モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2012年03月

本日まで

トマーチン 1976 35Yo / ぽっぴん 信濃屋オリジナル

本日まで、3杯セット対象商品とします。

他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

抜栓当日からなかなかの仕上りです。
メリハリの利いた味わいです。うっすら塩味がちょっと特徴的な気がします。軽く塩を振ったレーズン。複合的なハーブ。他と比べて、甘さに特徴があるかもしれません。

現在、いくつかの76トマーチンがありますので、一緒に飲み比べてみるのも良いでしょう。
インプレッシヴ・カスクのトマーチンなら「3杯セット」対象商品です。他のもう一銘柄で「3杯セット」完成です。

こちらの信濃屋さんのトマーチンの「3杯セット」入りは本日まで。


R0012542



よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0012507


R0012533



入荷しました。

トマーチン 1976 35Yo / 信濃屋オリジナル ぽっぴん / Sherry Butt ,51.5%


R0012542




発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

トマーチン 1976 35Yo / ぽっぴん 信濃屋オリジナル

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

本日は信濃屋さんのトマーチンが入荷予定。
トマーチン 1976 35Yo / ぽっぴん 信濃屋オリジナル
Sherry Butt ,51.5%
です。

オープン前には店に届いていると思います。
ただし、配送状況によっては不確定な部分もあります。本日夕方にこちらのブログ、ツイッターとFacebookページでもご報告いたします。

せっかくの水曜日です。本日より明日の水曜日まで、
こちらの「トマーチン 1976 35Yo / ぽっぴん 信濃屋オリジナル」
3杯セット対象商品とします。

他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

対象商品なら何を選んでも3杯で¥2,000(税込¥2,100)。
現在、「3杯セット」対象商品は100種程度。

お願いします!「人気ブログランキング」

続いて昨日の入荷情報です。
以下3商品は入荷済み、リリース済みです。

インペリアル 1976 35Yo
ダグラス・レイン OMC
Refill Butt , 443bottles , 50%
R0012419



秩父 2009 3Yo
イチローズモルト ザ・フロアーモルテッド
8800bottles , 50.5%
R0012499



ブナハーブン 1988 22Yo
クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
Sherry Butt , Cask No.2796 ,298bottles , 52.7%
R0012466


いづれも「3杯セット」対象商品です。

皆様のご来店をお待ちしております。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

発注情報

本日も通常通りの記事を書けませんでいしたが、ジェイズ・バーのFacebookページにちょっとした発注情報を投稿しました。
お時間がありましたらご覧ください。

どうやらfacebookにアカウントをお持ちでない方は、携帯・スマホからは閲覧できないようです。
PCでしたらご覧いただけるようです。

その辺の事情に疎いもので、どうしたら良いのか分かりません。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
事情通の方教えて下さい(笑)。

ジェイズ・バーのFacebookページはこちら。

R0012331

大人の遠足

大人の遠足と称して秩父蒸留所詣でに行って参りました。
ここ最近は年に1,2回、蒸留所見学に伺わせていただいてます。

土曜日の仕事を(日曜の午前3時に)終え、3時間ほど寝てお昼のレッドアローで秩父へ。
そばを喰いながら、日本酒。
蒸留所見学の後、イチローさんのウイスキー。
帰りのレッドアローの時間まで、いつもお世話になっているバー・チェアリーさんでしこたま飲む。
池袋に戻り、中華料理で反省会。
反省会の続きを2件ほどこなしました。

R0012345_1


寝て起きたら朝の9時で、まぁ、今夜の仕事は眠くなりそうです(笑)。
普段の生活サイクルは少しズレてしまいました。
とは言え、愉しい思いをした次の日はしっかりと気合も充実しております!
土産話もたくさんあります。
蒸留所の中に新しい建物もできました。
不思議な存在感を示す樽にも出会いました。

お休みをいただいたことに皆様に感謝。
次回がいつになるかは分かりませんが、秩父蒸留所見学にご興味のある方。
お声をお掛け下さい。優先的にご案内いたします。

今夜も皆様のご来店をお待ちしております。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!



お休みのお知らせ

3月25日(日)は秩父蒸留所に見学に参ります。
大変恐縮ですが、お休みをさせていただきます。

3月25日(日)臨時休業します。

よろしくお願いします!


