美容と健康

生涯、健康で若々しくありたい。
美容と健康を考えた情報を日々発信していきたいと思います。

    2018年07月








    (出典 online.schwarzkopf-professional.jp)

    (出典 d3bhdfps5qyllw.cloudfront.net)

    (出典 kicho-navi.jp)

    (出典 d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net)

    (出典 www.cayhane.jp)

    (出典 lipps.co.jp)
    【冷たいもの飲み過ぎ注意!髪にダメージ】の続きを読む





    【【動画あり】髪のためにコレ始めました!】の続きを読む






    【最新のスキンケアはこれで決まり!!】の続きを読む



    薄着になることが多い夏。気になるのは、自分自身のボディラインですよね。少しでもカラダを整えるために、ダイエットしている人も多いと思いますが、やっぱり甘いものは食べたい…。そんなときでも気軽に食べられる(?)スイーツが発売されました。

    【セブン】低カロリーのぷるるん食感♪ 宇治抹茶のもっちりくずねり

    昨年人気を博した宇治抹茶のもっちりくずねりが復活

    そのスイーツとは、セブン-イレブンが2018年7月31日(火)以降順次発売した「濃い宇治抹茶のもっちりくずねり」(税込124円)です。

    お気づきの人もいるかもしれませんが、実は同商品は2017年8月8日に発売された「宇治抹茶のもっちりくずねり」(税込120円)のリニューアル版ともいえるスイーツで、宇治抹茶くずねりと黒蜜ゼリーを組み合わせたもの。 昨年発売されたときには、ネット上で「かなりおいしい」や「ぷるぷる感がすごい」などと話題になり、リピートする人や買い占めをする人たちも見受けられました。しかし一方では、「抹茶感があまりない」、「はっきりしない味」という辛辣な声もちらほら…。 そういった声を受けてなのかは定かではありませんが、今回発売されたもののパッケージには「抹茶1.2倍使用(当社従来品比べ)」との一文が。 そこでさっそく筆者も食べてみたところ、宇治抹茶くずねりの抹茶の風味はとても強く、甘さはかなり控えめで上品な苦味を感じられました。また、黒蜜ゼリーのやさしい甘みとのバランスもバッチリで、さっぱりといただけるスイーツです。もちろん、昨年同様に“ぷるぷる”食感はキープされています。 さらに同スイーツの魅力はなんといっても低カロリーということ。1個あたり90kcalなので、ダイエット中であったとしても、あまり罪悪感を抱かずに食べることのできる一品です。 夏の間に海やプールに行くから、甘いものは控えたい…でも食べたい! そんなときには、「濃い宇治抹茶のもっちりくずねり」でスイーツ補給するのもひとつの方法かもしれません。 (文・奈古善晴/考務店)

    mmt1807_58


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【低カロリーデザート新登場!】の続きを読む



    ナッツの女王「ピスタチオ」に含まれる栄養成分・美容効果とは?


    おつまみだって美容を意識!ナッツの女王「ピスタチオ」の嬉しい効果

    鮮やかな緑色と風味の良さだけでなく、栄養もしっかりあるピスタチオ。原産はトルコ、ペルシャなどの地中海沿岸と言われ、古代オリエント文明の遺跡からも発見されているそうです。それでは、具体的にどのような効果が期待できるのかチェックしてみましょう! 【ピスタチオに含まれる栄養成分・期待できる効果】 <リノール酸・オレイン酸> ピスタチオには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすオレイン酸・リノレン酸といった脂質が豊富に含まれており、こまめに摂取することで痩せやすい体質へと改善してくれます。 <カリウム> ピスタチオに含まれるカリウムには体内に溜まっている余分な老廃物・水分の排出を促し、むくみを改善する効果が期待できます。また、カリウムの含有量はナッツ類のなかでもトップクラスと言われています。 <抗酸化成分> ピスタチオには老化の原因となる活性酸素を減らすビタミンE・ルテイン・β-カロテンといった抗酸化成分が多く含まれており、エイジングケアにも◎。 〜POINT〜 ピスタチオをはじめとしたナッツ類は、フライパンで軽く炒ってから食べるのがおすすめ。炒ることで香ばしく、クリーミーで自然な甘さを引き出すことが可能です。

    関連画像をもっと見る

    ナッツの女王!ピスタチオ使った美容レシピ〜ピスタチオの豆腐ジェラート〜


    おつまみだって美容を意識!ナッツの女王「ピスタチオ」の嬉しい効果

    ピスタチオを使ったおすすめの美容レシピ「ピスタチオの豆腐ジェラート」をご紹介します。低カロリーなのでダイエット中でも罪悪感なく食べることができますよ! 【ピスタチオの豆腐ジェラートの作り方】 <材料> ・木綿豆腐 150g ・豆乳 100cc ・ピスタチオ 30g ・バナナ 1本 ・アボカド 1個 ・バニラエッセンス 適量 ・はちみつ 大さじ3 ・レモン汁 大さじ1 <作り方> 1.ピスタチオはフライパンで軽く炒り、包丁で細かく刻んでおきます。 2.ピスタチオ以外の全ての材料をミキサーで撹拌します。 3.タッパーに2と1のピスタチオを入れ、冷凍庫に入れて3〜4時間ほど冷やし固めましょう。(1時間に1回スプーンでかき混ぜること。) いかがでしたか?ピスタチオはスイーツ以外にもパスタやお肉料理など様々なレシピと相性が良いので、日々の食生活に上手く取り入れてみてくださいね。

     Profile

    ■監修/MINTO 栄養士。 原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。 https://www.instagram.com/xxmintoxx/

    pixta_31678149_S


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【おつまみナッツの定番で美容効果もアップ】の続きを読む



    筋トレで美肌に?知られざる筋トレの美容効果


    美肌や冷えにも効果抜群?筋トレで得られる美容効果がスゴい!

