当ブログでは、人間椅子・エレファントカシマシの記事が多くなっている。
記事が多い理由は、筆者が好きなミュージシャンであるからに他ならない。

筆者が好きなミュージシャンで、実はもう1人外せない人がいる。
それが浜田省吾氏である。

今回は浜田省吾氏の音楽活動について紹介したい。
浜田氏と言えば「悲しみは雪のように」等、世間一般的には”少し前に流行った歌手”というイメージがあるかもしれない。

近年の浜田氏の活動は、表立ってはいないものの、実はとてもアツいことになっている。
浜田氏自身の過去の作品を振り返り、改めて楽しもうと言う企画が進行中である。

今回の記事では、デビューからの活動を振り返るとともに、2015年以降の動向を詳しく紹介する。
かつて浜省ファンだった人、最近の活動を追っていない人には必見の内容だ。


・2010年代前半までの浜田省吾さんの活動を振り返る

最初に2010年代前半ごろまでの浜田さんの活動をざっくり振り返りたい。

浜田省吾氏は1952年広島県生まれのシンガーソングライターである。
吉田拓郎氏のバックバンドをしていた愛奴のドラマーとしてデビューしている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 AIDO / 愛奴 【CD】
価格:2751円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)




メンバー間の音楽性の違いなどから愛奴から脱退し、1976年1stアルバム『生まれたところを遠く離れて』とシングル「路地裏の少年」でソロデビューした。





1stアルバムこそロックを志向していたが、レコード会社からはポップなソングライターとして期待される。
2nd『LOVE TRAIN』〜4th『MIND SCREEN』をリリースするも、セールスにも恵まれなかった。

1979年に日清カップヌードルのCMソングとして書いたシングル「風を感じて」が初のヒットとなる。
コンサートホールでのライブも満員を記録することもあった。




1980年の6th『Home Bound』はロック志向の作品となり、初の海外レコーディングとなった。
TOTOのスティーブ・ルカサーがギターで参加するなど、浜田氏やギターの町支寛二氏にとって大きな刺激となった。

1982年には初の日本武道館公演を行い、これ以降のコンサートツアーが「ON THE ROAD」の名称となった。
1983年には音楽事務所「ロード&スカイ」を設立し、独立している。

1984年の『DOWN BY THE MAINSTREET』、1986年の『J.BOY』はそれぞれオリコンチャート2位、1位とヒットとなる。





1992年にテレビドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として発売されたシングル「悲しみは雪のように」(1981年リリース曲のリメイク)が、初のオリコン・シングルチャート第1位を獲得。



名実ともにトップアーティストとなるも、90年代は自信の活動に葛藤を抱え、内省的な作品が多くなっている。
1995年発売のシングル「我が心のマリア」のカップリング曲「恋は魔法さ」は神戸を舞台とした楽曲で、阪神・淡路大震災への復興のため印税収入を全額寄付した。

1998年から2001年にかけて4年がかりとなる「ON THE ROAD 2001」を敢行。
また2000年にはデビュー25周年を記念し、初のベスト盤『The History of Shogo Hamada "Since1975"』をリリースしている。

2005年には4年半ぶりのアルバム『My First Love』をリリースした。
2006年にはソロデビュー30周年を記念し、リメイク音源を含むベスト盤『The Best of Shogo Hamada vol.1』『vol.2』を同時リリース。

2011年にはベスト盤シリーズの完結編『The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend』をリリースし、約5年半ぶりのツアー「ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"」を開催。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Best of Shogo Hamada Vol.3 The Last Weekend [ 浜田省吾 ]
価格:3204円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)



ファンクラブ限定ライブも2009年・2013年と開催されている。


・アルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』の発売

2015年に約10年ぶりとなるアルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』がリリースされている。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター [ 浜田省吾 ]
価格:2805円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)



本作は過去最大曲数の17曲で、収録時間も75分を超える。
”旅するソングライター”というタイトルの通り、実に多様な音楽性を見せる名盤である。



前作『My First Love』が浜田氏らしいロックンロールのアルバムとすれば、本作はメロディメーカーとしての浜田氏の幅広さを感じられる。

レゲエ調の「旅するソングライター」、ダンスミュージックの「夜はこれから」など、これまでにない曲調も取り入れている。
ポップスのアプローチのみでなく、後半の「アジアの風 青空 祈り」3部作は、平和に向けた重厚なメッセージを込めた展開にも驚く。

本作は浜田氏がこれまで取り組んできた音楽性を、1枚の中で楽しめる作品である。

職業作曲家的に良質なポップスを作っていた70年代、シンプルなロックンロールを歌うようになった80年代。
内省的な楽曲が増えた90年代以降のあらゆる年代の浜田氏を感じることができる。

