モルト侍

池袋のショット・バー、ジェイズバーのバーテンダーが、大好きなシングル・モルトを斬る。

仕入

スペイサイド・リージョン 1973 43Yo / グレンファークラス 1979 - 2015

昨日こんなの買いました。


FullSizeRender


スペイサイド・リージョン 1973 43Yo

for Club Qing & Shinanoya

Sherry Butt , 125bottles , 46.8%


FullSizeRender


グレンファークラス 1979 - 2015

OB for 信濃屋

Plain Hogshead , Cask No.8798 , 263bottles , 50.9%


最近はお馴染みな感じの73スペイサイド・リージョンであります。


抜栓時から仕上がりが良く、豪快にパッツン系フルーティ。グラマラスでボリューミィ。ピンク・グレープフルーツ、桃、パイナップル、完熟オレンジ。ほのかなアクセントとなるバジル。オニオンスライスの甘み。甘い蜂蜜。


こりゃいいね。


信濃屋向けファミリーカスクも第8弾だそうでありますな。


白桃、冷たくフルーティなヨーグルト・ドリンク、ロイヤル・ミルクティ、大根おろし的スパイシーが心地良い。


しなやかな美人さん。


最新の発注・入荷・リリース情報は<a href="http://www.facebook.com/jsbar.ike" target="_blank" title="">ジェイズ・バーのFacebookページ</a>

池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!


グレンマレイ 1996 21Yo / ザ・マッシュタン&ザ・ウイスキーファインド

グレンマレイ 1996 21Yo

ザ・マッシュタン&ザ・ウイスキーファインド

216bottles , 52%


FullSizeRender


甘く艶っぽい麦の味わい。ローストしたナッツ。ピーナッツバター。甘栗。嫌味のない丁寧な仕上がり。


優しく美しい甘さが特徴ですな。ここにあるウイスキーらしさを感じて欲しいなと思うのであります。


気に入りました。

3杯セット」対象商品、なので「コレうま」です。


<a href="http://blog.livedoor.jp/malt_samurai/archives/51459814.html">「3杯セット」</a>のご利用が可能です。

他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,350。


最新の発注・入荷・リリース情報は<a href="http://www.facebook.com/jsbar.ike" target="_blank" title="">ジェイズ・バーのFacebookページ</a>

池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

タリバーディン 1993 24Yo/ヴァリンチ&マレット

昨日こんなの買いました。


タリバーディン 1993 24Yo

ヴァリンチ&マレット

Bourbon Hogshead , Cask No.17-947 , 234bottles , 52.1%


FullSizeRender



某酒屋の方と「タリバーディンって大当たりがあるじゃないっすか」「気になるねぇ」「サンプルないねぇ」なんて話をしていて、


「人柱になってみませんか?」


と口説かれた。


気になるものは試してみたくなるタイプなので、ふたつ返事で発注。


昨日抜栓、今のところ香りの立ち上がりは物足りないが、すり潰したナッツとクリーム、マスタード系スパイシーが心地良い。


程良いアルコール感があるので、しばらくすればグラマラスなボリューム感を発揮して来るのではないかと思われる。


最新の発注・入荷・リリース情報は<a href="http://www.facebook.com/jsbar.ike" target="_blank" title="">ジェイズ・バーのFacebookページ</a>

池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

グレンカダム 1995 22Yo/OB for TWH

グレンカダム 1995 22Yo

OB for TWH

Bourbon Barrel , Cask No.3333 , 174bottles , 61.2%


FullSizeRender


あくまでも個人的な見解だが、このしっかりした樽感を背景に各種フルーツ・フレーバーが散りばめられた様子は、hoopが選ぶバーボン樽系ウイスキーって感じがするのであります。


抜栓後、まだ24時間も経っていないので今後の展開は予想困難だが、十分なポテンシャルの高さを感じますな。


何かのフルーツの皮、桃のようでもあり、プルーンののようでもあり、杏のようでもあり。そして、圧倒的なバニラが出て来る予感があって、ちょいとココナッツやホワイト・チョコレートな感じも微かに。


最新の発注・入荷・リリース情報は<a href="http://www.facebook.com/jsbar.ike" target="_blank" title="">ジェイズ・バーのFacebookページ</a>

池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!


カリラ 2002 - 2017 15Yo/ヴァリンチ&マレット

昨日こんなの買いました。


カリラ 2002 - 2017

ヴァリンチ&マレット

Sherry Hogshead , Cask No.17-002 , 319bottles , 52.8% 


コレいいぞ。

昨日抜栓したばかりだが、まだまだ伸びるね。

パイナップル系フルーティが出て来る予感。

FullSizeRender

スペイバーン 2004 - 2017 / OB for 信濃屋

昨日こんなの買いました。


FullSizeRender


スペイバーン 2004 - 2017

OB for 信濃屋

1st Fill Sherry Butt , Cask No.214 , 630bottles , 52.5%


<a href="http://blog.livedoor.jp/malt_samurai/archives/51459814.html">「3杯セット」</a>のご利用が可能です。

他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,350。


最新の発注・入荷・リリース情報は<a href="http://www.facebook.com/jsbar.ike" target="_blank" title="">ジェイズ・バーのFacebookページ</a>

池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

3R &TWA / アートワーク2種

ラベルには魚と鳥が描かれていて、何故そうなのかは分からない。

ボウモアが魚。ウェストポートが鳥。アートワークと言うくらいだから、芸術的な仕上がりではあるけれど、ボウモアが鳥で、ウェストポートが魚だったら違和感があるかもしれない。

どちらも上々の仕上がりでしょう。

落ち着いたヨードと角の取れたフルーティさが優しいボウモア。口に含んでからのスモーキーさが心地良く、甘い磯系フルーティ。

実は、ボウモアの方はある程度目論見通りの仕上がりで、驚くことはなかったのだけれど、期待していなかったウェストポートの方は予想外に良かった。

ナッツ・クリーム系ウイスキーであります。穀物の甘みとハチミツの甘みのバランスも良い。フィニッシュにペッパー系スパイシー。結構気に入ってます。

大きな変化は期待してないけれど、現状で十分美味しいよ。

今夜は軽目に失礼します(笑)。

10354729_892562814095068_5916072883478636340_n

ボウモア 2001 13Yo
3R &TWA / アートワーク
Refill Hogshead , 272bottles , 50.9%

ウェストポート 1999 14Yo
3R &TWA / アートワーク
Refill Hogshead , 146bottles , 50.2%


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

グレン・グラント 1991 22Yo / エイコーン ナチュラル・モルト・セレクション

甘くて飲み応えがあり少しピリッと来る感じをウイスキーらしいと感じることが多い。もちろん、すべてのウイスキーが「そうである」訳ではないし、すべてのウイスキーが「そうあるべき」とも思わない。

様々なウイスキーが存在することを僕は歓迎するし、様々なウイスキーを愉しめる環境は、確実に僕らの「感じる身体」を成長させるのだと思う。

R0023054_1


ウイスキーとは感じて愉しむものであり、ウイスキーを「感じられる」と自覚することは、ウイスキーの愉しみを始めるために必要なものだと僕は考えている。

「AとB、違うふたつのウイスキーがあるなら、それぞれに違う香りと味わいがあるだろう」と予測できなければ、人は違うウイスキーを愉しもうとは思わない。

だから、ウイスキーに多様性が担保されることを僕は望んでいる。

R0023047_1


これは麦味のウイスキー。しっかりと麦芽の甘さがあり樽のニュアンスが艶っぽく出ている。甘いだけでなく、その背景にピリッとスパイシーな飲み応えがあり、あぁ、なるほど、僕はこのようなウイスキーをウイスキーらしいと感じるのだな。

重たいハチミツの香り。グレープフルーツのワタ。冷めたトースト。時間とともにアップルパイ。口に含んで、しっかりした飲み応え。微かにセメダイン。ペッパー系スパイシー。温かみのあるショウガ。遅れて麦芽の甘み。心地良い苦味。

R0023040_1

グレン・グラント 1991 22Yo
エイコーン / ナチュラル・モルト・セレクション
Cask No.130761 , 54.8%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

ケイデンヘッド スモール・バッチ 3種

アバフェルディ 1997 17Yo
ケイデンヘッド / スモール・バッチ
Bourbon Hogshead , 288bottles , 56.8%

ボウモア 2002 12Yo
ケイデンヘッド / スモール・バッチ
Bourbon Hogshead , 270bottles , 56.9%

カリラ 2003 10Yo
ケイデンヘッド / スモール・バッチ
Bourbon Hogshead , 294bottles , 58.4%

ケイデンアバフェルディ


今回のケイデンヘッド/スモール・バッチの仕入は、アバフェルディ、ボウモア、カリラの3種。図らずも頭文字がABCとなりました。

今時、ありがたい価格設定の3種であります。飲んで気に入れば家飲みに丁度良いウイスキーでしょう。

個人的にお気に入りなのはアバフェルディ。上々の仕上がりであります。酸っぱい梅ジャムを塗ったトースト。ちょいとクリーミィ。

ボウモアはバニラ甘くスモーキー。柑橘系のフルーティさは感じますが、もう一押し足りないかなと思います。

カリラはナッティでケミカル系スモーキー。この手のカリラをカリラに求める人にはウケが良いでしょうな。

どれも「3杯セット」対象商品です。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

ボウモア 2000 13Yo / ザ・ネクター・オブ・ザ・デイリー・ドラムス &LMdW

ネクターとメゾン・ド・ウイスキーのジョイント・ボトルであります。

ボウモアもニュー・リリースの主力はどうやら2000年代になってきたようですな。最近は「飲み比べ」的なポジションから眺めるボウモアが好きでして、まぁ「追い掛け過ぎても仕方がない」なんて思いながら、少しばかり追い掛けております。

