今週のG1はジャパンカップダート
海外馬が参戦なしと言うことでちょっと寂しいJCとなったが

楽しみであることには変わりなし・・

第11回JCDを検討して行きたい。。


今年で11回目の開催となるジャパンカップダートは、国内初のダート国際招待競走として

東京・ダート2100mを舞台に創設されたG1 レースである。

海外のビッグレースを経てジャパンカップダートに参戦してくる馬や、ジャパンカップダートでの好走をきっかけに

海外のビッグレースへ駒を進める馬も多い。

2008年から阪神・ダート1800mに舞台を移し、ジャパン・オータムインターナショナルを締めくくる一戦として

行われている。今回は、過去10年のレース結果を基に傾向・対策を探ってみたい


堅実!1番人気馬!

過去10年の単勝人気別成績を見ると、単勝1番人気に推された馬が(4・3・2・1)、馬券対象率90.0%と

大変優秀な成績を収めていた。しかし、単勝2番人気だった馬の好走例はなく、単勝3番人気で3着以内に

入ったのも、2001年のウイングアロー(2着)のみ。

上位人気馬の中でも、単勝1番人気の馬はかなり信頼できるが、2番人気、3番人気の馬は大苦戦

強いられている。

参考までに単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気      成績      連対率       馬券対象率
1番人気      4-3-2-1     70.0%       90.0%
2番人気      0-0-0-10    0.0%        0.0%
3番人気      0-1-0-9     10.0%       10.0%
4番人気以下   6-6-8-107    9.4%        15.7%
※2000〜2001年、2003〜2007年は東京・ダート2100mで開催
※2002年は中山・ダート1800mで開催
※2008年以降は阪神・ダート1800mで開催


なお、単勝「3番人気以内」で馬券対象内に好走した10頭は、前走で

「武蔵野S」「JBCクラシック」「マイルチャンピオンシップ南部杯」のいずれかに出走していた。

前評判が高くても、前哨戦がこの3レース以外であった馬は割り引きが必要かもしれない・・



参考までに単勝3番人気以内だった馬の前走出走レース別成績


前走のレース       成績      連対率       馬券対象率
武蔵野S        2-0-0-3      40.0%        40.0%
JBCクラシック    1-3-2-5       36.4%        54.5%
マイルCS南部杯   1-1-0-1      66.7%        66.7%
その他のレース   0-0-0-11      0.0%         0.0%

この差は歴然!ステップレースはこのレースを考える上でポイントが高そうだ。

JCDについてはこの辺で・・


最後に、当事者ではない騎手からJCの結果についてコメントが出ていたのをはじめて知ったので・・

関係ない騎手が発言するってあまりないからね。Yahooスポーツの記事をそのまま使わせてもらう。

英国のムーア騎手のJCについてのコメント・・

「4着ジャガーメイルのムーア騎手も、今回の裁定に疑問を呈した。英紙「レーシングポスト」の取材に対して、「これは間違った決定だ。チャンピオンが求められていたのに、チャンピオンは誕生しなかった。レースにとっても恥ずべきことだ」とコメント。第三者の立場から、降着に値しないという見方を示した」

英国は香港やドバイなどと同様、審議の際に脚色や着差を重視するからそういう発言がでたのだろう・・
みたいなJRAの審判部長補佐の方からのコメントが出ていたけど。。

蒸し返す気はないんだけどなんかしっくりこないんだよね。

各国でルール・基準・規格・・それが違うんだからどうしょうもないよ。

それを承知の上でレースに参加していると思うんだけどね。。

ムーア騎手も立派なJだし、腕のあることは重々理解しているけど、自国のみならず国際レースに
参加していくならその辺も配慮したコメントをしてもらえるとありがたいかなぁ・・
だって日本においては完全に走行妨害だし。。

まぁこれで国際基準と言うものがないのもわかったよね。審判の仕方も国毎に考え方が違うんじゃ
話にならないし。。

みんながいやな気分にならぬよう、国際競馬ならばしっかりとした国際基準を設けてもらいたいと
あらためて思うよね。。

そんなところで・・ JCダート、、是非とりたいね!!

応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
冨士に的中の願いを!

人気ブログランキングへ