テーブルの向こう側のあなたと、テーブルに載ったシングル・モルトについて語り合う。それが僕のいつもの仕事だ。ただ、僕とあなたは時々、実際に目の前にないシングル・モルトをテーブルの上に載せたつもりで話をしなければならないことがある。

「スコットランドには100を超える蒸留所があり、その蒸留所ごとにそれぞれ個性がある」。
それはよく耳にする言葉で、シングル・モルトを語る上での慣用句のようになっているが、実は僕はこの台詞にちょっとした違和感を覚える。声高に「それは違う」と言いたい訳でもないのだが、このようなものの言い方は、ある種の誤解を与えてしまいかねない。僕はそう危惧を抱いてしまう。

「蒸留所ごとにそれぞれ個性がある」。
もちろん僕も、そのことをあからさまに否定できない。例えば、アードベックとグレンフィディックを飲み比べれば、そこに明確な個性の差が存在することは誰の舌にも明らかだからだ。だから、「蒸留所ごとにそれぞれ個性がある」というひとつの結論は、当然妥当な判断だと言わざるを得ない。しかし、長期熟成でシェリー・カスクのマッカランとグレンファークラスとモートラックには、如何ほどの差があるだろう。ヘビー・ピートのジュラとピートの効いたアイラ・モルトには明確な差があるだろうか。「間違いなく当てろ」と言われたなら、僕は甚だ自信がない。

確かにシングル・モルトはそれぞれに個性的だ。その個性を感じることは愉しみのひとつでもある。そしてその個性の差を感じることは誰にとっても容易だ。だから、シングル・モルトは多くの人にとって愉しむことが可能なのだ。しかし、蒸留所の個性の差は言われているほど明確ではない。蒸留所の個性は蒸留所ごとに標準化されている訳ではないからだ。

例えば、同じペットボトル入り緑茶である「伊藤園のおーいお茶」と「キリンの生茶」。飲み比べればそれぞれに個性的であることは理解できる。味が違うことは分かるはずである。味の違いが明らかになったあなたは、どちらか一方を好きになるかもしれない。あるいはどちらかを嫌いになるかもしれない。どちらかを好きになったのなら(あるいは嫌いになったのなら)、好きな方を(あるいは嫌いではない方を)選んで飲めば良い。そうすれば、あなたはより好きだと思う方を飲み続けることができる。

ペットボトルの緑茶でそれが可能なのは「伊藤園のおーいお茶」も「キリンの生茶」も、それぞれにその味わいが標準化されているからである。規格どおりに生産される工業製品であるから、出来上がった「伊藤園のおーいお茶」も「キリンの生茶」も、それぞれ生産者の目論見どおりの味わいになる。あなたが銘柄を間違えて選ばなければ予定通りの緑茶の味である。銘柄とその味わいは一致するのである。

確かに同一の蒸留所で作られたウィスキーには共通する特徴というものがある。同じ設備を使い概ね同じように作られたのだ。それぞれの蒸留所ごとにその味わいは、ある一定の傾向を持っていると言っても良いだろう。簡単に言えば蒸留所ごとの「らしさ」のようなものだ。しかし、蒸留所はそもそも味の標準化などし難い側面がある。残念だが、ペットボトルのお茶と同じようにいかない。銘柄とその味わいは一致しないことがあるのである。

シングル・モルトは、大麦麦芽を原材料とし単式蒸留器で蒸留したウィスキーである。単式蒸留器は一度にちょっとづつしかスピリッツを作れない。さらにそれらは様々な大きさの樽に詰められ熟成される。大きさだけではない。樽の種類さえ変えるのだ。その上熟成年数さえ違う。

普通に考えて欲しい。このやり方で出来上がりの品質が均一になると思われるだろうか?毎回同じものが作れるだろうか?

だから、「蒸留所ごとにそれぞれ個性がある」というよりは、「蒸留所ごとにある一定の傾向を持っていて、樽ごとにそれぞれ個性がある」という風に僕は思っている。シングル・モルトの個性は樽ごとにあるのだ。同じ蒸留所の同じような熟成年数のウィスキーが、こんなにも違うのかと驚かされることは多い。オーク樽で熟成されたマッカランを飲めば、マッカランという銘柄のシングル・モルトの個性はシェリーに頼ることが多いのだろうと思わざるを得ない。シングル・モルトの個性の最小単位は「樽」であると僕は思う。蒸留所ではない。

さて、あなたの話をさせてもらおう。
あなたはどこかのバーでブルイックラディを飲んだ。あなたはそのシングル・モルトがとても気に入った。そんなあなたがジェイズ・バーに来たのだ。
来週に続く。人気ブログランキング


忍者殿に侘びを入れたい。
こちらの都合で連載の続きを書いているが、来週は「敗者の弁」を記事にせざるを得ないだろう。
多分皆様がこの記事を読む頃には「第10回 ブラインド・テイスティング」の答えが出ているかと思う。午前8時の時点ではまだ出ていないが。
まぁ、侍は嫌なものを見る前に寝たいと思う。
見たい人はこちら。スコッチショップへ
探しておくれ。

順位だって確認して欲しいんだけどね。人気ブログランキング