もう4時半だよ

まぁいろいろあって眠れないのよ・・

困ったもんだ 

少し時間があるからちょっと検討を・・。

第44回スプリンターズステークス

以前は12月に行われていたが、2000年から初秋の中山開催最終日に

繰り上げて争われているスプリンターズS(2002年は新潟で代替開催)。

2003年から3年連続で連対を果たしたデュランダルの追い込み、

2004年には不良馬場のなか、4馬身差の圧勝で逃げ切った

カルストンライトオなど、記憶に残るレースも多々ある。

また、2005年には香港のサイレントウィットネス、2006年には

オーストラリアのテイクオーバーターゲットが優勝と、海外馬の活躍も

レースを一層盛り上げている。

ここでは、過去10年の結果を中心に、レース傾向を探ってみる。 


直近、3走以内の重賞実績に注目!

まずは実績面から探っていくと、近3走以内に出走した重賞レースでの

最高着順で、顕著な傾向が見られた。下記表は過去10年における

日本馬だけの成績だが、馬券対象馬27頭中、26頭が近3走以内に

重賞で馬券対象に入った実績があった。

その一方、近3走以内に重賞で最高着順が4着以下だった馬や重賞に

未出走だった馬は延べ52頭いたが、このレースで馬券対象になった

馬は2006年3着のタガノバスティーユのみ・・。

なお、海外馬で2005年に優勝したサイレントウィットネス

(前走安田記念3着)、2006年に優勝したテイクオーバーターゲット

(前走セントウルS2着)は、どちらも前走でJRAの重賞に出走し、

3着以内の実績を残している。


参考までに近3走以内での重賞レース最高着順別成績(過去10年)

  最高着順 成績 勝率 連対率 馬券対象率
 
1着 6-9-5-36 10.70% 26.80% 35.70%
 
2着 1-1-3-16 4.80% 9.50% 23.80%
 
3着 1-0-0-9 10.00% 10.00% 10.00%
 
4着以下 0-0-1-44 0% 0% 2.20%
 
未出走 0-0-0-7 0% 0% 0%
  ※ 海外調教馬は除く。日本調教馬の海外レース、地方競馬成績は含む


今回はこんなところで

今日も充実した一日を!!

応援クリックお願いします

 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
冨士に的中の願いを!
人気ブログランキングへ