秩父蒸留所




カリラ 1992 19Yo / TWA ムーディ・ライオン

「どうしてそんなにウイスキーばかり飲み続けられるのですか?」と若いお客さんにそう訊ねられた。前後の文脈が不明だと、読んでいる皆様にはその質問の意図が理解不能になるだろう。彼は「長い間ずっとウイスキーを好きでいられたのはどうしてですか?」と僕に訊いた。

僕はその問い掛けに少し戸惑いを覚えた。今から思えば「ソワソワした」と言った方が正確だったろうか。僕は彼から視線をそらし、バックバーに並んだウイスキーを眺め、「いろんなウイスキーがあるからね(色々飲みたくなるでしょ?)」みたいなことを答えそうになって、やめた。

誠実ではない気がしたのだ。

R0012331


彼の真摯な態度に比べ、僕の用意したその答えは軽薄過ぎる気がした。確かに僕がそう答えても、頭の良さそうな彼は漠然と納得をして、釈然としないところについて質問をし直し、僕らは互いに共感できるどこかへとたどり着いたかもしれない。それもまた、ひとつの正解ではあったかもしれないけれど、僕は躊躇した。

お願いします!「人気ブログランキング」

真摯な質問に素直になれない自分を少し恥じた。正直に自分に向かい合うのが誠実ではないだろうかと思い直し、ただ少し時間が必要だったので「うーん」と唸った。

「愉しかったから、だと思う」。僕はそう答えた。
「なるほど…」。彼は笑顔で、だけど釈然としない顔をしている。

そんな彼の顔を見ていたら、ふとある閃きが舞い降りた。その閃きは頭の中で言葉になる前に口から出ていた。

「ウイスキーが一番手軽なんだよ」。
「手軽?」。
「そう。だって、冷やさなくて良いし、ワイン・オープナーも栓抜きも要らない。氷と水はあった方が良いかもしれないけど、なくても構わない」。
「あぁ、なるほど」。

R0012330


彼は少し納得してくれた様子で、僕は続けて昔のことを話し始めた。今から25年も昔の話。一人暮らしの僕の部屋の枕元にはいつもウイスキーがあったという話。

寝酒に常飲していたのは国産の二級ウイスキーで、隣には少し大きめなショット・グラス。もちろん、飲んだらグラスは洗わずそのまま眠りに就いて、次の夜はティッシュで軽くホコリを取ってウイスキーを注いでいたっけ(笑)。

良いウイスキーを手に入れたなら、しばらくは早く家に帰りたいなんて思っていた。あの頃は流行に乗ってバーボンも良く飲んだけど、さて、僕はいつ頃からスコッチばかり飲むようになったのだろう?思い返してみても、その境目は曖昧だ。

僕のそんな話を、彼も愉しそうに聴いてくれたようだった。それから、彼は自分を語り始め、彼のウイスキーと彼のの周辺の話で盛り上がった。

さて、僕は彼が帰った後に少しばかり自分のことを振り返ってみることとなった。思うにつくづく、やはりウイスキーは手軽だと考え直すに至ったのである。もちろん、世間では「ウイスキーが手軽」と思われてなさそうなことも知っている。だからそれは、当然のことながら、僕の個人的な思いではあるのだろうけど。

思うに「ウイスキーが手軽」というのは、僕にとって一番大きな真実であったかもしれない。少なくとも、飲み続けることを可能にしてくれた大きな理由のひとつではあるだろう。ウイスキーは腐らない。つまり、手軽に管理できる酒である。

僕が自分を少し恥じたのは、何故その「ウイスキーが手軽」という真実を先に伝えようとしなかったのだろうか?ということ。確かにそれは、僕が永らく忘れていたことではあったけれど。

僕は何かを守ろうとしたのだろうか?

人は時々、真実を守るために本当のことを言わないことがある。だけど、その真実は隠す必要があるものだろうか?素直に人前にさらした方が、コミュニケーションが円滑に進むことがある。例えば先日の僕と彼のように。

R0012329


今回、合計4種のTWA・ムーディ・ライオンを仕入れたけれど、実はこのカリラが一番気に入っている。それは真実である。


カリラ 1992 19Yo
TWA ムーディ・ライオン
Bourbon Barrel , 207bottles , 50.5%

テイスティング・ノートはこちら、ジェイズ・バーのFacebookページ


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

トマーチン 1976 35Yo / インプレッシヴ・カスク(ホワイト・ラベル)

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

おはようございます!
最近はブログの更新をサボりがちなワタクシでございます。
すみません。

もうすぐ通常な仕様のワタクシに戻る予定でございます。
しばらくお待ち下さい。
すっかりサボリ癖が付いて、先日は朝10時まで飲んでしまいました。
それはそれで愉しかったのですが、何だかちょっぴり切なくもあります。
そうは言っても「笑っていいとも」までは見なかったので、悪くはないかなと…。
悪いんですかね(笑)?

