モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2013年05月

オルトモア 1990 / ジャック・ウィーバーズ ブラス&ミニング コレクション

これは素晴らしい

ネガティブなクセもなく、嫌味なところがない。とても上品な仕上がり。上質なシェリー樽を思わせる。ねっとりとしたフルーティさ。ドライフルーツのアンズ。プルーン。程よい酸味。時間とともに濃厚なデザートを思わせる香りが出て来る。

梅雨を前に初夏を思わせる気候が続いて、こんな季節にこのような冬らしいウイスキーを抜栓してしまったが悔いはない。一年半ほど自分の中で「シェリー・カスク再考」が続いていて、このウイスキーはその流れに一区切りを付けてくれるかもしれない。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

R0019406_1


濃厚にして端正な佇まい。
何よりそれが素直な感想ですな。

イメージするのは「フォーマルな場所でお見掛けした美人さん」という感じですな。何となく吸い寄せられてしまう魅力を持っています。声を掛ければ優しい笑顔を返してくれて、楽しく話も弾む。そんなウイスキーですな。

僕は至福の時間を堪能して、大きな満足を手に入れたのだけれど、空になったグラスを覗き込んで「あれ、あの人の名前、何だっけ?」と呟いてしまったのですな。

R0019403_1


ボトルを手に取ってラベルを眺めればオルトモアと書いてある。

うーむ。こいつをオルトモアだとブラインドで当てられる人はいるのだろうかと、そんなことを思いました。

最近は周りにオルトモアのファンが増えておりまして、そんな人に是非とも飲んでいただきたいウイスキーですな。

R0019400_1

オルトモア 1990
ジャック・ウィーバーズ ブラス&ミニング コレクション
Very Dark Sherry , 60bottles , 57.9%


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0019421_1

ジュラ 1976 35Yo / ジェントル・ノーズ

少し前にエクスクルーシヴ・モルツのジュラを仕入れた。ヴィンテージはこちらと同じ1976。まぁ、悪くないウイスキーだった。好みと言えば十分に好みの範疇。

ただ、久し振りの70年代ジュラってことで、期待が高かったというのはこちらの都合(笑)。多くの場合、ウイスキーに責任がある訳ではなく、飲み手の勝手な都合や事情を訴えるという、僕の愚かな話。

R0019348_1


でもね、「もっと美味しいジュラがあるんじゃないのか!」と心が叫んでいる。次を探せと訴えている。

ま、そうすると出て来るものですな。
これ、ホントなんです。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」


比べれば、こちらの方が上質でしょうな。抜栓当日の昨夜、実は、あまりフルーティなニュアンスを拾えなかったのだが、一晩経ってゆっくりとそのポテンシャルを発揮し始めたようですな。予感はあったけどね。

こういう経験を通して感じるのは、若い頃なら「さらにもっと美味しいジュラが!」と次へ次へと追い掛けてしまったのでしょう。でもまぁ、最近は「とりあえず、これで十分」と思えるようになりました。

お茶目なラベルも素敵です。

R0019352_1


香ばしいクレープの生地とバニラ。バナナ、ホワイト・ペッパー、蜂蜜、折れた小枝。ゆっくりとフルーティに。洋梨とメロン。かすかに林檎。口に含んで、心地良いアルコールのアタック。甘味と塩味のバランス。揚げパン。


R0019335_1

ジュラ 1976 35Yo
ジェントル・ノーズ
Bourbon Cask , Cask No.60006 , 120bottles , 51.3%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0019353_1

グレンドロナック 1990 22Yo / ジャック・ウィーバーズ オールド・トレインライン

これはとても魅力的なグレンドロナック。ヴィンテージ、熟成年数、そのスペックから判断すればちょいと割高感があったのだが、思い切って仕入れた。

「仕入れは勇気である」。
と、最近はそう思うようになった。

先日近くのカフェで珈琲を飲んでいたら、向かいに座る女の子がおもむろに化粧を始めた。見ればなかなかの本気度で、化粧品や化粧道具をテーブルいっぱいに並べ、真剣な面持ちで鏡を高く掲げそれを睨みつけている。

「これから何処へお出掛けですか?」と訊ねたくなったが、僕は読みかけの本を閉じて、目の前で始まる楽しそうなことをしばらく眺めてみることにした。

R0019331_1


僕はこの手の人に興味が深い。彼女は何を考えているのだろうか?恥じらいというものはあるのだろうか?緊急性があるのだろうか?動機は?きっかけは?日常的なスタイルか?

