モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2015年11月

グレンドロナック 1993 21Yo / OB for 信濃屋

これは素敵なグレンドロナックだと思う。

個人的に90年代グレンドロナックの中の気になる93ヴィンテージ。アタリの予感は十分にあったが、仕入れて正解と言えるウイスキーでありますな。

僕にとっては優しいグレンドロナック。お客さんにも概ね好評だが、何人か「ちょっと飲み口が物足りない」とおっしゃる方がいた。

確かに、この度数を思えばそれは意味として理解できなくはない。また、従来から「グレンドロナック好き」を自認する方が、過剰なまでの「濃厚甘口」を求めた場合この淡さや優しさをネガティブに「弱い」と感じてしまうこともあるかもしれない。

とは言え、僕はこのグレンドロナックのしなやかな気品のある優しさを好ましく思うのであります。

これは「香り酒」とも言えるだろう。この多彩で複雑でなおかつ芳醇な香りを愉しむべきものなのだと思うのでありますな。

さてさて、これを気軽に愉しんで頂きたいと思うのであります。
今夜、11月28日(土)から11月30日(月)まで3日間。
「3杯セット・特別枠」にてご提供いたします。

R0026548

グレンドロナック 1993 21Yo
OB for 信濃屋
Oloroso Sherry Butt , Cask No.626 , 259bottles , 45.7%


グレンドロナック 1993 21Yo

OB for 信濃屋

Oloroso Sherry Butt , Cask No.626 , 259bottles , 45.7%

11月30日まで「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

MOS 18 2015ボトリング / MoS

ボトルのデザインが「何となく野暮ったい」と思っていてスルーしていたウイスキーだったのだが、飲んでみて驚いた。コストパフォーマンスも悪くないと思われるので、早速ながら「コレうま」認定させていただきたい。

「キャンベルタウン以外の5地域から、それぞれひとつの蒸留所を選んでブレンドした」ブレンデッド・モルトとのことであります。

この仕上りから逆算すれば、中核をなすのはスペイサイド・ハイランド系のバーボン樽のシングル・モルトであるだろうと思われますな。「特別に好き!」という方は少なくとも、「誰にも嫌われないだろう」と思われるウイスキー。

家飲みでも飽きることなく、スルスルと飲み進められると思うのであります。

こちらは18年熟成以上の原酒を使っているとのことだが、「MOS 12」という同コンセプトの12年ものも出ているようで、そちらの方は程良いシェリーのニュアンスも拾えるウイスキー。それはそれで、そちらの方が好き、という方もいるだろう。

あえて言うなら、個人的にはこの「MOS 18」の無難さが好きなのでありますな。

ドライなシリアルとバニラ。シュークリームの皮とその奥から香るカスタードクリーム。ハチミツの香り。干し草。微かに生姜。時間を掛けてミルクチョコレート。口に含んで、滑らかな甘さ。酸度の低いグレープフルーツのワタ。小さくペッパー系スパイシー。ラングドシャ・クッキー。確かに物足りないが、儚さが心地良いフィニッシュ。

M0S18

MOS 18 2015ボトリング
MoS
45%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

マッカラン 1995 - 2009 13Yo / ザ・クーパーズ・チョイス

およそ6年前の瓶詰めでありますが、「ん?こんなに美味かったかな?」というのが第一印象。2009年当時、何となく飲んで、記憶には残っていなかったのだけれど。

程良いながらしっかりしたシェリー感があって嫌味な部分を感じない。個性的、特徴的と説明できるとことは少ないが、これは凡庸ではなく中庸なバランス良いシェリーのマッカランなのであります。

かつてオフィシャルのマッカランを家でがぶ飲みしてたのを思い出すのでありますな。

ネガティブな要素の少ないバランス良いシェリー・カスク。ドライフルーツのアプリコット。ブランデーケーキ。ローストしたコーヒーの香ばしさとブラウンシュガー。口に含んで、コーヒーとチョコレート。微かに黒酢。遅れて程良いアルコールのアタック。シンプルなクッキーの生地の甘み。適切なスパイシーさが続くフィニッシュ。

R0026447

マッカラン 1995 - 2009 13Yo
ザ・クーパーズ・チョイス
Sherry Butt , Cask Ref.14525 , 540bottles , 46%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

