モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

まつり

ブラッカダー・ナイト!ウイスキー・リスト決定

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

今週の日曜日に迫った「ブラッカダー・ナイト!2010」である。
ちょっとバタバタしてしまってご報告が遅くなったが、当日ご提供するウイスキー・リストが決定したのでご報告させていただきたい。

商品リストMar2010



ロウ・カスク グレンユーリーロイヤル / 1973 36Yo / 46.2%
ロウ・カスク グレングラント / 1977 32Yo / 53.8%
ロウ・カスク カリラ / 1983 25Yo / 56.1%
ロウ・カスク スモーキン・アイラ 1993 15Yo / 57%
ロウ・カスク クラガンモア 1993 14Yo / 61%
ロウ・カスク グレンダラン 1994 11Yo / 58.7%(シェリー)
ロウ・カスク ラフロイグ 1998 10Yo / 57.4%
ロウ・カスク クレイゲラキ 1996 10Yo / 58.6%
ロウ・カスク ピート・リーク / 60.6%
ブラッカダー アムルット・ピーテッド / 62%
ブラッカダー アムルット ラム・フィニッシュ / 62.2%
クライスデール グレンアルビン 1974 33Yo / 58.9%
クライスデール アベラワー 1990 18Yo 60.3%

すべてのウイスキーがハーフ・ショット¥500(税込)。
キャッシュ・オン・スタイルでのご提供です。

ちょっと賑やかで、愉しい夜になるはずです。
是非ともご参加下さい。
まだ少し、チケットございます。
お気軽にお問い合わせを。
お早めに!

よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

本日の営業のお知らせ

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
夕方にはやむのかな、雨。「人気ブログランキング」

本日、ノー・チャージで営業いたします。

お気軽にご来店下さい。
普段通り、「3杯セット」、「魅惑の4杯セット」ご利用いただけます。

また、本日は下記のシングル・モルトをハーフ・ショット¥525(税込)にてご提供です。

第十一回 まつりリスト



IMG_0764_1なお、午後8時まではこちらの写真のボウモア、ハーフ・ショット1杯¥525(税込)にてご提供です。
お愉しみ下さい。




3月7日(日)、午後5時30分より開催する「ブラッカダー・ナイト!」の商品リストが決定しました。後日改めて発表します。前売チケット好評発売中です。是非とも、ご参加下さい。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!



「第十一回 売切御免 残りものまつり」、明日開催。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
皆様のご支援を!「人気ブログランキング」

期日 : 2月21日(日) 午後6時から

期日 : 2月28日(日) 午後6時から

両日とも「チャージ料金無料」にての営業です。
リスト以外のウイスキーをご注文の際は通常通り、「3杯セット」、「魅惑の4杯セット」のご利用が可能です。是非ともご利用下さい。


第十一回 まつりリスト



さらに、時間限定の特別商品のご案内です。
売切れ次第終了となりますが、写真(下)のシングル・モルト午後8時まで¥525(税込)です。

IMG_0764_1


よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

「第10回 たった1本のまつり ボウモア」、お知らせ。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

実は昨日、非常に忙しいジェイズ・バーであった。お客様に来ていただくことは、誠にありがたいことで、心から感謝をいたします。本当にありがとうございます。

ただ、昨日の忙しさは祭りのお客様によるものではなく、「いつもの」あるいは、「初めての」お客様にお集まりいただいた結果でもあった。それは本当に嬉しいことなのだが、祭りに参加しようとチケットを買っていただいた方のご来店が少なかった。そして、昨日来れなかった方から連絡をいただいて、キャンセルをしたいとの意向を伝えられた。

いつものことだが、前売チケットをご購入いただきキャンセルをご希望の方は、ご返金で対応をさせていただくつもりです。ただ、昨日は悪天候とバレンタインという事情があったようで、そんな事情でキャンセルというのも侍としては切ない。元来、「13日(土)にしか行けない」という方は、本日14日(日)には来れないだろう。

何らかの事情で「キャンセルするしかない」とお考えの方、しばらくお待ち下さい。
侍は、何か対応策を考えようかと思う。
何しろ、フル・ショット×人数=1本分というのが今回の祭りなので、キャンセルが出れば余りはある訳だ。前売チケットを買っていただいた方に優先的に飲んでいただきたい。

しかし、確実にキャンセルという方が2名分ほどあります。
つまり、本日は2名様まで、

当日参加、OK!である。

気になっていた方、是非ともご来店を。
お電話でのご予約はできませんが、お問い合わせは可能です。
また、侍の個人的な携帯のメール・アドレスをご存知の方。
ご連絡下さい。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!


IMG_0625_1

「第十一回 売切御免 残りものまつり」、開催予定!

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
皆様、本日祭り最終日です。「人気ブログランキング」

さて、本日は「第10回 たった1本のまつり ボウモア」の最終日であるのあだが、次の祭りについてご案内をさせていただきたい。

2月21日、来週の日曜は「ウイスキーマガジン・ライブ!」である。ライブの日程に合わせて、ジェイズ・バーでも祭りを開こうと思う。「第十一回 売切御免 残りものまつり」である。「在庫処分?」(笑)、そう思っていただいて構わない。気になるものがあれば、それをお目当てにご来店いただければと思う。全品ハーフ・ショット¥525(一部¥315)、しかも当日はノー・チャージ。通常いただいている¥525のチャージ料金が無料である。


第十一回 まつりリスト



とても分かり易い。上記のリストから、例えば8杯のシングル・モルトを飲んでいただくと、¥525×8杯で、¥4,200ということである。まずはリストをじっくりとご覧下さい。気になるシングル・モルト、もう一度飲みたいシングル・モルト、飲み忘れたシングル・モルトがあるならかなりのお買い得。注意事項はひとつ。「お代り不可」である。それぞれ一杯づつでお願いします。

もちろん、当日は通常通りの営業です。しかも、上記リストのシングル・モルトをお飲みにならないお客様も「ノー・チャージ」は適応されます。例えば、「3杯セット」だけ飲んで帰るというお客様は、¥2,100(税込、¥2,200)でOK!今回の祭りのキモはここである。

すべてのお客様、ノー・チャージである。

バーでウイスキーを飲むことが気軽でも手軽でもないというのなら、是非ともこんな機会に馴染んでみて欲しいと思う。分かり易さが魅力の2日間である。

リストの中には通常「3杯セット」でご提供している商品も多数あります。それらのシングル・モルトも祭りの二日間はすべて¥525です。


祭りの期日は2月21日(日)と2月28日(日)の二日間。
ともに午後6時からのスタート。
もちろん、前売チケットは不要です。
祭り当日にふらりとお立ち寄り下さい。
特に2月21日(日)は「ウイスキーマガジン・ライブ!」の帰りにいかがでしょう?
ただし、大変恐縮ですが、侍はお休みをいただきます。
恐らく、仕事のできる状況ではないかと思われます(笑)。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

最後にひとつ。
昨日は雪のためか、今ひとつ参加者の少なかった祭りである。
本日天気が良さそうなことだけはお伝えしておきたい。
よろしくお願いします。

本日は午後6時から営業です。


本日開催、「第十回 たった1本のまつり ボウモア」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
ひらひらと小雪の舞い降りた池袋の朝。「人気ブログランキング」

さて、本日初日の「第十回 たった1本のまつり ボウモア」である。
ご参加予定の皆様、お待たせいたしました。

IMG_0681_1たった1本の祭りです。一杯を十分にご堪能いただき、飲んだら帰る。もちろん、それでも構いませんが、それだけでは酒量としても物足りなかろうかと思います。詳しくは語りません。本日の祭りのリストをご覧下さい。ちょっと昔のボウモアと昨年瓶詰の93ヴィンテージのボウモア。合計3本を参考出品としてご用意いたしました。

もちろん、どのようにお愉しみになるかは飲み手の皆様次第。
じっくりと時間を掛けて飲んでいただければと思います。
参考出品の3本を含め、満足と納得の落ちるボウモアです。


第十回 まつりリスト



誠に恐縮ですが、「第十回 たった1本のまつり ボウモア」の前売チケットは大好評に付き完売しました。当日券の販売はできませんので、何卒予めご了承下さい。ただし、参考出品の3本はチケットをお持ちでないお客様も「3杯セット」で通常のご利用が可能です。特にこのうちの1本は皆様気になるボウモアではないでしょうか?是非とも、お試し下さい。

さて、最後にひとつだけ注意事項を。
参考出品の3本は都合により、本日と明日2日間のみのご提供となります。
参考出品の3本は、また次の祭りでご用意させていただく予定です。明日の祭り終了後、一旦販売を中止いたします。後日また改めてご案内をさせていただきます。

ジェイズ・バーにお集まり下さい!

よろしくお願いします。
人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

IMG_0585_1



「第10回 たった1本のまつり ボウモア」、商品決定。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
空気の柔らかい冬の朝に、「人気ブログランキング」

IMG_0588_1先日よりお伝えしている通り、今回の祭りのメイン・アイテムが「ボウモア 1972 36Yo / シグナトリー・ヴィンテージ ワールド・ハウス オリジナル・ボトリング」であることに間違いはない。上質なボウモアをじっくりとフル・ショットで1杯愉しんでいただきたい。飲み手の皆様には、時間を掛けてこのボウモアに向き合っていただけたらと思っている。あなたはきっと、このボウモアの注がれたグラスから、様々な発見をすることだろう。

このボウモアが、フル・ショット、¥4,200(税込)である。

それが、ジェイズ・バーの祭りです。

もちろん、それだけで十分という方は、その1杯をゆっくり堪能した後にお帰りなっていただいて構わない。しかし、おまけに、あるいは、他のボウモアと比較して愉しみたいと思われる方のために、何か参考出品できないかと思い、いくつかのボウモアをご用意させていただいた。


第十回 まつりリスト



それぞれの詳細は省かせていただこう。ご参加の皆様は、祭り当日のご来店時に「飲みたい」と思ったらご注文をいただきたい。参考出品は上記リストの3杯。もちろん、この3杯は「3杯セット」の料金でお飲みいただける。気になるボウモアだと思う。飲んでいただけるなら、しっくりと納得の落ちるボウモアだ。

さて、大変好評で皆様からの反響も大きかった今回の祭りだが、残念なことに前売チケットは残り1枚となってしまいました。参加ご希望の方はお早目にジェイズ・バーへ。遠方にお住まいで、当日までジェイズ・バーに行けないという方は「ツイッター」のメッセージでご連絡を。ご予約で手配させていただきます。

すみません、本日はこの辺で。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

「第10回 たった1本のまつり ボウモア」、チケット好評販売中!

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
寒くて爪先の痺れている侍です。「人気ブログランキング」

IMG_0588_1凄いボウモアを仕入れた。スイスのホテル「WALDHAUS AM SEE」向けのオリジナル・ボトリング。瓶詰はシグナトリー・ヴィンテージ社である。1972ヴィンテージの36年熟成。シェリー樽熟成である。昨年暮れに、今年入荷のウイスキーのオファーがいくつか来たが、その中でも心を惹かれ発注をしたシングル・モルトのひとつであった。

IMG_0681_1この小売価格とこのホテルの看板を背負ったオリジナル・ボトルでのリリースは、その名に恥じないほどの高品質であることが十分に予想される。侍はそう目論んだ。その目論見を外すなら、恥をかくのは侍ということになる。いつものことだが、いや、いつもより以上に開封するまではドキドキしている。モルト売りのバーテンダーを自負する以上、自分の好き嫌いだけで仕入を決められない。飲み手の皆様にどのように満足をし納得をしていただけるか、そのことは、いつだって気懸かりである。

ただ、顔を見れば分かる。
ウイスキーを嗜む飲み手の皆様の顔を見れば分かる。
皆様の顔に満足と納得を感じれば、それこそが、侍の充実である。
飲み手の笑顔に囲まれる時間は、モルト売りのバーテンダーである侍にとって至福の時である。

ラベルには「WALDHAUS AM SEE ST.MORITZ」とある。つまり、これがホテルの名前。

ホテルのウェブサイトを覗くとラベルの通り湖畔の小高い丘の上に建つホテルがある。建物の形は同じだが、ただ、ラベルのように赤い屋根ではないようだ。確かに、背景には豊かな森があり、客室から眺める湖もさぞかし美しいのだろうと思われる。

「行ってみたい」と思うだろうか?ちょっとそそられる景色だが、いやいや、それよりももっとお手軽で愉しいことがある。「飲んでみたい」と思ったあなた。ジェイズ・バーに来れば良い。その愉しみは、¥500+¥4,200で手に入る。

ご案内させていただきたい。
「第10回 たった1本のまつり ボウモア」

開催日 : 2月13日(土)・2月14日(日)の二日間。
募集人員 : 20名
前売チケット : ¥500
アイテム数 : 1種1本(他、参考出品あり)
当日料金 : フル・ショット¥4,200(税込)

IMG_0623_1ジェイズ・バーは通常¥525のチャージをいただいているが、前売チケットをお持ちの方はチャージが掛かりません。つまり、簡単に言えば前売チケットはチャージ料金と相殺ということである。で、当日は写真のこのボウモアがフル・ショットで¥4,200(税込)ということである。お断りしておくが、ハーフ・ショットではない。じっくりフル・ショットで1杯飲んでいただきたい。

侍は、「第10回 たった1本のまつり ボウモア」に皆様をご案内したい。参加資格も前提となる条件も必要ない。「飲んでみたい」と思ったあなたが、ジェイズ・バーに来て前売チケットをお買い上げいただければ良い。