しかし、ボウモアという蒸留所も魅力的な蒸留所でありますな。最近は何だかボウモアのことをよく考えておりまして、思えば僕らは「腐れ縁」のような気がするのですな。

僕とボウモアが初めて出会ったのは、今からもう25年も昔のことでしょう。オフィシャルのいわゆるダンピーの12年。「ボウモア」と言えば、まだ一般的に「それ」を指していた時代でしたな。

R0023018_1


正直に申し上げるなら、まったく美味しいとは思いませんでした(笑)。不味いとも思わなかったのですが、「これに何の意味があるのだ?」というのが素直な感想でした。

ただ、それを美味しそうに愉しむ大人たちを少し羨ましく思ったり、でも、僕には圧倒的にフェイマス・グラウスの方が美味しいと思う気持ちがあり、「だって、値段考えたら断然こっちの方でしょ?」と高らかに(心の中で)叫んでいたのであります。

そうは言っても、値段が高いボウモアを美味しいと思うオジサンたちの存在は、僕を大きく不安にさせました。僕は一人で「フェイマス・グラウス最高!」と叫んでいて、遠くの方には落ち着いてボウモアを愉しんでいる集団が見える。

時は過ぎて数年後、90年代も中頃になりますと、ボウモアのダンピーなんてものは市場から消え去りまして、ボトルの形もモデル・チェンジして、今度はいわゆるパフューミィなボウモアの登場であります。

そのパフューミィなボウモアを初めて飲んだ時は衝撃的でありました。その時は心の底から「不味い」と思ったのでありますな(笑)。と同時に、僕はニヤニヤしていたのですな。

「それ見たことか」と。かつて「フェイマス・グラウス最高!」と叫ぶ僕を鼻で笑っていたオジサンたち(いや、実は笑われてさえいないのだが)を見返してやった気分だったのであります。「やっぱりボウモアって不味いんじゃん」と。

R0023011_1


また時は過ぎて数年後、僕自身もぼちぼちオジサンと言えるような年齢に近付き、改めて80年代のダンピーのボウモアを飲む機会に恵まれまして、実はその時が一番衝撃的でした。心の底から美味しいと思ったのであります。

ちょっぴりクリーミィなニュアンスもあり、とてもフルーティに感じたのであります。特にそのフルーティなニュアンスは、80年代の終わりに初めてボウモアを飲んだ時にはまったく感じなかった感覚でした。

毒にも薬にもならないボウモアより「フェイマス・グラウス最高!」と叫んでいた自分は何だったのか?と、僕にとっては、まさに天地がひっくり返る出来事でありました。

確かに、ボウモアも変化するけれど、同様に受け手である僕の感覚も変化する。そして人間は概ね自分の変化にこそ気付きにくい。

80年代の終わりに、僕はボウモアの良さにチューニングすることができなかった。でも、数年経ったらとても簡単にそれができるようになっていて、でも、改めてダンピーのボウモアを飲むことがなければ、それに気付くことすらなかった。

どうしてチューニングできるようになったのか?という問いにフォーカスするなら、「色々飲んだから」というのが唯一の正解だろう。勉強をすれば知識は増えても、体験をしなければ知恵は生まれない。

ウイスキーを愉しむというのは、まずは自分の感覚を信じることなのだ。あなたが何かを感じるといのは、あなたが世界をどう見ているのか?というひとつの答えなのだ。

詳細なテイスティング・ノートが書けなかったとしても、それはあなたのウイスキーの愉しみをまったく疎外しない。一番大切なのは、どんな時も「それを美味しいと感じるか否か」ということなのであります。

美味しいと感じたなら、美味しいと感じたあなたの中にその理由があるのであって、それを言葉にできなかったとしても、あなたには「美味しく感じた」という愉しみが残っている。それは、ウイスキーの愉しみの中で一番大切なものだ。

そもそもテイスティング・ノートとは、結論ありきで書かれるものではないだろうう。だから、詳細なテイスティング・ノートを書くことを目的とした飲酒は、ウイスキーの愉しみを阻害するのではないかと思うことがある。

僕もかつて、そうやってウイスキーの愉しみを失いかけたことがある。

若者というのは概ねトンチンカンなもので、そのことは25年前の僕を思っても明らかなことだ。25年後、現在50歳の僕は「多くの場合ボウモアはフェイマス・グラウスより美味しい」と思っている。

ひとつだけ変らないことがあるなら、「美味しいと感じたものを、美味しいと言うようにしている」ということ。

00ボウモアらしく海のボウモア。甘い潮風。海苔。フルーティな味噌。日本酒のおつまみの何か。口に含んで、じんわりと塩味。煙たい甘さ。ペッパー系スパイシー。スモーキーなバニラ。

R0023008_1

ボウモア 2000 13Yo
ザ・ネクター・オブ・ザ・デイリー・ドラムス &LMdW
51.9%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

秩父 2010 - 2014 4Yo / OB for Shinanoya CELEBRATE 100th BOTTLING

速報です!

秩父の信濃屋さん向けボトル。フィノ・シェリーの秩父であります。しっかりと秩父でありますが、後からじんわりフィノ・シェリーって感じですな。

こういうのも初めての秩父でありまして、じっくりと香りを追い掛けたくなるウイスキーですな。

すぐに売切れになるでしょうからお早めに!

秩父フィノ

秩父 2010 - 2014 4Yo
OB for Shinanoya CELEBRATE 100th BOTTLING
Fino Sherry Hogshead , Cask No.2625 , 322bottles , 59.7%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

オスロスク 1989 24Yo / ケイデンヘッド スモール・バッチ

今回のリリースのケイデンヘッドからトマーチン、ディーンストーン、オスロスクを仕入れて、実はこいつが一番気に入っている。

「ウイスキーらしさ」というものをどう捉えるのか?ということには人それぞれ考えも意見もあると思うが、必ずしもそれは「飲み易さ」と同じものではないと思う。

R0022655_1


僕らがウイスキーを飲んでいて「美味しい」と感じる時、そこには必ず理由があると僕は考えている。ただ、僕がウイスキーを飲み始めた頃もそうだったように、何故それを美味しいと感じるのか?その理由を明確に説明することなどできなかった。

「美味しい」というのはひらめきのようなものであって、考察と検証の結果ではない。飲んだ瞬間に舞い降りて来る感覚である。「何故それを美味しいと感じるのか?」というのはその感覚を受けての検証結果でしかない。

僕は長らく、あなたが「美味しい」と感じるウイスキーの、あなたが「美味しい」と感じる理由を探そうと努めて来た。いくつかのウイスキーを飲んでもらい、推論を積み重ね、その理由を探し当てることが僕の仕事だと自負している。

「そのウイスキーが美味しい理由」ではなく、「そのウイスキーをあなたが美味しいと感じる理由」を僕は見つけたい。

R0022657_1


これは「ウイスキーらしさ」を持った美味しいウイスキーなのだと思う。僕自身はこのウイスキーをそのように解釈していて、その結果「あの人に飲ませたい」と判断する。

そして、「その人」が来た時に、僕らは互いの「ウイスキーらしさ」のようなものについて意見を交換し、僕はありがたいことに自身の「ウイスキーらしさ」に関わる考察を深めて行くのであります。

赤サビ系スパイシーな香り。焼き魚。揚げパン。小豆の甘さ。口に含んで、少量だが明らかに塩味。心地良い苦味のあるスパイシー。底の固いしっかりした印象。軸のブレない太さ。硬くて甘いお菓子。煮詰めたベリーの苦味。

R0022652_1

オスロスク 1989 24Yo
ケイデンヘッド スモール・バッチ
Butts , 1140bottles , 57.5%

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

今これ。 デュワー・ラトレイ3種

今夜は手抜きですみません。
色々とバタバタしておりまして、眠いです。

デュワー・ラトレイ3種入荷です。

R0022633_1


ダルモア 1999 14Yo
Refill Sherry Hogshead , Cask No.11939 , 322bottles , 53.8%

トーモア 1995 18Yo
Bourbon Hogshead , Cask No.20092 , 288bottles , 49.8%

グレンンカダム 1990 23Yo
Bourbon Hogshead , Cask No.5989 , 269bottles , 55.1%


ダルモアはリフィル・シェリーが気になっての入荷。
トーモアは緑茶系スパイシー。汗臭さもなく一安心(笑)。夏向きかなぁ。
グレンカダムは3種の中で一番お勧めしますよ。

すべて「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

for 信濃屋 2種

ベンリアック 1979 32Yo
OB for Shinanoya
Bourbon Barrel , Cask No.11408 , 150bottles , 47.8%

ブナハーブン 2006 7Yo
BBR 復刻ラベル
Cask No.800093 , 57%


ブナハーブンはピートの効いたやつの模様。
ベンリアックは76とは違うんだろうなぁ(笑)。

R0022505_1


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

今月のスコッチさん

ミルトンダフ 1996 17Yo
SMS ディスティラリー・コレクション
52.2%

オルトモア 1992 21Yo
SMS ディスティラリー・コレクション
49.2%

ボウモア 2002 11Yo
ハート・ブラザーズ
57.6%

k今月のスコッチ


今月はバタバタしていて新入荷のウイスキーを紹介していなかった。定期的にウイスキーは入荷している訳で、怒涛の12連投のウイスキーだけを出していたのではない。

ぼちぼちジェイズ・バーは平常運行。
普段のようにウイスキーを紹介して行きたいが、3本と数が多いので、お知らせだけですな。

僕のコメントは「オルトモアが一番美味しい」です。

3本すべて「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

ケーデンヘッド スモール・バッチ 2種

すみません。
今夜は軽めなご案内だけにて失礼!