タリスカー 1993 − 2009 15Yo / ハート・ブラザーズ

「タリスカー表記」のタリスカーであります。らしいスパイシーさと程良いシェリー感が、その奥行きに厚みを加えているようでありますな。

ドライフルーツを思わせる甘い香りと口の中で小さな爆発が刺激的に続く様子が愉しいウイスキーであります。アルコールの刺激だけに頼らない飲み応えが何とも心地良い。

ドライフルーツのアプリコット。アスファルト。冷めた焼き魚の皮。備長炭。焙煎したコーヒー豆。口に含んで、心地良い爆発。スパイシーでスモーキー。バナナチップの甘み。タール。煙たいメープルシロップ。

R0026428

タリスカー 1993 − 2009 15Yo
ハート・ブラザーズ
51.7%

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

オーヘントッシャン 1997 17Yo / ハンター・レイン OMC for The Mash Tun & Shinanoya

最近はオーヘントッシャンがちょっと気になる蒸留所のひとつになっている。特に2000年に近い90年代後半のものから、いや、あえて言うなら本命は2000年以降にいるのかもしれないと期待している。

かつてはほとんど視野の外にいた蒸留所でありましたが、近年は(期待を込めて)注目蒸留所のひとつであると思うのでありますな。

何となくその優先順位を低くしている人も多いと思うが、「後回で良いんじゃね?」って思っている人にこそ、飲んでいただきたいオーヘントッシャンであります。

干し草と花びら。土っぽいバニラの香り。重たいハチミツと微かに柑橘系フルーティ。アプリコットとパイナップルのドライフルーツ。トマトのヘタの青臭さ。ミルク・キャンディ。口に含んで、オークの刺激。甘さとウッディの調和。遅れてスパイシー。硬質でドライ。胡椒の辛さと麦芽の甘さが長く続くフィニッシュ。

R0026422

オーヘントッシャン 1997 17Yo
ハンター・レイン OMC for The Mash Tun & Shinanoya
Refill Hogshead , Cask No.HL REF 11251 , 264bottles , 57.3%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

ローズバンク 1991 − 2007 / ザ・ウイスキー・ソサエティ

いわゆる、僕らが通常「ソサエティ」と呼んでいる「ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ」のウイスキーではないのであります。

当時は、どうにもややこしい名前を付けたなぁと思っていたが、最近はすっかり見かけなくなりましたな。誰かに怒られたのかもしれません(笑)。

瓶詰は2007年、長い間瓶内で深い眠りについていたローズバンクでありまして、開封してすぐはあまりピンと来ない感じでありました。しばらくしてやっと「お目覚め」な感じになりました。

何人かのお客様に「まだ飲まない方が良いんじゃね?」とお伝えしたが、「もう十分に飲み頃です」と改めて申し上げたい。このバニラ感は僕の好きなローズバンク。

香ばしいシリアル。バニラウェハース。乾いて冷たい印象。バニラ感満載。遅れて奥からメントール。ハチミツと乾燥したバナナの皮。口に含んで、甘い麦とハチミツ。刺激的なバジルと汚れたミント。ホワイトペッパー系スパイシー。甘さと辛さが十分に持続するフィニッシュ。

R0026443

ローズバンク 1991 − 2007
ザ・ウイスキー・ソサエティ
200bottles , 56.1%

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

グレンアラヒー 1993 21Yo / ザ・ウェアハウス・ドラム

加水タイプ、46%と侮ることなかれ。こいつはなかなかしっかりしたウイスキーであります。体感的にそれ以上の度数を感じるし、またフィニッシュにショボい感がしないのが良いのであります。

もう少し価格的にお手頃感があったなら、「コレうま」認定させていただきたいレベルであります。ラベルはグラスの形を表しているようでありますな。

微かに香ばしい小麦粉。シリアル。刺激的に過ぎない穏やかな香り。イチジク。遅れて奥からバニラ。小さなハチミツ。口に含んで、穀物系の甘味。鼻抜けの良いペッパー系スパイシー。続いて柑橘系フルーティ。遅れてバジル。雑穀類のクッキー。微かに生姜。胡椒とハチミツの余韻が続くフィニッシュ。

R0026367

グレンアラヒー 1993 21Yo
ザ・ウェアハウス・ドラム
Bourbon Hogshead , Cask No.5076 , 226bottles , 46%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!
ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