もしもあなたが遠くにお住まいで、「行きたいけど、チケットを買うためだけに池袋まで行けない」と言うのなら、侍に「ツイッター」で連絡を。もちろん、祭りの当日にはジェイズ・バーに来ていただくことになるが、「前売チケットをご予約」ということで手配させていただきたい。

さて、今回の祭りはお問合せも多く反響も大きい。チケットも今のところ売れ行きが上々だ。金曜の営業終了後、現在のところ残りが8枚となった。基本的には早い者勝ちとなります。ジェイズ・バーにご来店の上、前売チケットをお買い求め下さい。遠方の方はまずご連絡下さい。バレンタインを池袋で過ごそうというカップルの方、大歓迎です!(もちろん、お一人様も大歓迎)。

皆様、ご決断を!
美味しいウイスキーとウイスキーを愉しむ人たちに囲まれて、愉しい夜になるでしょう。

お待ちしております。

本日ジェイズ・バーは午後七時開店。
サッカー日本代表、東アジア選手権 「日本 VS 中国」戦も!
初戦です。

こちらも、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

IMG_0625_1




「たった1本のまつり」、本日よりチケット販売開始。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
昨日は雪が降りました。「人気ブログランキング」

IMG_0613_1昨年暮れはインポーター各社から、大型商品リリースのお知らせが怒涛のごとく続いた。それぞれに魅力的なオファーで、侍もいくつかの商品を手に入れ、いくつかの商品を見送った。仕入れた商品のほとんどは長打となり、お客様に満足をしていただいた。少なくともそのすべては手堅いヒットとなった。慌しい年末であったと思う。

「何だか、色々買っちゃったよ」と言うお客様も結構いて、「自分で買った分はなかなか開けられないから、ジェイズ・バーに来て飲む」と言う方もいる。あるいは、「自分で買うための参考にしたいから、ジェイズ・バーに来て飲む」と言う方もいる。それぞれにありがたい。何しろ、隣に同じウイスキーを飲む人がいるということは愉しい。

商品のオファーが来て、それを仕入れるか?仕入れないか?
実はそのことは、打席に入ってバットを構え、ピッチャーが放ったボールをスウィングするか?しないか?に似ている。

IMG_0681_1対戦したことのある相手なら、今までどんなボールを投げて来たのかを知っている。初めての相手なら、以前に情報を手に入れて打席に立つ。ボールの球筋を見つめバットを振る。あるいは、見送る。仕入というのはそういうことだ。ボール球は見送らなくてはならないし、バットを振るならヒットにしなければならない。最悪なのは見送った結果、審判の右手が上がり「ストライク!」と判定されることだ。

もちろん、こちらの事情もある。「ストライク!」と判定されることを予測しながら、バットを振らないこともある。ただ、初球のストライクを見逃してもアウトになる訳ではない。昨年暮れも、いくつかのボールを見送ったが、いくつかのボールをヒットにした。ストライクは3つ見逃さなければアウトにならない。

IMG_0625_1昨年の暮れにオファーが来て、商品の入荷が年明けというウイスキーがいくつかあった。先日終了した祭りのTWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)のシングル・モルトなどがそうだ。侍は打席に立ってスウィングすることを選択したが、全部で9種のシングル・モルト。これは見事にヒット。こんな時は実に気分がよろしい。


IMG_0588_1IMG_0623_1さて、本日はジェイズ・バーで開催予定の「第10回 たった1本のまつり ボウモア」のご案内。昨年暮れに発注し、先日届いたばかりの「ボウモア 1972 36Yo / シグナトリー・ヴィンテージ スイス・ワールド・ホテル オリジナル」である。

気になりませんか(笑)?
シェリー樽熟成の36年。1972年の蒸留である。通称「ブラック・ボウモア」とのことだ。向こうでは彼らはブラック・ボウモアと呼んでいるとのこと。ならば「自称」ではないのか!と突っ込みを入れたくなるが、まぁ良いか。

「60年代ではないのか?」と仰るだろうか?
恐縮だが、今の侍の力ではこちらの「ブラック・ボウモア」を仕入れることはできない。
仕入値が10倍なら、ジェイズ・バーでの売値も10倍になってしまう。

侍はワクワクしている。
侍は目論見を持って打席に立った。
「ヒットが打てる」と確信して、このボウモアをオーダーした。

さて、ボールは目の前まで来ている。

皆様、侍と一緒にバッター・ボックスに立ちませんか?
そして、思い切りバットを振りませんか?
あなたのバットの芯を捉えた打球は、高らかに放物線を描き、外野手の頭上をはるか高く飛んでいくでしょう。

皆様には祭りのお知らせです。
「第10回 たった1本のまつり ボウモア」
開催日 : 2月13日(土)・2月14日(日)の二日間。
募集人員 : 20名
前売チケット : ¥500
アイテム数 : 1種1本(他、参考出品あり)
当日料金 : フル・ショット¥4,200(税込)

繰り返すが、
このボウモアが、フル・ショット、¥4,200(税込)である。

たった1本のまつり、フル・ショットで1杯をじっくりと愉しんでいただきたい。
本日より前売チケットを販売します。
皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_0724_1本日は皆様に来て頂きやすいように、もうひとつご案内。
「イチローズ・モルト・15年」、入荷しました。
詳細は後日改めて記事にさせていただく。何しろ、これまで何度もイチローさんに「早く出せ!」とせっついて来た「イチローズ・モルト・15年」である。

こちらは、祝!「イチローズ・モルト・15年」ということで、本日より4日間(木・金・土・日)

フル・ショット、¥840(税込)である。

「イチローズ・モルト・15年」を飲みながら、祭りの話でもいたしましょう。
是非とも、皆様に御参加いただきたい「第10回 たった1本のまつり ボウモア」である。

お待ちしております!

こちらも、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!


IMG_0585_1






「たった1本のまつり」、開催予定。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
寒さが続きそうです。「人気ブログランキング」

昨年暮からジェイズ・バーでは続けて祭りを開いている。気付けば次回で第10回目を迎えることになる。およそ2ヶ月で10回。自身も驚くほどのペースだと思う。だけど、これだけ頻繁に祭りを開けるのも、来て頂けるお客様のおかげだ。本当にありがたいことと思う。企画・手配・準備・実施・後処理。それなりの苦労もあるのだが、やるたびにお客様の気持ちの中に落ちて行く満足を侍自身が実感することができる。

それらの経験のすべては、モルト売りのバーテンダーとしてのこの侍にとって大切な経験となり、今後の人生の大きな糧になるだろう。やはり、僕らの仕事はどんな歳になってもお客様に教えられるものなのだなと思う。心から感謝に堪えない。

つくづく思う。
侍の興味・関心の対象は、ウイスキーより以上に飲み手なのだなと。

自分の好きなウイスキーには、当然のことながら、興味も関心も低い訳のない侍だが、飲んだウイスキーのすべてに、「あの人はどう思うだろうか?」と、いつもそんなことばかり思う侍である。「これが駄目なら、あれはどうだろう?」。「あの人が苦手なこれも、別のあの人なら喜ぶだろう」。いつもそんなことばかり考えている。

できるだけたくさんの人に、ウイスキーを好きになって欲しいと思っている。できるだけたくさんの人が、ウイスキーを愉しめるようになって欲しいと思っている。酩酊することだけを目的としない、愉しむことを目的としたウイスキー。侍の願いはそこにある。酔っ払うことだけが満足ではない。酩酊と混乱が同じ意味であるなら、飲酒は僕らを不幸にする可能性がある。酩酊する前に満足があるなら、僕らは安全に家に帰れる。

確かに、ウイスキーを愉しむにはちょっとしたコツがあるかもしれない。まずは乱暴にならないこと。丁寧が一番。萎縮する必要はないが、素直とか謙虚な態度は非常に具体的かもしれない。知識の重要性をまったく否定するつもりはないが、「感じる身体」以上に大切なものはない。蒸留所の住所と電話番号を覚えて来てもウイスキーを飲むことは愉しくならない。

あなたはウイスキーから様々な発見をするだろう。既知のできごとは有限だが、僕らがこれから出会うウイスキーは未知なる無限の広がりを持っている。あなたが自分の持つ「感じる身体」に気付いた時、あなたは自分の決断で冒険の旅に出ることが可能になる。あなたはウイスキーから様々な宝物を発見するだろう。

あなたがウイスキーを飲まないのなら、あなたのウイスキーはまったく愉しくならない。
ウイスキーはウイスキーを飲むことでしか上達しない。

上達とは、あなたがウイスキーをより愉しめるようになることである。もしもあなたが、「ウイスキーが分からない」と言うのなら、美味しいウイスキーを飲んでみれば良い。

だから、侍はまた、祭りを開こうと思う。
新着ウイスキーを安く、愉しく。
ジェイズ・バーの祭りです。
たった1本の祭りを開こうと思う。

侍は美味しいボウモアを用意した。
スイスのホテル向けにシグナトリー・ヴィンテージ社によって瓶詰されたボウモア。
「通称:ブラック・ボウモア」なのだそうだ。
昨日入荷した。
シェリー樽熟成。確かに、かなり濃い色合いだ。赤みを帯びて黒い。

信濃屋さんは売切れの様子。
ハセガワさんは在庫をお持ちのようだ。

写真を含め、詳細は明日。

こちらも、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!







本日、祭り最終日。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「TWA 残りものまつり」は本日が最終日です。
「グレンリベット」、「グレンファークラス」は売り切れました。
「カリラ」、「インチガワー」はそろそろなくなります。
「ロングモーン」はまだ残っていますが、現在の残りものの中で一番人気。
お急ぎ下さい。

昨夜は雪につき暇な一日となりました。
しかし、暇に任せて書いた原稿を店に忘れるという体たらく。
情けなくもあり、お恥ずかしくもあり。
ひと月遅れで新年が明けたつもりの侍でしたが、早々に残念。

今月も皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

IMG_0559_1さて、ニュー・リリースをひとつ。
「トマーチン 1991 18Yo / ダンカン・テイラー ピアレス・コレクション」
ハチミツ・ちょっとバニラ・ジンジャー。バターで焼いたクッキー。麦芽風味のトマーチン。
軽快で気さくなウイスキー。
1杯、¥1,680です。

雪も止んで青空。

こちらも、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

IMG_0571_1

「TWA 残りものまつり」 開催中!

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
月曜が始まります。「人気ブログランキング」

仕入れたウイスキーを喜んで飲んでくれるお客様がいて、そのことを嬉しく思う僕と、売り切ってしまって切なく感じる僕がいる。充実感と、だから、もう飲めないという喪失感。仕事としてのウイスキーと愉しみとしてのウイスキー。感傷的になり過ぎるのは愚かだが、空っぽのボトルを持ち上げて底を眺め、ちょっぴり切ない気持ちになることがある。

仕入れたウイスキーが売れた分だけお客様を喜ばすことができたのなら、モルト売りのバーテンダーとして嬉しいことはない。同じウイスキーを飲んで、ともに「美味しい」と言い合えること。そこには共感がある。誰かと愉しみを共有することができる快楽。人は生きるために誰かと共感をする必要がある生物なのだと思う。

必ずしもウイスキーである必要はないのかもしれない。
だけど、僕はウイスキーが好きだ。

1本のウイスキーの周りに集まった僕らは、みんな勝手なことを言うけれど、それで良いのだと思う。人がそれぞれに感じたことなのだ。何かの力によってそれらが統一されるのも納得が行かない。僕らがウイスキーの中から発見する味わいやその香りは、実は僕らの今までの体験や思い出と密接にリンクしている。

そう、僕らは時々思い出す。
ウイスキーを飲みながら、昔の自分を思い出す。
それらのすべてが、皆一緒という訳がないだろう。
「このウイスキーはこう感じなければおかしい」。
そんな決まりごとがあるなら、それは悲しいことだと思う。

ウイスキーは僕らに、何かを感じさせる力を持っている。優秀なウイスキーほどその力を持っている。それこそがウイスキーの魅力だ。「感じること」を起点として、僕らは時々思い出の中を彷徨う。思い出の中を一巡りしてイメージに辿り着く。「感じること」と「思い出すこと」。ウイスキーは僕らに時々気付きを与えてくれる。

ウイスキーを飲む僕らは、同じ時間と空間を共有する人間に語り始める。感じたこと、思い出したこと、辿り着いたイメージについて語り合う。そこに穏やかな共感があれば、それは心安らぐ時間となる。だから、ウイスキーは大切な人と飲むと愉しい。自分を大切にしてくれる人と飲むと、より愉しい。

「感じさせる力」のあるウイスキーというものがある。
これらのウイスキーを、あなたはどんな風に感じるだろう?

