モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2013年04月

ゴールデン・ウィーク期間の営業につきまして

さてさて、世の中はGW。
皆様、連休はどのようなご予定でしょう?

池袋ジェイズ・バーは普段とまったく変わらず
通常通り営業しております。
お気軽にお越し下さい。

夕方、午後6時に開店。
午後8時までにご来店のお客様はチャージ無料。
いつも通りのゴールデン・ウィークです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0011467_1_1

トマーチン 1976 36Yo / モルツ・オブ・スコットランド エンジェルズ・チョイス

写真では分からないかな。

実は350ml瓶。
現在主流の規格が700mlですから、ハーフサイズということですな。

「エンジェルズ・チョイス」というブランド名が示す通り、天使が選んだ結果、その半分を手数料として持って行ったってことなのかね(笑)?最近の天使もお行儀が悪いようで。

ま、価格も量に合わせて半分(くらい)ってことで勘弁してやるか。

こいつは素直にオススメしますよ。ちょっと度数が低いので、後半はへたってくるかもしれません。サラリと飲んだ方が良いかもね。でも、その代わり、抜栓時からなかなかの仕上がりです。

何処かで飲んだことのありそうな、シェリーのトマーチン。スムースで軽口でキュート。メープルシロップのような甘さもありながら、フルーツ・チョコレートな感じです。

最近はちょいと76トマーチンもご無沙汰だったので、ちょうど良いかな。ま、量が少なめなので、気になる方はお早目に。

トマーチン1976

トマーチン 1976 36Yo
モルツ・オブ・スコットランド エンジェルズ・チョイス
Sherry Hogshead , Cask No.MoS12046 , 72bottles , 49.2%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

今日は渋谷でお会いしましょう。

朝はまだ生憎の雨ですが、午後からは上がりそうな予報です。
本日はバーショーに顔を出そうと思います。
愉しみにしております。
ご参加の皆さま、今日は渋谷でお会いしましょう。
見掛けたら気軽にお声を掛けて下さい。

ジェイズ・バーは今夜も営業します。
夜8時までにご来店のお客様はチャージ無料です。
店主はお休みをいたしますが、恐らくカウンターで飲んでいるでしょう(笑)。

R0019079_1


バーショーを記念して(?)、今夜はこのウイスキーを特別価格にてご提供です。

ダフタウン 1978 34Yo
スコシア・ロイヤル
Sherry Cask , 172bottles , 55.8%

R0019055_1


ハーフ・ショット1杯、¥840(税込)
お一人様1杯限りです。

詳細はこちらのジェイズ・バーのFacebookページをご覧ください。

さて、これからひと眠りします。
雨上がると良いな。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

ラフロイグ 1990 21Yo / ハイ・スピリッツ カラーズ・コレクション

こいつはなかなかの佳酒ですな。
気に入りました。好きだなと思う。

1990ヴィンテージ。20年を超える熟成。まぁ、ラフロイグにしてはそこそこの長期熟成と言って良いでしょう。

加水タイプで46%、まぁ、「物足りない」とおっしゃる方もいるでしょうが、僕に言わせれば「その分、ラフロイグの美しいところが出ているね」という感じですな。

「ラフロイグらしからぬ」という方もいて、「ラフロイグらしさが残ってるね」という方もいる。そんなウイスキーでしょう。

否定派もいて肯定派もいる。まぁ、当たり前のことですな。それも、嗜好品たるウイスキーの本来の姿でしょう。

ラフロイグHS


多くの場合、僕らは、事前にそのウイスキーに対する目論見や思い込みを持ってしまいますな。で、結果として、ウイスキーを飲むという行為は、その目論見や思い込みが「当たったか否か?」を確かめる手段であったりもする訳ですな。

目論見を外した場合、「こういうラフロイグもあるんだ!」となるか、「こんなのラフロイグじゃねぇ!」となるかは人それぞれ。

「こんなのもあるんだ」となれば肯定派になるのでしょうし、「これは違う」となれば否定派になるのでしょう。どちらが良いとか悪いとか、そんな話ではありません。要するに、あなたがラフロイグに何を求めていたのか?ということが明らかになる瞬間ということですな。