周りの人も一度は彼女に注意を向けて、ある人は呆気にとられ、ある人はなかったことにして、いづれにしてもまた自分の世界へと戻って行った。

結果として、その店の中で彼女のパフォーマンスを楽しむオーディエンスは僕一人となったようだ。他のオーディエンスを失ったことが彼女の機嫌を損ねたのかもしれない。

彼女は鏡を持つ手をテーブルに置いて、僕を睨み返した。僕はとっさに微笑みを返して、僕らは数秒間見つめ合うことになる。しばらくののち、彼女はまた鏡を手に取ってそれまでの作業を仕上げにかかり、僕はコーヒーカップを手に取って席を立った。

彼女が化粧をする理由は何だろう?第一義的に考えるなら「美しくなりたいから」というのがその意義だろう。僕が不思議に思うのは、公共の場所で化粧をすることを、彼女は美しいと思うのだろうか?ということ。

「美しくなりたいと思う人に美意識がない」というジレンマを、僕は強烈に感じてしまうのだが、恐らく彼女はそれを苦痛に思わない。

R0019320_1


彼女は劇場で人生を演じていて、そのカフェは彼女にとって舞台裏ということだっただろうか。そこにいる人間、つまり、オーディエンス以外には興味がないということだろうか。それともそれは、「少しだけ舞台裏を覗かせてあげる」という粋な計らいだったのだろうか?

いづれにしても、彼女が生き生きと充実した日常を演じているつもりなら、僕はそのことをとても滑稽に思うけれど。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」


その後、彼女はその舞台の主演男優に会いに行ったのだろう。その彼は彼女の化粧に騙されるのだろうか?もちろん、その美しさを判断するのは彼だけれど、それが例えば美しかったとしても、彼女に美意識がないのだろうことは僕には明らかだ。

さて、本日ご紹介のグレンドロナック。
ラベルには「VERY DARK SHERRY CASK」とある。

言うなれば、非常に厚化粧なグレンドロナックということである。そして僕は、随分と久し振りに厚化粧なウイスキーを愉しんだと思っている。

スッピンからここまでの化粧に仕上げるまで、このウイスキーは22年の歳月を費やしたということである。僕はこのウイスキーが化粧を施している最中を見ることはなかった。

「舞台裏は見せない」。それが、このウイスキーの美意識というものなのだろうと勝手に解釈をしている。僕はそのことをありがたく思う一方、どこかで化粧をしているなら、それを覗いて見たいとも思うのである(笑)。

とても濃厚な甘い香り。ダークチョコレート。バジルの苦味。風邪薬。麩菓子。口に含むと、思ったより素直で、そのことが彼女の人柄の良さを表している。どこかにフルーティさの始まりの予感があって、それが出て来るのはもう少し。

R0019317_1

グレンドロナック 1990 22Yo
ジャック・ウィーバーズ オールド・トレインライン
Very Dark Sherry Cask , Cask No.3058 , 399bottles , 52.3%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

20年目のジェイズ・バー

昨日19周年を迎えまして、20年目となったジェイズ・バーです。
ひと言で言えば「よくがんばりました」。そんな気分の朝を迎えております。

がんばりました-2


昨夜はわりと落ち着いた一日で、来ていただいたお客さんとゆっくりお話のできる悪くない夜だったと思います。のんびりと過ごしましたね(笑)。

振り返れば、「皆様に感謝」のひと言ですが、自分の願いを言うならば「あと20年やりたいな」と、そんな気分になりました。まぁ、「まだ半分も来てねぇんだな」、と。

そんな訳で、「よくがんばりました」と自分に言ってやりたいなと。
今日はゆっくり風呂に入って、いただきものの山崎なんか飲んで寝ようかなと。

R0019293_1

さてさて、19周年にご用意した
ベンリアック 1976 36Yo
OB for The Whisky Fair
Sherry Cask , Cask No.731 , 195bottles , 49.3%
ですが、特別価格でのご提供は本日が最終日。

月曜ではありますが、店主も出勤します。
土日にゆっくり休んだ皆様。お時間があれば今夜のジェイズ・バーにお越し下さい。

らしさを感じる「桃」のベンリアックです。
1stフィルではなかろうと思われるシェリー樽ですな。
ゆっくり愉しんでいただければ、そのポテンシャルを十分に発揮できるウイスキーです。
ご堪能下さい。

本日まで、
お一人様一杯限り、ハーフショット1470円(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0019269_1