僕がひとつだけ謝らなければならないとするなら、バルヴェニーに「ごめんなさい」と言いたい。とっても素敵なバルヴェニーなのです。ただ、僕の期待と違うカタチで素敵だっただけです(笑)。しかも、隣にインチガワーがいただけです。


第九回 まつりリスト



「TWA 残りものまつり」 絶賛開催中!
本日と明日まで。
前売チケットの必要はありません。
気になった方はふらりとジェイズ・バーにお越し下さい。
あなたが飲みたいと思った時から、「TWA 残りものまつり」はいきなり始まります。

お待ちしております。


こちらも、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

IMG_0509_1

明日から開催、「TWA 残りものまつり」。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

まずはお知らせを。
本日のジェイズ・バーは午後11時30分まで「貸切営業」となります。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承下さい。
11時30分以降は通常通りの営業となります。

IMG_0509_1さて、明日より「TWA 残りものまつり」を開催します。
TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)の「フラワーズ」と「ザ・パーフェクト・ドラム」の全9アイテムを一挙にリリース。前の2回の祭りはそれぞれのブランドごとの祭りとなりました。結果として、ブランドを越えての比較をすることができませんでしたが、今回はOK。9アイテムの中からお好きなものをお選びいただけます。


本日、ご用意させていただくリストは以下の通り。

第九回 まつりリスト



恐縮ですが、価格を改定いたしました。前の2回の祭りは「特別価格」とご了承下さい。もちろん、それでも安い「TWA 残りものまつり」です。今回は前売チケットの必要のない「いきなり」の祭りです。興味のある方はふらりとお立ち寄り下さい。飲みたいものを飲んで帰る。そんな気軽な祭りです。ただし、「売切れ御免」、早い者勝ちです。

「TWA フラワーズまつり」と「TWA パーフェクト・ドラムまつり」にご参加いただいた皆様に朗報です。その両方の祭りにご参加いただいた方は、「当日のチャージ料金が無料」。で、さらに、リストの中から「お好きなものを1杯サービス!」。最大で合計、¥1,995もお買い得です。

どちらかひとつでも祭りに参加していただいたお客様は、「当日のチャージ料金が無料」。¥525のお買い得です。

今年大注目のボトラーズ、TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)!
あなたに感じさせる力のあるウイスキーを用意しました。
是非とも、お越し下さい!

「TWA 残りものまつり」の開催は、明日の1月31日(日)、午後6時から。
日曜と月曜、そして、火曜までの開催を予定しておりますが、該当商品が全品売切れ次第終了となります。まさに早い者勝ちです。皆様に気にしていただけると嬉しい侍です。

さて、最後に繰り返しますが、本日は11時30分まで「貸切営業」です。
よろしくお願いします。


こちらの方も、よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

IMG_0505_1

「第八回 TWAパーフェクト・ドラムまつり」、初日。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

どれも皆、力のあるシングル・モルトであると実感している。素晴らしい仕上がりである。
グレンファークラス、グレンリベット、ロングモーンとスペイサイド・モルトが3本。そして、アイラ・モルトであるカリラが1本。どうしても長期熟成のスペイサイド・モルト3本に注目が集まってしまうようだ。上質なカリラであるが、ご参加の皆様には「後回し」にされた印象が残った。

IMG_0396_14本のうちの1本のカリラであるので、祭りの前は「ブレ幅を作るのにはちょうど良いアイラ・モルトになるかな」などと思っていたが、多くの方が長期熟成のスペイサイド・モルト3本に集中したいと思っていたのかもしれない。正直なところ、一番人気がなかったのがカリラとなってしまった様子だ。もちろん、まったくもって素晴らしいカリラだと言っておきたい。長期熟成のスペイサイド・モルト3本に比べて、どちらの方が愉しみであったということだろう。


IMG_0399_1グレンファークラス、グレンリベット、ロングモーンの3本のうち、意外なほどロングモーンの評価が低かったようだ。確かに、ジェイズ・バーのお客様は、昨年の暮れから長熟ロングモーンを飲み過ぎているかもしれない(笑)。「飽きた」ということもなかろうが、目新しさには欠けたということだろうか。カリラにしても、このロングモーンにしても、「こんなに美味いウイスキーの一体どこに問題があるのか?」と問われたら、もちろん何も問題はない。たった一杯だけ飲むなら、侍も「素晴らしい」と褒め称えるであろう。問題なのは(いや、それは問題ではなく素晴らしいことなのであるが)、「隣にもっと美人がいた」ということである。

IMG_0425_1改めて申し上げておこう。
今回のグレンリベットとグレンファークラスは、ともに非常に美人だ。
「驚くほどに」と付け加えさせてもらいたい。

グレンファークラスは華やかさとその余韻の長さに特徴がある。透明感のある美しい余韻が、非常に長く続くのだ。このようなウイスキーにはある種の切なさがあって、気付けば侍はいつも目を閉じて飲んでしまう。色白で肌の滑らかな美人だと思う。

IMG_0392_1グレンリベットは「ウイスキーらしさ」という点に置いて、旺盛な説得力を持っている。グレンリベットであることをさて置いてウイスキーとして美味い。37年という熟成年数にして、生命力に溢れている。しかし、まったく乱暴ではない。勇気と野蛮を履き違えることなく、上品で高貴だ。侍はウイスキー全般に「凛々しさ」を求める傾向がある。「凛々しさ」を持ったウイスキーに憧れがあるのだと自身を分析している。そして、このようなグレンリベットには素直に憧れてしまう。

ただ、今までの傾向からすれば、「凛々しさ」を持つウイスキーは「高貴」であり「クール」。つまり、どちらかと言えば「冷たい印象」を持たせるものが多かったが、このグレンリベットはどこかが暖かく優しい気持ちにさせてくれるウイスキーだ。本当に凛々しい人というのは、優しい人なのかもしれない。

侍の「イチオシ」を申し上げておこう。
ハッキリしないのが申し訳ないが、グレンファークラスかグレンリベットである。

グレンファークラスの持つ「淡さ」を抱きしめてしまいたくなるし、
グレンリベットの持つ「バイタリティ」に素直に憧れる。

1本買おうというなら、そのどちらかが良いと思う。


さて、祭りは本日と明日まで。
昨日感じた印象を記事にさせていただいた。
多くの方が、TWAのパーフェクト・ドラムに興味を持っていただけたらと思う。
ご参考にしていただき、是非とも祭りに参加していただきたい。

フル・ショット、¥2,100(税込)。

ハーフ・ショット、¥1,050(税込)。

驚くほど安い。間違いなく破格値である。
まだまだ当日のご参加に余裕があります。
心から来ていただきたいと思う。
あなたを感じさせるウイスキーがあります。

「人気ブログランキング」


100123第八回まつりリスト



「第八回 TWAパーフェクト・ドラムまつり」、本日開催。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

さて、まずはお詫びから。
昨日は飲み過ぎた。愉しくて飲み過ぎた。夕方5時からやきとん。伊勢丹の地下でシングル・モルトの試飲。BBRのカリラとグレンドロナックの33年。ゴールデン街で2軒。イチローズ・モルトとデュワーズの水割りと梅酒を飲む。日本酒をお土産でいただく。タクシーで池袋。遅くなったが「新年のご挨拶」的に1軒。何を飲んだか覚えてはいない。焼肉屋と待ち合わせて、串揚げ屋。ジョッキでハイボールらしきものを飲んだ気がする。気付いたらタクシーで帰宅。

良く飲んで、良く語り、良く笑う。ひと言で言えばバカバカしい。
ただやはり、人は時々バカバカしいことをした方が良いと、そう思う。

そんな訳で、本日は朝方記事を書くことができなかった。
すみませんでした。

本日は「第八回 TWAパーフェクト・ドラムまつり」初日である。
リストは以下の通り。

100123第八回まつりリスト



すべてフル・ショットで¥2,100(税込)。

ハーフ・ショットなら¥1,050(税込)。

4杯ともフル・ショットで飲んでも後悔はしない。
ハーフで4杯飲んだ後、気に入ったものを「お代り」でも構わない。
あなたが恋するシングル・モルトに出会うはずだ。

恐縮ですが、今週末まで「TWAフラワーズ」は飲めません。
日曜から「TWA残りものまつり」を開きます。
詳細はまたご報告いたします。

侍は気合いを入れて準備をいたします。
「人気ブログランキング」


「第七回 TWAフラワーズまつり」、終了。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
IMG_0283_1昨日まで土日に開催した祭りが終了した。侍は今、大きな手応えを感じている。
結果として、期待と目論見を大きく外すことがなかった。そういう意味では、準備を整えウイスキーを用意した者としてホッと安堵というところである。改めて、TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)の「ハズレの少なさ」に納得をした。

今夜は飲みたい侍です。「人気ブログランキング」

元来が嗜好品であるウイスキーだ。どんな方にも好き嫌いはある。誰もが自分の好き嫌いを最重要なこととして飲んだら良いと思う。ただ、好きではないが納得の落ちるウイスキーというものがある。

IMG_0324_1「誰もが認める美人に、すべての人が恋をする訳ではない」ということだ。あなたはあなたが恋をした人を大切にすれば良い。だけど、「あぁ、あの人は美人だな」と認めることができる美人がいる。納得の落ちるウイスキーとはそういうものだと思う。僕らはたくさんのウイスキーを相手に恋をすることができるし、また、恋をすることはなくとも納得の落ちるウイスキーにも出会うこともある。

普段の営業はもちろん、祭りともなるとなおさら、侍は飲み手の皆様の心の動きを大きく感じることができる。

祭りにご参加の皆様には、まず、このようなリストが手渡される。つまり、今夜のあなたの「恋の相手候補」ということだ。さてさて、あなたは「どの人と恋に落ちるのだろうか?」と、リストを眺める。


100123第七回まつりリスト



まずは誰でも構わないが、誰かに決めて、あなたはその相手としばらくの間、語り合う訳だ。どんなウイスキーもあなたに何かを感じさせてくれる。感じた後、あなたがその相手を好きになるか嫌いになるか、それは相手ごとに様々。美人だと認めても好きになれない相手というのもいる。例えば、今回の祭りは5本のウイスキーを用意したが、ほとんどの方はそれらを一通り愉しむ。

中には「とりあえず、全部下さい」と言う方もいる。一通り愉しんだ後、好きになった相手をもう一度指名する。つまり、いづれにしても、すべてのウイスキーから違いを感じた後、その差分を自分なりに理解し、本格的に恋をしたいと思った相手をもう一度指名する。今回の祭りは結果としてそのような形になった。

今回の祭りで「お代わり」の指名が一番多かったウイスキー。つまり、多くの人が「もう一度逢いたい」と思ったウイスキーはインチガワーであった。この結果には侍も大いに納得である。侍も今回の祭りの中でインチガワーに恋をした。もちろん、他の4本にも大きな納得が落ちて来たが、恋をした相手はインチガワーだ。

IMG_0226_1濃厚で複雑で重層的。ひと言で言ってしまえばそんなウイスキーだ。ちょっとした塩味とホットな辛味。熟したフルーツ感があり、ハーブのようでスパイシー。漢方薬のようなニュアンスもあり、パワフルで生命力に溢れ元気が出て来る。ぼんやりとイメージしていたら、いくつか元気が出て来そうな料理を思い出した。

まずは、「酢豚の中のパイナップル」あるいは、「タイ風白身魚のから揚げ甘酢がけに使われているナンプラー」。そんなことを思い出した。

ハッキリ言っておこう。今まで侍は「イチオシ」という言葉を使ったことがほとんどなかったかと思うが、

インチガワーがイチオシ!である。

IMG_0283_1IMG_0226_1様々なフルーツとハーブ類が濃厚で複雑で重層的に融合している。たくさんの食材をひとつの中華鍋で作る中華料理のようなイメージが沸いてしまったのだと思う。「酢豚の中のパイナップル」のように、ちょっとした違和感を持たせながら、もちろん、皿の上に盛れば、美味しい料理としてまとまっている。濃い目な味付け。ちょっとうるさ過ぎると思いながら、もう一口食べたくなってしまう。隠し味にハーブ類や各種スパイス、「もしかしたら、漢方薬も入っているのか?」と思わせるような側面もあり、二口目には「元気が出そうな気がする」とさえ思う。そんなインチガワーだ。つまり、ワクワクさせられてしまったのだ。ワクワクは恋の予感だ。

IMG_0246_1もうひとつ残念なことを告白しておこう。
今回の祭りの中で、実は侍は「ハウス・モルト(バルヴェニー)」に一番の大きな期待を寄せていた。結果として「期待ほどではなかった」ことを申し上げておこう。もちろん、先ほども説明したとおり、十分に「納得の落ちるウイスキー」であることに間違いはない。ただ、事前の期待が大き過ぎたのだろう。期待は目論見を狂わせた。

しっかりした骨格に素晴らしい肉付きをしたボディ。もちろん、「飲まない方が良い」などとはまったく思わない。是非とも飲んでみて欲しいのだが、少々手応えがあり過ぎたのかもしれない。もう少し、「とっつき易さ」や「滑らかさ」を期待していたのだろう。彼女が悪いのではなく、この侍の期待が読み違っただけだ。

ただ、しっかりした骨格に素晴らしい肉付きをしたボディ。そして、十分な飲み応えという点では、インチガワーの方が十分に優っている。インチガワーは目論見と期待を十分に上回って惚れた。「ハウス・モルト(バルヴェニー)」と比較するのは申し訳ないが、隣にそんなに凄い彼女がいたら。
ということだ。

ただ、もしもあなたが、自宅用にと思っているのなら、侍はインチガワーをお薦めする。
だって、圧倒的だもの。
値段も圧倒的なのですが(笑)。
高い!と思ったら、是非ともジェイズ・バーへ。
続きの祭りで、皆様にご提供しようと思う。

結果として、2日間の祭りで、「インチガワー」は「ハウス・モルト(バルヴェニー)」の倍の杯数売れました。


さて、本日最後になるが、明日から「第八回 TWAパーフェクト・ドラムまつり」である。
前売チケットの販売は本日まで。残りは7枚になってしまいました。
恐らくは当日券のご用意ができるかと思いますが、心配な方は「ツイッター」で侍にご連絡を!今ならまだ、ご予約が可能です。恐縮ですが、早い者勝ちです。

ご都合が会わずに切ない思いをしている方に(ちょっとだけ)朗報です。
1月31日(日)と2月1日(月)。「第九回 TWA残りものまつり」を開催します。祭りは終わっても、まだウイスキーは残っている。

詳細は明日!