    筋トレと言えば、シェイプアップのイメージがありますが、男性らしい体を作るのに筋肉が必要なように、実は女性らしい体を作るのにも筋肉は必要なんです。 ただほっそりとしたボディラインよりも、なめらかな曲線を描く引き締まったボディラインは、筋肉をつけてメリハリのあるボディラインを作ることが重要になります。 こうした体型にばかり目が向けられがちですが、実は筋トレの効果はそれだけにとどまらず。 たとえば美肌効果。筋トレは血行が良くなるので栄養や水分が血液を伝って全身に行き渡りやすくなります。また代謝もよくなるため、お肌のターンオーバーも正常に機能しやすくなり、肌のハリが出たり、肌荒れの改善などにも効果が期待できます。 もう一つ注目なのが「成長ホルモン」の分泌です。若返りホルモンとも言われるこのホルモンは、20代までは寝ている間に分泌されますが、30代になると減少していきます。ところが筋トレをすると、成長ホルモンの分泌を促すことができるのだそう。 さらに嬉しい効果として、冷え性の改善。筋トレによって体温が上昇し、血行が促されて冷え性の改善に効果が期待できるのです。これは内臓の働きも活発になるため、便秘の解消にも有効なのだとか。

    関連画像をもっと見る

    筋トレで体型も美肌も精神も!


    美肌や冷えにも効果抜群?筋トレで得られる美容効果がスゴい!

    筋トレは継続が難しいですが、始めの段階であまり無理しすぎないことが大切です。気軽に始めて、徐々にハードルを上げていくと、目標も立てやすく楽しく取り組めるでしょう。 また筋トレを続けて一定の筋肉がつくと、日常生活がラクになります。立ったり座ったり、筋肉量があることでバランスなども安定してきます。これは姿勢にも言えることで、筋肉量が増えると正しい姿勢を保ちやすくなるでしょう。 さらに精神面もタフになります。筋トレを続けると自信が出てきますし、何より得られた体や肌がそうさせてくれるでしょう。 筋トレがボディラインだけでなく、美肌などの美容にまで効果があるなんて驚きですよね!早速、軽めの筋トレから始めてみませんか?

    pixta_33527197_S


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【カラダを鍛えてお肌ツルツル】の続きを読む




    ライスミルクって何?美容に良いもの?


    飲んだことがない人は要チェック!「ライスミルク」が美容にも◎

    牛乳を第一のミルク、豆乳を第二のミルクとし、ライスミルクは第三のミルクと呼ばれているそうです。元々は乳製品や大豆アレルギーの方でも飲めるミルクということで普及してきました。 ライスミルクは一般的に玄米と水分を混ぜて作られることから、お米の栄養素を余すことなく摂れることが最大の魅力です。玄米に含まれる「食物繊維」、脂質の酸化を防ぎ、血行をよくする働きが期待できる「ビタミンE」、糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」、肌や髪、爪などを健康的に保つ「ビタミンB2」など玄米の美容にも良いとされる成分を簡単に摂ることができる優れたミルクです。 玄米を食べる時は消化をよくするために「よく噛まないといけない」という点も、水分のライスミルクなら問題ないですね。そしてダイエット中の方にも嬉しい低カロリー、低脂肪です。 【牛乳、豆乳、ライスミルクのカロリーと脂質】 牛乳(100g) カロリー66.9kcal 脂質3.8g 豆乳(100g) カロリー45.9kcal 脂質2g ライスミルク(100g) カロリー46.6kcal 脂質1g 豆乳よりも若干カロリーは高いですが、脂質は豆乳の半分ということになります。ダイエット中の方も要チェックな飲み物ですね。

    関連画像をもっと見る

    ライスミルクはどこで買えるの?オススメの飲み方は?


    飲んだことがない人は要チェック!「ライスミルク」が美容にも◎

    ライスミルクを取り扱っているお店はまだまだ少ないようです。インターネットで購入するか、海外食品を扱っているお店やショッピングモールに入っている大きなスーパーには置かれていることが多いようです。 ライスミルクは、粉末タイプとパック飲料タイプがあり、粉末タイプは水で戻した後は日持ちがしないので、すぐに飲む必要があります。 また、ライスミルクは何も加えずに飲んでも甘くて美味しいので、牛乳の代わりに飲むこともできますし、その甘さを利用して、コーヒーやスムージーに入れて飲んだり、シリアルに入れて一緒に食べることができます。 手に入りにくいライスミルクですが、見かけたときは是非お試しくださいね!

    pixta_13034423_S


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【お米で作ったミルクが密かにブーム】の続きを読む






    【世界初IPS細胞による治療法『パーキンソン病』】の続きを読む

    このページのトップヘ