ベンリアック 1976 36Yo / OB for The Whisky Fair

5月12日、ジェイズ・バーは1994年の同じ日にオープンして19周年を迎えます。

こんなに長くやって来れたのも、今までこの店を支えてくれたお客様、酒屋さんを初めとした業者の皆様、スタッフ、そしていくらかの弟子たちのおかげだと、心から感謝しております。本当にありがとうございました。

また、同業の方々の仕事ぶりが励みになったり、個人的な友人たちの励ましが、僕の折れそうな心を支えてくれてたり、振り返れば僕が施したことより、施されたことの方が多かったなと、つくづく思い起こされます。

目を閉じて、手を合わせ、感謝です。

さて、明日に19周年を迎えるジェイズ・バーです。20年目の始まりの日であり、来年の5月12日には二十歳になります。

来年は生年月日が同じ人たちもお酒が飲める歳になっているはずで、そんな人たちとカウンターを挟んで向かい合い、話ができるようになるのだなと感慨深い思いもあります。

まぁ、その分だけ僕も歳を取ったということであり、そのことの方が感慨深いのかな。

何だか最近は、年老いてカウンターに立つ自分をイメージできるようになって、僕はここにいて、人の話を聴いて、その人に最適だと思われるウイスキーを出し続けて行くのだろうと思います。

ただ、それが続けられるのも、飲む人がいてこの店を支えてくれるからこそ。支えていただけるすべての人に感謝をし、その人たちを笑顔にするために、僕はこれからも働き続けようと思います。

そして、僕もウイスキーを愉しみ続け、そのグラスの向こう側に見えたことを書き綴って行こうと思います。

ウイスキーのトリコになってしまった僕らは、グラスの向こうに何かを見ているのだと思う。ウイスキーを愉しむというのは、実はそういうことなのではないだろうか?

グラスの向こうには、長らく封印された過去の記憶が眠り。あるいは世界が見えて、ある時は隣に座る人が見える。ウイスキーの愉しみとは、つくづくそういうものなのだとそう考えている。

これからも、気負わずに心の赴くまま一歩づつ進んで参ります。
よろしくお願いします。

さて、本日より三日間。
土・日・月曜日まで、
お一人様一杯限り、1470円(税込)です。

BENRIACH

ベンリアック 1976 36Yo
OB for The Whisky Fair
Sherry Cask , Cask No.731 , 195bottles , 49.3%


人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ




ジェイズ・バー19周年・第二弾 本日最終日

第一弾のクライヌリッシュに続き、第二弾のローズバンクを提供中ですが、特別価格での販売は今夜が最終日。

派手さはありませんが「剥き出しのウイスキー」の良さが表れたローズバンクだと思います。自己主張が激しくない分、物足りなさを感じる方もいるでしょう。でもね、こういうウイスキーってのはじんわりとその良さが沁み込んで来るのですな。

R0019258


今夜までの特別価格。お一人様一杯限りではありますが、
ハーフショット、1260円(税込)。
しっかりとお愉しみ下さい。

明日からは第三弾のウイスキーを提供予定です。
76年生まれのちょっと気になるアレを出そうかなと。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

ローズバンク 12Yo / OB ゼニス

池袋ジェイズ・バー「19周年企画・第二弾」であります。
80年代のボトリングでしょうかね。詳しいことは分かりません。
ローズバンクの12年物。

15年ってのは結構見掛けました。
僕も飲んだことはあります。
で、12年というのは実は飲んだことはありません。
まぁ、飲んでみていただきたいと、そう思います。

R0019265_1


第一弾のクライヌリッシュは昨日を以って特別価格は終了。本日からこちらのローズバンクが特別価格となします。皆様、ゴールデン・ウィークをどのように過ごされましたでしょうか?今日からお仕事の方が多いかと思います。元気に今週を始めましょう。

「人気ブログランキング」

ジェイズ・バーのゴールデン・ウィークは、連日たくさんのお客様で賑わいました。
心から感謝です。
遠方よりお越しの方も少なからず、本当にありがとうございました。

「社会復帰がままならぬ(笑)」とおっしゃる方の多かった昨夜です。
そんな日は日常生活に上手に着地をさせてくれるのもウイスキー。
ちょっと特別なウイスキーをご用意しました。
興味ありますよね(笑)?