ホントに最後に!
侍は本日、お休みをいただきます。
新宿に遠征の予定です。
飲みます。
穏やかに、しこたま飲む予定です。
美味しいウイスキーより、大切な人。
侍はいつでも、ウイスキーより人が好きです。
そんな人たちと、ゆっくり語り合う夜となるでしょう。

でも、チケットは買いに来てね(笑)。
夜遅く、ジェイズ・バーに顔を出そうかと思いますが、ご迷惑を掛けそうならやめます(笑)。

「人気ブログランキング」

IMG_0290_1

本日開催、「第七回 TWAフラワーまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
本日のリストである。


100123第七回まつりリスト




本日も良い天気である。
素敵な一日に、上出来なウイスキーなどいかがだろう?
まったく美味しいウイスキー。
一口飲めば納得のウイスキー。

本日当日券あります!

残り、4枚。(税込)。


今回の「TWAまつり」は全品、

フル・ショット、¥2,100(税込)。

ハーフ・ショット、¥1,050(税込)。

破格値である。

よろしくお願いします。「人気ブログランキング」


IMG_0324_1


IMG_0308_1


IMG_0290_1


IMG_0283_1


IMG_0270_1


「第七回 TWAフラワーズまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
カレンダー



皆様のご支援を!「人気ブログランキング」

まずはカレンダーをご確認いただきたい。
「第七回 TWAフラワーまつり」は今週末、1月23日(土)と24日(日)の開催である。
今年一番に期待の高い祭りだと申し上げておきたい。


先日もお伝えしたが、今回の「TWAまつり」は全品、

フル・ショット、¥2,100(税込)。

ハーフ・ショット、¥1,050(税込)。

破格値である。

フラワーズ



まだまだ知名度の低いかと思われるTWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)であるが、全般的なその品質の高さはこの侍が請け負おう。ピンポイントで良質な樽を手に入れる力が彼らにはあるのだと侍は考えている。その力の源泉となるのは、「ネットワーク(コネクション)と目利き」であるのだろう。すべての答えはウイスキーに瓶詰されている。

つまり、飲めば感じるはずだ。

募集人員は20名。
前売チケットは¥500。

今回は告知期間が短かったため、今のところチケットの売行きが芳しくないが、残り枚数は11枚。当日券のご用意は保証できません。是非ともお早めにご来店いただき、チケットの購入をお願いします。

ただ、祭りは今週末。「金曜までにジェイズ・バーに行けない」という方もいるかと思います。侍も今回の祭りの告知期間が短かったことを心苦しく思うところもあり、今回の祭りに限りご予約を承ろうかと考えています。

金曜までのご来店が困難で、なおかつ、今週末の「第七回 TWAフラワーズまつり」に参加ご希望の方は、ツイッターのメッセージで侍にご連絡を!美味いウイスキーを、安く愉しく飲みたいという方は祭りにご参加下さい。ジェイズ・バーに行くのは初めてという方も大歓迎です。気軽にお申し込み下さい。ご連絡をお待ちしております。

本当に飲んで欲しいウイスキーです。


さて、カレンダーにもある通り、1月23日(土)と24日(日)は「第七回 TWAフラワーズまつり」ですが、翌週の1月26日(火),27日(水),28日(木)は「第八回 TWAザ・パーフェクト・ドラムまつり」を行います。詳細は後日お知らせします。しばらくお待ち下さい。

よろしくお願いします。「人気ブログランキング」

「第7回 TWAフラワーズまつり」 開催日決定

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

昨日夕方に3R(スリー・リバース)さんから連絡があり、新着TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)9アイテムの入荷の目途が立ったとの知らせを受けた。当初の予定より1,2日ほど遅れたが、22日(金)にはジェイズ・バーに到着の予定。どうやら、侍が希望したとおり1月23日(土)、24日(日)に祭りを開くことができそうだ。

手元に商品がないことは確かに不安であるが、「日本に商品が入って来てすぐ」というのも気持ちが良い。皆様に「できるだけ早く」愉しんでいただきたいというのも、祭りの目的のひとつだ。

TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)は今年、本格的にブレークするのではないかと、侍はそう感じている。彼らのブランドは、まだまだ知名度は高くないと思う。とは言え、確かに、価格は高めの設定だ。

もちろん、嗜好品であるウイスキーが相手の話である。大事なのは飲み手の「好き嫌い」の話であり、それ以上に大切なことなどなかろうと思う。飲み手であるあなたにも、個別のTWAのウイスキーに対する優劣はあるだろう。何もTWAのウイスキーに限ったことではないが、少々高めでも非常に気に入れば「お買い得感」を持つのがウイスキー全般ということだと思う。

そういう意味で、TWAのウイスキーにも飲み手はそれぞれに、個別の「お買い得感」を持つだろう。そして、いくつかのウイスキーを「お気に入り」として行くであろう。

問題は「お気に入りではなかった」ウイスキーたちなのだと思っている。つまり、飲み手が「お買い得感」を持たなかったウイスキーにも、ある種の納得があるのがTWAのウイスキーなのではないかと、侍はそう思うところがある。換言するなら、「ハズレの少なさ」。それは、TWAのウイスキーの特徴なのかもしれない。侍はそう考えている。

目の前で皆様にウイスキーを飲んでいただけたなら、答えは出る。
皆様に飲んでいただき、その顔色を窺うことで、侍はTWAの将来について考えを深めたいと思っている。飲み手の表情を読めば、大方のことは察しがつく。

彼らに素晴らしいウイスキーを瓶詰することができるとするなら、それは、彼らに力があるからだろう。その力の背景にあるもの、その源泉となるものを、侍は「ネットワーク(コネクション)と目利き」だと考えている。

祭りの当日、TWAのウイスキーを飲む皆様とそんな話ができるだろうと思っている。
是非とも、皆様にはお集まりいただきたい。
今年、大注目のTWAである。

先日もお伝えしたが、今回の「TWAまつり」は全品、

フル・ショット、¥2,100(税込)。

ハーフ・ショット、¥1,050(税込)である。

最新の注目のウイスキーを安く愉しく。
ジェイズ・バーの祭りである。
チケットのお買い求めはお早めに!

皆様のご支援を!「人気ブログランキング」

「第七回 TWAまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

昨日お伝えしたような事情もあり、詳細を決定できなかった「第七回 TWAまつり」であるが、まぁ、決めない訳にも行かない。侍が何を悩んでいるのかというと、「できる限り早く、新着TWAの9アイテムを飲んでいただきたい」ということだ。商品が届いたその週末に、祭りを開けたら良いと考えている。

不確定な要素を抱えたまま前売チケットの販売を開始するのも心苦しい限りだが、今回の「第七回 TWAまつり」についてご案内をさせていただきたい。

最初にお伝えしておきたいのは、今回の祭りは2回に分けて開催させていただきたい。

・TWA ザ・フラワーまつり
・TWA パーフェクト・ドラムまつり

今回入荷の9アイテムは
ザ・フラワーから
ラフロイグ 1986 23年
クレイゲラキ 1984 25年
グレンダラン 1981 28年
インチガワー 1974 35年
ハウス・モルト(バルヴェニー)1990 19年

パーフェクト・ドラムから
カリラ 1983 26年
シングル・スペイサイド(グレン・ファークラス) 1976 33年
ロングモーン 1976 33年
グレンリベット 1972 37年

となっている。
合計9種のウイスキーが「ザ・フラワー」と「パーフェクト・ドラム」というふたつのブランドからリリースされる。なので、祭りを2回に分けて開催させていただきたい。

日程ですが、暫定的に1月23日(土)、1月24日(日)の2日間、「ザ・フラワーまつり」から始めさせていただきたいと思います。ただし、ご報告した通り、商品の入荷に不確定な要素があります。当日まで商品が入荷しなかった場合は延期となることをご了承下さい。

また、今回の募集人員は20名。
フル・ショットに対応した祭りにしようかと思います。「しっかり1杯飲んで愉しむ」そんな気持ちを満たすことのできる祭りです。

気になる価格ですが、まずは前売チケットは¥500(税込)です。
もちろん、20枚分で札止めです。

当日料金は、すべて、
フル・ショット¥2,100(税込)、ハーフ・ショット¥1,050(税込)となります。


「第七回 TWAフラワーまつり」
期日:1月23日(土)、1月24日(日)
前売チケット:¥500
アイテム数:5本5種
ラフロイグ 1986 23年
クレイゲラキ 1984 25年
グレンダラン 1981 28年
インチガワー 1974 35年
ハウス・モルト(バルヴェニー)1990 19年
当日料金:フル・ショット¥2,100(税込)、ハーフ・ショット¥1,050(税込)

前売チケットをお買い上げの上、ご都合の良い日を選んでご来店下さい。

詳細はジェイズ・バーで、本日より前売チケット販売開始です。

「人気ブログランキング」

1001まつりお知らせPOP



侍、ドイツの寒波に悶える。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

東京も随分と寒くなった。北国もなおさら厳しい冬のようだ。北海道の友人は雪下ろしに忙しいと嘆いている。天気予報は「寒波の影響」と説明をしている。北極付近の気圧が高いことが、日本に寒気を送り込ませているとのことだ。冷たい空気は雪を降らせ、降り積もった雪は僕らの交通網を阻害し、物流を滞らせ、暮らしを困難にする。

寒波の影響を受けているのはどうやら日本だけではないようだ。ヨーロッパもアメリカも北東アジアも同様の被害を受けている。ベルリン、ワシントン、ソウルも記録的な寒さに見舞われていると報道されている。

さて、侍は遠いドイツの寒波に頭を悩ませている。ドイツ国内の物流に障害が発生することが、ジェイズ・バーの営業に大きく影響することに悶えている。

インポーターさんのスリー・リバース(3R)さんから、「ドイツも寒波(雪)の影響で交通が混乱しているらしく確実な(商品入荷の)日程が決まってません」とご報告があった。商品とは来週中頃にでも日本に入って来る予定の、「TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)」の新商品。もちろん、それらのすべて9アイテムを扱うのがスリー・リバース(3R)さんということである。

スリー・リバース(3R)さんが手配した9アイテムは以下の通り。

ザ・フラワー
ラフロイグ 1986 23年
クレイゲラキ 1984 25年
グレンダラン 1981 28年
インチガワー 1974 35年
ハウス・モルト(バルヴェニー)1990 19年

ザ・パーフェクト・ドラム
カリラ 1983 26年
シングル・スペイサイド(グレン・ファークラス) 1976 33年
ロングモーン 1976 33年
グレンリベット 1972 37年

侍はその9アイテムすべてを発注した。
既にご案内した通り、「第七回 TWAまつり」を開催予定である。

予定では1月20日頃に商品が到着の予定。その週末の23,24日の土日に祭りを開く予定であった。しかし、ドイツの寒波はTWAのシングル・モルトの入荷を、遅らせてしまう可能性を発生させてしまった。

本来なら昨日の金曜から前売チケットを販売しようかと思っていたのだが、参加の皆様にご迷惑を掛けてはと躊躇した。祭りの開催は確定であるが、日程が決まらない。

今年、TWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)は本格的にブレークするのではないかと、実は侍はそう読んでいる。侍の思う最大の根拠は「ハズレの少なさ」ではないかと考える。もちろんそこに、確証はない。まだまだ、憶測レベルのもの。目論見であり、期待でしかないかもしれない。ただ、祭りを開き、飲んでいるお客さんの顔を眺め、話を聴けば、必ず手応えを感じる。

侍の期待が裏切られる可能性がまったくないとは思わない。
皆様に飲んでいただき、侍はこれらのTWAのウイスキーが、日本のマーケットに受け入れられるかどうかを見極めたいと思っている。彼らが目利きであるなら、ジェイズ・バーのお客様に十分な満足と納得が落ちて行くことであろう。

スリー・リバース(3R)さんと密に連絡を取り、次第に入荷予定をハッキリさせて行こうと思う。できるだけ早く、皆様にお届けしたいと思っている。予定をハッキリさせられないことを、とても申し訳なく思うが、本日か明日、遅くとも月曜には「開催日未定」のまま、前売チケットの販売を開始させていただきたいと思っている。

結果として告知期間が短くなってしまったこともあり、「募集人員」と「当日価格」をまだ決められずにいる。本日中にも決定し、本日夕方にご案内できれば、本日からの前売チケット販売となる。大変恐縮だが、お許し願いたい。

詳細は続報をお待ちいただきたい。
よろしくお願いします。

「人気ブログランキング」

1001まつりお知らせPOP

いきなり「第五回 TWEまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
IMG_9752_1昨日は冷たい雨の降る中、10名のお客様が祭りにご参加いただきました。本当にありがとうございました。ご来店のすべてのお客様が参加した訳ではありませんし、参加したお客様も全種類お飲みになった訳でもありません。いつも通りのジェイズ・バーで、静かな祭りでありました。落ち着いて愉しんでいただけたことでしょう。

「人気ブログランキング」

祭りでご用意したのは5アイテム

IMG_9660_15つのアイテムの中で、一番に手堅い人気を示したのは「ローズバンク 1991 16Yo」だと思います。フローラル系の軽快でしっとりした味わい。花っぽいハチミツを思わせます。飲み易く、飲み飽きない、爽やかで綺麗な終わり方をするシングル・モルト。今回の祭りの中で、「ローズバンクが一番好き」という方も多かったです。少なくとも「誰にも嫌われない」、そんなウイスキーです。


