感想に正解はない。
ブラインド・テイスティングを機会にアンケートを取らせていただいている。「セカイチBLT」の企画は今後も続けさせていただく予定であるが、このアンケートも合わせて続けていこうと思う。同じシングル・モルトを違う人が飲めば、その感じ方は同じではない。一杯のシングル・モルトは人によって違う切り口で捉えられるのだ。1本の木であっても切り口を変えれば、その断面は違う風に見える。

当たり前だが感想に正解はない。人と違う感想を持つことは間違いではない。だから、勝手なことを言えばいいじゃないか。僕はそう思う。一杯のシングル・モルトを目の前に、あなたの知っていることなど意味はない。あなたがそれを好きかどうか、ただそれだけ。好きなら好きなりに、嫌いなら嫌いなりに、あなたの中に感想はあるはずだ。

感想に正解はない。あるのは、同じような感想を持つ「多数派」である。「多数派」ができあがり、多数決を取るなら、その「多数派」の感想は採択され「一般的な感想」になるのだろうけど、それがあなたの感想と違っていても、あなたがおかしい訳ではない。あなたが少数派なだけだ。あなたが同じシングル・モルトを他の人と違う切り口を持って捉えているだけのことだ。

あなたが素直に味わおうと思い、他の人と違う感想を持ったとしてもおかしなことではないのだ。「他の人と違う感想を言いたい」、というへそ曲がりでなければ、それはおかしなことではない。反対することを目的として「反対」と言いたいのでなければ、いいじゃないか。大切なのは常に同じ切り口を持とうとすることである。いつも変わらぬ態度でシングル・モルトと接しているなら、シングル・モルトは僕らの気持ちに応えてくれるはずだ。

ブラインド・テイスティングに正解はある。
残念だがブラインド・テイスティングには正解がある。それはゲームだから、当たれば嬉しいし、はずれれば悔しい。当たり易くするためには、まず自分の感想を持つことが大事だ。もしもあなたが、他に人と違う感想を持つ「少数派」で、だけど常にその切り口の変わらない人なら、ブラインド・テイスティングは当たり易くなる。あなたは他の人と違う切り口で同じものを見ているからだ。

ブラインド・テイスティングが愉しいのは先入観をまったく排除できることだ。ボトルの顔を見ないでシングル・モルトを飲めば先入観はなくなる。ブランドの権威を借りることなく素直に好き嫌いを判断することができる。飲んでいるシングル・モルトの銘柄を知っていると、人はどうしても自分の感想にある種のバイアスを掛けてしまう。例えばダルモアを飲んでいれば、「トフィーのようですね」。なんて言いたくなってしまう。例えばあなたが「トフィー」を食べたことがなくても。マイケル・ジャクソンの本にそう書いてあったということを知っていただけのことで。

目を瞑って飲んでごらん。
ブラインドなんだから。
浮かんでくるし、思い出すから。

「分析」とは趣旨が違ってしまった記事だけど、人気ブログランキング