R0019253_1


特別なウイスキーを特別な価格で。
お一人様一杯限りになりますが、
ハーフショット、1260円(税込)です。

池袋ジェイズ・バー「19周年企画・第二弾」のウイスキー。
本日より今週金曜までの特別価格です。

R0019265_1

ローズバンク 12Yo
OB ゼニス
43%

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

インペリアル 1995 17Yo / エイコーン フレンズ・オブ・オーク

軽口フローラル、ちょっとフルーティ。
短くて構わないが、心地良いフィニッシュ。

熟成20年弱のインペリアルに皆様が求めるのは「その辺」じゃないのかね?って気がする訳ですな。最近はインペリアルも仕入れてなかってねってこともありまして、「丁度良い」のを見つけました。

サンプルいただいての仕入れです。

ゴージャスやグラマラスとは対極にありますな。質素で可憐。それも素敵な魅力です。もちろん、皮肉ではありません(笑)。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

個人的にはお花畑系と呼んでます。口に含んで、フルーツキャンディ。スルスルと飲めるウイスキーで、杯を重ねるごとにそのチャーミングな魅力を感じることになります。

強烈な存在感を示す人が立ち去ると、その喪失感は直後に大きなものでしょう。でも、「邪魔にならない人」というのはひっそりといなくなるのですな。

そして、思い出す訳ですな。「あれ、いついなくなったんだろう?」って。水面に波紋が広がるように、ゆっくりとその喪失感は広がって行きます。

強烈ではない分、ゆっくりと時間を掛けてやって来る分、その喪失感は僕を苦しめるのかもしれません。あぁ、なるほど。そういうのを「悲しい」ではなく、「切ない」というのだなと。

そうやって失ったもののいくつかを、僕はグラスの向こうに見るのですな。

インペリアルエイコーン

インペリアル 1995 17Yo
エイコーン フレンズ・オブ・オーク
Hogshead , 120bottles , 46%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


クライヌリッシュ 37Yo / TWE 10周年記念

さて、本日から5月である。
皆様はGWをどのようにお過ごしでしょう?

5月というのは僕にとってとてもゆかりのある月で、今月12日はジェイズ・バーの「19周年記念日」なのである。そして、冬場の肩凝りから少しづつ解放される時期なのである。

ちょっとづつ気分が良くなる季節で、この時期から梅雨になるまでの日本が好きなのである。ストレートで飲むウイスキーが、真冬ほど強烈に沁み渡るほどでもなく、ゆったりと美味しい季節でもある。

R0019213_1


「TWE 10周年記念」のクライヌリッシュですな。
ご存知の方も多いかと思います。

あちらが10周年なら、ウチは19周年だぜ。などとほざいてみてもちょいと切ないですな(笑)。基本的にはこちらの負けであります。

今年は周年記念に3本ほど用意しております。
ま、第一弾としてのクライヌリッシュ。
上等ですな。

ヴィンテージの表記がありませんが、まぁそんなことどうでも良いじゃないですかと、そう申し上げておきましょう。1972との話は良く伺いますが、至極納得なクライヌリッシュですな。

この仕事も長らくやっておりますが、このようなウイスキーを飲んでいると、「コイツはまた、誰かを覚醒させることになるのだろうな」と思わせるウイスキーに時々出会います。で、これが、そのウイスキーですな。

飲んだことのある方なら納得するでしょう。飲んだことがなくとも、そのスペックから、ある程度のことがイメージできる方も納得するでしょう。そして、そのどちらでもない方も、香りを嗅いで口に含めば、その美味しさに納得するでしょう。

だから、僕はこれを「見知らぬ誰かを覚醒させる」ウイスキーだと思う訳です。

R0019207_1


とても柔らかい柑橘。ドライフルーツのアンズ。微かにイチゴ。蜜蝋ワックス。リンゴ。少しのおが屑。あるいは、カンナの削りカス。うっすらと白桃。バニラ牛乳。バナナの皮の裏側の香り。驚くくらい弱さが適切なコショウ系スパイシー。そして、パイナップル(かな)?

「見知らぬ誰かを覚醒させる」ウイスキーというのは、概ね僕を「慌てさせる」のですな(笑)。このようなウイスキーのグラスに鼻を突っ込んでいると、頭の中にイメージと言葉が溢れて来てメモが追い付きません。

早く書かなきゃ、と思いながらもどかしい。
そんなクライヌリッシュです。

19周年記念ということで特別価格でのご提供です。
お一人様、一杯限りとさせていただきますが、
ハーフショット、1050円(税込)です。

「19周年記念 第一弾」ということで、期間は5月6日(月)まで。
第二弾、第三弾をお愉しみに!

夕方の池袋ジェイズ・バーでお会いしましょう。
夜8時までにご来店のお客様はチャージ無料だよ。
全員集合!

R0019201_1

クライヌリッシュ 37Yo
TWE 10周年記念
46%

よろしくお願いします。

19周年につき
応援して下さい。
「人気ブログランキング」

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