ママとシネマ実行委員会【公式】

一緒だともっともっと楽しい!楽しむママライフ!

ママだって映画館で映画を見たい!
でも子供と一緒に映画館に入るのは周りに迷惑かけちゃうし。
だからって毎回託児所に子供を預けるのはちょっと・・・。

だったら映画館の上映をひとつ貸しきってしまったらどうか?
都心では既にこんな上映が定期的に行われてるし、宮城で出来ないはずがない。観客が全員お子様連れのママさんだったら子供が騒いだってお互い様なんだから気にしない!
みんなで楽しく映画を観よう!

という想いで2007年に立ち上げ、早10年目を迎えました!(2017年現在)
=======企画書:ママとシネマ========
主旨:ママが子供連れで映画館で鑑賞できるように自分達で鑑賞できる場を設けてしまおう

目的:子供が小さいと昔は大好きだった場所から足が遠のいてしまう。託児する手もあるが、自分の趣味のために毎回子供を預けるのは気が重い。ならばその場を貸し切って子連れでも気兼ねなく映画を鑑賞できる場を作ってしまえばいい!子供連れだから我慢をしなくてはならない、という意識を払拭する。

ターゲット:ママ!(そしてママに付き合ってくれる乳幼児、未就学児のお子様、パパやご家族の方、ママとシネマの趣旨に賛同してくださる方♪)

映画鑑賞にあたって:映画館の一上映を貸切状態にして、子供連れでもママが周りに気遣いすることなく、ママ向けの映画を楽しむことのできる空間を作る。子供が泣いたり、騒いだりしてもお互い様!
※託児サービスは行っておりません

上映作品・・・最新作!(子ども向けではなく、ママが楽しめる作品)
照明・・・通常より明るめ(子どもを抱いての移動が必要になったときのため)
音響・・・通常より小さめ(子どもを驚かせないため)
ベビーカー・・・館内に保管可能(盗難防止策は各個人でお願いします)
持ち込み可能なもの・・・子供の飲食物に限り持込可。
オムツ替え・授乳・・・館内にオムツ替えスペースと授乳席整備。
===========================
こんな思いつきから始まったのがこの『ママとシネマ』です。
企画と運営などはすべてママボランティアから成る実行委員会でやっています。ママだからこそできることを大切にしているのがママとシネマなので、実行委員はできるだけ子供と一緒に活動しています。子供なしでは成り立ちません!

最後に、この企画がきっかけとなって、ママが子連れでも気兼ねなく映画を鑑賞できるような上映を仙台はじめ全国の映画館でも実施してくださっている企業さまに感謝しています。

ママとシネマ実行委員会
mamatocinema@gmail.com
Copyright (C) 2016 Mama & Cinema. All Rights Reserved.
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

皆さまこんにちは♪
寒い日々が続いていますね〜。

今回は、これから働こうと考えている、働きたいけど条件に合う企業が見つからない・・mamaの素朴な疑問を、企業の方に気兼ねなく聞ける「マッチング座談会」のお知らせです!

託児もあるので、興味がある方はぜひ、お出かけください。
託児申込みは19日(月)締切です!

・「そろそろ働きたいな」でも
・「主婦で経験もないから、採用してくれる会社なんてあるのかな」
・「家族ファーストでいきたいけど、こんな働き方って、わがまま…?」

そんな疑問や希望を対話しながら、“働く自分”をイメージしてみませんか?
〜*〜*〜*〜*〜
日時:2018年2月27日(火) 13:00〜16:00
※開催時間中は途中入場可能です。
会場:エル・ソーラ仙台(アエル28階)
参加・託児無料:託児〆切 2/19
内容:
・mama×企業経営層 パネルディスカッション
・mamaの声を届けるテーブルディスカッション
・出展企業の説明、相談会

>申込み:次のフォームから受け付けています。
「チケット」からもリンク先へ移動できます。 
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/cb7fd944555812