さらに、多様な音楽性を取り込んで、新しい側面も見せる作品となった。
1つの集大成とも言える作品であり、初めて浜田氏の作品を聴く人にもおすすめできるアルバムだ。


・FC限定ライブにおける過去の作品を振り返るライブ企画(100% FAN FUN FAN)

冒頭に述べたアツい企画がこれである。
2016年の「ON THE ROAD 2016 "Journey of a Songwriter"since 1976」以降は、ファンクラブ限定でツアーを行っている



きっかけとしては、2016年のツアーに参加しているメンバーで、何か音源を作れないかと言うことだったらしい。
共通して60年代の洋楽が好きであることから、2017年にカバーミニアルバム『The Moonlight Cats Radio Show Vol.1』『Vol.2』がリリースされた。

同年にはファンクラブ限定ツアー「100% FAN FUN FAN 2017 “The Moonlight Cats Radio Show” Welcome back to The 60's」を行い、ミニアルバム収録のカバー楽曲と浜田氏のオリジナルの2部構成のライブを行った。

ここからファンクラブ限定ツアーが定例化していった。


・100% FAN FUN FAN 2018 “Journey of a Songwriter” since 1975 Welcome back to The 70's “君が人生の時 〜 Time of Your Life”

20181110_211346_ss


翌年2018年から、浜田氏の過去の作品を振り返り、アルバムの時期で区切った楽曲のみから選曲されたライブを行っている。

2018年は「100% FAN FUN FAN 2018 “Journey of a Songwriter” since 1975 Welcome back to The 70's “君が人生の時 〜 Time of Your Life”」と題し、70年代に発表された楽曲限定でライブを行った。

アルバムとしては、1st『生まれたところを遠く離れて』(1976年)、2nd『LOVE TRAIN』(1977年)、3rd『Illumination』(1978年)、4th『MIND SCREEN』(1979年)、5th『君が人生の時…』(1979年)の5枚である。
なお、アルバム収録は『J.BOY』(1986年)だが、70年代に作られた「19のままさ」「遠くへ」なども演奏されている。


このライブは2部編成で、第1部は浜田氏1人による弾き語り、町支氏のギターと2人で演奏するなど、デビュー当時のライブスタイルを模したものだった。

さらにファンと一緒に歌うコーナーもあり、「19のままさ」「路地裏の少年」が、歌詞の字幕も表示され、ファンクラブ限定ライブならではの特別な空間となった。

第2部ではバンド編成のライブであり、普段のライブではあまり演奏されない「LOVE TRAIN」「子午線」なども演奏されている。




なおツアーに合わせてリメイクシングル「Good Night Angel/Love Train」も発売された。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Good Night Angel/Love Train [ Shogo Hamada & The J.S. Inspirations ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)





no.タイトル収録作品
第1部
1.生まれたところを遠く離れて1stアルバム
2.あの頃の僕5thシングル
3.いつかもうすぐ5thアルバム
4.19のままさ※12thアルバム
5.遠くへ※12thアルバム
6.朝からごきげん1stアルバム
7.※※君に会うまでは/散歩道2ndアルバム/3rdアルバム
8.君の微笑2ndアルバム
9.路地裏の少年1stアルバム
第2部
10.雨の日のささやき2ndアルバム
11.恋に気づいて2ndアルバム
12.悲しみ深すぎて2ndアルバム
13.LOVE TRAIN2ndアルバム
14.子午線4thアルバム
15.4年目の秋5thアルバム
16.ミス・ロンリー・ハート5thアルバム
17.いつわりの日々4thアルバム
18.風を感じて5thアルバム
19.涙あふれて3rdアルバム
20.今夜はごきげん5thアルバム
21.青春のヴィジョン5thアルバム
22.君が人生の時…5thアルバム
En.1
23.Good Night Angel4thアルバム
En.2
24.行かないで2ndアルバム
25.ラスト・ダンス2ndアルバム

※12th『J.BOY』に収録されているが、作られたのは70年代
※※「散歩道」は、一部会場でのみ演奏





・100% FAN FUN FAN 2019 ”Journey of a Songwriter” since 1975 Welcome back to The 80's Part-1 終りなき疾走 〜 ALL FOR RUN

20191122_205910_s


続く2019年には、80年代の前半のアルバムから選曲されたツアー「100% FAN FUN FAN 2019 ”Journey of a Songwriter” since 1975 Welcome back to The 80's Part-1 終りなき疾走 〜 ALL FOR RUN」が開催された。