R0022161_1


生木の香りと麦芽の甘さ。ピーティでありフルーティ。旨味も感じながらバニラ。そんな感じのカリラです。こいつはなかなか色が良い。そのポテンシャルを発揮してます。

R0022170_1


カリラ 1991 23Yo
ケーデンヘッド スモール・バッチ
Bourbon Hogshead , 246bottles , 53.3%



目論見にジャスト・フィット!塩・ミント・ハチミツ。素直なボウモア。大きな存在感は発揮しないが適度に各種フルーツ。今後の展開に大きく期待はできないが、まさに抜栓時の「今飲め」というボウモア。

R0022157_1


ボウモア 2000 15Yo
ケーデンヘッド スモール・バッチ
Bourbon Hogshead , 210bottles , 59%

どちらも「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,160)。
1杯当り、¥720(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
池袋でシングル・モルト・ウイスキーを!

いくつかの入荷情報

まだご紹介していなかった入荷情報がいくつかあるので、本日はまとめてご案内しておきたい。

ジェイズ・バーのFacebookページでは、既にご紹介済みなのだが、こちらのブログの方までは手が回っていなかった。申し訳ありません。

さらに手抜きなようで恐縮だが、以下すべてジェイズ・バーのFacebookページのリンクであります。

まずは、
ハイランド・パーク 1985 22Yo
シグナトリー・ヴィンテージ カスク・ストレングス・コレクション
Hogshead , Cask No.2896 , 286bottles , 52.7%


ハイランド・パークSV



ポート・エレン 1982 29Yo
スリーリバース オリジナル
Bourbon , 150bottles , 55.5%


R0018878_1



グレン・エルギン 1985 27Yo
ダグラス・レイン OMC for THE MASH TUN TOKYO & Shinanoya
Refill Hogshead , 214bottles , 46.6%

ストラスミル 1983 29Yo
ダグラス・レイン OMC for THE MASH TUN TOKYO & Shinanoya
Refill Hogshead , 134bottles , 51.2%


OMC



グレンリベット 1979 32Yo
ヴィンテージ・モルト クーパーズ・チョイス
Hogshead , Cask Ref.19555 , 150bottles , 46%


VMCC



オルトモア 1992 20Yo
インプレッシヴ・カスク
Barrel , 51.6%

ストラスミル 1990 20Yo
インプレッシヴ・カスク
Hogshead , 50.9%


ストラスミル



詳細はリンク先の記事をお読みください。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

イチローズ・モルト 秩父 ちびダル & ポート・パイプ

秩父蒸留所から2種類のウイスキー。「ちびダル」と「ポート・パイプ」。愉しみにしていたウイスキーが入荷しました。

どちらも少量の瓶詰めでないにも関わらず、売切れな酒屋さんが多いようで、秩父蒸留所の人気を物語っているようですな。

特に「ちびダル」の方は気になっていたウイスキーで、愉しみにしておりました。どちらも昨日入荷したばかり。まだしっかりと飲んでいないので、詳細は後日改めてご報告させていただきます。

どちらも「3杯セット」対象商品です。お気軽にお試し下さい。
ジェイズ・バーでも早々に完売になることが予想されます。
お早目に。

R0019021_1


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

スプリングバンク 21Yo / OB

復活第二弾のスプリングバンク21年でありますな。

前回は「久し振りに出て来てくれたこと自体に感謝」って気持ちもあったので、僕自身の評価も緩めでしたが、復活第二弾ともなれば「今回からはちと厳しいよ」って気分で飲みました。

まずまずっていうのが素直な感想。綺麗なイチゴの香りが出ています。穀物の甘さ。軽快なバニラ。全般的に好印象。ただ、今のところ「香り酒」的でありますな。

昔と同じものを求めても仕方のないことなのだろうと、前回はつくづくそう思いましたので、新生21年として、船出したのだと解釈しております(笑)。

正直に申し上げれば、飲み口に物足りなさを感じました。まぁ、抜栓初日数時間後の感想です。決してポテンシャルの低いウイスキーではないと思われますので、今後の展開が愉しみです。でも、少し安堵したのは、前回よりは良い印象になったかなと、そんなことを素直に思いました。

気になる方、お試し下さい。

そんな訳で、本日限り、
ハーフショット1050円(税込)にてご提供です。
是非とも、お集まり下さい。

R0018647

スプリングバンク 21Yo
OB
46%


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

今月のディスティラリー・コレクション

まずはグレンリベットから。

つい最近、同じヴィンテージ(1982)のBBRのグレンリベットをご紹介させていただいた。そちらはアルコール度数も低くあっさり目。個人的には「朝ごはん的」と感じたグレンリベットだった。

あくまでも、このふたつを比べるなら、こちらは相対的にふっくら太めな印象でありますな。BBRがフルーツ・ジャムを塗ったトーストなら、こちらのDC(ディスティラリー・コレクション)はピーナツ・バターを塗ったトーストな印象。

R0018090


で、BBRもこちらのDCも良い具合のクリーミィなニュアンスがある。

まぁ、1982年というと、「あれから30年」的な今年は2013年でありますな。30年熟成のグレンリベットということで、これからまた何か出てくるのかな、なんて思ってしまいます。

目論見を外さない感のあるDCでした。アーモンドっぽい渋味や芳ばしさ。軽快フルーティを望むならBBR。穏やかな安定を望むならDCって感じでしょうな。

今のところ控え目ですが、バニラ・カスタード系の甘い香りも感じて、数週間後にこのニュアンスがより前面に出てくるようになると愉しみが増えるなと、そんなことを思います。

程よい酸味にピートが被るように現れなかなか特徴的ですな。

グレンリベット 1982 30Yo
ディスティラリー・コレクション
Cask Ref. No.7708 , 52.5%


お次はグレンカダム。

まぁ、グレンカダムというと佳酒ですな。地味ながら実力派。DH制の9番バッターに置きたいタイプです(笑)。個人的にはそう思っている訳ですな。

嫌味のない綺麗なリンゴの香り。鼻抜けの良さが心地良い。この程度の熟成年数のグレンカダムの親しみやすさは、多くの人に受け入れられるものでしょう。

R0018069


ひと言で言うなら、どぎつい印象のない軽やかなフルーティさが良いですな。

まぁ、人気蒸留所とは言えませんから、飲んだことがないという方も多いかと思います。もしも「初めて飲むグレンカダム」であるなら、こちらをお勧めしますよ。良い印象を残すことに成功するでしょう。

グレンカダム 1991 21Yo
ディスティラリー・コレクション
Cask Ref. No.5762 , 53.9%


さてさて、ちょいとくたびれている感じなので本日はこの辺で。

グレンカダムは「3杯セット」対象商品。残念ながら、本来はグレンリベットは「3杯セット」対象外となりますが、来週水曜日(3月13日)まで、

こちらのグレンリベットを「3杯セット」の対象商品としてご提供させていただきます。

お気軽にお愉しみ下さい。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。

R0018061


TWA ファイト 入荷情報2点

戦うワニと蛇。戦う虎と孔雀。
ボウモアとラフロイグである。
ザ・ウイスキー・エージェンシー(TWA)から新シリーズ「ファイト」でありますな。

奇天烈なボウモアと、甘さがしっかりした素直なラフロイグ。そんな2本のアイラ・モルトであります。まぁ、当初は見送ろうかしら…。なんて思っていた今回の「ファイト」ですが、こいつもモルト飲みの性ってヤツですかね、気になったので仕入です。

R0018004


ラフロイグは素直に好きって言えるウイスキーですな。「あ、こういうの良いね」って感じです。アーモンド・オイルとバニラっぽい甘さが特徴でもありますな。リンゴとレモンのフルーティさ。焚き火っぽい煙たさもあり、クレゾールのニュアンスも顔を覗かせ、でも、灰っぽい印象は少なめ。それでいて、きりっとスパイシー。

素直に好きって方も多いラフロイグかなと。

お願いします!「人気ブログランキング」

R0017987


で、ボウモアの方がちょいと曲者ですな。ラフロイグの方が素直に好きなのは間違いがないのですが、何だろね?むしろ、このボウモアの方が愉しめちゃったりするのかね。って感じです。しっかり向き合ってみると、結構複雑な要素も感じられて、「ふむふむ」ってことなのですな。

シェリーのニュアンスとちょいとパフューミィな感じが「どーん」とぶつかってますな。「何これ?」ってところから始まって、飲み進めて行くと「ふむふむ」と腑に落ちるのであります。