主催&問合せ:ワカツク 電話022-721-6180 E-mail:info@wakatsuku.jp

主催者から
仙台では約7割が共働き世帯といわれる一方で、働きたい想いを抱きながらも、なかなか実現できずにいる母親が少なくありません。

「働きたくても働けない」だけで終わらせずに、「どうしたら働き続けられるか」を企業と共に考え対話する、新しい形の企業説明会=マッチング座談会です♡

母親が働きやすい環境を整えることが、育児や介護をはじめ変化の激しい社会の中で、父親の働き方をも変えていく…
これこそが、性別や世代の差を感じることなく、真のワーク・ライフバランスの実現に繋がるのではないでしょうか?

本マッチング座談会は、「地域企業と母親が互いに働き方を考え、対話する場」です。
多くの母親の皆さんのご参加をお待ちしています!

※本イベントは、経済産業省 東北経済産業局「平成29年度東北地域中小企業・小規模事業者人材確保・定着等支援事業」として実施します。

キーワード:#ママ就活 #母親 #主婦 #マッチング #働く #地域企業

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年で3回めとなります、ホワイトリボンラン2018【仙台バーチャル拠点】を開催します!
このイベントは「走ろう!自分のために!誰かのために!」をキャッチフレーズに、
「世界中の妊産婦と赤ちゃんの命を救う」ことを目的とした、国際協力運動ホワイトリボンを応援するチャリティイベントです。
メイン会場の東京お台場のほかに、大会公式Tシャツを着て走っている動画をハッシュタグ「#whiteribbonrun」「#ホワイトリボンラン」 を付けてSNSで発信して参加するバーチャルラン全国35拠点の仙台会場のお知らせです。
仙台会場では5kmランのほかにバギーを押しながらBaby連れで参加するバギーウォークも人気です♪
親子でお揃いのTシャツを着て、杜の都を走りませんか?

参加には、事前のエントリーが必要です‼ 申込み締切が1月21日(日)までと迫っております!
下記のサイトからお申込みください♪

ホワイトリボンラン2018公式サイトはコチラ→http://wrun.jp/

参加資格:年齢・性別不問 お子様の参加OK!
種目【予定】:バギーウォーク(制限時間なし)、5km(制限時間なし)
開催日時:2018年3月3日(土) 13:00受付開始 14:00ラン開始 
場所:西公園
エントリー費:中学生以上 2,800円、0歳〜小学生 1,500円
      ※エントリー費の半額をチャリティとさせていただきます。

エントリー方法:SPORTS ENTRYのサイトをご利用ください
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/72481

申し込み期間:2017年10月11日(水)10時 〜 2018年1月21日(日)
定員:30名
参加賞:ホワイトリボンラン大会公式Tシャツ
寄付先:ネパール・ガーナの女性支援
主催:公益財団法人ジョイセフ→https://www.joicfp.or.jp/jpn/
仙台会場事務局:WHITE RIBBON RUN 仙台事務局(NPOママとシネマ実行委員会内)→https://www.facebook.com/wrun.sendai/

※【WHITE RIBBON RUNとは】
1日830人の女性が、妊娠・出産・中絶で亡くなっています。その現実を知ってもらうため、「走ろう。自分のために。誰かのために。」をスローガンに3月8日国際女性デーに先駆け、日本全国、世界中に参加のアクションを促すチャリティファンラン大会です。
同じ大会公式Tシャツを着て走ればどこでも誰でも参加が可能です。エントリー費の半額は途上国の女性支援にあてられます。

※【バーチャルランとは】
バーチャルランとは、3/3(土)、3/4(日)に参加賞である「ホワイトリボンラン大会公式Tシャツ」を着て走れば、どこでも誰でも参加することができます。
バーチャルランに参加している様子をハッシュタグ「#whiteribbonrun」「#ホワイトリボンラン」 をつけてSNSで発信し、ホワイトリボン運動を応援してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