さて、本日は新入荷のご案内を。
「トマーチン 1976 35Yo / インプレッシヴ・カスク(ホワイト・ラベル) / Sherry Butt , 377bottles , 51.2%」でございます。

R0012143


もちろん、「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

春が近付いて来た感じもありますが、まだまだ寒さもありますね。
でも大丈夫、ゆっくりと冬の気配は過ぎて行きます。
街に繰り出しましょう。

皆様のご来店をお待ちしております。
よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

何だか最近は

どうにもバタバタしておりまして、ブログの更新もままならずすみません。

基本的には「やる気の問題なのか?!」と反省しきりでございます(笑)。
来週くらいから立て直して参ります。

いくつかの魅力的な新入荷もございます。
その辺りはジェイズ・バーのFacebookページをご覧いただければと思います。
こちらの方は結構まめに更新しております。


R0012119




よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

ボウモア 1993 18yo / マスターピース

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

まず何より本日の話題はこちらでしょう。

R0012070


ボウモア 1993 18yo
スペシャリティ・ドリンクス マスターピース
American Oak Hogshead , 195bottles , 61.6%

傑作です。

こちらボウモアは、本日まで「3杯セット」対象商品です。
是非ともお試し下さい。


さて、他にも2点の新入荷をお知らせします。

クライヌリッシュ 1989 22Yo
3Rivers オリジナル
Refill Bourbon Hogshead , 240bottles , 51.6%

R0012028



ポート・エレン 1983 27Yo
TWA プライベート・ストック
Refill Sherry Wood , 96bottles , 55.6%

R0012048


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0012086


ボウモア 1993 18yo / スペシャリティ・ドリンクス Masterpieces

入荷しました!
テンション上がってます!

ボウモア 1993 18yo
スペシャリティ・ドリンクス Masterpieces
American Oak Hogshead , 195bottles , 61.6%

今夜よりリリースです。
うまい酒、愉しくやりましょう。
「マスターピース?何それ?」っていう方、是非とも飲みに来て下さい。
「93ボウモア?ナンデスカ?」っていう方、大歓迎です。
衝撃が走ります(笑)。

そんな方にはウイスキーを愉しめるきっかけになる可能性があるのではないかと思うのです。
明日まで、「3杯セット」対象商品とします。
つまり、他の2銘柄と合わせて合計3杯で2100円。一杯分は700円です(税込)。

よろしくお願いします。

ボウモアマスターピース



エンジェルズ・シェア

天使の分け前っていうのは素敵な言葉だなと、そう思います。

熟成中のウイスキーが蒸発し消失することを指した言葉だけれど、時間を掛けてゆっくりとウイスキーの量を減らすことで品質を向上させているとも言えるのです。量が減ることと品質が向上すること、それは結果としてトレード・オフの関係にあると理解することが可能でしょう。

だけど、それをそのまま理解したら、痛みに耐えなければ欲しいものは手に入らない。と、少しネガティブな気分にもなってしまいます。

エンジェルズ・シェア(天使の分け前)という言葉に、僕は素敵なニュアンスを感じます。だって、失われた分は天使が飲んでいるのですから(笑)。天使を愉しませることができて、ウイスキーの品質も向上させることができる。何て素敵な言葉なんだろうと、僕はそう思います。

天使に分け前を与えることがウイスキーの品質の向上を促している。
その考えには、誰をも困らせない仕組みがあるように思うのです。

一年前、何人かの方に「シェアしても困らないウイスキーを僕に下さい」とお願いをしました。僕の趣旨に賛同してくれた方からいくらかのウイスキーをいただきました。その人にとって「困らないこと」が前提で、むしろシェアした結果、誰かが喜んでくれることを愉しく思ってくれるような人たちばかりでした。