IMG_9672_1次に高評価を得ていたのは「クライヌリッシュ 1992 15Yo」でしょうか。遠くの潮風。レモンの皮の苦味。穏やかにフルーティ。スパイシーに過ぎず、余韻の丁寧なシングル・モルト。ローズバンクに比べれば、「好き嫌い」の評価は二分したようです。確かに、クライヌリッシュに「十分な飲み応え」を期待する方には不満が残るかもしれませんが、オイリーで美しい滑らかさもクライヌリッシュの特徴のひとつでしょう。


IMG_9678_1「カリラ 1991 16Yo」には、十分にご注意ください(笑)。今回の5アイテムの中では際立って薬品臭いシングル・モルトです。軽妙で小癪(こしゃく)なシングル・モルトではあります。最初に一杯飲み切ってしまうほどに愉しむと、他のウイスキーを邪魔してしまう可能性があります。ただし、ゆっくりと時間を掛けて愉しむと、少しづつ前面に現れる麦芽の甘味は秀逸。まず、グラスに注ぎたての印象を確認してください。その後は他のシングル・モルトを愉しんでください。そして、時間が経った後にこのカリラを。ヴァイタリティ溢れる骨格を感じることでしょう。


IMG_9663_1「ハイランド・パーク 1995 13Yo」は、実は今回の5アイテムの中で、侍が一番気になっていたシングル・モルトです。最近、「手軽で普段飲みに最適な、お客様に薦めやすいハイランド・パークがないものか?」と随分長い間思っていました。ジェイズ・バーでウイスキーを愉しみながら、自宅で飲むために購入するウイスキーの話をする方も多く、そんな方には最適なハイランド・パークかもしれません。


IMG_9676_1「ブラッドノック 1992 16Yo」は、ウイスキー全般が麦芽を原材料とした蒸留酒であることを、十分に思わせてくれるシングル・モルトです。「フレッシュで草っぽくフローラル」とも言えるでしょうが、「アスファルト」や「コールタール」をイメージする方もいるかもしれません。昨日ご参加のお客様の、「お父さんが飲んでたウイスキー」という感想が、侍にも一番しっくり来ました(笑)。


いきなり「第五回 TWEまつり」は前売チケット不要です。気が向いたら、気軽に、気ままにご参加ください。ご用意した5アイテムすべて、

ハーフ・ショット、¥420(税込)。

全部飲んでも、¥2,100です。

あなたがジェイズ・バーに来た時から、いきなり「第五回 TWEまつり」は始まります。

「人気ブログランキング」


本日開催!いきなり「第六回 TWEまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
IMG_9752_1本日より3日間、12日(火)、13日(水)、14日(木)に亘り、いきなり「第六回 TWEまつり」を開催いたします。スコッチモルト販売さんからリリースされた、ザ・ウイスキー・エクスチェンジ(TWE)の新着シングル・モルト5アイテムを、ジェイズ・バーにて一挙にリリース。「ザ・シングル・モルツ・オブ・スコットランド」のブランドから、ローズバンク、カリラ、ブラッドノック、クライヌリッシュ、ハイランド・パーク、すべてを仕入れました。


「人気ブログランキング」

上記5アイテム、本日より3日間、

ハーフ・ショットすべて、1杯¥420(税込)です。

5杯全部飲んでも、

合計金額、¥2,100(税込)である。


第六回 まつりリスト



今回の祭りは前売チケットをご用意いただく必要はありません。どなた様も「いきなり」ご来店下さい。ジェイズ・バーは通常通りの営業です。ご来店時にTWEの新着シングル・モルト5アイテムを「試してみたい!」と思った方はお気軽に声を掛けて下さい。それが、祭りのスタートです。

自宅用に購入をご検討の「家飲み派」の皆様も、是非ともジェイズ・バーに足をお運び下さい。試してみてからでも遅くはないでしょう。今回は熟成年数も10年代中盤、価格もまずまずお手頃な設定かと思います。

もちろん、「興味があるから飲んでみたい」。そんな動機の方こそご参加ください。安く、愉しく、いろんなウイスキーを飲むチャンスです。

ウイスキーはウイスキーを飲むことでしか上達しない。
侍はそう考えます。

お待ちしております。

「人気ブログランキング」

「第五回 長熟ロングモーンまつり」 終了

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

土日の二日間に亘り開催させていただいた「第五回 長熟ロングモーンまつり」は、大好評のうちに無事終了いたしました。ご参加の皆様、誠にありがとうございました。

ご用意させていただいたのは、以下の5アイテム。

IMG_9584_101.ロングモーン
蒸留年度 : 1965 
熟成年数 : 43年
ブランド : GM ケルティック
度数 : 44.4%
特別価格 : ¥1,260

IMG_9580_102.ロングモーン
蒸留年度 : 1975
熟成年数 : 34年
ブランド : 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア
度数 : 41.8%
特別価格 : ¥1,260

IMG_9569_103.ロングモーン
蒸留年度 : ----
熟成年数 : 25年
ブランド : GM
度数 : 40%
特別価格 : ¥630

IMG_9575_104.ロングモーン
蒸留年度 : 1994
熟成年数 : 13年
ブランド : ダンベーガン
度数 : 46%
特別価格 : ¥315

IMG_9588_105.ロングモーン
蒸留年度 : 1998
熟成年数 : 11年
ブランド : エクスクルーシヴ・レンジ
度数 : 46%
特別価格 : ¥315

ご参加の皆様には十分に愉しんでいただけたことと思います。
ありがとうございました。
上記の価格は「祭り価格」です。

今回の祭りにご用意したウイスキーは、まだ残りがございます。本日よりジェイズ・バーの棚に並べ、通常価格での販売を開始いたします。価格を含めて再度のご案内です。

01.ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック
02.ロングモーン 1975 34Yo / 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア

こちらのウイスキーに関しましては「魅惑の4杯セット」対象商品とさせていただきます。
ハーフ・ショット、1杯¥1,575となります。

03.ロングモーン 25Yo / GM

こちらのウイスキーはフル・ショットで¥1,900です。

04.ロングモーン 1994 13Yo / ダンベーガン
05.ロングモーン 1998 11Yo / エクスクルーシヴ・レンジ

こちらはともに、価格据置で¥630にてご提供いたします。

5アイテムとも残り少ない商品です。
お急ぎ下さい!

「人気ブログランキング」

IMG_9528_1

本日開催! 「第五回 長熟ロングモーンまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
2010年新春初の祭りである。今年も次々と祭りを開催する予定である。ちょっと高額なシングル・モルトを安く、皆様の気になる新しいシングル・モルトをすぐに、祭りとしてジェイズ・バーで愉しんでいただけたらと考えている。ウイスキーを飲むことは何しろ愉しい。その愉しみを気軽に手に入れていただきたい。

安さは気軽さであり、愉しみを膨らます大きなひとつの要因であろう。愉しみ方が分からないという方ならなおさら、安心感にも繋がるだろう。祭りの大きな目的は、気軽さと愉しさと安心である。

今月の祭りの予定はこちらを


091229第五回まつりリスト




「人気ブログランキング」

本日ご用意した5アイテムのロングモーン。
すべてをハーフ・ショットで愉しんで、

合計金額、¥3,780(税込)である。

前売チケットが¥500ですが、それでも¥4,280。

もちろん、本日は通常営業もしております。いつもの通り、普通に飲んで帰るという方も大歓迎です。「3杯セット」、「魅惑の4杯セット」をお愉しみ下さい。何を頼んだら良いのか分からないという方は気軽にご相談を。あなたの話を聴いて、侍は3杯のウイスキーを選びましょう。それこそが、「飲ませ手」である侍の仕事です。

チケットは完売となりましたが、今回は定員を32名と少なめに募集しました。
実は、1本売り切るには余裕があります。

本日は3名分の当日チケットを出します。
恐縮ですが、当日チケットは¥1000とさせていただきます。
それでも、チケット代を含めた合計金額は¥4,780(税込)です。

気になる方、是非ともご来店下さい。
お待ちしております!

もちろん、祭りに参加しない方も大歓迎です。

「人気ブログランキング」

「第五回 長熟ロングモーンまつり」 商品紹介

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

本日はまずお詫びから。今週末の土日、1月9日、10日に開催する「第五回 長熟ロングモーンまつり」の内容を間違ってお伝えしてしまいました。「03.」のロングモーンを「25Yo / GM」と書いたり「30Yo / GM」と書いたりしていたが、当日ご提供するのは「25Yo / GM」になります。失礼をいたしました。

改めてご案内させてもらいます。
祭り当日のご提供ウイスキーは、

01.ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック
02.ロングモーン 1975 34Yo / 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア
03.ロングモーン 25Yo / GM
04.ロングモーン 1994 13Yo / ダンベーガン
05.ロングモーン 1998 11Yo / エクスクルーシヴ・レンジ

以上の5アイテム。もちろん、メインは
「01.ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック」と、昨日詳細をお知らせした「02.ロングモーン 1975 34Yo / 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア」

IMG_9584_101.ロングモーン
蒸留年度 : 1965 
熟成年数 : 43年
ブランド : GM ケルティック
度数 : 44.4%
特別価格 : ¥1,260

IMG_9580_102.ロングモーン
蒸留年度 : 1975
熟成年数 : 34年
ブランド : 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア
度数 : 41.8%
特別価格 : ¥1,260

IMG_9569_103.ロングモーン
蒸留年度 : ----
熟成年数 : 25年
ブランド : GM
度数 : 40%
特別価格 : ¥630

IMG_9575_104.ロングモーン
蒸留年度 : 1994
熟成年数 : 13年
ブランド : ダンベーガン
度数 : 46%
特別価格 : ¥315

IMG_9588_105.ロングモーン
蒸留年度 : 1998
熟成年数 : 11年
ブランド : エクスクルーシヴ・レンジ
度数 : 46%
特別価格 : ¥315

すべて、ハーフ・ショットでのご提供になります。


祭り当日は5種類のロングモーンをご用意しております。もちろん、すべてを飲まなければならない訳ではないので、お好きなものを選んで愉しんでください。当り前ですが、是非とも「01.GM ケルティック」と「02.信濃屋オリジナル」のロングモーンはしっかりとご堪能下さい(笑)。飲まずに帰るのはもったいない!

祭り当日は通常営業をしております。チケットをお持ちでないお客様も大歓迎です。ただし、上記のロングモーン5アイテムを愉しめるのは、前売チケットをお持ちの方だけになります。ご了承下さい。もちろん、祭りに参加の皆様はいつも通りに、「3杯セット」と「魅惑の4杯セット」もご利用できます。飲みたいウイスキーは侍にご相談下さい。

あなたの隣に、あなたと同じロングモーンを愉しむ人がいる。
気軽に語り合いながら、ロングモーンを愉しんで下さい。
それが、ジェイズ・バーの祭りです。

前売チケット、残り4枚!
お急ぎ下され!

「人気ブログランキング」

新春一月、まつりのお知らせ

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
1001まつりお知らせPOP



「人気ブログランキング」

今月は現在のところ3回の祭りを予定している。
9日(土)、10日(日)の「第五回 長熟ロングモーンまつり」
12日(火)、13日(水)、14日(木)のいきなり「第六回 TWEまつり」
そして、下旬に予定している「第七回 TWAまつり」

TWE → ザ・ウイスキー・エクスチェンジ
TWA → ザ・ウイスキー・エージェンシー
お間違えのないように。

「第五回 長熟ロングモーンまつり」の前売チケットは残り10枚となりました。
当日券のご用意ができるかどうか、お約束はできません。
メイン・アイテムは「GM ケルティック 1965 43Yo」と「信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア 1975 34Yo」です。ともに十分な上質さが目論めるウイスキー。是非ともお早めにジェイズ・バーにご来店の上、前売チケットの確保を!

週明けからは、いきなり「第六回 TWEまつり」です。
ザ・ウイスキー・エクスチェンジのシングル・モルツ・オブ・スコットランドから、今月の新商品全5アイテムを手配しました。こちらは前売チケットのご用意は必要ありません。気軽に当日ご来店下さい。なので、「いきなり」の祭りです。熟成年数も10年代中頃と小粒な品揃えかもしれません。是非とも、「家飲み派」の皆様にご参加いただければと思います。

ご自宅用に購入をご検討している方にこそ、ご来店いただきたい祭りです。新商品全5アイテムを飲み比べていただき、それで気が済んでしまったら、それもまた良し。「こいつは是非とも1本欲しい!」と何かを感じたら自宅用に購入するも良し。とりあえず、飲んでから決めていただきたい。そんな方に絶好のチャンスです!

なので、新春特別価格にいたしました。
「ローズバンク 1991 16年」、「カリラ 1991 16年」、「ハイランド・パーク 1995 13年」、「クライヌリッシュ 1992 15年」、「ブラッドノック 1992 16年」。

ハーフ・ショットでのご提供ですが、

全アイテム、すべて一杯¥420(税込)均一!

全部飲んでも、¥2100(税込)!

どうですか?
来ませんか?
飲んでみなければ始まりません。


さて、今月末は「第七回 TWAまつり」です。
侍が今、一番準備に気合いの入っている祭りです。

ザ・パーフェクト・ドラムから4アイテム、フラワーから5アイテムが国内にリリースされますが、全9アイテム、すべて仕入れます。航空便での輸入とのことだが、まだ国内に届いていない。スリー・リバース(3R)さんの話によれば、1月20日頃入荷予定とのことだがハッキリしない。ハッキリしないので祭りの日程が組めないが、1月23日(土)、1月24日(日)に祭りを開催できたらと思っている。まだまだ未定であるので、詳細は来週にでも改めてお伝えしたい。

今年も愉しいウイスキーのために精一杯のご提案をさせていただきたい。
皆様、よろしくお願いします!