コーヒーやチョコレートのニュアンス。もちろん、適度に塩っぽさもあって、燻製した食べ物や微かに花火の煙みたいな感じもありますな。

間違い探しに躍起になれば、当然評価は下がるでしょうし、愉しさを見つけることに成功すれば「ふむふむ」となるでしょう。平凡なラフロイグよりボウモアが好きって人もいれば、頓珍漢なボウモアより素直なラフロイグが好きって人もいるでしょうな。

ま、すべてのウイスキーは体験ですな。
ジェイズ・バーならどちらも「3杯セット」対象商品です。ふたつ並べて飲んでみることをお勧めします。「両方好きじゃない」って方だってそりゃいるでしょうが、「なるほど」ってくらいには納得の落ちるボウモアとラフロイグです。

R0017977

ラフロイグ 1995 17Yo
TWA ファイト
EX-Bourbon Barrel , 253bottles , 53.9%

ボウモア 1989 23Yo
TWA ファイト
EX-Sherry Butt , 341bottles , 53.1%

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。
「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

for 信濃屋 入荷情報2点

金曜に入荷済みであったが、ご案内が遅れてしまった。
恐縮です。

ジェイズ・バーのFacebookページに発注情報を流したせいか、「あ、入荷したのね」と気になっていた方も多かったようだ。

グレンリベット、グレン・モール、ともに信濃屋さん向けのウイスキー。
どちらも適切な仕上りのシングル・モルトだと思う。

R0017814


皆さん気にしていたわりには「買わなかった」という方も多く(笑)、まぁ、ここひと月ほどバタバタといろんなウイスキーも出て来てますからお忙しかったのでしょう。迷っているなら「飲んでから決めろ!」とご提案します。

ジェイズ・バーにて開封済みです。

R0017830

グレン・モール 1982 30Yo
クーパーズ・チョイス for Shinanoya 復刻ラベル
HogsHead , 216 bottles , 51.0%

R0017846

グレンリベット 1977 35Yo
W&M for Shinanoya
Refill Sherry Cask , 192 bottles , 49.6%

ジェイズ・バーのFacebookページの発注情報にも簡単に書きましたので、詳細なテイスティング・ノートは省きますが、グレン・モールはフルーツ味のシリアル系。グレンリベットは白ワイン系フルーティな感じが特徴です。

飲めば気が済むか、飲んでも気になるかはあなた次第。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


ロウ・カスク 4種

今月のスコッチさんの新商品から、本日は「ブラッカダー ロウ・カスク」のウイスキーを4本ご紹介。入荷したて、抜栓直後のインプレッションである。まだちょっと落ち着いていないところもあるだろうし、今後の変化もあるだろうが、第一印象ということでご報告しておこう。

お願いします!「人気ブログランキング」

R0017692


まずはモートラック。
まぁ、この程度の熟成の標準的なシェリーのモートラックとして妥当だと思う。「濃い口重ため、シェリー・カスクのウイスキーが飲みたいのだよ。でも、それは、グレン・ドロナックではないのだよ」、なんて気分の時には良い感じでありますな。

現時点でまだ少々甘さが足りない感はありますが、ボチボチ出てくるでしょう。で、この「ドロリ」とした感じが良いですな。「ドロリ」の奥には「はにかんだ華やかさ」があって、そこが好き。

「私って良く『面倒臭い女』って言われるの…」なんて嘆いている女の子みたいに魅力的。そのはにかんだ様子も良いし、そんな子にも華やかさはある。で、彼女自身が自らを「面倒臭い」と自覚している姿が素晴らしい。

まぁ、女に限らず、男に限らず、人間なんてのは総じて「面倒臭い」ものでありますな。大切なのは自らの面倒臭さに気付くことで、それを自覚することなのでありますな。

ん?ウイスキーの説明としては分かり難いですね。ま、好き嫌いは別にして、キャラクターの立っているウイスキーですな。立ち位置が決まっている以上、付き合い方もこちら次第ということではあるでしょう。もちろん、ポテンシャルの低いウイスキーではありません。

R0017706

モートラック 1988 23Yo
ブラッカダー ロウ・カスク
Refill Sherry Butt , Cask No.4741 , 562bottles , 56.6%

お次はフェッターケアン。
モートラックに比べたら軽快で付き合い易い印象ですな。とは言え、こいつの方がちょいと曲者かもしれません。フローラル系漢方薬な感じのウイスキーですな。

刺激的過ぎないところが気に入ってます。しかし、素直過ぎる訳でもない。この穏やかで淡い甘さに注目すると、このウイスキーの良さが見えて来る。

モートラックとはある意味対極にあるでしょう。僕なんかには「不思議ちゃん」に見えますな。通り過ぎた後、「あれは何だったんだろう?」というのもまた魅力です。

R0017715

フェッターケアン 1989 23Yo
ブラッカダー ロウ・カスク
Oak Hogshead , Cask No.1348 , 210bottles , 46.3%

そして、スプリングバンクの1998。
こちらはアンピーテッドだそうで、「ヘーゼルバーンじゃないのね?」と突っ込みたくなりますが、まぁ、どちらでも良いか。

塩キャラメル風な甘さがあって、何だかどこかで飲んだクライヌリッシュみたいな雰囲気ですな。

まだ少し、青臭い感じがありますな。イチゴのヘタとかグレープフルーツのワタとかね。もちろん、それだけではなく、バニラ・クリーム、ウェハース、ホワイト・チョコレートなニュアンスも出て来ます。

今回の4本の中では、実はこいつが一番愉しいかもしれません。

R0017731

スプリングバンク 1998 14Yo
ブラッカダー ロウ・カスク
Oak Hogshead , Cask Ref.HB3 , 266bottles , 53.2%

さて、最後はスプリングバンクの1997。
まぁ、4杯も飲んだら酔ってしまいますな。ある意味スプリングバンク的で、キラキラ系塩味なウイスキー。

詳細は後日改めて、ということでお願いします。

R0017739

スプリングバンク 1997 15Yo
ブラッカダー ロウ・カスク
Oak Hogshead , Cask No.64 , 248bottles , 58.2%

本日はご紹介の4本はすべて「3杯セット」対象商品です。
お気軽にお試し下さい。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


デュワー・ラトレー 入荷情報3点

年明けは動きが鈍くおとなしかった入荷も、中頃を過ぎてバタバタとして来た。新入荷のご案内も遅れがちになって来たので、本日は一気にご紹介だけしておきたい。

R0017662

ラフロイグ 1998 13Yo
デュワー・ラトレー
Bourbon Barrel , Cask No.10478 , 301bottles , 46%

R0017653

グレン・グラント 1992 20Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
Bourbon Hogshead , Cask No.130833 , 176bottles , 49.4%

R0017649

ボウモア 1991 21Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
1st Fill sherry Butt , Cask No.2063 , 547bottles , 55.0%

煙たく甘いラフロイグ。
クッキー&ナッツなグレン・グラント。
磯臭さが心地良いボウモア。

そんな様子の3本です。

R0017665


ラフロイグはバニラが好印象。ボウモアは嫌味なシェリーはまったく感じません。グレン・グラントは小物ながら秀逸な麦芽系スペイサイド・モルトって感じですな。

今回のデュワー・ラトレーさんのリリースから、まぁ、なかなか手堅いところを抑えたかなと。

手短ですが、本日はこんな感じでご勘弁を。
本日ご紹介の3本は、すべて「3杯セット」対象商品です。
週末金曜日は早い時間になかなかお客さんの入らないジェイズ・バー(笑)。
皆様のご来店をお待ちしております。

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

トマーチン 1976 34Yo / 信濃屋オリジナル ぽっぴん

さて、本日は緊急告知な感じでご案内です。

昨夜はちょっと久し振りに遠方からあるお客様がいらっしゃると聴いて、「何か喜んでくれるものを飲ませたあげたいな」と思い、思い切って封を切ることにした。本当は次に新しい76トマーチンを入荷したら、一緒に飲んでみたら愉しいだろうな、なんて思ってたんだけど、まぁこれもそういうご縁なのだな(笑)。

R0017354


ウイスキーを粗末に扱う気はさらさらない。ウイスキーの周りに人は集まるが、人があってウイスキーがある。僕はそう思っている。

どんなタイミングで封を切っても、こいつは皆さんに喜んでもらえるウイスキーだろう。
ちょっと懐かしいね。

結構しっかり濃い口なウイスキー。イチゴジャムを乗せたプラム。フィニッシュにふわっと立ち昇るシェリーのニュアンスの奥に隠れた桃。

R0017357


ラベルには「Distilled 31 / Dec / 1976」とあって、「そうそう、当たり年の大晦日に蒸留したウイスキーだったけね」と思い出した。

週末なんで特別価格でご提供しましょう。
本日より4日間、金・土・日・月曜日まで、

ハーフショット(15ml)945円(税込)でのご提供。

気軽にやって下さい。

R0017352

トマーチン 1976 34Yo
信濃屋オリジナル ぽっぴん
Sherry Butt , 377bottles , 51.5%

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

軽井沢 1999 13Yo / ナンバー・ワン・ドリンクス メモリーズ・オブ・カルイザワ

実は正直なところ、あまり期待してなかったので(笑)上出来な仕上りに満足。しっかりシェリー樽。この濃い色合いは軽井沢って感じですな。箸休めに大人のスイーツって感じで愉しんでもらうと良いですよ。

個人的には家飲みにすると「なかなか減らないウイスキー」。
バーでちょいと試してみるって感じが良さそうですな。
シンプルな素のままのシェリーの軽井沢って感想です。

変化を愉しみたいと思いますが、すぐになくなりそうです。ここ最近の軽井沢に対する注目度、関心の高さにはホント驚かされます。

R0017202

軽井沢 1999 13Yo
ナンバー・ワン・ドリンクス メモリーズ・オブ・カルイザワ
Sherry Butt , Cask No.879 , 62.9%

「3杯セット」対象商品です。
お早目に!