「人気ブログランキング」

もちろん、そもそもの肯定派の皆様は、このラフロイグを飲んで「ラフロイグらしいね」と思う訳です。その部分に置いては僕も意見を同じくします。

ただし、僕の立場は否定派でも肯定派でもありません。
このウイスキーを「好きだな」と思ううちのひとり。
それだけです。

僕はこのウイスキーにキラキラしたフルーティさを感じて、だから、僕がラフロイグに求めるのは、「それ」なんだろうなという思いを強くする。

ラフロイグ全般に「大いなる飲み応え」を求める気持ちがあることを否定しないけれど、僕が求めるのは「それ」だけではないのだなと、こういうラフロイグは僕に気付きを与えてくれる。

飲み干したグラスに向かって、手を合わせ「ありがとう」と言ってしまうラフロイグ。


ラフロイグ 1990 21Yo
ハイ・スピリッツ カラーズ・コレクション
46%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

リトルミル 1992 20Yo / KINKO オリジナル

細い枝にとまる鶏。とまっているのは梅の木だろうか。こちらに背中を向けているが、朝を告げにきたのだろうか。それとも春の到来を伝えにきたのだろうか。

春というのは行く人がいて、帰る人がいる。僕のように留まる人がいて、僕から見れば、人が多く往来するのがこの季節。4月になれば、いくらかの人は落ち着きを取り戻し、また一人ウイスキーでも飲みたくなる頃。

この鶏に何かのメッセージがあるのなら、それと向き合うのも悪くない。

お願いします!「人気ブログランキング」

通り過ぎれば気付かぬまま。
立ち止まれば気付くこともある。

どーんと甘いリトルミルですな。
甘さを太さに感じるウイスキー。

リトルミルキンコー


繊細であるが故に、ネガティブな側面の目立ってしまうリトルミルというのが時々ある。繊細であっても、キラキラと輝いて見えるリトルミルというのがある。

これは、そのどちらでもない。太さがあって、その内側にすべてが隠れている。でも、やがて、ゆっくりとそれらは剥き出しになり、その内側を覗かせる。

糖蜜のような、水飴のような、あるいは麦芽のように甘く、そしてゆで卵の匂い。アンズまで甘くなく、梅ほど酸っぱくなく、口に含んで程よくスパイシー。

オレンジ・ピールの砂糖漬け。バジルのようなハーブの苦味。それらのすべてに甘さがまとわり付いて、でも、その甘さが剥き出しになって来る瞬間が愉しい。

僕はこのウイスキーをそんな風に愉しんだ。

リトルミル 1992 20Yo
KINKO オリジナル
Refill Butt , Cask No.36 , 150bottles , 54.9%


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

いくつかの入荷情報

まだご紹介していなかった入荷情報がいくつかあるので、本日はまとめてご案内しておきたい。

ジェイズ・バーのFacebookページでは、既にご紹介済みなのだが、こちらのブログの方までは手が回っていなかった。申し訳ありません。

さらに手抜きなようで恐縮だが、以下すべてジェイズ・バーのFacebookページのリンクであります。

まずは、
ハイランド・パーク 1985 22Yo
シグナトリー・ヴィンテージ カスク・ストレングス・コレクション
Hogshead , Cask No.2896 , 286bottles , 52.7%


ハイランド・パークSV



ポート・エレン 1982 29Yo
スリーリバース オリジナル
Bourbon , 150bottles , 55.5%


R0018878_1



グレン・エルギン 1985 27Yo
ダグラス・レイン OMC for THE MASH TUN TOKYO & Shinanoya
Refill Hogshead , 214bottles , 46.6%

ストラスミル 1983 29Yo
ダグラス・レイン OMC for THE MASH TUN TOKYO & Shinanoya
Refill Hogshead , 134bottles , 51.2%


OMC



グレンリベット 1979 32Yo
ヴィンテージ・モルト クーパーズ・チョイス
Hogshead , Cask Ref.19555 , 150bottles , 46%