あなたがこのウイスキーを愉しんでくれたら、シェアしてくれた人も僕も嬉しく思います。
ウイスキーの周りに集まる人たちの笑顔が、僕は好きです。

あなたはこれらのウイスキーの中からひとつだけを選んで、ポケットの小銭をシェアして下さい。あなたが差し出した小銭は誰かを嬉しくするでしょう。

あれから一年という時間が経ってしまいました。
人は未来へと自覚しながら進んで行く生き物でしょう。
だけど、時々は立ち止まって振り返ることも大切なのだと思うのです。
「忘れないで」と訴えるものがあると思うのです。

R0012022



3月11日

あれから一年経ちました。

ちょうど一年前、その日が金曜日だったことを覚えています。その時間に僕はまだ布団の中にいました。普段なら起きているはずの時間に、僕はまだ微睡んでいたのです。午後2時46分という時刻は僕の日常にとっては朝で、その時刻に布団の中にいるというのはとても珍しいことでした。

布団の中で大きな揺れを感じ、僕はそれがとても危機的な状況であることを直感しました。飛び起きて最初にしたことは、寝室のタンスを寄り掛かりながら押さえたことでした。キッチンで皿やグラスが割れる音が聞こえました。僕は目を閉じて3秒数え目を開けて、今起こっていることの意味を知ろうと努めました。

ほどなく最初の揺れが大人しくなって、僕はまずキッチンの割れた皿やグラスを片付け始めました。途中で手を止めて部屋を見回しまして、大きな被害がないことに少し安心しましたが、ストックしたウイスキーが気になって保管場所に確認をしに行きました。皿とグラスはまだ片付けられないままでした。

ウイスキーが一本も割れていないことに安堵して、ふと気付いたのです。これはきっとかなり大きな地震で、関東大震災というものではないにしろ、どこか大きな被害のあったところはあったのだろうか?と。PCの電源を入れて、なかなか立ち上がらないのにイライラしてTVを点けました。

いくつかチャンネルを切り替えると、どこの放送局も通常の番組を中断し地震関連の報道になっていました。地震の発生時刻や太平洋の三陸沖を震源とすること、各地の震度と中でも東北地方の太平洋側に大きな被害をもたらしたことを知りました。

しばらくTVを見続けてしまいました。比較的冷静だったようにも思います。でもそれは思考停止に近い状態であったかもしれません。TVから目が離せなくなっていることに気付いて、自分に向かって「考えろ」と声に出して命令を下しました。そしてまず、TVを消しました。

店に出勤することに決めました。行かなければ分からないと思ったのです。その時点で、店にいくらかの被害があることを否定できませんでした。考えれば、確認したいことがいくらかありました。その日が晴れで、自分がオートバイで通勤することのありがたさを感じました。

踏切の遮断機が下がりっ放しのところがあったり、いくつかの通行止めがあったり、頭に思い浮かぶ迂回路を通って店に向かいました。幹線道路は既にひどい渋滞で、歩道にも公共交通機関を見放した多くの人が、自力で帰宅することを選択してたくさん歩いていました。

店に着いて扉を開けると一安心しました。普段と同じ匂いです。酒瓶が棚から落ちているというような被害はありませんでした。いくつかのウイスキーが割れていたら、扉を開けた瞬間に「悲しい香り」がするだろうと想定していたのです。

TVを点けてPCを立ち上げ、ニュースを確認しながらツイッターのタイムラインを眺めていると、僕も少しづつ状況を把握することができて、自分のするべきことについて考えました。コンビニに行ってカップ麺を手に入れて、帰宅困難者の方を受け入れるために店を開けようと決めました。僕の持ち場で働こうと思ったのです。

あれから一年経ちました。
あなたのあの日はどんな風だったでしょう?
少しだけ思い出しませんか?一年前のことを。
一年前のことを話しに来ませんか?
忘れられたくないと思っている人がいるのだと思うのです。

本日のジェイズ・バーは淡々と営業させていただきます。


R0012022





TWA ムーディ・ライオン4点、本日入荷予定です。

世の中には様々なチャレンジャーがいるものだが、夜の街にもチャレンジャーはいる。すべてのチャレンジャーがそうであるように、チャレンジに失敗は付き物である。ただ、チャレンジに失敗は付き物であるが、すべての成功はチャレンジをした結果である。

だから、成功者のすべては大小いくつかの失敗をした経験を持っているし、チャレンジャーとはそういうものだ。素晴らしく優秀な打者でさえ打率4割を超えることはないのだから。