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

イチローズ・モルト・カード最新作

速報です。昨日入荷しました。
イチローズ・モルト カードシリーズ最新作。4本一挙に入荷です。

R0017195


写真左より、

羽生 2000-2012
イチローズ・モルト カード クラブのA
1st Cask:hogshead , 2nd Cask:MIZUNARA Puncheon , Cask No.9523 , 503bottles , 54.9%

羽生 2000-2012
イチローズ・モルト カード ダイヤの5
1st Cask:hogshead , 2nd Cask:Oloroso Sherry But , Cask No.1305 , 652bottles , 57.7%

羽生 1991-2012
イチローズ・モルト カード ハートの6
1st Cask:hogshead , 2nd Cask:American Oak Puncheon , Cask No.405 , 564bottles , 57.9%

羽生 199o-2012
イチローズ・モルト カード スペードの7
1st Cask:hogshead , 2nd Cask:Cognac Cask , Cask No.525 , 348bottles , 53.8%


全品「3杯セット」対象商品です。

先日のウイスキー・フェアでのお披露目に立ち会って飲んできました。ジェイズ・バーでも仕入れるからと、その日はさらりと飲みました。本日もしっかり飲んだというほどではないけれど、改めて「粒揃い」感を持ちましたな。

まぁ、皆さん気になってるのはクラブのAですかね。「探し物が見つかる感じ」の香りと味わいです。詳細は後日改めてということでお願いします。

それにしても大胆なデザインですな。カードから羽ばたき始めたクラブとダイヤとハートとスペード。カード52枚分をすべてコンプリート!残すはジョーカーのみ。

次はどこへ行くのやら!?

「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ


ローズバンク 1975 30Yo / シルバーシール セスタンテ・コレクション

ジェイズ・バーから美味いウイスキーのお知らせです。

ローズバンク セスタンテ 特別提供のご案内

ローズバンク 1975 30Yo / シルバーシール セスタンテ・コレクション

R0017180


先日のウイスキー・フェスティバルで一目惚れしたローズバンクです。フルーティなジャムの香り、口に含むとふわりクリーミィなミルク・キャラメル。

高額なウイスキーにつき仕入れをためらいましたが入荷しました。

年末なので特別価格、フルショット(30ml)3570円でご提供します。

ただし、先着10名様限り、年内営業最終日までが期限です。

R0017182


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

たくさんの入荷情報

いやいや、12月ってことなんでしょうかね。随分とウイスキーが入荷しておりますが、ご案内が遅れております。それぞれ思いのあるウイスキーですので丁寧に文章を書いて紹介したいのですが、間に合いそうにないなと思いまして、一気に短くご案内です。

とりあえず、新しいもの順にお知らせします。

お願いします!「人気ブログランキング」

R0017031

カリラ 1981 31Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
Bourbon Hogshead , Cask No.2362 , 225bottles , 59.5%

インペリアル 1995 17Yo
デュワー・ラトレー カスク・コレクション
Bourbon Hogshead , Cask No.50070 , 274bottles , 53.1%

ともに小粒ながら小粋なウイスキーですな。なかなかよろし。


R0016993

スプリングバンク 1991 20Yo
キングスバリー カスク・ストレングス
Hogshead , Cask No.313 , 219bottles , 59.7%

コイツは良いですな。塩イチゴなスプリングバンクです。


R0017023

ラフロイグ 1998
サマローリ 復刻ラベル
Cask No.700549 , 360bottles , 45%

爽やかラフロイグですな。ヨード、バニラ、シナモン、ミント、ジャガイモ、白身魚、柑橘。それらすべて、薬品漬けな感じ。さらりと飲むのに丁度良い。


R0016913

グレンリベット 1993-2009 15Yo
キングスバリー for 津之喜酒舗 「京」
Hogshead , Cask No.071661 , 289bottles , 54.9%

最近はあんまりグレンリベットを飲んでいない気がしたので、「よっ、久し振り!」って感じの熟成10年代中盤のグレンリベット。桃甘いフルーティさのリベットですな。


R0016942

マクダフ 2000 11Yo
リキッド・サン
Refill Sherry Wood , 51.7%

グレンタレット 1977 34Yo
ディスティラリー・コレクション
46.9%

図らずも「太陽を見詰める猫」の構図になってしまいました。凛々しい猫ですな。好きです。このラベル。

2000年のマクダフはちょいと注目株だったので仕入れ。これまでの他社の2000マクダフに比べると、度数低目でお値段高目(笑)。良いですよ。

最近リリース頻発の77グレンタレット。これで打ち止めですか(笑)?年末だしね。フルーティよりピーナツ・バター、クリーミィ。ちょいビターな仕上りです。


R0016901

BW1(ボウモア)
スペシャリティ・ドリンクス エレメンツ・オブ・アイラ
52.9%

エレメンツ・オブ・アイラ初のボウモアですな。ちょっぴり「待望の」という感じのボウモアです。苦い塩味。少々しゃっきりとした仕上りですな。


他にもまだご案内できていないウイスキーがありますが、本日はこれにて失礼。
最新入荷情報はジェイズ・バーのFacebookページで!

本日紹介したウイスキーはグレンタレットを除き、すべて「3杯セット」対象商品です。

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日は新入荷、一挙に8本ご紹介

11月も半ばになって、今年も残すところ一月半。どうやらウイスキー業界も年末商戦のスタートと言ったところであろうか。酒屋さんもインポーターさん各社も押しの強いウイスキーを出して来る。

年の瀬に近付けば、その動きも本格的になるのだろう。今はまだ11月ということなら前哨戦とも言える。ジェイズ・バーにも入荷済みで、まだ皆様にご紹介していないウイスキーが8本もあって、大変恐縮なのだが、1本づつをご紹介している時間はなさそうだ。

そんな訳で本日は、8本のウイスキーのご案内をさせていただきたい。

お願いします!「人気ブログランキング」


まずは今月のスコッチさんの新商品。
ディスティラリー・コレクションから、ピーテッド・タイプのブナハーブンとリフィル・シェリーのトーモア。知名度は低いがトーモアが面白い。

R0016535

ブナハーブン 1989 22Yo
ディスティラリー・コレクション
49.1%

トーモア 1992 20Yo
ディスティラリー・コレクション
55.7%

ミドルクラスの中から「なかなか気の利いたものを選んで来る」というポジションが、すっかり定着した様子のディスティラリー・コレクション。今回も良い仕事をしている。「一癖ある」のではなく、「一捻りしている」。そんな2本。


そして、エクスクルーシヴ・モルツから3本。
グレンドロナック、ブナハーブン、バルミニックである。

R0016487

グレンドロナック 1994 17Yo
クリエイティブ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
1st fill Sherry , Cask No.1327 , 311bottles , 56.5%

ブナハーブン 1991 20Yo
クリエイティブ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
Refill Sherry , Cask No.5417 , 222bottles , 46.4%

バルミニック 1988 24Yo
クリエイティブ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
1st fill Sherry , Cask No.1327 , 311bottles , 56.5%


相変わらずと言った感じでコストパフォーマンスに優れたエクスクルーシヴ・モルツである。やはり今回も素晴らしい。特に気に入ったのはブナハーブン。甘く優しいブナハーブンで、DC(ディスティラリー・コレクション)のブナハーブンとの比較が面白いかもしれない。

今まではコストパフォーマンスの良さから「これで良いんじゃないの?」と納得することの多かったエクスクルーシヴ・モルツだが、何だか最近は「これが正解なのではないか?」と思うことも多い。

グレンドロナックに関しては、その魅力が開花するのは少し先かもしれない。しかし、バルミニックに感じるある種の王道感は立派なものだと思う。


さて、最後はモルツ・オブ・スコットランドから2本。
お馴染みの95シェリーのボウモアとバンフ。素直に申し上げて、どちらも素晴らしい。ボウモアの方は95シェリーに何かを感じたことがある方は「是非とも」と言いたい。

R0016539

ボウモア 1995 16Yo
モルツ・オブ・スコットランド
Sherry Hogshead , Cask Mos 12018 , 225bottles , 56.8%

バンフ 1975 36Yo
モルツ・オブ・スコットランド
Bourbon Barrel , Cask Mos 12015 , 165bottles , 43.8%

で、バンフは「コレうま」です。つくづく思うのだが、僕はこのようなウイスキーが好きである。実は僕もその一人であるのだが、この度数の低さを少しばかり嘆く方もいるだろう。でもね、それもこのウイスキーの魅力なのだな。

インパクト重視でない分だけ、この上質な甘さを十分に堪能できる。さらりと飲んでしまったことを少しばかり後悔してしまうのは、このウイスキーの丁寧さに由来する。度数の低さを恨むのはお門違いということだろう。


どちらかと言えば、MoS(モルツ・オブ・スコットランド)のウイスキーを見送りがちな傾向にあったが、諸事情もあり見直し時期に来ているかと実感した。


今月もまだまだ入荷予定のウイスキーがあります。
ウイスキーは仕入れれば手に入るのだが、ジェイズ・バーは現在お客様を募集中です(笑)。

本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。

そうそう、それから今夜はワールド・カップ、アジア最終予選「日本VSオマーン」です。
アウェイです。
キックオフは20:30。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