「人気ブログランキング」

「第五回 長熟ロングモーンまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

新春に予定している「第五回 長熟ロングモーンまつり」は1月9日(日)、1月10日(日)に開催。既に商品の手配は済んでいる。あとは資料を作り、チケットを売り、当日を迎えるのみとなった。

メインのアイテムは2本。「GM ケルティック 1965 43Yo」と「信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア 1975 34Yo」。もちろん、ともに蒸留所はロングモーン。お客さんの反応を見ると、やはり、「GMケルティック」が気になるという方が多いなと思う。先日開催した「GMケルティックまつり」で、「1967 42Yo」のロングモーンを飲んだ記憶がまだまだ薄れないという方も多い。その印象と比較したいということだろう。侍もそう思う。

一口に「60年代のウイスキー」と言っても、これからますます60年代後半のウイスキーがリリースされていくのだろうか。もうすぐ来年で、年が明けたら2010年である。1960年から数えたら50年後、半世紀後が2010年なのだ。その歳月に身を削られながら、すべてを奪われることなく、しっかりとまだウイスキーでいられるウイスキーというものを、僕らは飲むことができるのだろうか。

「ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック」。こいつはまだまだしっかりとウイスキーなはずだ。長熟ロングモーンばかりがウイスキーではないけれど、気になるものは飲んでみたい。

気になると言えば、「信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア 1975 34Yo」のロングモーンも愉しみなウイスキーだ。恐らくは、随分と印象が違うふたつのロングモーンと感じていただけることだろう。「エンジェルズ・シェア」に関しては、事前に皆様にお知らせしたいこともあるので、改めて(多分年明けになると思うが)記事にしたいと思う。

「第五回 長熟ロングモーンまつり」のメインのアイテムは、
01.ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック
02.ロングモーン 1975 34Yo / 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア
その2本である。
あくまでも、その2本をじっくりと堪能してもらいたいというのが侍の意図である。

「ついで」という言い方は失礼に過ぎるだろうが、「おまけ」をいくつかご用意した。もちろん、メイン・アイテムを2杯飲んだらそれで十分という方は、それだけでお帰りいただいてまったく問題はない。確かに、2杯だけでも十分に満足していただけるはずだ。しかし、それら2杯の凄さをより実感したいという方がいるなら、そんなお客様のために、いくつかの他のロングモーンをご用意した。

03.ロングモーン 25Yo / GM
04.ロングモーン 1994 13Yo / ダンベーガン
05.ロングモーン 1998 11Yo / エクスクルーシヴ・レンジ

メイン・アイテム2杯を飲んで、十分に愉しんで、その余韻を残したままお帰りになるという飲み方をまったく否定しませんが、すべてを飲み比べたなら、必ず「なるほど」という思いが落ちて来るはずです。そこには確実な違いがあり、それは、誰でもが感じることだからです。その差分には納得があることでしょう。

01.ロングモーン 1965 43Yo / GM ケルティック
02.ロングモーン 1975 34Yo / 信濃屋オリジナル エンジェルズ・シェア
以上の2杯は、ハーフ・ショットでそれぞれ¥1,260。

03.ロングモーン 25Yo / GM
こちらは、ハーフ・ショット¥630。

04.ロングモーン 1994 13Yo / ダンベーガン
05.ロングモーン 1998 11Yo / エクスクルーシヴ・レンジ
こちらの2杯は、ハーフ・ショットでそれぞれ¥315。

前売チケット代は¥500掛かりますが、全種類飲んでも¥3,780です。
「新春特別価格」です。
ジェイズ・バーからのお年玉です(笑)。

定員は32名。
今日までお仕事な方も、今日から正月休みの方も、まったく関係ないという方も、皆様のご参加をお待ちしております。

明日は写真付きでご紹介したいと思います。

「人気ブログランキング」

新春開催!「第五回 長熟ロングモーンまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

今朝は6時より、「池袋飲食業従事者大忘年会」であった。
一体何人が集まったのかは定かではないが、良く飲んで、良く笑い、良く語った。
二次会に引っ張られることなく、うまく逃げ切った。

1年が終わろうとしているのだな。
大晦日も年越し営業のジェイズ・バーである。
今年も5営業日を残すのみとなった。
躓かずに走り抜けたい。

さて、そんな訳で、本日は夕方の更新となったが、皆様にお知らせしたい。
新春開催予定の「第五回 長熟ロングモーンまつり」のチケットが出来上がった。
本日より皆様のご参加を受付いたします。
前売チケットの代金は¥500。2010年新春の特別価格!
詳細はまたブログでご案内しますが、本日ジェイズ・バーでお待ちしております。

「人気ブログランキング」

本日最終日 「第四回 イチロー・カードまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

第四回 まつりリスト(カラ



二日間でほぼ半分を売ってしまいました。
最終日の本日で完売御礼ということはないでしょうが、安いのは本日が最後。
「第四回 イチロー・カードまつり」、本日最終日となります。

ちなみに、明日からはカード・シリーズ新作4種、通常料金となります。
ハートのキング、¥3,150
スペードのクイーン ¥1,890
ダイヤの8 ¥1,680
クラブの6 ¥1,260
となります。すべて1杯分の料金。ハーフ・ショットなら半額です。

もちろん、祭り最終日の本日までは、ハーフ・ショットでのご提供になりますが、

全アイテム、すべて一杯¥525(税込)均一!

全部飲んでも、¥2,100(税込)!

新作4種を比較する絶好の機会です。
「家飲みに何を買うか?」。その悩みに終止符を打って下さい。

「人気ブログランキング」


始まりました!「第四回 イチロー・カードまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

愉しみにしていただいていた方には、月曜からお集まりいただきました。
本当にありがとうございます。

イチローズ・モルト・カード・シリーズの新作4種は昨日午後8時過ぎには到着。ほとんどのお客様には、お待たせすることなく飲んでいただけました。

昨日お愉しみいただいたお客様の反応を見ると、意外なことに、今回の新作4種のうち、価格の安い方の2種(「ダイヤの8」と「クラブの6」)が非常に高評価でした。

是非とも、祭り期間中に皆様も¥525(税込)均一で、イチローズ・モルト・カード・シリーズの新作4種をお試し下さい。全部飲んでも¥2,100(税込)です。

第四回 まつりリスト(カラ



さて、昨日はご用意できなかった、写真付きのこのシート。
昨日祭りに参加して、写真ナシのものしかお手元にない方。次回ご来店時に声を掛けて下さい。
差し上げます。

Ichiro’s Malt CARD King of Hearts(ハートのキング)
55.4%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1986年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスクナンバー:9033 ボトリング本数:444本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Queen of Spades(スペードのクイーン)
53.1%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1990年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ポートパイプ
カスクナンバー:466 ボトリング本数:737本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Eight of Diamonds(ダイヤの8)
57.1%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1991年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:スパニッシュオーク・オロロソシェリーバット
カスクナンバー:9302 ボトリング本数:595本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Six of Clubs(クラブの6)
57.9%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:2000年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:クリームシェリーバット
カスクナンバー:9020 ボトリング本数:597本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

「第四回 イチロー・カードまつり」
ハーフ・ショットでのご提供になりますが、

全アイテム、すべて一杯¥525(税込)均一!

全部飲んでも、¥2,100(税込)!

「人気ブログランキング」

開催決定! 「イチロー・カードまつり」

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

第四回 まつりリスト



酒屋さんから連絡があり、イチローズ・モルト・カード・シリーズ新作4種の入荷が確定しました。ジェイズ・バーに入荷する時間がまだハッキリしませんが、午後10時には届くでしょう。本日より、「第四回 イチロー・カードまつり」を開催します。画像のシートは本日皆様にお配りします。グラスを4つ並べて飲んでみて下さい。それを言葉にすすことができなくとも、その4つの違いを確実に感じるはずです。

祭りは、本日午後10時より開催です。
ご用意するのは以下の4種。

Ichiro’s Malt CARD King of Hearts(ハートのキング)
55.4%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1986年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスクナンバー:9033 ボトリング本数:444本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Queen of Spades(スペードのクイーン)
53.1%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1990年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ポートパイプ
カスクナンバー:466 ボトリング本数:737本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Eight of Diamonds(ダイヤの8)
57.1%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1991年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:スパニッシュオーク・オロロソシェリーバット
カスクナンバー:9302 ボトリング本数:595本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

Ichiro’s Malt CARD Six of Clubs(クラブの6)
57.9%、700ml
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:2000年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:クリームシェリーバット
カスクナンバー:9020 ボトリング本数:597本
カスクストレングス、ノンカラー、ノンチルフィルター

祭り期間中はすべて均一価格、ハーフ・ショット¥525です。
4種すべてをお試しいただいても¥2,100!
イチローズ・モルトをお好きな方も、初めてという方も、自分のために1本買いたいという方にも、「まずは試してみる」良いチャンスです。
お気軽にジェイズ・バーにご来店下さい。

今回は準備期間のほとんどない、いきなり「イチロー・カードまつり」となりました。前売チケット制ではありません。ジェイズ・バーは通常通りの営業をしております。気になった方はお気軽にご来店を。あなたがジェイズ・バーに来て、イチローズ・モルトの新作を飲んでみたいなと思ったら、それが祭りのスタートです。

午後7時から営業のジェイズ・バーですが、まだ、商品の入荷時間が確定しておりません。しかし、午後10時までには入荷すると思います。大変恐縮ですが、よろしくお願いします。

「人気ブログランキング」

「第四回 イチロー・カードまつり」 開催予定!

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
昨日と一昨日、週末の「ローガまつり」にお越しいただいた皆様。
ありがとうございました。当日ご参加の方も含め、きっちり1本分と少し、2種のローガを売り切りました。愉しんでいただけたことと思います。

急なご案内だったため、当日キャンセルの方も少なからずいらっしゃいましたが、今回はチケット代金¥0での開催でした。ご返金等には応じられませんので、よろしくお願いします。熟慮いたしましたが、本日より「グレン・グラント 1965 44Yo」、「ストラスアイラ 1967 42Yo」ローガ2種、「魅惑の4杯セット」でご利用できるようにいたしました。祭り当日よりは少々お値段が高くなりますが、ご了承下さい。


第四回 まつりリスト



さて、本日より3日間、イチローズ・モルト・カード・シリーズの新作、「ハートのキング」、「スペードのクイーン」、「ダイヤの8」、「クラブの6」の合計4種をご用意して、「第四回 イチロー・カードまつり」を開催いたします。本日は4種どれもが1杯¥525(税込)。ハーフ・ショットでのご対応ですがどれを飲んでいただいても¥525均一の価格です。つまり、全部飲んでも¥2,100(税込)です。

本日開催予定の「第四回 イチロー・カードまつり」ですが、実はまだ、商品がジェイズ・バーに入荷しておりません。商品が到着次第祭りはスタートとなります。到着時間は21時から22時頃と思います。何かの事情で開催が延期となることもございますので、ご了解願えればと思います。夕方もう一度、ブログを更新します。ジェイズ・バーの取引先の酒屋さんに商品が入荷すれば、開催はほぼ確実となります。ジェイズ・バーの商品到着時間に関しましては、不安定なところがありますが、お気軽に電話にてお問合せ下さい。

ぼちぼち酒屋さんの店頭に並ぶかと思われる4種のイチローズ・モルト。ご自宅用に購入を検討している方も多いかと思う。そんな方も是非、ジェイズ・バーで試してみていただければと思います。あるいは、イチローズ・モルトなんて初めてという方もお待ちしております。これを機会に、お飲みになってみて下さい。

今回の祭りはチケット制ではございません。通常営業にてご対応いたします。ふらりとお立ち寄り下さい。もちろん、イチローズ・モルト以外のウイスキーをお飲みになる方も大歓迎です。

「人気ブログランキング」


来年のこと

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
来年のことを言うと鬼が笑うらしいが、笑うなら笑えば良い。
人に笑われるのはもう慣れた。
来年も笑って過ごせるように、来年のことを考えている。
侍は来年もウイスキーによって生れる皆様の笑顔を集めたい。

さてと、「人気ブログランキング」

新春早々、祭りを開く。
「長熟ロングモーンまつり」である。

アイテム総数は決まっていないが、恐らく、4,5本になるだろう。
メイン・アイテムは2種。
GM ケルティック 1965 43年
信濃屋オリジナル 1975 34年 Angels' shareである。

「GM ケルティック 1965 43年」

皆様ご存知のロングモーンだと思う。今年11月(だったかな?)、GMさんからの打診は1965ヴィンテージのラスト・リリースと伝えられたロングモーン。先日のケルティックまつりでご提供したのは1967 42年。今回はその2年前の1965年の蒸留。度数も44.4%と前回のケルティック・ロングモーンの53.1%から、グッと下がっている。

あくまでも侍の目論見の話であるが、「フルーティで濃い口甘目」なロングモーンと予想している。何しろまだ飲んでいないので予想でしかない。少なくとも、前回のケルティックまつりにご参加いただいた方はその差を歴然と感じていただけると思う。記憶の中で比較するなら、「ケルティック 67 ロングモーン」の方が実は少々涼しげであったと実感していただけるはずだ。

繰り返すが、あくまでも侍の目論見の話である。

「信濃屋オリジナル 1975 34年 Angels' share」

信濃屋さんからちょっぴり素敵なオファーが来た。早速、担当バイヤーの方と連絡を取り、知る限りの情報を手に入れた。まずはこちらをご覧いただきたいのだが、どうにも微妙な言い回しだ(笑)。読みながら「ハッキリしなさい!」と呟いた侍である。

瓶詰総数53本とある。侍は思った。「ふむふむ、フル・カスクではないな」と。

しかし、信濃屋さんの謳い文句には「総ボトリング53本というエンジェルズ・シェアが多いユニーク且つミステリアスな熟成を34年間に渡り重ねた原酒」とある。つまり、そのまま読むなら、34年の熟成の間に「天使の分け前」を与え過ぎて53本しか瓶詰できなかったと思うしかない。

んな訳ゃあ、ねえだろ?
兄弟がいるな?