VMCC



オルトモア 1992 20Yo
インプレッシヴ・カスク
Barrel , 51.6%

ストラスミル 1990 20Yo
インプレッシヴ・カスク
Hogshead , 50.9%


ストラスミル



詳細はリンク先の記事をお読みください。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

グレンドロナック 1992 19Yo / OB Batch 7

「安定してるな」というのが素直な感想。

グレンドロナックのオロロソ・シェリーというと、棚からなくなりそうになると次を探したい、と思わせるウイスキーですな。

ドライフルーツやチョコレートのようなニュアンス。コーヒー豆っぽい苦味を感じさせてくれて、濃厚で十分に重たいウイスキーに傾きながらバランスの取れている、このグレンドロナックのようなウイスキーに僕も含め、多くの人は足を止めて引き寄せられてしまうのだろう。

R0018982


「もっと上質なグレンドロナックがある」と言われるなら、確かにその通り。僕も否定はしない。ただ僕は、「十分にプライスに見合ったバリューを持っている」と、このウイスキーをご紹介したい。

どうやら国内入荷も少量なウイスキーのようで、早速、ある常連のお客さんが飲みに来てくれたけど(笑)、「ジェイズ・バーで仕入れてくれないかなって思ってたんですよ」なんて言われると嬉しくなりますな。

「一本は買えないけど、一杯は飲みたかった」というその人の望みを叶えてあげられたのなら、僕だってとてもありがたいことだと思う。

「ウイスキーなんて、いつ、どこで飲んでも一緒」というのは、ある意味真実だ。「ウイスキーそのものの価値に変わりはない」というのは、僕も(それ自体)間違った考えではないということは認める。その価値を大切にする者の一人としてそう思う。

でも、それだけが唯一の真実という訳ではないだろう。

そのお客さんは「ジェイズ・バーで飲みたかったんですよ(笑)」と言ってくれて、僕には何よりそのことが嬉しい。

人はどうやってウイスキーの愉しみ方を覚えて行くのだろう?多くの人に「お世話になった方」という存在があるだろう。

R0018988


誰にだって、思い当たる節があるかもいれない。かつて自分が、まだウイスキーの愉しみ方も十分に知らなかった頃に飲んだ「あのウイスキーを、あの頃の自分は十分に堪能できたのだろうか?」。「今飲んだら、もっと愉しめるのではないだろうか?」。

ウイスキーそれ自体に変わりがないとするならば、それを愉しめるかどうかは自分次第ということになる。昔のウイスキーを思い出す時、あの頃の自分はウイスキーの愉しみ方を十分に知っていただろうかと懐疑的になる。

お願いします!「人気ブログランキング」

もちろん、それは、個人的な見解ではあるけれど、ウイスキーを愉しむコツのようなものがあるとするならば、それは「感じる身体」を手に入れることが大切だというのが僕の意見。

それまで感じられなかったものが、「感じる身体」を手に入れた結果気付くということがある。それまでスルーしていて、足を止めて確認することができなかったものを、しっかり認識できるようになるのである。

打席に立てば打ち易い好球のストライクがやって来る。確かに、あの時もヒットを打つことができたけど、今の自分ならもっと上手に打てるのではないかと、そんな話ですな。

「感じる身体」を手に入れるというのは、そういうことであります。ウイスキーを愉しむ人の多くは、そんな風に成長を自覚する。僕にはそんな風に見えますな。

「感じる身体」は「好球必打」のためにも欠かせないことです。

では、どのように「感じる身体」を手に入れるのか?と問われれば、色々飲んでみることでしょう。「量ではなく種類を」とは思いますがね(笑)。まぁ、野球に喩えるなら、「打席数が多い人は成長する」ということでありましょう。

さらに、どうすれば効率良く「感じる身体」を手に入れることができるのか?と問われれば、結果から言うと「お世話になった方」を上手く使った人は成長が早い。

先ほどの話のそのお客さんは、僕を上手に使ったお客さんだということでありますな。ありがたいことに、そのお客さんも僕に対して感謝を持って接してくれて、おかげ様で僕らはこれからも良い関係を続けて行けそうだ。

互いに尊敬と感謝の念を持ち、ウイスキーを好きなもの同士、ウイスキーを愉しめたなら、そんな素敵な時間はない。

「ウイスキーなんて、いつ、どこで飲んでも一緒」だろうか?
僕はそうは思わない。

R0018981

グレンドロナック 1992 19Yo / OB Batch 7
Oloroso Sherry Butt , Cask No.1123 , 524bottles , 57.8%


