少し前にエクスクルーシヴ・モルツのジュラを仕入れた。ヴィンテージはこちらと同じ1976。まぁ、悪くないウイスキーだった。好みと言えば十分に好みの範疇。

ただ、久し振りの70年代ジュラってことで、期待が高かったというのはこちらの都合(笑)。多くの場合、ウイスキーに責任がある訳ではなく、飲み手の勝手な都合や事情を訴えるという、僕の愚かな話。

R0019348_1


でもね、「もっと美味しいジュラがあるんじゃないのか!」と心が叫んでいる。次を探せと訴えている。

ま、そうすると出て来るものですな。
これ、ホントなんです。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」


比べれば、こちらの方が上質でしょうな。抜栓当日の昨夜、実は、あまりフルーティなニュアンスを拾えなかったのだが、一晩経ってゆっくりとそのポテンシャルを発揮し始めたようですな。予感はあったけどね。

こういう経験を通して感じるのは、若い頃なら「さらにもっと美味しいジュラが!」と次へ次へと追い掛けてしまったのでしょう。でもまぁ、最近は「とりあえず、これで十分」と思えるようになりました。

お茶目なラベルも素敵です。

R0019352_1


香ばしいクレープの生地とバニラ。バナナ、ホワイト・ペッパー、蜂蜜、折れた小枝。ゆっくりとフルーティに。洋梨とメロン。かすかに林檎。口に含んで、心地良いアルコールのアタック。甘味と塩味のバランス。揚げパン。


R0019335_1

ジュラ 1976 35Yo
ジェントル・ノーズ
Bourbon Cask , Cask No.60006 , 120bottles , 51.3%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0019353_1