成功が保証されているチャレンジなどというものはないし、あるとしたらそれはチャレンジとは言わないだろう。

成功したいと思えば必ずいくつかの失敗をするだろうし、だけど、「絶対に失敗をしたくない」と願うなら「チャレンジをしない」という態度が合理的になる。もちろんそれは、「絶対に成功もしない」という結果にたどり着いてしまうが。

チャレンジャーはオフの時、素敵な笑顔をしている。失敗も含め、自らのチャレンジをワクワクした笑顔で語る。彼もそんなタイプで、彼は夜の街のチャレンジャーだ。

R0011518_1


その若者は「気になる店」には行ってしまいたくなるタチだ。今までも高級な寿司屋から、気楽で低料金のレストランまで、良い噂を聞けば遠いところまでも出掛けると言う。その身軽な振る舞いに僕は以前から好感を持っていて、そんな彼の話はなかなか面白い。

実はホントに気になるのは焼き鳥屋と天丼で、「結局は近所のそば屋の天丼が一番好きだったりするんですよ」なんていう話も彼の人柄を表していると思う。好奇心が旺盛で権威におもねることがない。

そんな彼が、友人から「浴衣姿の女の子が接客をしてくれる居酒屋」の話を聞いて、是非とも行ってみなければと思ったのだと言う。小さな街でもないのだが、その居酒屋のある街に出掛けるのは初めて。新宿から私鉄に乗り継いで駅を降りたが、さて、どこへ向かえば良いのやらまったく分からない。

大体の場所は聞いていて、手書きの地図まで持って来たが、しばらく歩いてどうやら自分が迷子になったと思い当たる。仕方なくそばにいた客引きのお兄さんに訊ねた。

「すみません。この近所に浴衣姿の女の子がいる居酒屋さんはありませんか?」、と。するとその客引き兄さんは答えたそうだ。

「うちは花魁(おいらん)です」、と。

花魁と聞いて、彼は何故か「江戸時代の動物園」を思い浮かべたらしいが、どうしてそう思ったのかは分からない。ただ、「果たして江戸時代に動物園はあったのだろうか?」と悩んでいたら、「お安くしておきます」と客引き兄さんは追い討ちを掛ける。

彼は既に歩き疲れていて、ぼちぼち諦めて他の居酒屋で食事でもしようかと思っていたところだった。いくらか歩いて、いくつかの良さそうな店に目星も付けていた。でも実は、彼が降りる駅自体を間違えていたということを、彼は後日知ることになるのだけれど。

浴衣よりも花魁(おいらん)の方が豪華な気がしたのだと言う。既にたくさん歩いていたし、「お金も少し持っていたので、豪華な料理を喰いたいなと思ったんです」。

恐らく読者の皆様と僕の思いは同じだと思う。
客引き兄さんが連れて行く花魁の店は居酒屋ではないだろうということ。

裏路地のビルに連れて行かれ、客引き兄さんは重たい扉を開けた。「どうぞ」と言われ入口の前に立たされると薄暗い店内。躊躇して立ち止まり、しかし気が付くと背中にはさらに二人の男が立っている。帰路を塞がれた彼は暗闇の中へ飛び込んだ。

案内された席に着くとテーブルにはろうそくの火が揺れている。彼は仕方なく花魁の登場を待ったが、ほどなく現れたのはチィニーズ・ドレスのお姉さん。水割りを一杯飲んで30分で店を出たと言う。お会計は一万円。

「何か食べたの(笑)?」と訊ねると、「大丈夫です。ポテトチップを食べました」と答える。「結構愉しかったんですよ」とも。大丈夫かどうかは僕には分からない。ただ、満足なら良いのかもしれない。しかし、チャレンジャーとスリル・ジャンキーは紙一重ということなのかもしれない。

おいらんに満足をする彼にはいささか懐疑的な僕だが、ジェイズ・バーに通い始めてウイスキーは愉しめるようになった彼だ。「おいらん」は提供できないが、彼のために「らいおん」を用意しておこう。

