5月12日、ジェイズ・バーは1994年の同じ日にオープンして19周年を迎えます。

こんなに長くやって来れたのも、今までこの店を支えてくれたお客様、酒屋さんを初めとした業者の皆様、スタッフ、そしていくらかの弟子たちのおかげだと、心から感謝しております。本当にありがとうございました。

また、同業の方々の仕事ぶりが励みになったり、個人的な友人たちの励ましが、僕の折れそうな心を支えてくれてたり、振り返れば僕が施したことより、施されたことの方が多かったなと、つくづく思い起こされます。

目を閉じて、手を合わせ、感謝です。

さて、明日に19周年を迎えるジェイズ・バーです。20年目の始まりの日であり、来年の5月12日には二十歳になります。

来年は生年月日が同じ人たちもお酒が飲める歳になっているはずで、そんな人たちとカウンターを挟んで向かい合い、話ができるようになるのだなと感慨深い思いもあります。

まぁ、その分だけ僕も歳を取ったということであり、そのことの方が感慨深いのかな。

何だか最近は、年老いてカウンターに立つ自分をイメージできるようになって、僕はここにいて、人の話を聴いて、その人に最適だと思われるウイスキーを出し続けて行くのだろうと思います。

ただ、それが続けられるのも、飲む人がいてこの店を支えてくれるからこそ。支えていただけるすべての人に感謝をし、その人たちを笑顔にするために、僕はこれからも働き続けようと思います。

そして、僕もウイスキーを愉しみ続け、そのグラスの向こう側に見えたことを書き綴って行こうと思います。

ウイスキーのトリコになってしまった僕らは、グラスの向こうに何かを見ているのだと思う。ウイスキーを愉しむというのは、実はそういうことなのではないだろうか?

グラスの向こうには、長らく封印された過去の記憶が眠り。あるいは世界が見えて、ある時は隣に座る人が見える。ウイスキーの愉しみとは、つくづくそういうものなのだとそう考えている。

これからも、気負わずに心の赴くまま一歩づつ進んで参ります。
よろしくお願いします。

さて、本日より三日間。
土・日・月曜日まで、
お一人様一杯限り、1470円(税込)です。

BENRIACH

ベンリアック 1976 36Yo
OB for The Whisky Fair
Sherry Cask , Cask No.731 , 195bottles , 49.3%


人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