つまり、一樽分すべてを瓶詰した訳ではないと、そう思った。

信濃屋さんの担当バイヤーさんに連絡をすると、驚いたことに「フル・カスクだ」と言い張る(笑)。しかも、「大変ミステリアスな樽ですが、これがフル・カスクでないと、自分と関係各方面との信頼もミステリアスになってきます(笑)」(太字部分、侍訂正)と、メールが返って来た。

まぁ、侍はフル・カスクか否か?には、あまりこだわりはない。
美味いかどうか?より以上には。
結果として、「一丁くれ!」ということになったが。
ちなみに、担当バイヤーさんの話では、昨日の時点で「残り6本」とのことだ。


「長熟ロングモーンまつり」は新春早々の開催予定。
詳細は未定であるが、ぼちぼちご案内して行くと思う。
ご用意するアイテム数は4,5本となるだろう。
ちょっと小物のロングモーンも用意した。
もちろんメイン・アイテムは、
GM ケルティック 1965 43年
信濃屋オリジナル 1975 34年 Angels' share

続報を待て!


続いて、来年一月後半から二月に開催予定の祭りのご案内である。
まだ、ハッキリした入荷日が決まっていないので、なおさら詳細をご報告できないのだが、1月下旬にザ・ウイスキー・エージェンシー(TWA)の9アイテムが、スリー・リバース(3R)さんからリリースされる。

ザ・フラワー
ラフロイグ 1986 23年
クレイゲラキ 1984 25年
グレンダラン 1981 28年
インチガワー 1974 35年
ハウス・モルト(バルヴェニー)1990 19年

ザ・パーフェクト・ドラム
カリラ 1983 26年
シングル・スペイサイド(グレン・ファークラス) 1976 33年
ロングモーン 1976 33年
グレンリベット 1972 37年

結果から言おう。
侍はこの9アイテムすべてを発注した。つまり、全部仕入れる。
「TWAまつり」を開く。

結果として、「ケルティック」、「長熟ロングモーン」「TWA」と3回続けてロングモーンの登場で、最後のTWAは3Rさんの手配によるものだ。

実は昨日、スリー・リバース(3R)の大熊さんに来ていただいた。
色々お話させていただき、インポーターさんのご苦労を垣間見ることができた。
皆様には覚えていただきたい。
TWAと言ったら、3R(スリー・リバース)である。

こちらも、続報を待て!
あなたはジェイズ・バーに来て!

昨日もヒマなジェイズ・バー。「人気ブログランキング」

「第三回 ローガまつり」 開催!

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
第三回 まつりリスト



期日:12月19日(土)、12月20日(日)
チケット:¥0(祭り当日のご入場整理券となります)

アイテム数:2本2種
01.グレン・グラント 1965 44Yo / ローガ SMS
02.ストラスアイラ 1967 42Yo / ローガ SMS

フル・ショット(シングル)、1杯づつ、2杯合計で
¥4,830となります。

・祭り当日は、必ずチケットをお持ち下さい。
・キャンセルは可能ですが、必ずご連絡を下さい。
・前売チケットは開催日当日、一日限り有効です。
・開催日は12月19日(土)、12月20日(日)です。
・ご都合の良い日をお選び下さい。


「人気ブログランキング」


本当は昨日2本目の記事にこのお知らせをアップしようかと思っていたのだが、間に合わなかった。また、チラシを作ることもできなかった。誠に申し訳ありません。しかし、チケットは作った。

この「第三回 ローガまつり」は2種類のローガをたっぷりフル・ショット(30ml)でお愉しみいただきたい。それぞれ30mlづつ、「グレン・グラント 1965 44Yo / ローガ SMS」と「ストラスアイラ 1967 42Yo / ローガ SMS」である。しみったれたことは言わない。2杯で、¥4,830である。もちろん、チケットをお持ちの方はチャージ込みの料金である。

2杯飲んで帰るという方は、それ以上お金が掛からない。間違いなくあなたに満足が落ちるだろう。十分に納得していただいたらお帰りいただいても構わない。¥4,830である。もちろん、「もう少し飲みたい」という方は大歓迎である。「3杯セット」、「魅惑の4杯セット」のご利用も可能だ。チャージ抜きの通常営業と思っていただきたい。

前回の「第二回 GMケルティックまつり」には合計36名の方に集まっていただいた。前回の祭りの1週間後、告知期間が短かったにもかかわらず、ありがとうございました。西は静岡から、東は木更津から。遠いところありがとうございました。前売り券が完売とならず、当日券をご用意できたことがむしろ正解だっただろうか。

さて、「第三回 ローガまつり」のチケットを本日よりお渡ししたいと思う。チケット代は掛からない。入場整理券である。祭り日の土日は通常営業も行っているが、ローガをお飲みになれるのはチケットをお持ちの方のみということだ。是非ともチケットを入手して欲しい。

前回の祭りに遠方より来て頂いた方たちに感謝をしたい。本当にありがたく思っております。とても嬉しかったのです。今回の「第三回 ローガまつり」にも遠方からのご参加を募りたいのだが、問題はチケットである。

例えば、今日静岡から池袋のジェイズ・バーまでチケットを取りに来て、日帰りで帰って、土曜日参加なんていくらなんでも、とは思う。

イベントは行きたいけど、チケット取りに行けねぇ!という皆様に朗報である。
チケット予約枠を作ることにした。だって、遠くからの人にも来ていただきたいもの。
地方じゃ無理!なんて思っている方に愉しんでいただきたい。
そうは言っても、先日の静岡の方は結構なモルト飲みとお見受けしたが。
鈍行で帰るって言うのはびっくりした(笑)。

またか!とお思いかもしれないが、ツイッターである。
チケット予約枠を5枚とします。

当日まで、ジェイズ・バーに行けないという方、ツイッターに登録してモルト侍をフォローして下さい。そして、モルト侍に「ダイレクトメッセージ」を送って下さい。その際に「どこから来るのか?」をお知らせ下さい。「遠い人順」にチケット予約枠を埋めて行きます。

土日に東京に来る予定がある方、是非とも池袋のジェイズ・バーに。
チケット予約が確保できた方は「第三回 ローガまつり」にご参加いただけます。
締め切りは今週の木曜まで。金曜に予約ができたかどうかをメッセージでお返しします。

予約枠が埋まらなかった場合、あるいは、予約がキャンセルされた場合。
当日券あり、ということでご案内いたします。

もちろん、ジェイズ・バーにきていただければ、チケットはまだあります。
今回はフル・ショットでのご提供なので、募集人員は28名です。
お早めに!

誤解のないように申し上げておきますが、ボトル1本分では28杯のフル・ショットは賄い切れません。つまり、現在開封済みのローガも対象商品となります。

詳細は後日。


さて、最後になるが、昨日、イチローさんのニュー・リリースのお知らせが届いた。

ハートのキング
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1986年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ペドロヒメネスシェリーバット
カスクナンバー:9033 ボトリング本数:444本

スペードのクイーン
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1990年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:ポートパイプ
カスクナンバー:466 ボトリング本数:737本

ダイヤの8
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:1991年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:スパニッシュオーク・オロロソシェリーバット
カスクナンバー:9302 ボトリング本数:595本

クラブの6
蒸溜所:羽生蒸溜所 蒸溜年:2000年 ボトリング年:2009年
1stカスク:ホグスヘッド 2ndカスク:クリームシェリーバット
カスクナンバー:9020 ボトリング本数:597本


迂闊だったな。てっきり年明けのリリースかと思い込んでいた。
前回の秩父訪問から1ヶ月になる。
僕は少し忙し過ぎただろうか?
何だかすっかり疎遠になってしまったようで、また、不義理をしているようでちょっと切ない。

やるよ、「イチロー・カードまつり」。
多分ね(笑)。

「人気ブログランキング」

12月 まつりのお知らせ

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
毎日、祭りの話ばかりで大変恐縮です。

本日の原稿を書いていたら、PCが落ちる夢を見ながら、PCの前で自ら落ちた侍であった。
気付いたら、1時間は軽く寝ていた(笑)。

本日の原稿を書き始める前に、ジェイズ・バーのトイレに貼り出すつもりのポスターを作った。
本日はそちらでご勘弁を。

クリックはこちらを!「人気ブログランキング」

0912まつりお知らせPOP



さて、今週末に迫った「第二回 GMケルティックまつり」である。
前売チケットにはまだまだ余裕があります。当日チケットのご案内が可能となるかもしれませんが、ハッキリしたことは言えません。確実に飲みたいという方は、お早めにチケットをお求め下さい!

GM社が2009年を締め括る、最高峰ブランド「ケルティック・ラベル」から超大型リリース。
ポテンシャルの高いウイスキーが持つ説得力を垣間見る素晴らしい機会です。
十分にご堪能下さい。

もしもあなたが、「ウイスキーが美味しいって、どういうこと?」」
と思うなら、是非ともご参加下さい。
侍はそんなあなたにこそ来ていただきたい。

01.ロングモーン / 1967 42年 / GM ケルティック
02.クライネリッシュ / 1972 36年 / GM ケルティック
03.クライネリッシュ / 1982 26年 / スリー・リバース
04.クライネリッシュ / 1989 19年 / ブラッカダー ロウ・カスク
05.リンクウッド / 1988 19年 / TWE グリーク・ラベル

前売チケットは¥1,000(税込)。

01.ロングモーン / 1967 42年 / GM ケルティック
02.クライネリッシュ / 1972 36年 / GM ケルティック
この2杯はともにハーフ・ショット¥1,260(税込)。
そして、一人様1杯限り。

03.クライネリッシュ / 1982 26年 / スリー・リバース
04.クライネリッシュ / 1989 19年 / ブラッカダー ロウ・カスク
05.リンクウッド / 1988 19年 / TWE グリーク・ラベル
こちらの3杯はともにハーフ・ショット¥630(税込)。
そして、お一人様2杯限り。

開催日は12月12日(土)と12月13日(日)。
12月12日(土)、午後7時スタート。
12月13日(日)、午後6時スタートである。

前売チケットの販売は今週金曜まで!
お待ちしております。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

IMG_9269_1

次の祭りへ。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
月曜ですね。「人気ブログランキング」

IMG_9269_1「第一回 ¥600まつり」は無事終了いたしました。
ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

混雑で少々窮屈な思いをさせたかと思いますが、座る席がないというほどのことはなく、大きな混乱もなく、賑やかに過ぎることなく落ち着いて穏やかで、静かな興奮の高まる夜になったかと思います。侍にとっても素晴らしい夜となりました。感謝です。

IMG_9135_1ウイスキーを「分かっている」こと、「知っている」こと。それらは、それぞれに素晴らしいことだと思います。だけど、ウイスキーは「愉しい」ことが一番です。それ以上に大切なことがあるでしょうか?知っていなくてもウイスキーは愉しめますし、飲んでいるうちに分かるのがウイスキーです。

「分かりたい」、「知りたい」と思うなら、是非とも飲んでみて下さい。どこか近所のバーへ行ってみて下さい。そして、ウイスキーを注文してみて下さい。あるいは、酒屋さんでウイスキーを1本買って飲んでみて下さい。愉しむために一番肝心なことは「感じること」です。あなたの中の「感じる身体」が目覚めないと、ウイスキーを愉しむのはとても難しいことでしょう。

IMG_9127_1ウイスキーを愉しんでいる多くの人は、知らぬ間に「感じる身体」を身に付けていきます。それは、「感じさせるポテンシャル」を持ったウイスキーに出会ったからでしょう。あるいは、その人が「とても感じやすい身体」を持っていたのかもしれません。あるいは、既に「感じる身体」をもっている人に教えてもらったのかも知れません。

だけど、それらは偶然のできごとで、ある種の幸運が重なったからなのかもしれません。そして、その偶然と幸運はあなたにはやって来ない可能性があります。

あなたが選んだウイスキーをあなたは愉しめない可能性があります。そうやって、あなたはウイスキーが嫌いになってしまうかもしれません。実は僕はそんなことがとても心配です。「あなたが選んだのです」と、その酒屋の店員さんも、そのバーのバーテンダーさんも言うのかもしれません。あなたも「返品不可だよな」と思うでしょう。「自己責任」(?)ですか。やれやれ、ですね。

IMG_9131_1もちろん、僕もそう言うのかもしれません。だけど、「そんなことを言わずに済む世界」がやって来ないかと思うのです。本気で思うのです。そして、「できれば、そんなことを言わずに済む世界」を実現しようと計画をしました。そのひとつの形が「3杯セット」であり、「魅惑の4杯セット」であり、今回の「まつり」ということです。

IMG_9144_1僕は自分の考えたことが「正しいこと」を証明したいと思っています。それまでウイスキーを愉しいと思ったことがなかった人が、ジェイズ・バーに来て愉しめるようになっています。グラスの中の一杯のウイスキーから、僕らは様々なものを見つけることができるからです。ウイスキーは発見であり、冒険です。また、いつものように話が長くなりますから、今日はこの辺でやめておきましょう。

それでも、「ウイスキーが嫌いになる誰か」が出て来るであろうことを、僕は止められないかもしれません。だけど、もしもあなたが、「ウイスキーを愉しめるようになりたい」と思うなら、一度ジェイズ・バーに来てみて下さい。「そんなことを言わずに済む世界」を心から望む僕が、あなたのご相談に乗りたいと思います。

IMG_9140_1「まつり」には仕組みがあります。それは、既に「感じる身体」を持ってウイスキーを愉しんでいる人に大きな喜びを提供する仕組みと、持たない人の「感じる身体」に気付かせる仕組みです。だから、あなたがどちらの人でも「まつり」は愉しめます。だから、僕は本当は(笑)、その両方の人に半分づつ位来て欲しいと思っています。

だから、「まつりも何も、ジェイズ・バーが初めて」。そんな人にこそ「まつり」に来て欲しいのです。


「第二回 GMケルティックまつり」のリストが出来上がりました。

091212第二回まつりリスト



もしもあなたが、「どのウイスキーも知らないものばかり」と言うのなら、まったく心配は要りません。あなたの周りのウイスキーを知っている人に訊いてみて下さい。そして、「まつり」の参加費用についても教えてあげて下さい。チケット代込みで、全部飲んで¥5,410です。「行きたい」と思うか、「バカバカしい」と思うかは、もちろん、あなた次第です。

だから、初めての方大歓迎のジェイズ・バーであり、ジェイズ・バーの「まつり」です。



一昨日、昨日、今日と少し疲れました。
今日は酒屋に「付き合い」で買わされたボジョレ・ヌーボーでも飲んで寝ます。

詳細は明日にでも。

お願いします。
人気ブログランキング ←こちらをクリック!