TWA ムーディ・ライオン、4種。
本日入荷予定です。

カリラ 1992 19Yo
Bourbon Barrel , 207bottles , 50.5%

クライヌリッシュ 1989 22Yo
EX-Bourbon , 267bottles , 50.9%

グレンアラヒー 1973 38Yo
EX-Bourbon , 218bottles , 50.4%

トマーチン 1976 35Yo
Refill Sherry Wood , 313bottles , 51.4%

あくまでも「入荷予定」です。
不測の事態で入荷が遅れる可能性もあります。
入荷時刻は午後9時以降になると思います。

入荷次第ツイッターかジェイズ・バーのFacebookページでご案内をできればと思いますが、営業中につき対応できないこともございます。ご迷惑をお掛けしたら、ごめんなさい。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

グレンリベット 1979 32Yo / SMS ディスティラリー・コレクション

さて、本日は水曜日。
本日のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーの飲める日と覚えておいて下さい。

先週末からいくつかのウイスキーが入荷して、こちらのブログではご紹介が遅れてしまったものがあります。とりあえず、写真だけでもご案内しておきましょう。

最初はこのグレンリベットから。

R0011754


質実剛健な印象のあるグレンリベット。麦芽の甘みの膨らみとオイリーさが特徴です。滑らかで嫌みのないしっかりとしたウイスキーらしさを感じます。素朴であることは決してみすぼらしいことではないでしょう。このグレンリベットには誠実さを感じます。

確かに、十分なフルーティさを愉しみたいと思う方には少々物足りない印象を残すかもしれません。でも、そんな方は「BBRのグレンリベット」を愉しんでみて下さい。ある意味、比較の対象として最適だと思います。

お願いします!「人気ブログランキング」

さて、他にも最近入荷のいくつかのウイスキーをご紹介しておきましょう。

インペリアル 1990 20Yo
SMS チール・ナン・ノク
58.6%

R0011710



リトルミル 1989 22Yo
SMS チール・ナン・ノク
49.8%

R0011664



グレン・キース 1991 18Yo
シルバー・シール セスタンテ・コレクション
355bottles , 46%

R0011846



ピティヴィアック 1990 17Yo
アンガス・ダンディ モンゴメリー カスク・プルーフ
Cask No.6064 , 61.1%

R0011810



個人的には鉄板な感じのインペリアルに納得です(笑)。ピティヴィアックは少々懐疑的な仕入でしたが、予想を裏切るほどに上出来でした。リトルミルは「アーモンドの渋皮系」芳ばしさが特徴ですかね。「薄情ではない」リトルミルです。グレン・キースは表記された以上にアルコールを感じました。飲み頃はもう少し先でしょうかね。

さて、本日紹介した5本のウイスキーはすべて「3杯セット」対象商品です。どれを選んでもハーフ・ショット3杯で2100円(税込)です。

また、「3杯セット」対象商品は4杯目以降、何杯飲んでも735円。つまり、上記の5種をすべて飲んでも本日(水曜日)なら、お帰りの際の会計は3570円です。

さて、お知らせをひとつ。
何人かのお客様に気にしていただいた「ザ・ウイスキー・エージェンシー ムーディ・ライオン」は今週金曜日入荷予定です。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

グレン・エルギン 1984 26Yo / デュワー・ラトレー カスク・コレクション

今年は梅の花の咲くのが遅いと幾人かのお客さんが言っていて、改めて思い直すと、そんな話題に食い付く自分のことを可笑しく思う。僕もいくらか歳を取ったということだろうか。梅の花のことなど気になるようになったのは、いつ頃のことからだろうか?

春を待ち侘びる気持ちが強くなって来たのだろうか?

R0011343


ふと、いつだかの年輩のお客様が何度か繰り返した台詞を思い出した。「春が来る前に死にたくはねぇな(笑)」。しばらく見ないあの人は元気だろうか。昨夜は雨が降り、少しばかり天気の良くない日が続きそうだ。だけど、この先回復すれば春も訪れることだろう。

ジェイズ・バーにもいくらか長いお付き合いのお客様がいて、20年以上も付き合いのある方が先日は息子さんを連れて来た。「(息子も)二十歳も超えたことだし、ぼちぼち社会勉強をさせてやろうかなんて思ってね」とのことだった。

「今度は一人で来ます」と育ちの良い礼儀正しい挨拶をして帰った息子だったが、その後日彼女を連れてやって来た。いくらか親父のことを質問されて、僕は真剣に答えた。気になるのは「お父さんの若い頃」のことのようで(笑)、いつものことだが、差し障りのないように丁寧に答えるのは難しいことだ。