TWA 一挙に5本、入荷です。

何だか最近は、秋が短くなったという話をよく聞くようになった。夏のピークが過ぎてもジリジリと暑い日が続いて、やっと一息ついたかと思ううちに秋も終わりな様子になる。

この季節、もう既にマフラーを巻いて歩く人もいて、確かに僕も冬が近いことを実感している。「実りの秋」なんて言われる季節だから、十分に充実を味わえる季節のはずなのにと思うなら、少々残念な話ではある。

お願いします!「人気ブログランキング」

紅葉のないまま冬を迎えるようなら寂しさもひとしおということだ。「実りの秋」とは対照的に「冬の時代」なんて言葉もあって、厳しさに身構えねばならない季節もあるのだろう。

とは言え、冬と言えばウイスキーの美味しい季節である。ストレートで飲むウイスキーのしみじみとした美味しさが身に染みる。ウイスキー好きは厳しい冬を快適に過ごす術を知っているということだ。

大丈夫、春は必ずやって来る。

さて、昨日はTWAから一挙に5本のウイスキーが入荷。個別のウイスキーの詳細については、後日改めて順次ご案内させていただく。さてさて、そんな訳で総論から申し上げなら、正直に申し上げて、「冬の時代」を感じております。


5本のウイスキーについて、簡単にご紹介しておきましょう。


R0016433

レダイグ 2005 7Yo
TWA & ザ・ネクター
EX-Bourbon Hogshead , 289bottles , Heavily Peated , 52.1%

まぁ、レダイグな感じです。どの辺がレダイグらしいかというと、香りを嗅ぐとすぐにパンと「錆びた釘」をイメージするところ(笑)。

では、こういうウイスキーが人気がないかというと、実はそんなことはなくて、「こないだのアレ」とオーダするレアな方が結構いらっしゃる。

塩味に負けず劣らずな麦芽の甘味もあって、煙たさの向こうにうっすらバニラなニュアンスも存在して、7年の若さにしては十分という感じである。


R0016417

ジュラ 1988 27Yo
TWA & Bresser & Timmer
EX-Bourbon Hogshead , 251bottles , 50.8%

「これウマ」です。
今回の5本の中で一番のお気に入り。

潮っぽさとピート。個人的にはしっかりとジュラって感じです。穀物系の甘さとりんごに近いフルーティさ。土っぽくクリーム。ネガティブな印象のオイリーさを拾う人もいるだろうかと思われるが、僕にとっては程良く刺激的。


R0016459

インチガワー 1980 32Yo
TWA シー・ライフ
Refill Sherry Butt , 456bottles , 52.0%

まだ、抜栓した当日ということもあるでしょうが、少々残念な結果でした。硝煙・硫黄系の香りに(本来なら僕の好物と思われる)フルーティさが覆い隠されている様子です。

十分に甘い蜜のようなニュアンスも感じられて、それは愉しみのひとつになるはずのものなのだけれど、何かに邪魔されている。邪魔をしているのは硝煙・硫黄系の香りだけではなく、建築用のパテや建材、あるいは粘土のようなもの。

ただ、口に含むとおにぎりに巻いた海苔みたいなニュアンスを感じて、実はそこがなかなか愉しい。おにぎりの熱と湿気でじっとりした感じのあの海苔の感じです。

下地にイモっぽいバナナのような甘さを感じて、素朴と言えば素朴だが、高級品とは言えないなというのが素直な感想。

今後この先の仕上がり具合に期待です。


R0016482

バルミニック 1979 33Yo
TWA ザ・パーフェクト・ドラム
EX-Bourbon Hogshead , 202bottles , 52.8%

ファースト・インプレッションを正直に申し上げるなら、「居酒屋で山崎を飲んで美味しいなと思った時に近い印象」であった。それは決して素敵な感想ではなかった。

しかし、下地に蜂蜜バナナのような甘さを感じて、恐らくそいつはかなりしっかりした様子だ。つまり、これから十分に甘くなり開いてくれば大きく期待できる。

TWAのウイスキー全般に僕は「エッジの効いた」印象があって、こいつは少々エッジが効き過ぎているのかもしれない。若干の香木系なニュアンスもまだまだ鼻につくかな。現状の甘さに比べ、スパイシーに過ぎると言えるだろう。

ただ、ポテンシャルは高そうだ。恐らくは後々「居酒屋の山崎」と申し上げたことを謝罪することになると思う。


R0016452

ブナハーブン 1968 43Yo
TWA シー・ライフ
Refill Sherry Butt , 498bottles , 47.0%

不思議なウイスキーというのが素直な感想。奇を衒ったところがあるかもしれない。甘い香りに誘われて、口に含むと酸っぱく苦いという手厳しい報復を受けてしまった(笑)。

ただ、このウイスキーに咳止めシロップのようなニュアンスを十分に感じて、実はそれは僕の中で朗報だ。この先の時間とともに洗練されて、美味しさと愉しさを手に入れる可能性が十分ある。

雑なスパイシーさもほとんど感じない。その部分は評価して良いだろう。背景に海の存在感のある塩味。みかんとも違う、でも日本の甘めな柑橘類のニュアンス。

オブラートに包んだフルーツ・グミ。何かの花びら。なるほど、微かにワクシーかもしれない。透明感のある軽快な蜂蜜感。こいつは素敵。今後、素直さを手に入れられたなら、僕は確実に評価するだろう。「大好き」と言っている可能性も低くない。


現時点でジュラに対する評価が一番高い。レダイグに関しては、好き嫌いは別にして、現状でそのポテンシャルのほとんどを表していると思う。逆に言えば、これ以上も以下もないだろう。

インチガワー、バルミニック、ブナハーブンの3本はまだまだそのポテンシャルのすべてを見せていない。と思う。だから、今後の展開が愉しみなのだが、インチガワーが一番心配(笑)。

さて、本日は水曜日。
ジェイズ・バーはチャージ無料の夜です。

皆様のご来店を切にお待ち申し上げておりますが、
レダイグとジュラは元来「3杯セット」対象商品。
で、本日水曜日から、木・金・土・日曜日まで5日間、
「まだまだそのポテンシャルのすべてを見せていない」と申し上げた
インチガワー → 「3杯セット」
バルミニック → 1050円(税込)
ブナハーブン → 1050円(税込)
で行きましょう。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日の入荷情報:秩父 2009 3Yo / イチローズ・モルト チビ樽

詳細なテイスティング・ノートは後日に譲るとして、美味しいウイスキーが入荷したことをお伝えしておきたい。

コレうま。です。

熟成3年のウイスキーがこれほどまでの複雑さと展開力を備えていることに、素直な驚きを隠せない。事前にサンプルをいただいて、その上で仕入を決めたウイスキーであるが、その時の印象ともまた違った側面を見せてくれている。

R0016226


お願いします!「人気ブログランキング」

この独特のフルーティさはサンプルを愉しんだ時には感じないものだった。抜栓時のこの印象がそのうち失われてしまうものだとするなら、この愉しみを手に入れられたことに感謝をしよう。

R0016218


先日は「バニラ・クッキーに蜂蜜入りのオレンジ・マーマレードを載せた感じ」とご案内をさせていただいたが、もちろん、その範疇から外れてはいない。ただ、オレンジ・マーマレードと説明をした部分が、少しズレを生じていて愉しい。そのフルーティさがキュートだ。

本日はそのことをお伝えしたくて速報させていただいた。

「今夜は眠いので、以上」。
な感じで、これにて失礼。

R0016198

秩父 2009 3Yo
イチローズ・モルト チビ樽
Quarter Cask "CHIBIDARU" , Cask No.291 , 161bottles , 61.0%


「3杯セット」のご利用が可能です。
他の違う銘柄のウイスキーと合計3杯(ハーフ・ショット)で¥2,000(税込¥2,100)。
1杯当り、¥700(税込)です。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

R0016197

本日の発注情報:秩父 2009 3Yo / イチローズ・モルト チビ樽

この一年ほどの間に秩父3年のリリースがいくつか続いたが、その度に驚かされて来た。「何に?」と問われるなら、「その進化に」とお答えしておこう。

世界中にウイスキー愛好家はいるだろう。それはとても素敵なことだ。さて、日本のウイスキー愛好家の強みは何だろう。この国はウイスキー生産国なのだ。そう、僕らはこの国に暮らしている。

しかも、蒸留所の数はひとつやふたつではなく複数。もちろん、スコットランドのその数に比べたら少ないけれど、僕はそのことを誇らしく思うし、それを僕らの強みだと思っている。

実は先日、このチビ樽のサンプルをいただいた。先ほど、「秩父の3年が進化している」と申し上げたのは、そのテイスティング結果を受けてのことである。

簡単に今までの秩父3年の感想を綴っておくと、

ファースト → おめでとう!
フロア・モルテッド → なるほど。
ピーテッド → やるじゃん。
チビ樽 → おぉ!