本日、後の祭り。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
「人気ブログランキング」

昨日はたくさんの皆様に集まっていただき、ありがとうございました。活気はあっても落ち着いて、穏やかにウイスキーを愉しめる夜になったと思う。少し混雑して、窮屈な思いをさせてしまったかと思うが、ご勘弁を願いたい。ただ、お集まりいただいた方のずべてが、皆一様にウイスキーを愉しむ方ばかり。少々の窮屈さも悪くないと思っていただけたらありがたい。

そうだな、と思う。
侍は、こんな祭りが開きたかったのだなと。
穏やかな笑顔が集い、自らの「感じる身体」を知る人も、自らの「感じる身体」に気付いた人も、ウイスキーを愉しんだ。既に始まっている人も、まさに昨日始まった人も、ウイスキーを愉しんでいた。

まだ明確ではないが、侍は祭りの種類をいくつかに分けたいと思っている。「¥600まつり」と名付けた祭りは、まさに自らを初心者と思うような方に気軽に愉しんで欲しい祭りである。もちろん、既にウイスキーの愉しみを知る方にも、「おぉ、良いウイスキーあるじゃん!」と思うなら、気軽に参加して欲しい。

そんな話は、また整理をして皆様にお伝えしたい。

さて、本日は祭り最終日。「後の祭り」である。
まだチケットをお持ちの方は是非ともご参加を。
ポート・エレンはチケットお持ちの方の分は確実に残っています。

チケットを購入しなかった方も、少しは「おこぼれ」があります(笑)。
当日参加、OKです。

詳細はジェイズ・バーにて。

お待ちしております。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

IMG_9025_1

本日、祭り日。

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
091205本日、祭り日。
人気ブログランキング ←こちらをクリック!

「飲めば分かる」というのは、とてもシンプルな真理だと思う。つまり、「飲まなければ分からない」ということ。飲んだこともないのに、ウイスキーが「分からない」と嘆くのはおかしなことだと思う。もちろん、「飲んでも分からない」という可能性のすべてを否定することはできない。だけど、飲んでもいないのに「分からない」と言うなら、むしろ、それは当たり前のことで、「分かりたい」と思うなら飲んでみれば良い。

ウイスキーを「知っている」ことは、ウイスキーを「分かっている」こととは違う。僕に言わせるなら、ウイスキーを「分かる」とは、ウイスキーを感じ、ウイスキーを愉しむことだ。必ずしも、「知っている」必要はない。やがて、「知ること」が愉しくなれば、あなたは勝手に知るようになり、たくさんのことを覚えていくようになるだろう。

足りない経験を知識で埋めることはできない。
知識は経験を越えない。
ウイスキーはウイスキーを飲むことでしか上達しない。
それが、僕の思うウイスキーだ。

本日は祭り日。
「第一回 ¥600まつり」の二日目である。


091129第一回まつりリスト



9種類のシングル・モルトを用意した。例えば、何でも構わない。ランダムにふたつのシングル・モルトを選んで、そのふたつを飲み比べたなら、あなたは「アレとコレ」の香りと味わいに違いがあることに気付くだろう。その違いに気付くことは、あなたの中にウイスキーを「感じる身体」がある証拠だ。

それは、間違いなく誰にでもあるもので、「感じる身体」があるなら、ウイスキーは誰にでも愉しめる。僕は長く、ウイスキーを売ることを仕事としてきたが、「アレとコレ」の違いに気付かなかった人は一人もいなかった。だから本当は、ウイスキーは誰にでも「分かること」なのだと思う。

ただ、「そんなことはどうでも良い」という人はいるのだと思う。
人生にはウイスキーより大切なことはいくらでもあるのだから。
「分からない」のではなく、「分かる必要がない」ということなのだろう。
「分かる必要がない」人は、ウイスキーが「分からない」というのだろう。
その人に、他に愉しいことがあるならなおさら、ウイスキーを「分かる必要がない」訳だ。

もしもあなたが、ウイスキーを愉しんでみたいと思っていて、ウイスキーが「分からない」と言うのなら、あなたはウイスキーを「知っている」必要はない。あなたは「分からない」のではない。あなたは「知らない」だけで、あなたが「知らない」のはウイスキーの愉しみ方である。「飲めば分かる」のが、ウイスキーなのだから。

あなたはウイスキーを愉しみながら飲んでみようと思ったことがあるだろうか?
ほんの少し積極的に愉しもうと思うなら、ウイスキーはあなたの期待に応えてくれる。
ウイスキーはあなたに感じさせてくれる。
あなたはウイスキーから、驚くほど様々なものを感じるだろう。
だけど、「感じる必要がない」と思うなら、まったく感じない。
世界は思い込みと幻想でできているから。

あなたがウイスキーから「感じたこと」も思い込みと幻想だろうか?そうかもしれないし、そうではないかもしれない。確かめてみれば良い。目の前に、まだあなたのウイスキーは残っているはずだ。もう一度、香りを嗅いでみれば良い。もうひと口、飲んでみれば良い。先ほど、あなたが「感じたこと」は、まだグラスの中にあるだろうか?

それでも心配なら、隣の人に訊いてみれば良い。今日のジェイズ・バーには、あなたの周りに、あなたが飲んでいるものと同じものを飲んでいる人がいる。「あなたはどう思いますか?」と訊いてみれば良い。あなたと同じように感じる人がいることに、あなたは嬉しくなるだろう。あなたと違う感じ方をする人に、驚くかもしれない。あなたと違う感じ方をする人に、あなたは説明を始めるかもしれない。あなたの説明が納得されたなら、あなたは嬉しくなるだろう。

感じること、分かること。
愉しくなること。
愉しみが共有され、膨らむこと。
それが、僕の思うウイスキーだ。
その繰り返しは、あなたのウイスキーの愉しみ方を上達させる。

僕はそんな風にウイスキーを愉しめる人が増えてくれたら良いのにと思っている。
それが、僕が祭りを開く理由だ。

気楽であること。気軽であること。つまり、リラックスすること。
もしもあなたが、生れて初めて「ウイスキーを愉しみながら飲んでみよう」と思ったなら、とても大切なことだ。迷わないように、用意するウイスキーを9本に絞った。金額はすべて¥600にした。あなたの中に、まだ「分からない」という思い込みがあったとしても、困らないように分かり易くした。

あなたはウイスキーが「分からない」のではないはずだ。
「飲めば分かる」はずだから。
あなたはウイスキーを「知っている」必要はない。
あなたが「知らない」のはウイスキーの愉しみ方だけだ。
だけど、心配は要らない。
「感じる身体」があるのなら、「飲めば分かる」はずだから。

あなたのウイスキーが始まりますように。
それが、僕が祭りを開く理由だ。


残念ながら、今回の祭りのチケットは完売いたしました。
だけど、これからも祭りは続けて行きます。
毎回、祭りにはテーマを設けます。
テーマに「ランダム・テイスティング」とあるなら、なおさらのこと初心者向けの祭りになります。
是非とも、ご参加下さい。
あなたがウイスキーを愉しみたいと思うなら、ウイスキーはあなたの期待に応えてくれます。
「分かるはずがない」というあなたの思い込みは、簡単になくなります。
ウイスキーは誰にでも分かるのです。
「飲めば分かる」のですから。


本日最後になるが、ローガ2種
「グレン・グラント 1965 44Yo / ローガ SMS」
「ストラスアイラ 1967 42Yo / ローガ SMS」


遂に出たぞ。

「人気ブログランキング」

IMG_9025_1

「ローガまつり」開催

ブログネタ
シングル・モルト に参加中!
IMG_9025_1やることに決めた。

昨日は雨にも拘らず、お客さんに集まっていただいた。何人かのお客さんとお話をして、大変励みになりました。ありがとうございました。おかげで2本のローガは1/3ほど売ってしまったが、嬉しい限りである。ウイスキーを出して喜んでいただける。侍にとってこんなに嬉しいことはない。

だから、「ローガまつり」を開くことに決めた。

昨日一日、「ウイスキーは誰のものか?」について考えた。
考えて、「飲み手のものである」という結論に達した。

翻って、侍の立場について考えた。
供給サイドの最前線に立ち需要サイドを向き、またその向きを変え、需要サイドから供給サイドを眺める。「自らの立ち位置、そこにあり」。そう思うに至った。カウンターに立ち飲み手に向かえば、背中に酒瓶の並ぶバックバーを背負い、その背後には酒販店とメーカーの存在を感じ、時に酒販店やメーカーに面と向かわねばならぬことがあるなら、それは、顧客に背を向けることではないだろう。

背中に顧客を感じることだ。

侍はメーカーさんと酒販店さんに問い掛けよう。
「ウイスキーは誰のものか?」、と。
「飲み手のものではないのか?」、と。

侍は飲み手の皆様に申し上げよう。
「侍と酒販店とウイスキー・メーカーは、あなたの目の前の一杯を愉しんで飲んでいただきたいと思っている。造り手は魂を込めた。酒販店は大切に扱った。侍は丁寧に一杯を注いだ。あなたが愉しむことが前提だが、どうか乱暴に飲まないで欲しい」。

「人気ブログランキング」


IMG_8866_1もしもあなたが、杯のウイスキーをゆっくりと時間を掛けて堪能したいと思うのなら、侍の開く「少し静かな祭り」に参加して欲しい。きっとあなたに、心穏やかな興奮が訪れるだろう。あなたは必ず感じるはずだ。その2杯のウイスキーは、あなたを感じさせる力を持っている。あなたが何かを知っている必要はない。あなたが持っている「感じる身体」に気付けば良い。この2杯のウイスキーは、あなたを覚醒させる力を持っている。

もしもあなたが、「ウイスキーになんて、感じたことがない」と言うのなら、そんな都合の良いことはない。あなたの「感じる身体」は、この2杯のウイスキーで覚醒するだろう。

もしもあなたが、「ウイスキーの愉しみ方を知らない」と言うのなら、とても素晴らしいことである。ジェイズ・バーのカウンターの隣の席に、ウイスキーを愉しむ人がいることに気付くはずだ。その人がやるように、あなたもウイスキーをやれば良い。隣のその人がやるように、グラスを傾けて鼻を近付ければ良い。ほんの30秒ほどの時間で、その香りからあなたの「感じる身体」は目覚めるはずだ。

IMG_8881_1もしもあなたが、「30秒では目覚めなかった」というなら、まったく心配は要らない。少し落ち着いて、ウイスキーの声に耳を傾ければ良い。あなたはグラスの中から、あなたの好きな何かを見つけるだろう。この2杯のウイスキーは饒舌にあなたに語りかける。今までウイスキーに感じたことがなかったあなたにも、その声は必ず届く。それほどに饒舌なウイスキーだ。



「第三回 ローガまつり」

期日:12月19日(土)、12月20日(日)
前売チケット:¥0
募集人員:28名
アイテム数:2本2種
01.グレン・グラント 1965 44Yo / ローガ SMS
02.ストラスアイラ 1967 42Yo / ローガ SMS

当日料金:¥4,830(税込)
それぞれ一杯づつ、合計2杯のウイスキーをフル・ショットでお愉しみ下さい。

注意事項
今回の前売チケットは¥0です。つまり、ご入場引換券とお思い下さい。参加当日、お会計時にフル・ショット2杯分、¥4,830をお支払いただきます。もちろん、当日は他のウイスキーのご注文も承ります。チケットをお持ちの方で、急な都合により当日のご参加ができなくなった場合には、どうか必ずご連絡を下さい。お電話で結構です。キャンセル分は繰り越して、他の方の参加を募ります。

祭りに向けて、本日新たに2本のローガを発注いたしますが、募集人員28名に対して不足分が発生します。新たに入荷予定のローガにて対応できなかった参加者には、現在販売中のローガをご提供いたします。また、当日の「おかわり」の需要にも、現在販売中のローガにてご提供いたします。

前売チケットは来週中頃にご用意する予定です。
詳細はご来店時にお問合せ下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。


よろしくお願いします。「人気ブログランキング」

IMG_9025_1



ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