モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

2016年10月

クレイゲラキ 17Yo / OB

これは良い。
かなり良いと思う。
素直に「コレうま」と申し上げたいところだが少々躊躇いがある。

このコストパフォーマンスの良さは、僕が常にオフィシャル・ボトルに期待する仕事なのであります。

「まだ飲んでない」という方に「ぜひ飲んでみて」と勧めていたら、一週間も経たずにもう半分なくなってしまった。お近くで見かけたら皆様にも試してみて欲しいウイスキーなのであります。

もちろん、安心の「3杯セット」対象商品。

個人的には、ストレートがぶ飲み系ウイスキー。家飲みに一本あっても邪魔にならない。家飲みのウイスキーに困った時に、間違いなく候補の一本になるだろう。

従来からの13年ものも結構気に入っていたが、価格差を考えると妥当な進化だと感じている。13年、17年、いづれにしても軸になるのは麦芽系の味わいだと思うが、その美しさで17年が優っている。

両者を比べれば、こちらの17年にちょっとした変化がある。今回からどうやらバッチ・ナンバーをラベルに記載することになったようだ。

熟成年数である「17」の数字の右隣に「98 − ZC21」とある。バッチのスケールは不明だが、バッチ違いでバラツキも出て来るであろうから、いづれ「大当たり」と評判のバッチも出て来るのかもしれない。

「98 − ZC21」のハイフンの左側、「98」の数字は蒸留年1998ということだろうか。現在、情報はまったくないので推測の域を出ないが、計算上は間違いではないのでその可能性はあるかもしれない。いづれその謎は解けると思う。

少し華やかで柔らかい麦の香り。薄いオレンジ・マーマレードを乗せたバニラクッキーの香り。味わいのある軽さ。うるさ過ぎない樽感。草っぽい茶葉。綺麗な麦の甘味。ついつい「物足りないのでもう一杯」となってしまう方には危険なウイスキー。

image

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,350。

最新の発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

リンクウッド 1997 18Yo / ケイデンヘッド スモール・バッチ for TWH

こいつは優しさを感じる上出来なリンクウッドだと思うのであります。

本来なら「コレうま」と言っていいレベルだが、TWH向けのボトリングであるので「誰もが今、入手可能」というウイスキーではない。コスパを考えれば妥当なレベルだが、「コレうま」認定は避けておこうと思うのであります。

素直なウイスキーだと思う。嫌味がなく、飴っぽいハチミツ感を十分に愉しめる。こいつを飲んで気付いたが、僕にとって今までのリンクウッドは、どこかに「鼻に付く感じ」があって、そこが気に入らない理由のひとつだったかもしれないと、そんなことを思ったのであります。

その「鼻に付く感じ」を僕はまだ十分に説明することはできないが、こいつは今までのリンクウッドに良く感じる「ソレ」をあまり感じない。僕が素直に受け止められるリンクウッドなのであります。

であるが故に、もしかしたら昔からのリンクウッド好きの皆様には「ちょっと物足りない」何て思われるのかもと思いながら、そんな人たちと話がしたいと思われるウイスキーなのでありますな。

甘い生姜飴。少し草っぽく、乾いたミント、その他のハーブ。柑橘系フルーティ。ゆっくりとバニラの香り。次第にクリーミィ。

そうそう、ご存じない方もいるかもしれないが、池袋ジェイズ・バーはボトル・キープも受け付けております(笑)!

image

リンクウッド 1997 18Yo
ケイデンヘッド スモール・バッチ for TWH
Bourbon Hogshead , 270bottles , 54.7%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,350。

最新の発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!
ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