STD18クライネリッシュ来週開催予定の新企画の資料作りで難儀している。スペイサイドのある特定の地域の5つの蒸留所を選び、皆さんに破格の値段で愉しんでもらいたいと思っている。より一層愉しんでもらいたいと考え資料作りとなっているのだが、これがなかなかはかどらない。

新企画の詳細については来週の発表を待っていただきたい。内容に自信はある。

難儀続きで筆が進まぬ。
「スタンダード18」という考え方。の続編を書こうと思ってPCに向かっていたら居眠りをするありさま。お恥ずかしい限りである。

連載中の直近の記事、「スタンダード18」という考え方(30)。の続きはさて置き、まずはジェイズ・バー「スタンダード18」、そのすべての銘柄について皆様に発表をしておきたい。

カタカナで書くが、アルファベット順である。
アードベック 10Yo
オーヘントッシャン 10Yo
ボウモア 12Yo
ブナハーブン 12Yo
クライネリッシュ 12Yo
クラガンモア 12Yo
ダルモア 12Yo
ダルウィニー 12Yo
グレン・エルギン 12Yo
グレンファークラス 15Yo
グレンフィディック 12Yo
グレンキンチー 10Yo
グレンリベット 12Yo
グレンモレンジ 10Yo
ハイランド・パーク 12Yo
オーバン 14Yo
スプリングバンク 10Yo
タリスカー 10Yo

以上18銘柄をジェイズ・バー「スタンダード18」として、今後展開して行く予定。連載の始めにも申し上げた。
「多くの人にとって入手が容易で、シングル・カスクなど小ロットの商品でなく、比較的その味わいのぶれることの少ない、その蒸留所にとってのスタンダード感のある、価格も手ごろなシングル・モルトをいくつか選んで比較できないものかと。」
そのための18本である。

ジェイズ・バーでの今後の展開にご期待を!
人気ブログランキング