という感じである。

お願いします!「人気ブログランキング」

初めてこのチビ樽の存在を知ったのは、2年前の秩父蒸留所見学の時だったろうか。熟成庫に積まれたたくさんの樽の最上段にちょこんと乗ったチビ樽を指差して、イチローさんが「秩父蒸留所仕様のクオーター・カスクで、我々はチビ樽と呼んでます」と説明をしてくれた。

チビ樽について簡単に説明するなら、いわゆる「バット」サイズの樽の両端をカットして、容量を少なくした樽。一般的なクオーター・カスクに比べ、鏡板が大きく原酒が接触する面積が多く、その影響が大きいとのことだ。

蒸留所見学の帰り道、夜の街並みがグイグイと秩父の方へ行き過ぎる景色を電車の中で眺めながら、恐らくあのウイスキーが世に出るのはあっという間なのだろうな。と思った。

僕のぼんやりしたあっという間は、秩父蒸留所見学のスタッフには大切な時間だったのだろう。彼らはその時が来るまでチビ樽に出番を待たせ、4番目の秩父3年として市場に送り込んだ。

あのウイスキーがやって来るのだなと思えば、感慨深い。

詳細なテイスティング・ノートはチビ樽の入荷情報に譲るとして、簡単な印象を書いておきたい。

バニラ・クッキーに蜂蜜入りのオレンジ・マーマレードを載せた感じ。
です(笑)。

個人的な感想だが、これまでの秩父のウイスキーには「独特の太目な甘さ」を感じて来たが、チビ樽にはその甘さがより洗練された印象を持った。今までの秩父に比べると、少しの落ち着きと涼し気な印象を持ったと言ったら良いだろうか。

最後にこのチビ樽を飲んで、少し不思議な気分になったことをお伝えしておこう。

僕はチビ樽とのファーストキスの興奮から少し落ち着きを取り戻すと、「何かに似てるなぁ」と呟いた。加水すると一気にフルーティな印象が前面に出て、僕はあることに気付いた。

「あること」というのは、このウイスキーがスコットランドのある蒸留所に似ていると感じたこと。そして、それに気付いたのは、ある方のご教示があってのこと(笑)。

それについては詳細に書けないので、お店でお話しします(笑)。

10月25日(木)、入荷予定です。

チビ樽


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日の入荷予定 : 信濃屋オリジナル「禽獣図会」

ハイランド・パーク 1981 30Yo
信濃屋オリジナル「禽獣図会」
Bourbon Hogshead , Cask No.6082 ,254bottles , 53.8%

ダルユーイン 1976 35Yo
信濃屋オリジナル「禽獣図会」
Bourbon Hogshead , Cask No.5966 ,124bottles , 48.3%

信濃屋Hパークダルユーイン


先日、10月5日から予約がスタートした 信濃屋さんオリジナルの「禽獣図会」から2本のウイスキーが到着予定。

10月5日と言えばジェイズ・バー移転から一周年のまさにその日で、「一周年を記念して信濃屋さんからプレゼントが届くのだな。そりゃまた、粋な計らいをしてくれたな」と思っていたのだが、どうやら僕の勘違いだったようだ(笑)。

ま、そんなことはどうでも良いか。
愉しみなウイスキーが今夜届きます。

この派手なラベルも印象的だ。このセンスの良さを僕は個人的に気に入っている。

「中身が美味しくなければ意味はないだろ?」とのご意見があるならその通り。美人さんとお付き合いしてみたら、「まったくつまらない人だった」みたいな話も世の中にはある。

お願いします!「人気ブログランキング」

ただ、人の顔がその人柄の表れであるということがある。ウイスキーも同様なところがある。ウイスキーのラベルは後から付けられる。このウイスキーを試した方が、「このラベルが似合う!」と思い付けられたラベルだということだろう。

「美人だから、好き嫌い」な訳ではなく、「凡庸な顔つきだから、好き嫌い」ではなく、付き合うには中身が大事ということである。

ただ、このウイスキーを好きと思った方が、この顔が似合うと判断したのだろう。

さてさて、まだ飲んでいない。
故に愉しみである。

今夜、入荷します。
本日木曜日より、金・土・日曜日まで、上記のウイスキー2本を「3杯セット」対象商品とします。

来てね(笑)。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

入荷情報4点

非常に地味ながら、ただ今ジェイズ・バーでは「真夏のウイスキーの祭典」とお題目を立てた企画が進行中でして、まぁ何をしているのかと申し上げれば、何のことはない「ウイスキーを飲んでみませんか?」ということであります。

「きっかけ」はですね、お客様から「ウイスキーって夏っぽくないですよね?」と言われたことにある訳です。まぁワタクシも大人気がなくてですね。
ーあっ、ひとつ注意を促しておきますが「大人気」は「おとなげ」と読んで下さい。「だいにんき」ではありません(笑)。ー

で、話を続けますが「大人気」がなかった訳です。そんなワタクシはこんな風に応えちゃった訳ですよ。

「じゃあ、一体いつの季節が良いのさ?」ってね。
恥ずかしながら、ワタクシはちょっとイラっと来てたかもしれません。

お客様はさらりと答えた訳ですよ。
「そりゃ、冬でしょ」。

ワタクシはあれです。思わず「あっ」と言っちゃいました。
多分、顔には「同意」って文字が書かれていたと思います。

お客様は「ふふふ」と笑っていた訳です。念のため正確に申しますと、お客様の「ふふふ」と僕の「あっ」はタイミングが被ってましたね。

やっぱりアレですかね?
夏はビールですかね?
確かに、美味しいですよね。
もちろん、僕も好きですよ。

一応、申し上げておきますが、夏のウイスキーが不味い訳ではありません。冬にはさらに美味しくなるというだけのことです。ひとつ確実に言えることは、今年の夏だって、いつかは必ず秋になるってことです。

常日頃、ワタクシはウイスキーを常温で飲みますが、水割りやハイボールも好物です。ただ、水割りやハイボールにするウイスキーを選ぶだけです。ストレートのウイスキーを「やかんで沸かす」なんてことは絶対しないのでご安心を(笑)。

実は「ロックで」という飲み方は一番しない飲み方ですが、コイツはロックが美味いかもっていうウイスキーもあるなと思うのがこの季節。

普段、冷たくしたウイスキーを飲まない理由は「香りが立たないから」ってことです。個人的にはウイスキーの一番愉しい部分は香りだと思っているからです。

だけど、暑くなれば大好きなウイスキーが喉を「つるん」と通って行く感触も気持ちが良いですね。そんな意味で、水割り、ハイボール、ロックでお勧めしたいウイスキーもいくつか入荷しております。

ご来店のお客様のお話を訊いて、ご案内したいものがいくつかあります。
どんなウイスキーをどんな風に飲みたいか、お聴かせ願えれば幸いです。

冷たくしたウイスキーはリーズナブルなもので十分だとも思います。多くの場合、高級なウイスキーはどうやって飲んでも美味しいですが、折角ならリーズナブルなウイスキーの「意外な側面」を見つけるというのも趣のある試みだと思う訳です。

「真夏のウイスキーの祭典」は冷たくしたウイスキーを気軽に愉しみながら、ストレートで飲むウイスキーの甘く華やかな香りを愉しむという、ふたつのテーマを軸に進めて行きたいと思うのです。

そもそも「ウイスキーは甘い」ということをご存知でしょうか?
そして、一口に「甘い」と言ってもその種類は様々で、それらの違いを愉しむことが、驚くほど心豊かにしてくれることをご存知でしょうか?

そんな訳で、心豊かにしてくれるウイスキーの新入荷、4点ご案内です。


R0015285

インペリアル 1995 16Yo / TWA & 3R アートワーク
Bourbon Hogshead , 52.1%


R0015304

グレン・マレイ 1977 35Yo / TWA & 3R アートワーク
Bourbon Hogshead , 51.8%


R0015265

ディーンストン 1977 35Yo / TWA & ネクター
Refill Hogshead , 40.4%


R0015278

グレンタレット 1977 34Yo / TWA & ネクター
Refill Hogshead , 40.4%

さて、本日が水曜日であることをご存知でしょうか?

毎週水曜の夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。

たくさんのウイスキーを仕入れました。
ゆえに、たくさんのお客様を募集中です(笑)。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

本日の入荷予定、ベンリアック

ウイスキーを愉しむというのはどういうことなのだろうか?と、僕はまぁ、そんなことをよく考えながら生きている。「酒を飲む」ということと「ウイスキーを愉しむ」ということは、僕にとって似たように楽しいことだが同じことではない。

「酒を飲む」というのは、誰かと同じ空間で同じ時間を共有することを目的としている。その「誰か」は既知の親しい友人であったり、まだ見ぬ誰かとの出会いかもしれない。

そこには対話があり、いくつかの情報交換があり、それらのことは刺激的で、時に口角泡飛ばし議論になることもあるが嫌いではない。心が動くことは人を興奮させるのだろう。人はそれを求め、楽しんでいる。一言で言ってしまえば感動ということだ。

多くの場合、人は感動したいと思っている。
そしてそれは、(自分の)外からやって来ると思っている。
酒はその推力を加速してくれることがある。

あるいは、例えば、人の精神は生身でぶつかり合うには危うくて、脆すぎるのかもしれない。酒は時々、丁度良い緩衝材になることがある。人は切実にコミットメントを求めながら、クラッシュを恐れている。

R0012960_1


「ウイスキーを愉しむ」というのはウイスキーと向き合うことだ。実は難しいことではない。それは体験だから。やってみれば分かるし、やらなければ分からない。僕に言わせるなら、それはとても官能的な体験だ。

だから、「自分はウイスキーと向き合うことが可能だ」と思えなければ始まらない。繰り返すが、それはまったく難しいことではない。だから、「ウイスキーなんて分かる訳ないじゃないか」と思っていたら分からない。

皆様のご支援を、「人気ブログランキング」

誤解のないように申し上げたい。僕は「ウイスキー」が「分かる」かどうかについて言っているのではなく、「ウイスキーを愉しむ」ということが「分かる」かどうか。つまり、その愉しみを実感できるかどうか?について申し上げている。

「私はウイスキーを愉しめている」と実感できることを、幸福なことだと思わないだろうか?ウイスキーの愉しみ方が「分かった」と実感できた時、それを幸福なことだとは思わないだろうか?

