう願いを込めたシステムなのです。
皆様のご利用をお待ちしております。
実際にジェイズ・バーに来てみていただければ分かると思いますが、ジェイズ・バーのバックバーは上下二段に分かれてます。上段の方はちょっと価格の高いウイスキーが並んでます。で、下段の方はすべて「3杯セット」対象商品です。ただ、下段の方はもっと安いウイスキーもありますから、それらのウイスキーについては個別にご案内いたします。

ウイスキーが初めての方、大歓迎。
皆様のご来店をお待ちしております。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!


トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ
47.7%

RIMG0240_1

トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ

入荷しました。

トミントール 1968 43Yo
/ SMS ローガ


飲みましょう!

本日より明日2月2日(木)まで、
「3杯セット」対象商品です。

トミントールローが


トミントール 1968 43Yo / SMS ローガ
47.7%

グレン・ドロナック 1992 19Yo / OB Limited Release 2011

このウイスキーが美味かったりするので、とりあえずお伝えしておきたい。
昨日は月末ってこともあって、何だかバタバタしてしまい、さらには目白に新年のご挨拶に(遅いね)行ったりして、まともに原稿を書く時間がありませんでした。スミマセン。

目白巡礼の顛末は、Facebookページに書きました。
ビックリするようなウイスキーも出て来たりして、まぁお読みいただければ嬉しく思います。
記事のタイトルは「本日の仕入:目白田中屋」です。

RIMG0208


さて、このグレン・ドロナック。まずは「香り酒」として非常に秀逸です。昨日抜栓でちょっと硬めな印象ですが、3日もすればそこそこ良い具合でしょう。「芳ばしいチョコレート焼き菓子」感が良いです。当然ですが、チョコレートが嫌いな人は苦手でしょう(笑)。

チョコレートは好きですか?
お願いします!「人気ブログランキング」


ここ最近は72ドロナックが注目アイテムになっているようですが、その辺りのウイスキーに比べると「価格は1/4」で「美味しさ70%」な感じです。ただし、「やっぱり72が飲みたい!」なんて思っちゃうとちょっぴり切ないですかね(笑)?

当然のことながら、ジェイズ・バーでは「3杯セット」対象商品です。
お気軽にやってください。


で、昨日目白で仕入れて来たのは「プルトニー 17Yo / OB / 46%」。
仲間内で評判だった佳酒です。
こういうの、好きです。
隠れた実力派ですかね。プルトニーって。

RIMG0176


他にも、「ベンリアック 12Yo / OB シェリー・ウッド / 46%」なんてのも入荷しました。

RIMG0224




で、本日の入荷予定ですが、
トミントール 1968 43Yo /
SMS ローガ / 47.7%
です。

現時点で未入荷なので写真はありません。
本日18時の開店までには入荷している予定ですが、手元にないのでちょっぴり不安(笑)。
入荷したら、即、ツイッターとFacebookページでもご案内いたします。
皆様のご期待を裏切らない(はず)の大特価でのご提供(予定)です。
夕方の情報発信にご注目下さい。

ジェイズ・バーのFacebookページ

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

RIMG0200





ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