前回に引き続き過去の新潟記念をみていく

トップハンデ馬は?

トップハンデを課せられた馬は、2年連続で3着に入ったヴィータローザ

(2005年57.5キロ、2006年58キロ)の好走例があるだけ。

それ以外はいずれも4着以下に敗れている。 

トップハンデ馬に関してはかなり割り引いてよさそうだ


参考までにトップハンデ馬の成績(過去9年)

成績 勝率 連対率 馬券対象率
 
0-0-2-9 0% 0% 18.20%
 

好走率では・・牝馬が強い!


性別による成績を見てみると、出走数の多さから馬券対象馬の数こそ

牡・せん馬が圧倒しているが、好走率では牝馬がリードしている。

また、1・2着馬の負担重量に着目してみると、牝馬が優勝した3年

(2002年、2005年、2008年)は、1着馬の負担重量が2着馬より軽く

牡馬が優勝した6年では1着馬と2着馬の負担重量が同じか、1着馬の

負担重量が2着馬より重いことが分かった。性別と負担重量の関係に

注目してみても面白いかもしれない。。


参考までに性別別成績

 
性別 成績 勝率 連対率 馬券対象率
 
牡馬・せん馬 6-8-8-98 5.00% 11.70% 18.30%
 
牝馬 3-1-1-16 14.30% 19.00% 23.80%



 参考までに連対馬の負担重量(過去9年)

年度 1着馬 性別 負担重量 2着馬 性別 負担重量
 
01年 サンプレイス 56キロ エアスマップ 56キロ
 
02年 トーワトレジャー 51キロ アグネススペシャル 54キロ
 
03年 ダービーレグノ 55キロ カンファーベスト 55キロ
 
04年 スーパージーン 56キロ レニングラード 55キロ
 
05年 ヤマニンアラバスタ 52キロ グラスボンバー 55キロ
 
06年 トップガンジョー 57キロ サンレイジャスパー 51キロ
 
07年 ユメノシルシ 56キロ トウショウヴォイス 52キロ
 
08年 アルコセニョーラ 52キロ マイネルキッツ 55キロ
 
09年 ホッコーパドゥシャ 56.5キロ サンライズベガ 54キロ
 

データがどこまで使えるかはわからないが、データを見る限り

なんとなく荒れるのが想像つくね。。

さてさて、いよいよ明日から競馬だ!!

楽しみだ!

では明日からの競馬のためにも

張り切って仕事といこう

じゃ


応援クリックお願いします


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
冨士に的中の願いを!
人気ブログランキングへ


キーンランドCはこちらから・・