アルバムとしては、6th『Home Bound』(1980年)、7th『愛の世代の前に』(1981年)、8th『ON THE ROAD』(1982年)、9th『PROMISED LAND 〜約束の地』(1982年)の4枚から選曲された。

今回もツアーに先行して、リメイクシングル『凱旋門』がリリースされた。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凱旋門 [ 浜田省吾 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)





先にも述べたように、浜田氏がロック志向のアルバムに方向転換した時期の作品だ。
楽曲も若々しく、大いに盛り上がるライブとなった。

2018年と同様に2部構成ではあるが、今回はほぼ全編バンド演奏でのシンプルなスタイルだった。

1曲目は代表曲「終わりなき疾走」からスタート。
序盤はロックンロールナンバーを立て続けに演奏した。

9th収録のレア曲「さよならスウィート・ホーム」も飛び出し、「愛しい人へ」で休憩へ。

第2部は80年代前半の名曲群からスタート。
最初は弾き語りでスタートし、「悲しみは雪のように」ではファンと一緒に歌うコーナーに。

今回のシングルで生まれ変わった「防波堤の上」や2010年の『The Best of Shogo Hamada vol.3 The Last Weekend』でリアレンジされた「マイホームタウン」など、過去の曲も新たな楽曲として楽しめた。

そして終盤「明日なき世代」で「Wow oh oh〜」の大合唱となり、「凱旋門」で本編を締めくくった。




アンコールでは「今夜こそ」でメンバー紹介があり、そのまま「土曜の夜と日曜の朝」、そして「ラストショー」で終わった。

ダブルアンコールでは、再び弾き語りスタイルで「家路」をファンとともに歌った。
思い入れの深いファンも多い「家路」を会場全体で歌う空間は、贅沢なひと時であり、とても温かい空気に包まれた。

no.タイトル収録作品
第1部
1.終りなき疾走6thアルバム
2.独立記念日7thアルバム
3.反抗期6thアルバム
4.あばずれセブンティーン6thアルバム
5.恋に落ちたら9thアルバム
6.愛という名のもとに7thアルバム
7.DJお願い!9thアルバム
8.バックシート・ラブ9thアルバム
9.さよならスウィート・ホーム9thアルバム
10.愛しい人へ9thアルバム
第2部
11.丘の上の愛6thアルバム
12.悲しみは雪のように7thアルバム
13.防波堤の上7thアルバム
14.陽のあたる場所7thアルバム
15.OCEAN BEAUTY9thアルバム
16.マイホームタウン9thアルバム
17.東京6thアルバム
18.明日なき世代6thアルバム
19.ON THE ROAD8thアルバム
20.凱旋門9thアルバム
En.1
21.今夜こそ6thアルバム
22.土曜の夜と日曜の朝7thアルバム
23.ラストショー7thアルバム
En.2
24.家路6thアルバム



そして、2020年には「100% FAN FUN FAN 2020 “Journey of a Songwriter” since 1975 Welcome back to The 80's Part-2 “DOWN BY THE MAINSTREET”」の開催が予定されていた。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、残念ながら中止となってしまった


・まとめ

2015年以降の浜田省吾氏の活動について、アルバムとファンクラブ限定ツアーの2点からまとめた。
今回のまとめから見えてくることは、浜田氏がこれまでの自身の音楽活動を振り返りながら新たな音楽を探す旅を続けている、ということだ。

2015年に10年ぶりの新作としてリリースされた『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』は、これまでのキャリアと新しい一面が融合した力作となった。

それでいて、決して重厚さはあまり感じられない、ポップで馴染みやすい作品となっている。

また、アルバムで区切った選曲でツアーを行うという試みも、非常に興味深いものとなっている。

浜田氏はツアーの回数自体が減り、ライブそのものが貴重になっている。
そして、いざツアーとなると、どうしても代表曲を入れていくとレアな曲を入れるところがなくなってしまう。

今回のように4〜5枚のアルバムから選曲することで、ライブではなかなか聴けないものの、思い入れの強い楽曲を聴くことができて嬉しかったファンも多いはずだ。
それぞれの時代ごとの作品のカラーも異なるため、音楽的な変化をたどる意味でも興味深い。

残念ながら2020年のファンクラブ限定ツアーは中止となってしまった。
「The 80's Part-2」は、80年代後半に大ヒットを飛ばしたアルバム『DOWN BY THE MAINSTREET』や『J.BOY』などを中心に演奏される予定だった。

”浜田省吾”と言えば思いつく代表曲が数多く作られている時期である。
もし時期を延期して開催されるのであれば、ぜひファンクラブに入会して見るべき貴重なライブとなるだろう。