「何を以って、愉しめている」とするのか?と問われれば、目の前の一杯のグラスの中のウイスキーに、あなたが何かを感じた瞬間だ。例えばそれは、何に似ているだろう?

チョコレート?
カシューナッツ?
バニラ・クッキー?
あるいはスモーク・オイスター?

あなたはグラスの中から何かを見つけ出すだろう。そして次の瞬間こう叫んでいるかもしれない。

「分かった!この香りは桃だ!」

そう、それは、あなたが「ウイスキーを愉しむ」ことを実感した瞬間だ。あなたは「ウイスキーと向き合うこと」ができたのだから。

「ウイスキーを愉しむ」とは、宝探しの冒険の旅なのである。

R0011157_1


さて、あなたはそのウイスキーの香りを嗅いで「桃の香りだ」と感じたのである。答えはどこにあったのだろう?それは、あなたの中にあったのだ。

あなたが「ウイスキーを愉しむ」ために、新たに何かを覚える必要はない。ウイスキーの秘密について知る必要はない。その製造工程に詳しくなる必要はない。

あなたがウイスキーについて何ひとつ知識がなかったとしても、今あなたが持っているものだけで、十分にウイスキーを愉しむことが可能だ。テーブルに資料を積み上げる必要はない。グラスに注がれた一杯のウイスキーがあるなら、それだけで十分なのだ。


さてさて、今夜は桃の香りが(するらしい:笑)ウイスキーが入荷予定。
皆様お待ちかね。バー・ショウ向けのベンリアック。
随分入荷が遅れたようだが、今夜登場の予定である。

ベンリアック1975 36年 / OB , Hogshead , Cask No.7228 55.5% / for Bar Show


久し振りに!よろしくお願いします。

人気ブログランキング 
↑ ↑ ↑
こちらをクリックして、順位のご確認を!

いくつかの新入荷

火曜の台風のおかげで納品が一日遅れてしまったが、昨日いくつかのウイスキーが入荷しました。お知らせしておきます。


R0014607

グレン・エルギン 1977 35Yo
キングスバリー ファイネスト&レアレスト
47.2% 


R0014581

リンクウッド 1990 21Yo
ダグラス・レイン OMC
Refill Butt , 450bottles , 50%


R0014572

アードベッグ 1996 10Yo
ダグラス・レイン OMC
Refill Hogshead , 331bottles , 50%

リンクウッドとアードベッグは「3杯セット」対象商品。
グレン・エルギンも今週土曜日まで「3杯セット」対象商品とします。


さて、6月は今年もフットボールの季節であろうか。日本代表はW杯最終予選の3連戦を無難に終えた。素晴らしい結果とは言えなくとも、悪くはなかったことに満足をしている。

欧州選手権(ユーロ2012)もベスト8が出揃い、皆様は順当に決勝トーナメントが始まったとお考えだろうか?僕はクロアチアのグループリーグ敗退を「番狂わせ」ではないかと思っている。

「優勝はどこだ?」と問われるなら、「ドイツではないだろうか」というのが僕の答えだ。相変わらず魅力的な中盤の存在するスペインだが、不屈の精神力と旺盛なタフネスを持ち合わせたプジョルの不在、結果として数多くのゴールを決めて来たダビド・ヴィジャの不在を誰かが埋めるだろうか?

一方ドイツは、前評判の芳しくなかったマリオ・ゴメスは結果を出している。安定したDF陣は優雅に相手からボールを奪ってみせ、FW陣はこれまでの力強さに加えある種の美しさを身につけて来たようにも思える。得点力の背景にはチームとしての成熟が感じられる。

問題なくプレーしているエジルだが、まだまだその能力のすべてを発揮しているとも思えない。彼のアイディアがより一層の正確さを伴い発揮されるようになると、ドイツは更なる強さを見せてくれるかもしれない。

実は戦前、僕の願う決勝戦は「ドイツ VS イングランド」であったのだが、決勝トーナメントの組み合せは僕の希望を叶えてくれなかったようだ。(あくまでも僕の希望であるが:笑)順当に進めば「ドイツ VS イングランド」は準決勝でぶつかることになる。もちろん、観たい対決のひとつだ。

そうなれば、ファイナルは「ドイツ VS スペイン」だろうか。逆に言えば、そのふたつが戦わないまま今回の欧州選手権が終わってしまうこととなるなら、それは少し残念に思うことだろう。

皆様は「おかげで睡眠時間が短くなった」とお嘆きの方も多いかもしれない。しかし、僕にとっては至福の時間からの放映開始なのである。仕事を片付けて近所の居酒屋で揚げてもらった唐揚げなんかつまみに、夜ごとのフットボール観戦である(笑)。

時間も時間なんで店じまいした後の観戦。至福です。一緒に観たい方、ご連絡下さい。地上波で放映している時だけです。

よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

ベンリアック 1971 40Yo / OB for Shinanoya & BBI

昨日、入荷いたしました。

実は先行して特別価格での提供のご予約を受け付けておりましたが、定員に達しましたのでこちらの募集は締め切らせていただきました。非常に好評で間に合わなかった皆様には申し訳なく思っております。

そこで、チャンスを逃したと思っていらっしゃる方のために、明日また特別価格でのご提供を予定しております。詳細は明日土曜日のこのブログでご案内いたします。気になる方は明日のブログをチェックして下さい。よろしくお願いします。

R0014491


ベンリアック 1971 40Yo
OB for Shinanoya & BBI
Hogshead . Cask No.330 , 216bottles , 45.6%

さて、本日はサッカー「日本代表 VS ヨルダン」です。
19:30、キックオフ!

愉しみです。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

新入荷8種

昨日と一昨日、合計8種のウイスキーが入荷。
お知らせいたします。


R0014330

ボウモア 1997 14Yo
エディション・スピリッツ ザ・ファースト・エディション
Refill Bourbon , 54.8%


R0014323
グレン・エルギン 1985 26Yo
エディション・スピリッツ ザ・ファースト・エディション
Refill Bourbon , 46.6%


R0014427
オスロスク 1981 30Yo
クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
Refill Butt , 52.1%


R0014422

マクダフ 1973 38Yo
クリエイティヴ・ウイスキー エクスクルーシヴ・モルツ
Hogshead , 44.6%


R0014351

リンクウッド 1984 27Yo
アデルフィ
Refill Sherry , 261bottles , 53.3%


R0014397

ベンリアック 1977 34Yo
アデルフィ
Refill Bourbon , 217bottles , 48.6%


R0014478

ダフタウン 1982 29Yo
SMS ディスティラリー・コレクション
262bottles , 54.1%


R0014442

レダイグ 1997 15Yo
SMS ディスティラリー・コレクション
Refill Sherry , 262bottles , 54.4%


ベンリアックとマクダフ以外は「3杯セット」対象商品です。
気軽にお試し下さい。


さて、本日はふたつお知らせを。

ベンリアック 1971 40Yo
OB for Shinanoya & BBI
Hogshead . Cask No.330 , 216bottles , 45.6%

本日入荷予定です。
あくまでも「予定」ですが、開店前に引き取りに行って来る予定です。
午後6時のジェイズ・バー、オープン時間には店にあるはずです。

ご予約をしていただいた方、特価にてご奉仕です。僕と同じように愉しみにしていることかと思います。お時間がありましたらご来店を。もちろん、ご予約のない方も愉しんでいただくことはできますが、通常価格となります。

既にご予約は締め切らせていただいておりますが、とても反響が大きかったので、特別に明日の金曜日にまた特別価格でのご奉仕を予定しております。詳細はまた、このブログでお知らせいたします。

もうひとつ、お知らせです。
明日はサッカー「日本代表 VS ヨルダン」戦です。
19:30 キックオフ!
よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ

昨日入荷のいくつかのウイスキー

さて、本日は水曜日。
今夜のジェイズ・バーはチャージ無料の日です。
気軽にウイスキーが飲める日と覚えておいて下さい。

以下のような感じです。

R0014237


タムデュ 1969 33Yo
ハート・ブラザーズ
40.5%


R0014286


ラフロイグ 1993 18Yo
ダグラス・レイン OMC
Refill Hogshead , 242bottles , 50%


R0014260


ハイランド・パーク 1986 24Yo
モルツ・オブ・スコットランド
Bourbon Hogshead , Cask No.2296 , 234bottles 50.7%

個人的にはタムデュに納得、ラフロイグは鉄板、ハイランド・パークはお気に入り。
そんな感じです。


よろしくお願いします。

人気ブログランキング ←こちらをクリック!

発注・入荷・リリース情報はジェイズ・バーのFacebookページ
ツイッター
Counter
UL5キャッシング
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