「いつ頃からの付き合いなんですか?」訊かれて、「君が生まれる前からのことだよ」と答え、「君が生まれたことはお父さんから聴いていたよ」と付け加えた。

R0011341


どちらかと言えば、上手に感情表現ができる方ではないが、寄った勢いで息子の自慢をやめられなくなるほど喜んでいた親父のことを今でも思い出す。その次の来店時に息子の話を差し向けると、前回の喜び過ぎを反省するように親父は照れ臭い顔で笑っていたっけ。

親父もまだ20代の頃で、僕はまだ独立する以前の話のこと。

「お父さんがこんなに色んなお店に飲みに行っていたなんて、全然知らなかったんですよ」と愉しそうに喋った息子だったが、「色んなところに連れて行ってもらうのは愉しいか?」と訊ねると嬉しそうに笑った。

お願いします!「人気ブログランキング」

お父さんが好きな息子は素直だ。他人のアドバイスを聴いて、人に助けられるのが上手そうに見えた。それは息子の特徴で、それを長所として人生を上手く渡って行ければ良いのだろう。

将来のことを訊ねると、若いカップルは互いに目を見詰め合って笑った。

「もしも、君に子供ができたなら、二十歳を超えてジェイズ・バーに連れて来なさい。君の子供に『お前の爺さんがな…』と話をしてあげよう」。そんな話をした。

R0011329


若いカップルはまた見詰め合い、照れ臭そうに笑う息子は親父に似ている。「絶対に連れて来ます(笑)。だから、是非ともお店を続けて下さいね」と気の利いたことを言う息子だ。

息子が親父に似るのは遺伝子の仕業だけだろうか?ポット・スティルの入れ替えをしても、同じ蒸留所のウイスキーが似てしまうのと同じようなことなのかもしれない。同じ形に作られたポット・スティルから似たようなウイスキーが生まれるように、同じような顔からは、似たような照れ臭い笑顔が生まれる。

そうやって受け継がれた何かを、受け止める誰かが大事にしてくれるのなら、それはとても素敵なことのように思う。息子の彼女は素敵なお母さんになりそうだ。

親父の息子のためにも、僕は頑張って続けて行こうと思う。
あと20数回の春を迎えられますように。


テイスティング・ノートはこちら
グレン・エルギン 1984 26Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
Bourbon Hogshead , Cask No.2861 , 252bottles , 48.7%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

今週は68ハイランド・パークでお願いします。

このタイトルで記事を書くのは久し振りですね。

R0011389


さて、本日金曜日から、明後日日曜日まで、この「ハイランド・パーク 1968 40Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション / Cask No.3466 , 191bottles , 40.9%」を「3杯セット」対象商品とします。

お願いします!「人気ブログランキング」

ジェイズ・バーのバックバーの下段に並ぶ約100種類の「3杯セット」対象商品の中から2杯、そして、この「ハイランド・パーク 1968 40Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション / Cask No.3466 , 191bottles , 40.9%」を1杯。

ハーフ・ショットでのご提供になりますが、
3杯選んで2100円(税込)です。

しかも、「3杯セット」対象商品なら4杯目からもすべて700円です。
試してみませんか?

R0011398


R0011391


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ



ハイランド・パーク 1968-2008 40Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション

さて、本日も短めな記事でスミマセン。
イベントも終了し確定申告真っ盛りなワタクシでございます。
今回の真っ盛りっぷりは例年になく激しいものになっているのです。
ツケが回ったのか、焼きが回ったのか、はたまたその両方なのか?
ま、「どちらでも構わない」感じのワタクシです。

粛々と片付けねばと思う今日この頃です。
お願いします!「人気ブログランキング」

新入荷をご紹介です。

R0011389


ハイランド・パーク 1968-2008 40Yo
ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション
Cask No.3466 , 191bottles , 40.9%

コイツは愉しみです。

ダンカン・テイラーさんには随分と長熟バーボン樽のハイランド・パークでお世話になりました。
個人的にはちょいと懐かしい訳です。
「なるほどねぇ」と呟きながらいくつかのハイランド・パークを愉しませていただきましたね。
今回は「やっぱりねぇ」となることを望んでいます。

ぼちぼち抜栓しますよ。
リクエストがあれば今夜でも。

他にもう一点、ジェイズ・バーのFacebookページ!にて新入荷情報をご紹介しております。ご覧下さい!


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