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

イチローズ・モルト 秩父 ちびダル & ポート・パイプ

秩父蒸留所から2種類のウイスキー。「ちびダル」と「ポート・パイプ」。愉しみにしていたウイスキーが入荷しました。

どちらも少量の瓶詰めでないにも関わらず、売切れな酒屋さんが多いようで、秩父蒸留所の人気を物語っているようですな。

特に「ちびダル」の方は気になっていたウイスキーで、愉しみにしておりました。どちらも昨日入荷したばかり。まだしっかりと飲んでいないので、詳細は後日改めてご報告させていただきます。

どちらも「3杯セット」対象商品です。お気軽にお試し下さい。
ジェイズ・バーでも早々に完売になることが予想されます。
お早目に。

R0019021_1


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

ベンリアック 1983 29Yo / OB for Shinanoya

ベンリアックもリリースの中心は70年代から、ボチボチ80年代に移って来たということでしょうかね。

「80年代って、どうなのよ?」というお話と、「いやいや、70年代は高いでしょ?」ってお話がありますな。

まぁ、ベンリアックばかり追い掛けている訳ではありませんので、ジェイズ・バーには他にも色々なウイスキーがありますが、近年はお客様からベンリアックの話題が出ることことも多く、気付けば人気蒸留所の仲間入りで感慨深いですな。

R0018942_1


昔のベンリアックと言えば、空色のラベルに黒字で「BENRIACH」。赤い字で「AGED 10YEARS」ってのが主流(っていうか、それだけみたいなもの)でして、随分とお世話になったものです。

昔のウイスキーの本には「バタースコッチ」とか「クッキー」なんて風に書いてありまして、「あぁ、なるほど」なんて思ったものでありますな。飴っぽい甘さと麦芽風味が特徴なのねと。

そんなところから始まってますから、最近の流行りのキラキラ・フルーティで透明感のある(僕にはフルーツ・ゼリーのように感じる)ベンリアックには、初めて出会った時に度肝を抜かされましたな。

R0018945_1


熟成庫に眠る樽も玉石混交なのだな、と。目利きが選べば感動的なひと樽のウイスキーが出て来るのだな、と。

まぁ、そんな訳で、選ぶ人たちも70年代から80年代にフォーカスし始めたということなのでしょう。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

しっかりと飴っぽい甘さが印象的なベンリアックですな。そういう意味では、僕はベンリアックらしさを感じます。ただ、口に含むと甘酒のようなニュアンスを感じて、その部分は少々残念。でも、タルト生地のような甘さは好印象。

香りは非常に多彩。小さなニュアンスを拾うのが愉しくなる。バニラ、ハチミツ、オレンジの皮。全般的な印象は桃ミルク飴。優しく甘い香り。

さて、今日から4月が始まりました。花見もピークを過ぎましたかね。日本の4月と言えば、正月とともに切り替えのシーズンですな。

まぁ、池袋ジェイズ・バーも(気持ち的に)切り替えな感じで、皆様にちょっとしたお知らせを。

本日、4月1日より、
毎日、20:00までにご来店のお客様、チャージ無料です。

曜日に関係なく、このサービスは毎日行います。
4月からのジェイズ・バーは早い時間の来店がお得です。

さらに、皆様のおかげで3月を気持ち良く閉じることができました。本日より「午後8時までチャージ無料」サービスを開始させていただくことでもありますし、4月から新たなスタートな方も多いでしょうから、
「もうひとつおまけ」のサービスです。

しばらくの間、この「ベンリアック 1983 29Yo / OB for Shinanoya #300」を「3杯セット」対象商品とします。
気軽にご注文下さい。試してみる価値あり、です。

皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。

R0018939_1

ベンリアック 1983 29Yo
OB for Shinanoya
Hogshead , Cask No.300 , 229bottles , 44.5%

しばらくの間、「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

で、さらに、
もうひとつ、おまけのサービスのご案内。

下の写真のウイスキー。
本日限り、特別価格でのご提供です。
詳細は夕方にジェイズ・バーのFacebookページにてご案内いたします。

R0018962_1


ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