阪神JF、過去データの検討の続きを・・
デビューは早い方が吉!

ある程度の完成度が求められる2歳女王決定戦。

素質だけでこの難関を突破できる馬も確かにいるが、デビュー戦が7月末日以前だった馬が

2005年以外で毎年連対しているのは注目すべきデータと言えそうだ。

ちなみに、その例外となった2005年は、過去10年間では唯一、天候が雨だった年で、勝ちタイムも

1分37秒3と、過去10年ではもっとも遅い。

その辺も、このレースのひとつの鍵と言えるのかもしれない


参考までに7月末日までにデビューしていた阪神JF連対馬一覧(過去10年)

年次    着順     馬名           デビュー
00年   2着     ダイワルージュ      7/23
01年   1着     タムロチェリー      7/15
01年   2着     アローキャリー       5/9
02年   2着     ヤマカツリリー       7/14
03年   1着     ヤマニンシュクル     7/19
04年   1着     ショウナンパントル    7/24
04年   2着     アンブロワーズ       7/10
06年   2着     アストンマーチャン     7/22
07年   1着     トールポピー        7/8
08年   2着     ダノンベルベール     7/5
09年   1着     アパパネ           7/5


距離での注目は芝1800mの好走実績!

2006年に新設された外回りコースの芝1600mに舞台を替えて行われているこのレースはスタート地点が

1角の奥から向正面に移設され、コーナーの数が3つから2つに減り、外回りコースの直線は旧コースより

約122m長くなるなど、大きな変更点があった。

そして、その2006年以降、芝1800mで馬券対象内に好走した経験がある馬が4年連続連対中というデータが

見つかった。 旧コースで行われていた当時もこれに該当する馬の好走は見られたが、外回りコースに

替わってからは、それが顕著にあらわれている傾向がある。


参考までに芝1800mで馬券対象内に好走経験があった阪神JF連対馬一覧(過去4年)

年度     着順     馬名       該当レース
06年     1着     ウォッカ     黄菊賞  2着
07年     1着    トールポピー   黄菊賞  2着
08年     1着    ブエナビスタ    新馬   3着
09年     1着    アパパネ      新馬   3着
09年     2着    アニメイトバイオ  未勝利 3着
*該当Rが複数の場合は直近のRを掲載

最後に阪神JF出走馬確定!
  
馬名 性齢 斤量 J 厩舎
アヴェンチュラ  牝2  54  和田竜二  角居勝彦
オースミマイカ 牝2  54  柴原央明  昆貢
クリアンサス 牝2  54  渡辺薫彦  松永幹夫
グルーヴィクイーン 牝2  54  藤岡佑介  庄野靖志
タガノラヴキセキ 牝2  54  岡部誠  河内洋
ダンスファンタジア 牝2  54  武豊  藤沢和雄
ツルマルワンピース 牝2  54  安藤勝己  橋口弘次郎
トツゼンノハピネス 牝2  54  佐藤哲三  音無秀孝
ハピシン 牝2  54 酒井学  田所秀孝
ピュアオパール 牝2  54  内田博幸  戸田博文
フォーエバーマーク 牝2  54  吉田豊  矢野英一
ホエールキャプチャ 牝2  54  池添謙一  田中清隆
マイネイサベル 牝2 54  松岡正海  水野貴広
マリアビスティー 牝2  54  小林慎一郎  矢作芳人
マルモセーラ 牝2 54  田中健  木原一良
ライステラス 牝2  54  M.デムーロ  和田正道
リトルダーリン 牝2  54  後藤浩輝  角居勝彦
レーヴディソール 牝2  54  福永祐一  松田博資

応援クリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
冨士に的中の願いを!

人気ブログランキングへ